水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

大山・中国山地自然体験型教育旅行フォーラムで報告

本日、鳥取県の西部総合事務所で開催された
「大山・中国山地自然体験型教育旅行フォーラム」で
米子水鳥公園の事例を報告してきました。

2013年10月19日(土)~21日(月)まで「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」
が開催されるそうです。
 今日お会いした皆様とどんな協力ができるか今から楽しみです。
 DSCN6753ss.jpg

2013年1月30日 19:41 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 速報

野鳥大好きKIDS大集合!

近頃、米子水鳥公園には毎日のように野鳥が大好きな小学生たちが遊びに来てくれます。今日は大変な吹雪の中でしたが、そんな子どもたちが大集合でした。通っている学校や学年はそれぞれ違いますが、みんな共通の趣味に意気投合。吹雪の中、元気に野鳥観察を楽しんでいました。

IMG_8092s.JPG
















子どもたちに特に人気なのが、メダカ池に毎日通ってくるこの鳥です。子どもたちの注目している先に止まっているのですが、わかりますか?






IMG_8109s.JPG

















最終的には、こんなに近づいても逃げませんでした。邪気がない子どもたちなら、近づいても怖くないのかな(笑)。




もちろん、子どもたちのコンパクトデジカメには、この鳥の鮮明な写真が撮影できていました。この他にも、子どもたちのカメラにはこれまでに観察した鳥たちの見事な写真がたくさん記録されています。みんな立派な子ども野鳥カメラマンです。

でも皆さん、風邪をひかないでね~♪

2013年1月26日 18:11 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

地元大学の見学に対応。

DSCN8029ss.jpgDSCN8035ss.jpg








 本日は、地元の大学の学生さんたちが見学に来ていただきました。
造園学科ということで、造園という見地から野生動物の生息地を作るという考え方は、重要ですね。
米子水鳥公園の野鳥への設計上の配慮や環境管理での配慮などを説明しました。

DSCN8059ss.jpgDSCN8075ss.jpg









少しでも野鳥観察が好きになってもらい、今日のお話が後々、皆さんの役に立ったらとてもうれしいです。

DSCN8079ss.jpgDSCN8095ss.jpg


2013年1月18日 19:47 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 普及啓発 , 環境管理

第5回子ども自由研究発表会

本日午後に、小学生による自由研究発表会を開催しました。
今年度中に自然科学に関する自由研究に取り組んだ小学生を招待し、研究の成果を発表してもらう企画で、今年で5回目になります。


_MG_6639s.JPG一人ずつ前に立ち、発表ポスターをスクリーンに大写しにして、それを見ながら研究成果を発表しました。学会と同じ形式で、発表後には質疑応答も行いました。
1年生から6年生の12名に発表してもらいました。みなさん大勢の前にもかかわらず堂々と発表する姿がとてもかっこよかったです。





_MG_6737s.JPG発表後、主催者から表彰状と記念品が発表してくれた小学生に授与されました。








_MG_6779s.JPG最後に記念撮影。皆さん、今後も自分が興味を持ったことの研究に楽しく取り組んでくれることを期待してますよ~♪








今回の感想は、自由研究の内容が年々レベルアップしていることと、家族の温かい協力が背景にあることが素晴らしいと思いました。

大人も知らないことが研究課題に取り上げられているものも多くあり、観衆の皆さんも関心して聞き入っていました。

また来年も開催予定ですので、是非多くの皆さんに聞きに来てほしいと思います。

2012年11月18日 09:43 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 研究発表会

科学教育研究協議会 第59回全国研究大会で記念講演

今日は、米子コンベンションセンターで講演をしてきました。
DSCN4028ss.jpg

















全国の理科先生たちに
米子の誇りである米子水鳥公園として公園の歴史や市民の保全活動へ
の参加について説明することができました。
DSCN4046ss.jpg

















コンベンションでは、5日午前中まで米子水鳥公園のパネルを展示しています。
お近く方は是非お立ち寄りください。

2012年8月 3日 18:54 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 出前講義 , 展示 , 普及啓発

児童クラブのメダカ捕り対応

暑い日が続きますが夏休みの子供たちは、とても元気です。
クイズラリーをしたり、カイツブリの親子を観察したりと、夏の水鳥公園を楽しんでいます。

今日は、児童クラブの子供たちがメダカ捕りをして、一日過ごしてもらいました。
   
DSCN4989ss.JPG
タモを借りて、メダカ捕りスタート








DSCN4983ss.JPGあっという間に、メダカがたくさん捕れました。









DSCN5011ss.JPGクイズラリーもやりました。現在、クイズラリーは<
なにこれ?鳥これ!!展の特別バージョンです!!

みんなできたかな?

2012年8月 2日 19:10 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

メダカの観察会

今日は、メダカの観察会を実施しました。
DSCN4676s.jpg最初にメダカ○×クイズを実施しました。

  飼育する場合のお約束などをなしました。
皆さん、よく勉強されていて、正解者多数でした。
全問正解者には、特製缶パッチをプレゼント





IMG_6654s.jpg野外で採集に出かける前に注意点の確認。



水だけはしっかり飲んでください。




IMG_6666st.jpg炎天下の中、メダカを追う子どもたちの声が園内に響きました。

真夏の日射しの中、海の日らしい水辺の企画となりました。




7月29日にも同様な企画を実施します。まだ、予約可能ですので是非ご参加ください。



 

2012年7月16日 19:25 カテゴリー: メダカ , 普及啓発 , 環境教育 , 速報

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その④

DSCN3822ss.JPG
今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。




 「さて、何これ?」








出雲の来待石で出来たミミズクの置物です。
このミミズクは、脚の趾(人間で言うところの指)の数を見てください。
右左どちらの脚も二本ので止まっています。多くの鳥は、木に止まる場合、前に3本,後ろに一本をかけてとまります。
ただフクロウの仲間のミミズクは、前に二本、後ろに二本をかけて止まります。
この来待石の置物はちゃんとその特徴を捉えています。
 皆さんも、フクロウの置物を見たらの数を確認してください。
置物の作者の観察眼に感心することがあるかもしれません。



夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です 

2012年7月 5日 20:22 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 特別企画

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その③

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。


 「さて、何これ?」

DSCN3572ss.jpg






























 もちろん鳥のガラスの置物ですが、種類は何でしょう?










実は、種類は我々もわかりません。ただ、最初はニワトリかキジと思っていたのですが、
職員の誰かが、
「カンムリカイツブリが水面を走るとこじゃない?」といい、
「それを言うなら求愛のダンスの場面でしょう?」という話になりました。
ところが、
「でもカンムリカイツブリの目は、黄色でなくて赤だよね。」
ということで、種類は特定できませんでした。

ただ、結婚式のお祝いでもらった物だそうでして、カンムリカイツブリの求愛ダンスだったら
ちょっと、素敵な話だなと思いました。
皆さんはこの鳥は、何の種類だと思われますか?
 
カンムリカイツブリの求愛ダンスは、ネットで探してみてください。


夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

2012年7月 4日 12:18 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 普及啓発 , 特別企画

バードコールをプレゼント!!

今日で幼稚園・保育園を対象にした園児の絵画展が終了です。IMG_4616エビモs.JPG

















 今回参加いただいた園には、館長からバードコールをプレゼントします。
IMG_4614エビモss.JPG
















どうぞ各園でご活用ください!!

2012年5月20日 11:59 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

春の草花ビンゴ!!

本日は、自然観察会「春の草花ビンゴ」でした!!


DSCN3872ss.JPGDSCN3873ss.JPG









春は、足元の何気ない草が、たくさん花を付けています。除草されてしまう前に集めてみましょう!!

DSCN3880SS.JPGDSCN3321ST.JPG









土手の草も、色んな種類があります。
ナワシログミがまだ赤い実(み)を付けていました。実(じつ)は酸っぱい・・・

DSCN3897ST.JPGDSCN3900.JPG









室内に戻って、今日見つけた花をビンゴの表にリストアップ!!
数字の代わりに、花の名前でビンゴゲームをしました。
景品は何がいいかな?

2012年5月 4日 13:40 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

春の昆虫ウォッチング!開催

今日は、ゴールデンウィーク後半の初日。
後半第1回目の自然観察会は、春の昆虫ウォッチング!でした。

天気予報では雨降りの可能性大だったのですが、
観察会の時間中だけ天候がやや良くなり、快適に虫探しができました。



DSCN3847s.JPG採集場所を4か所決めて、それぞれの場所で探す昆虫を写真で紹介しました。ここでは、カマキリ類の卵のう探しを目標にして、オオカマキリとチョウセンカマキリの卵のうが見つかりました。




DSCN3858s.JPGここでは、鳥のフンに化けているガを探してみましょう!








DSCN3854s.JPG見つけた昆虫は、小さなチャック付き袋に1匹ずつ入れてから、虫かごに入れました。子どもたちも真剣な顔で虫探しに熱中していました。







DSCN3863s.JPG最後に、どんな昆虫が捕まえられたかをおさらい。私の知らない昆虫がたくさん見つかり、観察会の後で種類を調べることにしました。
観察会では、31種類の昆虫その他が見つかりました。皆さん、とても虫探しがお上手でした。

2012年5月 3日 15:27 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

米子水鳥公園一周 観察会 植物編

DSCN3789s.JPG今日はGWの特別な企画

米子水鳥公園を一周して生息する植物をご案内する企画です。
足元の何気ない草花にたくさんの不思議があり、とても楽しい一日でした。

カラス名のつく植物や、スズメと名のつく植物がたくさん観察されました。




カラスノエンドウ・カラスザンショウ・スズメノエンドウ・スズメノカタビラ・スズメノヤリ・スズメノテッポウ

2012年4月29日 16:22 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

JPボランティア

DSCN3242ss.jpg

















今日は、ものすごい強風の米子水鳥公園です。
ネイチャーセンター前浜の島を波が襲います。
左手前の浅瀬に
ツルシギが避難しているのがわかるでしょうか?

DSCN3254SS.jpg
そんな中、ボランティアに来ていただいたグループがあります。
JP労組の皆さんです。

1994年から毎年ボランティアに来ていただいています。





DSCN3263.JPG今年も
シバザクラの苗の提供と植栽、草抜き作業をしていただきました。




大変な風の中、今年もありがとうごさいました。




2012年4月22日 12:55 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

第五回子どもと語る会開催しました。

米子水鳥公園では、毎年、割り箸おじさんこと「向井哲郎」さんが発起人となって、「中海の未来を子どもと語る会」を実施しています。
 毎年、たくさんの子どもたちが、いろいろな活動の報告をしてくれてとても楽しいです。

 DSCN2735.jpg今年も、7つの団体が発表していただきました。









DSCN2739.jpgDSCN2742.jpg米子水鳥公園 子どもラムサールクラブ









DSCN2750.jpgDSCN2748.jpgイオンチアーズクラブ






ジュニア・レンジャークラブ


DSCN2753.jpg韓国交流参加者の発表









今日は、特別に先日紹介した(痛車)の電気自動車を水鳥公園で披露しました。
今月中は、市内で無料で借りることができるそうです。
DSCN2756.jpgDSCN2770.jpg

2012年3月11日 19:14 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 特別企画 , 環境教育

ラムサール条約リレーシンポ


今日の米子水鳥公園は、ラムサールリレーシンポの開催日です。


DSCN1903.JPG今日のゲストは、海中研究所の新井さんです。
新井さんは、中海に生きているいきものの様子をビデオでご紹介していただきました。

中海に簡単に見れるような生き物なんていないと思っ間違いていたら大間違い!!

いつも見慣れた景色からカメラが水中に入ると、いろいろな魚や色とりどりの生き物の映像に変わり大変驚きました。
新井さんによると、これは小さな湧水が影響していて、海岸の構造をほんの少し変えるだけでたくさんの生き物が帰ってくるということでした。


DSCN1929ss.jpg
続いて、米子水鳥公園からは、カモパズルで水鳥をご紹介!!

ほとんどカモの福笑い状態です。







DSCN1958ssd.jpgそのあとは、鳥になった気分で野外に出て園内で鳥の餌になりそうな生き物を

みんなで集めてみました。







DSCN1963ss.jpg木の実は、人間でも食べられそうなものがあります。







米子水鳥公園

DSCN1970ss.jpgDSCN1988ss.jpg水辺では、エビや水草を見つけました!!









DSCN1974ss.jpgヨシの茎の中には、何がいるかな?
みんなでぱちぱち割ってみるのですが、なにも出てきません。

やっとのことで、
カイガラムシを発見!!鳥になっても生きていけないかもしれません。





DSCN1980ss.jpg中海の海岸までいったら岩にカキやヒバリガイがついていました。

こんなものを鳥は食べているのでしょうか?

2012年1月14日 20:13 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 普及啓発

水鳥の絵を描く会Ⅰ


2011.12.23水鳥の絵を描く会1枚目.jpg今日は水鳥の絵を描く会Ⅰ
を開催しました。
まず、鳥の特徴をよく観察
してもらう為に鳥のビンゴ
をしてもらいました。
子供達もすごく真剣にビンゴ
を楽しんでいました。



2011.12.23水鳥の絵を描く会2枚目.jpg親御さんも同伴で普段馴染みの
ない、バードウォッチングに
挑戦!
親御さんの方が楽しんでいる様子






2011.12.23水鳥の絵を描く会3枚目.jpg気に入った鳥や景色を
みんな真剣に描いてくれました。








2011.12.23水鳥の絵を描く会4枚目.jpg今回描いてくれた作品の数々は
弟17回米子水鳥公園絵画コンクールに
出品してもらいます。
尚、作品は2月1日~3月11日まで
館内スロープに展示します!
来館者投票も実施しますので、
皆さんも力作の数々をご覧下さい!
お待ちしておりますよhappy01

2011年12月23日 15:00 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 絵画コンクール

寒くなりました!米子水鳥公園

今日の米子水鳥公園は木枯らしが吹いていました。

DSCN1024ss.jpgクロツラヘラサギです。
風よけのためにクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターの前で一日寝ています。
クロツラの目が赤いのは、一晩中起きていたからではなく、
もともと目の赤い鳥です。





DSCN0931ss.jpgドングリ拾いに来ていただいた幼稚園の皆さんにクロツラヘラサギをぬいぐるみで紹介しました。
残念ながら、肝心のへらのような嘴を出してくれません。

園内でドングリ以外にも10種類以上の木の実が拾えました。



DSCN0946st.jpg今日のコハクチョウたちは、8:30amごろ公園を飛び立っていき、
2:50pmに帰ってきました。日が短いせいで充分な採食時間をとれないようです。

コハクチョウたちの群れにオオハクチョウ(中央奥)がいました。
横にはきれいなツクシガモです。

2011年12月 2日 19:08 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クロツラへラサギ , ツクシガモ , 普及啓発 ,

ソロプチミストスワン米子 読み聞かせ

今日は、ボランティアによる定例の絵本の読み聞かせ会でした。
CIMG0826ss.jpg
地元のを幼稚園に来ていただき、
 絵本だけでなく、手遊びや、ドングリ拾い。そして、ハクチョウの観察と
とても楽しい一日でした。

お礼にクッキーをいただきました。有難うございました。

http://mizuhoyouchien.blog.fc2.com/blog-entry-55.html



2011年11月18日 12:02 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境教育

米子高専 建築科 講義

今日は、近くの米子高専の建築科の皆さんが授業で米子水鳥公園へ来てくれました。
ssIMG_1033.jpgssIMG_1044.jpg









 水辺に美術館を作るならというテーマです。
 米子水鳥公園の建築の工夫について説明しました。


 高専の皆さんは、アダプトプログラムで中海湖岸のゴミも拾って行ってくれました。
ありがとうごさいました。
 

2011年10月13日 18:20 カテゴリー: お知らせ , アダプトプログラム , ボランティア , ラムサール条約 , 中海 , 出前講義 , 普及啓発

こどもラムサール条約全国湿地交流会

aIMG_1022.jpgaIMG_0996.jpg米子水鳥公園では、
2011年10月8日~9日
こどもラムサール全国湿地交流会(島根・鳥取連携事業)をしました。
 谷津干潟(千葉)、琵琶湖(滋賀県)、円山川(兵庫県豊岡)、宍道湖(島根)の子どもたちが、集まりハゼ釣りや貝殻レプリカづくりを通して交流しました。


IMG_0966.JPG  記念にみんなでメッセージを書いた黄色いハンカチでネイチャーセンターを飾りました。








ssDSCN1512.jpg中海の恵みを勉強するには、ハゼ釣りが一番?

ハゼ釣りの様子。







ssIMG_0905.jpgssIMG_0887.jpg
・ハゼ(コズ)の天ぷら
・アカガイ汁

中海の幸がいっぱいです。






ssIMG_0891.jpg自分釣った魚を食べてみましょう。

また、多くの地元の方にボランティアによるハゼの調理・釣りのお手伝いをしていただきました。

改めて、ここにお礼を申し上げます。





ssIMG_0737.jpg宿泊先では「湿地の生き物カルタ大会」

それぞれの湿地に、独自の生き物がいたり、
共通の生き物がいたりして面白かったです。





 

2011年10月 9日 18:52 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , ラムサール条約 , 中海 , 国際交流 , 普及啓発

わくわく後藤ヶ丘中 環境整備の職場体験

_MG_0510ss.jpg米子水鳥公園に環境整備の職場体験に中学生の皆さんがやって来ました。
水鳥のために前浜の草抜きをしたり、島作り、植栽の選定等をしていただきました。
単純な作業かもしれません
が、水鳥たちがここで安心して暮らせるためには、
重要な作業で、それぞれ大
きな工夫や考えがあります。


IMG_0515ss.jpg来週には、多くの水鳥たちが渡ってきます。みんなが作業した場所に
水鳥が来ている所をまた見に来て下さいね。
 

2011年9月30日 09:12 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理 , 重要

ダンゴムシレース結果発表!

7月16日から始まった鳥の巣展が今日で終わりまして、フリー企画として実施していたダンゴムシレースも終わりました。ダンゴムシレースの最終結果をお知らせします。

第1位 4秒31 美舩一輝さん(鳥取県) 8月11日
第2位 4秒33 森井瑞樹さん(岡山県) 8月24日
第3位 4秒44 山本莉帆さん(鳥取県) 7月29日
第4位 4秒50 上田乃維さん(鳥取県) 8月7日
第5位 4秒74 上田吏都さん(鳥取県) 8月7日

大人26名、中学生以下110名(以上)が参加したダンゴムシレースの優勝タイムは、4秒31という結果でした。5位以内がすべて4秒台というハイレベルな結果に、8月11日以降の参加者はほぼお手上げ状態でした。

またの機会をどうぞお楽しみに!

2011年8月31日 18:45 カテゴリー: お知らせ , ダンゴムシレース , 普及啓発

今日で鳥の巣展終了

カイツブリは、まだネイチャーセンターの前で子育て中と抱卵中の家族がひと組づついますが、
今年の夏開催しました「鳥の巣展」今日で終了です。

sCIMG0582.jpg 巨大巣箱以外にも、ご紹介できなかった展示の様子をご紹介します。
米子水鳥公園では、初めての試み「顔抜きパネル」を作ってみました。これで、あなたもカイツブリ親子になれます。







sCIMG0585.jpg鳥の巣や巣箱について解説するパネル30枚以上製作しました。また、イラストはプロの絵本作家さんの鈴木まもるさんにも協力いただきました。








sCIMG0586.jpg鳥の巣に関する本のコーナー









sCIMG0659.jpg展示室では、様々な鳥の巣や巣箱が展示してあります。その数、合計100点以上





 



sCIMG0611.jpgのサムネール画像今回は、一般的なシジュウカラの巣箱だけでなく、様々なパターンの巣箱を展示しました。








sCIMG0618.jpg近年、鳥取県内で多く設置されているブッポウソウの巣箱です。









sCIMG0600.jpg キビタキの巣箱
中に実際利用したキビタキの巣が入っています








sCIMG0636.jpg 一番巨大な物は、フクロウの巣箱です。









sCIMG0608.jpg

オシドリの巣箱もかなりの重量です。















今回は、巣箱に狙いの鳥以外が入った例もご紹介しました。
sCIMG0612.jpgシジュウカラ用にスズメが巣を作った例。
先住者を追い出してしまうこともあるそうです。








sCIMG0639.jpg
sCIMG0637.jpg
園内で採集したカイツブリ・バン・カルガモ・オオヨハキリの巣などを展示しました。
 







sCIMG0599.jpgsCIMG0601.jpgその他にも鳥取県内で繁殖した鳥の巣も展示しています。モズ、カワガラス、メジロ、エナガ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、オオルリ、サンコウチョウの巣なども展示しました。






珍しい巣も展示しました。
sCIMG0595.jpg鳥取県内で初めて確認されたソウシチョウの巣を展示。
これは、特定外来種であまりうれしくないですね。








CIMG0609.JPG世界最小のハチドリの巣も展示

 巣と鳥の関係は・・・







今回の展示では、鳥取県博物館、ホシザキグリーン財団、三瓶自然館サヒメル、日本野鳥の会鳥取県支部の会員の方などから標本をおかりしました。改めてお礼を申し上げます。










2011年8月31日 03:28 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 普及啓発

夜の観察会

aaCIMG9783.JPGドキドキしながらの集合です。









aaCIMG9804.JPG夜も咲いているタカサゴユリにハラビロカマキリの幼虫が待ち伏せをしています。
蛾でも待っているのでしょうか?






 aaIMG_9645.JPG
蛾は、ヌスビトハギに止まっていました。








aIMG_9644.JPGアオドウガネがタニウツギの葉をむしゃむしゃ食べていました。
夜は、いつもと違った昆虫の生態が観察出来てトテモ面白かったです。

次回は、2011年9月3日19:00~ 秋の鳴く虫鑑賞会を致します。
是非おいでください。

 


 

 


2011年8月21日 17:39 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

子ども会対応 メダカ捕り、クイズラリー、ダンゴムシレース、巣箱づくり

米子水鳥公園では、今週は三つの子ども会の対応をしました。

滞在時間に合わせて、メダカ捕り、クイズラリーダンゴムシレース、
巣箱づくりなど様々なプログラムに対応しています。
DSCF8619ss.JPG
また空いていれば、

お昼ご飯の場所として会議室が利用できます。


どうぞご計画ください。

http://www.yonago-mizutori.com/gakkou/

2011年8月 8日 17:19 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

夏休み親子ふれあい講座「小鳥のお家を作ろう!」パートⅠ

1枚目.jpg今日は夏休み親子ふれあい講座
「小鳥のお家を作ろう!」を
開催しました。







2枚目.jpgまず、作り方&道具の使い方の
説明を受け、いよいよ製作だっ!
なれない道具たちに子供達も
悪戦苦闘wobbly






3枚目.jpgそれでも子供達は
お父さんお母さん先生達の
手助けを受けて奮戦!!
見て下さいっ、この眼差しeye






4枚目.jpg最後はガストーチで炙って
景色にマッチするように工夫happy01
更に炙ると腐り難くなる利点も
あるんですよ~good
お父さんもハッスルハッスルrock





5枚目.jpg悪戦苦闘していた子達も
最後はこの笑顔smile
上々の出来にどことなく誇らしげscissors
たぶん夏休みの宿題に出すんだろう
けど、返して貰ったらちゃんと
樹にかけてよね~coldsweats01


























2011年7月30日 17:00 カテゴリー: お知らせ , 手作り自然教室 , 普及啓発

高カロリー企画!フライドチキンで鳥類学 

米子水鳥公園で最も高カロリーな企画!!
フライドチキンを食べて、その骨を元の鳥に組み立てます。
今年も鳥取大医学部の江田先生に講師をお願いしました。
BBDSCF8577.jpg









この企画は、まず食べなきゃ始まりません!!いただきます!BDSCF8583.jpg










BDSCF8590.jpg食べた骨が人間のどの部分か考えます。









BDSCF8592.jpgそれぞの部位ごとに骨をきれいに取り出します。









BDSCF8601.jpg骨格標本と比べて、自分の食べた骨がどの部分か調べます。
右と左間違えちゃだめだよ・・・








BDSCF8606.jpg石板の準備
 いきなり粘土細工がはじまります。








BDSCF8610.jpgできた。。。。

こんなに大きなニワトリ、でも生後45日の若い鶏だそうです。

2011年7月24日 19:52 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント , 普及啓発

メダカを捕まえて自由研究!!実施  21日もあります。

sss 002.JPG本日は、メダカの観察会を実施しました。台風の近づく天気ですが、昨日のひどく暑いお天気よりは、主催者としては安心です。








ssDSCF8472.JPGさて、メダカを捕まえるために普段は入れない場所に入ってみました。でもなかなかつかまりません、メダカも必死に逃げています。







でもちょっと、コツを掴めば大丈夫です。たくさんのメダカがまつかまりました。 ss 008.JPG

2011年7月19日 12:24 カテゴリー: お知らせ , メダカ , 普及啓発

本日の水鳥公園

今日は午前中は、地元小学校のGoGo活動「水鳥公園は何をするところ?」に対応しました。
CIMG8448ss.JPGCIMG8446ss.JPG





改めて紹介していると公園は様々な活動をしています。


午後からは、県の研修の方たちがいらっしゃいました。

夕方はカワウの調査です。巣での育雛は終わり、巣立ちしています。
CIMG8454ss.JPGCIMG8466ss.JPG









途中に夕立にあいましたが、雨上がりの緑も夕焼けはとてもきれいでした。

2011年7月11日 20:14 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ 水辺の生き物

早いもので、一学期最後の子どもラムサールクラブです。 本日は、水ぺの生き物観察です。梅雨明けした炎天下の中の採集でした。 でも子供たちはとっても元気。逆に、大人はへとへとでした。

2011年7月10日 21:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

足跡の標本を作りました!

2011.06.19足跡の標本を作ろう! 007.jpg今月の手作り自然教室
足跡標本を作ろう!を実施しました。
まず、水辺で足跡を探しました。
これは石膏を入れる為、
足跡を枠で囲んでいるところです。
写真では何の足跡か分かりませんねsweat01
なんの足跡かは後程…



2011.06.19足跡の標本を作ろう! 008.jpg枠で囲ったのち、
水で溶いた石膏を投入!
約30分で固まります。
その間は暇なので
色んなものを観察してみました。





2011.06.19足跡の標本を作ろう! 017.jpg虫のなる木を発見!
よく見てみるとカナブンの仲間が
大発生coldsweats02
子どもは喜んで手にくっつけていましたが
おかあさん方はかなり引き気味sweat01











2011.06.19足跡の標本を作ろう! 020.jpg堤防の向こうをよじ登ってみると
なんとそこに紫色した木の実が
あるじゃあ~りませんかsign01
昔懐かしの桑の実
早速GETscissors
みんなで味わいました




2011.06.19足跡の標本を作ろう! 021.jpg桑の実に舌鼓を打ち
ふと子どもに目をやると
子どもが巨大な骨をcoldsweats02
「とったど~!!!」
と、言わんばかりに誇らしげ、
おまけに持って帰ると言っています
すかさずお父さんお母さんが
「やめようよ!」
と子供をとめるのに懸命にsweat01







2011.06.19足跡の標本を作ろう!縮小.jpgそんなこんなであっという間に
30分経過
みんなで石膏を剝して持って帰りました。
記念撮影のひとこま
「こんなん出来ましたけど~」





2011.06.22カモの足跡標本.jpgさぁ、最初の写真の足跡の正体は?
じゃっじゃ~んsign03
カモの足跡でしたhappy01
その他皆さん色んな
足跡をとっていましたよ。
初めての試みでしたが、
楽しいイベントとなりましたsmile
 

2011年6月19日 17:30 カテゴリー: お知らせ , 手作り自然教室 , 普及啓発

ソロプチミスト・スワン米子 読み聞かせ会

本日は、近くの幼稚園の皆さんにソロプチミスト・スワン米子さんが読み聞かせ会をしました。ssCIMG1619.jpg
「ぼくをすてないで」
「ともだちをたすけたゾウたち」








CIMG1596ss.jpgカルガモ親子は観れませんでしたが、カルガモのお父さんの昼寝が観られました。









CIMG1630ss.jpgまた、読み聞かせの間には楽しい手遊びも行いしまた。

2011年6月17日 13:51 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「昔の中海の貝殻掘り」

6月の子どもラムサールクラブは、園内で貝殻掘りをしました。昔中海に住んでいた貝の殻を探して調べることで、昔の中海がきれいで、貝がいっぱいいたことを知ってもらうのが狙いです。


CIMG1530s.jpg貝殻掘りの現場へ行く途中、地面に空いた穴を発見。ミシシッピアカミミガメの卵が孵化した跡です。こうやって外来生物が日本の自然に広がっていることを実感しました。







CIMG1536s.jpg貝殻発掘開始。でも、予報よりも雨の降り始めが早く、雨具を着ての貝殻探しになりました。








CIMG1541s.jpg今日よく見つかったのが、これ。羽化したてのドウガネブイブイです。こんな環境で繭玉を作って発生していたとは、初めて知りました。








CIMG1553s.jpgお弁当を食べた後、貝殻の種類調べ。毎年やっていることですが、やっぱり難しい!








CIMG1562s.jpg今日見つかった生き物。貝は26種類見つかりました。新発見の種類を探してみんなで頑張りましたが、残念ながら今回は新発見はありませんでした。

2011年6月12日 09:20 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブin大山!

今日は、子どもラムサールクラブのバス遠足の日でした。行ってきたのは新緑の大山!週間天気予報では雨となっていましたが、子どもたちの日ごろの行いが良かったのか、当日に近づくにつれてどんどん予報が好転。当日は青空でした!

IMG_7893s.JPG到着して早々、ジュリジュリとにぎやかに鳴く小鳥の群れを発見。双眼鏡でのぞいてみると…。








IMG_7900s.JPGイワツバメの群れでした。泥をたくさん口に含んで持ち帰り、ただ今巣作り真っ最中、といった様子でした。







IMG_7915s.JPG私個人的に今日一番の衝撃生物、オオシモフリスズメ。ボランティアスタッフのMくんが発見しました。日本最大のスズメガの巨体や渋い模様、意外とかわいらしい顔、キイキイという鳴き声に、みんなの視線は釘づけでした。




IMG_7926s.JPGクロモジの香りを体験中。「う~ん、いい匂い♡」








IMG_7944s.JPGまたしてもMくんが大きな虫を捕まえてきました。持ってみたいという子に手渡したところ、なんか変なにおいがします。これはマイマイカブリ。大きくてかっこいいのでつい触ってみたくなりますが、ウンコのような体臭が指について取れなくなるので要注意です。「うえっ、臭~い」


DSCN3886s.JPG2年生以下の子は別グループで自然観察。中の原スキー場で転げまわっておおはしゃぎでした。







IMG_7963s.JPG新緑の大山をたっぷり満喫した一日でした。

2011年5月 8日 13:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

春の昆虫ウォッチング!

今日は、ゴールデンウィーク自然観察会の最終回として、春の昆虫ウォッチングを開催しました。少々風が強かったのですが、晴天に恵まれ、たくさんの方にご参加いただきました。

CIMG0116s.JPG昆虫は隠れる名人です。どこに隠れているかな?









CIMG0123s.JPG昆虫採集範囲を2箇所決めて、それぞれで採集と解説をしました。









今日観察できた昆虫やその他の生き物は、ハナムグリ、クビキリギス、ギンイチモンジセセリ、ナツグミシギゾウムシなど22種類でした。

皆さんも、身近な春の虫を探してみてはいかがですか。気になる虫を見つけたら、水鳥公園に持ってきていただくか、画像を送っていただければ、(分かる範囲で)お答えします。

2011年5月 5日 16:00 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

公園一周ガイドウォーク

今日からゴールデンウィークです。初日から素晴らしい晴天に恵まれ、春の自然を楽しむに絶好の条件です。

水鳥公園では、ゴールデンウィーク期間中、毎日自然観察企画を開催します。初日の今日は、公園一周ガイドウォークを開催しました。

IMG_6690s.JPG普段は入ることができない水鳥公園の周りの堤防を歩いて、指導員が生き物ガイドをしました。







IMG_6673s.JPG中海の無人島で子育てをしているカワウの群れを観察。








IMG_6688s.JPGヌートリアの骨を発見!








いろいろな春の植物や鳥、昆虫などを観察しながら、およそ2.4kmを歩きました。明日はどんな生きものに会えるかな?

この企画は、普段見られない角度から水鳥公園の自然を観察できる貴重な機会です。明日も同じコースをご案内しますが、別の指導員がご案内しますので、今日とは違った視点のガイドになると思います。是非ご参加くださいませ。

2011年4月29日 16:19 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2011スタート!

今日から今年度の子どもラムサールクラブ2011が始まりました。今後、毎月主に第二日曜日に集まって、子どもたちと自然観察をしていきます。

初回の今日は、企画の内容説明と、昨年度の活動紹介をした後、普段入れない水鳥公園のヒミツの場所を探検しました。

CIMG9094s.JPG自然観察の基本、双眼鏡の使い方を練習。









CIMG9099ts.JPGネイチャーセンター隣のメダカ池を覗き込む子ども達。メダカやチチブが泳ぎ、水面にはアメンボがいました。







CIMG9113s.JPGここから先が普段入れない場所。なぜ普段入れないのかを説明。









CIMG9121s.JPGここがヒミツの場所(の前)。自然観察の能力が重要な理由を説明中。子ども達はグミの実採集に夢中。大人がしゃべるウンチクよりも実体験!ですよね~!








