水鳥公園概要
トップ水鳥公園概要

水鳥公園について

米子水鳥公園がある中海周辺は、国内で確認された野鳥のうちおよそ42%の種類が記録されており、山陰屈指の野鳥の生息地です。その東端にある米子水鳥公園は、広さ約28haを誇る水鳥のサンクチュアリ(保護区)で、水鳥の生息にとって最も重要な場所のひとつです。
 米子水鳥公園にいるコハクチョウは朝方に公園を飛び立ち、島根県安来市の水田地帯(安来平野)へ行って落ち穂や草の根を食べます。そして、夕方になると帰ってきます。米子水鳥公園は、コハクチョウにとっては「家」のような、大切な環境なのです。
 他にも米子水鳥公園では、冬はカモ類やサギ類・国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなどが毎年観察されています。夏は、水鳥の子育て(カイツブリ・カルガモ・バン)、オオヨシキリ、ツバメ、たくさんのイトトンボなどが観察できます。
 このように、一年を通じて、水鳥をはじめ様々な生き物達の営みを観察できる貴重な湿地となっています。
また、米子水鳥公園は、この希少な環境が市民運動によって守られ、中海の一部としてラムサール条約に登録されたことをうけ、市民と共に自然を守り育てていく施設として運営しています。そのため、環境教育のイベントを行うだけでなく、来館者への対面解説を行ったり、ボランティアの方々に環境管理へ参画していただくなど、CEPAに従った湿地管理を進めています。また、湿地環境を受け継いでいく次世代の育成にも取り組んでいます。

米子水鳥公園の概要
●名  称 米子水鳥公園
●公園種類 都市公園
●設置団体 米子市
●管理団体 公益財団法人 中海水鳥国際交流基金財団
●土地面積 287,696.35㎡(借地である正門駐車場を除く)
      内訳:公園本体 280,089.84㎡(28ha)
         ※つばさ池17haを含む
         トンボ池 2,825.18㎡(0.2ha)
                  正門駐車場 1,144㎡(乗用車40台収容可能)
         第1駐車場 2,857.00㎡(バス5台、乗用車50台収容可能)
         第2駐車場 1,924.33㎡(バス5台、乗用車40台収容可能)
●ネイチャーセンター 974.10㎡
●総工費   1,945,407,982円
●開園日   平成7年(1995年)10月22日
●特記事項 残したい日本の音風景100選(環境庁:1996年7月1日)
      手作り郷土賞(建設省:1996年7月10日)
      東アジア地域ガンカモ類重要生息地ネットワーク登録(1999年5月14日)
      ※現在は、東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ
       重要生息地ネットワークとなっています。
      ラムサール条約登録湿地(中海の一部として:2005年11月8日)

●アクセス http://www.yonago-mizutori.com/access.html

地図公園バス停s.png


米子市条例 第九類民生 第三章環境
 ●ネイチャーセンター条例 

 ●ネイチャーセンター施行規則

 

米子水鳥公園の開園・休園・入館料など

開園・開館時間
 
[4月〜10月]9:00〜17:30
[11月〜3月]7:00〜17:30(土・日・祝日)
       8:30〜17:30(平日)
休園・休館日
 
毎週火曜日(祝日と重なった場合は、その翌日)
祝日の翌日(土曜日、日曜日を除く)   
12月29日〜1月3日まで
(例年臨時開園をしています。詳しくは、お問い合せください。)
  開館日2018
ネイチャー
センター入館料

平成26年4月1日改正
 
大人]310円
有料入館者15名以上、及び外国人 大人一人につき200円
 年間パスポート1,540円 (記名式)
※次の方は、入館料を免除されます。
 ・中学生以下
  ・70歳以上の方
 ・障がい者手帳をお持ちの方
 ・社会福祉施設のご来館(施設長などの名で申請をお願いします)
  (児童福祉施設・障害者福祉施設・老人福祉施設・精神薄弱者施設)


