<mt:BlogName />
トップ水鳥公園概要

水鳥公園について


米子水鳥公園がある中海周辺は、国内で確認された野鳥のうちおよそ42%の種類が記録されており、山陰屈指の野鳥の生息地です。その東端にある米子水鳥公園は、広さ27.8haを誇る水鳥のサンクチュアリ(保護区)で、水鳥の生息にとって最も重要な場所のひとつです。
冬の米子水鳥公園は、コハクチョウのねぐらになっていて、コハクチョウは朝方に公園を飛び立ち、島根県安来市の水田地帯(安来平野)へ行って落ち穂や草の根を食べます。そして夕方になると、たくさんのコハクチョウが帰ってきます。米子水鳥公園は、コハクチョウにとっては「家」のような、大切な環境なのです。
他にも米子水鳥公園では、冬はカモ類やサギ類・国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなどが観察できます。夏は、水鳥の子育て(カイツブリ・カルガモ・バン)、オオヨシキリ、アマサギ、たくさんのイトトンボなどが観察できます。
このように、一年を通じて、水鳥をはじめ様々な生き物達の営みを観察できる貴重な湿地となっています。
また、米子水鳥公園は、この希少な環境が市民運動によって守られ、中海の一部としてラムサール条約に登録されたことをうけ、市民と共に自然を守り育てていく施設として運営しています。そのため、環境教育のイベントを行うだけでなく、来館者への対面解説を行ったり、ボランティアの方々に環境管理へ参画していただくなど、CEPAに従った湿地管理を進めています。また、湿地環境を受け継いでいく次世代の育成にも取り組んでいます。

米子水鳥公園の開園・休園・入館料など

開園・開館時間
 
[4月〜10月]9:00〜17:30
[11月〜3月]7:00〜17:30(土・日・祝日)
       8:30〜17:30(平日)
休園・休館日
 
毎週火曜日(祝日と重なった場合は、その翌日)
祝日の翌日(土曜日、日曜日を除く)
12月29日〜1月3日まで
(例年臨時開園をしています。詳しくは、お問い合せください。)
ネイチャー
センター入館料
(入園は無料)
 
[大人]300円 [小中学生] 無料
15名以上は、大人一人につき200円
年間パスポート1,500円 (記名式)
※次の方は、入館料を免除されます。
 ・70歳以上の方
 ・身体障害者の方
 ・要介護認定者の方

施設案内


観察ホール

四季を通じて、たくさんの野鳥が羽を休めているつばさ池が一望できます。正面には国立公園の大山が、左手には米子市の名勝に指定されている粟島神社があり、その森の植生は珍しく、鳥取県の天然記念物に指定されています。 望遠鏡や双眼鏡が備え付けてあり、来館者の方がご自由にお使いいただけます。ボランティアやレンジャーが、皆様をバードウォッチングの世界へご案内します。

パソコンコーナー

観察ホールの一角にはパソコンコーナーがあります。3台のパソコンで野鳥の姿や解説、鳴き声などを自由に調べることができます。

スロープ展示

車椅子をご使用のお客様が、観察ホールへ移動するためのスロープを備えております。スロープの壁には、季節によって様々な展示物を掲示しています。

エントランスホール

水鳥公園グッズをはじめとして、野鳥に関する様々なおみやげを販売しております。またジュースの自動販売機や休憩用ベンチ、喫煙コーナー、冷水器が備え付けてあります。

視聴覚室

スライドやハイビジョンレーザーディスク、レーザーディスク、ビデオなど、様々なメディアを利用した映像を視聴できます。
ここでは、主に米子水鳥公園やコハクチョウについて紹介しています。

展示室

季節によって、様々な企画展を行っています。国内で唯一、コハクチョウの古巣をシベリアから持ち帰り、標本として展示してあります。

宇宙からの渡り調査

米子水鳥公園では、(財)山階鳥類研究所との共同研究として人工衛星を使った鳥の渡り調査を行いました。その研究成果を分かりやすく展示してあります。