CIMG9150s.JPG今日観察できた春の生きものたち。最後に、今日観察した生き物を振り返って、生き物川柳を書いてもらいました。巨大なコブハクチョウと、微妙な味のグミが子ども達に印象深かったようです。







次回、5月は大山にバス遠足に行く予定です。いい天気になりますように♪

2011年4月10日 17:25 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2010ファイナル!

CIMG8165s.JPG今日は、今年度の子どもラムサールクラブ最終回です。最終回は、一年間の活動を振り返り、活動レポートのポスター作りをしました。








初めに、一年間の活動をスライドショーで振り返りました。今年度のラムサールクラブは、雨に降られた日が多かったことに気づきました。雨男、雨女がいたのかも?




CIMG8167s.JPGCIMG8168s.JPG









その後、四季ごとに4つの班に分かれてポスター作り開始。写真選び、イラスト描き、コメント書きなど、1年生から6年生までみんなで協力してポスターを作りました。

CIMG8199s.JPGCIMG8200s.JPG
















CIMG8206s.JPGCIMG8203s.JPG
















完成したポスターと一緒に記念写真。それぞれ個性的な楽しいポスターが仕上がりました。このポスターを見て、たくさんの人がラムサールクラブに参加したいな、と思ってくれもらえたら嬉しいです。
これらのポスターは、早速ネイチャーセンターに掲示しました。


4月からは、新たに子どもラムサールクラブ2011がスタートします。
今日までにたくさんの申し込みを頂いておりまして、まだ広報誌などに掲載する前にもかかわらず、30名定員のところすでに残り3人となっています。(大変申し訳ありません。4月20日で満員となりました。一部更新が遅れたことをお詫びします。ごめんなさい。)
ぜひ参加したいという方は、お早めにお申し込み下さい。

2011年3月13日 11:43 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

ハクチョウの北帰行観察会 北帰観られました!!

今朝は、「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」と題した観察会を開催しました。
ただ、毎年このイベントは、職員泣かせのイベントです。
確かに、この時期にハクチョウたちは帰るのですが、観察会の時間の間には北に飛ばなかったり、一日違いで観られなかったりと、なかなか日程の設定が難しい観察会なのです。

jpg4072大山と朝日.JPGのサムネール画像








今朝は快晴で絶好の北帰行日和でしたが、公園にやってくると静かな雰囲気・・・・。
コハクチョウが帰る日は、室内にいてもうるさいぐらいの様子ですので、今朝は観られないと思っていました。

jpg4083北へ向かう.JPGのサムネール画像jpg4086北へ向かう群れ.JPGのサムネール画像







 ところが、今年は観察会の途中で北に帰るハクチョウの群れが公園上空を通過してくれました。きれいなV字の飛行で飛んでいきました。
 
おかげさまで、今年は、お題目通りの観察会となりました。

jpg4092.JPGのサムネール画像
明日(2011年3月6日)も7:00から開館していますので、お近くの方はぜひおいでください。






※ちなみに「北帰行」は、科学的には用いない表現だそうです。小林旭の歌が由来だとか。

2011年3月 5日 10:03 カテゴリー: 普及啓発 , 自然観察会 , 速報

第四回 中海の環境を子どもと語る会

2011.02.2622.JPG本日は、第四回中海の環境を子どもと語る会を米子水鳥公園で開催しました。米子彦名の割り箸おじさんとして全国的に有名な向井哲朗さんが中心となって会を進めていただきました。







ss004.jpg地元の大人~子どもまでのさまざまな環境活動活動を聴くことが出来とても有意義な一日でした。また、向井さんの先生である岸岡務氏の功績についても館長から説明がありました。




彦名ちびっ子環境パトロール隊


22020.JPG中海の環境活動は、昭和20年ごろからの歴史があることに感心し、この60年以上ある歴史を次の世代へ伝えていかねばならないと思いました。





イオンチアーズクラブ


ss022.JPG





米子水鳥公園子どもラムサールクラブも発表し、取材を受けました。




2011年2月26日 19:57 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育 , 番組収録 , 速報

コハクョウの餌場近くの小学校で出張授業!

r 025.jpg
ずいぶん米子もあったかくなってきて、春の雰囲気です。
ハクチョウは、公園で朝まだ200羽いますが、ここの晴れ続きで北への渡りを始めたハクチョウが多そうです。オジロワシもいつまで見られるでしょうか?

米子水鳥公園では、近くの学校の環境教育の支援して、講師の派遣もしています。昨日と本日、それぞれコハクチョウが餌場としている水田の近くの2校に出かけて授業をしました。  

r006.jpgコハクチョウの標本や中海のラムサール登録証書を見てもらいました。また、実際に水田で餌を食べるハクチョウを観察したり、中海に出かけてゴミ拾いや水質の測定に出かけました。 BDSCF5013.jpg

2011年2月25日 19:43 カテゴリー: 出前講義 , 普及啓発 , 速報

中海の幸を味わおう会~!

2011.02.20中海の幸を味わおう会! 002.jpg縮小.jpg今日はWWD記念(世界湿地の日)&手作り自然教室コラボ企画
中海の幸を味わおう会!Ⅱを実施しました。
本日のメニューはというと
①赤貝飯
②赤貝汁
③鱸&チーズの燻製です。
なかなか作り慣れない料理にみんな一所懸命!!



2011.02.20中海の幸を味わおう会! 007.jpg縮小.jpgちびっ子シェフも真剣です。sweat01
(赤貝のアク汁をとっているとこ)
赤貝は(正確にはサルボウガイ)はかつて水鳥公園がある中海で
日本一の漁獲があった程の貝類です。
しかし残念な事に、今は殆どその姿はありません…





2011.02.20中海の幸を味わおう会! 015.jpg縮小.jpgこれは鱸の燻製
超~旨そ~!!happy02








2011.02.20中海の幸を味わおう会! 011.jpg縮小.jpg約2時間掛けて完成した料理はこちら!
初めてチャレンジした料理。
試行錯誤、悪戦苦闘の連続でしたが、立派なメニューが完成しましたscissors







2011.02.20中海の幸を味わおう会! 012.jpg縮小.jpgチョーマイウーhappy01
子供達が美味しそうに食べる様子
頑張ったかいがありました。
いつか中海がより綺麗になって、
昔のように、もっといろんな海の幸が採れるといいなぁーshine

2011年2月20日 15:34 カテゴリー: お知らせ , 手作り自然教室 , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「わたしたちの湿地の生き物を作ろう!」

今日は、今年度11回目の子どもラムサールクラブを開催しました。
2月2日の世界湿地の日を記念して、これまでの活動で観察してきた湿地の生き物を粘土で作りました。

CIMG7077s.JPGCIMG7075s.JPG









個性豊かな湿地の生き物が23種類できました。


CIMG7073s.JPG









今年の世界湿地の日ポスターと一緒に記念撮影。


子どもラムサールクラブは、次回が最終回。
一年間の活動報告壁新聞を作ります。

世界湿地の日についてはこちら

2011年2月13日 09:16 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

鳥取大学 講義 

今日は、鳥取大学の学生さんたちに水鳥の勉強に来ていただきました。
課題:
10種類の鳥を識別
CIMG6256ss.jpg









オジロワシやツクシガモなどが観察できました。

2011年1月14日 16:22 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 講師派遣

子どもたちと今年のまとめ

BDSCF3904.jpgBDSCF3908.jpg 今年は、何といっても生物多様性年そして、COP10が名古屋で行われた年でした。米子水鳥公園からも、子どもたちがあちらこちの事業に参加して、いろいろな交流や情報発信に協力してもらいました。
 今日は、年末の総決算として今年の活動を模造紙にまとめていました。



BBDSCF3927.jpgBBDSCF3931.jpg









 完成したパネルは、視聴覚室に展示しました。
 予定としては、2月に開催予定の「子どもと語る会」で報告予定です。

2010年12月27日 11:36 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , ジュニア・レンジャークラブ , 国際交流 , 展示 , 普及啓発 , 生物多様性

お気に入りの鳥の絵を描こう!

今日は、12月分の子どもラムサールクラブの開催日です。
今日のテーマは、「お気に入りの鳥の絵を描こう!」。望遠鏡で鳥を詳しく観察して、特徴を捉えた「種類が分かる絵」を描くことを目標に取り組みました。

P1020505s.JPG観察の前に、鳥パズルを使って具体的に鳥を見る練習をしました。
「これがマガンという鳥です。よ~くみて、体の特徴を覚えましょう!」
この後で、マガンの姿が正しく再現できるか、パズルを使って子どもたちに挑戦してもらいました。




_MG_1958s.JPGいよいよ鳥のお絵かき開始!どの鳥を書こうか迷う子、見ていた鳥が飛び去ってしまって困ってしまった子、今の季節には見られない鳥を書きたい子、みんないろいろな要因で苦労していました。





P1020535s.JPGお昼休みの後、下絵に色をつけました。5、6年生は下絵をじっくり書く子が多く、家に持ち帰って仕上げて頂くことにしました。







P1020539s.JPG最後に、今日みんなで観察した生き物をまとめてみました。18種類の生き物が観察できていました。








 小学生には、一日で水彩画を仕上げるのはなかなか難しいようで、集中力が切れてしまう子が何人もいました。大変ではあるけれど、それを乗り越えて取り組めばその分だけ自分の力になりますので、これからもがんばってほしいと思います。

2010年12月12日 16:18 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

白鳥観察バス遠足

今日は、地元小学校4年生の総合学習として、中海のハクチョウを観察するバス遠足に同行しました。春からお手伝いしているこの総合学習も、これで4回目です。

CIMG5065s.jpg初めに、水鳥公園のコハクチョウを観察。ノスリ、ハヤブサ、チュウヒなどのタカも観察できました。








CIMG5075s.jpg次に、安来のふゆみずたんぼへ移動。収穫が終わった大豆畑に、コハクチョウが540羽くらい群れていました。ここでハクチョウたちが食べているものはなんだろう?






CIMG5077s.jpg安来の水田地帯を一望。水鳥公園の風景との共通点と違いはなんだろう?









次に、東出雲町の意東海岸へ移動。
ここは、中海のコハクチョウ保護運動発祥の地。かつてここは数百羽のコハクチョウで賑わっていたのに、なぜ今、コハクチョウはいなくなってしまったのか。コハクチョウが暮らすために何が必要なのか。…。



CIMG5084s.jpgなどなど、むずかしいお話の後は、湖岸を散歩。子どもたちはおおはしゃぎ。湖岸に落ちているいろいろなものと、カモやタヌキの足跡に興味津々でした。








CIMG5087s.jpgそのなかで一番人気はミズクラゲでした。風向きのためか、湖岸にたくさん打ち上げられていて、子どもたちはみんな手にとって歓声をあげていました。
「つめた~い!」「やわらか~い!」







天気が心配でしたが、屋外活動中は雨に降られませんでした。子どもたちの日ごろの行いの賜物かな?
いろいろなことを解説しながら歩きましたが、子どもたちにの心に何が残ったのでしょう。やっぱりミズクラゲかな?
なにはともあれ、子どもたちが自然の中でいろいろなものに触れて楽しく過ごすのが一番です。

2010年11月26日 16:32 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 総合学習

第3回こども自由研究発表会

_MG_1605s.JPG今日は、こども自由研究発表会を開催しました。今年で3回目になるこの企画は、米子市内の小学生が今年取り組んだ自由研究を発表するもので、自然科学に関する研究を選んで12名の小学生を招待し、発表してもらいました。


_MG_1557s.JPG1年生の子も、おかあさんの応援をうけながら、アリの研究成果について立派に発表してくれました。






_MG_1640s.JPG全員の発表が終わったあと、主催者である国際ソロプチミスト・スワン米子、NPO法人日本野鳥の会鳥取県支部、米子水鳥公園から、子どもたちに賞状とプレゼントを贈呈しました。




_MG_1674s.JPG発表者全員で記念撮影。みんな、しっかり発表練習をしてきて、堂々と発表している姿に、大人たち一同、感心しっぱなしでした。






6年生の子は今年で卒業になりますが、来年は、5年生以下の皆さんの今後の研究や、新たなこども研究者の登場が楽しみです。

2010年11月21日 11:41 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 特別企画

アオコの観察(採集中海)

今日は、いつも中海の水質を調べに来ている子供たちと、最近話題の中海のアオコを採集して顕微鏡でのぞいてみました。
ssDSCF3021.jpg「これ、ミクロキスティスなのかな?」
「それより周りで動いている動物プランクトンが気持ち悪い・・・」
「それが、魚とか貝の餌じゃないの?」

ssDSCF3034.jpg
はじめてのぞく世界に興味深々のようでした。

2010年11月18日 20:40 カテゴリー: お知らせ , アオコ , 普及啓発

秋の自然を味わってみました!

今日は子どもラムサールクラブの活動日。今月のテーマは、秋の自然観察と、おいしいドングリを拾って食べることです。

CIMG4863s.JPG中海方向からマガンの大群が飛来!にぎやかに鳴きながら、水鳥公園に舞い降りてくるマガンの様子に圧倒されました!







CIMG4877s.JPG道端では、秋の虫が見つかりました。こちらはチョウセンカマキリ。オオカマキリとの違いを勉強しました。








CIMG4915s.JPGこちらはオンブバッタ。晩秋まで見られる身近なバッタです。








CIMG4896s.JPG今日の一番のねらいはこれ!スダジイの実です。ドングリの中でも最もおいしいといわれています。昨年はぜんぜん拾えませんでしたが、今年は豊作のようで、いっぱい拾うことが出来ました。






CIMG4946s.JPGみんなで拾ったドングリをフライパンで炒りました。香ばしい香りが漂ってきてうっとりしていると、時々「バン!」とドングリが弾けました。あぶないあぶない。皆さんもドングリを炒るときは気をつけましょう。












P1020272s.JPGスダジイとマテバシイのドングリを炒ったものと、イナゴの佃煮をみんなで試食。秋の自然の恵みを味わいました。その美味しさに、一度食べたら手が止まりません。あっという間にお皿は空になりました。

今日はお天気が良くて暖かく、秋の自然観察には最適な一日でした。

2010年11月14日 17:36 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

コハクチョウが帰ってきた!

先日のブログで、夕方になってもコハクチョウが帰ってこない、という状況をお知らせしておりましたが、昨日からコハクチョウがねぐら入りするようになってきました。
昨日の夕方は30羽くらい、今日の夕方は50羽くらいがねぐら入りしました。

マガンはあいかわらず、水鳥公園と安来を1日2往復しています。
6:30頃に水鳥公園を飛び立ち、
安来の田んぼで食事をしてから、
9:00頃に水鳥公園に戻ってきます。
水鳥公園でのんびり過ごした後、
15:45頃に再び安来方向へ食事に出かけ、
17:40に帰ってきました。
今日は400羽くらいが飛来しました。

明日の夕方は、マガンのねぐら入りを観る観察会「落雁を観よう!」を開催します。
ぜひご参加ください!
17:00にネイチャーセンターのレンジャーカウンター前に集合です。

2010年11月12日 18:36 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , 普及啓発 , 自然観察会 , 重要

境港の小学生の社会科見学

今日は、境港の小学5年生が社会科見学にいらっしゃいました。地域環境の自然や水鳥公園の仕事についてなどの学習が目的です。

IMGP6505s.JPG水鳥公園の1年間の自然を紹介した映像を見ていただいた後、展示室をご案内。水鳥公園には、いろいろな生き物が住んでいるのです!






IMGP6507s.JPG展示室の後は、いよいよ本物の鳥を観察。望遠鏡の使い方を説明中。
望遠鏡で数千羽の水鳥を見ていただきながら、なぜ水鳥公園には鳥がたくさんいるのか、考えていただきました。



CIMG4761s.JPG最後は自由見学。児童たちは館内の展示物に興味津々。はじめに全員に配布した学習シートに展示物の説明をメモする子や、鳥の展示物で遊ぶ子など、それぞれ興味のあるものを見学していただきました。






あっというまの2時間でした。今度はお休みの日に、ご家族でごゆっくり遊びに来てくださいね。遊びながら自然について勉強できることが、水鳥公園の大きな魅力です。

2010年11月 8日 19:05 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境教育

コハクチョウとギターの調べ

DSCF2751a.JPG今日の米子水鳥公園は、ちょっと志向を変えてギターと水鳥を眺める日です。

視聴覚室で、六弦倶楽部さんによる演奏で半日楽しみました。
一本のギターが奏でる、メロディーの多種多様さに驚くばかりです。



DSCF2730s.JPG聴いていて、一本のギターから奏でられているとは思えないほどです。








DSCF2736s.JPG50人以上の方に
特別な時間をすごしていただきました。

2010年11月 3日 19:41 カテゴリー: 普及啓発 , 特別企画 , 速報

彦名・水鳥ふれあいウォーキング大会

本日、第十五回彦名・水鳥ウォーキング大会が3日の延期で開催されました。
米子水鳥公園友の会・彦名自治会・米子水鳥公園・
米子市・環境省などが協力・後援して実施するイベントです。
CIMG4693s.JPGDSCF2536s.JPGDSCF2643s.JPG準備体操の後、出発!!
米子水鳥公園周辺の堤防を歩きます。








sDSCF2582.JPG途中に7つのクイズの関門を通過します。
今年の問題は、すごく難しい!!!?








2DSCF2569.jpg今年も中学生のジュニア・レンジャーが、ボランティア協力してくれました。

2010年11月 3日 19:24 カテゴリー: ボランティア , ラムサール条約 , 普及啓発 , 速報

中海・宍道湖ラムサール五周年記念イベント

xjpg0028.JPG 今日は、米子市文化ホールで宍道湖・中海ラムサール条約登録五周年の記念イベントが開催されました。
 米子水鳥公園とゴビウスでは、10月9日に行った子ども湿地交流の成果として、子どもたちが選んだ5つの湿地の宝を発表しました。




xjpg0101.JPG 子どもたちが選んだ湿地の宝は、「シジミ・米子水鳥公園・夕日・渡り鳥・水」でした。

これらの宝を守って、次の世代へ引き継いでいこうと思います。




xjpg0078.JPG代表の発表者 
細田 崇之(松江第一中学)
石田咲歩子(弓ヶ浜小)





2010年10月30日 17:19 カテゴリー: 国際交流 , 普及啓発 , 重要

生物多様性条約締約国会議CDB/COP10(報告)

名古屋で開催されたCBD/COP10では、さまざまな活動をしたり、環境についていろいろアピールすね場を与えていただきました。地域のミニコミ誌に書いた報告文をご覧ください。また、生物多様性で、このホームページを検索していただいくと関連の記事が出てきますのでお試しください。



生物多様性条約締約国会議 COP10に行ってきました。

 神谷要 ()中海水鳥国際交流基金財団

 

 201010月に名古屋市で開催された生物多様性条約締約国会議に行ってきました。といっても、もちろん国の代表ではありません。ラムサール条約もそうなのですが、一部の国際条約の会議では、サイドイベントや関連の展示ブースなど様々な活動が会期期間中に実施されます。このような活動は、今回は会議場に隣接している白鳥(しらとり)公園で実施され、会議をよい機会として政府や研究機関、NGOのアピール場となっていました。テントの数は200以上あり、海外のNGOや政府のものまであります。テントには超大型の200人規模の同時通訳付きのイベントが行えるものもあり、まさに環境保全の万博といった雰囲気でした。そのため、今までに知り合った国内外の友人にたくさん会うことができました。また、これらのブースを見ていて面白いのは、政府の方針に反する展示も自由に出展していることでした。環境省が準備したテントに、大小さまざまな市民団体からあちらこちらの開発に反対する展示ブースが出展されていました。日本は民主国家なのだと妙に安心してしまいました。

 ただ、国の代表の入る会議場とこれらのテント村は2メートルほどの壁で仕切られ、許可なく入れないようになっていました。議場に入るためにはセキュリティーは空港並みに厳しいものでした。

 さて今回米子水鳥公園は、2つのサイドイベントに参加するために名古屋へ行ってきました。一つは、米子水鳥公園が参加している渡り性水鳥に関するフライウェイ・パートナーシップ事業をアピールすること、もうひとつは、子どもたちの湿地交流です。フライウェイ・パートナーシップのイベントでは、未だに水鳥の減少傾向が30年前から変わらないことが、国際的なセンサスによって明らかになったことが報告されました。これらの元となるデータは、野鳥の会鳥取県支部のような地域の団体が集まって調査したものです。このようなデータが集められて、世界で活用されていることを改めて感じました。

また、湿地交流では藤前干潟のふれあい祭りに、米子水鳥公園のラムサール子どもクラブの石田咲歩子さんと樋口未歩さんと一緒に参加しました。地元の名古屋の子供たちや、韓国のチャンウォン市の子供たちと交流しました。とくにお互いの湿地の活動を報告する発表会では、名古屋の子どもたちは演劇やクイズなどを取り入れ楽しい発表をしていました。私たち子どもラムサールクラブも中海の代表として発表し、ちょうど同じ時期に藤前干潟も干拓が中止になったことから話が盛り上がりました。

さてCOP10は、エコを目指した会議でした。今回の会議について、難しい話は報道に譲りますが、会議はずいぶんエコを目指していることがよくわかりました。ゴミは10分別以上、参加者に公共交通機関でできるだけ移動してもらうために地下鉄の無料パスを配ったり、飲み物の紙コップを削減するためにサーモカップを配布したりしていました。2005年の愛地球博からの流れを大切にしていることを感じました。

ゴミ問題が生物多様性とどう関係があるのと思う方がいるかもれませんが、私たちは藤前干潟がゴミ捨て場になるために埋められようとしていたことを忘れてはいけません。それもたった10年分のゴミ捨て場としてです。いま、ゴミはリサイクルせずに埋めてしまった方が、コストが安く済み、エネルギーコストも低いという環境経済学者もいます。しかし、これは干潟や生物多様性の価値を経済的にゼロと考えているからです。干潟や生物多様性には大変な価値があります。それは、今回のCOP10で多くの国がまさにその生物多様性の利益配分で対立したことからも明らかです。今後とも、身近な生活のエコも気にしながら、世界を飛び回る鳥たちを見ていきたいと思ったCOP10でした。

 

神谷 要



2010年10月29日 20:30 カテゴリー: 国際交流 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育 , 生物多様性 , 重要

CBD/COP10藤前干潟ふれあい祭りで発表 

20DSCF1963.jpg CBD COP10の関連イベントで、米子水鳥公園こどもラムサールクラブの子供たちが 発表しました。
 藤前干潟は、中海と同じ時期に干拓をやめた場所です。その成果を、多くの子供たちにアピールできたでしょうか?

韓国の子供たちや、名古屋の子供たちの発表もとても楽しいものでした。

2010年10月25日 10:38 カテゴリー: 国際交流 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 生物多様性 , 速報

水鳥公園で中海の総合学習

今日は、市内の小学5年生2クラスが総合学習のため来館しました。そして、学習のテーマである水鳥公園や中海についての概要をご案内しました。

CIMG4532s.JPG展示室で水鳥公園で見られる生き物を見学。オオハクチョウとコハクチョウ、ミサゴ、オオタカ、タヌキなどの剥製に興味津々。






CIMG4538s.JPGネイチャーセンターを出て、堤防の上から中海を見ました。子どもたちは、「うわ~、きれ~い!」と歓声をあげました。水面には何度も魚が飛び上がり、命が息づく中海を実感しました。





CIMG4554s.JPGネイチャーセンターに戻って野鳥観察。ただ観察するだけでは物足りないので、秋の鳥ビンゴをしていただきました。
今日はちょうどコハクチョウ3が居てくれて、逆立ちして水草を食べる様子が観察できました。




IMG_0862s.JPG最後に、児童から事前に寄せられていた、水鳥公園や中海についての質問にお答えしました。「中海は生物にとって居心地がよいのか」という質問については、逆に私から「今日見学してみてどう思った?」と子どもたちに尋ねてみました。みんな「居心地がよさそうだった!」と答えてくれました。


数千羽のカモが水面でのんびり過ごす水鳥公園や、元気よく魚が跳ねる中海。中海はたくさんの生き物たちにとってかけがえのないすみかだ、ということを子どもたちに感じてもらえたようです。

2010年10月18日 19:41 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 総合学習

夜の観察会 ナイトウォーク

CIMG4157ss.jpg 今日は、とある子ども会からのご依頼で、米子水鳥公園の夜の観察会を実施しました。
 虫の鳴き声を聞いたり、真っ暗なネイチャーセンターを探検したり、非日常のとても楽しい経験です。
 虫や植物などの夜にしか見られない様子が観察できました。米子水鳥公園の新しい発見がありましたでしょうか…?


IMG_2494SS.jpg 子ども達からは、「あっ、展示物が動いた!」など、映画ナイトミュージアムのようなコメントも…。
 しかし、昼間あれだけいた水鳥は、夜は採食に出かけて留守…。夜の水鳥の姿が見れなかったのは残念でした。




 夜の観察会の実施希望については、米子水鳥公園までご相談ください。ただし、水鳥の飛来状況、天候により実施できないことがあります。

2010年10月10日 22:03 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

森の観察! バッタ採り!

s2010.10.06みずほ幼稚園 019.JPG今日はもみずほ幼稚園の子どもたちが、森の観察とバッタ採りに来てくれました。
森では、ドングリを拾いました。


「森の怪人が出て来るぞー」
「きゃ~、こわ~い!」



s2010.10.06みずほ幼稚園 045.JPGバッタ採りの様子

たくさんバッタがつかまりました。







s2010.10.06みずほ幼稚園 063.JPG芝生の上で、お昼ごはん。おいしいね!








2010年10月 6日 18:28 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境教育

明日から、くにびきメッセで展示!平井鳥取県知事来園

IMG_0384as.jpg本日は、平井鳥取県知事が米子水鳥公園へおいでいただきました。
明日から中海のラムサール条約登録5周年記念展示がくにびきメッセ(松江市)で始まります。

 米子水鳥公園も、メッセで10月2日・3日の午後に「貝殻レプリカづくり」の
ワークショップを実施します。展示は、9日(土)15:00までです。



IMG_0387b.jpg平井知事が見ているのは、中海の水質調査の第一人者といってもよい、故岸岡務氏の水質調査道具です。ちょうど、当財団の監事に岸岡氏のご子息がおられ、特別に展示に提供いただきました。
 多くの中学生が彼のもとで中海の水質について学び、その汚濁の過程を見ています。彼の活動は、その後の中海の環境保全運動にも大きな影響を与えました。

2010年10月 1日 18:55 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 普及啓発 , 調査研究

総合学習で鳥のすみか作り

CIMG3561s.JPG今日は、地元小学校4年生の総合学習が行われました。
今日のテーマは、「水鳥のすみかをつくろう!」です。






CIMG3563s.JPGネイチャーセンター前の砂浜に生えている草を根っこから取り除いて、砂浜が草地にならないようにする作業を子どもたちに手伝ってもらいました。なぜこんな作業が必要なのか、種明かしは午後にあります。





CIMG3571s.JPG自分の背丈ほどもあるヨシの地下茎が出てきてびっくり!















CIMG3589s.JPGお昼休憩後、午前中に行った除草作業の意味について説明しました。鳥が暮らすためには何が必要か、それを守るために私たちに出来ることは何か、考えてもらいました。
皆さんが、鳥にやさしい人になってくれたらうれしいです。

2010年9月30日 19:28 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境管理

米子高専 電子制御科 展示提案のため

IMG_2001ss.JPG本日は、米子高専の皆さんが来館して展示づくりのための勉強に来ていただきました。電子制御IMG_2007ss.JPGという専門分野を駆使して、どんなすごい展示ができるか楽しみです。


また、全国の博物館などの展示施設についてもプレゼンでご紹介しました。

2010年9月29日 19:47 カテゴリー: お知らせ , 出前講義 , 展示 , 普及啓発 , 講師派遣

地元小学校が昔の中海の貝殻探し

今日は、地元の小学校の総合学習として、昔の中海の貝殻探しをしました。


CIMG2901s.JPG貝殻掘りの道具を持って、出発!









CIMG2904s.JPG途中、白い羽根が散らばっている現場を発見。オオタカがチュウサギを襲って羽をむしった跡です。自然界の食物連鎖を実感しました。






CIMG2908s.JPG貝殻掘り中。水鳥公園の地面には、たくさんの貝殻が混じっています。これらはみんな、中海の湖底に積もっていた約1500年前のものです。






CIMG2957s.JPG見つけた貝は水洗いしてから並べて乾かしました。貝殻屋さんみたいですね。














CIMG2964s.JPGお弁当を食べたあと、貝の種類を調べてラベルをつけました。みつかった貝の種類から、昔の中海の環境が想像できます。

約30種類の貝が見つかりました。昔の中海はきれいで、たくさんの貝がいたことが分かりました。

2010年9月16日 10:38 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境教育

子どもラムサールクラブ「鳥のすみかを作ろう!」

今日の子どもラムサールクラブは、鳥のすみか作りと題して、砂浜の草むしりをしました。これから続々と飛来する秋、冬の水鳥たちのために、広々とした砂浜を整備してあげよう、というわけです。

P1010770s.JPGはじめに、子どもたちにカマの使い方を説明。正しく使わないと、怪我をしますよ~!








CIMG2859s.JPG生き物解説の先生や、保護者の皆様もみんなで草むしり。根っこごと抜き取らないと、すぐに草が生えてきてしまいます。







CIMG2867s.JPG草むしりをしていると、いろいろな生き物が見つかります。以前も見つかった奇妙な生き物、ミズアブの幼虫です。







CIMG2875s.JPG茂ったヨシを刈ってみたら、使用済みのオオヨシキリの巣が出てきました。くちばしと脚だけで、よくもこんなにきれいに巣を作るものだ、と子どもたちは興味津々でした。







とても暑い中でしたが、皆さんががんばってくれたおかげで草に覆われかけていた砂浜が広くなりました。この後、シギやチドリなどの水鳥たちが、この砂浜に飛んできてくれたらうれしいですね。

2010年9月12日 18:12 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

食育紙芝居製作のお手伝い

この度、鳥取県教職員組合西部支部で食育のための紙芝居を製作したということで、先日、担当の方が完成品の披露にいらっしゃいました。

CIMG2621s.jpgこの紙芝居は、私達の主食であるご飯(お米)をたくさん食べよう、という趣旨です。冬に米子にたくさんのハクチョウがやって来てくれるのは、田んぼがあるから。私達がご飯をしっかり食べることで田んぼが維持されて、ハクチョウたちも田んぼで落ち穂を食べて暮らせるんだよ、ということが、親しみやすい絵でたのしく紹介されています。


水鳥公園では、この紙芝居の製作に当たって、鳥に関することについての内容確認をお手伝いさせていただきました。この紙芝居の複製版を頂戴しましたので、子ども達を対象に是非利用してみようと思います。

2010年9月10日 12:29 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

秋の鳴く虫鑑賞会

今日は9月の自然観察会の日。
今回は、夕暮れ時から鳴き出す「秋の鳴く虫」をテーマに開催しました。

普段、何気なく聞いている虫の声ですが、どんな声が聞こえてくるか、この声の主は誰なのかが分かると、より身近に感じて楽しくなります。

この観察会では、水鳥公園で主に聞くことが出来る鳴く虫の種類と声を紹介し、代表的なコオロギの種類の見分け方や、オスとメスの違い、コオロギの耳について説明しました。


CIMG2584s.jpg草むらから聞こえてくる虫の声に耳を澄ませる参加者の皆さま









【鳴き声が聞こえた鳴く虫】
・カネタタキ
・エンマコオロギ
・カンタン
・スズムシ
・アオマツムシ
・ミツカドコオロギ
・ウスイロササキリ?
・キンヒバリ?
・ツクツクボウシ

【観察できた鳴かない虫、その他】
・アオモンイトトンボ
・ムスジイトトンボ
・ウスバキトンボ
・チョウセンカマキリ
・オンブバッタ
・スズメの砂浴び跡
・カメの卵殻

皆さんも、秋の夜長の虫の声に耳を傾けてみませんか?
水鳥公園には、鳴く虫の声をお手軽に聞くことが出来る機器がありますので、鳴く虫の勉強をしたい、という方は、ぜひネイチャーセンターへ遊びに来てくださいね♪


米子水鳥公園では、原則として毎月第二土曜日に自然観察会を開催しています。
テーマは、その季節に観察できる面白い生き物たちです。
興味がある方は、ぜひ水鳥公園のイベント情報を毎月チェックしてみてください。
広報よなご、水鳥公園だより、水鳥公園ホームページなどからイベント情報を見ることが出来ます。

2010年9月 4日 18:12 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

最新恐竜学2010 講演会 

s1235.JPG連日大変賑わっている科博コラボ・ミュージアムですが、今日は特別に講演会を実施しました。
東京・上野の国立科学博物館から日本の恐竜研究の第一人者である真鍋真先生に講演頂き、恐竜の色、歩き方など様々な内容のお話しをいただきました。
また、鳥はなぜ頸を振るのか研究されていた沖縄県立博物館のs125.JPG藤田祐樹さんや、鳥取大学江田真毅さんの骨の話などなかなか面白い話が満載でした。

講演会の後には、真鍋先生自らアロサウルスの化石の解説をしていただきました。

2010年8月 7日 17:22 カテゴリー: 夏休みイベント , 恐竜は今も生きている展 , 普及啓発 , 速報

親子でうちわ作り!