施設案内

メニュー又は各番号を選んで頂き、クリックすると詳細がご覧になれます。

DSCN0345.JPG

➀会議室

会議だけでなく、手作り自然教室・カービング教室などのワークショップを実施したり、子供会・学校など団体利用の際の休憩室や昼食場所としても利用できます。
イスのみの配置で 36~40名 テーブル配置で、20~30名程度
DSCN7056ss.jpg

⑤展望ホール


観察ホールの南側に階段を数段あがった仕切られた場所があります。展望ホールです。展望ホールは、つばさ池だけでなく、中海や彦名干拓地も一望できます。エアコンによる冷暖房をおこない、厳冬期や酷暑の時期にも快適に過ごすことができます。また、小さなお子さんの為にキッズコーナーを設置しています。

⑥観察ホール

四季を通じて、たくさんの野鳥が羽を休めているつばさ池が一望できます。正面には伯耆富士と呼ばれる大山が、左手には米子市の名勝に指定されている粟嶋神社の森を望みます。その森の植生は珍しく、鳥取県の天然記念物に指定されています。 望遠鏡や双眼鏡が備え付けてあり、来館者の方がご自由にお使いいただけます。ボランティアやレンジャーが、皆様をバードウォッチングの世界へご案内します。
IMG_0024.JPG

⑦スロープ展示


車椅子をご使用のお客様が、観察ホールへ移動するためのスロープを備えております。スロープの壁には、季節によって様々な展示物を掲示しています。

⑧エントランスホール


水鳥公園グッズをはじめとして、野鳥に関する様々なおみやげを販売しております。またジュースの販売や休憩用ベンチ、AED、冷水器・車いす(2台)が備え付けてあります。
トイレ(男・女・身障者用)も利用できます。

⑨視聴覚室

コハクチョウを中心に様々な映像を選択ボタンにより視聴できます。
 ・人と自然のサンクチュアリ(10分)

  ※字幕バージョンもあります。英語・韓国・中国・ロシア語

 ・生きものたちの湿地   (13分) 
 ・夏のシベリアでの営み  ( 7分)
  ・山陰に冬をつげる鳥   ( 7分)
  ・コハクチョウと共に   (27分)

また、講演会や子供ラムサールクラブで使用することもあります。イスのみの配置で70~82名、テーブル配置で36~40名程度

 DSCN9623.JPG

⑩展示ホール


米子水鳥公園では、(公財)山階鳥類研究所との共同研究として人工衛星を使った鳥の渡り調査を行いました。その研究成果を「コハクチョウは夏どこに~ツンドラの子育て」として、分かりやすく展示してます。また、コハクチョウの古巣をロシアの繁殖地から持ち帰り、国内で唯一の標本として展示してあります。

展示室20150226IMG_9517ts.JPG

⑪展示室

水鳥公園周辺に生息する様々な生き物の標本の展示を行っています。クロツラヘラサギや、コハクチョウの骨格標本は、特に貴重なものです。また、バードカービングも展示をしております。



車いす・身障者等のための設備

 米子水鳥公園ネイチャーセンターでは、ネイチャーセンター前にハートフル駐車場を準備しております。ご利用を希望される方は、安全に注意し、正門より園路へそのまま進入してください。園路からスロープを使い、ネイチャーセンター内に入り、エントランス・観察ホール・展示室・視聴覚が利用できます。また、車いす(2台)を受付エントランスホールに準備しています。
 ネイチャーセンターには、身障者用のトイレもありますのでご利用ください。


DSCN0922 Pー.JPG

English Guide of Yonago Waterbird Sanctuary

INFOMATION SHEET
Titel Fee of Yonago Waterbird Sanctuary.jpg
InfomationNature center.jpgMap of Yonago Waterbird Sanctuary.jpg

IMG_8688.JPGのサムネイル画像20180602ドローン空撮DJI_0036.JPGのサムネイル画像20060311カモが群れ飛ぶ大山日の出風景.JPGのサムネイル画像