ただいま、アロサウルスの化石を展示中で、恐竜うちわをいつでも作れるのですが、今日は親子のグループが水鳥公園の見学とうちわ作り体験にいらっしゃいました。

CIMG2093s.jpg映像やアロサウルスの化石を見ていただいた後、会議室でうちわ作り開始。どのデザインにしようかな~♪








CIMG2099s.jpgアロサウルスの骨格を色塗り中。とってもカラフル!









CIMG2107s.jpg約1時間後、全員のうちわが完成。これからも暑い日が当分続きそうですが、このうちわで暑さと戦いましょう!

2010年8月 6日 19:04 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

ビオトープの勉強に来ていただきました。

IMG_0526s.jpg松江の公民館より、ビオトープの勉強に来られました。
朝から35度のとてつもない暑さで、10分おきに日陰で休憩しながら池の生き物を調べました。メダカがいっぱい採れました。
「やっぱり生き物って面白いよね!」




IMG_0521s.jpg

2010年8月 6日 16:22 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

フライドチキンを組み立ててみました!

本日は、sIMG_0453.jpgsIMG_0470.jpgsIMG_0486.jpgsIMG_0495.jpg「フライドチキンで恐竜学」と題して、鳥取大学医学部の江田真毅先生に登壇していただきフライドチキンを食べ、鳥の骨格を組み立てながら、いかに恐竜と鳥の骨格が似ているかを解説していただきました。

普段何気なく食べているフライドチキンですが、骨を組み立ててみると意外と大きなニワトリであることに皆さん驚いていました。

2010年7月31日 23:20 カテゴリー: 夏休みイベント , 恐竜は今も生きている展 , 普及啓発 , 速報

とっとり花回廊で虫捕りの先生

今日は、指導員がとっとり花回廊で虫捕りの先生役を務めました。
集まった子どもたちは、カブトムシやクワガタムシを捕まえるぞ~!と気合充分でした。

P1140124s.jpgこの木はクヌギといいます。カブトムシが一番好きな木なので、よ~く覚えて置いてくださいね♪








DSC03705s.JPG花回廊の広い敷地内を歩きながら、親子で虫捕りを楽しんでいただきました。「カブトムシはどこ?」








虫捕り終了後、エアコンが効いた涼しい小屋で虫のお勉強。3種類のクワガタをはじめ、たくさんの虫が捕れました。

DSC03706s.jpg今日取れた虫の種類を確認して、バッタの成虫と幼虫の見分け方、セミの抜け殻のオスとメスの見分け方などについて御紹介しました。
今日の生きもので一番衝撃的だったのは、超特大のナメクジ(長さ10cmくらい、幅2.5cmくらい)だったかも。





水鳥公園は、池とヨシ原と草原の環境ですが、とっとり花回廊は小川あり、池あり、森あり、草原ありと多様な環境があってうらやましいな~と思います。

2010年7月31日 19:10 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 講師派遣

今日からいよいよ「恐竜は今も生きている」展 

s_MG_9456.jpg今日から「科博コラボ・ミュージアムin米子 恐竜は今も生きている」が始まりました。

待ちかねたように午前中から約100人来園者を迎えました。

 「恐竜のウチワ作り」が好評で、思い思いの色にウチワを塗っていました

2010年7月29日 19:41 カテゴリー: お知らせ , 恐竜は今も生きている展 , 普及啓発

米子水鳥公園に恐竜登場!!

いよいよ明日から、「恐竜は今も生きている。アロサウルスから水鳥まで」開幕です。



sCIMG1908.jpg
メーンとなるジュラ紀の恐竜であるアロサウルスの骨格標本がもちこまれました。


銀色のトラックでアロサウルス到着






sCIMG1910.jpg最大の難関は、米子水鳥公園のせまいスロープを上げる場面です。その狭さに過去最難関とのコメントも・・・
アロサウルスの腰骨を90度持ち上げてカーブをパスしました。







sCIMG1934.jpg2時間ほどで、ばらばらのパーツから順次全身骨格が組みあがって行きました。
いつも見慣れた米子水鳥公園の風景に恐竜?
一度、いらしゃってみませんか?






 

鳥類は、恐竜のうちの肉食恐竜の一部である獣脚類から進化しました。現在の鳥と、そのご先祖様を見比べてみるのも楽しいかもしれません。

2010年7月28日 05:43 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

中海子どもパークレンジャー三日目

今日は中海子どもパークレンジャー三日目、最終日です。
今日のテーマは、野鳥図鑑作りです。

CIMG1854s.JPG鳥は捕まえられないので、ネイチャーセンターから望遠鏡で観察して、白紙の図鑑に書き込みました。








CIMG1856s.JPG杭の先で翼を干しているカワウが描かれています。雰囲気が伝わるとてもいい絵ですね~♪








CIMG1860s.JPG野鳥の図鑑書きが終わったら、いよいよ製本作業です。表紙や目次など、図鑑の部品となるページを書いて順番どおり重ねるのに、子どもたちは苦労していました。






CIMG1873s.JPG図鑑が仕上がった後で、環境省のレンジャーさんから生物多様性についての説明がありました。小学生にはちょっと難しい内容だと思いましたが、この三日間でたくさんの生きものに触れてきたこどもたちですから、何かは感じ取ってくれていると思います。



この企画は、また来年も実施予定です。どうぞお楽しみに!

2010年7月24日 18:28 カテゴリー: お知らせ , 子どもパークレンジャー , 普及啓発

中海子どもパークレンジャー二日目

中海子どもパークレンジャー二日目が終わりました。今日も昨日と同じく、猛暑の夏空の下、生きもの探しです。

CIMG1769s.JPG今日は水生生物の図鑑書きです。タモ網を持って、水鳥のサンクチュアリゾーンで生きもの採集をしました。






CIMG1790s.JPG生きもの採集の後は、捕まえた生き物の図鑑書きです。その前に、水生生物の代表、魚の体のつくりを勉強しました。






CIMG1807s.JPGスジエビをスケッチ中です。アクリル製の生きもの観察ケースがとても便利でした。
明日は、野鳥の図鑑書きをしてから、いよいよ図鑑の製本作業です。この3日間で何ページの生きもの図鑑が仕上がるか、楽しみです。

2010年7月23日 20:10 カテゴリー: お知らせ , 子どもパークレンジャー , 普及啓発

中海子どもパークレンジャーはじまる

今日から、中海子どもパークレンジャーがスタートしました。
子どもを対象に、環境省のパークレンジャーの仕事を体験してもらう環境省主催の企画です。
今回水鳥公園で行う中海子どもパークレンジャーは、国説鳥獣保護区の生きもの調査という名目で、3日間連続で水鳥公園の生きもの図鑑を作ります。

CIMG1677s.JPG初日ということで、子どもたちに子どもパークレンジャーの任命証が授与され、環境省のパークレンジャーさんからパークレンジャーの仕事について説明を受けました。





CIMG1682s.JPGいよいよ、生きもの探しに出発。今日は陸上生物探しです。








CIMG1692s.JPG普段入れない、野鳥の聖域で昆虫採集。アオモンイトトンボとショウリョウバッタがたくさんいました。







CIMG1709s.JPG捕まえた生き物を詳しく観察して、白紙の図鑑に書き加えていきます。目標は、一日5種類以上です。
明日は、水生生物の図鑑を書きます。

2010年7月22日 19:55 カテゴリー: お知らせ , 子どもパークレンジャー , 普及啓発

家族みんなでメダカ捕り!

今日は、毎年海の日恒例のメダカ観察会「家族みんなでメダカ捕り!」を開催しました。

昨年は参加希望者が殺到し、大変な混雑となってしまったので、今年は午前、午後に各定員50名ずつの予約制とさせていただきました。


CIMG1649s.jpg気持ちよい(暑すぎる?)夏空の下、家族みんなメダカ捕りを楽しんでいただきました。







CIMG1630s.jpg子どもよりも、お父さんやお母さんのほうが必死だったかも。
家族の楽しい思い出になったらうれしいです。






CIMG1615s.jpg上手な人は、たくさんメダカがとれました。
でも、もって帰れるのは一人10匹まで。大きなメダカを選んで、残りのメダカは逃がしてあげました。
全体的に小さなメダカがたくさんとれていましたが、中には4cmクラスのジャンボメダカをとった子もいました。

CIMG1656s.jpgメダカ捕りの後、網を洗って水分補給をしてひと休憩。
落ち着いてから、メダカクイズ5問に挑戦していただきました。
皆さん親子で真剣に取り組んでいらっしゃいました。




P1020285s.jpgクイズの答え合わせを兼ねて、メダカについての大事なことを説明しました。皆さん真剣に耳を傾けてくださいました。

皆さん!暑い中がんばって捕まえた10匹のメダカを、最後まで大事に飼ってくださいね♪

2010年7月19日 19:16 カテゴリー: お知らせ , メダカ , 普及啓発 , 生き物

雨の中の子どもラムサールクラブ

IMGP5915s.jpg今日の子どもラムサールクラブは、梅雨の雨の中の開催となりました。みんな雨合羽を着て、水の中の生き物採集に出発!まるでサバイバル訓練みたいでした。





_MG_9157s.jpgお弁当を食べた後、採集した生き物を仲間分けしてケースに入れて、種類を調べました。子どもたちは、魚類、昆虫類、その他(甲殻類)をきちんと見分けていました。




_MG_9168s.jpg学年別に3つの半に分かれて、何種類の生き物が見つかったかを書き出してみました。各グループとも13種類くらいでした。みんなあわせると20種類くらいの生き物が見つかっていました。




_MG_9166s.jpgお尻に卵をつけて泳ぐ超特大のメダカ。周りにいる普通サイズのメダカとの大きさの違いに注目。体長は4cmくらい。ここまで大きいと、別の魚のように見えます。




_MG_9177s.jpg今日見つかった生き物の中で、もっとも奇妙な生き物、ハナアブの幼虫。この姿で水中をクネクネする様は、参加者一同「キモ~イ!」。





今回のテーマは、生き物の分類とつながり。今日見つけたいろいろな生き物たちは、互いにかかわりあって生きていることや、私たち人間も、これらの生き物たちとつながって生きている、ということに、子どもたちが気づいてくれたらうれしいです。

2010年7月11日 20:30 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

今年二校目の職場体験学習スタート!

今日から、地元中学校の職場体験学習がスタートしました。今年度二校目です。
この中学校からは、男子2名、女子3名の計5名が水鳥公園での職場体験を希望してくれました。

初日の今日は、はじめに水鳥公園が出来た理由や仕事の目的と内容を説明しました。施設の特色を理解していただいたところで、次にネイチャーセンター前の砂浜整備をしました。

IMGP5853ts.jpg砂浜を維持するため、手作業で草を抜きます。根っこごと抜き取らないと、すぐに草が伸びて元通りになってしまいます。







IMGP5868s.jpg抜いた草を一輪車で運び出します。これがかなり重く、途中でひっくり返ってしまうこともありました。







IMGP5870s.jpg作業終了。目標の面積はできませんでしたが、岸辺から半分くらいまで砂浜がよみがえりました。きっと鳥たちも喜んでくれることでしょう。
明日はお休みで、以後水~金曜日の3日間、引き続き中学生達に頑張ってもらいます。
がんばれ~♪

2010年7月 5日 17:03 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境管理

ソロプチミスト・スワン米子 絵本の読み聞かせ会

今日は、ソロプチミスト・スワン米子さん恒例の絵本の読み聞かせ会でした。

SCIMG1220.JPG絵本の前に、園内をお散歩しました。
オオヨシキリの声がにぎやかでした。








sC1263.JPGその後、絵本を二冊読みました。
楽しい絵本と手遊びで、
子どもたちに喜んでいただけた様子でした。
  





               SCIMG1250.JPG                   
館長から夏休みの目玉企画のお知らせ。
「恐竜の本物の骨が来るんだよ!」                                                        

2010年6月25日 19:04 カテゴリー: 恐竜は今も生きている展 , 普及啓発 , 速報

環境講演会「生物多様性って何?」

CIMG1184s.jpg今日は、米子市児童文化センターで開催された「米子市環境フェア」で環境講演会の講師として招かれました。
演題は、「生物多様性って何?」として、生物多様性について1時間お話させていただきました。






生物多様性について考える第一歩は、身近な生き物に関心を持つこと。そこから生き物の個性や種類の違いなどに気づくようになり、日常生活がいかに多くの生き物たちに支えられているおかげで成り立っているのかを、実感できるようになります。

今年は国際生物多様性年です。皆さんもこの機会に、身近な生き物や、普段の生活で使っているものの由来を意識してみませんか。

●お知らせ
6月18日(金)に発見されたアカハシハジロは、今日現在も園内に滞在中です。しかし、ネイチャーセンターからはるか遠くの水面にスズガモ等と一緒に泳いでいたので、発見・観察は困難でした。

2010年6月20日 16:10 カテゴリー: お知らせ , アカハシハジロ , 普及啓発 , 鳥情報

ついに人工浮き巣にカイツブリがのりました!

sCIMG1171.JPG2010年5月8日の愛鳥週間にみんなで作ったカイツブリの浮き巣台に、ついにカイツブリがのりました。今年も卵を産んでくれるか楽しみです。
 

2010年6月19日 15:29 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「貝殻探し」

今年度3回目の子どもラムサールクラブは、水鳥公園内で貝殻掘りをしました。

IMGP5564s.jpg天気予報では、雨が降り風も強まるとのこと。雨合羽を着て、発掘場所へ出発!








IMGP5591s.jpg貝殻掘りの様子。地面の砂を土手のように積み上げて、雨風にさらされると、どんどん貝殻が表面に蓄積されていきます。








IMGP5657s.jpg見つけた貝殻の種類調べ。これがとっても難しい。図鑑と貝殻を見比べて奮闘中。








IMGP5678s.jpg今日見つかった貝殻を書き出してみると、30種類以上になりました。この貝は、1500年前に中海にいたものです。昔の中海にはたくさんの貝がいたのですね。







IMGP5697s.jpg本日の成果。
昨日発見したホオジロの巣も健在でした。








来月の子どもラムサールクラブは、水の中の生きもの調べです。どんな生きものが見つかるか楽しみですね。梅雨時だけど、晴れたらいいな♪

2010年6月13日 20:55 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

米子水鳥公園プテラノドン製作中!

ziii0003.JPG

本日、米子水鳥公園では、ジュニアレンジャークラブとバードカービング米子の皆さんに集まっていただき、夏のアロサウルス展に展示する、プテラノドンの模型を製作しました。


←ただいま、頭部を削り出し中。

明日、彩色して仕上げる予定です。

2010年6月12日 20:31 カテゴリー: 夏休みイベント , 恐竜は今も生きている展 , 普及啓発 , 速報

とっとり地球生物サミットinよなご 報告

「とっとり地球生物サミットinよなご」が米子コンベンションセンターで開催されました。

水鳥公園からの出前体験コーナー「バードコールを作ろう!」は人気でした。
午後のパネルディスカッションは、身近な環境活動が生物多様性を守ることにも繋がるという話になりました。ラムサールサイトの谷津干潟(千葉県)や藤前干潟(愛知)がゴミ捨て場にされそうだったことを忘れてはいけませんね。一人ひとりのちょっとした気持ちが、地球のほかの生き物達と繋がっていくといいですね。
ssIMG_1687.JPG
22IMG_1690.JPG

2010年6月 6日 18:07 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

みずほ幼稚園が遊びに来てくれました!

syuugou.JPGtaru.JPGike.JPGkaeru.JPG

2010年6月 4日 14:34 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

野鳥リスト、年間イベント予定を更新!

ようやく平成22年度の年間イベント予定を更新しました。
併せまして、水鳥公園野鳥リストを最新版に更新しましたので、どうぞご覧ください。

2010年5月30日 17:30 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

UDペンを導入しました

注文しておいた自然観察グッズの新機種が今日届きました。UDペンという機器です。

CIMG0758s.jpgこちらがUDペン本体と、音源がついている下敷き二枚です。身近な鳥、鳴く虫、カエルの声を聞くことが出来ます。








CIMG0759s.jpg下敷きに描かれた生き物の絵のそばにある音符印をペン先で触ると、その生き物の鳴き声が聞こえます。








音源が下敷きについているので、汚れても安心。屋外での生き物観察にとっても便利そうです。イベントでは、9月の夕方に鳴く虫鑑賞会を計画していますので、そのときに使ってみようと思います。

2010年5月29日 18:26 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境教育

Green Wave 2010 in Yonago waterbird Sanc.

greenwave2010.JPGtreephot.JPG今日は、国連の定めた生物多様性の日です。今年名古屋で会議を開く生物多様性条約事務局が呼びかけ、この日の10時に世界中で、植樹をすることとなっています。米子水鳥公園も地元婦人団体(ソロプチミストスワン米子)とジュニア・レンジャークラブのみんなで植樹を行いました。今日植えた木下で、お弁当を食べられるようになるのが楽しみです。

2010年5月22日 19:24 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 国際交流 , 普及啓発

中学生の職場体験学習はじまる

今日から一週間、地元中学の2年生を対象に職場体験学習がはじまりました。

 

CIMG9959s.JPG初日の今日は、水鳥公園の仕事についてひととおり説明した後、環境管理の仕事として砂浜の維持作業を体験していただきました。

 

 

 

 

CIMG9964s.JPGネイチャーセンター前の砂浜が草地にならないように、手作業で雑草を根っこごと抜き取ります。

 

 

 

 

CIMG9955s.JPGCIMG0003s.JPG作業開始直後の風景(左)と、作業後の風景。砂浜が広くなりました。

 

 

_MG_8577ts.JPG作業終了後、居心地がよくなった砂浜に鳥がやってきました。今話題の鳥、シベリアオオハシシギです。左隣にはオオソリハシシギもやってきています。

 

 

 

 

シギの仲間は、砂浜でゴカイなどをついばみます。砂浜に生える雑草を取り除くことは、シギの仲間がネイチャーセンター前に集まるようにするために欠かせない作業なのです。

2010年5月10日 21:15 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 環境管理 ,

大山にバス遠足!

今日は、子どもラムサールクラブで大山にバス遠足に行きました。暑すぎず、寒すぎず、自然観察には最高のコンディションでした。

 

IMG_2067s.JPG大山北壁を臨みながら、野鳥観察。ここでは、オオルリとサンショウクイをじっくり観察できました。

 

 

 

 

IMG_2073s.JPGみんなで観察したオオルリ。背中の深い青色がとってもきれいでした。

 

 

 

 

 

IMG_2023s.JPG今日一番の珍しいもの、カメムシタケです。カメムシの体から細長いキノコが生えています。

冬虫夏草は探し出すのがとても困難で、なかなか観察できません。

 

 

P1000892s.JPG水鳥公園に戻ってから、どんな生きものが見られたかを振り返りました。

その結果、観察できた生き物は、野鳥21種、両生類、爬虫類3種類、昆虫などその他生きもの25種でした。このほかにも、たくさんの草木も観察しているので、おなかいっぱいの自然観察でした。

2010年5月 9日 21:08 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

鳥の浮き巣台を作ろう!!

ukisu2010.JPGsetti.JPG

本日、米子水鳥公園では、明日からの愛鳥週間に先駆け、鳥の浮き巣台作りを実施しました。今年で三年目のチャレンジです。

水草が少なくなった米子水鳥公園で、水草で浮き巣を作るカイツブリが、子育てできるように浮き巣台を作って設置しました。

昨年は、10個作って2つに巣が作られました。今年は、いくつの巣を作ってくれるでしょうか?

 9月初旬ごろまで、園内に浮かべておく予定です。不思議な物が浮かんでいると言わないでね・・・

2010年5月 8日 20:25 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , 普及啓発 ,

GWコウモリ観察会 

ゴールデンウィーク最後のガイドウォークは、コウモリの観察会でした。米子水鳥公園では珍しい、夕方の観察会です。

b201005051.JPG

b201005052.JPG

最初は、館内で標本を使って、コウモリの体の構造を解説。そのあと、外に出てバットディテクターでコウモリの超音波を聞きました。

初めて聞く、コウモリの鳴き声に皆さん歓声が上がっていました。

 

2010年5月 5日 20:37 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

緑の日企画 春の野草を探そう

ハコベの花.jpg

ハハコグサ.jpg

今日の観察会は、春の野草を探しました。

ハコベとコギョウ(ハハコグサ)の花です。この季節、虫眼鏡で見ないと分からないような小さな花が、たくさん花を咲かせます。

皆さんも、道端や庭の花をしゃがんでじっくり見てください。新しい発見があるかもしれません!

bigm_1288.JPG

 

2010年5月 4日 16:28 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

デジカメ観察会を実施!!

kansatukai3843.JPGkansatukai3872.JPG

本日の観察会は、デジタルカメラで観察会でした。

デジタルカメラを持参し、マクロモード(チューリップマーク)のボタンの使い方をレクチャー。

早速、外へ観察へ出かけました。

観察後は、視聴覚室で自分の写した写真を巨大に写して、参加者の皆さんでふりかえりをしました。

2010年5月 3日 16:43 カテゴリー: 普及啓発 , 速報

園内移植のコアマモ無事冬を越しました

_.JPG5.jpeg
米子水鳥公園では、園内に中海のコアマモを生育させれないかと、昨年の秋から実験をしておりました。本日確認したところ、無事越冬していました。
 現在、元気よく伸びており、花芽もついています。 水鳥公園の生態系をより高める足がかりになってくれるでしょうか?


_-1.JPG.jpeg

2010年4月28日 22:30 カテゴリー: 普及啓発 , 自然再生 , 調査研究

シバザクラの整備作業

SIMGP4891.JPG.jpeg
本日は、昨日までの雨模様がウソのような、雲ひとつ無い晴天でした。
 開館以来、毎年来ていただいているボランティアの郵政公社職員組合の皆さんです。
 毎年この季節に花を咲かせるシバサクラの整備に来ていただきました。雑草を抜いて、株をたし、土を耕します。
長い間、ボランティアを続けるのは本当に大変です。素直に職員一同頭の下がる思いです。
BIMGP4910.JPG.jpeg

2010年4月25日 18:04 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

思い出の缶バッチを作ろう!

米子水鳥公園では、ゴールデンウィーク期間中、いつでも参加できる体験イベントして「思い出の缶バッチをつくろう!」を開催します。

米子水鳥公園で見つけたお気に入りの生き物の絵を描いて、缶バッチにして思い出に残そう、という企画です。

CIMG8861.JPG.jpeg
こんな缶バッチが作れます。
スズメとナマズの缶バッチを作ってみました。
長径はおよそ38mmです。
絵が描けたら、絵を専用パンチで切り抜いて、缶バッチマシンで缶バッチにします。操作はとっても簡単。あっという間に世界唯一のデザインの缶バッチができます。


CIMG8862.JPG.jpeg
絵を描くのが苦手、面倒、時間がない、という方でも大丈夫。水鳥公園の生き物イラストをご用意していますので、これを缶バッチにしてお持ち帰りいただけます。





CIMG8863.JPG.jpeg
個数制限はありません。1個につき100円で作れます。
ぜひ、たくさんの思い出缶バッチを作ってくださいね。





開催期間は、4月29日(木)~5月5日(水)です。この期間の土曜日、日曜日、祝日には、日替わりテーマのガイドウォークも行っておりますので、こちらもよろしくお願いします。http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/dayori.164.pdf
皆様のお越しをお待ちしております。

2010年4月24日 17:47 カテゴリー: 普及啓発

子どもラムサールクラブ2010スタート!

水鳥公園の自然をディープに体験できる人気企画「子どもラムサールクラブ」が今年も始まりました。
昨年からの継続メンバーに新規メンバーを加え、定員ちょうどの30名で一年間活動していきます。

初回の今日のテーマは、「水鳥公園の秘密の場所を探検!」。約束どおり、普段は入れない秘密の場所へ皆さんをご案内しました。

_MG_7916s.JPG.jpeg
初めに、野鳥観察の基本、望遠鏡と双眼鏡の使い方の練習をしました。ネイチャーセンターから野鳥を観察中。






_MG_7950s.JPG.jpeg
次に、いよいよ秘密の場所へ出発。途中、タカがむしった鳥の羽根が散らばっているのを発見しました。どうやら、ホシハジロとシギの仲間が襲われたようです。





_MG_7958s.JPG.jpeg
秘密の場所に到着。そこで皆さんが見たものは...。







_MG_7972ts.JPG.jpeg
今、水鳥公園で最も珍しい鳥、ヘラサギでした!
すぐ目の前にいたのでびっくり!はじめてラムサールクラブに参加した子ども達も、珍しい鳥との遭遇に喜んでいました。




小雨が降る悪天候でしたが、無事一回目の活動を終える事が出来ました。今、水鳥公園でおすすめの鳥3種「ヘラサギ」「ツクシガモ」「ホウロクシギ」をはじめ、23種類の鳥を観察できました。このほか、ネイチャーセンターで見つかったヤモリも人気でした。
最後に、子ども達が今回出会った生き物で最も印象的なものを川柳にしました。ヘラサギやツクシガモを題材にした子が多かったようです。子ども達のユニークな生き物川柳は、毎回ネイチャーセンターに掲示します。ご来館の際には是非ご覧下さい。
次回は5月に大山でバードウォッチング遠足をします。大山ではどんな鳥に会えるかな?楽しみです。

2010年4月11日 21:01 カテゴリー: ヘラサギ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 ,

ヨシ刈り作業開始!

コハクチョウやカモなど、冬の鳥が次々と繁殖地へ旅立つこの時期、水鳥公園では春の環境管理作業が始まります。

今日は、その先駆けとして園内のヨシ原の刈り払い作業を行いました。作業に参加してくださったのは、米子青年会議所の皆様15名です。

IMGP3766s.JPG.jpeg
ネイチャーセンター北側のヨシ原全域を刈り払うことが今日の目標です。作業開始!







_MG_7607s.JPG.jpeg
小雨が降る肌寒い中、皆さん頑張ってカマを振ってくださいました。刈り払い機の取扱い経験者が少なかったので、殆んどの方は手作業でヨシを刈って下さいました。





IMGP3776s.JPG.jpeg
2時間後、ほぼ予定どおり作業が終了。この続きは、水鳥公園友の会の皆さんが来週日曜日に行う予定です。






ヨシ原は、放置しておくと年々ヨシが貧弱になり、やがてススキなどに置き換わって湿地が乾燥化してしまいます。そのため、ヨシ原を維持するためには、定期的にヨシ原を刈り払う必要があります(野焼きが理想的) 。そうすると、後に元気なヨシが伸びてきて、旺盛なヨシ原がよみがえって、生き物の住みかや池の浄化の役割を果たしてくれます。

このような環境管理作業には大変な人手と労力が必要です。水鳥公園の自然環境は、多くのボランティアさんの活躍によって支えられているのです。

2010年3月28日 12:23 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

桶本宏「日本全国探鳥写真展」開催中!

IMGP3718s.jpg
現在、桶本宏さんの「日本全国探鳥写真展」を開催しています。
桶本さんがおよそ10年かけて撮影した、日本各地の野鳥の写真を23点展示しています。





IMGP3719s.jpg
会場は、一階と二階をつなぐスロープの壁面です。4月19日(月)まで展示しておりますので、是非ご覧下さい

2010年3月27日 09:16 カテゴリー: 普及啓発

鳥のPUZZLEを作っちゃおう!

今日は、今年度最後の主催事業「鳥のPUZZLEを作っちゃおう!」を開催しました。

ミュージアムショップで販売しているオリジナルパズル、「コハクチョウ」と「カワセミ」のいずれかをご購入頂いた後、色を塗って自分好みに仕上げていただきました。

CIMG0411s.jpg
カワセミパズルを選んだ子が、ネイチャーセンターに展示してあるカワセミの剥製を観察中。
「せなかと はねのいろが ちがうね!」






CIMG0420s.jpg
カワセミの姿を観察し終わったら、いよいよパズルの色塗り開始!







CIMG0427s.jpg
オリジナルのカワセミパズルが完成!
 
この子はカワセミに仕上げてくれましたが、このパズルはアカショウビンやヤマショウビンにも仕上げることが出来ます。
コハクチョウパズルも、色の塗り方によってオオハクチョウ、アメリカコハクチョウ、ナキハクチョウに仕上げることが出来ます。


皆さんも、水鳥公園にお越しの際のお土産にいかがですか?

2010年3月21日 19:16 カテゴリー: 普及啓発

子どもラムサールクラブ2009最終回

今日で、今年度の子どもラムサールクラブは最終回です。4月から2月までの活動を振り返り、活動レポートをみんなで作りました。

CIMG9999s.jpg
四季毎に4名ずつの班に分かれて、どんなことがあったかを思い出しながら、活動風景写真をレイアウトして、コメントを書き込んでいました。






CIMG0008s.jpg
完成した活動レポートを見る子ども達。やっぱり自分達の活動が壁新聞になると楽しいですね♪













CIMG0009s.jpg
最後に、今年度で参加回数が規定を超えて、ジュニアレンジャーに認定された子に認定証が授与されました。






今回作った活動レポートの壁新聞は、ネイチャーセンター2階のキッズコーナー壁面に掲示しました。
来年度も子どもラムサールクラブ2010を開催します。6年生の子は今回で卒業ですが、今年度の参加メンバーの多くが次年度も継続して参加を表明してくれました。

4月からは、新メンバーも加えてまた楽しく1地年間活動していきます。参加をご希望の方は、こちらをご覧の上、お申し込み下さい↓
なお、過去の子どもラムサールクラブの活動については、この記事のラベル「子どもラムサールクラブ」をクリックしていただければご覧いただけます。

2010年3月14日 19:24 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

展示室にバードカービングの新しい展示

CIMG9872.JPG.jpeg
展示室のバードカービング展示が一部新しくなりました。

シジュウカラのカービングの製作過程が、6体のモデルで分かり易く並びました。

水鳥公園においでの際は、展示室にも足を伸ばして、一度ご覧下さい。

2010年3月 8日 08:22 カテゴリー: 普及啓発

絵画コンクール表彰式を開催!

今日は、第15回米子水鳥公園絵画コンクール表彰式を開催しました。

全応募作品110点の中から、学年ごとに優秀賞、佳作を選考したほか、今回から新たに最優秀賞を設け、計18名の入賞者を決定しました。

CIMG9797s.jpg
館長から、受賞者に賞状が授与されました。








CIMG9813s.jpg
見事、最優秀賞を受賞した子には、賞状と一緒に特大のコハクチョウぬいぐるみがプレゼントされました。






CIMG9841s.jpg
入賞者の皆さんの記念写真。
来年も更なる傑作を期待していますよ~♪








●コハクチョウの今の状況
今朝のコハクチョウの数は6:55現在824羽でした。悪天候が続いているため、北帰行が滞っているようです。天気予報をチェックして、天候が回復する日の早朝(7:00頃)に水鳥公園にお越し頂ければ、大規模な北帰行が見られるかもしれません。
開園時間前でも、敷地の外からコハクチョウの様子が見えますので、興味がある方はいかがですか?

2010年3月 7日 19:37 カテゴリー: 普及啓発

第三回中海の環境を子どもと語る会 を 実施しました!

CIMG9652s.JPG.jpeg
第三回 中海の環境を子どもと語る会を 実施しました。
 中海の大人や子どもの団体の活動報告がありました。
先日のKODOMOバイオダイバシティhttp://nakaumi.blogspot.com/2010/02/kodomo_21.html
の報告のほか、チビッコパトロール隊や、彦名地域の環境保全活動、われもこうのバイオディーゼルについて等の報告がありました。米子市内で、様々なタイプの環境活動があることに感心しました。

CIMG9721s.JPG.jpeg
また、後半は、クイズ大会として地元の古老による昔の中海の遊び方を中心に、みんなでクイズ大会をしました。
 小学生でも、鰻や、マゴチ、アオデガニなどが、素手や銛で何匹も採れたという話は、干拓以前にあった自然の素晴らしさに思いをはせました。
また、湖内に「どんどん坂」といった地名が付いた場所があったことも、いかに昔の人が湖に親しんでいたかよく分かる話でした。

2010年3月 6日 18:35 カテゴリー: 国際交流 , 普及啓発

コハクチョウの北帰行観察会

今日は、コハクチョウの北帰行観察会の日でした。予報どおりの雨降りで、北帰行を観察できるコンディションではなさそう。

CIMG9636s.JPG.jpeg
それにしても、コハクチョウがいっぱいいる。池の広範囲に散らばっているコハクチョウを数えるのはとても苦労しましたが、数えてみたら1010羽という結果でした。千羽を超えたのは久しぶりで、びっくりしました。





コンディションは悪いけれど、コハクチョウの数はとっても多い。こんな状況で観察会開始予定の朝7時を迎えました。

CIMG9639s.JPG.jpeg
観察会開始時間に集まったお客さまは1名でした。そして、1人のお客様をご案内しているうちにお客様が次々と訪れ、最終的に12名のお客様と観察会を行いました。





案の定、8時までの観察会中に北へ飛び去るコハクチョウはおらず、全て安来方向へと飛び去っていきました。結果的には、北帰行観察会ではなく「餌場へと飛び立つコハクチョウ観察会」になってしまいましたが、1000羽を超えるコハクチョウの群れに、お客様は皆さん喜んでくださった様子でした。

悪天候の中、早朝からご来館いただきましたお客様には、心からお礼申し上げます。

2010年3月 6日 17:09 カテゴリー: コハクチョウ , 普及啓発 ,

コハクチョウの巣の旅立ち

米子水鳥公園開園以来、ネイチャーセンターの目玉展示の一つとして活躍していた「コハクチョウの巣」が、本日旅立っていきました。

CIMG8020s.jpg
これまでの展示風景。
これが







CIMG9500s.jpg
こうなって








CIMG9503s.jpg
運ばれていきました。















コハクチョウの巣は結構大きな展示物なのですが、きれいに梱包されて運ばれていきました。プロの運送屋さんのテクニックはすばらしい!

どこへ旅立っていったのかと申しますと、
茨城県です。

この度、茨城県立自然史博物館の企画展で是非展示したい、というお申し出を受けまして、水鳥公園史上初めて他施設で展示していただくことになりました。
これに加えまして、水鳥公園から提供したコハクチョウ2体の剥製標本も展示されます。

水鳥公園提供のコハクチョウ&コハクチョウの巣が展示される、
茨城県立自然史博物館の企画展についてはこちら!
http://www.nat.pref.ibaraki.jp/t/k/48/index.html


2010年3月 3日 18:04 カテゴリー: 普及啓発

保育園の見学に紙芝居で対応しました。

BCIMG9293.JPG.jpeg
今日は土砂降りの中、水鳥の観察に保育園の子ども達がきてくれました。子どもたちには、ハクチョウの観察や水鳥の映画、展示の見学、など3時間ほど楽しんで頂きました。
最後に、指導員がカモの紙芝居を披露。皆さんとてもお行儀よく、熱心にお話しを聞いて下さいました。

2010年2月26日 21:22 カテゴリー: 普及啓発

中海の七珍を味わおう!

今日は、世界湿地の日記念イベント第二弾「中海の七珍を味わおう!」を開催しました。

IMG_0704s.jpg
はじめに、ラムサール条約につていの説明と、中海&宍道湖七珍クイズをしました。







IMG_3640s.jpg
続いて、班分けをして調理に取り掛かりました。刺身班、味噌汁班、塩釜焼き班、煮付け班、おにぎり班。
炭火で塩釜焼きに挑戦中!子ども達が新聞を筒にして炭に空気を送っています。「フーッ!フーッ!」



CIMG9082s.jpg
出来た料理がこちら!
ゴズ(マハゼ)の刺身、エノハ(ヒイラギ)の煮付け、スズキの塩釜焼き、アカガイ(サルボウ)の味噌汁です!豪華ですね~♪





CIMG9089s.jpg
中海の幸に感謝して「いただきま~す!」参加者全員で美味しく頂きました。







CIMG9096s.jpg
最後に、世界湿地の日のポスターと一緒に記念撮影。
みんなで湿地を大切にして、いつまでも美味しい幸をいただけるようにしましょう!

2010年2月21日 15:54 カテゴリー: 普及啓発

中海の七珍を食べよう!!イベント準備

sIMG_3597.jpg
米子水鳥公園では、ウェットランドデー企画(WWD)第二弾として「中海の七珍食べよう」という企画を明日実施します。
食べるは、ラムサール条約でいうところの賢明な利用の代表格です。
今日は、その準備として、地元産のマハゼがやってきました。この時期の卵を持っているものは美味だそうです。

sIMG_3598.jpg

2010年2月20日 17:05 カテゴリー: 普及啓発

中海のいのち えがいてみよう!

今日は、子どもラムサールクラブの活動日です。

毎年2月は、世界湿地の日(World Wetland Day:2/2)を記念して、湿地の大切さについて考える特別企画を実施しています。

今年は、「中海のいのち えがいてみよう」と題して、中海の生物多様性を表現した巨大ポスターを作りました。

IMGP3282s.jpg
はじめに、水鳥公園を含む中海で見られる生き物を画用紙に描きました。その数90種類!







IMGP3291s.jpg
お昼休憩の後、午前中に描いた絵を水鳥公園の空撮図に並べて、どこにどんな生き物がいるかを考えながらレイアウトを決め、貼り付けていきました。





IMGP3337s.jpg
最後に、空撮図の色を色鉛筆で塗りました。大きな空撮図に色鉛筆で色を塗るのは大変でしたが、みんなで協力して色を塗り上げました。






IMGP3341s.jpg
完成したポスターは、ネイチャーセンターの観察ホール壁面に掲示しました。ゴールデンウィーク中までこのまま掲示します。






この企画は、世界湿地の日(WWD)記念企画であると同時に、今年の10月に名古屋で開催される第10回生物多様性条約締約国会議に向けた関連イベントも兼ねました。

この関連イベントとは、環境省主催の「地球のいのち、えがいてみよう」という企画で、日本各地のビジターセンターなどでその地域の生物多様性を表現する大きなポスターを製作して、それも名古屋のイベント会場に一同に展示する、というものです。

というわけで、今回作成したポスターは、ゴールデンウィーク終了後に環境省に提出し、名古屋で開催される関連イベントの会場に全国から集まったポスターと一緒に掲示される予定です。

さらに、環境省を通じて世界湿地の日記念企画としてラムサール条約事務局に報告し、ラムサール条約の事務局のホームページに活動レポートが掲載される予定です。

昨年のWWDイベントのレポートはこちら!(#12、13です!)
http://www.ramsar.org/pdf/wwd/9/wwd2009_rpts_japan_moe.pdf

2010年2月14日 18:01 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

ヌートリアの観察会

今日は、月に一度の定例観察会です。
今日のテーマは「巨大ネズミヌートリアに会おう!」です。

CIMG8976s.jpg
はじめに、今日のターゲットを写真でご紹介。「こんな動物を探しましょう!」
参加者の多くは、ヌートリアという動物を、見たり聞いたりしたことがある方でした。





CIMG8980s.jpg
望遠鏡の使い方を説明した後、みんなでヌートリアウォッチング。2頭いるけれど、とっても遠くて見た気がしません。













CIMG8987s.jpg
そこで、展示室に移動してヌートリアの標本で姿を解説。ヌートリアの毛の手触りにみなさん興味津々。






CIMG8991s.jpg
ヌートリアの足跡標本を観察。「この足跡があったら、そこにはヌートリアが住んでいます」
このほか、ヌートリアの頭骨を披露し、弧を描いて頭蓋骨深くから伸長している前歯(しかもオレンジ色!)に、みなさんびっくりしていました。


最後に、環境省が発行した外来生物法と特定外来生物のパンフレットを配布して、なぜ外来生物が問題になっているのかをご紹介しました。

人間の都合によって日本に持ち込まれ、今では駆除されているヌートリア。ヌートリアはただ懸命に生きているだけで、悪くありません。悪いのは、安易にヌートリアを日本に持ち込み、野外へ放した人間です。だからといって、ヌートリアが日本の生態系に存在し続けることは許されません。こんなかわいそうな生き物がこれ以上増えないように、外来生物や品種改良されたペットなど、生き物の取り扱い方、付き合い方には各自責任を持ち、終生面倒を見てほしいと思います。

2010年2月13日 18:56 カテゴリー: 普及啓発

企業懇話会探鳥会!!草刈りの成果を確認!!

IMG_0371B.JPG.jpeg
米子水鳥公園に今日は嬉しいお客様が来ていただきました。
毎年、ボランティアで公園の水鳥の生息地を草刈りしていただいている米子地区企業懇話会の皆さんです。
 皆さんに刈っていただいた草地は、天敵が近づいてきてもすぐ分かる場所なので、水鳥達の貴重な安息の地となってます。
 
 5000キロかなたから、皆さんが草刈りしていると信じて、渡り鳥が来ています。ちょっと素敵だと思いませんか?

2010年1月24日 17:41 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

色粘土で鳥作り!

今日は、地元小学校4年生の総合学習を行いました。テーマは、「色粘土で鳥を作ろう!」
望遠鏡で鳥をじっくり観察して鳥の姿をスケッチし、それを元に紙粘土で鳥を作ってもらいました。

IMGP3090s.jpg
「あそこにオオタカがいま~す。カモを食べようと狙っているんですよ~。」
「こわ~い!」






CIMG8583s.jpg
望遠鏡で鳥を観察。目の前の岸辺にオオバンが上陸して、地面をつつきながら歩き回っていました。






CIMG8605s.jpg
いよいよ粘土で鳥作り。鳥の形を作った後、絵の具を練りこんで色をつけた粘土を貼り付けて模様をつけました。






CIMG8608s.jpg
いろいろな鳥が出来ました。作品は壊れないようにダンボール箱に入れて、先生に持ち帰っていただきました。






鳥を詳しく観察すると、なぜあんな形のくちばしをしているんだろう?なぜ首が長いんだろう?など、いろいろな疑問が湧いてくると思います。生き物観察は不思議がいっぱいです。参加した皆さんにとって何かの発見があればいいな、と思います。

2010年1月22日 18:43 カテゴリー: 普及啓発

水鳥公園だより2010年2月号の記事訂正

この度発行しました、水鳥公園便り2010年2月号の掲載記事に誤りがありましたので、訂正させていただきます。

第15回米子水鳥公園絵画コンクール作品展の期間は、
2月1日(月)~3月7日(日)
が正しいです。

謹んでお詫び申し上げます。

第15回米子水鳥公園絵画コンクールの募集要項はこちら!
http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/kaiga2009.pdf

2010年1月16日 09:08 カテゴリー: 普及啓発

中海周辺の野鳥写真展開催中!

CIMG8463s.jpg
1月9日(土)から、中海近郊写真勉強会の皆様による写真展を開催しています。中海のコハクチョウを中心とした野鳥の写真(野鳥以外も含まれていますが)48点をネイチャーセンタースロープに展示中。ぜひご覧下さい。
なお、この写真展は30日(土)までの開催ですので、どうぞお早めに!



2月からは、第15回米子水鳥公園絵画コンクール作品展が始まります。小学生が描いた鳥の絵の数々は、驚き、感心、癒しの要素満点です。どうぞお楽しみに!

2010年1月13日 12:47 カテゴリー: 普及啓発

ジュニアレンジャー倶楽部 展示物作り

BJIMGP3032.JPG.jpeg
今月の米子水鳥公園ジュニアレンジャー倶楽部では、子ども達のアイディアで米子水鳥公園の模型作りを始めました。
 展示物としてお目見えするのは、もう少し先になりそうですが、メンバーはとても楽しそうに製作していました。




 
鳥情報
ツクシガモ 10羽

2010年1月11日 15:23 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 普及啓発

安来と斐伊川にバス遠足

今月の子どもラムサールクラブは、バスで安来平野と斐伊川に行って野鳥観察をしてきました。普段水鳥公園で自然観察をしていますが、今回は水鳥公園の外の自然に触れました。

CIMG83251s.jpg
水鳥公園のハクチョウたちの「勤務先」を見学。
ハクチョウのお仕事(落ち穂拾い)の邪魔をしないように、遠くから観察しました。






CIMG8333s.jpg
望遠鏡の視界。遠くのハクチョウが鮮明に見えます。







午後は、宍道湖西岸、斐伊川河口周辺に移動。ホシザキグリーン財団の皆様に案内をお願いして、バスの窓からマガンの大群を見せていただきました。

CIMG8367s.jpg
ガンを脅かさないように、車内から観察。驚くほど近距離でマガンの群れを見ることが出来ました。珍しいガンが混じっていないかな?






CIMG8376s.jpg
双眼鏡の視界。一面マガンだらけ。








↓ ↓マガンの群れが、公園へ帰ってきた動画↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GKvI-f06HvA

夕方、水鳥公園に戻ってきてから、今日一番印象に残った鳥のカルタを書きました。おしゃれな姿のタゲリが一番人気でした。

2010年1月10日 19:06 カテゴリー: マガン , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 ,

小学校の先生方の勉強会

sCIMG8288.jpg
本日は、小学校の先生達の研修会でお話をさせていただきました。







sCIMG8299.jpg
米子水鳥公園で出来る環境教育の体験や、ラムサール条約について説明したりしました。







sCIMG8295.jpg

2010年1月 6日 23:46 カテゴリー: 普及啓発

水鳥の絵を描く会!!二回目

IMGP3000B.JPG.jpeg
水鳥の絵画コンクールのイベント

二回目の絵を描く会を実施しました。
皆さん、上手に絵をえがけましたか?
多くの方の応募をお待ちしております。
対象 小学生
応募 平成22年1月25日まで
展示 平成22年2月1日~3月7日まで
展示期間中 来館者を含め審査を行います。
米子市内の小学生は学校へ、そのほかの地域の方は、米子水鳥公園までお送り下さい。 

2010年1月 3日 14:46 カテゴリー: 普及啓発

ドングリゴマ回し大会盛況!!

IMGP3010b.JPG.jpeg
米子水鳥公園では、お正月三日間。ドングリゴマ回し大会を実施しました。
「干支の寅な鳥のバッチ
もらった方は、200個限定のレア物です。ぜひ、大切にしていただければ幸いです。




IMGP3007b.JPG.jpeg

2010年1月 3日 14:25 カテゴリー: 普及啓発

お正月は、天気が悪くても大丈夫?米子水鳥公園へ

IMGP2991s.JPG.jpeg
米子水鳥公園は、
 
年末年始は、12月29日(火)休館以外は、
12月30日~1月4日まで毎日開館しています。
 
元旦~3日までは、特別にドングリこままわし大会です。
 ドングリゴマを作って、まわった時間をあらそっていただきます。
参加のかたには、寅年にちなんで「松竹梅、寅な鳥のカンバッチ」を差し上げます。左からタイガースワン,トラフズク,トラツグミ
皆さん、ふるってご参加下さい。

2009年12月28日 09:23 カテゴリー: 普及啓発

カエル工房in米子水鳥公園(展示)始まる!!

本日より、カエル工房の作品展示会が始まりました。本物そっくりの生き物レプリカにびっくり!
2010年2月27日まで展示しています。

CIMG8073s.jpgカエルの作り方に興味津々。








CIMG8097s.jpgいまにも飛びついてきそうなイシカワガエル。







CIMG8099s.jpgかわいいウミウシたちも必見ですよ!








IMG_0794s.JPG.jpegカタツムリも生きているみたいです。
カエル工房さんは、素材の特性を活かして、透明感があるものやヌメヌメした生き物たちの製作がお得意です





プロの職人によって息を吹き込まれた、ウレタン樹脂製の生き物たち。この質感は、現物をご覧頂いたときにはじめて感じることができます。

ちなみに、フェザーカービング展は、1月8日(金)まで
http://nakaumi.blogspot.com/2009/11/blog-post_07.html

一緒にご覧になれば、お徳かもしれません・・・

2009年12月26日 16:25 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「水鳥の絵を描こう!」

毎月活動している子どもラムサールクラブ。今月のテーマは、「お気に入りの水鳥の絵を描こう!」でした。

CIMG7701s.jpgはじめに、鳥を具体的に観察する練習をしました。水鳥の絵を1分間見てもらった後、水鳥の絵をばらばらにしたパズルを組み立てて覚えた鳥を復元する、というアクティビティーです。




CIMG7713s.jpgその後、ネイチャーセンターで望遠鏡を覗きながら好きな鳥の絵を描きました。午前中は下絵の完成が目標です。













CIMG7731s.jpgお昼ごはんの後は、絵の具で色をつけて絵を仕上げました。仕上がった作品は、今年度の絵画コンクールに出品していただきました。





みんな熱心に、自分のお気に入りの鳥の絵を上手に描いてくれました。
ラムサールクラブの子が描いた作品の中から、絵画コンクールの入賞作品が選ばれると嬉しいです。

今年も、米子水鳥公園絵画コンクールを開催します。
詳細は後日お知らせいたしますが、四つ切画用紙に好きな野鳥の絵を描いて、来年1月中旬ごろまでにご応募下さい。応募対象は、小学生です。
作品の裏には、題名、学校名、学年、名前を忘れずに書いてくださいね。

2009年12月13日 16:36 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 絵画コンクール

子ども自由研究発表会を開催

CIMG7403s.jpg今日は、米子市内の小学生の自然科学に関する研究発表会を開催しました。研究ポスターをスクリーンに拡大投影して発表者が研究内容を説明し、ポスターの原本は会場の両側の壁面に掲示しました。




CIMG7397s.jpg10名の小学生が、研究内容を発表。みんな堂々とした発表で、集まった大人たちは感心しっぱなしでした。大人からの質問にもはきはきと答え、分からないことはきちんと「わかりません」と答えていました。



子ども達の理科離れがささやかれる昨今ですが、このような子達に出会うと、まだまだ捨てたものじゃないな!と励まさせる思いがしました。

★今日発表された研究の題名
・オオヨシキリお子育てに必要な面積は?
・ありのすのかんさつ
・昔の中海はどんなかんきょうだったのか?
・水鳥公園の生き物調べ
・くもの巣はどうやってできるのか
・ヒメボタル調べ
・くず野菜の研究
・天気予報はどうやってするの?
・自然に還るプラスチック
・中海の水質

未来の自然科学者たちに拍手!

2009年11月29日 17:55 カテゴリー: 普及啓発

レンジャー日記「2009年11月21日」

CIMG7047s.jpg今朝は、コハクチョウが109羽いました。日が昇ると、コハクチョウ達はネイチャーセンター前に集まってきました。






CIMG7052s.jpg今日は、朝7時から米子市子どもエコクラブの水鳥観察会がありました。ちょうど目の前にコハクチョウが集まっていたので、コハクチョウの行動に注目していただきました。




CIMG7089s.jpgクロツラヘラサギは今日も健在です。いつもネイチャーセンターから500mくらい離れた島の岸辺にいるのですが、夕方に100mくらいまで接近してくれました。ネイチャーセンターの目の前にも、ほんのつかの間でしたが降りてくれたこともありました。


●今日の鳥(2009年11月21日)
・コハクチョウ 109羽
・オオハクチョウ 1羽
・マガン 369+羽
・カワウ 280羽
・キンクロハジロ 3060羽
・オナガガモ 1220羽
・スズガモ 687羽
・ホシハジロ 594羽
・オオタカ 2羽(成鳥&若鳥)
・ハイイロチュウヒ 1羽(♀タイプ)
・チュウヒ 1羽
・ハイタカ 1羽
・ノスリ 1羽
・ミサゴ 1羽
・ハヤブサ 1羽
・ユリカモメ 1羽
・カワセミ 1羽
・ハシボソガラス 28羽
・ハシブトガラス 21羽
・アオアシシギ 1羽
・トウネン 1羽
・ウミアイサ 1羽(♀)
・トビ 2羽

2009年11月21日 17:05 カテゴリー: クロツラへラサギ , 子どもエコクラブ , 普及啓発 , , 鳥情報

国際ソロプチミストスワン米子より、バードボイスペンセット寄贈!

sIMGP2665.jpg米子水鳥公園では、ソロプチミストスワン米子さんの定例読み聞かせ会がありました。今回は、カモメ幼稚園の皆さんです。
また今日は、読み聞かせ会だけでなく、バードボイスペンセットの寄贈も受けました。



sIMGP2641.jpgこれは、図鑑をペンでタッチすると鳴き声が聞こえるというものです。
さっそく、館内で使えるようにしました。ご来館の際はお試しください。





sIMGP2658.jpg

2009年11月20日 18:17 カテゴリー: 普及啓発

清里ミーティング2009に参加、発表してきました!

 当財団は、環境教育の関係者が全国から集う大規模なイベント「清里ミーティング」に毎年参加しています。
 今年も指導員(私)が鳥取県から1人、山梨県の清里に行って、財団の環境教育活動について発表してきました。

CIMG6640s.jpg今回のテーマは、「生物多様性」。なぜ、生物多様性が必要なのか?自然保護と生物多様性の保護って何がちがうのか?、そもそも、生物多様性って何だ?などなど、全国から集まった熱い人たち200名と語ってきました。



CIMG6645s.jpg私は、15分のスライドプレゼンテーションで、子どもたちに人気の貝殻掘りプログラムについて発表し、展示ブースでは米子水鳥公園の自然体験プログラムをまとめたポスターと、水鳥公園だより、財団事業報告書を(ご自由にお取り下さい形式で)陳列してきました。









CIMG6656s.jpg生物多様性に関連して、生き物を見分けられるようになるための問題点や対策案について語るワークショップに参加しました。二グループに分かれて意見交換し、私のグループでは、一般の人たちに、どうやって生き物を見分けることつながるように興味を持ってもらうか、について4名で語りました。そのときにみんなで出し合った意見がこちら。

14日(土)~16日(月)の二泊三日の日程は、あっという間に過ぎました。全国の熱い人たちと接することで、「よ~し!これからまた頑張るぞ~!」という気合を皆様から頂きました。

清里高原は、落葉樹林の黄葉と、富士山がとってもきれいでした。
あ、写真とってくるの忘れた!
標高1400mmの高地にもかかわらず、あまり寒くありませんでした。
逆に、米子に戻ってきた時、米子の寒さ(6℃!)に驚きました。

2009年11月18日 18:14 カテゴリー: 普及啓発

鳥の羽根のブローチを作ろう!

2009.11.15_004.jpg_.jpgフェザーカービング教室
鳥の羽根のブローチを作ろう!
1日目の今日は形作り。
コピー紙を貼ってまずは型取り。





2009.11.15_003.jpg_.jpg次に羽根の模様入れ。
模様を削る道具はバーニングという特殊な焼きごて。
参加者も興味津々です!





2009.11.15_011.jpg_.jpgジェッソという下塗り剤を塗り本日はここまで!
来週23日に完成しますので乞うご期待。

2009年11月15日 16:21 カテゴリー: 普及啓発

米子水鳥公園自然観察会 落雁を観察しよう!

SDSCN0002.jpg 落雁といってもお菓子じゃないですよ!
米子水鳥公園は、国内では貴重なマガンのねぐらとなっています。
日本国内では、ハクチョウの飛来地こそ500カ所以上あるといわれていますが、ガンの飛
地は50か所程度といわれています。
そんなネグラの米子水鳥公園に、マガンの群れが返ってくる様子を観察しました。
 今日は、ハクチョウは17:00ごろから次から次に帰ってきたのですが、マガンは17:30まで帰ってきませんでした。
 
でも、マガンが群れ飛ぶ姿は良いですね。才能がなく、ここで一句詠めないのが残念
です。
朝は、7:00ごろ飛び立っています。(土日祝日の7:00開館をご利用ください。)

2009年11月14日 20:48 カテゴリー: マガン , 普及啓発 , , 鳥情報

子どもラムサールクラブ「粟嶋神社を探検!」

今日の子どもラムサールクラブは、秋の自然観察がテーマ。そして、秋の味覚を味わってみました。

水鳥公園のとなりにある粟嶋神社にプチ遠足。途中、いろいろな虫に出会えました。もう11月なのに、意外と虫がたくさんいました。

CIMG6557s.jpgショウリョウバッタとクビキリギスがいたよ!








CIMG6576s.jpg

粟嶋神社でシイの実拾い。









 

CIMG6605s.jpg

水鳥公園に戻ってから、ドングリチェック。水に浮くドングリと沈むドングリ。何が違うのかな?







CIMG6607s.jpgドングリをフライパンで炒って食べてみました。「おいしい!」と好評でした。








DSCF1776s.jpg

もうひとつの秋の味覚「イナゴの佃煮」。みんな恐る恐る食べていましたが、その美味しさにびっくり!お持ち帰りをする方もいらっしゃいました。







みんなでドングリとイナゴを試食。もちろん完食です。
 
今回の企画の趣旨は、秋の味覚を味わうのと同時に、生き物の種類の種類を見分けることの大切さでした。
自然の中から、食べられるものと食べられないものを見分ける能力は、自然界で生き延びるには欠かせません。ラムサールクラブの子ども達には、「違いが分かる人」に育ってほしいものです。

2009年11月 8日 16:32 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

アマモサミット2009 中海で開催!!

米子水鳥公園のある中海で、全国アマモサミットが開催されました。
 日本の多くの湖沼では、水草や海草と呼ばれる水生植物の群落が
過去には多く見られましたが、1960年代からほとんど見られなくなりました。
 中海も同様な傾向があり、藻場の衰退以降、漁獲の減少や湖沼の生態系の衰退など、多くのの問題が見られるようになりました。
 そんな、藻場の回復のために活動する全国の人々が集まっての会合です。
中には、アマモを植えないでと主張する先生もおり、なかなか奥深い白熱した論戦のあった会議でした。
 今後、水鳥だけでなく湖沼生態系の保全 がこれからの重要な課題になっていくでしょう。
その、大切な一歩を見せていただいた気がしました。

BDSC06255.JPG.jpegアマモシート制作の様子。


植栽地に記念の看板
 
 
 
 
 
 
 
 
全国アマモサミット2009に、米子水鳥公園も後援しました。
 
 
 
 
 
 
いつか、昔のように中海で水草や海草をはむコハクチョウの様子が観察されるようになったらいいですね。
BDSC06281.JPG.jpeg

2009年11月 7日 19:14 カテゴリー: 普及啓発 , 自然再生 , 調査研究

企画展「彩色木羽展」開催!

CIMG6537s.jpg今日は今季最多の賑わい。7000羽くらいかな?
暖かい一日だったせいか、コハクチョウも採食に出かけず終日居残り、マガンも日中いっぱい園内でのんびり過ごしていました。
ヒシクイは今日もネイチャーセンター前をうろついていました。

CIMG6523s.jpgさて、今日はネイチャーセンター内スロープで展示作業がありました。
明日から始まる企画展「彩色木羽展」の展示作業です。
「彩色木羽展」って、なんて読むの?と尋ねられると困ってしまいますが、読んで字のごとく、色をつけた木の羽根の展示会です。

CIMG6533s.jpg展示完了!本物そっくりな木彫りの羽根がずらりと並んでいます。1月8日(金)まで、長期間展示しておりますので、是非ご覧下さいませ。

2009年11月 7日 19:06 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

大雨の中、ラムサール条約について解説

IMGP2319.jpg
本日は、小学校の子どもたちが、ラムサール条約の勉強、
社会科見学として米子水鳥公園にやってきてくれました。

 

湿地の大切さ、水の大切さについて勉強しました。

2009年11月 2日 18:33 カテゴリー: ラムサール条約 , 普及啓発

第十四回彦名水鳥ふれあいウォーキング

sIMGP2244.jpg本日米子水鳥公園では、今年で十四回目になる彦名水鳥ふれあいウォーキング大会を実施しました。

残念ながら、途中で雨が降り始めショートカットコースでの開催でしたが、150人もの参加者と、公園・中海を歩きました。今年のクイズは、難しいと評判でしたので、一問ご紹介いたします。

sIMGP2221.jpgQ 中海にすむ「すくび」という名前の魚は、次ののうちどれのことでしょう?

 1スズキ 2ヒイラギ 3 サヨリ





sIMGP2284.jpg最後に、今年もトン汁のサービスを頂きました。雨で冷えた体にとてもおいしかったです。




クイズの答えは、3でした。

2009年11月 1日 16:05 カテゴリー: 普及啓発

彦名小 GOGO活動4

sIMGP1953.jpg 本日は、地元の小学校の環境学習活動(一日プログラム)を対応しました。池の生き物を調べてから、池の生き物のために池を広げました。





 
sIMGP1961.jpg
午後は、米子水鳥公園の環境管理について、室内で勉強しました。
 
池にいた生き物
 メダカ・コオイムシ・チチブ・ハイイロゲンゴロウ・コガムシなど

2009年10月14日 17:49 カテゴリー: 普及啓発 , 環境管理

伯耆みらい環境フェスタに出展!

 今日は、鳥取県立武道館を会場に開催された、「伯耆みらい環境フェスタ」に子ども達対象の体験コーナーを出展してきました。

IMGP1840s.jpg 今回出展した体験コーナーは、「昔の中海の宝探し!」です。 およそ1500年前の中海の貝殻を掘り出して、標本を作りました。





IMGP1843s.jpg オープン直後から終了時間をオーバーするまで、途切れることなくたくさんの親子連れに立ち寄っていただきました。その間、水鳥公園友の会のボランティアさん4名に助けていただきながらフル稼働で対応していました。中には、ほぼ一日中過ごしていた子や、25種類もの貝殻を標本にした子もいました。

貝殻探しは子ども達に大変好評で、「とっても楽しかったよ~♪」と嬉しい言葉をかけてくれる子もいました。未来の中海には、1500年前と同じ様にたくさんの貝がいるようになってほしいですね。

2009年10月12日 21:43 カテゴリー: 普及啓発

米子水鳥公園観察会「ドングリの背比べ!!」

本日の米子水鳥公園の観察会は、「ドングリの背比べ!!」
sIMGP1830.JPG.jpeg一番、大きなドングリを拾った人が優勝という企画です。
公園の秘密の森に入ってドングリ探し!!
一番大きなドングリを拾った子は、3.3cmのマテバジイのドングリを拾いました。

最後にスダジイの実も炒って食べて見ました。初めて食べた人も、意外に美味しいと驚かれていました。
sIMGP1831.JPG.jpegさて問題!!

この写真にドングリは、何個写っているでしょうか?

2009年10月10日 18:51 カテゴリー: 普及啓発

米子市子どもエコクラブ来館

sCIMG4606.JPG.jpeg米子水鳥公園に、子どもエコクラブの子達が湿地の学習にやってきました。

 





sCIMG4660.JPG.jpeg メダカ池でメダカを捕まえた後に、
 メダカについて、「○」「×」クイズ 
 正解者には、メダカシールがプレゼント!





2009年10月10日 18:48 カテゴリー: 普及啓発

コハクチョウ、公園史上最早の初飛来!

_1_.jpg米子水鳥公園にコハクチョウが初飛来しました。
 am 8:30ごろ コハクチョウ 成鳥 1羽 
例年にない早い飛来で、米子水鳥公園開園以来はもちろん、
1980年代までさかのぼっても最も早い初飛来日だそうです。


というわけで、コハクチョウ初飛来日当てクイズ2009の結果がでました!
 
昨日まで377件の応募があり、正解者はうち17名でした。
正解者は次の皆様です。
 
 
岡田明子さん(南部町)
大山晴美さん(鳥取市)
中村敏之さん(松江市)
佐藤豊子さん(米子市)
橋本教美さん(米子市)
和田律子さん(米子市)
上妻俊介さん(鹿児島県)
神野康子さん(神奈川県)
岩下由貴子さん(京都府)
永井しおみさん(兵庫県)
岸信平さん(広島県)
石長信治さん(境港市)
浦辺千晶さん(米子市)
田中俊行さん(米子市)
小林聡さん(米子市)
末政葉子さん(兵庫県)
白土満子さん(米子市)
 
 
以上、正解者の皆さん、おめでとうございます。
近日中に記念品をお送りいたしますので、どうぞお楽しみに!

2009年10月10日 18:43 カテゴリー: 普及啓発 , 調査研究

中海・宍道湖を語る会 「コズ釣り大会」

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブに加えて、宍道湖からKODOMOラムサール探偵団の皆様も一緒に活動しました。

IMGP1695s.JPG.jpeg午前中は、これからが旬のゴズ釣り。マハゼ、チチブ、シモフリシマハゼが釣れたほか、アカエイやスズキ、ミズクラゲが泳いでいる様子が観察できました。





IMGP1714s.JPG.jpegお昼は、午前中に釣ったハゼの天ぷらや唐揚げに加え、レンコダイやスズキの塩釜焼き、シジミ汁 を味わいました。宍道湖・中海の美味しい恵みに、参加者一同感謝したひとときでした。




午後からは、未来の宍道湖・中海のガイドプランを子ども達に語っていただきました。都会の子達に自慢できる宍道湖・中海の魅力を再発見しました。

2009年10月 4日 19:42 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

秋の雨!!遠足で米子水鳥公園へ

_MG_4688s.jpg今週の米子水鳥公園には、たくさんの県外の小学校が、遠足に来てくれました。
今週は、雨の日が多かったですが、ネイチャーセンター内で指導員に、
鳥ぴんごゲームや、展示室クイズ、視聴覚室クイズなどで楽しんでいただきました。
指導員が鳥ビンゴゲームを指導する様子
団体予約にて対応いたします。→http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/group.html

2009年10月 2日 19:50 カテゴリー: 普及啓発

駒沢大学地理学科・米子高専電子制御科にそれぞれ講義!

sIMGP1641.jpg
本日の米子水鳥公園は、駒沢大学の地理学科と米子高専の電子制御科の皆さんが午前と、午後にわかれてお話を聞きに来てくれました。
1, 午前の駒沢大学さんには、中海干拓後のラムサール条約とワイズユースの進展についてお話しました。


sIMGP1648.jpg2, 午後の米子高専電子制御科さんは、米子水鳥公園の困っていることを技術を使って解決を目指すとして、米子水鳥公園のいろいろな悩みを聞いていただきました。




SCIMG3824.jpg

2009年9月30日 19:08 カテゴリー: 普及啓発

一年間で最大のボランティアイベント開催!

IMGP1543s.jpg今日は、一年間のうちで最大規模のボランティアイベントが開催されました。

毎年、7月と9月下旬に開催されている、米子地区環境問題を考える企業懇話会の皆様による、米子水鳥公園の美化清掃活動です。

参加者数は何と572名!一人一人は草をむしったり、鎌で草を刈ったり、ゴミを拾ったり、と地道な作業ですが、この数になると威力絶大です。

毎年この企画で園内の大掃除を済ませ、マガンやコハクチョウの飛来に備えます。
参加してくださった皆様、お疲れ様でした!

2009年9月27日 17:44 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

コガタノゲンゴロウがいた!

_s.jpg本日、園内のメダカ池でメダカ捕りをしていた幼稚園児が、コガタノゲンゴロウを発見しました。

環境省の絶滅危惧種として野生下では最高ランクの絶滅危惧Ⅰ類に指定されている、希少昆虫です。そのため、県条例で捕獲や飼育などの行為が禁止されているほどです。








発見場所は、長年にわたってたくさんのボランティアが手作業で掘りつづけてきたメダカ池です。一見、ただの大きな水溜りのような池ですが、本州では絶滅寸前の希少な生物がよりどころとして飛来してくれたのです。

ただ穴を掘って小さな池を作っただけで、いろいろな生き物たちが自力で集まり、住み付いていく。これがビオトープの真髄です。

ただ生き物を大量に人工繁殖して野へ放ったり、他地域から集めてきて放逐することは自然保護ではありません。生き物が住める環境を残し、あるいは復元した上で、生き物たちが自力で集まってくるように働きかけてやることが大事なのです。

このコガタノゲンゴロウは、報道発表をした後、県条例に従ってメダカ池に戻しました。

というわけで、皆さん!鳥取県内でコガタノゲンゴロウを見つけても、持ち帰ったらだめですよ~。
もし見つけた場合は、
証拠写真(背中側とお腹側、できればスケール入りで)を撮ってその場で逃がし、
水鳥公園までご一報いただければ幸いです。

鳥取県希少野生動植物についてはこちら! ↓
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=38301

2009年9月27日 17:44 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

水鳥のために島づくり!

今日は、米子青年会議所の皆様にお集まりいただき、ボランティア活動で汗を流していただきました。

_15.jpg内容は、「水鳥の島作り」。
水鳥公園で行われるボランティア活動で最も人気があり、かつ、最もきつい活動です。





_-561.jpg島の土留めになる枕木の運び出し。これが重い!







_-262.jpgあらかじめ作ってあった土嚢運び。これがまた重い!これをたくさん積み上げて島を作ります。






_-6763.jpg岸辺まで運んだ土嚢は、ボートに乗せて造成中の島に運び込みます







_-6964.jpg枕木で作った壁を杭で固定し、土留めの木枠にします。







_-7005.jpg最後に、木枠の中に土嚢を投入!たくさんある土嚢は、どんどん水の中に飲み込まれてしまいます。まるでブラックホール。





_-7006.jpg1時間半くらいの作業時間で、作業予定が完了。既存の島を1.5倍に拡張しました。この続きは、月曜日に中学生たちにしてもらう予定です。






他ではまず体験できない活動なので、青年会議所の皆様には新鮮だったようです。とっても辛く、体力が必要とされる活動でしたが、男女問わず、みなさんスピーディー&パワフルに活動していただきました。さすが、がいな祭りで鍛えているだけのことはあります。皆様、大変お疲れ様でした!

2009年9月26日 15:09 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

変なニオイの正体

今朝、水槽コーナーの様子を見に行ったとき、なんだか変なニオイが立ち込めていました。例えるならば、そこらじゅうに唾を吐き捨てまくったような感じのにおいです。
_233.JPG.jpegよくよく調べてみると、ニオイの元はこれでした。







ゲンゴロウは、時々水から揚がり、カメの甲羅干しのような行動をとります。
これは、全身から殺菌成分を分泌してお肌のお手入れをするためだそうです。
この殺菌成分が唾のようなニオイなのです。
ゲンゴロウが水から揚がれないように飼育しているとどうなるかというと、
体の表面に水カビがついてしまいます。
このゲンゴロウも水鳥公園にやってきたときは水カビが生えていましたが、
水から揚がれるように水槽をセットしたところ、自然に水カビがとれてきれいになりました。

というわけで、立ち込めていた変なニオイの正体は、
ゲンゴロウが甲羅干し?をして殺菌成分を発散していたニオイでした。

昔は田んぼに普通に見られたゲンゴロウ。
今はどこを探してもなかなか見つかりません。
水鳥公園では♂1匹を飼育展示しておりますので、是非ご覧下さい。

2009年9月21日 18:09 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

カエル工房in米子水鳥公園(展示)始まる!!

2009.09.06_in_006_.jpg本日はカエル工房in米子水鳥公園。
カエル工房こと、桶本製作所のプロ製作者をお招きし、カエルのレプリカ作りを楽しみました。





2009.09.06_in_009_.jpg途中、途中カエル工房の親方こと桶本和男さんより、熱血指導がはいりました。







2009.09.06_in_017_.jpgどんなカエルが出てくるかなぁ~!子ども達はもうワクワクです!!







2009.09.06_in_043_.jpgそしていよいよ最終段階。本物そっくりに塗る人や、ピンク色に塗る人など、思い思いの色塗りを施し、カエルを完成させました。





2009.09.06_in_5_.jpg皆さん完成させたカエルにキーホルダー用の金具や、マグネット等を付けて帰られました。毎年実施しているイベントですが、いつも大人気のイベントです!!




2009年9月20日 18:38 カテゴリー: 普及啓発

秋がくる!!米子水鳥公園の草刈り大詰め!

IMGP11553_.JPG.jpeg 朝の米子水鳥公園の朝靄(もや)・・
 すでに、冬のカモ達がちらほら見られ、秋の景色です。

 今月末には、秋を知らせるガンの初飛来(初雁)があるでしょう。


 でIMGP1160_.JPG.jpegも、米子水鳥公園では、のんびり感傷に浸っていられません。それまでに、水鳥たちの休憩場所を作ってやらないと、カモ達が水鳥公園で冬を越してくれません。

 必死で、草刈り作業中の職員たちです・・・。



 来週末には、米子地区環境問題を考える企業懇話会の皆様が、500人規模の草刈りボランティアに来てくれる予定です。
 米子市民会の思いがあっての米子水鳥公園は、今も昔も変わりません。

2009年9月17日 15:02 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

水槽展示をリニューアル!

昨日から、観察ホールの水槽展示コーナーをリニューアルしました。

新しい水槽台を大工さんに作っていただき、木造のネイチャーセンターと同じ風合いに仕上げていただきました。

IMGP1122s.jpg水槽も同じ型式で統一し、60cm水槽を6個並べました。顔ぶれは変わらず、「メダカ・ドジョウ・オレンジドジョウ・シマドジョウ」、「ギンブナ」、「チチブ」、「ナマズ」、「スッポン」、「クサガメ」、「ゲンゴロウ」です。 ゲンゴロウ水槽はあぶれてしまったので、別で展示しています(写真左端にチラリ)。
IMGP1119s.jpg
狭い水槽から広い水槽にお引越ししたクサガメくん。とっても人なつっこくて来館者の人気者です。「ぼくと遊んでね~♪」

2009年9月12日 16:44 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

山陰放送のおなじみラジオプログラム

IMGP0940B.JPG.jpegおなじみ
ラジオの一分間番組に協力しました。
「おつかれさま、アリナミン」
来週、夕方に順次放送それる予定です。
毎回、出演する職員が違います。
9月10日・14日(月)・16日(水)・18日(金)16:18~
山陰放送am900です。

2009年9月12日 12:22 カテゴリー: 広報 , 普及啓発

米子高専建築科の授業で来館

今年も、美術館を設計しようということで、
近くの米子高専の建築科の皆さんがおいでになりました。
ラムサール条約や米子水鳥公園の自然に配慮した設計について説明しました。

2009年9月12日 09:24 カテゴリー: 普及啓発

ダンゴムシレース大会2009終了!

8月31日(月)の閉館時間をもちまして、ダンゴムシレース大会2009は終了しました。
_MG_4026s.jpg最終結果はこのとおりです。








参加者のべ591名中、今回の優勝タイムは、5秒41でした。
のべ参加者が311名だった昨年の優勝タイム4秒97は破られませんでした。

年々盛り上がっているダンゴムシレース大会、来年も開催する予定です。
来年は、ダンゴムシレース世界記録「4秒97」を破るダンゴムシが現れるのでしょうか!

なお、
優勝者にはダンゴムシの本と金のダンゴムシ缶バッチを、
2位には銀のダンゴムシ缶バッチと水鳥公園の野鳥絵はがき5枚セットを、
3位~5位には銅のダンゴムシ缶バッチと野鳥絵はがき5枚セットを
プレゼントさせていただきます。

_MG_4040s.jpgこのほかにも、記録に関係なく、
抽選で10名の方に水鳥公園の野鳥絵はがき5枚セットをプレゼントいたします。
現在、プレゼントの発送準備中です。プレゼントの到着はもう少々お待ちくださいませ。



_MG_4041s.jpg参加してくださいました皆様、ありがとうございました。
また米子水鳥公園の企画にご参加いただけることを、心からお待ち申し上げます。

2009年8月31日 19:20 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

幼稚園のエコクラブ

 今日は、幼稚園児の親子のエコクラブの皆様が来園。米子水鳥公園で環境学習を行いました。

 はじめに、ネイチャーセンターで映像をご覧頂きましたが、子ども達には少々退屈だったようです。

 そこで、お天気もよいので屋外でメダカ捕りをすることにしました。
子ども達もみんな「やった~♪」とお喜び。

IMGP0515s.jpg 自分よりもはるかに大きなタモ網をもって、夢中になってメダカ捕りにチャレンジ。






IMGP0519s.jpg こんなのが捕れました。メダカ、ハイイロゲンゴロウ、アメリカザリガニ、スジエビ、トノサマガエル。一番たくさんいたのはスジエビでした。





IMGP0520s.jpg みんなで捕まえた生き物を見せ合いっこ。ザリガニやメダカ、トノサマガエルをつまんだり、手に乗せてみたり。とっても楽しそうでした。

 子ども達には、難しい説明ではなく、
このような生き物と触れ合う体験をたくさん経験してもらうことが一番大事だと思います。

2009年8月26日 20:13 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

ヒミツの森で観察会!!

SIMGP0412.JPG.jpeg
今日の米子水鳥公園は、子ども達の団体がいらっしゃりました。
3時間程の自然観察のプログラムを楽しんでいただきました。
 
 この写真は、水鳥公園の中にある森の中です。
 自然観察が楽しめます。
どこにあるかは場所は、ヒミツ!?

2009年8月24日 20:01 カテゴリー: 普及啓発

昔の中海の宝探し!

 今日は、毎年恒例の「中海環境フェア」が米子港の米子食品会館で開催されました。米子水鳥公園も、中海の自然を実感できる体験ブースを出展しました。

CIMG3580s.jpg テーマは「昔の中海の貝殻探し!」
およそ1500年前に中海に生息していた貝の殻を砂から掘り出して、標本にする、という企画です。





CIMG3587s.jpg いつもは水鳥公園の敷地内で発掘するのですが、今回は水鳥公園の地面の砂を会場に持ってきて、貝殻掘りをしていただきました。たくさんのサルボウの中に時々まぎれている、アカガイやヤカドツノガイを熱心に探している方がいらっしゃいました。


CIMG3596s.jpg 新発見「ゴイサギガイ」。
 いかにも水鳥公園らしい名前の貝の発見に、関係者一同びっくり!






 1500年前の中海には、こんなにたくさんの貝が生きていた、ということに驚かされます。貝殻掘りを体験した子ども達にも、この体験をきっかけに中海について少しでも関心を持ってもらえたら嬉しいです。

 同時に開催されていた中海体験クルージングと合わせて、335名が集まったようです。
暑い中、皆様お疲れ様でした。

2009年8月23日 20:12 カテゴリー: 普及啓発

オオメダイチドリ

今日は、米子水鳥公園で初記録の鳥がやって来ました。

_15s.jpgオオメダイチドリです。








_2s.jpgそのほかにも、ソリハシシギ、トウネン、オバシギ、エリマキシギ、タカブシギがネイチャーセンター前浜にやってきて、賑わっていました。





カイツブリのヒナの誕生を心待ちにしていたら、
もう秋のシギ類が旬な季節になってしまいました。

この秋も、春のように色々なシギたちで前浜が賑わうとうれしいですね。

2009年8月19日 16:16 カテゴリー: オオメダイチドリ , 普及啓発 ,

夏休みおもしろ講座③貝殻標本作り

SSIMGP0202.JPG.jpeg今日は、夏休みおもしろ講座の三回目

貝殻標本作りでした。米子水鳥公園にある古い貝殻を掘り出し、
まとめました。貝殻の同定は、うまくできたかな?


夏休みの自由研究にぴったりな作品ができたでしょうか?

2009年8月16日 21:06 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

おもしろ講座②味わいたい!

2009.08.09_20_.jpg_.jpgおもしろ講座第2弾、身近な生き物を味わい隊!
今日のメインディッシュはこいつです。
そう、皆さんご存知アメリカザリガニでした。




2009.08.09_35_.jpgまず充分にボイルして、サラダや味噌汁にしました。







2009.08.09_38_.jpg_.jpgその他ヨモギ、タンポポ、クズの芽もみんなでとって天ぷらにしたり、
サラダにしたりしました。






2009.08.09_27_._.jpg出来上がった料理がこれ!!
タンポポサラダのアメリカザリガニボイル添え
ヨモギ、タンポポ、クズの芽、スジエビの天ぷら
ザリガニ味噌スープで~す!!!



2009.08.09_23_.jpg子ども達もおいしそうに食べ、完食!!
とってもおいしいイベントになりました。
但し、ザリガニはしっかりボイルしましょう!!





2009年8月10日 17:05 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

とっとり花回廊で昆虫採集会2回目

今日は、とっとり花回廊で昆虫採集の先生をしてきました。7月に続いて2回目の出動です。
1回目の様子はこちら!

P1060543s.jpg 昆虫採集の注意点を説明してから、いよいよ出発。曇っていて日差しが弱いのは良かったですが、とにかく蒸し暑い!






P1060554s.jpg カブトムシは木の根元にもぐっているから掘ってみよう!







P1060564s.jpg 昆虫採集の後、峠の茶屋で見つけた虫のおさらいをしました。カブトムシは0、クワガタムシはスジクワガタ1匹だけでしたが、ヒグラシやニイニイゼミ、ノコギリカミキリ、ハグロトンボなどいろいろな種類の虫が見つかっていました。
  虫の説明をさせていただいた中で、アブラゼミの抜け殻の特徴や、抜け殻のオスとメスの見分け方が、皆さんには興味深かったようです。

 夏休みもいよいよ半ばにさしかかってきました。親子で身近な生き物にたくさん触れて、楽しい思い出を作りましょう!

2009年8月 8日 18:45 カテゴリー: 普及啓発

子どもパークレンジャー「生き物図鑑完成!」

 今日で、子どもパークレンジャーは最終回です。野鳥を観察して図鑑のページに書き加えて、三日間の努力の成果を1冊の図鑑に仕上げました。

CIMG1859s.jpg 今日はネイチャーセンター内から望遠鏡で野鳥観察。みんな真剣に観察していました。でも、一部の子はネイチャーセンター内の鳥のおもちゃやダンゴムシレースの誘惑に負けちゃっていました。




CIMG1882s.jpg 今見えているのは、背中がオレンジ色だからアマサギだと思うよ!







CIMG1897s.jpg 1時間野鳥図鑑を書いた後、いよいよ図鑑の組み立て作業です。表紙、目次、生き物マップ、生き物のからだのつくり、図鑑ページ、感想、の順に紙を重ねて製本作業をはじめます。




 重ねた図鑑のページに製本カバーをかぶせて、製本機にセット。1分弱で「ピーッ!」とブザーが鳴り、製本完了!三日間の努力の結果が結実する瞬間です。子ども達はまだか、まだかと製本の様子を眺めていました。

CIMG1905s.jpg みんなとても頑張りやさんで、立派な生き物図鑑がたくさん仕上がりました。














CIMG1906s.jpg 最後に、この三日間の体験をふりかえりながら、ラムサール条約の説明を環境省のレンジャーから受けました。子どもパークレンジャーの子ども達が、たくさんの生き物と出会えたこの湿地がなくならないように、大切にしなきゃ!と思ってくれたら嬉しいですね。

2009年8月 2日 18:01 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

子どもパークレンジャー「水生生物図鑑作り」

 子どもパークレンジャー二日目の今日は、水生生物の図鑑を作りました

CIMG1812s.jpg 雲行きが怪しい中、採集ポイントへ出発!







P1020053s.jpg 霧雨の中、生き物がいそうな場所をタモ網でガサガサ。







CIMG1817s.jpg うまくいくと、メダカが大漁です。このほか、スジエビの赤ちゃんがたくさん捕れて、「アミエビみたい!」と子ども達はびっくりしていました。





CIMG1839s.jpg 捕まえた生き物をじっくり観察しながら図鑑描き。今日はみんなで16種類の生き物を発見しました。






CIMG1848s.jpg 園内を歩いていたミシシッピアカミミガメが大人気でした。でも、これは日本の生態系には居てはならない外来生物です。外来生物の問題点をご紹介しましたが、皆さんに分かってもらえたかな?




 明日はいよいよ最終回です。明日のテーマは「野鳥」。望遠鏡で野鳥を観察して図鑑を書いた後、製本して図鑑を完成させる予定です。

2009年8月 1日 18:49 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

子どもパークレンジャー「昆虫図鑑作り」

 今日から3日間連続で、中海子どもパークレンジャーを開催します。
 3日間で昆虫(陸上生物)、水生生物、野鳥を水鳥公園で観察し、見つけた生き物をスケッチしたものをまとめて図鑑に仕上げます。

CIMG1746s.jpg 今日は初日なので、環境省の米子自然環境事務所長さんから子どもパークレンジャーの任命証が授与されました。







CIMG1760s.jpg 今日は初日なので、環境省の米子自然環境事務所長さんから子どもパークレンジャーの任命証が授与されました。







CIMG1766s.jpg そして、園内で昆虫採集。7月末とは思えない、涼しい中で虫探しです。







CIMG1775s.jpg ショウリョウバッタをつかまえた!








CIMG1795s.jpg 捕まえた生き物をスケッチして、図鑑のページを書いていきます。色々な種類の生き物を見つけるほどページが増えて、ぶ厚い図鑑になります。













 明日は、水生生物の図鑑作りです。3日間でどんな図鑑が仕上がるか、楽しみです。

2009年7月31日 15:57 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

安田大サーカス団長がバードウォッチング!

 今日の午前中、米子水鳥公園に安田大サーカスの団長がいらっしゃいました。

CIMG1577s.jpg 団長が、トライアスロンのシドニーオリンピック日本代表である小原工さんご夫妻と一緒に、サイクリングで米子水鳥公園に立ち寄り、バードウォッチングを楽しむ、という内容のテレビ番組の収録が行われました。





CIMG1591s.jpg 小原さんの友人である館長がご案内。
「今のおすすめは、浮き巣で抱卵中のカイツブリです」







CIMG1593s.jpg 収録の合い間に、団長にもダンゴムシレースに参加していただきました。結果は、「ヒ、ミ、ツ!」







 団長や小原ご夫妻にも、これをきっかけに野鳥観察が好きになっていただけたら嬉しいです。 番組名や放送予定が分かりましたら、お知らせします!
→CS放送の「アクトオンTV」の「快汗!自転車ライフ」という番組で、9月(詳細未定)に放送予定だそうです。

2009年7月27日 18:04 カテゴリー: 普及啓発 , 番組収録

とっとり花回廊で昆虫採集会

 今日は、とっとり花回廊に出向きまして、昆虫採集会の先生を務めて参りました。天気予報では、日中は雨模様でしたが、開催時間になると雨は止み、予定通り開催しました。

P1060119s.jpg ニイニイゼミ発見!とりゃ~!








P1060122s.jpg 「翅(はね)が大きな虫を捕まえたときは、三角紙に包んであげると、翅がボロボロになりません。」







P1060128s.jpg 昆虫採集の後で、どんな虫が見つかったかをおさらい。参加者が捕まえた虫の種類をホワイトボードに書き出して、それぞれ説明しました。






P1060135s.jpg 本日の結果。皆さん期待のカブトムシ、クワガタムシは少なかったですが、いろいろな虫に出会えました。夏休みはこれからが本番。子ども達には、この夏休み中にたくさんの虫に出会って欲しいですね。







 最後に、「米子水鳥公園でダンゴムシレース大会やうちわ作りができますよ~♪」と宣伝させていただいてから、解散しました。

 雨が心配でしたが、結果的には雨は殆んど降らず、涼しくて快適でした。参加者の皆様の日頃の行いの賜物でしょう。
 次回のとっとり花回廊の昆虫採集会は、8月8日(土)に予定されています。次回も、虫の先生役を頑張って勤めさせていただきます!

2009年7月25日 18:13 カテゴリー: 普及啓発

皆生温泉の東光園で展示会を始めました!

 今日から、皆生温泉の東光園ギャラリーで米子水鳥公園の出張展示が始まりました。

IMG_7247s.jpg
 展示タイトルは、「水鳥公園で生まれた木鳥たちSpecial」。
バードカービングサークルの「バードカービング米子」の皆様と米子水鳥公園とが協同で毎年一回開催している展示会です。今回は、バードカービングで国際的に活躍されている、遠藤登さんの作品も特別出展されているSpecial版です。




IMG_7258s.jpg ギャラリーの壁面には、米子水鳥公園の夏の楽しみ方と、米子水鳥公園の夏の生き物たちの写真をパネルで紹介しています。展示台には、水鳥公園の工作イベントで作れる作品も並んでいます。






IMG_7263s.jpg こちらの展示台には、バードカービングの作品がズラリと並んでいます。バードカービング米子の皆さんが作った、本物そっくりな木彫りの鳥たちです。






IMG_7259s.jpg バードカービングの世界大会で何度も入賞している遠藤登さんの作品は、まさに異次元です。木彫りです、と言われても信じられない精巧さです。その一方で、素材の風合いを活かした作品もあり、木彫りの味わいを満喫できます。この展示会では、3つの作品を出展なさっています。




 展示期間は、本日から8月28日金曜日まで
 入浴ついでに是非ご覧頂きたいと思います。

解説:バードカービング「Bird Carving」とは、木彫りの鳥を表し、実物大で本物そっくりに彩色しているものやミニチュア、彩色しない木彫りそのものの作品まで、様々なスタイルがある芸術作品です。

2009年7月21日 22:32 カテゴリー: 出張展示 , 普及啓発

海の日{家族みんなでメダカ捕り!}参加者200人超!!

CIMG1277B.JPG.jpeg
夏休みの観察にもってこいということで今日は、メダカ捕りイベントを行いました。ちょうど、皆さんタイミングがよかったようで200人超の皆さんがいらっしゃいました。
 
 今年は、まだ、メダカの型が小さいとか、スジエビばっかりという意見もちらほらでした。
しかし、そのような中、たくさんのメダカを捕った子たちもいました。



 また、ハイイロゲンゴロウもたくさん採れました。詳しくは、今月号の米子市報http://www.yonago-city.jp/koho/2009/20090801.pdfの最後ぺーシを見てください。

 また、メダカを持って帰られた方は、最後まで大切に育ててください。

 

メダカの飼い方について(本日の参加者向け)

 1.水温の急激な変化に注意してきください。
    水道水にいきなり移すのは、あまりよくありません。
    水道水をバケツなどのため水にして、水温を慣らしてから、持ってきた水ごと入れてください。
 
 2.天敵に注意してください。
  皆さんが採集された生き物は、メダカ以外にも、ヤゴ、アメリカザリガニ、コオイムシ、ハイイロゲンゴロウなどがいます。分けて、飼育したほうが、賢明でしょう。
 

 3.日向に注意!!
日向(ひたな)に水槽を置くと急激に水温が上昇して、酸欠を起こすことがあります。
 水槽は、日のあたらない場所に置くことが賢明でしょう。

 

 大切なお話し 生物の遺伝的問題
 山陰地方のメダカは、他地域のメダカとは、遺伝的特徴が違うことが分かっています。他の場所で、放したり、逆によその場所にいたメダカを放さなようにしてください。
 他の生き物についても、分かっていないだけでそのような状況があることが想像できますので、同じように放さないでください。池の生き物たちに代わってお願いします。
 また、来年名古屋で開催される生物多様性条約COP10は、このような身近な生物の遺伝子の多様性についても注目して守っていこうという考え方をしています。

2009年7月20日 18:21 カテゴリー: 普及啓発

昆虫標本作りに挑戦!

 今日は、夏休みおもしろ講座の1回目「昆虫標本を作ろう!」を開催しました。応募が殺到したので、急遽午後の部も開催し、保護者含め合計73名の方にご参加いただきました。

CIMG1251s.jpg 「今日はこんな標本をつくりま~す!」
昆虫標本の作り方はいろいろありますが、一番簡単な甲虫類の標本作りを体験していただきました。






CIMG1261s.jpg 「昆虫針を刺す位置は種類によって決まっています。カブトムシやクワガタムシはここですよ~」







 CIMG1266s.jpgがんばって脚の形を整える子ども達。「むずかしいな~」 








 
 今回のイベントでは、昆虫標本作りの過程の「展足」だけしていただきました。この後、十分乾燥させてから標本箱(またはそれに代わる箱)に納めていただく作業が残っています。皆さん、頑張って最後まで仕上げてくださいね。

 今回参加してくださった皆様には、昆虫針100本をお渡ししました。これで百匹分の標本が作れます。あとは、脚を押さえるまち針を買い足せばたくさんの昆虫標本が作れるので、夏休みの自由研究に生かしていただければ嬉しいです。

 夏休み中いつでも参加できる、ダンゴムシレースとうちわ作りも好調です。是非皆さんも遊びに来てください。お待ちしてま~す!













2009年7月19日 19:18 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

夏休みスタート!

 今日から夏休みが始まりました。米子水鳥公園も夏休みイベントを開始し、お客様に早速ダンゴムシレースと思い出のうちわ作りをしていただきました。

CIMG1131s.jpg お気に入りの鳥のイラストをうちわ用紙に書いてもらっています。








CIMG1138s.JPG.jpeg こんなうちわが仕上がりました。とっても素敵な仕上がりですね。今年の夏休みの思い出として愛用してもらえたら嬉しいです。







CIMG1216s.jpg ダンゴムシレースには8名の方がエントリーしてくださいました。初日からいきなり10秒をきる好タイムが二つも出ました。昨年の優勝タイムは4秒台です。今年はどんなレース展開になるか楽しみです。






 事前申込が必要なイベントは「身近な生き物を味わい隊!」を除いて、全て定員となってしまいました。それでも、園内クイズラリーやうちわ作り、ダンゴムシレース大会はいつでも参加できますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

2009年7月18日 18:45 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

ジュニアレンジャーの森作り

IMG_3446b.JPG.jpeg米子水鳥公園では、米子水鳥公園の環境を守る為に、中学生の子どもたちに集まってもらい、ジュニアレンジャークラブとして活動してもらっています。今日は、米子水鳥公園の植栽の中を歩けるように改造してみました。





IMG_3440s.JPG.jpeg 剪定するだけでなく、カミキリ開けた穴をふさいだり
堆肥を積んだりしました。

剪定した木はなんと軽トラック四台分にもなりました。





IMG_3493s.JPG.jpeg

2009年7月12日 19:36 カテゴリー: ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

子どもラムサールクラブ2009「メダカを捕まえよう!」

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブの日です。今日のテーマは、「メダカを捕まえよう!」。メダカ捕りを通して湿地の生き物に触れて、詳しく観察しました。

CIMG0977s.jpg 園内でメダカ探し。蒸し暑かったですが、程よく曇ってくれて日差しが弱かったのが幸いでした。







CIMG0989s.jpg 今日のメダカは小さいものが多かったですが、時々大きなものも取れました。なかなか立派なメダカでしょ?







CIMG0991s.jpg ボランティアリーダーの方が頑張って捕まえたチョウトンボ。紫色にきらめく翅(はね)がとってもきれいでした。







CIMG1040s.jpg 午後は、生き物をトレーなどに移し替えて詳しく観察。18種類の生き物が捕れました!







_56s.jpg  トノサマガエルとってもかわいい~!私達は、この笑顔のために活動しています。














 こうして、今日のラムサールクラブは無事終了しました。
次回8月は、中海体験クルージングです。また子ども達の笑顔のために頑張ります!

2009年7月12日 18:06 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

夏休みイベント 応募殺到!

米子水鳥公園では、今年の夏休みに様々なイベントをご用意して、皆様をお待ちしております。

そこで、水鳥公園周辺の小学校全児童にチラシをお配りしたところ、
おかげさまでイベントの申込みが殺到しており、すでに満員となっているイベントございます。

現時点での夏休みイベントの募集状況をお知らせします。

7月19日(日) 夏休みおもしろ講座①昆虫標本を作ろう!
10:30~12:00 満員
13:30~15:00 空きあり →受付終了しました。

7月26日(日) 夏休み親子ふれあい講座「小鳥のお家を作ろう!」①
満員

7月31日(金)~8月2日(日)子どもパークレンジャー「水鳥公園の生き物図鑑を作ろう!」
満員

8月9日(日) 夏休みおもしろ講座②「身近な生き物を味わい隊!」
10:00~13:00 空きあり

8月15日(土) 夏休み親子ふれあい講座「小鳥のお家を作ろう!」②
9:00~12:00 満員

8月16日(日) 夏休みおもしろ講座③「貝殻標本作り」
10:00~11:30 満員
14:00~15:30 空きあり → 満席になりました

学校によってはイベントチラシの配布が遅れているようで、チラシを見たときにはすでに定員になってしまっていた、という場合があるようです。誠に申し訳ございません。

2009年7月10日 16:38 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

貝殻拾いで昔の中海を想像しよう!

 今日は地元彦名小学校の総合学習ゴーゴータイムで、貝殻を通して中海の環境について考えてみました。

_MG_3546s.jpg 米子水鳥公園の秘密の場所で貝殻拾い。中には、目的を見失って泥んこ遊びになってしまった子もいたかも。







_MG_3548s.jpg 私はこんなに見つけたよ!バケツからあふれています。








_MG_3570s.jpg 「サルボウを見つけた人~!」「はーい!」先生が、貝の種類ごとに見つけた人の数を数えています。







_MG_3571s.jpg 今日の学習の板書。
 1500年前の中海には、砂浜と内湾に生息する貝が多かったようです。中には、岩場や深場に住む貝も見つかりました。昔の中海は環境が多様で、いろいろな貝がいたのですね。





貝殻掘りは児童たちにはとても面白かったようで、みんな時間を忘れて貝殻集めに熱中していました。でも、今日一番のびっくりは、貝殻掘りの前に捕まえた、大きなアオダイショウの感触かも。

2009年7月 8日 17:35 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

新しい展示物のお知らせ!

DSCN0004b.JPG.jpeg鳥情報ではありません!!
トラフズク 
ロシアで繁殖し、日本には冬鳥として飛来する。

 
米子水鳥公園には、小さいながら展示室があり、標本や、バードカービングなどを展示しています。

 今回バードカービング、新しい展示がされましたのでご紹介します。

2009年7月 5日 20:47 カテゴリー: トラフズク , 展示 , 普及啓発 ,

彦名小学校ゴーゴー活動1回目

 _MG_3395s.jpg今日は、地元の彦名小学校の児童26名が水鳥公園でボランティア活動を行いました。

 毎年行われている活動で、地元の事業所との交流を深めつつ、奉仕活動の体験学習もかねています。



 米子水鳥公園での奉仕活動は、なんといっても屋外での環境管理作業が一番の醍醐味です。彦名周辺に数ある事業所でも、野鳥のために汗を流す体験が出来るのは水鳥公園だけ。でも、今日は降雨のため、館内清掃をしていただきました。

 今年の児童
はなかなか頑張りやさんで、館内隅々を掃除してくれて、スッポンとナマズの水槽掃除もこなしてくれました。皆さん、お疲れ様でした!

2009年7月 1日 19:59 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

7月1日からスロープで写真展(米子水鳥公園)

2009.06.29_003s.JPG.jpeg
米子水鳥公園で、日本野鳥の会鳥取県支部が、2009年7月1日より写真展を行います。お時間がある方は、ぜひ、米子水鳥公園へお立ち寄り下さい。
 表題    鳥取県の野鳥たち
 展示期間 2009年7月1日~8月1日まで
 会場    米子水鳥公園スロープ展示
 主催    (NPO)日本野鳥の会鳥取県支部
 内容    鳥取県内の鳥たち ブッポウソウの保護活動の写真など
  
ちなみに、本日の山陰中央新報には、一㌻に渡ってブッポウソウの保護活動について掲載されています。

2009年6月29日 22:33 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

常連の子ども達

DSCN0002B.JPG.jpegDSCN0004S.JPG.jpeg








米子水鳥公園には、常連さんのような子ども達がいて、よく公園に遊びに来ます。
彼らには、時々、公園の生き物調査や水質調査をしてもらいます。
いつも公園の自然を見ている彼らの目は厳しく、
「今年は、水がにごっていて、メダカが少ないなぁ。」
など、職員顔負の鋭い報告をしてゆきます。
きっと将来は、彼等が公園の自然を守ってくれること間違いなしでしょう。
こんな彼らが育ってくれれば、ラムサール条約でいうところの湿地のCEPA的な管理は、かなり高いレベルになりそうです。


2009年6月29日 22:23 カテゴリー: 普及啓発

米子水鳥公園 夏休みの準備中

DSCN0030S.JPG.jpeg米子水鳥公園では、夏休みのイベントをたくさん準備しています。








http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/dayori.155.pdf
 
このようなイベントは、この時期に準備を進めています。
今日は、プレ実験として、地元の子どもたちと一緒に貝殻標本作りの準備をしました。夏休みの宿題の自由研究や自由工作にもってこいですね。

IMG_3405s.JPG.jpeg2009年8月16日 日曜日 米子水鳥公園 開催予定です。参加費 300円
ぜひ お申し込みください。



完成例

2009年6月21日 17:49 カテゴリー: 普及啓発

ソロプチミスト・スワン米子 第十回絵本読み聞かせ会

IMG_3253T.JPG.jpeg 米子水鳥公園は、本日ソロプチミストスワン米子さんの第十回の絵本の読み聞かせ会でした。







IMG_3271T.JPG.jpeg 今回は、第十回の記念として、ソロプチさんに園児から花束の贈呈が行われました。

2009年6月19日 11:59 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

ラムサールクラブ③貝殻標本作り

 今日は子どもラムサールクラブ三回目「昔の中海の貝殻標本作り」を開催しました。梅雨時ですが好天に恵まれ、さわやかな風の吹く中で活動できました。

CIMG0826s.jpg 園内の地面には、白い貝殻がたくさん埋もれています。それを掘って持ち帰りました。







CIMG0886s.jpg
 持ち帰った貝殻を洗って分類。同じ種類をたくさん集めた子、大きな貝ばかりを集めた子、小さな貝専門の子、貝殻の集め方にも子どもの個性がよく現れています。






CIMG0896s.jpg 貝殻の種類を調べるのは難しい!「これかな~。それとも、こっちかな~。」







CIMG0899s.jpg こんなに拾えたよ。すごいでしょ!















 今回の企画は、園内の生物調査もかねて行いました。これまで見つかっていなかった貝殻もいくつか見つかり、子どもたちもとても楽しそうでした。
 それにしてもたくさん見つかる貝殻たち。これは、昔の中海にたくさんの貝が生きていた証拠です。いまの中海にもこれらの貝が生きていけるようになったら素晴らしいですね。

2009年6月14日 19:38 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

自然観察会「デジカメで水鳥公園の生きものを撮ろう!」

 今日は毎月定例の自然観察会の日です。
 今回のテーマは、「デジカメで水鳥公園の生きものを撮ろう!」。新企画です。

CIMG0723s.jpg 初めに、写真撮影の基本的なコツを説明。「皆さん、黄金比率ってご存知ですか?」







CIMG0730s.jpg コツの説明が終わったところで、いよいよ屋外で実践です。大きな目立つ生き物がいなくて、生き物探しに苦戦。こんなときは、しゃがんで草むらにぐっと顔を近づけでみましょう。立っているときは見えなかった小さな生き物たちが見えてきます。





CIMG0734s.jpg 生き物を見つけたら撮影に挑戦。背景ばかりにピントが合ってしまい、なかなか難しい!







 このテーマは初めてだったのですが、実際に行ってみてわかったことは、デジカメのマクロモードの使い方をご存じない方が多いこと、生き物を探すのが難しいということでした。
 今度開催するときは、まずマクロモードの使い方を練習してから実践に移るなど、今日の反省点を生かしてより楽しくて勉強になる観察会にしようと思います。

2009年6月13日 20:34 カテゴリー: 普及啓発

幼稚園児がカルガモ親子とご対面!

 いよいよ梅雨入りした山陰地方。今日は梅雨らしい雨降りの一日でした。そんな中、地元の幼稚園さんが遠足に来てくださいました。

 園児たちのお目当ては、カルガモ親子。館長がお配りした手紙を見て、是非カルガモ親子に会いたい!と思ってくださったそうです。

CIMG0638s.JPG.jpeg 「みなさ~ん!カルガモの親子はびっくりしやすいから、そお~っと窓に近づいて見てくださいね~!」
 「は~い!」






CIMG0650s.JPG.jpeg今日のカルガモ親子たちは大サービス。ネイチャーセンターの窓際に70名の園児が集まっているのに、全く動じずに目の前の岸辺に来てくれました(画像中央)。これなら、望遠鏡がなくてもよく見えますね!





CIMG0669s.JPG.jpeg 今日のカルガモ親子。5羽のヒナが団子になって休憩中。お母さんはしっかり回りを見張ってます!

2009年6月10日 21:30 カテゴリー: カルガモ , 普及啓発 ,

タカラハーモニストファンド 助成決定

中海国際交流基金財団では、申請しておりましたタカラハーモニストファンドの研究助成をしていただけることとなりました。中海の植生回復の切り札というべき、コアマモによるも場の再生を行い、中海生態系の再生に貢献できる研究になるよう努力していきます。

BDSC09111.jpghttp://www.ecology.or.jp/w-topics/wtp25-0906.html


2009年6月12日 授与式がありました。





BDSC09128.jpg

2009年6月 9日 01:39 カテゴリー: 普及啓発 , 自然再生 , 調査研究

米子市環境フェア「バードコールを作ろう!」

 今年も米子市環境フェアが開催されました。
 そこで、今年も恒例のバードコール作りコーナーを開きました。

CIMG0576s.JPG.jpeg 今年は看板も作って、お客様をお迎えする準備OK!








CIMG0575s.JPG.jpeg ブツ切りにした木の枝を万力で固定して、ドリルで穴を開けます。そして、穴にアイボルトをねじ込んで紐をつければ完成!三分以内にできちゃいます。
自分が作ったバードコールでかわいい音が鳴らせたら、子ども達はニッコリ!




CIMG0570s.JPG.jpeg 隣には、鳥のパズルで遊べるコーナーを新設しました。なかなか盛況でした。







 バードコールは、簡単に作れて音が鳴るので、子ども達に大人気です。環境フェアのような企画には最適な企画ですが、正しい使い方をして欲しいです。

約束1:春~夏には使わないこと。
約束2:鳥が近づいてきたら、鳴らすのをやめること。
約束3:近づいてきた鳥は、喜んでいるのではなく、怒っているということを理解すること。

正しくバードコールを使って、野鳥や自然に関心を持っていただければ嬉しいです。

2009年6月 7日 16:51 カテゴリー: 普及啓発

他の湿地に学ぼう!東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ勉強会

「他の湿地に学ぼう!東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ勉強会」を米子水鳥公園で開催しました。

B1.JPG.jpeg このパートナーシップの価値は、離れ離れに存在する湿地の保全活動は孤立しがちですが、他の湿地の状況を知る事によって、自分達の湿地での活動の意義や改善点が見えてくるということです。






BCIMG0308.JPG.jpeg そのような意味で、昨年のKODOMOラムサール交流よって訪れた新潟、沖縄、石川、兵庫、韓国の湿地の保全活動について情報共有をしました。






BCIMG0300.JPG.jpeg
 行政主導で保全が進んでいる地域もあれば、民間主導で保全が進んでいる場所、ラムサールに登録しただけで官民がほったらかしの湿地、いろいろなところがあることが分かりました。
 これらの情報をみんなで共有し、どうしたら米子水鳥公園の保全に繋げられるのか考えました。





 鳥情報:
カイツブリ・バンがネイチャーセンター前で造巣中!
セイタカシギ・アオアシシギ・アカアシシギがネイチャーセンターの前を歩いています。      
 米子航空祭りで、普段よりも大きな鳥(?)が公園の上を飛んでいました。

2009年5月24日 19:55 カテゴリー: ラムサール条約 , 国際交流 , 普及啓発 , , 鳥情報

コアマモの植栽・生育実験をします。

_.JP56G.jpeg米子水鳥公園では、昨年のシジミの生育実験に続き、
鳥取県と協力して、コアマモの植栽実験を行います。

米子水鳥公園は、近年の急激な塩分濃度の上昇により、
水草の生育が悪くなっていると考えられています。
 そこで、塩分濃度の高い場所でも生育できるコアマモを植栽することにしました。コアマモは、過去において中海で大きな藻場を作っていたといわれており、中海自然再生の柱と考えられています。
今回、ゲージで水鳥に食べられないようにしたコアマモの苗を植えつけています。ちょっと見苦しいですが、どうぞご容赦下さい。

2009年5月16日 20:42 カテゴリー: 普及啓発 , 環境管理 , 自然再生

カイツブリの浮き巣台を設置(愛鳥週間)

488PG.jpeg
 明日から愛鳥週間ということで、米子水鳥公園では、
カイツブリの浮き巣台作りをました。
これは、水面に巣を作るカイツブリの子育てを手伝おうというもので、みんなで4つ作りました。(後で6つ追加しています。)




 
489PG.jpeg発泡と育苗ポットを利用した浮き巣台は、山口県のキララ浜観察センターの考案のものです。
http://www6.ocn.ne.jp/~kirara-h/
米子水鳥公園でもうまくいくでしょうか?とっても楽しみです。





 今年の9月まで設置しておく予定です。 「ゴミが浮いてるよ」とか言わないでくださいね。





2009年5月 9日 16:01 カテゴリー: カイツブリ , 普及啓発 ,

NHKラジオ音風景取材

5656.jpg
この不思議な格好の人たちは、
NHKラジオの音風景の取材です。
オオヨシキリ、セッカ、ヒバリ、カイツブリなどの鳴声を録音されていました。
今、米子水鳥公園は、、繁殖するこれらの鳥たちの鳴声を聴くにはベストシーズンですが、 録音しようとすると、一キロ先の道路の音が気になったり、サイレンなどの音が聞こえたりします。

 そのようなわけで、人の活動の少ない土曜日の早朝の取材となりました。
全国に放送になるようです。
放送日は、
2009年5月
22日(金)NHKFm  10:55
23日(土)NHKR2  14:25
24日(日)NHKFM 11:50
24日(日)NHKR1 22:55
25日(月)NHKR2 23:50
26日(火)MHKFM 15:55
30日(土)NHKFM 22:50
31日(日)NHKR2 12:55

米子水鳥公園は、環境省の音風景百選に選ばれています。

2009年5月 9日 15:36 カテゴリー: 普及啓発

GW最後はゴミ拾い!!

CIMG8940s.JPG.jpeg2009年米子水鳥公園のゴールデンウィーク最後のイベントは、

ゴミ拾いでした。一見きれいに見える公園ですが・・・






_562.jpg 一周歩いてみると、ビニール10杯分のゴミが落ちていました。


←このようなゴミ図鑑が出来上がり・・・

中海のゴミは、浮かぶものばかり、きっと、川や水路を流れてきたのでしょう。
誰かがしまい忘れたサッカーボールは、雨水に流されて中海まで流れてくるんですね。一度捨てられたゴミは、中海の沿岸を誰かに拾われるまでグルグル移動し続けます。
ゴミについて、もう一度考え直してみたいものです。

2009年5月 6日 23:36 カテゴリー: 普及啓発 , 環境管理

子どもの日企画「紙で鳥のパズルを作ろう!」

 今日は子どもの日ということで、親子で楽しめる鳥のパズル作りを開催しました。参加者は4名と寂しかったですが、とても熱心な子ども達が集まってくれました。

kansatu.jpg 初めにパズルのデザイン作成で鳥を観察。








CIMG8879s.jpg 下絵が仕上がったら、絵の具や色鉛筆で色を塗りました。今旬の鳥、セイタカシギを描いています。







CIMG8891s.jpg 絵が仕上がったら、絵をのり付きパネルに丁寧に貼って、カッターで切り抜きます。怪我をしないか心配でしたが、皆さん怪我もなく上手に切れました。






CIMG8895s.jpg 最後に記念撮影。みなさんとても上手に鳥のパズルを作ってくれました。今年のゴールデンウィークの楽しい思い出になったかな?

2009年5月 5日 17:54 カテゴリー: 普及啓発 , 特別企画

GWガイドウォーク第三弾「昔の中海の貝殻掘り」

 今日のGWガイドウォークは、「昔の中海の貝殻掘り」でした。

 およそ1500年前に中海に住んでいた貝の殻が中海の底からくみ上げられ、水鳥公園の地表面に露出しています。それを掘って観察する企画です。

CIMG8795s.jpg 今日も野鳥の聖域に特別に入り、数百メートル歩いて発掘現場へ到着。みんなで地面を掘って貝殻を探しました。







CIMG88404s.jpg「けっこう掘れたよ!やったね!」








CIMG8810s.jpg 掘り出した貝殻は、砂を落としてから種類を調べました。今では中海で見られないような種類がいくつも見つかりました。








最後に黒バイという今もこの地域でたくさん取れる貝をみんなで味わい、自然の恩恵を味わいました。
今回は貝殻堀りでしたが、いつの日か中海で潮干狩りが出来るといいですね!

2009年5月 3日 17:52 カテゴリー: 普及啓発

2009ゴールデンウィークイベント テントウムシの缶バッジ

BIMG_2247.JPG.jpeg皆さん!米子水鳥公園では、ゴールデンウィークの限定企画として、テントウムシの缶バッジ作りをしています。
 この企画では、テントウムシを園内で捕まえてきてからそのスケッチを書き、これをバッチにします。





_MG_2356.JPG.jpeg さて、どんな模様のテントウムシが捕まえられるでしょうか?

 この缶バッチ作りができるのは、2009年5月6日まで。
 一個当たり100円の費用を頂いています。

2009年5月 2日 20:13 カテゴリー: 普及啓発

園内で食べられる野草は?

IMG_3404b.JPG.jpeg
 今日は、米子水鳥公園を訪れたボーイスカウトの皆さんと、
「食べられる野草」を探しました。







IMG_3402B.JPG.jpeg 天ぷらにして食べると、以外とおいしいものもあれば、
筋張って食べられないものも・・・・
タンポポの花は、フニフニして面白い味でした。
とても貴重な経験でした。

 米子水鳥公園では、指導員と協力して様々な自然体験をすることが出来ます。制約も御ございますので、米子水鳥公園へご相談下さい。0859-24-6139

2009年4月30日 11:57 カテゴリー: 普及啓発

水鳥公園一周ガイドウォーク

 今日からいよいよゴールデンウィークが本番です。水鳥公園では、GW特別企画として水鳥公園一周ガイドウォークを開催しました。

CIMG8444s.jpg 普段は野鳥の生息地保護のため立ち入りが制限されているところへ特別に入り、普段見られない角度から水鳥公園の春の自然を観察しました。






CIMG8441s.jpg 途中、何者かに食べられているカルガモの死体を発見。水鳥公園の食物連鎖を垣間見ました。このほかにも、ドバトがタカに襲われた後や、ヌートリア?の白骨化した脚が落ちていました。







 今日は28名の参加者が集まり、心地よい春の陽気の下、水鳥公園の自然を満喫していただきました。

米子水鳥公園では、GW期間中日替わりテーマでガイドウォークを開催します。
今後の予定は、
5月2日(土) シギの観察
5月3日(日) 1500年前の中海の貝殻掘り
5月4日(月) 春の草花観察
5月6日(水) 公園一周ゴミ調べ

です。すべて10:00~12:00
いずれも普段入れない場所にガイド付きで入れる貴重な機会です。
是非ご参加下さいませ。

2009年4月29日 19:33 カテゴリー: 普及啓発

展示室の改修完了しました。

CIMG3646.JPG.jpeg米子水鳥公園の展示室の改修が、終了しました。
新しい展示棚によって標本が見やすくなりました。

また、バードカービング米子による作品も展示しております。
 ぜひ、ご覧ください。




CIMG3644.JPG.jpeg見学用学習シート(米子水鳥公園発見シート)も準備しております。職員にお申し付けください。

また、展示室内は、標本・作品保護のため照明を落としております。ご了承ください。

2009年4月26日 17:52 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

日本JPの皆さんがボランティア活動

CIMG3638.JPG.jpeg
 米子水鳥公園では、多くのボランティア団体が活動しています。

春一番でやってこられるのは、日本郵政の皆さんです。






CIMG3639.JPG.jpeg
すでに米子水鳥公園の開園前からのお付き合いで、15年目です。

芝桜の植栽の整備をしていただいております。
今日は、冷たい雨の降る中、大勢の方に参加していただきました。 来年もきれいな花を咲かせてくれるでしょう。





2009年4月26日 17:40 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

ジュニアレンジャークラブ始動!

_MG_1221Ts.JPG.jpeg 米子水鳥公園では、自然のために自ら行動する子どもたちを育てるため、中学生を対象にジュニアレンジャークラブを始めました。自然を毎月調査したり、自ら行動を決めて活動します。
 今日は、そのキックオフミーティングとして今年の前半に何をするかを決めました。みなさん米子水鳥公園で、ジュニアレンジャーの活躍にご期待ください。

2009年4月12日 18:12 カテゴリー: ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

米子水鳥公園からのお願い!

CIMG2662B.JPG.jpeg立ち入り禁止と餌付け禁止のお願い看板

米子水鳥公園では、市道と池の間を鳥類保全のため、植栽により仕切っています。この植栽が一部枯れている場所がありますが、中に入らないようにお願いいたします。 現在、苗を植えなおし、育成中です。
 また、米子水鳥公園内では、餌付け(一般の方や観光客の方が直接ご自分の手から餌を与えること)を禁止しています。無制限な給餌は、餌付く特定の鳥種ばかりが増え、そのほかの鳥種の生存を圧迫することがわかっており、自然保護に反するだけでなく、水質汚濁、農業被害を引き起こすからです。 特に、野鳥を人に近づかせることを目的とした「餌付け」は、生息地の保全が重要であるはずの野生動物に対して、給餌で保護が達成できるとの誤解が広がったり、野生動物をとの付き合い方をペットと付き合うかのように誤解させたりします。さらに、餌付けによる接触によって、鳥と人の双方に感染症を引き起こす可能性を完全に排除できないために米子水鳥公園では禁止しています。
 また、米子水鳥公園では、餌を与えるよりもガンカモ類がタヌキなどの天敵に襲われないように、島を作ったり、草を刈り込んだりして水鳥の生息地を保全することに勤めています。

2009年4月12日 17:53 カテゴリー: 普及啓発 , 環境管理

子どもラムサールクラブ2009初日開催!

  小学生が一年を通して湿地の生き物に触れる体験企画「子どもラムサールクラブ2009」の初日を開催しました。今回は、昨年から継続参加の子に加えて、7名の新規参加で21名が参加しました。

CIMG2529s.JPG.jpeg はじめに、野鳥観察の基本中の基本、双眼鏡の使い方についてお勉強。これを覚えれば、自然観察がぐんと楽しくなります。 「太陽は絶対に見ないで下さいね~!」「は~い!」






CIMG2542s.JPG.jpeg いよいよ屋外で生き物観察。足元の草むらには、コオイムシが隠れていました。水鳥公園を代表する水生昆虫です。「あっちにも、こっちにもいるよ!」 「あ、ハサミムシもいた!」






CIMG2553s.JPG.jpeg 今回のテーマは、「水鳥公園の秘密の場所を探検!」。そこで、今日は特別に「野鳥たちの聖域」に入りました。空高く舞いながらさえずるヒバリについての解説に、皆さん興味津々。「ヒバリがなぜあのようにさえずっているかというと、…」「おもしろ~い!」





 お天気も良くて事故もなく、いろいろな生き物とも出会えて、順調な初日を終えることが出来ました。来月は、大山の野鳥たちに会いに行きます。お天気がいいといいな!

2009年4月12日 14:41 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

ネイチャーセンター前のカゴの中身は?

BCIMG2483.JPG.jpeg
米子水鳥公園のお客様からよく、
「前浜に置かれたカゴは、何ですか?」
と尋ねられます。
 これは、シジミの生育実験をしているカゴです。昨年の8月に
公園のそばで採れたシジミを頂いて、生育実験をしています。
カゴの中に入れたのは、水鳥に食べられないような工夫です。
今日調べてみたところ、無事に冬を越し、少しだけ成長していました。
シジミは、水質をきれいにしてくれます。米子水鳥公園でシジミが生きていけるのならば、水質回復に役立つかも・・・

2009年4月11日 20:42 カテゴリー: 普及啓発 , 自然再生 , 調査研究

今年もやります!米子高専手作りべンチ作品展

 今年で四回目となる、米子高専建築科の皆様による手作りベンチ作品展の作品搬入が行われました。

CIMG2412s.jpg 軽トラックで運んできた作品を、人力で園内に運びました。「重~い!」







CIMG2408s.jpg ネイチャーセンターの中に展示する作品もあります。「この辺に置かない?」







CIMG2416s.jpg 今日は8作品中7作品の搬入が終わりました。屋外においてみた作品のすわり心地はいかがでしょう?
 今年も力作ぞろいの手作りベンチ作品展。連休明けの5月11日(月)まで展示予定です。

2009年4月 8日 17:54 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

ヨシ原の再生工事をしています。

45454.jpgヨシは、鳥の住処になったり、水質の浄化に役立つ植物です。しかし、ネイチャーセンター北側のヨシ原が、最近大きく衰退してしまいました。これは、地盤沈下や波浪によって地形が変化したからです。そこで、米子水鳥公園は、ここに砂を入れ、ヨシ原の回復に取り組みます。

 深くなりすぎた水深を浅くして、ヨシの生育する環境を作ります。

 

 今週 そのために、園内をダンプなどが通行します。危険がありますので交通指導員の方の指導に従ってください。

2009年4月 6日 17:13 カテゴリー: 普及啓発 , 環境管理 , 自然再生

米子水鳥公園は 花盛り!!

IMG_1036.JPG.jpeg 今、米子水鳥公園は花盛りです。といっても、直径数ミリの花たちです。地面に這いつくばらないと見ることが出来ません。
 この写真はキュウリグサで、今満開の花を咲かせていますが、その広さは25cm四方です。





CIMG2400b.JPG.jpeg そのほかにも、オオイヌノフグリやタネツケバナ、カラスノエンドウ、ノゲシ、ハコベ、オランダミミナグサなど本当にいっぱいの花が咲いています。
 地面にはいつくばらないと分かりませんが、それでも、小さな昆虫たちは、こんな春の景色を楽しんでいるのかも知れません。
撮影した植物は、米子市市報などでご紹介しています。

2009年4月 6日 17:13 カテゴリー: 普及啓発 , 調査研究

本日は、今シーズン初めての草刈りでした!

BIMG_0982.JPG.jpeg
 米子水鳥公園では、鳥のための草刈り作業がたくさんあります。
 このブログでよく紹介しているのは、水鳥が天敵から安心して過ごせるための草刈りが多いですが、春のこの時期にする草刈はちょっと違います。
 この時期は、草がよく生えるための草刈りです。
 変な話ですが、水辺に生育するヨシという植物は、四月の中旬から一気に伸び始めます。その前に、昨年までの枯れ穂を刈り取ってやるとその年の成長がよいのです。
 米子水鳥公園では、一部を刈り取って、ヨシの成長を促進しています。成長するヨシは、水鳥のすみかになったり、汚れた水を吸い取りながら成長します。
 今日は、たくさんのボランティアさんが来て、この作業を手伝っていただきました。今年は、刈り取った範囲には、立派なヨシが成長してくれるでしょう。

 

2009年4月 5日 14:47 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

ソロプチミスト・スワン米子の殖樹

BCIMG2338.JPG.jpeg今日の米子水鳥公園は、ソロプチミストスワン米子さんが、雨の中
植樹に来てくれました。小さな木ですが、毎年植樹していただき既に1000本です。今年は、2000年の西部地震で地盤沈下して、植栽が枯れてしまった場所を地盤を高くして、再植樹しました。
 無事に育ってくれれば、道路と水鳥の住む池の間の目隠しになってくれるはずです。



BCIMG2331.jpg目録贈呈

2009年4月 4日 15:49 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

水辺のわくわく学校にベンチが設置されました。

ACIMG1661.jpg
米子水鳥公園には、近くの粟島神社の社寺林のそばに「水辺のわくわく学校」というビオトープ池を持っています。現在は、「米子地区環境問題を考える企業懇話会」が、米子水鳥公園と共同で管理や整備を進めています。その中で、今回ベンチが設置されました。
このベンチは、ただのベンチではなく、「エコマウッド」http://www.ecomawood.jp/といってペットボトルのキャップからできているものです。ぜひ皆様、利用してみてください



ACIMG1648.jpg
今日は、さっそくメダカを採りに来られた方がいらっしゃいました。








ACIMG1643.jpgもうメダカもずいぶん泳いでいるようです。

2009年3月18日 17:21 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

世界でひとつの鳥のパズル作り!

 今日は、今年度最後の水鳥公園主催イベント「世界に一つ、作ろう鳥のパズル!」を開催しました。

2009.3.15_1_014s.jpg ハガキサイズの版木にカモの絵を転写して、電動糸鋸でくりぬきました。







2009.3.15_1_034s.jpg 中学生以上対象でしたが、応募者はみんな小学生。ちょっと心配でしたが、みんな上手に電動糸鋸を使いこなしていました。







2009.3.15_1_035s.jpg 皆さんが頑張って作った鳥のパズル。ぜひお茶の間に飾ってご家族の皆様で遊んで頂ければ嬉しいです。

2009年3月15日 17:32 カテゴリー: 普及啓発

パネルディスカッション中海の未来を子どもと語る会

BCIMG1538.JPG.jpeg今日の米子水鳥公園は、この一年の活動を振り返っりつつ、未来を考えようということで、「子供たちと大人が語るパネルディスカッション」中海の未来を語る会を実施しました。パネルをするにあたって、子供たちが意見を言うのが難しいということで、質問に対して〇と×の札をあげてもらいました。
「きれいな中海になったら泳ぎたいですか?」の質問にたくさんのみんなが〇をあげました。


BCIMG1491.JPG.jpegまた、参加者の大人の皆さんには、事前に子供たちに伝えたい子供のころの中海という質問をしましたところ、大量の生き物の名前が出てきました。「アオデ,ハゼ、クルマエビ、アカガイ、シジミ、ナマズ、カニ、コノシロ、ホタテ・・・・」 放課後にカニ捕りが日課とか、水が澄んでいたから魚を見ながら釣りをしたとか、貸しボートや飛び込み台で遊んだなど、今の子供たちは、きれいな中海がほんの一・二世代前にあったことに驚いている様子でした。

2009年3月14日 19:51 カテゴリー: 国際交流 , 普及啓発 , 自然再生

自然保護ボランティア講習会

  今日は、午前中に鳥取県の自然保護ボランティア講習会が米子水鳥公園で開催されました。 県西部地区で自然保護活動のボランティアに参加している方々が対象です。

CIMG1459s.jpg  普段、大山をフィールドに活躍されている皆様に、米子水鳥公園や中海の湿地保全に関する活動とボランティアとの連携についてご説明しました。 屋外で環境管理作業についてもご紹介したかったのですが、激しい風雨のため、残念ながら屋外活動は見送りました。






 大山と中海は全くフィールドが異なりますが、基本的な考え方は共通だと思います。参加してくださった皆様の、今後の活動の参考になれば幸いです。

2009年3月14日 19:36 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

学生ボランティアさんにも卒業証書(?)

BIMG_3228.jpg
米子水鳥公園も春が近くなり、今夜は次々と北へ帰っていくハクチョウの声が聞こえます。
 一年間の子どもラムサールクラブも今月でいったん区切りとなりました。小学校までのクラブですのでこれで卒業という子達もたくさんいます。
 また、長い間手伝ってくれた学生ボランティアさんが、卒業で遠くの町へ行ってしまうこともあります。
長い間子どもクラブを手伝ってくれた彼女(写真)も、今年で卒業です。
 そんな彼女に子ども達から思いがけない卒業証書(?)が送られました。「先生ありがとう」と書かれた鳥の絵の寄せ書です。本物の卒業証書に負けない宝物の一枚ですね。

2009年3月 8日 20:22 カテゴリー: ボランティア , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2008ファイナル

 今年度、毎月活動してきた子どもラムサールクラブ2008も今日が最終回です。この一年間の活動をスライドショーで振り返ってから、四季毎の活動レポート作りを行いました。

CIMG13700s.jpg 春(4月~6月)の班の製作風景。活動記録の写真から、どの写真を使ってどんなコメントをつけようか、みんなで決めました。














CIMG1380s.jpg 完成後は、春、夏、秋、冬の製作メンバーごとに記念撮影。クラブメンバー全員の思い出が詰まった活動レポートは、今後一年間ネイチャーセンターに掲示しますので、是非ご覧下さい。







 さて、来月からは新年度が始まります。
 現在、子どもラムサールクラブ2009の新規会員を募集しています。人気企画ですので、参加ご希望の方はできるだけ早くお申し込みくださいませ!
 毎月の第二日曜日に米子水鳥公園に集まり、四季を通じて生き物に触れて自然を楽しみ、学ぶ企画です。原則として通年参加できる小学生が対象です(急用での欠席はOKです)。

お申し込みは電話でOK!
TEL:0859-24-6139
担当:桐原
までお問い合わせ下さい!(火曜日は休館日ですのでご注意下さい)

2009年3月 8日 17:14 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

第14回米子水鳥公園絵画コンクール表彰式

 今日の午前中、第14回米子水鳥公園絵画コンクールの表彰式を開催しました。

CIMG13266s.jpg 各学年から1名ずつ選ばれた優秀賞、佳作の子達に、当財団の理事長である野坂康夫米子市長の手から表彰状が授与されました。







CIMG1349s.jpg 最後に、全員で記念撮影。
 「はい、スワン!」の掛け声の時の皆さんの笑顔は最高でした!

2009年3月 8日 17:05 カテゴリー: 普及啓発 , 絵画コンクール

コハクチョウの北帰行を見送ろう!!

CIMG1300B.JPG.jpeg 今日の観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!!」。
 朝7時からの観察会。寒いなか頑張りました。 写真では、いかにもコハクチョウを見送れた感じですが、 このハクチョウたちは南の餌場の方へ進路をとり 、今日は北へ旅立つ群れは観察できませんでした。





CIMG1299B.JPG.jpeg 米子水鳥公園でコハクチョウの北帰行が観察出来るのは、二月下旬から三月上旬の快晴の7:00-9:00頃です。
 観察できるのは毎日ではなく、三寒四温のうち、寒波の入ってくる直前か、寒波が抜けた後の日が多いようです。





 コハクチョウは、園内でまだ100羽以上います。中海全体でも700羽程度です。
 あと数週間で一羽残らず北へ旅立ちます。

2009年3月 7日 09:53 カテゴリー: コハクチョウ , 普及啓発 , , 鳥情報

ハクチョウの北への渡りピークへ!!

ハクチョウたちの北へ帰る渡りルートは二つあるようで、時期によって使い分けています。
 例年米子水鳥公園では、2月中は、東へ列島沿いに飛んでいきます。
 そして、3月に入ると真北へ向けて飛んでいきます。
今年は、3月2日までは東へ飛んでいったのですが、
 昨晩から今朝にかけて、ハクチョウが次々真北へ飛んでいるようです。
今朝、米子水鳥公園北にある境港市の方から「夜中にハクチョウが北へ飛んでいったよ」
とお電話いただきました。
ちなみに、真北にとんだハクチョウは、中海財団の調査により一晩で日本海を横断することが分かっています。

朝には、300羽以上のコハクチョウがいました。今週末の早朝には、ぜひ、ハクチョウにお別れを言いにおいで下さい。

「さよならハクチョウ!」

米子水鳥公園でお待ちしています。

3月8日7:00~8:00北帰行観察会を公園で行います。

2009年3月 5日 23:37 カテゴリー: 普及啓発

保育園の年長組さん来館!

 今日は、お昼前に県内の保育園の年長組さんが遠足にいらっしゃいました。お弁当を食べる前に、ネイチャーセンターをひととおりご案内しました。

CIMG1163s.jpg展示ホールにて。
私「これはな~んだ?」
児童「コハクチョウの巣!」
私「正解!これは日本にひとつしかない、すごいものなんだよ!」
児童「へ~え。でも、たまごは木だよ!」
私「ばれた?でも、本物と同じ形と大きさ、数なんだよ!」
児童「へ~え!」


CIMG1167s.jpg展示室にて。
私「ここの鳥さんは、本物と作り物があります。よ~く観て、どっちか答えてね!」
私「これを本物と思う人~!」
児「は~い!」
私「作り物だと思う人~!」
児「は~い!」
私「正解は、本物でした!」
正解した児「やった~!」
CIMG1168s.jpg
観察ホールで野鳥観察。
ハクチョウさんがいないのは残念だけど、カモさんはいっぱいいるよ。
今日は大山がきれいだね! 




この保育園さんは、毎年この時期に遠足にきてくださっています。また遊びにきてね!

2009年2月27日 18:56 カテゴリー: 普及啓発

赤い鳥が22羽!

 今日は、予報どおり午後から天気が良くなり、暖かくなりました。そんな中、意外なお客様が突然やって来ました。

CIMG1022s.JPG.jpeg そのお客様とは、これ。ベニヒワです。その数何と22羽!水鳥公園では最多記録だと思います。胸元までばら色のきれいなオスの姿も見られました。






CIMG1016s.JPG.jpeg 私は、ベニヒワについて「寒い冬の年に飛来して、とても寒い日に現れ、草の種やヤシャブシの実をついばむ」というイメージを持っているのですが、春の陽気の下でベニヒワたちと対面したのは、ちょっと変な気分です。





CIMG1002s.JPG.jpeg ベニヒワたちは、がむしゃらに園内のヤシャブシの種子をついばんでいました。望遠鏡で観察していると、毬果から種子がポロポロとこぼれ落ちていました。






 この意外な珍客たちは、突然わ~っとやって来てヤシャブシの種子を食いまくり、突然わ~っと去っていきました。およそ30分程度の滞在でした。

CIMG0971s.JPG.jpeg 池の上では、ハジロカイツブリが6羽集まって集会を開いていました。もう夏羽に換羽しつつあり、横顔には金髪が生えてきています。







●今日の鳥情報
・ツクシガモ5羽 健在!
・メジロガモ♀1羽 健在!昨日は一日確認できませんでした。
・ベニヒワ22羽 素晴らしい!
・クイナ1羽 今日もコソコソ。
・ツバメ1羽 もう春ですね!
・コハクチョウ3羽 何故こんなに少ないの?
・マガン約360羽 夕方5時40分に塒入りに来たけれど、降りずに去った。

2009年2月21日 17:54 カテゴリー: 普及啓発 , 絵画コンクール

世界湿地の日記念「色粘土で湿地の生き物を作ろう!」

 二月二日は、ラムサール条約の採択日ということで、世界湿地の日とされています。そのため、米子水鳥公園では毎年世界湿地の日記念イベントを2月に開催しています。
 今日は、18名の方にご参加頂き、紙粘土に絵の具を混ぜて、好きな湿地の生き物を作って頂きました。

CIMG0630s.jpg はじめに、水鳥公園の生き物が食べたり食べられたりしながら複雑につながっていることを説明。みなさんが今日のお昼に食べたものも、湿地とつながっているのですよ~。






CIMG0636s.jpg 次に、湿地の生き物観察。今日何を作るかを決めました。この子は、標本箱の中のタガメとタイコウチをスケッチ中。







CIMG0657s.jpg 題材が決まったら、いよいよ粘土細工。 さあ、これは何を作っているところでしょう。大きな口にヒゲが生えている魚です。














CIMG0656s.jpg コハクチョウが完成!うまく出来てよかった!!








CIMG0667s.jpg 今年の世界湿地の日ポスターに、皆さんが作った湿地の生き物が大集合。みなさん、とても上手に出来ました。 一番人気はコハクチョウ。水鳥公園で滞在中のメジロガモを作った子もいました。













CIMG0672s.jpg 最後に記念撮影。今日の企画も、2月8日に開催した子どもラムサールクラブと同様、環境省を通じてスイスのラムサール条約事務局に活動報告を提出する予定です。







 参加してくださった皆様には是非、今日の作品をお家の目に留まるところに飾っていただき、今日のイベントでご紹介した生き物同士の係わり合いや湿地の大切さを忘れないで欲しい思います。

2009年2月15日 18:24 カテゴリー: 普及啓発

豊岡KODOMOラムサールへ発表準備完了

昨年、韓国出会ったKODOMOラムサールに参加したメンバーに
豊岡市から、招待状が来ました。
このラムサールの締約国会議には、豊岡市も、子供を参加させており、
 このとき、仲良くなった豊岡市、琵琶湖の子供たちで、http://nakaumi.blogspot.com/2008/10/kodomoin-deaon.html
また会いましょうということになりました。
そこで、来週(2月21日)、琵琶湖と米子の真ん中に当たる豊岡市に行くことになりました。

CIMG0620.jpg
今日は、発表の練習です。
中海の干拓の歴史、米子水鳥公園に来たコウノトリが
豊岡に行ってハチゴロウと呼ばれるようらになった。

うまく説明できるでしょうか?

2009年2月15日 18:13 カテゴリー: ラムサール条約 , 国際交流 , 普及啓発

自然観察会「タカを探そう!」

 今日は、毎月恒例の自然観察会の日です。今日のテーマは「タカを探そう!」。この時期、水鳥公園でよく見られる6種類のタカに出会うことを目標に、観察会開始!観察会の様子を、NHK鳥取の皆様が取材にいらっしゃいました。

DSCN08009s.jpg ミサゴ、ハヤブサ、オオタカ、トビ、ノスリ、チュウヒの6種類の写真を紹介し、観察会の目標を設定しました。







 いざ、屋外でタカ探し。でも、タカの姿は全くなし。いつもは3種類くらいはどこかに居るというのに、観察会になると姿を消す。ふしぎなものです。

_MG_9731s.jpg でも、タカの生活の痕跡はあります。ふだんは立ち入りできない野鳥のサンクチュアリ内で、タカがカモを襲って羽根をむしった跡を発見。みんなで観察しました。オナガガモ、コガモ、ユリカモメの羽根が落ちていました。犯人は誰でしょう? 





_MG_9743s.jpg 園内中央にある観察小屋へ特別に入り、ネイチャーセンターに戻ろうとしたとき、遥か先にハヤブサ1羽を発見!早速ハヤブサについて説明。「ハヤブサが速く飛べる理由はですね~…」






 1時間15分の観察会で見つかったタカは、ハヤブサとトビの二種類だけでした。もっとたくさんのタカを見つけたかったものでしたが、タカが残した獲物の羽根やペリット(未消化物を吐いたもの)を見たり、特別に立ち入り禁止地帯を歩いたりと、観察会ならではの楽しみもあったと思います。参加してくださった10名の皆様、ありがとうございました。

2009年2月14日 18:40 カテゴリー: 普及啓発 ,

子どもラムサールクラブ「食物網」

 今年度の子どもラムサールクラブも、来月は一年間の活動報告ポスターを作るので、自然観察は今回が最終回。今回は、世界湿地の日を記念して、湿地の生き物の食物網を作ってみました。

CIMG0255s.jpg 園内を歩いて生き物観察。冬の池には何がいるかな?








CIMG0268s.jpg 園内を歩き回ったら、鳥の羽根や骨が落ちていました。タカが鳥を襲って食べた跡です。







CIMG0301s.jpg お弁当を食べてから、いよいよ食物網づくり。生き物のカードを並べて、食べる、食べられるの関係を矢印で結んでいきます。







CIMG0306s.jpg 水鳥公園の生き物達の食物網が完成!私達も生態系の一員。いろいろな生き物達が生きているからこそ、私達は生きていけるのだということを、少しは感じてもらえたら嬉しいです。






 この企画は、世界湿地の日記念企画として、環境省を通じてラムサール条約事務局に報告する予定です。

2009年2月 8日 18:21 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

絵画コンクール投票実施中!!

DSCN0001b.JPG.jpeg
米子水鳥公園では、第十四回水鳥絵画コンクールの作品を展示中です。

現在、入館者の方に投票をしていただいております。

投票は、2月20日まで、展示は、2月28日まで
 
 
 
米子水鳥公園のホームページなびを新設しました。コハクチョウの飛び立ちを見やすい時間http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/swantime.pdfを示しています。
また、学校、子供会などの対応事例http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/program.pdfも掲載しました。ぜひご覧ください。

2009年2月 6日 18:38 カテゴリー: 展示 , 普及啓発 , 特別企画 , 絵画コンクール

大山・日野川・中海学検定のテキスト作りに協力しました。

IMG_9407b.JPG.jpeg 米子水鳥公園では、
第二回の大山・日野川・中海学検定試験の
公式テキストに協力しました。
http://www.yonago.net/143/1135.html

鳥情報
 コハクチョウは、本日80羽 8:50まで観察できました。
 帰ってきたのは、17:55分でした。
メジロガモ♀・ツクシガモ

2009年2月 4日 22:22 カテゴリー: 普及啓発

第14回米子水鳥公園「水鳥の絵画コンクール」展示開始

CIMG0213b.JPG.jpeg第14回米子水鳥公園絵画コンクールの展示が始まりました。

今年もたくさんの作品がネイチャーセンター内に展示されています。






CIMG0221b.JPG.jpegまた、展示作業は今年も米子水鳥公園友の会の方々にボランティアで実施していただきました。審査は、21日までご来園の方に限り投票にて参加できます。入選作品は、これらの結果を参考に、審査員によって決定します。

2009年2月 1日 14:32 カテゴリー: 普及啓発

子ども会イベントの対応

CIMG0097s.JPG.jpeg米子水鳥公園では、子ども会のイベントの対応も行っています。







http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/group.html
本日は、展示室クイズ・映像クイズ 
とりビンゴゲームなどの対応をしました。
CIMG0113s.JPG.jpegまた、特別にドングリコマ回し競争をして楽しみました。
 

 
 
 
 
水鳥公園では、指導員による様々なプログラムが実施可能です。是非、この様なプログラムは事前予約にて対応しますのでご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
対応例 2時間30分のプログラムの場合

13:00~13:10 挨拶 打ち合わせ
13:10~13:30 望遠鏡の使い方・鳥ビンゴゲーム(観察ホール)
13:30~13:50 展示室クイズ
13:50~14:20 映像室クイズ(成績優秀者にはささやかなプレゼントあり)
14:20~15:00 野外観察  ( 双眼鏡を使って中海湖岸まで水鳥の観察に行きます。)
15:00~15:30自由観察時間(クイズラリー・買い物・展示物等で楽しめます。)
 

夏には、バッタ・メダカ捕りや水鳥の島作りなど、色々なプログラムを組み合わせた対応もしております。会議でお弁当を食べる一日滞在型の対応も出来ます。


2009年1月25日 17:00 カテゴリー: 普及啓発

草むしりを行う理由とは?

今日は、毎年水鳥公園の美化清掃活動ボランティアをしている企業ボランティアの皆さんに集まって頂き、水鳥観察会を行いました。

この企業ボランティアさんたちは、夏と秋に数百名規模で水鳥生息地の草むしりを行っています。

今日は、この草むしりの成果をご覧頂く貴重な機会でした。

CIMG0089_.JPG.jpeg 今朝の水鳥公園の風景。一面雪景色で、ネイチャーセンター前にコハクチョウが群れていました。






_MG_9255.JPG.jpeg その中に、アメリカコハクチョウ1羽を発見!くちばしが真っ黒なハクチョウです。ロシア生まれのコハクチョウと番になっていて、4羽の子どもを連れています(左の2羽)。




CIMG0093_.JPG.jpeg 水鳥が群れている場所は、見晴らしのよい岸辺や水に囲まれた島ばかり。獣の接近を警戒しやすい環境を選んでいます。ボランティアさんには、このような環境の維持管理に参加していただいている、ということをご説明しました。
 


 特に、この企業ボランティアさんたちが重点的に草むしりを行っている、園内中心部の大きな島は、中海唯一のマガンのねぐらになっています。観察会開始時には、すでにマガンは餌場へ移動していましたが、マガンに代わりまして(?)草むしり作業の重要性を皆さんにお話ししました。
 
この観察会を踏まえて、来年度も園内の草むしり活動に多くのボランティアさんが参加してくださることを期待します。

2009年1月25日 13:48 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

小鳥は何を食べてるの?

85JPG.jpeg冬の米子水鳥公園は、水鳥ばかりが注目されていますが、
 池とは反対側の植栽を覗いてみれば、いろんな小鳥達が来ています。


トベラの種子を食べるシロハラ


CIMG0063seed.JPG.jpeg今日は、子どもたちと一緒に小鳥が何を食べているか調べました。
公園に落ちている鳥の糞に含まれる種と公園にある木の種を比較しました。





CIMG0064b.JPG.jpeg答えは、トウネズミモチでした。意外と公園には、いろいろ種があることに驚きました。
 冬は、庭にやってくる小鳥達の観察に、絶好の季節ですね。




鳥情報

日は、コハクチョウ72羽10:00には全て飛び立つ
マガンは、750羽飛立ち7:45 分  ネグラ入り 16:50分でした。
ツクシガモ9羽、トモエガモ2羽、ハイイロチュウ♂タイプ出ています。

2009年1月23日 18:50 カテゴリー: 普及啓発 , 調査研究 , , 鳥情報

松江でハクチョウ観察会

CIMG0852b.JPG.jpeg
本日は、松江まで出かけて出張観察会をしました。

ナキハクチョウのエリアには、今日もすごい人が集まっていました。




http://nakaumi.blogspot.com/2008/12/2008.html

CIMG0874b.JPG.jpeg
その後米子水鳥公園に移動し、水鳥の観察ゲームをしました。
 
新しい鳥に出会えたかな・・・

2009年1月18日 16:47 カテゴリー: 普及啓発

BSSのラジオカーが来ました。

CIMG0835b.JPG.jpeg 米子水鳥公園からラジオの中継がありました。
レポーターさんは、声だけにもかかわらず
こんな恰好をしていました。

2009年1月18日 16:37 カテゴリー: 普及啓発

中海周辺の野鳥写真展開催中!

CIMG0836s.jpg 今日から、ネイチャーセンターのスロープ壁面で写真展を始めました。中海近郊写真勉強会の皆様による「中海周辺の野鳥写真展」です。
 中海周辺で撮影されたコハクチョウを中心に40点の野鳥写真を展示しています。是非ご鑑賞下さい。

  
 
中海周辺の野鳥写真展」
期間:平成21年1月17日(土)~1月30日(金)
主催:中海近郊写真勉強会
会場:米子水鳥公園ネイチャーセンター スロープ壁面

2009年1月17日 18:48 カテゴリー: コハクチョウ , 展示 , 普及啓発 ,

週間ヤッホー(山陰中央テレビ)の取材を受けました。

本日、週間ヤッホーの取材を受けました。
冬の外での楽しみ方として、水鳥や身近な小鳥の楽しみ方を
説明しました。

CIMG0797s.JPG.jpegところで、この番組のディレクターさんは、子供の頃
米子水鳥公園で 野鳥クラブに参加していたとのこと。
月日がたつのは早いと共に、地域の子達が公園と共に育っているのですね。
  
放映日は 2009年1月24日だそうです。山陰地方の方は是非
チェックしてください。

2009年1月14日 13:11 カテゴリー: 広報 , 普及啓発

水鳥の絵を描く会Ⅱ

 お正月明けの今日は、水鳥の絵を描く会Ⅱを開催しました。

CIMG0552s.jpg まず最初に、望遠鏡の使い方を勉強。ちゃんとお話しをきかないと、指を挟んだり、みんなの目が「目玉焼き」になっちゃうよ!





CIMG0557_.jpg 次に、水鳥公園の野鳥クイズに挑戦!全問正解できた子から画用紙を受け取ってお絵描き開始です。






CIMG0577s.jpg 水鳥公園の野鳥を観察しながらお絵描き中。














CIMG0587s.jpg 絵が描き終わったら、画用紙の裏に学校名、学年、名前、絵の題名を書いて提出。みんな上手に描けました。













 現在、米子水鳥公園絵画コンクールで、小学生が描いた野鳥の絵を募集中です。募集期間は、1月21日(日)までです。小学生の皆さん!お気に入りの野鳥の絵を是非、ご応募下さい!!

2009年1月 4日 12:53 カテゴリー: 普及啓発

ドングリコマ回し大会2009終了!

CIMG0532s.jpg 今日はお正月三が日の最終日。ようやく雪もおさまり、大山も8合目くらいまで見えるようになりました。






CIMG0542s.jpg ドングリコマ回し大会2009も今日でおしまいです。三日間でのべ116名の参加者があり、最長記録は1月2日に小学6年生が記録した41秒台でした。





 今日もたくさんの方がドングリコマ回しに参加していただきましたが、今日は一等の伯耆富士バッチが出ず、三等のキンクロナスビバッチが大量に出ました。15秒以上ドングリコマを回すのは、かなり難しいです。
参考:ドングリコマを20秒以上回せたら、一等:伯耆富士バッチ
            15秒以上回せたら、二等:オオタカバッチ
            15秒未満だったら、三等:キンクロナスビバッチ

IMG_8394s.JPG.jpeg ネイチャーセンターの脇には、毎日午後2時過ぎごろからヌートリアが現れて草を食べていて、お客様に大人気でした。駆除が進められている嫌われ者の外来生物ですが、水鳥公園ではかなりの人気物です。昨日、今日と親子で現れ、お客様に喜ばれました。

2009年1月 3日 18:49 カテゴリー: 普及啓発

米子水鳥公園の仕事始め

CIMG0463s.jpg 米子水鳥公園の2009年が始まりました。毎年恒例の「初日の出!コハクチョウ観察会」を今年も開催。寒くて降雪の天気予報の中、30名もの方が日の出前の米子水鳥公園に集まってくださいました。
 40羽いたコハクチョウもお正月気分なのか、なかなか田んぼに食事へ出かけません。お昼過ぎまで居残った家族もいました。

CIMG0465_s.jpg 残念ながら雪雲にさえぎられ、大山からの初日の出はみられませんでした。ようやく太陽が見えたのは8:20。7:15分の日の出からおよそ一時間遅れの初日の出でした。









CIMG0496s.jpg 観察会終了後は、ドングリコマ回し大会2009が始まりました。コナラとマテバシイのドングリを使ってコマを作り、特設会場で回して回っている時間を計りました。本日の最高記録は38秒台でした。




CIMG0497s.jpg いかに回転ロスがないように回すかが勝負!
 ドングリコマ回し大会2009は、正月三箇日の限定企画です。どうぞご参加くださいませ!

2009年1月 1日 16:59 カテゴリー: 普及啓発

公民館の子ども達が来館!

 今日は、県内の公民館が小学生を連れていらっしゃいました。今日は空気が澄んでいて、遠くの景色までよく見える、絶好のコンディションでした。

CIMG0243s.jpg 子ども達に野鳥観察をしてもらうための定番メニュー「鳥ビンゴゲーム」を実施。ルールを説明中。






CIMG0256s.jpg 鳥ビンゴゲーム開始。「俺いまダブルリーチ中!」







IMG_8083s.JPG.jpeg 夕暮れ時の大山。冠雪した部分がピンクに染まり、その前をマガンの群れが飛び交いました。

2008年12月19日 18:31 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

お正月は米子水鳥公園で初夢占い!!(一富士二鷹三茄子)

DSCN0004.JPG.jpeg今年も、米子水鳥公園では、お正月(元旦~三日)に入館された方のために、特別企画を実施します。
 今回は、「米子水鳥公園で初夢占い!」と題して、
入館した方が「ドングリコマまわし大会」に参加していただくと
コマのまわっていたタイムによって、
特製缶バッチ 1.(伯耆)富士・2.鷹(オオタカ)・3.(キンクロ)ナスビ
のいずれかをプレゼントします。奮ってご参加下さい。

2008年12月14日 19:49 カテゴリー: 普及啓発 , 特別企画

子どもラムサールクラブ「お気に入りのカモのブローチを作ろう!」

今日の子どもラムサールクラブは、カモ類の観察をじっくり行ってお気に入りのカモを見つけました。

CIMG0165s.jpg はじめに、カモの観察ポイントのお勉強。カモのパズルを使って、体の各部の観察の練習をしました。






CIMG0176s.jpg 次に、実際にカモを観察して、塗り絵に模様をつけました。お気に入りのカモは見つかったかな?






CIMG0203s.jpg お弁当を食べた後、プラスチック粘土でお気に入りのカモを作りました。固くてポロポロの粘土をこねるのにみんな大苦戦!
 




CIMG0205s.jpg 形が出来たらオーブンで焼き上げます。焼きあがったら裏にブローチピンを接着し、色を塗って完成ですが、色を塗る前に時間切れになってしまいました。残念!
 解散後に、一部の子は居残って最後まで仕上げました。お気に入りのカモが印象に残ってくれたら嬉しいです。

2008年12月14日 19:10 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

第14回米子水鳥公園「水鳥の絵画コンクール」作品募集

swan of Hayashibara.jpg今年で14回目となりました米子水鳥公園絵画コンクールの作品を募集します。小学生の皆さん、ふるってご応募下さい!






対象:小学生。住所は問いませんが、米子市外の方は米子水鳥公園まで送付ください。
募集:平成21年1月21日まで審査:2月中に実施。展示期間中の来園者による投票も加点になります。
展示:平成21年2月1日(日)~2月28日(土)応募作品すべてを米子水鳥公園に展示します。
問い合わせ:米子水鳥公園・絵画コンクール係まで
 
 
 
 
※このイラストは、第13回コンクール優秀作品に選ばれた林原優仁くんの作品です。

2008年12月10日 16:00 カテゴリー: 普及啓発

第一回 自然こども自由研究報告会

bCIMG9965.JPG.jpeg 本日は、第一回の自然こども自由研究報告会を実施しました。
 米子市の子ども達による夏休みの研究発表のうち、自然に関する11題についての発表がありました。生き物の不思議やラムサール条約など幅広い報告で、皆さんとても上手に発表してくれました。


 また、先日、韓国でのKODOMOラムサールに参加したメンバー5名も、「KODOMOラムサールin韓国参加報告」と題して発表しました。

本日の鳥:
コハクチョウ 200羽
マガン 460羽 ねぐら入り(17:00~17:30)
クロツラヘラサギ 1羽
など。

2008年11月30日 12:44 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育 , , 鳥情報

ソロプチミストスワン米子絵本の会

BDSCN0011.JPG.jpeg
今日は、地元の婦人団体の記念すべき


10回目の読み聞かせ会でした。





BDSCN0015.JPG.jpeg新たに七冊の本も寄贈いただきました。

2008年11月21日 19:32 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

わくわく地元中学校最終日 ペンキ塗り

bCIMG9510.JPG.jpeg米子水鳥公園は、木造の建物で自然の風合いがたっぷりですが、
時間経過と共に劣化が進みます。
 建物を守るためには、ペンキを塗る必要があるのですが、
予算経費とも充分でない為、職員自らペンキを練ったりしています。
今回は、後藤中学の皆さんにがんなぱっさてもらいました。
少し、環境に貢献できたでしょうか?

2008年11月15日 09:50 カテゴリー: 普及啓発

今年度3校目の職場体験学習スタート!

 米子水鳥公園では、地元の中学校3校の職場体験学習を受け入れています。今日から、今年度3校目の職場体験学習が始まりました。参加者は、地元の中学二年生男子5名です。
 
 今日の仕事は、「鳥パズル作り」です。パズルで遊びながら野鳥の姿や特徴を学べる教材として、子ども達に人気の展示物です。今年も一人1種類で計5種類の鳥パズル作りに取り組みました。

CIMG9424s.jpg はじめに鳥の種類を選んでデザインを決めます。パズルの下絵を描いて担当職員のチェックを受けます。なかなかOKが出ないので、生徒からは「もう無理~!」の声も。




CIMG9447s.jpg 鳥パズルのデザイン。なかなか難しそうなパズルになりそうですね。







CIMG9448s.jpg デザインが仕上がったら、いよいよ板に下絵を転写して、電動糸のこ盤で切り抜き作業。思うように切断方向をコントロールできず、切りたくないところまで切ってしまったり、のこ刃が次々と折れました。でも、いつの間にか刃が折れなくなり、生徒達は上手に糸のこ盤を使いこなしていました。

CIMG9453s.jpg 切り抜きが終わったら、切断面の角を紙やすりで滑らかにします。今日の作業はここまで。続きは木曜日に行う予定です。どんなパズルを仕上げてくれるか楽しみです。

2008年11月10日 21:59 カテゴリー: 普及啓発

自然観察会「落雁を観よう!」

DSCN0010B.JPG.jpeg本日の観察会は、落雁を観よう!!

ところが大変!!観察会というのに
観察会開始5分前にマガンの群れが公園に
帰ってきてしまいました。

偶然にも今日の参加者の皆さんは、
早めに公園に来ていただいていて
無事にご紹介することが出来ました。
222.jpg改めて、自然の観察は、思うように
行かないものですね。

今日の落雁の様子


2008年11月 9日 19:53 カテゴリー: マガン , 普及啓発 ,

子どもラムサールクラブ「粟嶋を探検!」

 今日のラムサールクラブは、水鳥公園から隣の粟嶋神社までを歩きながら秋の自然観察をしました。

CIMG9366s.jpg 水鳥公園のとなりにある水路でバードウォッチング。「あのカモはなんだろう。ヒドリガモかな?」 
 粟嶋神社の森で、不思議な葉っぱを発見。葉っぱに奇妙な模様を描いたのは誰?



CIMG9380s.jpg 今日は彦名・水鳥ふれあいウォーキング大会も同時開催していて、粟嶋神社前では炊き出しが行われていました。「ご飯と豚汁がおいし~い!





 CIMG9386s.jpg水鳥公園に戻ってから、今日の自然観察で一番印象に残った生き物のカルタ(川柳)を描きました。この子は、奇妙な葉っぱの川柳を書きました。専門家のお姉さんから、「ハモグリバエのしわざだよ」と教えてもらいました。



CIMG9414s.jpg

2008年11月 9日 19:51 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

彦名・水鳥ふれあいウォーキング大会開催!

BDSCN0032.JPG.jpeg
今日は、第13回の彦名・水鳥ふれあいウォーキングてじた。

地元から300人を超える人々に集まっていただきました。




BDSCN0022.JPG.jpeg彦名の粟嶋神社の前をとおり
米子水鳥公園周辺の彦名干拓を歩きました。






BDSCN0066.JPG.jpeg終わったあとは、恒例のイモ汁です。

2008年11月 9日 19:47 カテゴリー: 普及啓発

ラムサール締約国会議で水田決議!

IMG12.JPG.jpegラムサール条約締約国会議
COP10 で水田の重要性を
アピールする展示
韓国チャンウォン市CECOにて





今回の締約国会議で、注目度が高かった議事は、水田決議です。

これは、今回の締約国会議が二回目のアジアでの開催。そして、
アジアを代表する湿地として水田があるということから
もっと水田の環境保全、生物多様性、食料生産能力、
環境との共生性などに注目しようという決議です。
日本と韓国政府が共同で提案し、11月4日に受け入れられました。
この提案には、日本と韓国の多くのNGOも参加しています。
身近な水田は、湿地とは思わないかもしれませんが、
ハクチョウが餌場にしたり、タガメやメダカの生息地となっている
立派な湿地です。しかし、日本では、米の消費量が減少して
田んぼが必要なくなりつつあります。
このまま、田んぼ文化を失ってしまわないように、
お米を食べるようにしたいものです。
ずいぶん身近な環境保全といえるでしょう。


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20081104-OYT1T00605.htm
水田決議 和訳
http://www.tani-hiroyuki.com/pdf/reponsuidenreso.pdf
他のコメント
http://tojiblo.asablo.jp/blog/2008/11/04/3878466

2008年11月 6日 08:17 カテゴリー: ラムサール条約 , 国際交流 , 普及啓発

バードカービング展&フェザーカービング展開催!

 今日からバードカービング展「水鳥公園で生まれた木鳥たちⅣ」とフェザーカービング展「あなたにも作れる!フェザーカービング」を開催しています。

CIMG9050_s.jpg 今にも動き出しそうな鳥の木彫りを、お客さんたちは興味津々で見入っていました。
「これ、全部木で出来てるんですか?信じられな~い!」




CIMG9051s.jpg スロープの壁面には、フェザーカービングの作品がずらりと並んでいます。本物そっくりな仕上がりと芸術品としての美しさにお客さんはみんな感心していました。




 バードカービング展は、11月9日(日)15:00までの九日間限定ですので、この連休中のご鑑賞がお勧め。なかなか観られない芸術品ですよ!
 フェザーカービング展は、新年1月9日(金)15:00までの長期展示です。展示期間中、フェザーカービングの製作体験講座が11月16日(日)、24日(月・祝日)の二日間開催されますので、どうぞご応募下さい。小学校高学年以上~大人向けです。

2008年11月 1日 18:43 カテゴリー: 展示 , 普及啓発

レンジャー日記「2008年10月31日」

今日は、いろいろな鳥が近くで観察できた日でした。

CIMG8920_s.jpg 普段はネイチャーセンターから500mくらい先にいるオオヒシクイが、300mくらいまで接近。現在水鳥公園でみられるオオヒシクイ4羽は、マガンよりもコハクチョウと一緒にいるほうが好きなようです。



CIMG8937_s.jpg 毎日姿を見かけるカワセミですが、今日はネイチャーセンター前でじっと止まってくれました。いつも望遠鏡を向ける前に逃げてしまうのに、今日はじっくり姿を見せてくれました。




IMG_6640_s.jpg 昨日飛来したクロツラヘラサギも、今日はネイチャーセンター正面にやってきてくれました。望遠鏡が無くてもはっきり見える至近距離。米子水鳥公園は、日本一近距離でヘラサギ類を観察できる場所です(自称)。今日も10センチくらいのフナを何匹も捕まえて食べていました。

CIMG8953_.jpg 夕方から、バードカービングの展示作業を行いました。明日から9日(日)まで、バードカービング展「水鳥公園で生まれた木鳥たちⅣ」を開催。さらに、明日から来年1月9日(金)までフェザーカービングの作品展を開催します。是非ご覧下さいませ!

2008年10月31日 18:55 カテゴリー: オオヒシクイ , カワセミ , クロツラへラサギ , 展示 , 普及啓発 , , 鳥情報

KODOMOラムサールin 韓国 Daewon小学校と交流

DSC05425b.jpgKODOMOラムサール二日目は、Daewon小学校
、豊岡市のチームと琵琶の滋賀県のチーム、そして
米子からの中海チームの四団体が集まり交流会をしました。
みんなあっという間に仲良くなって、どこのチームのメンバーか
区別がつきません。

DSC05410b.jpg
米子の中海チームは、汽水の七珍味などについて紹介しました。
 
中海のメンバーは、
大人たちが守ってくれた汽水環境を私たちも残してゆきたいと発表しました。




DSC05491b.jpg
午後は、チャンニョンに移動し、
ウーポ沼を見学しました。
ウーポは、韓国の原生の自然を
残した貴重な沼です。
 オオヒシクイや、カモなどたくさんの鳥たちを観察しました。
 
 
 
 
韓国チャンウォン市にて
 

2008年10月27日 23:37 カテゴリー: ラムサール条約 , 国際交流 , 普及啓発

米子市内の小学校で木の昆虫作り

今日は、米子市内の小学校へ行って、木の昆虫作りの先生をしてきました。毎年恒例のお祭りで、木の昆虫作りのほかにも、いろいろな体験教室が催されていました。

CIMG8494s.jpg←まずは、「昆虫」の定義についておさらい。昆虫の体の特徴を勉強して、正しく昆虫を作りましょう!






CIMG8506s.jpg← 昆虫作り開始。どうやったらうまく作れるかな~!







CIMG8502s.jpg←おとうさん、おかあさんと一緒に昆虫作り。初めて使う道具ばかりですが、みんな上手に使いこなしていました。






CIMG8533s.jpg←おとうさんといっしょにかっこいいノコギリクワガタが完成しました!







この企画には5年ほど前から講師派遣を対応していますが、毎年面白い作品が誕生するので、児童達の豊かな感性に驚かされます。今年も傑作がたくさん生まれ、皆さん満足そうでした。

2008年10月26日 17:01 カテゴリー: 普及啓発

小学生の調べ学習

今日は地元小学校の4年生が、水鳥公園で調べ学習に取り組みました。テーマは、「米子水鳥公園」「ラムサール条約」「コハクチョウ」の三つ。各テーマごとに班で分かれて、各テーマについて調べました。

CIMG8354s.jpg←ネイチャーセンターで資料探しに駆け回る児童たち。 







CIMG8348s.jpg←米子水鳥公園について調べている児童たち。米子水鳥公園ってどんなところだっけ?













CIMG8375s.jpg←ラムサール条約班は、屋外で水質調査に挑戦。中海の水温、におい、COD、透視度を測りました。

2008年10月20日 17:41 カテゴリー: コハクチョウ , ラムサール条約 , 普及啓発 ,

ビーズトンボを作ろう!

CIMG8321s.jpg今日は、毎月開催している手作り自然教室の日。今日のテーマはビーズトンボ作りです。

←ビーズトンボの説明。




CIMG8325s.jpg← 今日はとてもお天気が良く、コハクチョウも目の前に集まっていたので、はじめに野鳥観察をしました。






CIMG8331_s.jpg←いよいよビーズトンボ製作開始。ワイヤーにビーズを通して、実物大のトンボを編み上げていきます。






CIMG8335s.jpg←お母さんが頑張って作ったビーズトンボをつけて、はい、ポーズ!














CIMG8337s.jpg←これはビーズで作ったアオモンイトトンボです。とても上手に出来ました!







来月は、二日間かけてフェザーカービング(木彫りの鳥の羽)を作ります。興味がある方は是非お申し込み下さいませ。講師や経験者がとても親切に教えてくださるので、工作が苦手な方でもご安心下さい。

2008年10月19日 17:29 カテゴリー: 普及啓発

米子高専建築科の授業

DSCN0007b.JPG.jpeg 今日は、米子高専建築科の学生がアダプトプログラムでゴミ拾いをした後に、水鳥公園で校外講座を受講しました。
 前回は、米子水鳥公園に展示する椅子を作ってくれたのですが、今回は、水辺に美術館を設計するというテーマで、水辺の環境についての学習会が行われました。


DSCN0023b.JPG.jpeg 水鳥公園からは、指導員が中海の自然と、米子水鳥公園の設計理念、自然との調和策について講義しました。
山陰中央新報2008.11.11





DSCN0027b.JPG.jpeg この講義を踏まえて、どんな美術館の設計ができるのか楽しみです。







http://www.sanin-chuo.co.jp/edu/modules/news/article.php?storyid=507000068

山陰中央新報2008.11.11

2008年10月10日 18:16 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発

ゴズを釣って食べました!

昨日は、毎月恒例の子どもラムサールクラブの日でした。今回は、島根県とホシザキグリーン財団さんとの共催で「ラムサール条約と賢明な利用を語る会」を開催しました。

CIMG8002s.jpg午前中は、水鳥公園のそばの承水路(中海)でゴズ釣り。マハゼ(ゴズ)、ウロハゼ、チチブ、ヒイラギ(エノハ)、ボラが釣れました。






CIMG8016s.jpg釣れたゴズ(左)。右はウロハゼ。どちらもとってもおいしい中海の幸です。







CIMG8031s.jpg昼食は、ゴズのてんぷらと宍道湖のシジミ汁、おにぎりです。見かけに似合わずおいしかったゴズに、こどもたちもびっくり。もちろん、1尾残らず完食。





IMG_6013s.jpg午後は、中海・宍道湖でどんな遊びがしたいか、そのために何が必要かをこども達に遠慮なく発言してもらいました。「泳ぎたい」「透明な海底トンネルを作ろう」など、たくさんの率直な意見がでました。



この企画が、こどもたちにとって、とてもよい思い出になってくれたらいいなと思います。これからもおいしい幸が取れる中海・宍道湖を大切にしなければいけませんね。

2008年10月 6日 14:19 カテゴリー: ラムサール条約 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

島根大学の校外学習

CIMG7780s.jpg今日は、島根大学の学生が汽水湿地の学習のため来館しました。同大学の先輩である指導員が、後輩の指導を勤めました。
このように、大学内で講義を受けるだけではなく、時には実際にフィールドへ出て、現物を見るということも重要ですね。

2008年9月29日 17:42 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

ビーズトンボを作ってみませんか?

CIMG7741.JPG.jpeg10月19日(日)に、ビーズトンボを作る工作イベントを開催します。
毎月開催している工作企画「手作り自然教室」の10月分です。
水鳥公園にいるアオモンイトトンボ、ムスジイトトンボに加えて、日本最小のトンボ「ハッチョウトンボ」の3種から、好きなトンボを作っていただきます。

トンボの裏側にはブローチピンが付いていますので、帽子や服の胸元などに付けることもできます。

CIMG7745.JPG.jpegアオモンイトトンボの♂。ほぼ実物大です。







CIMG7746.JPG.jpegハッチョウトンボの♂。もちろんほぼ実物大。小さくて可愛いので、アクセサリーとしてもお勧めですよ!






現在、参加者募集中です。
詳しくは、
水鳥公園だより146号http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/dayori.146.pdf
または、
ビーズトンボチラシhttp://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/bizutonbo2008.pdf
をご覧下さい。

2008年9月27日 14:18 カテゴリー: 普及啓発

中学生のボランティア体験学習

IMG_5681s.jpg今日は、地元中学校のボランティア体験学習を行いました。年間三回のうちの2回目です。
今回も前回7月と同様、園内の生き物の生息環境の維持管理作業をしてもらいました。



IMG_5679s.jpg←1年生は、ネイチャーセンターの前の水路掘り。獣が水鳥に近づきにくくするためにお堀を掘っています。






IMG_5675s.jpg←2年生は、メダカ池掘り。メダカや水生昆虫が暮らせる場所を広げる作業です。






IMG_5686s-1.jpg←3年生は、2年生が作った土嚢を池に運んで、島を作りました。水に囲まれて獣が近づけない島は、水鳥たちの大事な休憩場所になります。





次回は、もうコハクチョウがやってきている頃の10月中旬に行う予定です。

2008年9月22日 18:28 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境教育 , 環境管理

大好評!カエル工房in米子水鳥公園

IMG_56257s.jpg今日は、水鳥公園の工作企画で最も人気のある企画「カエル工房in米子水鳥公園」を開催しました。

←超満員の会場。どんなカエルを作ろうかな!



IMG_5643s.jpg←好きな原型を選んだら、ウレタン樹脂を型に流し込みます。「気泡が入らないように注意してね!」






IMG_5658s.jpg←樹脂が固まったら、型から外して色塗りです。形はプロが作っていますので、色塗りの良し悪しで作品の仕上がりが決まります。緑色のアマガエルを製作中。





CIMG7592s.jpg上手に出来たよ!はい、ポーズ!!
カエル以外にも、ヤモリやフクロウのマグネットやキーホルダーが出来ました。

2008年9月21日 18:49 カテゴリー: 普及啓発

小学生が鳥のすみか作りを体験!

IMG_5498s.jpg今日は、 地元の小学校4年生が鳥のすみかづくりを体験しました。
ネイチャーセンター正面の岸辺を、鳥が過ごしやすいように整備する作業に挑戦しました。時々雨が降る中、引率の先生と小学生が、一生懸命鳥たちのために頑張りました!


IMG_5496s.jpg島に生い茂ったヨシを刈り取って、カモやハクチョウがあがって休めるようにしました。






DSCN0005s.jpg岸辺を水路で取り囲んで、獣が入りにくくしました。







IMG_5522s.jpgお弁当を食べたあと、スライドショーで今日の作業の目的をおさらいしました。みんなが汗を流して頑張ったのは、これからたくさんやってくる鳥たちのため。きっとたくさんの鳥たちに喜んでもらえるはずです。

2008年9月18日 17:52 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育 , 環境管理

子どもラムサールクラブ「鳥のくちばし」

今日は、毎月行っている子どもラムサールクラブの日。今日のテーマは、鳥のくちばし。鳥のくちばしの形とはたらきについて勉強しました。

IMG_5353s.jpgまずは野鳥観察。目の前に、アオサギやカルガモ、トウネンなどがいました。色々な形のくちばしがあるね。














IMG_5369s.jpgお天気が良いので屋外でも野鳥観察。中海の湖岸はきもちいいね~。透き通った浅瀬に漂うミズクラゲが人気でした。






IMG_5376s.jpg野鳥観察の後、室内で鳥のくちばしゲームをしました。色々な形のものをつまむには、それぞれ便利な形の道具(くちばし)が必要なんだね!





来月の子どもラムサールクラブはゴズを釣って食べる予定です。お天気が良いといいな~。

2008年9月14日 23:35 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

地元企業の草刈りボランティア

今日は、松下電器産業(株)モーター社の皆様が除草作業のボランティアに集まってくださいました。水鳥公園開園前に60名のボランティアが草刈機や手作業で除草作業を1時間程度行いました。

PICT0632s.jpgいつも鳥が休憩しているところに草刈り機部隊が突入。鳥たちもびっくり。






DSCN0012s.jpg岸辺の草を刈り払うことで、カモやハクチョウたちが天敵に襲われにくい休憩場所となります。






IMG_5212s.jpgネイチャーセンター前は、手作業で雑草を根ごと除去。砂地の岸辺を維持してシギを誘致するのが狙い。






IMG_5243s.jpg除草作業終了後しばらくしてから、ネイチャーセンター正面にヒクイナが現れました。なかなか観察できない珍しい鳥です。ほかにも、カルガモやハクセキレイなどが除草後の岸辺に集まってきました。鳥たちに喜んでもらえたようです。

2008年9月 6日 14:46 カテゴリー: ヒクイナ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理 , , 鳥情報

ダンゴムシレース大会2008終了!

本日の閉館時間をもって、ダンゴムシレース大会2008が終了しました。
参加人数は、のべ311名でした。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
レースの最終成績をお知らせします。
1位 4秒97
2位 5秒91
3位 6秒18
4位 6秒68
5位 6秒80
でした。

CIMG7503s.jpg1位には金バッチと優勝賞品、2位には銀バッチと記念品、3~5位には銅バッチと記念品をプレゼントいたします。おめでとうございます。その他の順位の方からも抽選で10名に記念品をプレゼントいたします。9月上旬中にプレゼントの発送を終えますので、少々お待ちくださいませ。

そして、展示室で公開していました、ヤイロチョウの剥製標本の展示も今日で終わりです。これからは、暗い場所で大切に保管していく予定です。次の展示の機会をお楽しみに。

_2008_.jpg明日からは、コハクチョウ初飛来日当てクイズ2008が始まります。
今年のコハクチョウ初飛来日を予想して、かわいいハクチョウグッズをGETしましょう!
ネイチャーセンター入館者が参加対象で、応募は1回限りです。
たくさんの方のご応募をお待ちしております。

2008年8月31日 18:24 カテゴリー: ヤイロチョウ , 夏休みイベント , 展示 , 普及啓発 ,

夏休みおもしろ講座④館長の特別講演

IMG_5124b.JPG.jpeg米子水鳥公園の夏休み企画の最後を飾るのは、館長による夏休みおもしろ自然講座でした。
米子水鳥公園で高円宮妃を迎えたときの話や、
国際交流事業で韓国からお客さんを迎えたり、
KODOMOラムサールで海外の方と交流したときの様子をスライドショーでご紹介しました。

会場いっぱいのお客さんに来ていただき、今年初めて実施した「おもしろ自然講座」は、盛況のうちに終わりました。

2008年8月30日 19:10 カテゴリー: 国際交流 , 夏休みイベント , 普及啓発

おもしろ講座③メダカの秘密

bDSC05150.JPG.jpegおもしろ講座三回目は、メダカの秘密でした。
 メダカクイズや、メダカすくいをして楽しみました。
参加者の皆さんには、
メダカのいる環境の貴重さが分かってもらえたでしょうか?


bDSC05166.JPG.jpeg

2008年8月16日 17:33 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発 , 環境教育

おもしろ講座②紙飛行機で鳥の飛ぶ仕組みを知ろう!

CIMG7017B.jpg 今日は、夏休みおもしろ自然講座の二回目 「紙飛行機で鳥の飛ぶ仕組みを知ろう!!」 を開催しました。
 滑空する簡単な模型を紙で作ったり、 模型の翼に風を当てて浮き上がる様子を実験したりしました。

 参加者の皆さんは、新しい発見があったでしょうか?

鳥情報:クロハラアジサシ・トウネンなどが飛んでいました。

2008年8月 9日 20:31 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発 , 環境教育

幻の鳥「ヤイロチョウ」の剥製を展示中!

CIMG6775_s.jpg米子水鳥公園ネイチャーセンターでは、8月2日(土)からヤイロチョウの剥製標本を展示しています。
ヤイロチョウは環境省の絶滅危惧種に指定されている希少な鳥で、夏鳥として本州中部以南の山地の広葉樹林に飛来します。鳥取県西部では大山周辺などで記録がありますが、姿を観察することは非常に難しい、幻の鳥です。
 
八色鳥という名のとおり、色鮮やかなその姿は一見の価値ありです。8月31日(日)までの期間限定公開ですので、この機会に是非ご覧下さい。

2008年8月 3日 15:13 カテゴリー: ヤイロチョウ , 展示 , 普及啓発 , 珍鳥

世界でひとつの生き物図鑑完成!

CIMG6824s.jpg三日間かけて作る生き物図鑑は、今日が最終日。今日は野鳥の図鑑を作りました。

←望遠鏡で鳥を観察。ネイチャーセンターの前には、カルガモやカワウ、コサギなどがいました。



CIMG6834s.jpg
←白紙の図鑑用紙に、自分が観察した生き物のスケッチや特徴などを書き込みます。
 





CIMG6838s.jpg←完成した生き物図鑑。三日間かけて水鳥公園のいろいろな生き物を観察した努力の結晶です!

今年度の財団主催の生き物図鑑作りはこれで終わりですが、団体でご要望があればいつでも出来ます。ご希望の際にはお気軽にご相談ください。

2008年8月 3日 15:04 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発 , 生き物

世界で1つの生き物図鑑作りで大発見!

DSCN0015s.jpg8月1日~3日にかけて、世界で1つの生き物図鑑作りを開催中です。昨日は陸上生物、今日は水生生物、明日は野鳥を観察して図鑑に書き込みます。
←はじめに魚の体のつくりをお勉強。




CIMG6793s.jpg
←次に、いよいよ採集道具を持って野外へGO! 
さあ、何が捕まえられるかな?






CIMG6814s.jpg
←次に、いよいよ採集道具を持って野外へGO! 
さあ、何が捕まえられるかな?






CIMG6823s.jpg←今日一番の大発見。水鳥公園でヤマトシジミが捕れました!開園以来初めての記録です。






明日はいよいよ最終日。表紙、目次などを付けて製本し、図鑑を仕上げる予定です。今年も立派な図鑑がたくさん出来そうな予感です。

2008年8月 2日 15:34 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発 , 生き物

タガメの展示を始めます!

CIMG6728s.jpg以前、水鳥公園にタガメが持ち込まれたことをご紹介しました。







http://nakaumi.blogspot.com/2008/07/blog-post_23.html

この度、このタガメを水鳥公園で展示させていただくことになりました。
採集した方が今日、水鳥公園に譲ってくださったのです。

体長7センチ近くにもなる巨体は、水生昆虫の王者の貫禄たっぷりです。環境省の絶滅危惧種に指定されていて、なかなか姿が見られない貴重な生き物です。観察ホールの水槽展示コーナーにいますので、是非観に来てくださいね!

2008年7月31日 18:48 カテゴリー: 展示 , 普及啓発 , 生き物

ダンゴムシレース2008途中経過その2

7月も最後の日となり、いよいよ夏休みも中盤戦に突入ですね。
さて、今日現在のダンゴムシレースの状況をお知らせします。
エントリー数はのべ97名で、暫定1位は前回同様、6秒80です。以下、15位までの結果は次のとおりです。
6秒91、6秒94、7秒72、7秒75、9秒22、9秒55、9秒75、9秒91、10秒16、10秒98、11秒24、11秒28、11秒46、11秒49
もう11秒をきらないと15位以内に入らない激戦となっております。6秒80を上回る猛者は現れるのか!

CIMG6726s.jpg←ただいま練習中。幻の最速タイムが連発!でも、本戦では…。







CIMG6725s.jpg←迷路を歩くダンゴムシたち。公式レースでは、一匹ずつ迷路を歩いてもらいます。






前回の途中経過報告はこちら!
http://nakaumi.blogspot.com/2008/07/2008_26.html

2008年7月31日 18:32 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

ダンゴムシレース2008途中経過

_2008_s.jpgダンゴムシレース大会2008の途中経過をお知らせします。

現在までに、のべ56名がエントリーしていて、暫定1位が6秒80です。以下、15位までの記録:6秒94、7秒72、7秒75、9秒22、9秒55、9秒75、9秒91、11秒28、11秒46、11秒49、11秒57、11秒77、11秒80、12秒22
もう昨年の優勝タイムに迫る記録が出てきています。
まだ夏休みはこれからです。多くの皆様のエントリーをお待ちしております!

2008年7月26日 18:05 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

とっとり花回廊で昆虫採集!

P1330993s.jpg今日は、とっとり花回廊さんに昆虫採集会の講師として招かれました。緑がいっぱいのとっとり花回廊で、子どもたちと一緒に昆虫採集をしてきました。
←こんなところにクワガタムシとかがかくれているんだよ!
←昆虫採集の後は、採れた虫の種類や見分け方などをご説明しました。
ショウリョウバッタとオンブバッタの違P1340003s.jpgいは?
コクワガタとスジクワガタの違いは?


猛暑のせいか、思ったよりも昆虫が少ないように感じましたが、それでも立派なノコギリクワガタやミヤマクワガタ、ウスバカミキリ、ホシベニカミキリなど20種類以上の虫が見つかりました。
水鳥公園では、このように自然観察会や、工作教室、講演などに講師の派遣も対応しています。どうぞお気軽にご相談下さい。



2008年7月26日 16:40 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

水辺のわくわく学校(ビオトープ)の整備作業

今日は、地元企業の「美保テクノス」さんが、水辺のわくわく学校の整備をボランティアでしていただきました。

bCIMG6615.jpg整備前(ガマが生い茂って水面が見えない)







bCIMG6639.JPG.jpeg整備後(水面のガマが無くなり、トンボが飛び回るようになりました。)







b58.JPG.jpegウシガエルやメダカがたくさん泳いでいるのが見えるようになりま した。
水辺のわくわく学校は、旧米子水鳥公園トンボ池を、2002年に地元企業や市民との協働で再整備したものです。

2008年7月26日 12:08 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

米子水鳥公園にタガメ!?

CIMG6473b.JPG.jpeg
夏休みに入ると米子水鳥公園には、いろんな生き物を持った子供たちがやってきます。
 今日はそんな中に、何とタガメ(メダカの書き間違いではありません。)を持ってきた子がいました。
「お母さんがスーパーの照明の下で捕まえた。」とのこと、カブトムシみたい・・・
 近年環境が良くなったのか、それとも優れた自然が残っているのか?
湿地に携わる者として、「水生昆虫の王様」に出会えて、ちょっと感動してしまいました。
ちなみに、米子水鳥公園周辺は汽水の環境なので、タガメは生息しないようです。

2008年7月23日 18:42 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

ちびっ子ボランティアが活躍!

CIMG6462s.jpg最高気温35度という猛暑の中、地元の小・中学生が自主的に水鳥公園にやってきて、「メダカ池を掘りたい!」と申し出てくれました。
この時期、雨がしばらく降らないと、園内のメダカ池が干上がってしまいます。そのため、なるべく干上がりにくいように、池を深く掘る必要があります。
メダカ池の生き物を守るため、4人の子どもが汗を流してくれました。きっとメダカ池の住民たちも喜んでいることでしょう。拍手~!!

2008年7月21日 15:44 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

自然観察会「メダカを探そう!」開催!

CIMG6444s.jpg今日は海の日!海の日らしい猛暑で海に飛び込みたくなる天気でしたが、水鳥公園ではメダカの観察会を開催しました。
←まずは、メダカ捕り。いつもは入れない、水鳥の聖域に入ってメダカ捕りをはじめましたが、なかなか捕まえられません。目の前には、メダカの大群が泳いでいるのに~!

CIMG6449s.jpg←あれこれと試行錯誤しているうちに、メダカが捕れるようになってきました。やったね!






CIMG6455s.jpgメダカを捕った後は、ネイチャーセンターでメダカクイズに挑戦。捕まえたメダカをよ~く観察して、5問のメダカクイズに答えました。
クイズが難しくて全問正解の人はいませんでしたが、もうちょっとの子が数名いました。今日、この観察会に参加した人は、みんなでメダカ博士になれた!かな?

2008年7月21日 15:33 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

ダンゴムシレース大会2008開幕!

CIMG6407s.jpg今日から夏休み!ということで、米子水鳥公園も夏休みイベントが始まりました。

夏休み期間中、いつでも参加できる企画は「ダンゴムシレース大会2008」です。早速最初のエントリーがありました。記録は40秒00。現在の暫定トップです。今後、どこまで記録が伸びてくるCIMG6408s.jpgか、楽しみです。


←現在、レース参加中のダンゴムシ♀(赤丸内)。A4サイズくらいの広さの迷路で、スタート地点からゴールを目指します。

2008年7月19日 10:44 カテゴリー: 夏休みイベント , 普及啓発

カルガモの第二次ベビーブーム?

連日暑い日が続いておりますが、米子水鳥公園の鳥たちは気持ちよさそうに水面を泳いでいます。

IMG_4847s.jpg6月に見ごろを迎えたカルガモの親子ですが、今、再び見ごろを迎えております。カルガモの第二次ベビーブームといった感じです。

←こちらの親子はヒナが9羽。お母さんと一緒にお昼寝。


IMG_4871s.jpg←こちらの親子は、ヒナが6羽。お母さんと一緒にお散歩中。







6月に産まれた雛たちは、もう母親と区別がつかないくらい立派に成長しました。翼がまだ生え揃っていませんが、体はお母さん並みの大きさです。今見ごろを迎えているヒナは生後1週間前後だと思います。雛の成長は早いので、お早めにかわいい雛に会いに来てください。

明日から夏休みです。米子水鳥公園ではたくさんの楽しいイベントをご用意しております。是非、親子で遊びに来てくださいね。

水鳥公園の夏休みイベント情報はこちら!
http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/dayori/dayori.144.pdf

2008年7月18日 18:22 カテゴリー: カルガモ , 夏休みイベント , 普及啓発 , , 鳥情報

子どもラムサールクラブ「メダカを捕まえよう!」

CIMG6148s.jpg昨日、毎月一回活動している「子どもラムサールクラブ」を開催しました。テーマは、「メダカを捕まえよう!」。水鳥公園の水生生物を捕まえて、同じ仲間同士にまとめてみて、生き物の分類をしてみました。
←ふだんは入れない場所でメダカ採り!タモの中をのぞきこんで「あ!とれてる!」
CIMG6172s.jpgお弁当を食べたあとで、捕まえた生き物を同じ仲間同士にまとめて整理。
←これとこれはおなじだよね?え、ちがうの??





CIMG6184s.jpg←今日の成果。たくさんの生き物が見つかりました!







最高気温34度だった中、子ども達は元気に生き物採集と観察をしていました。午後の生き物の分類はたくさんのお話を聞いてむずかしかったけれども、みんなお話しに聞き入ってメモしていました。子ども達を指導した学校の先生や大学生の皆さんが、長時間のお話でも集中力が切れない子ども達の熱心さに、とても関心していました。

2008年7月14日 17:46 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

今年もやります!ダンゴムシレース大会2008

CIMG6045.JPG.jpeg昨年の夏休みに開催して好評だった「ダンゴムシレース大会」を今年も開催します。

園内でダンゴムシを捕まえてきて、ネイチャーセンター内の特設迷路「ダンゴムシスタジアム」のスタート地点に入れます。そして、スタートからゴールまでの時間を競います。
1日1回のエントリーでどなたでも参加できます。参加者には記念品として水鳥公園特製のダンゴムシ缶バッチ(写真)をプレゼントします!
 
開催期間は7月19日(土)~8月31日(日)まで。大会終了後、優勝者と上位成績者、その他抽選で選ばれた方に賞品をプレゼントします。奮ってご参加ください。
 
 
※鳥情報:6月29日に飛来したソリハシセイタカシギ1羽は、7月3日を最後に姿を消しました。

2008年7月 5日 13:40 カテゴリー: ソリハシセイタカシギ , 夏休みイベント , 普及啓発 , , 鳥情報

子ども達のボランティア

CIMG6025b.JPG.jpeg 米子水鳥公園には、この時期多くの子どもたちがボランティア作業にやってきます。
 今日は、地元の小学校と中学校がそれぞれ作業に訪れ、6班に分かれて鳥のためのごみ拾いや島作り等の作業を行いました。

2008年7月 3日 12:21 カテゴリー: ボランティア , 普及啓発 , 環境教育 , 環境管理

地元小学校で出前授業をしました

DSCN0001s.jpg今日は、地元小学校に出向きまして、総合学習の授業をしました。テーマは、「米子水鳥公園について」。4年生の総合学習で、米子水鳥公園やラムサール条約など、地元の湿地環境について学習する授業です。
はじめに、水鳥公園が出来た経緯やどんな鳥がいるのかなど、水鳥公園の概要について説明しました。
DSCN0006s.jpg次の時間は、班毎に自分たちが理想とする水鳥公園作りをしました。模造紙に自由に池を書いて、その中にネイチャーセンターや道路、生き物などをレイアウトしました。グループワークを通して、水鳥公園に必要な要素を学んでもらうことがねらいです。


今回は、水鳥公園が受け持つ5回の授業のうちの1回目です。これからの学習で、水辺環境についての理解を深めてもらえるように頑張りたいと思います。

2008年6月23日 14:38 カテゴリー: ラムサール条約 , 出前講義 , 普及啓発 , 環境教育

雨の日はカタツムリの観察会

DSC03390b.JPG.jpeg
いよいよ山陰地方も梅雨に入りました。
こんな季節にぴったりの企画として、講師に島根大学の大学院生をお招きして
カタツムリの観察会を行いました。
 米子水鳥公園の中は、あまり観察されないので、近くの粟嶋神社まで出かけました。

DSC03384b.JPG.jpegうっそうとした照葉樹林の話の中に
サンインマイマイやイズモマイマイ、ウスカワマイマイなどが観察されました。
 

←サンインマイマイ

2008年6月22日 15:15 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

米子市環境フェアーでバードコールを作りました!

今日は、米子市児童文化センターで「米子市環境フェアー2008」が開催されました。米子水鳥公園は、「バードコールを作ろう!」という工作コーナーを出展しました。
バードコールとは、鳥の鳴き声そっくりな音を鳴らせる道具で、うまく使えば鳥が近づいてきます。

CIMG5040s.jpgぶつ切りにした木の枝にドリルで穴を開けます。電動ドリルの威力に子ども達はおっかなびっくり。













CIMG5010s.jpgぶつ切りにした木の枝にドリルで穴を開けます。電動ドリルの威力に子ども達はおっかなびっくり。






CIMG5025s.jpg最後に、ボルトに紐を通して完成!
いい音が鳴ってみんな目を輝かせていました。






バードコールは簡単に作れますが、その取り扱いには注意が必要です。
小鳥の繁殖期に野外でバードコールをむやみに鳴らすと、小鳥の繁殖を妨げてしまう恐れがあります。使うのは秋から冬にかけての寒い時期だけにして、使うときも控えめにしましょう。
 
バードコールについて感心がある方は、どうぞ米子水鳥公園までお尋ねください。

2008年6月15日 17:25 カテゴリー: 普及啓発

ペンキ塗りました!

bCIMG3732.JPG.jpeg
米子水鳥公園ネイチャーセンターは、
リサイクルや、廃棄のことも考え地元県産材で建築されています。
しかし、風合いがよいのですが、時々ペンキを塗って痛まないようにメンテナンスが必要です。
 全面的な塗りなおしをしたいのですが予算も無く、自分達で出来る範囲を塗っています。
 今日は、職場体験の子ども達と一緒にスロープにペンキを塗りました。なかなかの出来栄え。子ども達には、環境への配慮の実践がいかに大変か、少し理解してもらえたでしょうか?

2008年5月15日 18:06 カテゴリー: 普及啓発

愛鳥週間記念企画「鳥のブローチを作ろう!」

今日から愛鳥週間です。愛鳥週間を記念して、お気に入りの鳥のブローチを作るイベントを開催しました。一月くらい季節が逆戻りしたような寒空の中、15名の方が参加してくださいました。
NHK米子放送局も取材にいらっしゃいました。今日のお昼のニュースと夕方のニュースに放送されるそうです。

CIMG3578s.JPG.jpegまずは、お気に入りの鳥探し。窓の外には、ハシビロガモ、オグロシギ、アオアシシギ、コガモなどが目の前に集まっていました。
 




CIMG3595s.JPG.jpeg樹脂粘土で鳥を作り、オーブンで焼いて固めました。「まだあっち~い!」







CIMG3602s.JPG.jpegうまく焼けたら、アクリル絵の具で彩色。ただいま、カルガモの彩色に挑戦中。「白が最初で、黒が最後!」













CIMG3610s.JPG.jpeg色が塗れました!この子が作ったのはコガモ。ラッカーをかけてから裏面にブローチピンを接着して完成です。
 
他にも、キンクロハジロ、ハシビロガモ、マガモ、トビ、カワウ、オグロシギ、カルガモ、ミツユビカモメのブローチが完成しました。

鳥のブローチ作りは大変好評で、また開催したいと思います。これからも楽しいイベントをどんどん企画していきますので、イベント情報のチェックをお願いいたします。

2008年5月10日 13:15 カテゴリー: 普及啓発

米子水鳥公園一周ガイドウォーク

bIMG_3965.JPG.jpeg
今日は、ゴールデンウィークの「緑の日記念」

米子水鳥公園一周ガイドウォークをしました。

春の日差しの中、35名の方に参加していただきました。

春の花がたくさん咲いていてとてもきれいでした。
一面のコメツブツメクサ

2008年5月 5日 16:43 カテゴリー: 普及啓発 , 環境教育

こどもの日

こどもの日の今日は、すっきりとしない空模様。それでも、水鳥公園には多くの家族連れがいらっしゃいました。



DSCN0009s.jpg_.JP965G.jpeg















今日のイベントは、こどもの日記念企画「どんどん昇る鳥のおもちゃ作り」を開催しました。二本のひもを交互に引っ張るとスイスイと上に上っていく鳥のおもちゃを作りました。自分が作ったおもちゃがうまく昇るのが確認できると、皆さんから歓声が上がりました!

CIMG3420s.JPG.jpegいつでも参加できる企画「鳥の帽子を作ろう!」も大好評。お昼頃を中心に、参加者が多く集まってくれました。







DSCN0022s.JPG.jpegゴールデンウィークも明日で終わりです。是非、米子水鳥公園にも遊びに来てくださいね。



















2008年5月 5日 14:10 カテゴリー: 普及啓発

「中海の環境を子どもと語る会」を開催

SIMG_2638.JPG.jpeg2008年2月23日に、米子水鳥公園視聴覚室で今年の彦名地区と中海国際交流基金財団が行った事業の報告会をしました。大人も子どもも発表する形式で、環境に関係する海外との交流や活動についての報告を行いました。



中海財団からは、昨年夏に行った日・中・韓子供湿地交流
http://nakaumi.blogspot.com/2007/07/blog-post_26.html
先週実施したKODOMOラムサールの参加報告
http://nakaumi.blogspot.com/2008/02/kodomo.html
毎年行っている彦名・水鳥ウォーキング大会などの報告をしました。
http://nakaumi.blogspot.com/2007/11/blog-post_04.html

多くの活動が、彦名地区でなされていることに未来を感じる会でした。

2008年2月24日 10:56 カテゴリー: 国際交流 , 普及啓発

世界湿地の日記念イベント開催!

IMG_2383s.jpg2月2日の世界湿地の日を記念して、湿地の重要性を見直す記念企画を開催しました。テーマは、「色粘土で湿地の生き物を作ろう!」。

はじめに、湿地の生き物のカードを用いて、生き物同士のつながりについて考えました。

CIMG0261s.jpg次に、観察ホールから湿地の生き物を観察。お気に入りの湿地の生き物を探します。今日はコハクチョウとオナガガモがいっぱい見られました。





CIMG0283s.jpgお気に入りの湿地の生き物が見つかったら、粘土で製作開始。粘土に絵の具を混ぜてつくりました。






CIMG0296s.jpgコハクチョウを製作中。








CIMG0307s.jpg皆さんが好きな湿地の生き物達がたくさん完成しました。私達の宝物である湿地の大切さを見直すきっかけになったら幸いです。





過去の世界湿地の日イベントに関する記事はこちら。
http://nakaumi.blogspot.com/2008/02/blog-post_08.html

2008年2月17日 16:50 カテゴリー: ラムサール条約 , 国際交流 , 普及啓発

マガンがやってきた!

本日、米子水鳥公園にマガンがやってきました。
秋の深まりを告げる「初雁」です。

DSCN0061s.jpg
今年は、成鳥2羽と幼鳥6羽。去年より4日早い到着となりました。
今日の夕方のニュースで紹介されたほか、
明日の新聞各紙地方版に紹介される予定です。





つぎは、いよいよコハクチョウですね。

2007年10月 3日 20:15 カテゴリー: 普及啓発 , , 鳥情報

米子水鳥公園 ラムサール子どもクラブ 貝の標本

bIMG_4858.JPG.jpeg
今日の子どもラムサールクラブは、以前紹介した貝の化石(?)堀りにいきました。







bIMG_4883.JPG.jpeg
掘り出した貝を洗いました。(昔はこんな大きなアカガイがいたんですね。)







bIMG_4902.JPG.jpeg
整理








bIMG_4911.JPG.jpeg











同定して、ラベル(日付・種名・採集場所・採集者)をつけて標本にしました。
みんな、昔の中海は、これほど貝がすんでいたことに驚いたようです。

2007年6月10日 17:53 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

世界湿地の日のイベント

wwd2007-japan-poster.jpg
ラムサール条約が作られた日、2月2日が世界湿地の日とされており、世界中で湿地に関するイベントを行なっています。
今年は、米子水鳥公園では、「ぐるぐるアート」という、湿地に感謝する言葉で絵を描くイベントを行ないました。その様子をスイスの事務局に報告したところ、以下の事務局のホームページに掲載されました。
http://www.ramsar.org/outreach_campaigns.htm>  
>広報教育普及啓発(CEPA)の「キャンペーン」を活用しよう、というセクションになります。

また、2007年のクイズ大会の様子は、 下記の5-9ページ
http://www.ramsar.org/wwd/7/wwd2007_rpts_japan_ministry.pdf

2006年の様子は、以下のページで報告されています。
>http://www.ramsar.org/wwd/6/wwd2006_rpts_japan.htm

2007年5月23日 23:07 カテゴリー: ラムサール条約 , 普及啓発

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー