水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

北へ去る?

先週の日曜日まで、ネイチャーセンターの目前にやって来て、来館者の目を楽しませてくれた
コハクチョウ・ヘラサギ・クロハラアジサシがいません。
先日まで150羽いたキンクロハジロもずいぶん減ってしまいました。

今の米子水鳥公園は、オオヨシキリとカルガモばかりです。

2014年5月28日 16:56 カテゴリー: お知らせ

今日はクロハラアジサシの日!

今日も、昨日と同様、暑い一日でした。
昨日はたくさんいたキンクロハジロが大幅に減っていて、ちょっとさびしい風景でしたが、その代わりにクロハラアジサシがサービスしてくれました。

初めは1羽でしたが、観察しているうちに1羽ずつ増えてきて、夕方には4羽になりました。
ネイチャーセンター前浜に繰り返しやってきて、時々杭の上に止まって休憩していました。

kuroharaajisashiIMG_4917s.JPG















杭の上に並ぶクロハラアジサシたち。
一見仲がよさそうですが…。


kuroharaajisashiIMG_5577ts.JPG















誰かがゴカイを捕えると…


kuroharaajisashiIMG_4529ts.JPG


































即、横取りをしようと、追いかけっこが始まります。


hayabusaIMG_4263ts.JPG















久しぶりに現れたハヤブサ。
ただいま換羽中につき、羽毛がボロボロです。
クロハラアジサシを襲わないか心配でしたが、
特に誰も襲わずに中海へ去っていきました。

ヘラサギと翼を傷めたコハクチョウは今日も健在でした。
でも、ヘラサギは近頃一日おきに現れるので、明日は不在かも。

(文・写真:きりぎりす)


2014年5月25日 18:29 カテゴリー: お知らせ , クロハラアジサシ , ハヤブサ

世界湿地の日2014報告が掲載されました

米子水鳥公園で2月に実施した世界湿地の日のレポートが、
ラムサール条約締約国事務局のホームページに掲載されました。
地図をクリックすると活動報告が見る事が出来ます。
http://www.ramsar.org/cda/en/ramsar-activities-wwds-wwd14-reports/main/ramsar/1-63-78%5E26400_4000_0__


また、日本語訳は、WIJのホームページに掲載されています。

http://japan.wetlands.org/Portals/23/WWD2014_events_japan_ja.pdf

2014年5月23日 17:46 カテゴリー: お知らせ

コハクチョウ前浜に

DSCN2932.JPG


















先日やってきたコハクチョウが前浜にやってきて休んでいます。

時々、水草を食べています。やっと水鳥公園の様子が分かったのでしょうか?
前浜が一番安全と思っているようです。
ただ、コブハクチョウが時々威嚇の姿勢で追い回しているのが心配です。

そのほかの鳥
コブハクチョウ・ヘラサギ・カイツブリ・カルガモ・キンクロハジロ・アオアシシギ・イソシギ・コチドリなど
ヨシ原ではオオヨシキリが盛んにさえずっています。

2014年5月21日 14:17 カテゴリー: お知らせ

季節外れ!コハクチョウ

なぜ今頃?コハクチョウが来ています。

左翼を怪我しているように見えます。
すでに完治していますが、左右のバランスが悪いようです。

10314506_504910899609804_3912786636876090722_n.jpg

2014年5月15日 17:10 カテゴリー: お知らせ

ちょっこし賑やかに

5月14日(水)曇り空 朝8:45 観察ホールより
天気はそんなによくはありませんでしたが
今日は例年に比べると寂しかったシギ類が
ちょっこしやって来ておりました。


IMG_1737.jpg.jpg















少し分かり難いかもしれませんが、
右からアオアシシギ×2
オグロシギ♀×1
ソリハシシギ×3
アオアシシギに隠れてキアシシギ×1です。
その他いつもの常連ハマシギちゃんも×14羽見られました。


IMG_1742.jpg.jpg















ヘラサギさんも健在です。
相変わらず日中は寝ていることが多いですがcoldsweats01

その他クロハラアジサシの夏羽も3羽観察できましたhappy01

まだまだいつもの年に比べると、シギ・チの渡来が寂しい様ですが、
この調子で他の種類も渡ってくればと期待する日となりましたshine
                          報告者 MARUMOME

2014年5月14日 15:39 カテゴリー: お知らせ

貴重なツーショット!

今日は、クロハラアジサシとヘラサギが一日中前浜に居ました。
7:00以降のライブ映像にヘラサギが毎回写っていますので、
ぜひ今日のライブ映像もご覧ください。
(18:00だけ画面の外を歩いていたので写っていませんが)


kuroharaajisashiIMG_1596s.JPG















クロハラアジサシは、前浜の杭の先に止まって休んだり、
飛び回って獲物探しをしたりの繰り返しでした。
ちょうど目の高さをゆっくりと飛ぶので、
とても観察しやすかったです。


kuroharaajisashiIMG_1454ts.JPG















水面に急降下してゴカイを捕えたクロハラアジサシ。
クロハラアジサシに限らず、
現在、水鳥公園の小動物を食べる鳥の多くは、
ゴカイを主食としているようです。
かつてはメダカが主食になっていましたが、
いまやゴカイは、園内の生態系を支える重要な存在です。


herasagiIMG_1690s.JPG















クロハラアジサシが休憩していた枕木にヘラサギが接近し、
クロハラアジサシが追い出されたの図。
貴重なツーショットです。

明日もこんな風景が見られたらいいですね。

(文・写真:きりぎりす)

2014年5月10日 19:22 カテゴリー: お知らせ , クロハラアジサシ , ヘラサギ

ヘラサギ滞在中!

27日に飛来したヘラサギは、私どもの期待に応えて?園内に滞在してくれています。

近頃は、ネイチャーセンターから150mくらいの岸辺によくいます。
14時ごろまでは寝てばかりいますが、それ以降は獲物探しを始めてしばしばネイチャーセンター前浜にも来てくれるようになりました。

herasagiIMG_9624ts.JPG















5月1日の14:46撮影。距離30mくらい。
14:00頃は、ちょうど順光なので鳥がきれいに見えます。
ヘラサギの姿もこんなにきれいに見られるかも。
今日も10:00現在、睡眠中です。


今日は、ハマシギに混じってトウネンが1羽いました。
アマツバメが5羽、上空を通過していきました。
オオヨシキリの数が増えて、
だんだん園内がにぎやかになってきました。

さて、明日からゴールデンウィーク後半の4連休です。
毎日楽しいイベントをご用意しておりますので、
是非遊びに来てくださいね~♪

(文・写真:きりぎりす)

2014年5月 2日 09:56 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

ヘラサギ目の前の前浜に

春の珍鳥「ヘラサギ」がいよいよネイチャーセンターの目の前に降りて
餌を探すようになりました。

ssヘラサギDSCN8789 (1).jpg


















本当に近いです。

ssヘラザキとり.jpg
















ゴールデンウィーク後半もいてくれるとうれしいな。

                        ポタちゃん

2014年5月 1日 19:35 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

やっとクヌギの花が咲く

二年ほど前に、グリーンウェイブ2012として、ソロプチミスト・スワン米子さんが、
植樹したクヌギの木に花が咲きました。
移植して一年目の昨年は、ほとんど花が咲かず心配していました。

ssクヌギDSCN8793 (1).jpg


















花はこんな感じです。

クヌギ花.jpg


















「地味だな。」とがっかりしないで下さい。

秋には、きっと大きなどんぐりがなるでしょう。

ssクヌギDSCN8793 (2).jpg

2014年5月 1日 19:05 カテゴリー: お知らせ , クヌギ

はく製展示をリニューアル!

本日、展示室のはく製展示を一部入れ替えました。

また、キャプションも書式がまちまちだったので、
同じ書式に統一しました。

DSCN2514s.JPG

















リニューアル後のはく製展示。
この写真を見て、新しくお目見えした剥製がどれか分かる方は、
かなりの水鳥公園通ですね~。
さりげなく、剥製の向きも変えてみました。

是非、展示室にもお立ち寄りくださいませ。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月28日 20:05 カテゴリー: お知らせ , 展示

ヘラサギが近くに来た!

すぐに去ってしまうかと思っていたヘラサギ君。
今日も昨日とほぼ同じ行動パターンで一日中園内に居ました。

朝から14:00頃まで遠くの島で睡眠。
その後、水鳥観察桟橋向かいの岸辺に移動して獲物探し。

ここまでは昨日と同じですが、
この後、ネイチャーセンター前浜左手まで接近してくれました。


herasagiIMG_9359s.JPG















ヨシ原の際で獲物を探すヘラサギと、
ヘラサギの釣果?が気になるダイサギ。

ダイサギ「その辺で魚捕れる?」
ヘラサギ「...。」

同じような獲物を狙っているのに、
お互いに追い払うようなことはせず、
自分のやり方で獲物探しをしている様子が面白いです。


今日のヘラサギの様子を見て、ふと思いました。
休憩場所、獲物探しをする場所、立ち止まる場所など、
行動パターンが昨年度越冬していた個体とよく似ています。
年齢も同じくらいです。

ひょっとしたら、3月12日まで滞在していた個体と同一個体?
12日以降姿を消したのは、繁殖地へ旅立ったのではなく、
ヘラサギ類お得意のプチ家出のロングバージョン(一月半!)
だったのか?
だとしたら、一月半もの間、どこにいたのかな?

妙に水鳥公園ライフが板についているヘラサギ。
この調子でGWが終わるまで滞在してね~。



園内では、相変わらず冬の居残り組の鳥ばかり目立っていますが、
ちょっとずつ春らしい鳥もやってきています。

takabushigiIMG_9293t.JPG















タカブシギ。
今日はハマシギの群れと時々合流してゴカイ探しをしていました。



aoashishigiIMG_9531s.JPG















アオアシシギ。
水鳥公園のシギでは再普通種の一つなのに、
この春はなかなかやって来ませんでした。


この春はシギ類の飛来がいまいちですが、
ヘラサギが意外と居ついてくれるかもしれません。
是非観察にお越しくださいね♪

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月28日 19:38 カテゴリー: お知らせ , アオアシシギ , タカブシギ , ヘラサギ

春の珍鳥その2「ヘラサギ」

今朝、ネイチャーセンターから500mくらい先の岸辺でヘラサギを見つけました。
ヘラサギは、ほぼ毎年11月ごろに飛来する水鳥公園のレギュラーですが、稀に春にも現れます。
サカツラガンに続いて、春の渡りシーズンならではの珍客です。


teerasagiIMG_9161ts.JPG
















14:40頃までずっと遠くで眠っていましたが、その後、水鳥観察桟橋付近まで飛んできてくれました!


ゴールデンウィークの初めにやってくてくれたので、
このままゴールデンウィーク中滞在してくれたらうれしいです。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月27日 17:58 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

今が旬のハシビロガモ

IMG_8979s.JPG
















近頃、ネイチャーセンターの前浜には、
ハシビロガモが集まっています。
ぱっと見て、白が目立つのがハシビロガモのオスです。



ハシビロガモは、他のカモと同じく、秋から翌春にかけて水鳥公園で過ごす冬鳥なのですが、他のカモが11月頃に美しい繁殖羽への換羽を終えるのに対し、ハシビロガモは翌春の4月ごろにもっとも姿が美しくなります。また、冬よりも数が多くなり、まさに今が旬な鳥です。




IMG_8973ts.JPG
















ハシビロガモの番い。
繁殖羽に換羽が完了したハシビロガモのオスの美しさは、水鳥公園のカモの中でもトップクラス。今見られる鳥の中で最も美しい鳥といっても過言ではないでしょう。




IMG_8903ts.JPG
















ハシビロガモの注目ポイントは、「ぐるぐるデート」です。
番い同士が頭を寄せ合い、頭を中心にクルクルと水面を回ります。二羽で渦を作り、渦の中心に寄せ集まった水中のプランクトンを一緒に食べているのです。
ずっと見ていると目が回るかも。



今が旬のハシビロガモ、ぜひ観に来てくださいね~♪

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月25日 17:40 カテゴリー: お知らせ , ハシビロガモ

鳥の鳴きまねメドレー♪

園内を歩いていると、きれいな鳥のさえずりが聞こえてきました。

ホオジロがさえずっていたかと思うと、突然ツバメが鳴き、コチドリが鳴きます。同じような場所から次々といろいろな鳥の鳴き声が聞こえてきます。どういうことでしょう?

声がする方向を探してみると、倉庫の屋根の上にモズが2羽並んで止まっていました。声の主はモズのオスでした。

モズのオスは、メスの横にぴったりと寄り添い、頭を上下に、尾を左右に振りながら、大声でいろいろな鳥の鳴き声をまねていました。レパートリーは、オオヨシキリ、コヨシキリ、ウグイス、ホオジロ、ツバメ、コチドリなどでした。どれも春の水鳥公園でよく鳴き声が聞こえる鳥です。

時々、他の鳥の鳴きまねをしているモズの声を聞きますが、あまり上手ではありません。しかし、このオスはかなりの物まね上手。どの鳥の声も忠実に再現していて感心しました。モズは鳴きまね上手なほうがメスにもてるのでしょうか。

このモズの鳴きまねを是非皆さんにも聞いて頂きたかったのですが、あまりにも面白くて録画し忘れました。ごめんなさい。


IMG_8623ts.JPG















メスの横で自慢の鳴きまねメドレーを披露するオス(左)。
結構大きな声で鳴いていたけれど、メスは耳が痛くないのかな?

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月24日 13:43 カテゴリー: お知らせ , モズ

にぎやかなアイツがやってきた!

本日、オオヨシキリを園内で確認しました。今季の初認です。

CIMG5875s.JPG

















オオバヤシャブシの枝先でさえずるオオヨシキリ。
ヨシ原がきれいに刈り払われていて、驚いているかも。
ヨシが伸びるまで、ちょっと我慢してね~。

オオヨシキリのさえずりは決してきれいではありませんが、
この声を聴くとホッとします。
今日は1羽だけでしたが、これからどんどん仲間が渡ってきて、
にぎやかになりますね。

このほか、コムクドリが5羽確認されました。
ナワシログミの実を食べに来るので、こちらも要注目です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月21日 18:19 カテゴリー: お知らせ , オオヨシキリ

サカツラガン、一日だけ・・・。

突然舞い込んだ珍鳥サカツラガン。
夕方に飛び立ちそれっきりでした。
sakatsuraganIMG_8366ts.JPG















ネイチャーセンター目の前を横切り、西の空へ飛んでいきました。
職員渾身の一枚をご覧ください。

※更新ソフトの調子が悪くなかなか情報をアップできていません。


その他の鳥たち

ハシビロガモ・キンクロハジロ まだ100羽以上います。 
コアオアシシギ・ツクシガモ・チュウヒ・オオタカ
もうそろそろ、ジュニアレンジャーの森に変わった
小鳥が飛んでこないか楽しみにしています。


2014年4月18日 20:39 カテゴリー: お知らせ

サカツラガン一年ぶりの飛来

本日、お昼頃サカツラガンが飛来しているのを確認しました。
昨年2013年1月1日以来の確認です。
CIMG5812.jpgのサムネイル画像

















sakatsuraganCIMG5864s.JPG

















やっと、画像がアップできました。


2014年4月18日 12:36 カテゴリー: お知らせ

前浜の鳥たち

水鳥公園のネイチャーセンター前の前浜には、水鳥がいっぱい。

sDSCN8684.jpg

















ハマシギの群れです。
sDSCN8675.jpg

















今年は、前浜で休む姿がよく見られます。一時、2羽まで減った日がありましたが、また40羽ほどに増えてきました。
他にも、コアオアシシギやタカブシギ、イソシギ、タシギなどが見られます。

オオハシシギは、やはりここ数日観察されていません。やっぱり月曜日が終認かもしれません。
ツクシガモもここ数日見ていません。変わらないようで、日々季節は進んでいるんですね。

2014年4月17日 14:17 カテゴリー: お知らせ

落ち着きがないオオハシシギ

今日は、オオハシシギの様子が変でした。

夕方ごろ、ネイチャーセンターの正面から「ピイッ!、ピイッ!」という聞きなれない鳥の声が頻繁に聞こえるので、ネイチャーセンター前にいる鳥を調べたところ、声の主はオオハシシギでした。


IMG_7545s.JPG















相方を失ってからもネイチャーセンター前浜に居続けているオオハシシギ。すっかり夏羽に衣替えしました。


IMG_7817s.JPG















しきりに鳴きながらそわそわしているかと思うと、突然飛び立ちました。


IMG_7959s.JPG















飛び立ったオオハシシギは空高く舞い上がり、鳴きながらネイチャーセンターを中心に大きな輪を描くように飛び交いました。



IMG_7744s.JPG
















IMG_7754s.JPG















しばらく水鳥公園上空を飛んだ後、再び前浜に舞い降りてきました。
これを何度も繰り返していました。北帰行直前のコハクチョウの行動とよく似ています。

1月9日以降、長期間水鳥公園に滞在してくれたオオハシシギですが、そろそろ旅立ちの時が近いのかもしれません。


IMG_8003s.JPG















夕暮れ時、大山と満月の風景がきれいでした。



追伸:一昨日にオオタカがオオハシシギ1羽を連れ去りましたが、昨日、水鳥公園の常連の少年M君が、奇跡的に園内でオオハシシギの被食痕を発見しました。毎日注目していたオオハシシギが捕食されたのは残念でしたが、貴重な羽毛標本が得られました。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月14日 19:57 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ

オオハシシギがやられた!

今日は、午前中に水鳥公園上空をアマツバメが飛び交っていました。

IMG_6803ts.JPG















三日月のようなつばさが特徴のアマツバメ。
腰が白くて、おなかは暗灰色です。


IMG_6878ts.JPG















アマツバメが去った後は、ツバメが飛び交っていました。
白い帯が入った燕尾が特徴です。


IMG_7009ts.JPG















ツバメに混じってイワツバメも飛んでいました。
腰が白くて、尾羽の形がツバメとは違います。

IMG_6641ts.JPG















近頃、園内の散策路沿いでモズの番いがデートしています。
看板に並んで止まり、とっても仲良しです。手前がオス。


お昼頃、ネイチャーセンター目の前で事件が起こりました。
ネイチャーセンター前で過ごしていたカモたちが突然警戒し始めたかと思うと、オオタカが襲撃してきたのです。オオタカは、逃げ遅れたオオハシシギ2羽に狙いを定め、1羽を捕えて連れ去っていきました。


IMG_7156ts.JPG
















オオタカが去った後に戻ってきたオオハシシギ。体が小さめで色が濃い方の個体です。オオタカにやられたのは、体が大きめで灰色の個体だったようです。発見以来、ずっと2羽で寄り添って過ごしてきたのに、相棒が突然いなくなってしまい、とても寂しそうです。

今季は、なかなか春の渡り鳥がやって来ません。冬のカモ類が各種居残っていて、ツクシガモとミコアイサもまだ居ます。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月12日 16:45 カテゴリー: お知らせ , アマツバメ , イワツバメ , オオハシシギ , ツバメ , モズ

ホウロクシギ

なかなか春のシギたちがやってきてくれませんが、3月31日以降、ホウロクシギが1羽時々現れます。

CIMG5504s.JPG

















日本最大のシギで、くちばしの長さも一番。堂々たる風格です。
いつも自分の羽色そっくりな枯れ草原にばかりいるので、背景に溶け込んだ写真しか取れません。
前浜にやってきてくれないかな~。


IMG_6483t.JPG















園内でハシボソガラスが営巣を始めました。巣のそばを通りかかったチュウヒが追い払われていました。


IMG_6530s.JPG















長期滞在中のオオハシシギ。最初は同じ姿だった2羽ですが、換羽が進んでかなり印象が変わってきました。



●今日の鳥 2014年4月7日 晴れ
キジ 雄1羽 よく鳴いています
ツクシガモ 4羽 まだいます
ミコアイサ 雄2羽雌6羽? 同上
カイツブリ 20羽以上群れて泳ぐ
クイナ 1羽 木陰の岸辺をこっそり歩く
オオハシシギ 2羽 衣替え完了までもう少し!
ツルシギ 1羽 冬羽
ハマシギ 46羽 一日中前浜の島でのんびり。
カモメ 14羽 園内中央部の島に群れる
セグロカモメ 夏羽2羽 カモメと同行
チュウヒ 若鳥1羽 ハシボソガラスに追い払われる
カワセミ 2羽 追いかけっこ
モズ 雄1羽雌1羽 営巣場所探し?
ジョウビタキ 雌2羽 ヨシ原の刈り後で遊ぶ
ツバメ 5羽以上 夕方になると中海方向へ続々と飛んでいく
など、39種類。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月 7日 19:23 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , チュウヒ , ホウロクシギ

ヨシ刈り大会2014

今日は、ボランティアの皆さんと一緒に園内のヨシの刈り払い作業を行いました。

IMG_6055s.JPG
















9:30頃作業開始。ネイチャーセンター南側の様子。
刈り倒したヨシは、散策路沿いに集積します。



IMG_6061s.JPG
















作業開始直後のネイチャーセンター北側の様子。



IMG_6093s.JPG
















小学生から大人まで、幅広い年齢層のボランティアさんが活躍しました。人の背丈以上のヨシの山がいくつもできました。ヨシを刈るのも大変ですが、刈り倒されたヨシを集めて運ぶのはもっと大変です。


IMG_6323s2.JPG
















12:00頃作業終了。ネイチャーセンター南側のヨシ原は、枯れヨシがきれいに片付きました。



IMG_6325s.JPG
















作業終了後のネイチャーセンター北側のヨシ原。1/3くらい残ってしまいましたが、かなり広範囲のヨシを片づけることができました。

この作業は、この春に元気なヨシを育成するために必要なものです。ヨシ原は放置しておくと、どんどん勢いが弱くなり、枯れヨシが堆積して陸地となって陸の草が茂るようになります。そうなると、ヨシ原の生物が生きていけなくなります。
そこで、前年に茂った枯れヨシを刈り払って撤去することで、今年のヨシの生育を促します。
勢いのよいヨシ原には多種多様な生物が暮らします。たとえば、これから渡って来るオオヨシキリやヨシゴイの子育ての場にもなります。

時々雨やみぞれが降る寒い中集まって下さったボランティアの皆様、大変お疲れ様でした。ヨシ原で暮らすたくさんの生きものに代わりまして、お礼申し上げます。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月 6日 13:25 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 環境管理

友の会が米子市善行表彰を受けました。

長年、米子水鳥公園の活動をボランティアでお手伝い頂いている米子水鳥公園友の会が、米子市表彰条例による功労者善行表彰を受けることとなりました。

日頃の友の会の皆さんの活動に、改めて感謝申し上げます。

DSCN2103.JPG

















式典

・日時:平成26年3月31日(月) 14:00~
・場所:米子市文化ホール メインホール

です。
 

2014年3月31日 10:55 カテゴリー: お知らせ , ボランティア

今日見つけた「春」

IMG_4249s.JPG















IMG_4255s.JPG












IMG_4277ts.JPG


IMG_4283s.JPG






















IMG_4291s.JPG















IMG_4276s.JPG






 

















                             
(写真:きりぎりす)

2014年3月22日 16:08 カテゴリー: お知らせ , クモ

渡りに向けてウォーミングアップ中!

IMG_3442s.JPG















今朝は、予報通りの素晴らしい晴天でした。
今朝のコハクチョウは210羽。昨日より40羽減りましたが、まだたくさんいます。

IMG_3516s.JPG















オオハクチョウの幼鳥2羽は今日も健在です。


悪天候明けの好天なので、大規模な旅立ちが見られるかも、と期待しながらハクチョウたちの様子に注目してみました。


IMG_4105s.JPG
















7:00頃から続々とコハクチョウたちが飛び立ち始めました。ところが、ハクチョウたちはみな中海方向へ向かいます。そのまま安来の田んぼへ向かうのかと思ったら、ぐるりと向きを変えて水鳥公園に舞い戻ってくるハクチョウが続出。飛び立ったり舞い降りたりと、コハクチョウたちの航空ショーが始まりました。

IMG_3961s.JPG















IMG_4200s.JPG















水鳥公園周辺をぐるりと飛び交った後、続々と舞い降りるコハクチョウ達。9時ごろまでこれを繰り返していました。数百キロメートルを一気に飛ぶ渡りに備え、ウォーミングアップをしているように見えました。


IMG_4042s.JPG















水鳥観察桟橋前にはたくさんのコハクチョウが集まっていました。今日は日差しが暖かく、風もなくて、桟橋からのハクチョウウォッチングが最高でした♪

さて、最高にサービスが良かった今日のコハクチョウたちですが、9:30頃までにすべて安来方向へ飛び去ってしまいました。ウォーミングアップの後は、しっかり食事をして体力を蓄えよう、ということなのでしょう。

明日、明後日はさらに暖かな好天のようなので、旅立つコハクチョウが多く見られることでしょう。今季たくさんのコハクチョウが観察できる最後のチャンスかもしれません。

その他の園内の様子:
・シマアジとズグロカモメはいなくなりました。またの登場を期待しましょう。
・今日のお勧めは、オオハシシギ2羽とツクシガモ5羽、カモメの群れ約40羽です。
・ウグイスがさえずり、ツバメが6羽飛んでいました。
・散策路沿いにツクシがところどころ生えています。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月22日 15:08 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コハクチョウ , 北帰行

真冬の天気に春の使者現る

今日は、時々雨やあられ、雷も鳴る荒れた天気でした。朝、ネイチャーセンターに落雷しましたが、幸いにも設備の故障はありませんでした。

IMG_3335ts.JPG















そんな中、春の使者が登場しました。シマアジです。
朝は1ペアでしたが、夕方にはオス4羽メス2羽に増加。一度にこんなにたくさん現れるのは珍しいです。明日もいてくれるかな?


IMG_3222s.JPG















近頃、常に群れで行動しているハジロカイツブリ。夏羽への衣替えが進行中。


IMG_3195s.JPG















今日は一日中、園内中央部をカモメ類が30羽以上飛び交っていました。カモメが主でしたが、先日からいるズグロカモメ2羽、ユリカモメ、セグロカモメも混じっていました。ユリカモメ以外のカモメが園内にこんなに集まるのも珍しいです。


IMG_3270s.JPG















ツクシガモは5羽いて、時々前浜にやってきてくれます。オオハシシギ2羽はまだ健在です。


明日は天気が回復するようですね。今朝いた250羽のコハクチョウたちは、どう動くでしょうか。もしかしたら、明日の早朝に大規模な旅立ちが見られるかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月21日 18:22 カテゴリー: お知らせ , シマアジ , ツクシガモ , ハジロカイツブリ

今朝の様子

開館時間の朝7:00ごろから飛び始めました。コハクチョウは今朝は250羽です。
オオハクチョウの幼鳥、ズグロカモメの夏羽、オオハシシギ各二羽

DSCN8409s.JPG

















ツクシガモもいます。

 

2014年3月21日 06:55 カテゴリー: お知らせ

コハクチョウ240羽

本日は、雨の水鳥公園です。
コハクチョウ240羽を、朝8:00確認しました。
 明日からの連休中の早朝解説の間は、ハクチョウをご案内できそうです。


2014年3月20日 15:01 カテゴリー: お知らせ

頭が黒いズグロカモメ飛来!

今日は、コハクチョウたちは一日中園内に多数居残っていました。朝は251羽いて、お昼ごろでも150羽くらいいました。しかも、一日中ネイチャーセンター前に集まっていたので、コハクチョウ観察には最高の一日でした。

IMG_2297s.JPG















少しかすんでいましたが大山も見えて、大山とコハクチョウの群れという水鳥公園自慢の風景が楽しめました。


IMG_2298s.JPG















14:30頃、中海方向からコハクチョウが多数飛来。安来の田んぼで採食していたグループが早めにねぐらに帰ってきたようです。これで228羽になり、さらに賑やかになりました。



IMG_2367ts.JPG















今日の一押しはこの鳥。ズグロカモメです。名前の通り頭が黒いカモメなのですが、これは成鳥夏羽の姿です。普段見られるのは、冬羽か若鳥が殆どで、この写真ように頭が黒い姿が見られることは少ないです。早春のこの頃ならではの装いです。



IMG_2444ts.JPG















一方、こちらは頭が白いカワウ。これも早春ならではです。ただいま子育て準備真っ最中です。

今日はウグイスがネイチャーセンター玄関そばでよくさえずり、ツバメが今季初めて確認されました。まだまだコハクチョウはたくさんいますが、着実に春がやってきています。


●今日の鳥 2014年3月19日 晴れのち曇り
コハクチョウ 251羽 うち幼鳥28羽
オオハクチョウ 幼鳥2羽
ツクシガモ 7羽
ミコアイサ 雄2羽雌5羽
ハジロカイツブリ 9羽 なぜか1羽だけ冬羽
ダイサギ 2羽 亜種ダイサギ
オオハシシギ 2羽
ハマシギ 18羽
カモメ 5羽
ズグロカモメ 夏羽2羽 頭黒な姿は珍しい!
カワセミ 1羽
ハヤブサ 1羽
ジョウビタキ 雌1羽
ツバメ 2羽 今季初認!
ヒバリ 1羽
など、39種類。

おまけ:アカミミガメ 1匹 前浜で甲羅干し

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月19日 18:14 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ズグロカモメ

ハイイロチュウヒ雄

久しぶりにハイイロチュウヒのオスがあらわれました。

IMG_1827s.JPG















渡りの途中でしょうか?すぐに飛び去ってしまいました。
 
IMG_1836s.JPG















今朝、コハクチョウが北へ向けて飛んだようです。急にサギの仲間が多くなってきました。



 ポタちゃんでした。

2014年3月17日 14:01 カテゴリー: お知らせ

コハクチョウ最後の北帰前の集結?

3月16日となりました。もうそろそろコハクチョウも例年少なくなってくるころです。
しかし、今朝公園に来てびっくり。320羽のコハクチョウがいました。
中海周辺には、400羽程しか残っていませんので8割以上の個体が米子水鳥公園をねぐらとしているようです。
近年、北への渡り前になると米子水鳥公園に多くのコハクチョウが集まる傾向にありますが、今年はややそのピークが遅いかもしれません。
春の早くなった日の出とともに、8:30ごろまでに、ほとんどの個体が餌場へ飛び立っていきました。

IMG_1814s.JPG


IMG_1821s.JPG






























今朝は、北へ飛ぶ群れはいなかったようです。予報では、あったかいあったかいと言われていた週末ですが、意外とさむかっですね。

コハクチョウ達が北へ向かうのは、次の晴れ間でしょうか?

2014年3月16日 12:48 カテゴリー: お知らせ

今朝の様子

今朝(6:50)の水鳥公園です。三月中旬ですがコハクチョウが200羽ほど残っていました。
渡りの途中の群れでしょうか?オオハクチョウアメリカコハクチョウも含まれています。
DSCN8322s.JPG















DSCN8330s.JPG

















北へ帰りたいのか、一度飛び立っても戻ってききたり、旋回てしてなかなか餌場へ飛んでいかないような様子が見られます。

2014年3月15日 07:26 カテゴリー: お知らせ

これなんでしょう?

皆さん これなんだかわかりますか?
sDSCN2003.jpg





















答えは、スマート・フォンを望遠鏡につなげて、カメラ機能を使って拡大した鳥の写真を撮る道具です。






このように使います。
sDSCN2007.jpg

















残念ながら、スーマートフォンがないのでかなり間抜けです。
興和光学さんに寄贈いただきました。
観察ホールに準備しておりますので、
ご来園の方で、スマート・フォン(Iphone4sと5用があります)を
お持ちの方は職員に声をかけて下さい。
お貸しいたします。


2014年3月13日 18:38 カテゴリー: お知らせ

足環だらけのハマシギがいた!

IMG_1302s.JPG















近頃、水鳥公園の野鳥観察で面白いおすすめ鳥がハマシギの群れです。
今日も群れがネイチャーセンター前浜に飛来して、ぐるぐると目の前を旋回してくれました。
その様子を撮影してみると、群れの中の1羽に足環がたくさんついている個体がいました。


IMG_1462t.JPG
IMG_1465tss.JPG


































写真を見ると、右脚にフラッグ/赤リング/金属リング、左脚に緑リング/黄リング/赤リングがついています。
これはカラーマーキングといって、鳥を捕獲してその鳥の生活に支障がない範囲で目立つ印をつけることにより、再捕獲しなくても個体識別ができる調査方法です。詳しくは山階鳥類研究所のHPをご覧ください。

現在、この鳥の画像と観察データを山階鳥類研究所にお送りして、どの研究グループが標識した鳥なのかを調べてもらっています。結果が楽しみです。

今日、鳥の写真を撮る方がとても多くなっているので、標識がついている鳥が撮影される機会が増えていると思います。標識付きの鳥を発見、撮影した方は、是非山階鳥類研究所にご連絡ください。標識調査では、その鳥がどこからどこへ移動し、今何歳なのかなど、ただ観察しているだけでは分からない貴重な情報が得られます。この調査は標識鳥を再発見して初めて効果が得られるので、是非ご協力をお願いします。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月13日 11:46 カテゴリー: お知らせ , ハマシギ , 調査研究

予想外のいい天気!

今日は、時々雨や雪が降るかも、という曇天予報が出ていましたが、明け方から晴天に恵まれました。お陰様で、今朝開催した観察会でもコハクチョウの北帰行が見れましたし、田んぼへ向かうコハクチョウたちの様子も堪能できました。

IMG_0686s.JPG















今朝の日の出風景。前浜にコハクチョウが群れて夜を明かしていました。その中にヘラサギもちゃっかり混じっていました。


IMG_0749s.JPG















日中も好天が続き、久しぶりにマガンの群れがお昼にやって来ました。この時期にマガンがお昼に来るのはとても珍しいです。

IMG_0863s.JPG















池に舞い降りたガンの群れ。池にガンの島ができました。

IMG_0908ts.JPG
















今日もオオハシシギは健在。とっても仲良しな2羽です。
背中やわき腹に夏羽が混じってきました。このまま夏羽に衣替えするまで居てくれるとうれしいです。

●今日の鳥 2014年3月8日 晴れ
コハクチョウ 148羽 (うち幼鳥14)
亜種アメリカコハクチョウ 成鳥1羽
コブハクチョウ 2羽
マガン 約600羽
ツクシガモ 7羽
マガモ 100羽
トモエガモ メス2羽
オナガガモ 98羽
キンクロハジロ 72羽
ミコアイサ 10羽 (うちオス1羽)
ハジロカイツブリ 12羽
ヘラサギ 1羽
クイナ 1羽
ウグイス 1羽 「...ケキョ!」とさえずる
ハマシギ 22羽
オオタカ 2羽 (成若各1)
ノスリ 1羽
チュウヒ 1羽
カワセミ 1羽
ジョウビタキ 2羽(オスメス各1)
など、45種類。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月 8日 17:50 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , マガン

ハマシギの群れ

今年は、あまりこういった日はなかったのですが
今日は久しぶりに吹雪いています。
IMG_0385.JPG
















荒れた中海を避けてハマシギの群れが園内に入ってきました。

IMG_0400.JPG
















今年は、園内のカモは少なめです。オオハシシギはまだいます。
早朝、コハクチョウが100羽程いました。明日の観察会で
コハクチョウが見られないという事はなさそうです。

                      (ポタちゃん)















 

2014年3月 7日 11:43 カテゴリー: お知らせ , ハマシギ

コハクチョウの北帰行完了間近、か?

今朝未明に出勤してみると、池が妙に静かでした。いつもならばコハクチョウの鳴き声がにぎやかなのに、どうしてでしょう。

IMG_9135s.JPG















ネイチャーセンターから園内をみると、ネイチャーセンター前浜に全然鳥がいません。よく見ると、園内中央部にある観察小屋前にコハクチョウが群れていました


IMG_9134s.JPG
















今朝のコハクチョウたち。中海にどのくらい残っているは分かりませんが、園内はこれで全部です。いつもの年ならば、今頃が最もコハクチョウで賑わうのに、今季はもう残りわずかです。この時期にこんなにコハクチョウが少ないのは初めてです。今季はコハクチョウのピークが1ヵ月早かった印象です。



IMG_9310s.JPG















今日はコハクチョウが全く飛び立たず、全て園内に居残りました。ネイチャーセンター前にも、お昼寝に集まって来ました。


IMG_9237s.JPG






 








アメリカコハクチョウ一家は今日も居ました。

IMG_9323s.JPG















久しぶりにヘラサギが前浜にやって来ました。ヘラサギも今日は外へ出かけず、園内にとどまっていました。


コハクチョウの旅立ちは、夕方遅くから翌朝早くにかけてです。今日一日園内でのんびり過ごしたコハクチョウ達は、今晩にでも旅立つつもりなのかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

カラスバトの死体の写真.pdf

2014年3月 1日 15:56 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ヘラサギ

珍客タゲリ現る

昨日と今日は辺りが真っ白で、野鳥観察にはかなり厳しい条件でした。
大山はおろか、園内の中央部もかすむ有様。視程1㎞弱といったところでしょうか。

IMG_8245s.JPG















こんな状況なので今朝のコハクチョウの数を数えるのは困難でしたが、少し見通しがきくようになってから数えて136羽と記録されていました。午前中に続々とコハクチョウは安来方向へ飛び去り、一日中園内に居残っていたのはコハクチョウ30羽程度、オオハクチョウ2羽でした。

IMG_8267s.JPG















今日はタゲリがやって来ました。水鳥公園ではなかなか姿が見られない珍客です。コハクチョウも珍客の登場に「誰だ?」と振り向いています。


IMG_8383ts.JPG















お昼過ぎに、園内の奥のカモ達が騒ぎ始めたので辺りを確認したところ、オジロワシがやって来ていました。水鳥公園の中海側中央部に現れ、ゆっくりと飛びながら西へ去っていきました。

クロガネモチの木では、今日もヒヨドリとシロハラのバトルが繰り広げられていました。

IMG_8419s.JPG















実を食べにやってきたヒヨドリ。
しかし、後ろには不穏な影が…。

IMG_8422s.JPG















やっぱり怒られました!
でも、ちゃっかり一粒GETしています。


●今日の鳥 2014年2月26日(水) 曇りのち雨
コハクチョウ   136羽 視界不良でカウント困難!
オオハクチョウ 成鳥2羽 今日は園内でのんびり。
ツクシガモ     11羽 全員揃ってます!
ミコアイサ    ♀3羽 毎日います!
ハジロカイツブリ  8羽 夕方に群れます!
ヘラサギ    若鳥1羽 16:55に西から飛来!
クイナ       1羽 前浜左手の島に現る!
タゲリ       6羽 園内では珍しい!
オオハシシギ    2羽 前浜に定住中!
ハイイロチュウヒ ♀1羽 久しぶりに前浜を横切る!
カワセミ      1羽 今日もメダカ池に通勤!
ハシボソガラス  約15羽 1羽を集団でいじめている?
ヒヨドリ      2羽 クロガネモチの実が食べたい!
シロハラ      2羽 クロガネモチの実は俺様のモノ!

など、44種1000羽くらい。

(文・写真:きりぎりす) 

2014年2月26日 18:15 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , コハクチョウ , シロハラ , タゲリ , ヒヨドリ

トビとノスリがくるくる空を舞う!

IMG_7991s.JPG















IMG_8009s.JPG

















今日も、気持ちの良い晴天でした。
陽射しは暖かいけれども空気は冷たく、コハクチョウは続々と安来へ食事に出かけてしまい、昼間も居残ってくれたのは6羽だけでした。今朝のコハクチョウは153羽。昨日よりちょっと増えました。


IMG_7510s.JPG















今朝、珍しくオオハクチョウがネイチャーセンター前浜に近寄っていました。でも、私と目が合った途端?そろりそろりと遠くへ離れてしまいました。


IMG_7543ts.JPG















ニシキギの枝の茂みから顔を出したウグイス。いつさえずりはじめるかな?


IMG_7705ts.JPG















IMG_7794ts.JPG















水鳥公園の上空を、トビとノスリが群れてくるくると舞っていました。みるみるうちに高度を増していき、見失ってしまいました。彼らも春の渡りを始めているのかもしれません。

IMG_7969s.JPG















メダカ池には、メダカが元気に群れ泳いでいました。

春の到来が近づいているのを感じる一日でした。

(文・写真:きりぎりす)
 

2014年2月23日 20:11 カテゴリー: お知らせ , ウグイス , オオハクチョウ , トビ , ノスリ , メダカ

オジロワシ復活!

今日は、午前中は曇りがちで視程も悪かったのですが、お昼にかけてどんどん天気が良くなり、午後には雪化粧の大山がきれいに見える絶好の景色になりました。

久しぶりの暖かい日差しのお蔭で、コハクチョウも55羽が一日中園内に居残り、大山とコハクチョウの風景を拝めました。

IMG_7131ts.JPG















今日一番のびっくりニュースは、オジロワシの復活です。13日を最後に姿を消していたので、もう去ってしまったと思っていたのですが、12:40頃、トビ15羽を引き連れて園内上空に飛来。トビから激しく威嚇を受けていました。

IMG_7236ts2.JPG















近頃、ネイチャーセンター前浜の浅瀬で食べ物探しをするようになったオオハシシギ。これまではヨシの刈り株に紛れて観察しづらかったのですが、今ではご覧のとおり、とてもはっきりと観察できるようになりました。右の個体はゴカイを捕えています。


IMG_7275ts.JPG















今、水鳥公園で最も春を感じる鳥、ツルシギ。2月6日から居ます。ツルシギは春の渡りの際に水鳥公園に飛来する旅鳥です。コハクチョウが早く北帰行を始めたように、ツルシギも早めに渡ってきたのかな?


IMG_7358s.JPG















17:00頃、ヘラサギが南西方向から飛んできて、ネイチャーセンター前浜に舞い降りてきました。近頃はいつもこのような登場パターンです。目の前で豪快に水浴びを始め、お客様を楽しませてくれました。傍らにはツクシガモがいて、この一角は九州の干潟のような光景でした。


IMG_7498s.JPG















今日は夕方も明るかったので、コハクチョウのねぐら入りがとても遅かったです。昨日、今日のコハクチョウのねぐら入り時間は、18:15以降で、本隊が帰って来るのは18:30頃です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月22日 18:52 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , オジロワシ , ツルシギ , ヘラサギ

ヒヨドリの厄日

IMG_5079s.JPG















近頃、園内のクロガネモチの実を食べにヒヨドリがやって来ます。クロガネモチの実はずいぶん前から実っていたのに、ついこの前まではほとんど見向きもしていませんでした。食べ物不足なのでしょうか。それとも、今が食べごろなのでしょうか。


IMG_5116s.JPG















クロガネモチの実を食べていたヒヨドリが、突然、血相を変えて逃げたかと思うと、そこにモズが飛び込んできました。ひょっとして、ヒヨドリを食べようとしたのでしょうか?モズにしては、ヒヨドリはかなり大きな獲物だと思いますが。よく見ると、モズの胸元やくちばしの付け根には血痕があります。このモズは、すでに他で一仕事終えているようです。
「チッ…。逃げられたか!」
モズの殺し屋の顔が垣間見えました。

IMG_5209ts.JPG















今度は、別のクロガネモチの木にヒヨドリがやって来ました。
「この木は俺のもんだ!キェ~!」

IMG_5215ts.JPG















と雄叫びをあげた直後、またもやヒヨちゃん緊急避難!

IMG_5216ts.JPG















今度は、シロハラが飛び込んできました。
「ふざけんな!この木は俺のだぞ!」


IMG_5241ts.JPG















実はこの木は、一週間ほど前からオスのシロハラが占有していて、他の鳥の接近を許していません。木の実の奪い合いで、ツグミにはめっぽう強い印象があるヒヨドリが、ツグミの仲間であるシロハラに負けるとは意外です。

ヒヨドリにとって、今日はとんだ厄日だったようです。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月19日 18:12 カテゴリー: お知らせ , シロハラ , ヒヨドリ , モズ

コハクチョウとマガンで賑わう久しぶりの晴天!

今日は、久しぶりに暖かな日差しの晴天でした。
しばらく真冬の天気だったので、今朝は北へ旅立つコハクチョウがいるかもしれない、と思って見張っていました。

IMG_4427s.JPG















今朝の風景。前浜の浅瀬にはコハクチョウ達がたくさん休んでいました。その中には、昨日と同様、ツクシガモ2羽とヘラサギ1羽の姿もありました。九州の鳥と北日本の鳥が同居する、米子水鳥公園ならではの光景です。今朝のコハクチョウは163羽いました。


IMG_4717s.JPG















水鳥公園から北へ旅立つ鳥は確認できませんでしたが、西の方からコハクチョウが続々と飛来。おそらく、安来か宍道湖からやってきたグループで、これも北への渡りの現れでしょう。この群れが合流した結果、園内のコハクチョウは238羽になりました。早朝に南部町方向へ飛び去った27羽を併せると、265羽になります。

IMG_4886s.JPG















お昼過ぎには、マガンの大群が飛来!今季最大規模の群れです。その数、1200~1300羽!水鳥公園に舞い降りてくる光景は壮観でした!

近頃は日中にコハクチョウが1羽もおらず、マガンもいない日が続いていましたが、今日は久しぶりに昼間でも100羽近いコハクチョウと1200羽以上のマガンの群れがいる、にぎやかな日になりました。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月16日 14:40 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

トレイルカメラ

現在、水鳥公園の池の岸辺に、トレイルカメラが十数台設置してあります。鳥取大学の研究の一環で、池の岸辺にやってくる哺乳類の撮影が目的です。カメラの正面9m以内に動物が近付くと、24時間いつでも自動で撮影されるようになっています。

IMG_4420s.JPG















ネイチャーセンター前浜に設置されているトレイルカメラの前を歩くオオバンたち。カメラにはどんなふうに撮影されているのか、写真を見るのが楽しみです。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月15日 18:45 カテゴリー: お知らせ

1羽足りな~い!

昨日の午後、園内中央部の池の岸辺で、白いカモのような鳥がノスリに食べられていました。その数十メートル脇には、ハヤブサの若鳥がいました。おそらく、ハヤブサが仕留めた獲物をノスリが奪い取ったのでしょう。ノスリが去った後、ハヤブサが獲物を奪還して食べ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラスがそれに続き、白い鳥は食べつくされました。

食べられている白い鳥の姿が時々見えましたが、私にはそれがツクシガモのように見えました。まさか、近頃園内に居ついているツクシガモ12羽のうちの1羽がやられたのか?
確かに、食べられている現場は、いつもツクシガモたちが休憩している岸辺のすぐそばです。嫌な予感がしました。

そこで今日の午前中にその現場に行って、食べられた鳥の残骸を探してみました。すると、ツクシガモの羽毛が散らばっていました。悪い予感が的中しました。

その後、園内にいるツクシガモを数えてみました。

IMG_4403s.JPG















1、2、3、4。


IMG_4404s.JPG















5。


IMG_4414s.JPG















6、7。

IMG_4415s.JPG
















8、9、10。


IMG_4416s.JPG
















11。(左の個体は10羽目)

やっぱり1羽足りな~い!

よりによって、中海全体でも十数羽しかいないと思われるツクシガモを襲わなくてもいいじゃないか、と思ってしまいますが、仕方ないですね。

オジロワシは、昨日から姿が見えません。
ヘラサギは、ネイチャーセンターの前浜をねぐらにしているようで、早朝はいるのですがすぐに飛び去り、夕方になると安来方向から飛んできて前浜に舞い降りてきます。
コハクチョウは110羽前後が塒入りしていて、朝9時ごろにはすべて安来方向へ飛び去り、夕方5時半過ぎまで帰って来ない日が続いています。
オオハシシギ2羽は健在です。次の写真の中で、どこにいるか分かりますか?

IMG_4417s.JPG















(文・写真:きりぎりす)

2014年2月15日 18:20 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ

今の鳥の様子20140213

現在、コハクチョウはおよそ130羽が水鳥公園をねぐらとしています。

早朝はネイチャーセンターの前に集まっていますが、朝9時までにはほぼ全てが安来方向へ飛び去ってしまい、閉館後まで帰ってこない日が続いています。

IMG_3810s.JPG















安来平野へ向かうコハクチョウたち。開館直後にお越しいただければ飛び立つ様子が観察できるかも。

その他注目の鳥として、ツクシガモ12羽、オオハシシギ2羽、ヘラサギ1羽は今朝も健在です。しかし、発見後毎日姿を見せていたオジロワシは、今日現在(14:50)まだ姿を見せていません。
→夕方に現れました!よかった~♪

IMG_4277s.JPG















閉館間際に、ネイチャーセンター前浜に舞い降りてきたヘラサギ。今日は、開館時と閉館時にしか姿を見せませんでした。昼間はどこに行っているのかな?
越冬中のヘラサギの白い羽毛が、春が近づくにつれてどんどん茶色く汚れていくのは毎年の傾向です。しばらく姿を消して戻ってくる度に汚れてくるような気がします。一体どこで汚れて来るのでしょう。不思議です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月13日 14:47 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

オジロワシがやってきた!

コハクチョウが北へ渡り始めたと思ったら、この冬最強クラスの寒波が来て大雪になりました。コハクチョウの北帰行も一時中断して、昼間はみんな安来方面に出かけるようになっています。

そんな中、今季はもう来ないだろうと思っていたアイツが現れました。ボランティア解説員のIさんが発見!

DSCN0985ss.JPG

















オジロワシです。1~2年目の若鳥と思われます。
ネイチャーセンターから800m近く離れているうえに、やみ間のない吹雪で超視界不良。どう頑張ってもうまく写りませんでした。オジロワシは、最も寒い時期にやってくる真冬の使者です。コハクチョウの北帰行が確認されてから真冬の使者がやってくるなんて、おかしな話ですね。でも、今日は絶好のオジロワシ日和。オジロワシは、吹雪の中現れる鳥なのです。

12:30頃に見つかったオジロワシは、夕方まで観察できました。
初めは木の枝先に止まって長時間じっとしていましたが、次に見たときは水鳥公園を取り囲む堤防の上に降りていて、鳥(カモかも?鳥の入手方法は不明。)を食べていました。そして16:30頃、安来方向へ飛び去りました。

過去の記録を見ると、オジロワシは初確認後しばらく居つく傾向があるので、明日以降も出会えるかもしれません。また観察の楽しみが増えました♪

●今日の鳥 2014年2月5日 雪降りっぱなし!
コハクチョウ 171羽 アメリカコハクチョウ1羽含む。北帰行は足踏み中!
ツクシガモ 7羽
ヘラサギ 1羽 寒い中頑張ってます!
タシギ 5羽
オオハシシギ 2羽 今日も仲良し!
カモメ 1羽 この鳥も早春によく来ます!
カワセミ 1羽 メダカ池に通勤!
オジロワシ 若鳥1羽 しばらく滞在してね~♪
トビ 2羽 オジロワシのおこぼれが欲しい!
チュウヒ 2羽 同上。
ハシボソガラス 2羽 同上。
ハイイロチュウヒ メス1羽
オオタカ 成鳥1羽 今季はあまり現れません。
ツグミ 12羽 ハチジョウツグミも1羽いました。
シロハラ 1羽 ツグミに混じる。

など、34種およそ1500羽。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月 5日 17:49 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ

過去最早の北帰行確認!

今朝7:15頃、米子水鳥公園のコハクチョウ約70羽が、北東方向へ飛び去るのを確認しました。水鳥公園開園以来、最も早い時期の北帰行の初認です。

IMG_1490s.JPG















今日は最高気温17℃の晴れ予報。絶好の北帰行日和です。そこで、日の出前から旅立ちそうな群れがいないか見張っていました。今朝は、コハクチョウ462羽、オオハクチョウ4羽がいました。



IMG_1507s.JPG















すると、大山の真下に集まり始めたコハクチョウの一群を発見。これは怪しい。



IMG_1512ss.JPG















そして7:15、怪しい群れが一斉に飛び立ちました。そこで、この群れが飛び去る方角に注目。南寄りなら採食地への移動、北寄りなら繁殖地への旅立ちです。

IMG_1571ts.JPG
















IMG_1661s.JPG















水面から南方向に飛び立った群れは、時計回りにぐるりと旋回して南東方向へ向かいました。その後、北寄りへ大きく進路を変え、大山の左側、北東方向へと飛び去りました。今季の北帰行の初認です。

IMG_1677s.JPG















そして7:22頃、日の出を迎えました。

今季はまだ1月なのに妙に春っぽい日が続き、ハクチョウたちも1月24日頃から急に増えだしました。昨日も、米子市内の複数個所で東方向へ向かうコハクチョウの群れの観察情報が寄せられていました。今年はかなり春の到来が早くなりそうな雰囲気です。
でも、明後日からは再び真冬の天気に逆戻りする予報が出ているので、すでに旅立ったハクチョウたちが引き返してくるのでは?と心配しています。


さて、いよいよ水鳥公園で最もコハクチョウ観察が面白い時期になってまいりました。これから3月中旬ごろまで北帰行の観察のチャンスがあります。そこで、北帰行を観察したい方に、観察のポイントをご案内します。

1.朝7時ごろに水鳥公園にお越しください。
2.園内の池の東端(大山寄り)に集まっている群れに注目しましょう。
3.飛び去る群れから目を離さず、飛び去る方角を見届けましょう。
4.悪天候明けの早朝が狙い目!
5.ネイチャーセンターからの観察が最もおすすめ!

以上です。
なお、毎年3月の第1土曜日の早朝に、「さよならコハクチョウ!」と題した北帰行観察会を開催しています。今年は3月8日土曜日、予約不要の当日受付、朝7:00ネイチャーセンター集合、8:30解散予定です。是非ご参加くださいませ。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月 1日 18:09 カテゴリー: お知らせ , 北帰行

アメリカコハクチョウが2羽!

今朝は、コハクチョウの声がとても賑やかでした。
それもそのはず、何と700羽以上も集まっていて、続々と安来方向へ飛び立っていきました。

IMG_9930s.JPG
















近年でも稀な大賑わい。今季最多数です。

朝はたくさんのコハクチョウがいましたが、午前中にほとんどが安来方向へ飛び去り、日中は十数羽しか居残りませんでした。


IMG_0088s.JPG















珍しく、ツクシガモがネイチャーセンターの間の前にやって来ました。この個体は羽色があまり美しくないので幼鳥です。現在、ツクシガモはおよそ10羽居ます。



夕方、まだ明るいうちから続々とコハクチョウが帰ってきて、群れが園内の池に舞い降りる様子がとてもきれいでした。

IMG_0513s.JPG















その中に、アメリカコハクチョウとコハクチョウの3羽家族がいました。手前がアメリカコハクチョウ、奥がコハクチョウ、左がその子どもです。くちばしが黒いのがアメリカコハクチョウの特徴ですが、コハクチョウとの間に生まれた子どもは、くちばしの黄色い模様が両親の中くらいの大きさになっています。

この家族は、ネイチャーセンター前浜にやって来ましたが、はるか遠くにもう1羽アメリカコハクチョウがいました。複数のアメリカコハクチョウが園内にいるのは珍しいことです。

オオハシシギ2羽、ヘラサギ1羽は今日も健在です。
マガンはお昼前に飛来しましたが、210羽しかやって来ず、その中にコクガンはいませんでした。

(文・写真:きりぎりす)


 

2014年1月30日 19:11 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ

ホンドギツネ

今日もいい天気です。
公園の奥のあたりで鳥が騒いでいるので見てみるとイヌ?
DSCN7132.JPG

















いえいえ、ホンドギツネです。
地元伝承の昔話を調べると時々キツネの話が出て来るので、
弓ヶ浜にも昔からいるようです。

IMG_9921ss.JPG





 













ちょっとハクチョウ達も、びっくりしていました。

鳥の様子
 コハクチョウ 300羽ほど
 マガン    500-700羽 コクガン 1羽 ヘラサギ オオハシシギ もいます。


 

2014年1月29日 13:47 カテゴリー: お知らせ

コクガン再び登場!

今日は、空気は冷たいものの快晴で日差しが暖かい一日でした。
雪化粧の大山がとてもシャープに見えて、1月とは思えない風景でした。

そのせいか11:30頃、久しぶりにマガンの群れがやって来ました。この中にコクガンがいるかも、と思って探してみたら、期待通りいました!初めて見つけた23日以来の登場です。

IMG_9790ts.JPG
















とはいっても、およそ600m先に群れるマガン約1100羽の群れの中に1羽だけです。ネイチャーセンターから望遠鏡で見てもこんな感じの風景なので、お客様にご案内するのはかなり難しいです。この画像の中にコクガンがいるのですが、居場所が分かりますか?


今日は大変視程が良く、夕方には陽炎も収まり、はるか先のマガンが良く見えました。これなら、他のマガンが混じっているかも、と思い、じっくりと探してみたところ、何とカリガネと思われるガンが1羽いました(アイリング有、くちばしが濃いピンクで短め)。しかし、60倍の望遠鏡では倍率が足りず、75倍で再確認しようとしていたとき、一斉に安来方向へ飛び去ってしまいました。カリガネならば水鳥公園初記録だったのですが、幻の記録になってしまいました。またガンの群れが来た時に、コクガンと併せて探さねば!


IMG_9749s.JPG















今日はオオハクチョウが7羽いました。
近頃は成鳥4羽幼鳥1羽の計5羽グループがいたのですが、それに幼鳥2羽が加わった形です。成鳥と幼鳥の間には親子関係が無いようで、成鳥と幼鳥で別々に行動していました。今季のオオハクチョウは、なかなかネイチャーセンターのそばに寄ってきてくれません。


IMG_9783s.JPG















近頃、ヘラサギの出席率が良いです。
今日は夕方にネイチャーセンターの目前を歩いてくれました。

●今日の鳥 2014年1月27日(月) 快晴!
コハクチョウ 168羽(うち幼鳥17) アメリカコハクチョウ1羽含む。
オオハクチョウ 7羽(うち幼鳥3)
コブハクチョウ 2羽
マガン およそ1100羽 今季最多数!
コクガン 1羽 マガンに紛れる
(カリガネ 1羽)マガンに紛れる。幻の記録~。
ツクシガモ 11羽
ヘラサギ 1羽 近頃好調?
オオハシシギ 2羽 今日も前浜の島で健在!
ハジロカイツブリ 21羽 夕方に集合!
ミサゴ 1羽
トビ 2羽
チュウヒ 2羽
ハイイロチュウヒ メス1羽 ネイチャーセンタの近くを飛びすぎて撮影不能!
オオタカ 若鳥1羽
ノスリ 1羽
カワセミ 1羽 メダカ池通い継続中!
スズメ 14羽 地上で採食。何が落ちているの?

など、45種2500羽くらい。

(文・写真:きりぎりす)

2014年1月27日 19:27 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コクガン , ヘラサギ , マガン

コクガンが11年ぶりに飛来!

今日は久しぶりに日差しの暖かい日でした。
そのためか、久しぶりにマガンの群れがお昼過ぎに飛来しました。その数およそ790羽。雪化粧の大山の前を群れ飛ぶ様は壮観です。

マガンの群れの中に珍客が混じっていないかな、と思って探してみたら、本当に珍客がいました。コクガンです。

主に東北地方以北の沿岸部に飛来するコクガンは、山陰地方ではとても珍しく、水鳥公園には2002年冬以来2度目の飛来です。マガンと同じく、国の天然記念物に指定されているVIP様。明日の新聞各紙に掲載される見込みです。

CIMG4058ts.JPG















園内中央部の島でマガンの群れに紛れていました。黒いからだ、黒いくちばし、白い首輪模様、ぼんやりと白い脇腹が特徴です。大きさはマガモよりやや大きいくらい。ガンの仲間では小型です。

中海周辺に飛来しているマガンの群れに同行しているので、今後、中海のマガンの群れを見かけたら、注意深く観察してみないといけませんね。近頃、水鳥公園にはなかなかマガンがやって来てくれないので、次に会えるのはいつになるやら。明日も来てくれたら嬉しいです。

●その他の鳥情報
コハクチョウ 朝は140羽くらいだったのに、夕方に続々と飛来して約250羽になりました。まるで北帰行前のような賑わいでした。
オオハクチョウ 成鳥4羽幼鳥1羽 一日中園内にいました。
マガン 785羽以上 コクガン入り。
ツクシガモ 6羽 ちょっと減りました
ヘラサギ 若鳥1羽 今日はサービスが良かったです。
オオハシシギ 2羽 ネイチャーセンター正面でのんびり。
ハマシギ 2羽 オオハシシギの隣でウトウト。
カワセミ 2羽 追いかけっこ
クイナ 1羽 池の岸辺の木陰を歩く
スズメ 12羽 地面に降りて食べ物探しに大忙し。

など、44種1500羽くらい。

(文・写真:きりぎりす)

2014年1月23日 19:13 カテゴリー: お知らせ , コクガン

オナガガモのプロポーズラッシュ!

今日は、冷たい雨や雪が降ったりやんだりの寒い一日でした。
そんな中、園内の池では忙しく動き回るカモの群れがあちらこちらで見られました。

忙しく動き回っているのはオナガガモです。
年が明け、春の到来が近付いているのを感じているのか、近頃プロポーズが盛んになっています。
1羽のメスにたくさんの雄が群がり、求婚しています。

IMG_7812s.JPG















そして、群がるオスを振り切ろうとするかのようにメスが飛び立つと、オスたちもメスを追って飛び立ち、水鳥公園の上空を飛び交っています。
このような行動はオナガガモにだけ見られ、他のカモ達は、水面上でのプロポーズ合戦に勤しんでいます。


IMG_7419ts.JPG















一方、こちらはネイチャーセンターのすぐ脇に現れたキジのオス。
冬に出会うオスは、顔の赤い部分が小さく、春と比べるとずいぶん印象が違います。

●今日の鳥 2014年1月18日(土)みぞれ・濃霧
コハクチョウ 118羽 うち幼鳥7羽
コブハクチョウ 2羽
キジ 雄1羽
ツクシガモ 11羽
ヨシガモ 5羽
ヒドリガモ 26羽
マガモ 95羽
カルガモ 24羽
ハシビロガモ 15羽
オナガガモ 742羽
トモエガモ 6羽
コガモ 36羽
ホシハジロ 98羽
キンクロハジロ 36羽
スズガモ 3羽
ミコアイサ 2羽
ホオジロガモ 雄若鳥1羽
カイツブリ 8羽
ハジロカイツブリ 8羽
カワウ 12羽
コサギ 5羽
バン 2羽
オオバン 17羽
タシギ 5羽
オオハシシギ 2羽
イソシギ 1羽
カモメ 3羽
セグロカモメ 若鳥1羽
トビ 1羽
チュウヒ 3羽
ノスリ 1羽
カワセミ 2羽
ハヤブサ 若鳥1羽
モズ 1羽
ヒヨドリ 2羽
ハシボソガラス 3羽
ツグミ 2羽
シロハラ 1羽
ジョウビタキ 雄1羽雌1羽
スズメ 20羽
オオジュリン 3羽

ヘラサギは、近頃数日に一度現れるのみで、なかなか出会えません。

(文・写真:きりぎりす)

2014年1月18日 16:22 カテゴリー: お知らせ , オナガガモ , キジ , 鳥情報

仲良しなノスリとオオタカ?

2013年1月13日(月・祝)本日、小雪の中
公園内の観察小屋付近に仲良しな?
ノスリとオオタカがいました。

オオタカ&ノスリ 001.jpg

















普段肉食性の猛禽類同志、餌を奪い合う事はあれど、仲良く一緒にいる事は
あまりありません。
仲良しっていう訳ではないと思うのですが、お互い微妙な距離をとりながら
1時間ほどずっと同じ場所にいました。

今朝の公園の鳥情報
コハクチョウ…約200羽 マガン…約100羽 カワセミ…めだか池の虎ロープに
オオハシシギ…2羽 ツクシガモ…約10羽 ヘラサギ…1羽      などなど
                                    BY MARUKOME

2014年1月13日 10:34 カテゴリー: お知らせ

小学校の先生方に環境教育の事例を紹介

今日は、米子市小学校教育研究会の環境教育部会にお招きいただき、米子水鳥公園で実践している小学生を対象とした環境教育の事例を紹介しました。

DSCN0127s.JPG

















1時間の講演で、具体的なプログラム内容と所要時間の事例、活用しているアイテムの現物等をご紹介しました。参加して頂いた先生方には、是非次年度の教育計画の立案の参考にしていただけたら幸いです。

今年度から、米子市では「なかうみ環境学習事業」を実施していまして、米子市内の小学校や養護学校が水鳥公園で学習する際の交通費の補助が受けられます。現在までに、この制度を活用して5つのグループが水鳥公園を訪れ、学習しました。

今後もこの制度を活用して、是非多くの小学校に米子水鳥公園での環境学習を体験して頂きたい思います。

制度の詳細はこちらをご覧ください。

(文:きりぎりす)

2014年1月 7日 17:03 カテゴリー: お知らせ , 出前講義 , 環境教育

朝の光と池の様子

今朝は、雲間から光が差し込み、穏やかな池の様子です。
ネイチャーセンターの前で50羽程のコハクチョウが眠っていました。
DSCN1155.JPG



















DSCN1156.JPG



















2014年1月 5日 08:25 カテゴリー: お知らせ

雪の晴れ間にコハクチョウ帰宅!

今日のような雪の日は、鳥たちはいつもと違った行動が見られることがあります。
朝出掛けたコハクチョウが、昼過ぎには帰ってきました。

DSCN1100.JPG


















本日、二時ごろ 帰ってきたコハクチョウ 後ろにツクシガモがいます。

DSCN1104.JPG


















ヘラサギも午後から観察できたのですがどれか分かりますでしょうか?
右側のカモの前の白い塊が寝ているヘラサギです。
DSCN0091ss.JPG



















コハクチョウ達も、次々帰ってきます。16:00過ぎには、50羽を超えました。

2013年12月28日 17:30 カテゴリー: お知らせ

12m!

今日は、ヘラサギがネイチャーセンターの真正面、というか真下まで寄ってきました。
カメラのレンズの距離計を見ると、なんと12m!最接近記録更新かもしれません。

DSCN0081s.JPG


















窓際で椅子に座っていると、死角に入ってしまうくらい近い位置で食べ物さがしをしていました。



IMG_4419s.JPG















近すぎて、画面に収まりません。
(EOS7D+500mmF4.5の場合)
寒さが厳しいせいか、今日は日中活発に採食していました。


IMG_4361s.JPG
















ツクシガモは14羽になりました。今季最多数です。

●今日の鳥 2013年12月27日(金) 雨
コハクチョウ 78羽(うち幼鳥11)
オオハクチョウ 3羽
コブハクチョウ 6羽
ツクシガモ 14羽
トモエガモ 186羽
オオタカ 成鳥1羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽(成鳥、若鳥)
ハヤブサ 若鳥1羽(黒い鳥を捕食)
ハジロカイツブリ 32羽
ヘラサギ 若鳥1羽
ハマシギ 4+羽
カワセミ オス若鳥1羽
など、37種およそ1000羽。

(文・写真:きりぎりす)
 

2013年12月27日 17:16 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , ヘラサギ

雪溶けました。

今朝は、いきなり雪景色で驚きましたが、午後には雪が解けて前浜にオオバンたちが上陸してきました。草をちぎって食べているようです。丸い黒い塊が、ころころしている様子は、どこか可愛らしいと思ってしまうのは私だけでしょうか?
クイナも時々姿をみせますが、こちらは、あまりオープンな場所には出てきません。
IMG_3478.JPG
















地面に少しだけ生えている草が、美味しいようです。


IMG_3495.JPG
















16:00頃帰ってきたコハクチョウ、前浜で水浴びを始めました。

IMG_3343s.jpg
















ツクシガモも目の前にやってきてくれています。


こちらは、18日の写真です。
IMG_2985s.jpg

















ハイイロチュウヒ ♂
猛禽は、他にチュウヒやノスリも時々見られます。

今日は、寒さのせいか池全体にカモの数は少なく見えます。
ツクシガモ・トモエガモ・ヒドリガモ、オカヨシガモ、ヘラサギ等が居ます。
目の前に潜水系の水鳥たちが集まっていましたが、ミコアイサ、カンムリカイツブリが群れからいなくなり、ハジロカイツブリばかりになりました。



 

2013年12月20日 16:33 カテゴリー: お知らせ

ツクシガモ


今日は、強い西風でネイチャーセンターの前に風よけに鳥が集まってきました。
朝はヘラサギ、コハクチョウ さらには、トモエガモがネイチャーセンターの前を飛び回っていました。

IMG_2881.JPG
















そして、午後には
ツクシガモがやってきました。ツクシガモは今シーズン水鳥公園初記録です。

DSCN1138ss.jpg

















                        (ポタちゃん)

2013年12月14日 16:38 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , トモエガモ

水鳥同盟発足?

近頃、水鳥公園では面白い光景が見られます。
数種類の水鳥たちが密集して園内の池を泳ぎまわっているのです。

IMG_1117ts.JPG
















その様子がこちら。
ミコアイサとオオバンが主要メンバーなのですが、それにヒドリガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリが合流して、イモ洗い状態になっています。

ここで不思議なのは、なぜ密集する必要があるのかです。
カワウはしばしば、このように泳ぎながら潜水を繰り返し、集団で魚を捕食する様子が見られます。ところが、この群れは魚食性の鳥ばかりでなく、植物食の鳥も加わっているのです。
目を凝らして観察してみても、魚食性の鳥は小魚を、植物食の鳥は水草を食べています。
一緒に採食することで何かいいことがあるのでしょうが、それが何なのかよくわかりません。謎の水鳥同盟が発足しているようです。

ミコアイサは、毎年この時期が最も数が多くなり、今日は32羽確認できました。オスはもうパンダ柄の繁殖羽に衣替えが終わりつつあり、見ごろを迎えています。ネイチャーセンターに近いところまで水鳥同盟が泳いでくるので、観察しやすいです。ミコアイサを見たい方は、まさに今がお勧め!

IMG_1284s.JPG
















夕方、ごく短い時間ですが、夕焼雲が池の水面に写り込んで、水鳥が泳ぐ波紋がとても美しい幻想的な風景が見られました。

●今日の鳥の様子 2013年12月6日(金)
コハクチョウ 36羽 15:30~17:00頃塒入り
マガン 約380羽 昼寝と塒入りで餌場と二往復していました!
ヘラサギ 1羽 午前中に前浜に来ました!
トモエガモ 32羽 はるか遠くに群れていた!
ハジロカイツブリ 42羽 夕方に集会を開きます
カンムリカイツブリ 17羽 同上
ツグミ 20羽 観察小屋の後ろの枯れ木に群れる
アリスイ 1羽 枝が混んでいるところが好き!
キジ 1羽 Jr.レンジャーの森をお散歩。

など、43種およそ1500羽。

(文・写真:きりぎりす)

2013年12月 6日 18:01 カテゴリー: お知らせ , アリスイ , ミコアイサ

ヘラサギ今日も近い!

DSCN1004.JPG



















いついなくなるのか心配しているヘラサギですが、今日もネイチャーセンターの目の前でユーモラスな姿を見せています。

DSCN0997.JPG



















コハクチョウたちにとっては、ネイチャーセンターの前がいい寝床です。

DSCN0999.JPG



















やや寝ぼけ気味?

DSCN1010st.jpg



















今日はやや遅く<
10:00ごろに公園を飛び立っていきました。


coolpix p520で撮影しました。ポタちゃん


2013年12月 6日 09:45 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

ヘラサギまだいます!

先日、そわそわしているヘラサギを見て、もういなくなっちゃうかも、と不安でしたが、幸いなことに今日も健在です。


IMG_0488ts.JPG


































しばらく前浜に近づいてきませんでしたが、今日は頻繁に前浜左手のドーナツ島(仮称)に飛来しました。



IMG_0459ts.JPG















今日のヘラサギの珍行動。
しきりに枯れたヨシをくちばしでいじっていました。そして、枯れヨシをくわえて運び、足元に置いていました。カワウの若鳥にもよく見られる行動なのですが、巣作りの練習をしているのかな?


IMG_0542ts.JPG
















ヘラサギは、ネイチャーセンターから近い浅瀬で盛んに小動物を食べていました。今日はかなり活発に活動していて、採食している時間が長かったです。ということは、またしてもヘラサギの「腹ペコ注意報」発令、か?


IMG_0718ts.JPG















今日は、日中にコハクチョウがパラパラと舞い降りてきて、朝一番よりも午後の方がコハクチョウの数が多かったです。8:10には29羽でしたが、16:35には91羽まで増加。その中にはアメリカコハクチョウも1羽混じっていました。コハクチョウにとって、今日は渡り日和だったようです。マガンもおよそ330羽が昼寝に集まっていて、コハクチョウとマガンで賑わった一日でした。

(文・写真:きりぎりす)
 

2013年12月 5日 18:21 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , ヘラサギ

コハクチョウの幼鳥

今日は、一日コハクチョウの幼鳥がネイチャーセンターの前で休んでいました。
コハクチョウの幼鳥は、成鳥のように白ではなく、このように灰色がかった色をしています。
通常、このような幼鳥は真っ白な親鳥と一緒にいるのですがこの個体は一羽で単独です。
親鳥とはぐれてしまったのでしょうか?
DSCN9959s.JPG

















このコハクチョウは夕方ごろに飛び立っていきました。
親鳥と合流できると良いのですが.



2013年12月 2日 18:05 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

マガンの帰宅時間

米子水鳥公園は、日本で50カ所程度しかないと言われるマガンの集団塒(ネグラ)となっている場所です。
早朝に日の出とともに塒から飛び立ち、夕方に公園へ帰ってきます。
ただ、飛来初期や小春日和の暖かい日は昼間に一度公園に帰って来て過ごします。
今日は、9:30ごろマガンたちが早々に帰ってきました。
彼らが帰ってくるのは、遠くからでも良く分かります。彼らの騒がしい声が、まだ中海の上をとんでいる頃から聞こえるのです。今日も、南の方から帰ってくる群れの声を聞き、カメラを向けると300羽以上の群れが、並んで帰ってきました。
マガン雁行DSCN9924s.JPG




















マガンたちは、公園上空に来ると何度か池の上空を旋回してから公園のつばさ池に降ります。
安全を確認しているのでしょうか?
マガンと粟島神社の屋根DSCN9935.JPG



















粟島神社上空を舞うマガン(彦名東橋付近より)

今日も公園の周辺を何度も群れで旋回してからつばさ池に降りました。

 

2013年12月 2日 09:28 カテゴリー: お知らせ , マガン

ヘラサギそわそわ

今朝も、ヘラサギはネイチャーセンター前浜にいました。
600m先の島がねぐらで、前浜周辺が採食地、という行動パターンが確立されてきた感じです。
今日は前浜にいる時間が長く、当ブログを見て来園したという遠方からのお客様にも喜ばれました。

DSCN0416s.JPG

















前浜のヘラサギは、ビデオカメラでバッチリ生中継しています。望遠鏡の操作が苦手な方でも大丈夫!
TVの左側に立っているのは、香港で買ってきたクロツラヘラサギのぬいぐるみです。


DSCN0353s.JPG

















おっと、失礼。(汗)
肉食の鳥は、白いペンキ状の糞をします。
糞をするのは、これから飛び立つ合図のひとつです。


IMG_9603s.JPG















今日も西風がとても強く、背が高いヘラサギは横風にあおられてヨロヨロしていました。
いつもは昼間中眠ってばかりいますが、今日は終日活発に行動していて、今季初めて園内の中海側にある小さな池にも入りました。観察には退屈しなくて良かったのですが、これはあまりよい兆しではありません。
ヘラサギ類が姿を消す前は、終日活動する傾向があるのです。
これはおそらく、食べ物が不足気味になって他地域に移動してしまうのではないか、と考えています。

ヘラサギ類がそわそわするのはお別れの合図。杞憂に終わればよいのですが。

(文・写真:きりぎりす)


2013年11月29日 19:07 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

トモエガモ姿を消す

23日には742羽を記録していたトモエガモですが、今日現在、全くいなくなってしまいました。もうほかの地域に渡ってしまったのでしょうか。少しは残っていてくれてもよさそうですが、1羽も発見できませんでした。

IMG_8598s.JPG















ヘラサギは今日も健在(写真左寄りの白い点)。
お気に入りの場所でお昼寝中。
相変わらず池の中央部の島から動きません。
距離600mくらい。


IMG_8599s.JPG















ヘラサギが居ついている島の先端部。
ここはいつもカワウやマガンなどの休憩場所になっています。
この島の奥の水面に、ついこの前までトモエガモがひしめき合っていたのですが、今日は空っぽです。


現在、水鳥公園に塒入りしているコハクチョウは約20羽です。
マガンは日中に園内で休憩することが多くなってきました。100~300羽くらいです。今日はお昼ごろに水鳥公園上空をドクターヘリが通過し、それに驚いて飛び去ってしまいました。
ミコアイサは24羽まで増えてきました。オスのパンダ柄が仕上がるまで、あと2週間くらいかな?
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリも20羽ずつくらい居ます。
次はツクシガモやオジロワシの登場が楽しみですが、今年はどうかな?

(文・写真:きりぎりす)

2013年11月27日 17:50 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ

マガンとトモエガモの群れ

今日の米子水鳥公園はとても天気が良く、大山がばっちり見えました。

DSCN9490s.jpg

















これは、今日 午後3時頃の写真です。黒い丸はマガン。黄色い丸はトモエガモの群れです。
何かに驚いて飛び立ったところです。

stDSCN9503.jpg

















ネイチャーセンターから見たコハクチョウが飛び立つ様子 23日16:00ごろ

2013年11月23日 17:26 カテゴリー: お知らせ

今年はトモエガモが多い!

近頃の鳥の様子をお知らせします。

今季、安来のふゆみずたんぼができて以降、
コハクチョウがとても少ないです。
今朝は22羽いましたが、これでも多い方です。

IMG_8357s.JPG















マガンはおよそ250羽くらいいて、水鳥公園で夜を明かしています。夕方の塒入りは見られないので、真っ暗になってから塒入りしているようです。今日は、朝7:30頃に安来に食事に出かけ、8:40頃昼寝に帰ってきました。近頃のマガンは、9時ごろに飛来して昼間は水鳥公園で過ごし、そのまま夜を迎えています。
この画像には、昼寝をしに飛来したマガンの群れとコハクチョウ、ヘラサギが写っています。この3種がまとめて見られるのは贅沢ですね~♪



IMG_8110ts.JPG















今年はトモエガモの数がとても多いです。昨日は約600羽を記録しました。日に日に数が増えていくので、どこまで増えるのか楽しみです。しかし、残念ながらネイチャーセンターからとても遠い所にいて、約800m先に群れがいます。
時々ネイチャーセンターの近くにいるオナガガモの群れの中に少数が混じっていることがあるので、探してみてはいかがでしょう。→16:00追記:今日は742羽いました!

近頃の主な鳥の様子
オオタカ、チュウヒ、ノスリ、ミサゴ:毎日現れています。
ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ:20羽前後います。
カワセミ:1~2羽が時々ネイチャーセンター前を横切ります。
ヘラサギ:つばさ池中央の島から動きません。
コサギ:10羽前後が夕方にネイチャーセンター前に集まります。
ミコアイサ:10羽以上います。オスは白っぽくなってきました。
オオジュリン:渡りのピークが終わり、少なくなりました。
その他、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヨシガモ、オカヨシガモ、オオバンなど、約40種・3000羽程度が見られます。

●2013年11月23日(土)の鳥 
コハクチョウ 44羽 昼間に続々と飛来。夕方に大半が安来方向へ飛び去る。
トモエガモ 742羽 今季の最多記録更新中!
ウミアイサ 雄1羽 水鳥公園では珍しい!
ヒシクイ 成鳥1羽 亜種オオヒシクイ
ミコアイサ 12羽 雄が分かりやすくなってきた!
ハジロカイツブリ 11羽 夕方になると全員集合!
カンムリカイツブリ 17羽 まだ夏羽っぽいのがいる
マガン 321羽 朝食だけ安来で食べて、昼食以降は水鳥公園。
ヨシガモ 14羽 とってもキレイ!
オカヨシガモ 8羽 とってもシブイ!
オナガガモ 1429羽 現在の最大勢力!
マガモ 984羽 現在第二位の勢力!
ウグイス 1羽 さりげなく身近にいます
など、40種・約3000羽。

(文・写真:きりぎりす)

2013年11月23日 10:49 カテゴリー: お知らせ , トモエガモ , ヘラサギ

水鳥公園の早朝の様子


sDSCN9432コハクチョウの群れ.JPG


















早朝の水鳥公園で撮影をしました。

sDSCN9443.JPG
 


















一番早起きは、マガンです。今日は、少し寝坊気味ですが7:30ごろに
200羽程が飛び立っていきました。

sDSCN9423ネイチャーセンター.JPG


















センターの前にも水鳥たちが集まっています。

sDSCN9445威嚇コブハクチョウ.JPG


















コブハクチョウ(右から二番目)が、コハクチョウの家族を威嚇の姿勢で追い回していました。
 池の奥には、ヘラサギがまだいます。トモエガモの群れが数百羽単位で増えてきました。
ネイチャーセンターの前を、オオタカやハヤブサ、カワセミなどが時々横切り、カモたちは、そのたびに水面へ逃げ込んでいます。


2013年11月22日 09:49 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

オオハクチョウ現る!

いよいよ安来の田んぼに大規模に水が張られたようで、水鳥公園のコハクチョウが大幅に減りました。これから2月ごろまで、コハクチョウのねぐら立ちやねぐら入りの観察は楽しめそうにありません。


IMG_7269s.JPG















今日はお昼前にマガンの群れが飛来しました。ざっと数えて130羽。北国から南下してきた新規のグループかもしれません。そのまま日が暮れたので、今晩は水鳥公園でのんびり休むつもりのようです。


IMG_7236ts.JPG















そして午後には、オオハクチョウが1羽現れました。
山陰地方ではレアなハクチョウです。
オオハクチョウは、コハクチョウと違ってあまりねぐらから離れないので、一日中いてくれることが多いです。コハクチョウが激減してしまった今、是非水鳥公園に居ついてほしいものです。

IMG_7480ts.JPG















ネイチャーセンター前の浅瀬に、カンムリカイツブリがやって来ました。カンムリカイツブリは体が大きくて潜水する鳥なので、浅瀬にはあまりやって来ません。ネイチャーセンター前に来てくれるのは珍しいです。

このほか、トモエガモが115羽以上確認できました。でも、ネイチャーセンターからとても遠く、600~700m先でマガモの群れに混じっていました。高倍率の高性能な望遠鏡がないと観察は困難です。
トモエガモは、11日頃から数が増えてきました。近年では100羽以上確認されたのは久しぶりです。今年は当たり年、か?

●今日の鳥 2013年11月13日 曇り時々雨 大山雪化粧!
オオハクチョウ 成鳥1羽
マガン 130羽
トモエガモ 115羽以上
オカヨシガモ 91羽
ミコアイサ 雌タイプ3羽
オオタカ 成鳥1羽
ハイタカ 幼鳥1羽 ネイチャーセンター付近を時々飛びます
ノスリ 1羽
トビ 2羽
ミサゴ 1羽
チュウヒ 1羽
カワセミ 2羽 盛んに追いかけっこしている
ジョウビタキ 雄雌各1羽
ハジロカイツブリ 12羽以上
カンムリカイツブリ 10羽

など、35種・計2000羽程度。

(文・写真:きりぎりす)

2013年11月13日 18:02 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , カンムリカイツブリ , マガン

今朝の様子

今朝の様子DSCN8831s.JPG DSCN8675s.JPGDSCN8830s.JPG

2013年11月 8日 08:13 カテゴリー: お知らせ

ベニヒワがいました

今朝行った鳥類標識調査で、ベニヒワが3羽見つかりました。
標識調査では水鳥公園初記録です。

IMG_5771s.JPG















頭のてっぺんがバラ色で、とってもかわいい鳥です。
体長13センチ。
ベニヒワは暖冬では見られず寒い冬にやって来る印象があるので、
今年は寒い冬になるのかな?

現在、園内のヨシ原にはオオジュリンがたくさんやってきています。ついこの前まではコヨシキリだらけでしたが、主役交代です。今日の調査ではオオジュリンの標識が忙しかったです。このほかにも、コヨシキリやタシギ、タヒバリも見つかりました。

(文・写真:きりぎりす)


2013年10月31日 17:27 カテゴリー: お知らせ , ベニヒワ , 調査研究

コハクチョウ100羽越え!

近頃、開館時にはコハクチョウがすべて安来に飛び去っているので、夕方のねぐら入りの時が、現在の飛来数を把握するチャンスです。今日は閉館間際の17:25頃からねぐら入りが始まり、今季初めて100羽を越えました。

中海の方からコハクチョウの群れの鳴き声が聞こえてきたので、声がする方向に目を凝らすと、コハクチョウの大編隊が続々と水鳥公園目指して飛んできました。

IMG_5115s.JPG
















編隊飛行で水鳥公園を目指すコハクチョウたち。
今日はなかなか帰ってこないな~、と、
かなりじらされましたが、その分まとめて帰ってきました。
17:25~17:33の間に、
成鳥109、幼鳥11の計120羽を確認しました。

カモ類はおよそ4000羽集まっています。

(文・写真:きりぎりす)

2013年10月27日 18:05 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

オオタカのその後

昨日夕方、ヌートリアに襲われてダメージを負ったオオタカですが、
今朝はどこかで獣に襲われて死んでいるのではないか、と心配しながらネイチャーセンターを開館しました。

そんなとき、ふと昨日オオタカが姿を消した辺りに目を向けると、
オオタカがいました。


CIMG2726ts.JPG















視聴覚室のスクリーンの真裏に位置する、キャットウォークの手すりにじっと止まるオオタカ。観察ホールからかなりの至近距離。窓辺に立つ私の姿が見えているはずですが逃げません。やはり弱っているのでしょうか。



IMG_4570s.JPG


































びしょ濡れだった羽毛もきれいに乾き、精悍な姿に戻っていました。
見たところ、特にけがを負った様子はありません。

オオタカは、朝に発見してからお昼過ぎまで、このままじっとしていました。
その間に来館されたお客様に、このオオタカを望遠鏡でご覧いただきました。お客様は、至近距離で見る鮮明なオオタカの鋭いまなざしに感心していました。
この後、オオタカは付近を少し飛ぶようになりました。でも、この場所が気に入ったのか、飛んでもまたここに戻り、休んでいました。

こうしてオオタカは、ネイチャーセンターのあちらこちらに飛び移り、最後に南西方向に飛び去りました。
一時は、ネイチャーセンター玄関前の手すりの柱にも止まりました。こんなところにオオタカが止まっているなんて、不思議な光景でした。


IMG_4697s.JPG















飛び去る直前のオオタカ。止まっている場所は、視聴覚室の屋根の上です。
このオオタカは、今年生まれのまだ0歳の幼鳥。体格から雄だと思います。大変な体験をしたこのオオタカ、ヌートリアがトラウマになっていないか心配ですが、厳しい自然界を逞しく、オオタカらしく生きてほしいと思います。

(文・写真:きりぎりす)

2013年10月20日 18:49 カテゴリー: お知らせ , オオタカ

オオタカが襲われた!

本日夕方、なんとも意外な事件がおきました。

米子水鳥公園の生態系の頂点に君臨するオオタカが、
意外な生きものに襲われたのです。

オオタカを襲ったのは、ヌートリアでした。
ネイチャーセンター左手にある島の岸辺に降りていたオオタカのそばを、
ヌートリアが泳いでいました。
すると、ヌートリアが突然向きを変えてオオタカに猛突進!
面食らったオオタカは、両足を突き出して応戦。
しかし、ヌートリアの猛攻に押され、空へ緊急避難しました。

IMG_4325ts.JPG















ところが、オオタカは怪我を負ったのか、池に墜落。
そこへさらにヌートリアが襲いかかり、水面でもみ合いとなりました。


IMG_4330s.JPG















ヌートリアが去った後、ヘロヘロになったオオタカが、元いた島に泳いで上陸。


IMG_4349s.JPG















全身びしょぬれになったオオタカは、草むらに隠れるようにじっとしていました。
普段は襲う立場なのに、まさか自分が襲われるとは。しかもヌートリアに。茫然自失な感じでした。


IMG_4421s.JPG















しばらく休んでから、飛び立っては池に墜落を何度か繰り返し、最後にネイチャーセンター前の丸太の柵に泳ぎ着きました。そして、びしょ濡れのみすぼらしい姿になってしまったオオタカは、ヒョコヒョコと歩いて茂みの方へ移動して、やがてネイチャーセンターの床下に潜っていきました。

保護も視野に入れて、捕獲用の網を持って床下に探しに行ってみると、私の目の前1mのところでじっとしていました。そこで、カメラを取りに行って戻ってみると、すでに姿は消えていました。このオオタカの安否が心配です。

それにしても、草食獣のヌートリアがほかの生きものを襲う光景は初めて見ました。
見たことがないような猛ダッシュでオオタカに襲いかかる様は、何か恨みがあるかのような迫力でした。
呑気で大人しいイメージがあるヌートリアの意外な一面を目の当たりにしました。

(文・写真:きりぎりす)


2013年10月19日 18:16 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , ヌートリア

コアオアシシギ

ネイチャーセンターの前浜にコアオアシシギを見つけました。
アオアシシギ・イソシギ・セイタカシギもやってきてます。

DSCN8146s.jpg












































ポタちゃん

2013年10月18日 19:22 カテゴリー: お知らせ , コアオアシシギ

水鳥たち次々到着

やっと暑い日々が終わり、風が冷たくなってきたと思ったら次々に渡り鳥がやって来ています。
今日渡って来たコハクチョウでしょうか、目の前で眠っています。

DSCN8111.JPG


















池の奥を覗くとカモの群れがたくさん入っていました。
DSCN8113.JPG




 

2013年10月18日 11:38 カテゴリー: お知らせ

ヒシクイ

この季節米子水鳥公園には、渡りで通過する鳥も含めて様々なものがやって来ます。
お昼頃、ふと池を見るとやや大きな水鳥が浮かんでいました。
午前中から休んでいたマガンかと思いつつ望遠鏡を覗いてみるとヒシクイでした。
渡りの途中で仲間からはぐれてしまったのでしょうか?
すぐに飛び立って、西の方へ飛んで行ってしまいました。

IMG_3936sT.JPG
IMG_3965ss.JPG

2013年10月12日 13:55 カテゴリー: お知らせ , ヒクイナ

冬鳥が増えてきました。

米子水鳥公園では、冬鳥が増えてきました。
前浜の島には、オナガガモやヒドリガモが羽を休めています。
白い鳥は、コブハクチョウです。一字違いのコハクチョウも
もうすぐやって来るでしょう。
CIMG2507s.jpg

















本日
確認した鳥

ハヤブサ、セイタカシギ、オナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロなど
カワセミも時々前浜を横切ります。

2013年10月11日 13:05 カテゴリー: お知らせ

480名で水鳥公園を美化清掃!

本日は、米子地区環境問題を考える企業懇話会による米子水鳥公園美化清掃活動が行われました。
毎年恒例のボランティア活動で、昨年は悪天候の為中止となりましたが、今年は天候に恵まれ、480名もの方々が参加してくださいました。



DSCN0535s.JPG企業懇話会の前田会長、当財団の角理事長、山根館長による開会の挨拶の後、作業を始めました。








作業内容は、園内の野鳥保護区内の除草作業、水鳥公園外周堤防のゴミ拾い、粟島神社脇のトンボ池「水辺のわくわく学校」の除草作業です。


DSCN0553s.JPG野鳥保護区内の除草作業は、今年は岸辺以外を機械で刈り払い済みだったので、岸辺部分のみの作業となりました。数百名がかりでわずか15分程度で片付いてしまいました。






DSCN0596s.JPG堤防のゴミ拾いでは、こんなにたくさんの漂着ゴミが回収されました。









このほかにも、水辺のわくわく学校の池を埋め尽くしていたヨシやヒメガマもきれいに片付き、水面が広くなりました。


DSCN0587s.JPG

















すっきりと見晴らしがよくなった、保護区内の岸辺。
これで冬鳥たちを迎え入れる準備が整いました。
作業に参加された480名の皆様、ありがとうございました。

これから続々と水鳥たちが水鳥公園に集まります。
作業に参加された皆様には、
皆様がきれいにした岸辺で水鳥たちがくつろいでいる様子を
ぜひ見に来て頂きたいです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月29日 12:58 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 環境管理

マガンが到着しました

本日11:50頃、今季初めてマガンを確認しました。
しかし、ネイチャーセンターからおよそ700m位先にいたので、遠くて写真が撮れませんでした。


しばらく待っていると、手前に向かって飛んできました。


IMG_2920s.JPG















今年の初飛来は5羽です。
先頭と最後尾に成鳥がついて、幼鳥を挟むように行動しています。5羽家族なのでしょう。背景に立つ紅白の棒は、地元放送局のアンテナ塔で、ネイチャーセンターから眺める水鳥公園の風景の目印になっています。


IMG_2929ts.JPG















着水!
その後、しばらくは粟島神社寄りの岸辺付近にいましたが、午後半ばに姿を消しました。


マガンは初飛来後、水鳥公園で落ち着くまで少し時間がかかります。
ある程度群れが大きくなり、安来の田んぼへの通勤生活が軌道に乗るのは、
来月半ばくらいではないかと思います。

さて、つぎはいよいよコハクチョウですね。
マガンは水鳥公園開園以来最も早い飛来でした。
コハクチョウはどうかな?

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月27日 16:28 カテゴリー: お知らせ , マガン

ヒメスズメバチを素手で持つ



昨日、今日とネイチャーセンターにヒメスズメバチが迷い込んできました。このような時は、お客様が刺されては大変なので、速やかに捕獲して外へ逃がします。

見た目は恐ろしげなこのハチですが、素手で触っても大丈夫です。実は、このハチには毒針が無いのです。
ハチの毒針は、メスの産卵器が変化したものなので、雄にはありません。オスとメスの見分けがつけば、生きたハチを素手でつまむことができます。つまり、このヒメスズメバチはオスです。もちろん、メスだったら素手で触れば刺されます。

水鳥公園に遊びに来ている子どもの前でやってみせると、とても驚かれます。刺すハチと刺さないハチがいるということを紹介するのに最も印象深い方法だと思います。でも、間違えると刺されますので、自信がない方は真似をしないで下さいね。

(動画・文:きりぎりす)

2013年9月26日 12:14 カテゴリー: お知らせ , スズメバチ ,

頼もしいサポーター

近頃、放課後や休日になると
野鳥の観察や鳥の羽根を集めたりする
水鳥公園ファンの子達が増加中です。
通う学校も違えば、学年も違う子供達。
同じ趣味を持つ者同士、気が合うのでしょう、
いつの間にか兄弟の様に仲良く遊ぶようになり、
休日には子供同士で待ち合わせをするといった姿も
よく見掛けるようになり、なんとも良い雰囲気ですgood
ブログ用Ⅰ.jpg今日は振り替え休日、
そんな子供達が集まり、
自然探検などして遊んで帰って来ました。
一通り遊んだ後、低学年の子が
少し暇そうにしていたので、
「スッポンの水槽掃除でもしようか?」
と声を掛けると、他の子供達も
「手伝いたい!」
と集まってきました。
ブログ用Ⅱ.jpg早くしないとスッポンがバケツから
脱走しそうですsweat01
しかし、実は今までにも何回も水槽掃除を
手伝ってもらった子供達、
なんと手際の良いことでしょう!
あっという間に掃除してくれました。
ブログ用Ⅲ.jpg掃除のあと、
スッポンを水槽に戻してやると、
なんとも気持ち良さそうに
砂利の中から顔を覗かせていました。

ほんとに大助かりな
小さく頼もしい水鳥公園サポーターですhappy01
大きくなっても
いつまでも水鳥公園を支えてくれる
力強いサポーターであってくれたらいいなぁ~shine
と思った水槽掃除でした。
                MARUKOME

2013年9月23日 16:56 カテゴリー: お知らせ

カイツブリの親子現る!

夏もずいぶん遠くに過ぎ去った感がありますが、米子水鳥公園に夏の名残がやってきました。
カイツブリの親子です。
米子水鳥公園では、カイツブリは夏の風物詩ですが、秋風とともに親子の姿が見られなくなります。
少し季節外れの親子の姿です。
IMG_2587s.JPG















写真のように親鳥は、懸命にヒナに餌を与えていました。

2013年9月23日 14:19 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

そろそろ冬支度!

9月も半ばになり、
鳥たちの子育ても一段落するこの頃、
水鳥公園では、これから飛来するシギやカモたちのために
冬支度をします。

ネイチャーセンター正面にある小島のヨシを刈り払い、
カモたちが休憩できる島にするのです。


DSCN0041s.JPG

















ヨシ刈りする前の小島の様子。
夏の間はヨシを生い茂らせ、
ヨシ原で子育てをする鳥のゆりかごにします。



DSCN0278ss.JPG

















前浜の小島に上陸してヨシ刈り実施中。
足元が悪い上に、刈ったヨシが倒れてのしかかってくるので、
思うように作業がはかどりません。
かなり過酷な作業です。



DSCN0284ss.JPG

















そして、ヨシ刈り後の風景。
見晴らしがよく、陸地から隔てられた小島は、
カモなどの水鳥が安心して休める場となります。
また、サギたちも採食場や休憩場所として集まります。
前浜の冬支度は、これでほぼ完了です。
あとは、中海側の岸辺の草刈りが残っています。



鳥の様子について。
近頃目立つ鳥がカワセミです。

CIMG2291s.JPG

















ネイチャーセンター正面の丸木柵によく止まっていて、
メダカを採って食べる様子が観察できます。
出現頻度はかなり高く、観察には今がお勧めです。


●その他の鳥の近況

カモ類がじわじわ増加中!
特にコガモが急増。現在100羽位。
また、時々シマアジやオシドリも紛れています。

チュウサギ 草むらでよく虫捕りをしています。
オオタカ マツの枝先に止まり、ゴイサギをよく狙います。
チュウヒ 時々ヨシ原の上を舞っています。
カルガモ 今最もたくさんいるカモ。池の岸辺でのんびりしています。

カワウ ネイチャーセンター前の杭先で毎日羽根干し中。

モズ 高鳴きが秋を演出!

イソヒヨドリ ネイチャーセンターまわりをウロウロしていて、
       時々囀っています。

など、30種類以上の鳥が観察できます。
ようやく涼しくなってきたので、快適に鳥を観られるようになっていました。
是非遊びに来てくださいね。
コハクチョウ初飛来日当てクイズも開催中です。

★2013年9月20日に見られた注目の鳥
ハジロカイツブリ 1羽 初認!
トモエガモ ♀1羽 初認!
シマアジ 3羽 コガモの群れの脇にいました!
アカアシシギ 2羽 秋初認!
カワセミ ♂1羽 今日も前浜によく来ました!
オオタカ 成鳥1羽 草むらによく降りていました!

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月20日 15:24 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , 環境管理 ,

子どもたちが書いたフラッグが名古屋で展示!!

先日、米子水鳥公園で自然について勉強している子供たちが、北海道(雨竜沼湿原)での交流会(http://www.yonago-mizutori.com/event/2013/06/esd.html)に参加しました。
この時、子供たちがみんなで書いたフラッグが、
・ESDユネスコ世界会議1年前イベント・
「あいち・なごやESDフェスタin名古屋」に展示されました。
会場は、名古屋の真ん中であるテレビ塔の下で、多くの人が注目していました。
DSCN0141SS.jpg

















DSCN0139ss.jpg

















※ESDとは、持続可能な開発のための教育のことです。ユネスコでは、来年までを「国連持続可能な開発のための教育の10年」としています。来年は、その最終年の会議を日本で行うことになっています。

2013年9月15日 15:40 カテゴリー: お知らせ , 国際交流

鳥学会2013に参加しました。

 米子水鳥公園では、日頃の研究成果の報告と情報収集のために鳥学会に参加しました。
今回の鳥学会では、米子水鳥公園も参加している東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワーク(ガンカモ類)に関する集会があり多くのガンカモに関する多くの情報を得ることができました。
これらに関しては、逐次公園での解説などで皆様に還元していきます。
DSCN0126ポスター (1)ss.jpg

















米子水鳥公園関係のポスター発表の様子


DSCN0137JOGA (6)ss.jpg

















自由集会の様子

2013年9月14日 15:25 カテゴリー: お知らせ , 調査研究

オオタカがゴイサギを捕獲!

 ネイチャーセンターの前にここ数日ゴイサギの群れが集まっています。
ところがそこへ、一羽の鳥が舞い降りたかと思うと、水中に抑えつけました。
オオタカの若鳥です。
DSCN0065ss.jpg

















ネイチャーセンターの前は、大騒ぎです。
DSCN0078ss.jpg

















オオタカの若鳥は、岸の方へ獲物をバタフライの様に引っ張っていきましたが、
しばらくして、ヨシ原からぼろぼろになったゴイサギが飛んで出てきました。
オオタカは、せっかくの獲物に逃げられたようでした。



鳥情報

 公園は、秋風が吹き始めました。シマセンニュウやコヨシキリなどの小鳥たちが渡りで通過しています。

2013年9月12日 12:47 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , シマセンニュウ

KING OF DANGOMUSHI 決定!

夏休み期間中、
「ダンゴムシレース大会2013」と表し、
ダンゴレースを館内で行ってきました。
おかげさまで、期間中、延べ631名もの参加者の方々に、
レースに挑戦して頂きました。
そして強者揃いの参加者の皆さんの中で、
最も早いタイムを記録した参加者の方に、
KING OF DANGOMUSHI」として
昨日記念品を贈呈させて頂きました。
記録タイムはなんと「2秒99
sweat01
驚愕のタイムcoldsweats02
米子市内の小学校に通う、
3年生 林滉 君の記録でした。

ブログ用1.jpgこちらが記念品として贈呈しました
KING OF DANGOMUSHI 2013年」認定書

ダンゴムシTシャツ」です。
 
ブログ用2.jpg
館長からの認定書授与の様子です。
ギャラリーもいて、林君は少し緊張気味の様子でしたcoldsweats01

ブログ用3.jpg認定書&記念品授与後、
早速ダンゴムシTシャツを着てくれていましたgood
本人曰く、「明日学校の着て行く!」との事でした。
林君 Congratulationsshine

そして来年もダンゴムシレースは開催する予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。
THANK YOUsign01
                                                              BY MARUKOME
 
 


 

2013年9月 9日 15:27 カテゴリー: お知らせ

鳥さんのためならエンヤコラ♪

今日は子どもラムサールクラブの活動日。
テーマは「水鳥のすみかを守ろう!」。
ネイチャーセンター前の砂浜に草が生い茂ってしまうと、
水鳥たちが集まりにくくなってしまいます。
そこで、砂浜の雑草を手作業で根っこごと取り去って、
鳥が好む砂浜を維持しよう、という趣旨です。
運動会シーズンで欠席者が多かったのですが、少人数で頑張りました!

DSCN0019s.JPG作業前。
近頃の大雨で普段よりも10cm以上増水中。








DSCN0026s.JPG作業風景。
すぐそばでは、コブハクチョウが作業風景を眺めていました。








DSCN0044s.JPG作業後。砂浜がずいぶん広くなりました。 雨の中、幼児、小学生、保護者の皆さんが雨具を着て、鳥が喜ぶ姿を見たい一心で頑張って下さったおかげです。今はシギの渡りの時期です。みんなで頑張って整備した砂浜にどんな鳥が集まってくれるか、楽しみです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月 7日 17:49 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

「バードカービング米子」月替わり展示ケース

米子水鳥公園で例会をされているバードカービング米子さんが、月替わりの展示ケースを設けて頂きました。毎月どのような展示をしていただけるか楽しみです。

DSCN0032s.JPG

2013年9月 7日 13:26 カテゴリー: お知らせ

小学生の会話

水鳥公園では、開館時間中いつでも楽しめる園内クイズラリーを用意していますが、これを全問正解した方のために特別クイズを用意しています。

特別クイズの中に「鳥の鳴き声クイズ」があります。
声が聞こえる野鳥図鑑を使って5種類の鳥の声を聴いてもらい、
何の鳥の声かを答える、というクイズです。

毎日水鳥公園に遊びに来ている小学生たちは、
あっという間にクイズラリーをクリアしてしまうので、
この子たち用に用意したようなものです。

見事全問正解したら、水鳥公園の手作り野鳥ハガキの中から好きなものを1枚プレゼントする約束になっています。



今日もこの子たちは鳴き声クイズに挑んできました。
今日は個人戦ではなく、3人のチーム戦でした。
その時の子どもたちの会話。


「オオタカかハヤブサだと思うけれど、どっちかな…」
「ハヤブサだと思う」「あ~、やっぱりオオタカのような気がしてきた…」
「じゃんけんで決めよう!」

「う~ん、これはクイナ類だな…」
「これは聞いたことがある。…オオバンだへん?」
「そうだそうだ!」

「うん、これはカワウでしょう!」

「なんじゃこりゃ?…シマセンニュウ???」

「これはセグロセキレイ!(即答)」


などなど、普通の大人が聞いたら驚くようなマニアックな会話をしています。しかも決してでたらめではなく、かなりいいところをついているのです。

はじめは、特徴的で分かり易い声を選んで出題していたのですが、どんどん全問正解してしまうので、今ではかなりレベルを上げた問題を出しています。

今日は、ハヤブサ、カワウ、オオバン、コヨシキリ(地鳴き)、セグロセキレイを出題したところ、3問正解でした。間違えた2問もかなり惜しかったです。
大人のバードウォッチャーが挑戦してもかなり難しいこの鳴き声クイズ。小学生たちは恐ろしい速さで学習していきます。

このほかにも、水鳥公園の生きもの50種類の川柳と写真で作った「水鳥公園の手作り生きものカルタ」があるのですが、この子たちはあっという間に読み札の川柳を暗記してしまい、読み初めですぐ絵札を取ってしまうようになってしまいました。かるたの全国大会の選手並みのレベルの高さに、大人は全く相手になりません。
この川柳は、生きものそれぞれの特徴を詠んでいるので、この子たちは50種類の生きものの特徴を暗記してしまったことになります。その学習効果の高さに、関係者一同驚いています。

この子たちが鳥の鳴き声図鑑の声250種をすべて暗記してしまうのも、時間の問題かも。

(きりぎりす)

2013年9月 4日 17:44 カテゴリー: お知らせ , クイズラリー

クロツラヘラサギがちょっと休憩

昨日夕方17時ごろ、クロツラヘラサギを1羽見つけました。

DSCN1328s.JPG

















いた場所は、水鳥公園敷地内の中央部にある大きな島の岸辺で、
ネイチャーセンターから500mくらい先でした。
あまりにも遠いので、辛うじてクロツラヘラサギだとわかる程度
にしか観察できませんでした。

そして今日もいるかな?と期待して出勤したのですが、
残念ながら一日待っても姿を見せませんでした。
渡りの途中でちょっと一休み、
という程度のお立ち寄りだったようです。

本当の飛来時期は11月頃です。
昨年は12日間しか滞在してくれなかったので、
今年も飛来して、長居してくれたらうれしいです。



IMG_9765s.JPG















今日は、ネイチャーセンター前浜にコチドリの幼鳥がやって来ました。
この近辺で生まれ育った兄弟かもしれません。
片方は見た目にも幼く、可愛らしかったです。

文・写真:きりぎりす

2013年8月22日 17:56 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ , コチドリ

シギの観察シーズン到来?

連日、猛暑が続いて皆さんお疲れのことかと思います。
でも、夕方になると秋の虫たちが合唱するようになり、着実に季節の移ろいを感じます。


IMG_8871s.JPG















今日は、ソリハシシギとキリアイ、タカブシギがやって来ました。キリアイは、観察する機会が少ない貴重な鳥です。何度か水鳥公園にやってきていますが、ネイチャーセンター前浜に来てくれたのは初めてかもしれません。
このほかにも、セイタカシギの幼鳥とイソシギがいました。


大雨の影響でなかなか水位が下がらなかった園内の池は、ようやく水位が下がり始め、ネイチャーセンター前に砂浜が現れてきました。そこにシギたちがやってきて、ゴカイ探しに勤しんでいました。

秋のシギの観察シーズン到来かな?
今後、どんなシギ・チドリ類がやって来るか、楽しみです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年8月10日 20:07 カテゴリー: お知らせ , キリアイ , ソリハシシギ , タカブシギ , 鳥情報

カイツブリの浮き巣を生中継!

現在、水鳥公園で最もお奨めの観察対象は、カイツブリの浮き巣です。先の記事でご紹介した3つの巣は今日も健在です。


CIMG1692s2.JPG

















昨日、ネイチャーセンターに最も近い巣を観察していると、



CIMG1693s.JPG

















おもむろに親鳥が立ち上がりました。
なんとそこには、ついさっきまで無かった純白の卵があるではありませんか!(右端の卵です)
まさにいま産みたてホヤホヤの卵です。
卵が3つから4つになった瞬間。ちょうど17:00頃の出来事でした。
私は産卵の瞬間に立ち会ったのは初めてです。




CIMG1702s.JPG

















親鳥は、両翼であおいで産みたての卵に風を送っていました。
どんな意味があるのかな?



IMG_7976s.JPG















この巣は、冷房が効いていて涼しい展望ホールのTVモニターで、いつも生中継しています。ご来館の際にはぜひご覧ください。あなたも産卵やヒナの孵化の瞬間に立ち会えるかもしれませんよ♪
これは今日の様子です。今日も卵は4個でした。

(文・写真:きりぎりす)

2013/08/08追記:
残念ながら、この巣は8月5日(月)に消失してしまいました。
翌6日(火)に、指導員が園内の池をボートで巡って調べた結果、7個の巣を確認しました。うち2ヶ所が(遠いですが)ネイチャーセンターから見えます。6か所で卵が確認でき、残る1か所は巣のみでした。ヒナの姿は確認できていません。


2013年8月 3日 18:59 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

学童保育でメダカ採り!

今日は、米子の学童保育の皆様18名+3名が水鳥公園に遊びに来てくれました。
事前に先生と打ち合わせをさせて頂いておりまして、
午前中はメダカ採り、午後は自由に夏休みイベントを楽しむ、
という作戦で活動しました。

DSCN0914s.JPG午前中はメダカ採り。今季最高レベルの猛暑の中でしたが、風が吹いていたおかげで、どうにか倒れずに済みました。子どもたちは猛暑の中でも元気いっぱいでメダカ採りをしていました。8種類の生きものが見つかりました。





お昼休憩の後、午後は現在水鳥公園で開催中の夏休みイベントをお楽しみ頂きました。


DSCN0921s.JPG生きもの暑中お見舞いハガキ書きコーナーや、









DSCN0923s.JPG園内クイズラリーや、









DSCN0925s.JPG野鳥パズルなどなど、









2時過ぎまで館内で遊んでいただきました。

ダンゴムシレース大会も大賑わいでしたが、タイム計測が忙しく過ぎて写真が撮れませんでした(泣)。
現在の暫定チャンピオンは4秒12で、5秒42以内の記録を出さないと10位以内に入れないというハイレベルなレースとなっています。7月28日に今週のチャンピオンが決定します。

今日は3年生~5年生のグループでした。
明日は1年生~2年生グループが来館予定です。
あまり蒸し暑くならないことを祈ります。

(文・写真:きりぎりす)

2013年7月24日 18:09 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント

夏休み準備できました!

山陰地方では、今日が終業式!
いよいよ明日から夏休みです。米子水鳥公園では、いつ来てもたくさん楽しめるイベントを準備しています。

sDSCN8467.JPG

















夏恒例のダンゴムシレース会場(今年はエアコンの効く部屋です。)


また、園内の草刈りも行い、カルガモ親子たちの休憩場所や観察会の広場も確保しました。
sDSCN0837.JPG

















トンボ池もガマ刈りをして、トンボの飛翔空間を確保しました。

他にも、クイズラリーや二週間交替のメニューで、いつでも手作り工作のできるコーナーを準備しております。
ぜひ、夏休みはぜひ米子水鳥公園へおいでください。

チラシ http://www.yonago-mizutori.com/tayori/tayori_pdf/dayori199.pdf

2013年7月19日 17:36 カテゴリー: お知らせ

バンの営巣

ネイチャーセンターの前浜にカルガモに続いて、バンが営巣しているのを見つけました。
皆さんどこにいるのがわかるでしょうか?

IMG_7207sss.jpg
















 卵を温めるバンの赤い額を見つけられたでしょうか?

             これ↓
IMG_7213s.JPG

















他にも、7匹のひなを連れたカルガモがかわいらしい姿を見せています。

2013年7月 8日 15:58 カテゴリー: お知らせ

地元幼稚園が「メダカ採り」に来園!!

いよいよ梅雨明け!夏本番です。
今日は地元の幼稚園がメダカ採りにやってきました。
IMGP0066ss.jpg



















今年は、成長が遅かったつばさ池のメダカたちも急に魚影が目立つようになりました。
日に日に大きくなり、数も増えてくるでしょう。

IMGP0071s.jpg


















9月には、バッタ採りにまた来園してくれるそうです。
楽しみです。

11月のドングリ拾いも楽しいですよ。



 

2013年7月 8日 14:40 カテゴリー: お知らせ

カルガモ親子は今が見頃?

今年はカルガモ親子の登場が半月も遅れましたが、ようやく親子の数も増えてきて、見頃になってきました。

IMG_7126s.JPG










 





数日前から姿を見せる7羽のヒナの親子。
今見られるカルガモ親子の中で最も雛が幼くてかわいいです。
雛が散らかって泳いでいますが、実はこれが自然な姿。落ち着いている証拠です。
皆さんが思い描く、親子が一列になって泳ぐ光景は、警戒しているか急いでいる場合が多いのです。


IMG_7146s.JPG















一列になってネイチャーセンター前を通過。
実は、この背景の草むらには、抱卵中のカルガモの巣があります。巣には卵が少なくとも12個あることが分かっており、順調に孵化すれば、今季最も雛の数が多い親子になります。
早くヒナが生まれないかな~♪



今季よく現れているヨシゴイですが、昨日、今日と姿を見せません。子育てに忙しいのかな?

その一方で、親鳥が巣立った幼鳥を連れ歩く光景がよく見られるようになりました。
内訳は、スズメ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ムクドリ、モズ、カワセミです。

現在、園内散策路沿いの樹木にたくさんのコガネムシがついていて、
ムクドリやモズの親子はそれらを食べにやってきているようです。
彼らにとってこの場所は、コガネムシ食べ放題のバイキングレストランなのかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

2013年7月 6日 17:39 カテゴリー: お知らせ , カルガモ

カワセミの幼鳥が頻繁に飛来!

今日は、今季初めてカワセミの幼鳥を見ました。
水鳥公園の近辺で巣立ったのでしょうか。水鳥公園のカワセミ壁で繁殖してくれないのが残念です(泣)。
時間帯を問わず、頻繁にネイチャーセンター前に飛来しました。


CIMG0705s.JPG

















幼鳥でも背中は鮮やかなコバルトブルーで美しいです。
でも、お腹と足が黒っぽいので、成鳥と見比べると見劣りします。くちばしが短いのも幼い証拠。
くちばしが黒いので男の子です。



CIMG0552ts.JPG

















幼鳥を観察していたら、突然母親がやってきて、息子にメダカを与えていました。幼鳥は大喜びで母親からメダカを奪い取り、食べていました。


IMG_6610ts.JPG

















こんなほほえましい光景も見られました。
カルガモ親子と合席で休憩中。お互いをどのように見ているのでしょう。


CIMG0812s.JPG






























ヨシゴイは初認後毎日観察できています。こんな年は初めてです。ヨシゴイを見るなら今季がチャンス!
ヨシゴイは、ネイチャーセンターからしか見えない場所によく現れます。観察には夕方がお勧めです。

(文:写真:きりぎりす)

2013年6月29日 20:19 カテゴリー: お知らせ , カルガモ , カワセミ , ヨシゴイ

夏の珍鳥そろい踏み!

今日は、なかなか観察できない夏の鳥が相次いで現れました。


IMG_6003ts.JPG

















ヒクイナ。2羽で行動していたので番いかも。
時々声は聞こえますが、姿を見る機会は珍しいです。昨日草刈りをしたネイチャーセンター前浜に登場。草を刈った甲斐があったかも?


CIMG0345s.JPG

















ヨシゴイのメス。
時々ヨシ原の上をフワフワと飛ぶ様子が見られますが、ヨシに止まっている姿を見られる機会は珍しいです。しかも、今日はオスとメスが同時に見られました。


CIMG0375s.JPG

















ヨシゴイのオス。頭のてっぺんが黒くて、首の縞模様が目立たないのが特徴です。
上のメスの写真と比べてみましょう。

この2羽が合流して、ヨシの茂みの中でゴソゴソしているのが観察できました。交尾をしていたように見えました。
もしかしたらこの辺りに巣があるのかも。今後も観察が楽しみになりました。

(文・写真:きりぎりす)

2013年6月23日 16:17 カテゴリー: お知らせ , ヒクイナ , ヨシゴイ

ネムノキの花が咲きました。

米子水鳥公園の観察広場にネムノキが植えてあります。
四年前の生物多様の日にグリーンウェイブ活動の一環として植えました。

DSCN0203s.jpg

















皇后陛下にゆかりのある樹種で、先般の植樹祭に関わる行幸啓において、館長から皇后陛下にご紹介した木です。
この木に今年も花が咲きました。

DSCN0205st.jpg

















ピンク色の可憐な花を見ると、今年も夏が来ていることを知らせてくれます。

2013年6月22日 16:50 カテゴリー: お知らせ , ネムノキ

台風の雨のあとにクロスジギンヤンマの産卵

米子水鳥公園には、池の生き物を観察できるように、ネイチャーセンターの横にメダカ池を作っています。
ここで、おぼれている大きなトンボを発見!!と思ったら・・・
DSCF4348st.jpg


















クロスジギンヤンマが産卵しているところでした。(写真提供:かとうゆうと)
このトンボは、メスが水草に産卵します。昨日の雨で水草がやや元気になったのを知っているのでしょうか?

[ポタちゃん]

2013年6月22日 16:16 カテゴリー: お知らせ , 昆虫

キツネが2頭現れた!

本日午後、ネイチャーセンター前浜にキツネが現れました。
前浜にキツネが現れたのは、私の記憶では初めてです。


IMG_5887ts.JPG















その後、中海側の堤防に再び現れました。その時は2頭いました。
右の1頭は普通なのですが、左にいるもう1頭は、とてもやせて見えるうえに色が灰褐色をしていました。


CIMG9995ts.JPG















幼獣なのか病気なのか。こんなキツネを見るのは私は初めてです。
禿げているわけではなくて、毛が極端に短いようです。
肌荒れも見られず、行動を見る限り元気そうです。

この半年間ほど、キツネの出現頻度がやや高い気がします。
ノネコもうろついており、カルガモ親子が少ないのは、これらの肉食のほ乳類の影響もあるかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

2013年6月21日 16:00 カテゴリー: お知らせ , キツネ

行幸啓のパネル展示しました。

DVC00003.JPG

















米子水鳥公園では、行幸啓の時の写真を玄関入口に掲示させていただきました。
















2013年6月21日 14:47 カテゴリー: お知らせ

天皇皇后両陛下に知事が説明したクロマツを植えました。


天皇皇后両陛下にご来園いただき三週間が経ちました。
米子水鳥公園では、平井鳥取県知事が両陛下に説明したマツノザイセンチュウ抵抗性クロマツの苗を園内に植樹しました。
水鳥公園にご来園の際には、ぜひご覧ください。
DSCN0141ss.jpg

















「20年後にコウノトリがこの木の上で繁殖してくれたらいいね。」
と職員一同、勝手な夢を膨らませています。

2013年6月15日 09:31 カテゴリー: お知らせ

ヒバリの巣を発見!

DSCN0109s.JPG

















今日の夕方、園内の野鳥保護区内の草刈りを行いました。



刈り払い機をもって現場へ向かうと、草地からヒバリが1羽飛び立ちました。ひょっとして、巣があるかも?と思い、ヒバリが飛び出した辺りをよくみてみると…。


DSCN0119s.JPG

















あった!



DSCN0117s.JPG


















拡大。
まだ目が開いていない、パヤパヤ産毛のヒナが3羽、お行儀よく巣に収まっていました。私はヒバリの巣を自力で見つけたのはこれが初めてです。
それにしても、ヒバリは草地にさりげなく巣を作るので、気付かずに踏んでしまいそうです。
皆さんも、川土手など草丈が低い草地を歩く際は、どうぞ足元にご注意くださいませ。
ヒバリちゃん、子育て頑張ってね~♪

このほかにも、作業中に水辺のヨシの茂みの中でカルガモの巣を一つ見つけました。巣には卵が7個くらいありました。今季はいまだにカルガモ親子が確認できていないという異常事態。この巣こそは無事ヒナをかえしてほしいです。というわけで、巣の周りの草は刈り残しておきました。母ガモが戻って来てくれることと、カラスなど天敵に見つからないことを祈ります。

(文・写真:きりぎりす)

2013年6月13日 18:24 カテゴリー: お知らせ , ヒバリ , 環境管理

シマアジ、まだいる。

繁殖期、真っ只中の米子水鳥公園ですが、シマアジがまだいます。
ネイチャーセンターの目の前から今日も良く見えます。
DSCN0071.JPG


















他鳥情報
カイツブリ・カワウ・マガモ・カルガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・ハシビロガモ・コガモ・ホシハジロ・
キンクロハジロ・スズガモ・バン・オオヨシキリなど





2013年6月 8日 13:03 カテゴリー: お知らせ

天皇・皇后両陛下にご視察頂きました。

平成25年5月25日、天皇・皇后両陛下に米子水鳥公園をご視察頂きました。

n9898.pngネイチャーセンター御着の様子(鳥取県撮影)









n9996.png展望ホールでのご視察の様子(鳥取県撮影)








両陛下には、カイツプリの浮巣やこの季節まだ北に帰らず残っているキンクロハジロやハシビロガモについてご説明しました。また、当館の自慢の展示物である、ロシアのツンドラで採取したコハクチョウの巣や、飛びたつ瞬間のコハクチョウのバードカービングをみていただました。
 また、美智子皇后陛下ゆかりのネムノキを子どもたちのために植えたお話をしましたところ、大変喜んでいただきました。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20120905-144176/news/20130525-OYT1T00794.htm?from=blist

2013年5月25日 09:49 カテゴリー: お知らせ

アオバズク墜落死

本日、ネイチャーセンターの床下から、ネコがしきりに鳴いているのが聞こえたので、床下に潜って様子を観に行きました。

すると、ネコの姿はすでに見えなくなっていましたが、その代わりに意外なものを見つけました。

CIMG9750s.JPG

















アオバズクです。床下にうつぶせで転がっていました。
目は生き生きとしていて体も暖かく、死んで間もないようでした。
ほんのわずかに出血がありましたが、ほぼ外傷なしです。

死体を拾って帰り、他の職員に知らせたところ、つい先ほど、ハトサイズの鳥がカラス数羽に激しく追い回されていて、大きな衝突音がしたと言っていました。おそらくこの衝突音は、アオバズクがネイチャーセンターに激突した時の音だったのでしょう。

アオバズクは、米子水鳥公園初記録です。
これで214種類目(かごぬけ鳥含めると217種類目)です。
また1種類、確認種が増えたのはうれしいですが、
元気な姿で会いたかったです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月23日 15:02 カテゴリー: お知らせ , アオバズク ,

玄関前の階段の改良工事完了

先日、ネイチャーセンター前のスロープと階段の修繕工事が行われましたが、階段が以前のものよりも角度が急になり、歩きにくくなっていたことが分かりました。また、降りる際に階段の角が板の境目とまぎれて分かりにくく、どこに足を降ろせばいいか分かりにくくなったことも判明。そこで、5月18日(土)から改良工事が行われ、今日から歩けるようになりました。

DSCN9847s.JPG

















階段を降りる際に、階段の角が分かりにくくて怖かったのですが、角の部分に滑り止めの黒いテープを貼ってもらいました。これでどこに足を降ろせばよいか分かり易くて安心です。



DSCN9848s.JPG

















階段の角度が緩やかになり、圧迫感がなくなりました。
見た目には以前とほとんど変わりません。

2013年5月22日 10:16 カテゴリー: お知らせ , 施設

クロツラヘラサギ現る!

今日は園内の鳥をすべて数える日なので、朝一番で鳥の様子を確認したところ、クロツラヘラサギが1羽いました。渡りの時期としてはちょっと遅めですが、繁殖地への旅の途中で休憩に立ち寄ってくれたのでしょう。




IMG_3822ts.JPG















観察小屋前の岬の先端でのんびり休憩しているクロツラヘラサギ。翼の先端が黒かったので若鳥です。子育てには参加しないから、のんびり旅をしているのかな?



IMG_4039s.JPG















その後しばらくしてから、空から爆音が響いてきました。
今日もブルーインパルスが訓練飛行で水鳥公園の北西の空を飛び交い、空にいっぱい落書きをしていました。



その傍らで、鳥たちも負けじと空を飛んでいました。


IMG_3883ts.JPG















カルガモ。2羽で仲良く飛んでいました。


IMG_3960ts.JPG















アマツバメ。洗練されたスタイルから繰り出す自由自在の飛行テクニックは、ブルーインパルス以上!さすが鳥類界屈指の飛行の名手です。


IMG_3999ts.JPG
















カワウ。ブルーインパルスが気になるのか、首をひねって脇見飛行。



IMG_3910s.JPG


































こうしてネイチャーセンターの玄関で、空飛ぶ者たちに見とれていると、ブルーインパルスがネイチャーセンターの真上を超低空飛行!
すっげ~!


ド迫力の光景に喜んだのもつかの間。
「まてよ、その先には鳥たちがいるのに…」


急いで観察ホールに駆け上がると、カモたちは意外なほど平然としていました。
「何だ、特に影響なしか。よかったよかった…。あれ?クロツラは?」
何と、クロツラヘラサギだけ姿を消しているではありませんか。
なんてことをしてくれたんだ、ブルーインパルス!
せっかく来てくれた世界的希少種を追い出してしまうとは、
とんでもない!




IMG_4297s.JPG















しかし、数時間後の夕方にふと鳥の様子を見ると、
朝と同じところで居眠りしているクロツラがいました。
ブルーインパルスに驚いたクロツラは、隣のヘドロ処理地に一時避難していたようで、また帰ってきてくれました。よかった~♪

さて、明日はいよいよ航空祭本番ですね。
午後の天気予報がよろしくないですが、ブルーインパルスが飛んでくれたらいいですね。
でも、水鳥公園の上は飛んでほしくないなぁ。

明日もクロツラヘラサギはいてくれるかな?

(文・写真:きりぎりす)
 

2013年5月18日 19:19 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

鉄の青い鳥が空を飛び交う!

本日夕方、飛行機の爆音が園内に響き渡りました。

空を見上げると、小さな戦闘機風の飛行機が飛び交っていました。ブルーインパルスです。
そういえば、5月19日は航空自衛隊美保基地の航空祭があるのですね。
そのための訓練飛行のようです。

水鳥公園としては、公園上空を飛行機やヘリコプターなどが飛ぶのは好ましくありません。
園内の鳥がとても怖がるからです。特に冬は、神経質なマガンが園内で休んでいますので、人工の飛行物体が水鳥公園へ接近することはご遠慮いただきたいです。


IMG_3686s.JPG















しかし、ブルーインパルスが軽やかに空を駆ける様はかっこいいですね~。
あんな風に空を飛べたら、どんなに気持ちいいことでしょう。
水鳥公園は美保基地のそばにあるうえに、望遠鏡も備えてあるので、ブルーインパルスをよく「観察」できました。


航空祭にはたくさんの方がお出かけになることかと思いますが、航空祭の後は是非、水鳥公園にもお立ち寄りください。
人が作った「鉄の鳥」の刺激的なショーの後は、野生の鳥の姿を見て癒されるのもいいものですよ♪


IMG_3567s.JPG
















今日はシマアジが目の前にやって来てくれました。
4月のおすすめの鳥として紹介していた鳥でしたが、今季は現れる機会がとても少なく、今季はもう終わりか、と思っていたら、昨日から雄1羽が確認されています。
ネイチャーセンターから約15m位まで接近してきたのは
今季初めてです。
 

2013年5月17日 17:58 カテゴリー: お知らせ , シマアジ

コチドリのヒナは今日も元気!

今日は、一日中雨が降って南風が強く、少し肌寒い悪天候でした。
昨日生まれたコチドリのヒナたちが心配でしたが、心配無用でした。

IMG_2010ts.JPG















親鳥が翼を少し広げて、ヒナたちを体の下に抱きかかえて雨風から守っていました。ヒナたちは時々親の下から這い出てきて、周囲を元気よく歩き回って食べものを探していました。ちゃんと4羽いました。(画像には親鳥1羽とヒナが2羽写っています。わかるかな?)
1日しか経っていませんが、もう昨日より大きくなったような気がします。
それにしても、まんまるでフワフワのヒナが、ちょこまかと親鳥の周囲を歩き回っている様子がとってもかわいい~♪
ぜひ皆様にに見ていただきたい光景です。


IMG_2065ts.JPG















ネイチャーセンターのすぐそばで、「ケーンケーン、ドドドドッ」とキジの声がしたので、そちらを見てみると、キジがペアで歩いていました。オスが1羽で歩いているのは良く見かけますが、メスと一緒に歩いている様子はちょっと珍しいです。天気が悪くて園内に人が歩いていないので、今日はデート日和?


IMG_2224s.JPG















しばらく観察していると、ペアの主導権はメスにあるようです。メスの方が堂々と自分のペースで好きな所へ行って好きなことをしていて、オスはメスのご機嫌をうかがいながら気弱そうに後に続いていました。大切な嫁さんをやさしく見守っている、優しい夫なのかな?


IMG_1913ts.JPG















ネイチャーセンター前の島でクイナを見つけました。そろそろヒクイナが見られることですが、まだクイナがいます。このクイナは湿地をつつくときに盛んに翼を広げていました。こんな様子を見るのは初めてです。何かを威嚇しているようにも見えますが、特に威嚇対象は見えず、謎の行動です。


IMG_1888ts.JPG















こちらは昨日の画像。
昨日は池の排水口付近でコムクドリが7羽ウロウロしていましたが、今日は見られませんでした。風が強かったので茂みに避難していたのかな?まだ居てくれたらうれしいな♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月10日 18:37 カテゴリー: お知らせ , キジ , クイナ , コチドリ , コムクドリ

コチドリのヒナ誕生!

昨日まで抱卵していたコチドリの姿が見えないと思ったら、ヒナが生まれていました。
もう元気に巣のそばを歩き回っていました。


DSCN9542s.JPG

















天敵である人間(私)が近づいてきたので、身を伏せて地面に溶け込むヒナ。どこにいるかわかりますか?こんなに小さなときから、自分の身を守る術をちゃんと心得ているのに感心。細心の注意を払わないとヒナを踏んでしまうので、一歩一歩慎重に歩いてヒナを探します。



DSCN9522s.JPG


















ヒナは4羽いました。4個の卵が無事ふ化したようです。



DSCN9540s.JPG

















その後の調査のため、ヒナの脚にリングを付けました。ヒナのうちに標識を付けることで、その鳥の正確な年齢が分かり、寿命を知るのに役立ちます。
※ご注意:この調査は、鳥の生態を理解した上で、有資格者が正式な許可を受けて実施しています。皆さんは決して子育て中の鳥の巣には近づかないでくださいね!



IMG_1840s.JPG

















標識を付けたら速やかにその場を離れて様子を観察。4羽のヒナたちは元気に親鳥の元へ走っていき、合流しました。これで一安心です。

昨年は、標識を付けたヒナが無事成長して、ネイチャーセンターの目の前に飛んできました。このヒナたちも、これから厳しい自然界をたくましく生き残り、また元気な姿で再会できたら嬉しいです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月 9日 10:58 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , 調査研究

シベリアオオハシシギが目の前に!

シベリアオオハシシギ飛来のニュースが流れ、お客様の関心が高まっているようです。
今朝は、開園前からカメラマンのお客様が正門前でお待ちになっていました。

開園後、お昼過ぎまでほとんど姿を見せなかったシベリアオオハシシギですが、午後になってネイチャーセンター目の前の島に舞い降りました。

IMG_0966ts.JPG















かなり近くにやって来てくれたシベリアオオハシシギ。でも、茂みの中を歩きたがる傾向が強くて、なかなかすっきりと姿を見せてくれません。

と、そのとき、島から飛び立ったシベリアオオハシシギが、ネイチャーセンター目の前の浅瀬に舞い降りてきました。おそらく距離は10m以内。この個体の最接近記録更新です。


IMG_0998ts.JPG















浅瀬といっても、シベリアオオハシシギにはちょっと深すぎたようです。歩くというよりも泳いでいました。


IMG_1002ts.JPG















ちょっと深すぎたかな?
と飛び立つシベリアオオハシシギ。羽の模様がきれいですね~♪



その後もシベリアオオハシシギは、ほぼ半日ネイチャーセンター前で過ごしていました。
おかげさまで、朝早くから一日中滞在していたカメラマンの皆様に喜んでいただけました。

前回飛来した個体の滞在期間は5日間でしたが、この個体は滞在3日目。このまま滞在記録を更新してほしいものです。明日もお客様にサービスしてくれたら嬉しいな♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月 3日 19:11 カテゴリー: お知らせ , シベリアオオハシシギ

シベリアオオハシシギ

シギの数がちょっと減ってきたかな?と感じる水鳥公園ですが、今日はシベリアオオハシシギが現れました。鳥取県では米子水鳥公園でしか記録がなく、今回で2度目の登場です。


IMG_0447ts.JPG















ごちゃごちゃしたところばかり歩くので、観察に苦労しました。
この写真の中にはシベリアオオハシシギを含めて4羽の鳥が写っているのですが、分かりますか?




IMG_0484ts.JPG















ちょっと見やすい写真。
まっすぐで長い黒いくちばしと、黒い足が特徴です。

前回現れた時も5月上旬だったのですが、その時は5日間滞在しました。
今回も、GW中までは居てくれないかな~♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月 1日 19:47 カテゴリー: お知らせ , シベリアオオハシシギ ,

米子北斗高校の皆さんが湖岸清掃

今日は、水鳥公園のすぐそばにある米子北斗高校の皆さんが、水鳥公園の周りの湖岸清掃をしてくれました。

DSCN9320s.JPGみんなで装備を整えて、ゴミがたくさん漂着している中海湖岸に突撃~!









予報では雨が降るかもしれない怪しげな空模様でしたが、歌声、笑い声、歓声、悲鳴?などが飛び交い、皆さん明るく熱心にごみ拾いに取り組んでくれました。


DSCN9345s.JPGこんな大きなゴミまで漂着していました。一体どこから流れ着いてくるのでしょう?











DSCN9350s.JPG約40名で1時間の活動の結果、こんなにたくさんのごみが回収できました。きっと中海の水鳥たちも喜んでくれていることでしょう。
米子北斗高校の皆様、ありがとうございました♪








(文・写真:きりぎりす)

2013年5月 1日 19:05 カテゴリー: お知らせ , アダプトプログラム

今、小鳥が面白い!

GW前半はお天気に恵まれていて、気持ちいいですね♪
今日は大山がきれいに見えていました。

水鳥公園の池は、近頃カモが急増中。北への渡りの途中に群れが休憩に立ち寄っているようです。特に、キンクロハジロとスズガモが多く、あわせて2000羽くらい居ました。
渡り鳥たちの道の駅「米子水鳥公園」は、ただいま大盛況です。


さて、水鳥たちでにぎわう池から陸へと目を向けると、小鳥たちがたくさん見られます。

IMG_0213ts.JPG















アトリのオス。春の草花を熱心についばんでいます。アトリも道の駅米子水鳥公園で休憩中の冬の鳥です。


IMG_0120ts.JPG















アオジのメス。近頃、園内の散策路沿いでオスとメスをよく見かけます。



IMG_0071s.JPG















カシラダカがツグミやスズメたちと一緒に草むらで食べ物探しをしていました。


IMG_0133s.JPG


































キレンジャクは今日も健在。グミの枝に止まって落ちついていて、目の前を歩いても逃げません。ただいまペアで長期滞在中です。

水辺ばかりではなく、
園内の散策路沿いにいる小鳥たちも面白いですよ~♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年4月28日 20:28 カテゴリー: お知らせ , アオジ , アトリ , カシラダカ , キレンジャク ,

GWイベント始まる

さて、今日からゴールデンウィークです。
初日から天候に恵まれ、気持ち良い春のお天気の中、ゴールデンウィークイベントを開催しました。

初日の今日は、「公園一周ネイチャーウォーク」を開催。普段歩けない水鳥公園の外周およそ2.4kmを、2時間かけてぐるりと一周歩きながら生き物観察をしました。


CIMG9019s.JPG中海の無人島「萱島」のカワウのコロニーを観察。ネイチャーセンターからは見えない、沢山のカワウやサギの巣にビックリ!









CIMG9015s.JPG毎年この企画ではいろいろなものが見つかるのですが、今回最も注目を浴びたのがカメの甲羅です。まるでカメが脱いで置いていったみたいですが、カメは甲羅を脱ぐことはできませんからね~♪







DSCN9251s.JPGネイチャーセンターの反対側から水鳥観察。この企画ならではの光景です。









前日に見つけたメジロガモは見られませんでしたが、気持ちよく春の陽気の中を2時間歩けました。お昼ご飯前なので、子どもたちはみんな「おなかがすいた~!」。参加した皆さんは、この後に美味しくお昼ご飯を食べられたのではないでしょうか。


一方、GW前半の開館時間中にいつでもできる工作企画「バードコールを作ろう!」も始まりました。小さなお子様でもとっても簡単にできる楽しい工作です。

CIMG9446s.JPGやさしいお兄さんが、怖い電動ドリルを扱うのを手助けしてくれるので安心です。
















CIMG9456s.JPGこれがバードコール。銀色のアイボルトをねじると、小鳥の声が鳴ります。本体にペイントマーカーで絵を描けば、私だけのオリジナルバードコールの出来上がり!
バードコールを作ろう!は、4月29日(月)まで開催しています。
(文:きりぎりす)

2013年4月27日 19:51 カテゴリー: お知らせ

メジロガモがいた!

明日からいよいよゴールデンウィークが始まりますね。
現在の水鳥公園の鳥の様子ですが、シギ祭りは終わった感があるものの、まだまだたくさんの種類の鳥が観察できます。


IMG_9577ts.JPG















前浜を歩くオグロシギとアオアシシギ。
オグロシギは25日が初認です。



IMG_9567ts.JPG















今イチオシの鳥はこちら!ハシビロガモです。
水鳥公園のカモの中で最も繁殖羽が完成するのが遅く、
コハクチョウが去った後のこの頃にもっとも美しくなります。
今見られる鳥で一番きれいなカモだと思います。
個性的な顔や動きも面白いですよ♪



DSCN9211t.JPG
















明日予定している水鳥公園一周ネイチャーウォークの下見をしている時、メジロガモを見つけました。ネイチャーセンターからはおよそ700mくらい離れていました。明日のネイチャーウォークでも見られたら嬉しいですね~。でも遠すぎるので、もっとネイチャーセンターのそばに来てくれないかな♪



●今日の鳥 2013年4月26日(金) 曇りのち晴れ 西風が強く寒い!
メジロガモ 雄1羽 この時期によく現れます!
ハマシギ 12羽
サルハマシギ 1羽 まだ居ました!
コアオアシシギ 1羽 同上!
アオアシシギ 3羽
オグロシギ 1羽 いつも前浜にいます。
セイタカシギ 3羽 雄2雌1
コチドリ 2羽 抱卵順調!
キレンジャク 2羽 まだ居ます
ツグミ いっぱいいます!
キンクロハジロ 現在最もたくさんいる鳥です
ハシビロガモ 現在最も美しいカモ。
キジ 雄1羽雌1羽 美しさでは負けてないゾ!
セッカ さえずりが聞こえるようになってきました!
など、43種。

(文・写真:きりぎりす)

2013年4月26日 18:14 カテゴリー: お知らせ , オグロシギ , ハシビロガモ , メジロガモ

ネイチャーセンター玄関前スロープ改修工事完了

4月10日から始まりました、ネイチャーセンター玄関前階段及びスロープの改修工事が終わり、本日から通常通り、正面玄関からの入館が出来るようになりました。2週間の間、皆様にはご不便をおかけ致しました。

改修されたスロープは、従来以上に手すりが整備され、バリアフリー対策が強化されています。ご来園の際には、ぜひ新たな階段とスロープの歩き心地をお確かめ下さい。


DSCN9167s.JPG

















DSCN9175s.JPG

2013年4月24日 13:49 カテゴリー: お知らせ , 施設

今年もシバザクラの整備作業をボランティアして頂きました。

今年も、恒例のJP労組さんによるボランティア作業として、シバザクラの整備作業をしていただきました。
開館前から続いている活動で、毎年、正門からネイチャーセンターまで、きれいな芝桜が花を咲かせてくれます。

DSCN9133ss.jpg

















今年は、肌寒い天候で、途中から雨の降りだすあいにくの天気でしたが何とか除草から新しい苗の植え付けまで実施して抱きました。
DSCN9144ss.jpg

















今年も、ありがとうございました。

DSCN9129ss.jpg
 

2013年4月21日 13:16 カテゴリー: お知らせ , ボランティア

今年もコチドリが子育てを始めました!

昨年、久しぶりに園内でコチドリの繁殖が確認されましたが、今年もコチドリが抱卵を始めたことが確認できました。

場所は、昨年とほぼ同じでした。昨年と同じ個体なのかな?それとも、そこしかいい場所がないからかな?
コチドリが地面に座り込んでいるのに気付いたのは昨日ですが、実際に卵が産んであるのかを今日確認しました。


IMG_8413ts.JPG















抱卵中のコチドリ。
地面に座り込むと、背中の色と地面の色が同化して目立ちません。
でも、首を取り囲む黒と白の線が目立つので、横から見ると居場所が分かってしまいます。



DSCN9090s.JPG

















親鳥にはかわいそうでしたが、卵の数を確認させてもらいました。
卵は4個でした。標準的な数です。

速やかに撮影して巣から離れ、親鳥が巣に戻って抱卵を再開するのを確認しました。これからは、ネイチャーセンターから望遠鏡で見守ることにしましょう。

コチドリが抱卵している場所は、他のカモやヌートリアもよく歩き回っています。今日も抱卵しているコチドリのすぐそばで、カルガモがお昼寝していました。卵がカモやヌートリアに踏まれてしまわないか心配ですが、親鳥がしっかり守っているから大丈夫でしょう。
毛玉のようなかわいい雛の誕生が楽しみです。


DSCN4366s.JPG参考画像:昨年誕生したヒナ










(文・写真:きりぎりす)

2013年4月19日 19:20 カテゴリー: お知らせ , コチドリ

213種類目はキレンジャク!

連日様々な鳥たちが集う、道の駅「米子水鳥公園」。
今日現れたのは、キレンジャク。珍しい鳥ではありませんが、これまで水鳥公園では記録がありませんでした。
これで213種類(かごぬけ鳥を含めると216種類)になりました。

キレンジャクのお目当ては、ナワシログミ。
現在、園内の池の排水口付近(クイズラリーの9問めと10問目の間あたり)のナワシログミの実が食べごろとなっていて、ヒヨドリとツグミが群がっていました。


IMG_8494s.JPG















キレンジャクは2羽。いつも仲よく寄り添っていました。


人が近付くと、ヒヨドリやツグミは逃げて藪に飛び込んでしまいますが、キレンジャクはあまり逃げません。立ち止まって観察していると、すぐ目の前にやってきてグミの実をついばんでいました。

IMG_8547ts.JPG


































近すぎて収まらないので縦位置で撮影。
炎のような髪型と、尾羽の先の黄色がおしゃれですね。

グミの実が食べつくされると鳥たちも去ってしまいます。
レストラン「ナワシログミ」に群がる鳥を見るなら、今ですよ~!
運が良ければ、コムクドリやアカハラにも会えるかも。


IMG_8418ts.JPG















空には、オオタカの若鳥が舞っていました。園内にいるカワウより小さい鳥にとっては、最も怖い存在です。


●今日の鳥 2013年4月19日(金) 曇りのち晴れ 寒い!
コブハクチョウ 6羽 時がたつにつれて増加!
ミコアイサ メス4羽
アオジ メス1羽 アトリと仲良し!
アトリ メス1羽 アオジと仲良し!
ツバメ 18羽
ミサゴ 1羽 中海に急降下!
オオタカ 若鳥1羽 獲物を探す!
ハマシギ 41羽 減ってきました
アオアシシギ 2羽
タシギ 5羽 もっといるはず。
タカブシギ 1羽
コアオアシシギ 1羽
オバシギ 2羽
イソシギ 1羽
セイタカシギ 14羽 今日最もサービスが良かった鳥かも。
コチドリ 3羽 ただいま抱卵中!
ズグロカモメ 若鳥1羽
アカハラ 1羽 木陰を歩く
キレンジャク 2羽 水鳥公園初記録!
など、45種。

(文・写真:きりぎりす)

2013年4月19日 18:43 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , キレンジャク

ハマシギがいっぱい!

今日はとても視界が悪く、正面の大山はおろか、中海南岸の安来の風景すらかすんでいました。


IMG_8170s.JPG















でも、前浜には鳥たちの影がたくさん見えます。まだまだシギ祭り真っ最中です。



IMG_7977s.JPG















今日の主役はハマシギ。
その数、最大107羽!実際にはもっといたと思います。
前浜に作った島が気に入ったようで、食事が終わると島の上にひしめき合ってお昼寝していました。これだけ鳥たちに利用してもらえるとは、島を作った甲斐がありました。


IMG_8175ts.JPG















前浜を飛ぶタカブシギ。
肉眼ではよく見えませんでしたが、写真を撮ってみると、開いた翼や尾羽の模様がきれいですね。


IMG_8188ts.JPG















前浜を横切って飛ぶタシギ。
次列風切羽の後縁に白い線が目立たなかったら要注意!○○ジシギかも。


IMG_8226ts.JPG















シマアジのメス。月曜日から姿を見せています。
今季のシマアジは、今のところ雄と雌が1羽ずつしか現れていません。


IMG_7970ts.JPG















ズグロカモメは今日もサービスが良かったです。
シギたちと一緒にちょっと一休み。



●今日の鳥 2013年4月17日(水)くもり・遠景が真っ白にかすむ!
コブハクチョウ 7羽 仲間同士で威嚇してます
コムクドリ 2羽 雄雌各1羽。グミの木にて。
ウズラシギ 2羽 ヨシの刈り株の間が好き!
アカアシシギ 1羽
アオアシシギ 2羽
トウネン 1羽 近頃少なくなりました。
タカブシギ 2羽
ソリハシシギ 1羽
サルハマシギ 1羽
ハマシギ 107羽 みっちり!
タシギ 3羽 もっといたと思う。
セイタカシギ 9羽
ダイゼン 3羽 脇の下が真っ黒!
コチドリ 3羽 今日も追いかけっこ!
ツグミ 30羽以上 グミの木に群がる!
アカハラ 1羽 すっごく久しぶり!
ズグロカモメ 第1回冬羽1羽
オオタカ 若鳥1羽
など、52種。

2013年4月17日 18:35 カテゴリー: お知らせ , シマアジ , ズグロカモメ , タカブシギ , タシギ , ハマシギ

子どもラムサールクラブ2013始動!

今日は、子どもラムサールクラブ2013の初日でした。
新たな参加者が加わり、36名で一年間活動します。

IMG_3440s.JPG初めての参加者のために、昨年の活動の様子をスライドショーでご紹介しました。
また、昨年の活動中にビデオ撮影された内容が盛り込んである10分間の水鳥公園紹介映像を公開。アニメーションのレンジャーや、自分たちが映像に出ているのを見て、楽しんで頂けたようです。






DSCN9048s.JPGいよいよ屋外で生き物観察を開始!するといきなりカワセミを発見。しかも2羽!みなさん、先ほど勉強した双眼鏡で、一生懸命カワセミを観察していました。








DSCN9051s.JPGカワセミが去った後、なぜカワセミがいたのかを説明。また、白いフンがたくさんついているところには鳥がよくやってくることを解説しました。








DSCN9059s.JPG普段入れない野鳥保護区内の中で、グミの木の周りにたくさんのヒヨドリがいました。その中に、コムクドリ1羽を発見!今季初認です。今日購入して頂いたポケット野鳥図鑑で姿を確認。メスでした。鳥たちが食べていたグミにも興味津々。美味しいのかな~。






IMG_3494s2.JPG最後に、今日観察できた生き物を振り返り、恒例の生き物川柳を書きました。一番印象深かった生き物の感想を、5・7・5の言葉にまとめました。子どもたちが書いた川柳は、現在ネイチャーセンターに掲示してありますので、ご来館の際には是非ご覧ください。






次回は、新緑の大山へバス遠足に行きます。
いいお天気になりますように♪

2013年4月14日 19:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

今日はアリスイ!

今日は初夏の暖かい晴天でした。でも、南寄りの風が強く、鳥たちはちょっと困惑気味でした。


IMG_7668s.JPG















毎年ネイチャーセンターの屋根に営巣するハクセキレイ。
今日も営巣場所のチェック中?強風で羽毛がめくれています。


IMG_7760ts.JPG


































ズグロカモメは今日も前浜に通ってきていました。お目当ては水中を泳ぐゴカイ。タッチアンドゴーを繰り返して器用にゴカイをとらえて食べていました。
窓ガラスのすぐ近くを飛ぶので、撮影の際に近すぎて、望遠レンズでファインダーにとらえるのが難しいです。

IMG_7917ts.JPG















そして夕方、閉館の準備をしている時、ふと目に留まったのがアリスイ。
これまた、なかなか出会えない鳥です。
遠距離のため、画像が不鮮明で申し訳ございません。



近頃、日替わりで珍鳥が現れるので、野鳥観察が面白くてしょうがありません。
さて、明日は何が現れるかな?


●今日の鳥 2013年4月14日(日)晴れのち曇り一時雨 南寄りの風強い!

ズグロカモメ 1羽 前浜でゴカイを食べる!
タカブシギ 1羽
セイタカシギ 6羽
アカアシシギ 1羽
コアオアシシギ 1羽 
アオアシシギ 4羽
ハマシギ 32羽 水面すれすれを飛び交う!
サルハマシギ 1羽 ハマシギと仲良し!
ツルシギ 1羽
イソシギ 1羽
タシギ 6羽
コチドリ 1羽
コムクドリ 1羽 グミが大好き。今季初認!
イソヒヨドリ 1羽 さりげなく定住してます
アリスイ 1羽 さりげなく現る!
ハヤブサ 若鳥1羽 前浜の鳥に襲いかかるが失敗!
アオサギ 16羽 集合していました
ノスリ 1羽
カワセミ 2羽 メダカ池にて
アマツバメ 2羽 高速で飛ぶ三日月!
など、49種類。

2013年4月14日 18:32 カテゴリー: お知らせ , アリスイ , ズグロカモメ , ハクセキレイ

オオジシギ現る!

今日は、午前中は曇りがちでしたが、午後は素晴らしい晴天になり、暖かくなりました。大山の雪化粧がどんどん薄くなっていきます。

IMG_7574s.JPG

















先の記事の通り、今日はコハクチョウが1羽いてびっくりしました。
しかし、それ以上にびっくりしたのはこちら!



IMG_7434s.JPG

















オオジシギです。
タシギとそっくりで見分けが非常に難しい上に、なかなか出会えません。今回は観察の条件が良かったので発見できました。ラッキー♪



IMG_7593s.JPG

















今日も前浜にはシギ類が散らばっていました。
各種の代表が一か所に集まり、仲良く休憩していました。
内訳は、アオアシシギ、コアオアシシギ、ツルシギ、アカアシシギ、ハマシギです。
このほかにも、セイタカシギがウロウロしていました。




IMG_7487ts.JPG

















ウズラシギ。
ゴカイを捕まえた!



IMG_7223s.JPG

















ズグロカモメ。
なかなか近くに来てくれませんでしたが、今日は頻繁に前浜に飛来。翼に幼羽がみられるので、第1回冬羽の若い個体ですね。



今日はお天気も良く、土曜日ということもあって、いつもよりお客様が多かったです。シギの仲間は今が旬ですので、是非観察にお越しください。

●今日の鳥 2013年4月13日(土) 曇りのち晴れ

コハクチョウ 幼鳥1羽 どうしちゃったの?
コブハクチョウ 2羽 コハクチョウをいじめた!
セイタカシギ 8羽
アオアシシギ 4羽
コアオアシシギ 1羽
ハマシギ 5羽
ウズラシギ 1羽
アカアシシギ 2羽
ツルシギ 1羽
サルハマシギ 1羽
イソシギ 2羽
オオジシギ 1羽 今日一番のびっくり!
タシギ 4羽
コチドリ 1羽
ズグロカモメ 1羽 今日は近くに来た!
など、51種。

●おまけ
ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメの子ども) 1匹

2013年4月13日 18:49 カテゴリー: お知らせ , ウズラシギ , オオジシギ , ズグロカモメ ,

今日はキツネが現れた!

今日は晴れていて日差しがありましたが、西寄りの風が強く、寒い一日でした。

今日もネイチャーセンター前浜は、一日中シギたちでにぎわっていました。


IMG_7003ts.JPG















ゴカイ探しに熱中しているハマシギたち。
前浜は、シギたちが歩き回れる浅瀬になっています。そのため、毎年この時期は連日様々なシギたちでにぎわいます。




IMG_7017ts.JPG















「キッ、キッ」と鳴きながら歩き回るセイタカシギ。今日は11羽いました。遠くから見るとかわいい鳥ですが、近くでよく見ると、大きく見開いた真っ赤な目がちょっと怖いかも。今季はセイタカシギが多く、前浜の鳥風景を鮮やかに彩ってくれています。



IMG_7030s.JPG















ひしめき合って群れ飛ぶハマシギたち。ハマシギの群れは密集して水面上空を飛び回ります。一斉に急旋回するときにきらめく翼の表裏が美しいです。今日もサルハマシギが1羽紛れていました。



IMG_7061ts.JPG















とその時、池の岸辺にキツネが現れました。
発見したのは、週6日水鳥公園に通う小学生Mくん。さすがに目がいいですね~♪
キツネは大きな肉の塊をくわえてヨシ原から出てきた後、肉塊を地面に隠しました。



IMG_7112ts.JPG
















その後キツネは、岸辺近くにいたオオバンに襲いかかりました。間一髪、オオバンは大慌てで岸辺から離れました。


IMG_7143ts.JPG















悠々と池の岸辺を歩くキツネ。もうほっそりとした夏毛に変わっていました。キツネの姿をこんなにじっくりと見られることはとても珍しく、お客様と一緒に見入ってしまいました。

この時期は、日々観察できる鳥が入れ替わり、とても面白いです。一年で最もたくさんの種類の鳥が現れるこの時期、こまめに水鳥公園に通う方だけが、このような貴重な光景に立ち会うことが出来ます。それにしても、まさかキツネが現れるとは驚きました。

さて、明日はどんな生きものに出会えるかな?
楽しみですね~♪

●今日の鳥 2013年4月12日(金) 晴れ 北東の風強く寒い!
コブハクチョウ 4羽
セイタカシギ 11羽
アオアシシギ 4羽
コアオアシシギ 1羽
アカアシシギ 3羽
ツルシギ 1羽
タカブシギ 3羽
オバシギ 1羽
コチドリ 2羽
ハマシギ 31羽以上
タシギ 2羽以上
クイナ 1羽
ズグロカモメ 1羽
ヒドリガモ 46羽
ヒドリガモ×アメリカヒドリ 雄1羽
など38種

●おまけ
キツネ 1頭 肉を隠す!
ネコ 1頭 ホルスタイン柄
ヌートリア 数頭

シマアジは姿が見られませんでした。

2013年4月12日 19:01 カテゴリー: お知らせ , キツネ , セイタカシギ , ハマシギ

大山が再び雪化粧!

今日は昨日と同様、季節外れの寒い一日でした。
午前中は暗い雨雲がたちこめ、西からの強い風雨でひどい天気でしたが、午後は雲が晴れて日が射してきました。


IMG_6688s2.JPG















すると、雪化粧をした大山が現れました。真冬の景色に逆戻りです。



今日もネイチャーセンター前でセイタカシギがウロウロしていて、見ていて飽きませんでした。
今日も6羽いました。


IMG_6675s.JPG















こちらはセイタカシギのメス。背中の羽が褐色です。




IMG_6666s.JPG















こちらはセイタカシギのオス。背中の羽が青黒くて光沢があります。
頭の色は個性で、性別とは関係ありません。




IMG_6698ts.JPG















シマアジは、午後になるとネイチャーセンターの近くまでやって来ました。今度はオナガガモと一緒にいました。
また、オオソリハシシギ1羽が今季初認でした。

2013年4月11日 17:10 カテゴリー: お知らせ , シマアジ , セイタカシギ

ただいまシギ祭り真っ最中!

今日は肌寒い曇天で、時々雨が降りました。
あまり良いお天気ではありませんでしたが、ネイチャーセンターの目の前には様々な鳥が集まり、にぎやかでした。

IMG_6281s.JPG















ネイチャーセンター前浜に集まる鳥たち。
今日のメンバーは、セイタカシギ、アカアシシギ、ツルシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、ハマシギ、サルハマシギ、イソシギ、タシギ、コチドリ、オナガガモ、ヒドリガモ、コブハクチョウ、オオバン、コサギ、ハクセキレイなどでした。




IMG_6256ts.JPG















アオアシシギ3羽。




IMG_6451ts.JPG















アカアシシギとコアオアシシギ。




IMG_6243s.JPG















セイタカシギ。今日は6羽いました。





IMG_6415s.JPG















前浜に舞い降りてきたハマシギの群れ。
サルハマシギも1羽紛れていました。




IMG_5956ts.JPG















コサギ。目先のピンクの婚姻色が日に日に濃くなってきています。



近頃、様々なシギが日替わりで現れていて、野鳥ファンには楽しい時期になってきました。シマアジはまだ現れていませんが、明日はどんな鳥が現れるか、楽しみです。

●今日の鳥 2013年4月10日(水) 曇り時々雨
コブハクチョウ 5羽
カイツブリ 50羽以上が群れる!
コサギ 1羽 婚姻色の鮮やかさが増す!
ヒドリガモ 7羽 地上の草が好き!
ミコアイサ 雄1羽雌6羽 まだ居ます!
コチドリ 5羽
アカアシシギ 2羽
イソシギ 羽
セイタカシギ 6羽
コアオアシシギ 1羽
アオアシシギ 4羽
ハマシギ 15羽
サルハマシギ 1羽
タシギ 6羽 違うものも紛れているかも?
アオジ 雄1羽雌1羽
ハクセキレイ 雄1羽
ツバメ 3羽
シロハラ 1羽
ツグミ 1羽
モズ 雄1羽
カワセミ 1羽
チュウヒ 1羽
ノスリ 1羽
ミサゴ 1羽
トビ 2羽
ハシブトガラス 2羽
ハシボソガラス 1羽
キジ 雄1羽
など。

2013年4月10日 19:05 カテゴリー: お知らせ , アオアシシギ , アカアシシギ , コアオアシシギ , コサギ , サルマハシギ , セイタカシギ , ツルシギ , ハマシギ

春の鳥が続々登場!

桜があっという間に満開になり、もう散り始めている頃ですが、水鳥公園には続々と春の鳥がやって来ています。


IMG_5427s.JPG















セイタカシギがこの春初めて登場。
この冬は1羽が越冬していましたが、ハヤブサに襲われていなくなってしまいました。それ以来の登場です。


IMG_5462ts.JPG















ツルシギ。毎年この時期に少数が毎年やってきます。これから羽毛が生え変わり、真っ黒な夏羽に変身します。





IMG_5430ts.JPG















ハマシギ。中海では少数が越冬していますが、春になると他の地域から渡って来て数が増えます。



IMG_5440s.JPG















冬鳥のツグミたちは、そろそろ帰り支度を始めています。仲間たちと合流して群れを作り、北へと渡っていきます。この写真のツグミには、お腹が赤茶色のハチジョウツグミも1羽混じっています。


今月の水鳥公園だよりの注目の鳥、シマアジはまだ見つかっていません。いつ現れるか楽しみです。

2013年4月 3日 10:47 カテゴリー: お知らせ , セイタカシギ , ツグミ , ツルシギ , ハマシギ

チュウヒがカルガモを襲った!

ネイチャーセンターの前で、チュウヒがカルガモを襲いました。
チュウヒは小鳥やネズミ類を主に襲うタカで、
カルガモのような大きな獲物を襲ったのは見たことがなかったので、驚きました。


IMG_4682ts.JPG















カルガモをねじ伏せるチュウヒ。
背景には、野次馬のカモ達がその様子を眺めています。




IMG_4765ts.JPG















カルガモはひっくり返されて、押さえつけられてしまいました。
ツクシガモもすこし離れたところからその様子に注目していました。






IMG_4767ts.JPG















絶体絶命のカルガモ。
しかし、左手から忍び寄る影が…。
ヌートリアが、カルガモを押さえつけているチュウヒにどんどん近づいていきます。



IMG_4771ts.JPG















ヌートリアが「フゴフゴ!」とチュウヒを威嚇!
ひるんだチュウヒは、カルガモを放して飛びあがりました。
カルガモはその隙に脱出!




IMG_4797ts.JPG















命拾いしたカルガモと、救世主のヌートリア。
ヌートリアがカルガモを助けるとは、意外な結末でした。
カルガモは、このヌートリアにお礼を言っているのかな?



カルガモは致命傷を負っておらず元気でしたが、左の翼を傷めていました。
そのためにチュウヒに襲われたのかもしれません。

チュウヒは体は大きいですが、脚がきゃしゃで、カルガモを仕留めるには力不足のように思います。チュウヒよりも小さいですが、オオタカやハヤブサの脚はがっちりしていて力強く、大きなカモも仕留めます。
カルガモは、チュウヒにはちょっと大きすぎる獲物だったかも。

2013年3月28日 10:30 カテゴリー: お知らせ , カルガモ , チュウヒ

北帰行終了!

昨日、米子水鳥公園では、コハクチョウ、マガンの姿が観察できませんでした。
 これで米子水鳥公園では、今年の北帰行は終了のようです。


2013年3月28日 08:33 カテゴリー: お知らせ

コハクチョウが1羽増えた?

もうコハクチョウは居なくなったかな?
と思って出勤してみると、昨日と同じ数がまだいました。


IMG_4639s.JPG















今日も昨日と同様、ネイチャーセンターから500mほど先の島でのんびり過ごしていました。
朝は昨日と同様24羽でしたが、午後に数えてみたら25羽。1羽増えていました。どこから出てきたのかな?

その中にはコブハクチョウの若鳥1羽がいました。このコブハクチョウはコハクチョウと仲良しです。
左端にツクシガモも写っていますね。今日は雄雌1羽ずついました。



IMG_4592ts.JPG






























ネイチャーセンターの目の前の島には、ダイサギが2羽いました。
置き物のごとく、数時間ほぼ同じ位置でじっと立っていました。
背中の飾り羽が風になびき、純白の羽毛と相まってとても上品な美しさです。
これから地肌の色が鮮やかさを増し、繁殖期にだけ見られる婚姻色が現れます。

明日は休館日です。水曜日の朝にはコハクチョウの姿は見られるでしょうか。今季のコハクチョウの終認日がいつになるか、注目しています。

2013年3月25日 18:43 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ダイサギ

春ですね~

暖かい日が続き、米子では、ちらほらサクラが咲き始めました。


DSCN7507s.jpg

















昨日は、ツルシギが飛んできているのを確認しました。


また、メダカ池では、メダカの大群が泳いでいます。
DSCN7532s.jpg

















春ですね。

2013年3月24日 20:34 カテゴリー: お知らせ

レンジャー日記20130323

今日は午前中は暗い曇り空でしたが、次第に天気が良くなっていきました。でも、冷たい東風がやや強く、晴天のわりには寒い日でした。

今朝のコハクチョウの数は92羽。前日とほとんど変化ありません。

IMG_3611s.JPG















コブハクチョウがコハクチョウの群れに混じってお昼寝していました。いつもならば、コブハクチョウがコハクチョウを激しく威嚇して追い払うのに…。水鳥公園ではとても珍しい光景です。穏やかな性質のこの個体はメスなのかな?
(どれがコブハクチョウでしょう?左から3羽目です)



IMG_3670ts.JPG















ツクシガモは、普段は園内中央部の島で休憩していますが、一日に数回、ネイチャーセンター左手の水域に飛来して食事をします。その時を待ち伏せすれば、ツクシガモの美しい飛翔が観察できます。食事が終わると、また遠くの島に飛んで行ってしまいます。


IMG_3755ts.JPG















ミサゴが中海に飛び込んで大きな魚を捕らえ、大山の前を横切りました。獲物はおそらく、40cm近いボラだと思います。お見事~♪



IMG_3802ts.JPG















ヘラサギ若鳥は今日も健在。今季はかなり長居してくれています。




IMG_3817s.JPG















夕方、ネイチャーセンター前の浅瀬に集結したコハクチョウたち。あと何日居てくれるのでしょう。



●今日の鳥 2013年3月23日(土) くもりのち晴れ
コハクチョウ 92羽
コブハクチョウ 2羽 妙に大人しい?
ハジロカイツブリ 夏羽5羽
ヘラサギ 若鳥1羽 時々現れます!
ダイサギ 2羽 飾り羽が美しい!
コサギ 11羽 同上!
ツクシガモ 5羽 成鳥雄1、若鳥雄1、若鳥雌3羽
マガモ 117羽 コハクチョウのおこぼれ頂戴!
オナガガモ 96羽
ハシビロガモ 72羽
キンクロハジロ 32羽
ミコアイサ オス3、メス7羽
ミサゴ 2羽 大きな魚を捕らえた!
オオタカ 成鳥1羽 カモを襲うが失敗!
タゲリ 2羽 時々ネイチャーセンターのそばに来ます!
ツルシギ 冬羽1羽
カモメ 成鳥4羽 この時期になるとよくやってきます!
ツバメ 2羽
イソヒヨドリ メス1羽 毎晩、事務室の脇にねぐら入りします!
など。

2013年3月23日 19:02 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , ヘラサギ

残り100羽!

IMG_3600s.JPG















桜が記録的な早さで開花している中、水鳥公園のコハクチョウも残り100羽位になりました。
その中にはアメリカコハクチョウの姿が見えませんでした。20日が終認だったかもしれません。


IMG_3599s.JPG















今日も春の日差しの下、園内でのんびりお昼寝していて、田んぼにはほとんど出かけていません。


コハクチョウの上をツバメが飛び、ヒバリが囀っています。

コハクチョウのお昼寝広場の傍らにある小さな池では、ツルシギ1羽を今季初めて発見しました。
また、ズグロカモメ1羽が、池の浅瀬上空を飛んだり降りたりを繰り返していました。

冬の鳥では、
ツクシガモ3羽、ミコアイサ雄1雌2羽以上、タゲリ2羽、ヘラサギ1羽、
その他カモ類数百羽などがいます。

2013年3月22日 11:17 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

春の陽気にメダカも喜ぶ!

昨日はとても寒かったですが、今日はまた春の陽気。
コハクチョウ達がどんどん北へ旅立っていきそうな気候ですが、まだ300羽近くがのんびりしています。


IMG_2826s.JPG















大山の雪化粧もどんどん剥げてきて、池の水面を賑わし
ていたカモの姿もずいぶん減りました。




IMG_2848s.JPG















しかし、ちょっと右に視点をずらすと、お昼寝広場にはコハクチョウ達がたくさんいます。安来の田んぼに食事に出かける個体はごくわずかで、ほとんどのコハクチョウは園内でのんびりしています。



IMG_3092s.JPG















園内散策路沿いにはツクシが生えてきています。




IMG_2829s.JPG















春の陽気に誘われて、池の底でじっとしていたメダカたちが水面近くを大群で泳いでいました。




IMG_3142s.JPG















メダカを食べるためにメダカ池に通っている常連のダイサギ。
メダカの大群に大喜び?



●今日の鳥 2013年3月15日(金) 晴れ
コハクチョウ 271羽 8:00現在。じわじわ減少中!
亜種アメリカコハクチョウ1羽含む。昨日は姿が見えなかったけど、まだいました。
コハクチョウとアメリカコハクチョウのハーフ3羽も健在。
オオハクチョウ 幼鳥1羽 一人ぼっちで寂しそう。
ツクシガモ 4羽 今日は遠い!
オカヨシガモ 3羽
ミコアイサ 雄3羽雌2羽
ミサゴ 1羽
トビ 4+羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 1羽
ヘラサギ 若鳥1羽 まだいます!
ジョウビタキ 雌1羽
キジ 雄2羽 珍しく木に止まっていました!
コチドリ 1羽 春の鳥!
ヒバリ 1+羽 春らしい鳥!
ホオジロ 2羽 巣作りの場所探し?
ヒヨドリ 1羽 ナワシログミが熟すのが待ち遠しい?
ツグミ 1+羽 地面で虫さがし!
シロハラ 2+羽 地味だけどよく見かけます。
ウグイス 1羽 囀るようになってきました!
カワセミ 1羽 声が聞こえた!
など。

2013年3月15日 16:28 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , メダカ

オオハクチョウついに去る

今日は最高に景色がきれいな一日でした。
一日中ネイチャーセンター前の浅瀬にコハクチョウが群れてくつろぎ、その背景には雪化粧(やや剥げ気味)の大山がそびえたっていました。



IMG_2597s.JPG

















望遠鏡がなくても充分コハクチョウがはっきり見えました。
今朝8:30現在、コハクチョウは約350羽いました。少しずつ減ってきていますが、まだまだにぎやかです。今は安来に出かけるコハクチョウは少なく、中海のコハクチョウの殆どが水鳥公園に集まっています。
アメリカコハクチョウは今日も健在です。

昨日まで姿が見られたオオハクチョウ10羽のグループが姿を消しました。ついに北へ旅立ってしまったのでしょうか。ネイチャーセンター前のコハクチョウの群れの中に1羽だけ幼鳥がいましたが、これはオオハクチョウの群れから離れてコハクチョウと行動を共にしていた迷子だと思います。



IMG_2714s.JPG















ツクシガモは8羽いました。
園内中央部の島の先端でお昼寝して、時々ネイチャーセンターそばにやってきて食べ物探しをしていました。コハクチョウ同様、中海のツクシガモの殆どが水鳥公園に集まっています。


IMG_2646ts.JPG















その中に1羽、立派なコブがある美しい個体がいます。オスの成鳥です。
まるでこのグループのボスのような風格があります。


オオハクチョウがいなくなってしまったのは寂しいですが、その代わりにコチドリ2羽を今季初めて見つけました。着実に冬の鳥から春の鳥へと入れ替わりが進んでいます。

●今日の鳥 2013年3月11日(月) 晴れだけど空気は冷たい
コハクチョウ 355羽 8:30現在。
 亜種アメリカコハクチョウ1羽含む。
オオハクチョウ 幼鳥1羽 10羽グループが去って寂しい!
ツクシガモ 8羽 成鳥雄がチョ~美しい!
ミコアイサ 雄1羽雌5羽 雌なら時々近くに来ます!
カモメ 3+羽 成鳥がヒラヒラ舞っていました!
コチドリ 2羽 コハクチョウの背景を歩き回る!
ハジロカイツブリ 6羽 うち夏羽4羽!
ヘラサギ 若鳥1羽 近頃出現率高し!

ほか、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チュウヒ、バン、オオバン、イソシギ、タシギ、カワセミ、ツグミ、オオジュリン、キジ、ハシボソガラス、ヒバリ。

2013年3月11日 19:22 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , ツクシガモ

子どもラムサールクラブ2012ファイナル

今日で、一年間活動してきた子どもラムサールクラブ2012は最終回です。これまでの活動を振り返って、活動報告の壁新聞を作りました。


DSCN8584s.JPGスライドショーでこれまでの活動を振り返りました。いろいろなことがあった、盛りだくさんの一年でしたね♪








DSCN8613s.JPG3か月ごとに、春、夏、秋、冬の班に分かれ、4枚の壁新聞を作りました。
上級生を班長に任命し、下級生と一緒に力を合わせて取り組みました。








ようやく完成!個性豊かな4枚の壁新聞です。早速ネイチャーセンターに掲示しました。是非ご覧ください。

DSCN8621s.JPGDSCN8637s.JPG















DSCN8629s.JPG
DSCN8634s.JPG








 







DSCN8675s.JPG最後に、ラムサールクラブの活動に熱心に参加した子たちに、ジュニアレンジャー認定証を授与しました。
みなさん、これからも自然を大切にする活動にどんどん参加してね~♪









さて、来月からは、
気持ちを新たに子どもラムサールクラブ2013が始まります。
新規参加者の募集につきましては、こちらをご覧ください。

なお、人気企画につき、
ご応募多数の際には抽選で参加者を決めさせていただきます。

 

2013年3月10日 18:03 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

これから見ごろ?コハクチョウ

DSCN7293.JPGDSCN7294.JPG









昨日、中海周辺のハクチョウ類の生息状況を調べてきました。
中海では、全体で500羽程ハクチョウが残っており、そのうち8割が米子水鳥公園で塒をとっていました。
 すでに餌場へ行く個体も少なく、米子水鳥公園で今が一番コハクチョウの見頃(?)かもしれません。

 もう春のような気候ですが、あとどれくらいコハクチョウを観察できるでしょうか?
昨年は、3月31日がコハクチョウの終認でした。今年はちょっと早いかな?

2013年3月 8日 12:50 カテゴリー: お知らせ

レンジャー日記20130304

今日は一日中よいお天気でした。
日差しが温かく、田んぼに採食に出かけずに園内でのんびり休むコハクチョウがたくさんいました。


IMG_2100s.JPG















園内の植え込みの中でベニマシコのメスを見つけました。
水鳥公園ではあまり姿を見かけない珍客です。



IMG_2118s.JPG















10時頃、水鳥観察桟橋ではコハクチョウを間近で観察できました。
画面左のコハクチョウに注目!2mあるかないかという近さでした。




IMG_2069s.JPG















空ではヒバリがにぎやかに囀りながら飛んでいました。
春ですね~♪






IMG_2135s.JPG















お昼頃、いつものお昼寝場所でくつろいでいたコハクチョウたちが、血相を変えて池に飛び込みました。何事かと思ってよく見てみると…。




IMG_2130s.JPG















なんと、昼寝中のコハクチョウをキツネが襲おうとしていました。コハクチョウの反応が早かったため、キツネの狩りは空振りに終わりました。キツネが現れたのはとても久しぶりです。


IMG_2143s.JPG















キツネに襲われそうになったコハクチョウ達は、ネイチャーセンター前に引っ越してきました。ネイチャーセンター前の浅瀬は、コハクチョウの足が届く、とても居心地の良い安全な場所です。ここは本来、夜専用の寝場所なのですが、キツネの襲撃のお蔭で、午後はたくさんのコハクチョウが観察ホールの目前でじっくり観察できました。




IMG_2158s.JPG















15時頃、ほんの短時間だけヘラサギがネイチャーセンターのそばにやってきました。姿が見られる時間は短いのですが、ここ数日よく現れます。


●今日の鳥 2013年3月4日 晴れ
コハクチョウ 351羽 8:00現在
 (アメリカコハクチョウ1羽含む)
オオハクチョウ 11羽
ハジロカイツブリ 夏羽1羽
ヘラサギ 若鳥1羽
ツクシガモ 5羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽
ハヤブサ 若鳥1羽
ハマシギ 3羽
タシギ 1羽
セグロカモメ 成鳥1羽
カモメ 成鳥2羽
キジバト 3羽
ベニマシコ メス1羽
シジュウカラ 1羽
メジロ 4羽
シロハラ 1羽
ツグミ 2羽
カワセミ 1羽
など。

その他
ネコ 1頭
ヌートリア 2頭以上
ホンドギツネ 1頭 数年に1度姿を見かけます

2013年3月 4日 19:21 カテゴリー: お知らせ , キツネ , コハクチョウ , ヘラサギ , ベニマシコ

今日のハクチョウたちの様子2013/03/02

春らしくなってきたこの頃ですが、今日は冬に逆戻り。
風が冷たく、時々小雪が舞いました。


IMG_1471s.JPG















今日の水鳥公園の風景。11:00頃。
今日はコハクチョウの北帰行は確認できておらず、日中はみんな安来の田んぼへ食事に出かけました。今朝はおよそ400羽いて、一日中居残ったのは40羽くらいです。

IMG_1586s.JPG















オオハクチョウは10羽いました。中海じゅうのオオハクチョウがみんな水鳥公園に集まっています。
ずっと園内に滞在していた6羽に、2月28日から2羽の幼鳥を連れた4羽家族が合流しました。
いつもオオハクチョウたちは、ネイチャーセンターから遠くはなれた島の岸辺にいるのですが、今日はネイチャーセンター前に勢ぞろい。珍しい光景です。


IMG_1659ts.JPG















15:00過ぎごろ、お客様が足環付きのコハクチョウがいると教えてくださいました。脚がいつも水の中にあるので探すのに苦労しましたが、ようやく発見!左脚に173Yという白い文字が刻まれている緑色のリングがついていました。
3年前に北海道のクッチャロ湖でつけられたもののようです。標識付きのコハクチョウが見つかったのは久しぶりです。


IMG_1757s.JPG















17:45頃の風景。
まだ明るいうちからコハクチョウが続々と安来から帰ってきて、あっというまに池がにぎやかになりました。ほかの家族同士活発に挨拶を交わし、大声で騒いでいました。旅立ちを目前に控えて興奮気味の様子です。
明日は天気がよさそうですが、早朝に北帰行が見られるかな?



●今日の鳥 2013年3月2日(土) 曇り時々雪
コハクチョウ 397羽 足環付きがいた!
(アメリカコハクチョウ1羽 毎朝ネイチャーセンター前にいます)
オオハクチョウ 10羽 成鳥7羽幼鳥3羽 全員集合!
ツクシガモ 8羽
オナガガモ 362羽 かなり減りました
ミコアイサ 4羽 みんなメス
ミサゴ 1羽 大きなスズキをつかんで飛んでいました
チュウヒ 1羽
ハマシギ 8羽 はるか遠くを群れ飛ぶ
ウグイス 1羽 初鳴きを常連の小学生が聴いたそうです
ハジロカイツブリ 1羽 夏羽に変身!

その他、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、バン、オオバン、タシギ、カモメ、キジバト、カワセミ、ツグミ、オオジュリン、ハシボソガラス、ヒヨドリ、イソシギ、メジロ。


2013年3月 2日 19:20 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コハクチョウ

北帰行足踏み中?

一昨日に北帰行の始まりを報道発表しましたが、今朝は水鳥公園からの北帰行は確認できませんでした。あと数日間は悪天候の予報が出ているので、ハクチョウたちも今後の悪天候を感じ取って、旅立ちの日をいつにするか検討しているのかな?

IMG_0856s.JPG















今朝の前浜風景(6:50頃)。
毎朝、ネイチャーセンター前の浅瀬には多くのコハクチョウたちが集まって眠っています。
アメリカコハクチョウはいつも前浜で眠っています。




IMG_0865s.JPG















今日は北西の風。コハクチョウは中海側に集まってから、ネイチャーセンターに向かって助走して次々と飛び立っていきました。私たちに向かって次々と飛んでくるコハクチョウの様子は、早朝からお越しのお客様にとても喜んで頂けました。




IMG_0861s.JPG















続々とコハクチョウ達が飛び立つ傍らで、オオハクチョウたちは逆立ちして水草を食べていました。コハクチョウが通勤派で、オオハクチョウは在宅勤務派。一日中園内でのんびりと過ごしています。ネイチャーセンターから遠いのが残念!




今朝は、430羽のコハクチョウと7羽のオオハクチョウがいました。
コハクチョウは7:06頃から続々と飛び立ち、9:00頃までに大半が田んぼへ向かいました。昼間まで居残っているのは30羽くらいでした。




●今日の鳥 2013年2月24日(日)雨のち曇り
コハクチョウ 432羽 通勤派!
 アメリカコハクチョウ1、アメリカコハクチョウとコハクチョウのハーフ3羽含む。
オオハクチョウ 7羽 在宅勤務!
ツクシガモ 7羽
ハイイロチュウヒ 雄1羽雌1羽
オオジュリン 5+羽
アオジ 雄1羽
ウグイス 3羽
シジュウカラ 3羽
タシギ 2羽
カワセミ 1羽
セグロカモメ 1羽
ハジロカイツブリ 3羽(1羽夏羽に換羽中!)
ほか、カワウ、コサギ、ダイサギ、マガモ、カルガモ21、コガモ12、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ雌2、ミサゴ1、トビ6、バン、オオバン、セグロカモメ1、ツグミ2、オオジュリン5、スズメ1、ハシブトガラス2。

おまけ:
チョウセンイタチ 1頭
ネコ 1頭

2013年2月24日 14:38 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

逃げない鳥たち

IMG_9703s.JPG
















昨日の寒い雪模様とは打って変わって、今日は春の晴天。コハクチョウたちもいつも以上にたくさん園内でお昼寝していました。これは水鳥観察桟橋からみた風景です。
おや、左下にコハクチョウが2羽いますね。このハクチョウたちは、私からほんの数メートル先にいて、全然逃げませんでした。


IMG_9752s.JPG
















500mm(750mm相当)レンズで撮影すると、こんな感じです。桟橋に人がいるのにここまで逃げないなんて、これまでにはなかったことのように思います。



IMG_9757s.JPG
















園内散策路沿いの植え込み沿いには、シロハラがいました。この鳥はさすがに近づけば逃げます。


IMG_9772s.JPG
















ジュニアレンジャーの森の入口に立っていたら、正面からダイサギがメダカ池に舞い降りてきました。池の近くに私がいるのに、Uターンせずそのまま舞い降りました。



IMG_9796s.JPG
















ダイサギのお目当ては、メダカ池の小動物たち。私の目の前でメダカやスジエビを次々と捕えて食べていました。

明日、明後日はあまり天気がよくなさそうですね。
もうそろそろコハクチョウが北へ渡り始める時期なので、天気とコハクチョウの動きに要注目です。

2013年2月14日 18:00 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , シロハラ , ダイサギ

コハクチョウ増えてきました

近頃、風景が霞んでいる日が多く、遠景が見づらいです。
せっかくの望遠鏡も、視界不良では本領が発揮できません。



IMG_8970s.JPG
















近頃、春を感じる暖かさが続いておりますが、コハクチョウもそろそろ北帰行の準備を始めているのか、水鳥公園に集まりはじめました。これまでは毎日100羽前後でしたが、今朝はおよそ230羽でした。毎年今月末から来月はじめにかけてに最も数が多くなります。コハクチョウの増加は北帰行の前ぶれです。
あ、さりげなくアメリカコハクチョウが写ってる!





IMG_8959s.JPG
















予報よりも意外と雨が強く降り、コハクチョウも目をつぶって耐えていました。






IMG_9042s.JPG
















近頃のコハクチョウは、日が昇ってもなかなか飛び立ちません。今日は10時半ごろに続々と飛び立ちました。






IMG_9086ts.JPG
















ネイチャーセンターの傍らのヨシ原では、オオジュリンとウグイスが虫を探している様子が観察できました。





IMG_9052s.JPG
















ヨシの根元では、クイナも食べ物さがしに勤しんでいました。





●今日の鳥 2013年2月4日(月) 雨。風景真っ白。
コハクチョウ 229羽 アメリカコハクチョウ1羽含む
オオハクチョウ 7羽 幼鳥が1羽増えました!
ツクシガモ 数羽 近頃は最大9羽います。
ウグイス 3羽 ヨシ原の中を素早く動き回る!
オオジュリン 7羽以上 枯れヨシの虫探しに夢中!
クイナ 枯れヨシの根元で食べ物捜索中!
他、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、トビ、オオタカ、バン、オオバン、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、ツグミ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シロハラ、イソシギ。

以上、33種およそ2000羽。
視界不良で遠くの鳥が見えません。

2013年2月 4日 15:25 カテゴリー: お知らせ , ウグイス , オオジュリン , クイナ , コハクチョウ , 鳥情報

野鳥大好きKIDS大集合!

近頃、米子水鳥公園には毎日のように野鳥が大好きな小学生たちが遊びに来てくれます。今日は大変な吹雪の中でしたが、そんな子どもたちが大集合でした。通っている学校や学年はそれぞれ違いますが、みんな共通の趣味に意気投合。吹雪の中、元気に野鳥観察を楽しんでいました。

IMG_8092s.JPG
















子どもたちに特に人気なのが、メダカ池に毎日通ってくるこの鳥です。子どもたちの注目している先に止まっているのですが、わかりますか?






IMG_8109s.JPG

















最終的には、こんなに近づいても逃げませんでした。邪気がない子どもたちなら、近づいても怖くないのかな(笑)。




もちろん、子どもたちのコンパクトデジカメには、この鳥の鮮明な写真が撮影できていました。この他にも、子どもたちのカメラにはこれまでに観察した鳥たちの見事な写真がたくさん記録されています。みんな立派な子ども野鳥カメラマンです。

でも皆さん、風邪をひかないでね~♪

2013年1月26日 18:11 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

ハクチョウたちは本日休業?

今日は、終日冷たい西風が吹きつけ、細かい雪が降ったりやんだりするとても寒い一日でした。ハクチョウたちの多くは安来に落穂拾いに出かけるのをやめ、園内で丸くなって休んでいました。



IMG_7852s.JPG
















今朝、ネイチャーセンター前に集まっているコハクチョウの中に、オオハクチョウ6羽が混じっていました(もう1羽は画面の右外にいます)。
この6羽は、いつもは500m先の島の先端に集まっているのですが、今日は強烈な冷たい西風に耐えかねて、ネイチャーセンター前浜に避難してきたようです。ここならネイチャーセンターが風よけになってくれます。
午前中までは前浜にいましたが、午後には定位置に戻ってしまいました。





IMG_8087s.JPG
















時々、辺りが全く見えなくなるほどの吹雪になりました。
なにもかも真っ白~。

でも、園内の鳥がネイチャーセンター寄りに集まっていたので、近距離でたくさんの鳥が観察できました。悪天候ながら、野鳥観察にはなかなかよい一日でした。





●今日の鳥 2013年1月26日(土) 猛吹雪!
コハクチョウ 134羽 本日休業!
オオハクチョウ 6羽 安来には行きません!
マガン 420羽くらい
ツクシガモ 8羽 今日は近くで観察できた!
マガモ 470羽 2番目に多いカモ
オナガガモ 822羽 最も多いカモ
ホシハジロ 420羽 3番目に多いカモ
カワセミ 1羽 子どもと仲良し?
ツグミ 23羽 吹雪につき緊急避難?
カワラヒワ 11羽 オオバヤシャブシの実を食べる
スズメ 9羽以上 同上
アオジ 1羽 スズメと同行
ヒガラ 1羽 園内初記録!
ヘラサギ 1羽 近頃1日おきに登場!

など、36種、およそ1500羽。

2013年1月26日 17:33 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , 鳥情報

ヘラサギが汚れて帰ってきた!

IMG_7560s.JPG
















今日は、中海側にある水たまりの中にヘラサギの姿がありました。元旦以来の登場。姿を消した後、やっぱり水鳥公園の周辺をうろうろしていたようです。今年の個体は恥ずかしがり屋で、かなり放浪癖があります。



IMG_7718s.JPG
















午後は雨が強く降り、お客様がいない中ここまで接近してくれました。今季のヘラサギでは最至近距離です。およそ30m位。


IMG_7674s.JPG
















しばらく姿を消してから再登場する度に赤茶色に汚れていくヘラサギさん。昨年のクロツラヘラサギも同じ傾向でした。彼らが水鳥公園からいないときに過ごしている湿地は、かなり鉄分が多いようですね。



IMG_7542s.JPG
















オオハクチョウ6羽は今日も健在。
いつもよりも200m位手前に集まっていました。

2013年1月21日 18:37 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , ヘラサギ

イタチが登場!

今日は、ネイチャーセンターの傍らにイタチが現れました。

水鳥公園にいるイタチは、チョウセンイタチという大陸からの移入種です。よく出会う動物ですが、目が合ったとたんに素早く逃げてしまうので、これまで写真撮影ができていませんでした。今日、ようやく撮影に成功しました。


IMG_7423s.JPG
















ヨシ原からひょっこり現れて、



IMG_7450s.JPG
















何かが気になったご様子。


IMG_7454s.JPG
















気になる!



IMG_7465s.JPG
















とっても気になる!
イタチは何か気になるものがあると、立ち上がって様子を伺います。二本足で立ち上がる様子がとてもかわいいです。


IMG_7469s.JPG
















ん?
こちらの様子も見ていました。



IMG_7522.JPG
















最後は、丸太の柵にするりと上ったかと思うと、柵の上を身軽に走って姿を消しました。観察できた時間はおよそ3分間でした。


姿勢が低く、動きがすばやくて水も得意なイタチは、水鳥にとって怖い天敵です。でも、こうして観察してみると、殺気はほとんど感じられず、愛嬌のある動物です。

イタチは、ヌートリアに次いで日中の水鳥公園で出会いやすい哺乳類です。皆さんもご来園の際には、散策路を素早く横切るイタチと出会えるかもしれません。
ネイチャーセンター展望ホール(エアコンが新設された部屋)の傍らによく現れます。

2013年1月20日 16:56 カテゴリー: お知らせ , イタチ , 生き物

地元大学の見学に対応。

DSCN8029ss.jpgDSCN8035ss.jpg








 本日は、地元の大学の学生さんたちが見学に来ていただきました。
造園学科ということで、造園という見地から野生動物の生息地を作るという考え方は、重要ですね。
米子水鳥公園の野鳥への設計上の配慮や環境管理での配慮などを説明しました。

DSCN8059ss.jpgDSCN8075ss.jpg









少しでも野鳥観察が好きになってもらい、今日のお話が後々、皆さんの役に立ったらとてもうれしいです。

DSCN8079ss.jpgDSCN8095ss.jpg


2013年1月18日 19:47 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 普及啓発 , 環境管理

新しい望遠鏡の台が入りました。

DSCN8018.JPG

















米子水鳥公園に新しい望遠鏡の台が、入りました。
特段、変わった話ではないように思われるかもしれませんが、
コロついていないタイプの台は、写真のように車いすの下に入ります。
これによって、望遠鏡を体の近くに寄せて観察することができます。









2013年1月16日 15:57 カテゴリー: お知らせ

さらばセイタカシギ

ハヤブサ若鳥セイタカシギを捕食20130109 006.jpg
「あぁ~、ハヤブサが何か捕った~!」
観察ホールに声が響いた。
ハヤブサが捕った獲物を観察すると…
な、なんとsweat01こ2ヵ月以上
目の前の浅瀬で餌を採ったり、羽を休めてみたりと、
お客様を喜ばせていたセイタカシギ君(雄の若鳥)
ではありませんか?
「これも自然です。」と、お客様に解説しつつ、
自然の掟の厳しさを
改めて感じさせられた一場面でしたbearing

セイタカシギ.jpg
「さらば、セイタカシギ君。そしてありがとう」
合掌

 

2013年1月 9日 14:11 カテゴリー: お知らせ

久しぶりのアメリカコハクチョウ



IMG_6793s.JPG
















今朝の風景です。
水鳥公園のコハクチョウは、ネイチャーセンター正面の浅瀬に集まってねぐら入りしていますので、明け方は目の前にたくさん群れています。



IMG_6812s.JPG
















そんな中に、アメリカコハクチョウが1羽いました。今季は1度園内で確認されていますが、それ以降なかなか姿を見せてくれませんでした。久しぶりの登場です。コハクチョウとつがいになっていました。

今日は、コハクチョウ約80羽、マガンが約1000羽、ヘラサギ若鳥1羽、ツクシガモ5羽、セイタカシギ1羽などが見られました。これらは近頃のレギュラーメンバーですが、今日は特別ゲストでズグロカモメ1羽とハイイロチュウヒ雄1羽が飛びました。運が良ければ会えるかもしれません。

2013年1月 6日 16:39 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ

早朝の米子水鳥公園

DSCN7834s.JPG米子水鳥公園は、冬季の土日は朝7:00から開館しています。朝のマガンの飛び立ちや、ハクチョウの挨拶はなかなかの見物です。

 

2013年1月 5日 06:51 カテゴリー: お知らせ

超豪華なお年玉!

新年あけましておめでとうございます。
今年も米子水鳥公園をどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨日の夕方に舞い降りて来たサカツラガンですが、そのまま塒入りして米子水鳥公園で新年を迎えてくれました。


明け方はマガンの群れと一緒に、池の中央部の島の岸辺に群れていました。そして、飛び立ったかと思うと、どんどんネイチャーセンターに接近。ついには、お客様でにぎわう観察ホールの眼前に舞い降りてきました。


IMG_6368s.JPG
















ネイチャーセンター前浜でくつろぐサカツラガン14羽。水鳥公園にお越しになった経験がある方なら、いかに近距離にいるかがわかると思います。



IMG_6323s.JPG
















サカツラガンが14羽も群れて目の前(およそ10m!)にいるなんて、今日の日本では信じられない風景です。

早朝からご来館頂いたお客様と一緒に、
自然から豪華なお年玉を頂戴しました。

2013年1月 1日 07:05 カテゴリー: お知らせ , サカツラガン

ハーフトリオ

今朝は8:00現在、102羽のコハクチョウと6羽のオオハクチョウ、3羽のコブハクチョウが園内に居ました。

IMG_6255s.JPG
















その中で、最近目に留まるのが、この3羽のコハクチョウです。
コハクチョウにしてはくちばしがかなり黒っぽいですね。恐らく、ロシアのコハクチョウとアメリカのアメリカコハクチョウとの間に生まれたハーフだと思います。
過去記事参照。

いつもこの3羽で行動しているのですが、気になるのはこの3羽の関係です。

3羽とも羽毛が純白なので、3年目以上の成鳥なのですが、成鳥がいつも3羽で行動するのはちょっとおかしい。番いならば、1羽が余計なのです。また、ハーフ同士が番いになるというのも、確率的にかなり低いと思います。
以上の点から、この3羽の関係として考えられるのは、兄弟ではないか、ということです。でも、両親から独立して成鳥になってもなお、兄弟で行動することなんてあるのでしょうか。聞いたことがありません。

関係が気になるハーフのトリオ。よくネイチャーセンターの正面にやってくるので、皆さんも水鳥公園にご来園の際には是非、探してみてください。

2012年12月28日 16:24 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ

ただいまの鳥の様子2012/12/23

本日の園内の鳥の状況をお知らせします。

2012年12月23日(日) 曇りのち吹雪
・コハクチョウ 57羽 7:00現在。8:15で0羽になる
・コブハクチョウ 1羽
・マガン 約500羽 7:30頃ねぐら立ち
・ツクシガモ 1羽
・ミコアイサ 雄雌各1羽
・オカヨシガモ 雄2羽
・ミサゴ 1羽
・トビ 2羽
・オオタカ 成鳥1羽
・ノスリ 成鳥1羽
・チュウヒ 2羽
・ハヤブサ 1羽
・タシギ 1羽
・カワセミ 1羽
・ツグミ 7羽
・ハシボソガラス 4羽
・セイタカシギ 若鳥1羽
・ヒヨドリ 2羽
・イソシギ 1羽
・ホオジロガモ 雌1羽
・バン 1羽
その他、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、オオバン。

計36種・およそ1500羽。



なお、昨日(12月22日)は、
シメ雄雌各1羽、オオハクチョウ幼鳥1羽、モズ雄1羽、ジョウビタキ雄1羽、コミミズクまたはトラフズク1羽が確認されています。

最近の鳥の動向ですが、
カンムリカイツブリは姿を消し、ミコアイサも雄はほとんど見られなくなりました。
現在最も多いのはオナガガモで、ついでマガン、マガモ、ホシハジロの順となっています。
コハクチョウは7:00過ぎから飛び立ち始め、早ければ8:15頃には0羽になります。ねぐら入りは17:00以降です。
マガンのねぐら立ちは7:00前後、ねぐら入りは17:00過ぎですが、明け方にはすでに居ないときもあります。

2012年12月23日 16:28 カテゴリー: お知らせ , 鳥情報

ヘラサギ復活!

嬉しいお知らせです。
6日を最後に姿を消していたヘラサギが、本日午後に再び姿を見せました。
ようこそ~♪

ヘラサギ類は、このように一度姿を消しても、しばらくしたら再び現れることが度々あります。もっと暖かい地方に移動してしまったかな~、とあきらめかけていたころの再登場でした。

でも、どうせ帰ってくるなら、
もっと早くに帰ってきてほしかったなぁ~…。
クロツラヘラサギ観察会で居てほしかったなぁ~…。


IMG_5332s.JPG
















本日現れたヘラサギ若鳥。
池の浄化設備脇の人工湿地で盛んに食べ物探しをしていました。
6日まで居た個体と年齢が同じくらいで姿もよく似ており、同じ個体ではないかと思います。
ヘラサギは19日(水)から再び姿が見られなくなりました。

●今日の鳥 2012年12月16日(日) 曇りのち晴れ
コハクチョウ 83羽 9:03ですべて餌場へ飛び去りました
オオハクチョウ 幼鳥1羽 コハクチョウ一家と同行
マガン 1羽 群れはおらず声だけ聞こえていました
ツクシガモ 1羽 綺麗ですよ!
ハジロカイツブリ 21羽 今年は多い!
ヘラサギ 若鳥1羽 祝!復活!!
マガモ ハーレムに注目!
ミコアイサ 12羽 ただいま見ごろです
ミサゴ 2羽 中海で魚捕り
オオタカ 若鳥1羽 何度も狩りを試みるが…
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌タイプ1羽 何度か登場!
チュウヒ 1羽
ハヤブサ 1羽 ネイチャーセンター目前を横切った! 
タシギ 2羽 目を凝らすと見えます
セイタカシギ 若鳥1羽
カワセミ 1羽 近頃よく目の前に出てきます
ドバト 約60羽 上空を群れ飛ぶ

など、43種・1000羽くらい

2012年12月16日 16:42 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ , 鳥情報

ハーレム

近頃、ネイチャーセンター前の岸辺に、マガモの群れが頻繁に食べ物探しにやってきます。

この群れは、いつも雄1羽が雌5~6羽を引き連れて行動しています。普通、カモ類は雌が雄を選ぶため、1羽の雌に複数の雄が群がって雌に気に入られようとしています。ところが、このグループは立場が逆。人間に例えるならば、この雄は超イケメンなのかな?

このグループは毎日ネイチャーセンター前にやってきていますので、ネイチャーセンターにご来館の際にはぜひ、ご注目ください。


IMG_5281s.JPG
















マガモご一行様。まさにハーレム状態。
確かにとても美しい雄なのですが、雌はどのような基準で雄を選んでいるのか、興味深いですね。




IMG_5305s.JPG

















5羽もの雌を従えて、次の場所へ移動するイケメン君。
何だか銀座のホストっぽいかも。

2012年12月16日 16:24 カテゴリー: お知らせ , マガモ

ツクシガモが到着!

今日も寒かったですね~。
寒さが厳しくなると登場を期待する鳥が2種類いるのですが、そのうちの1種、ツクシガモが到着。冬本番を告げる鳥です。

IMG_4990s.JPG
















ツクシガモ5羽の群れ。
初認は昨日9日で2羽でしたが、今日は4羽合流して6羽になりました。写真では5羽しか写っていませんが、この群れから離れたところにもう1羽いました。




CIMG8671s.JPG

















時々、ネイチャーセンター正面の丸木柵にとまるカワセミ。近頃とても風が強いので、体が小さいカワセミは風に飛ばされそうになっています。油断すると両足が丸太をすべり、体ごと吹き飛ばされそうになっているのを必死でこらえている姿がかわいいです。


●今日の鳥 2012年12月10日(月) 曇り時々吹雪
コハクチョウ 61羽 17時ごろねぐら入り。
マガン510羽 こちらも17時ごろねぐら入り。今季最多数!
ツクシガモ 6羽 増殖中!
セイタカシギ 1羽 越冬するつもり?
ノスリ 1羽 観察小屋の屋根の上。
チュウヒ 1羽 強風の中ヨシ原の上を舞う!
ハジロカイツブリ 12羽 今季は多いです
コサギ 7羽 減ってきました
カワセミ 1羽 強風に耐える!

など、33種1000羽くらい。


ヘラサギやクロツラヘラサギが居なくなってしまったのはさびしいですが、寒さが厳しいと登場の期待が高まるもう1種、オジロワシが今年も来てくれるのか、ただいま注目しています。

2012年12月10日 19:02 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , ツクシガモ

今日は一日ヘラサギ現れず

昨日、報道各社にヘラサギの飛来情報をお知らせしたところ、昨日の夕方のニュースや今朝の新聞に広く紹介されました。ところが今日は、ヘラサギは一日姿を見せませんでした。

ニュースや新聞に紹介された途端に姿を消すとは、とても残念です。

明日はクロツラヘラサギの観察会を予定しています。クロツラヘラサギが姿を消し、観察会をどうしようかと悩んでいた時にヘラサギが登場したので、救世主のように思えました。しかし、観察会前日に姿を消してしまい、またもや明日の観察会の主役がいなくなってしまいました。

明日は天気予報も悪く、観察会の開催には悪条件が重なっておりますが、ヘラサギ類がいなかった場合には、クロツラヘラサギの剥製を用いてヘラサギ類の解説をした後、園内で冬の水鳥観察を行う予定です。



ヘラサギ若鳥20121205 013s.JPG

















12月5日に撮影したヘラサギ若鳥。3日に現れて以降、4日間滞在しました。また姿を見せてほしいです。



●今日の鳥の様子 2012年12月7日(金)曇り時々雪一時晴れ
コハクチョウ 33羽 夕方に安来から帰ってきた数
マガン 430羽 昼間に飛来してお昼休憩
セイタカシギ 1羽
タシギ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌タイプ1羽
チュウヒ 1羽
オオタカ 3羽(成鳥1若鳥2)
ミサゴ 1羽
クイナ 1羽
ハジロカイツブリ 11羽
ツグミ 6羽
コサギ 18羽
その他、カンムリカイツブリ、ミコアイサ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、オナガガモの姿が目立ちました。

2012年12月 7日 17:39 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ , 鳥情報

ヘラサギが現れた!

今朝はすばらしい晴天でした。その分冷え込みもきつく、霜が降りていました。

今日は大山がとても鮮明に見える、抜群の風景でした。あまりにも見事すぎて、池に集う鳥たちよりもつい大山に見とれてしまいました。

_MG_6797s.JPG
















空気は冷たいが日差しが暖かい午前中、マガンの群れがお昼寝のためにやってきました。およそ370羽のマガンの群れが、雪化粧をした大山の前を何度も渦巻く光景は、とても贅沢でした。


12月に入った途端、水鳥公園に帰ってくるコハクチョウの数が激減しました。
いよいよ安来の田んぼに水が張られたためです。安来の水田地帯に冬期湛水田(ふゆみずたんぼ)ができると、田んぼで採食しているコハクチョウが、5km離れた水鳥公園に帰るのが面倒?になり、ふゆみずたんぼにねぐらを引っ越してしまうのです。

それでも、今日は数十羽のコハクチョウが園内で昼寝をして過ごしていたほか、オオハクチョウ6羽も終日園内で過ごしていました。
採食地内に「ふゆみずたんぼ」ができても、律儀に水鳥公園にねぐら入りしてくれる数十羽のコハクチョウたちの存在は、とても有難いです。そして、一日中園内に居てくれるオオハクチョウ6羽にも感謝です。
これから北帰行が始まる2月ごろまで、コハクチョウの数はさびしくなりそうです。


時間がたつに連れて雲が立ち込め、午前中の晴天がうそのような薄暗さになった夕方、園内中央部の島の岸辺にヘラサギ類が1羽いました。「クロツラヘラサギが戻ってきた!」と思って喜んだのですが、ちょっと違和感が…。
高倍率スコープで確認したところ、ヘラサギの若鳥でした。

今週末にクロツラヘラサギ観察会を控えているので、是非クロツラヘラサギには帰ってきてほしいのですが、ヘラサギでも居てくれたら嬉しいです。このまま居ついてくれないかな~、と期待していたら、東方向へ飛び去ってしまいました。
明日以降、戻ってきてくれていることを祈ります。

2012年12月 3日 18:03 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ , マガン

オオハクチョウが6羽います

今朝もコハクチョウでにぎわっていました。
8:00現在で600羽以上いましたので、明け方にはさらにたくさんいたのでしょう。

その中に、昨日、今日とオオハクチョウが6羽います。
山陰地方ではコハクチョウ1000羽の中に1~2羽いるかどうかという鳥なので、6羽はかなり多いです。

現在、成鳥3羽のグループと幼鳥1羽を連れた番いが、水鳥公園をねぐらにしています。


IMG_4019s.JPG
















昨日撮影したオオハクチョウの番い。この傍らには幼鳥が1羽います。


オオハクチョウは、コハクチョウよりもねぐらに居残る傾向が強く、コハクチョウのほとんどが田んぼへ食事に出かけても園内にしばらく残っています。
ネイチャーセンターの目の前にもよくやって来ますので、オオハクチョウを観察するなら今がチャンスです。

クロツラヘラサギは、26日(月)を最後に姿を消しています。
12月8日(土)には観察会を予定していますので、それまでに帰って来てくれることを祈ります。

2012年11月30日 09:31 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クロツラへラサギ

今年は、ハクチョウがたくさん塒入りしています!

米子水鳥公園の冬の見どころとして、早朝のコハクチョウの塒立ちと
夕方の塒入りがあります。
今年は塒入りするコハクチョウが多く、また11月としては天候が安定しているので、
夕暮れに帰ってくる姿が美しく見られます。

今日は、コハクチョウが17:00頃帰ってきました。この時期は、日没が早く時間的に見やすいのも特徴です。

sDSCN5851.jpgsDSCN5840.jpg









 

 





 



















遠くからコハクチョウの声がかすかに聞こえると、夕闇の中をコハクチョウが次々帰ってきます。


sDSCN5832.jpgsDSCN5839.jpg
 



































今日は、満月で湖面にコハクチョウが降りたのがよくわかります。ハクチョウが次第に公園の湖面を覆っていきます。



 

2012年11月28日 18:45 カテゴリー: お知らせ

クイナを今季初認!

今日は終日雨降りの肌寒い一日でした。

近頃のコハクチョウの数はおよそ500羽。朝夕はハクチョウたちの声でかなりにぎやかです。


IMG_3865ts.JPG
















コハクチョウの群れの中に、オオハクチョウが3羽混じっていました。この写真は、3羽のうちの2羽でつがいと思われます。この2羽はお昼ごろまで園内に残っていましたが、いつの間にかいなくなり、午後にはハクチョウは0羽になりました。




IMG_3825ts.JPG
















ネイチャーセンター南側の目の前にクイナがいました。今季初認です。草地で食べ物を探したり、柵に飛び乗ったりを繰り返した後、ヨシ原に潜っていきました。




IMG_3853s.JPG

















現在大人気のクロツラヘラサギ。一応今日も健在です。池の浄化設備脇の人工湿地でお昼寝中。
しかし、近頃のクロツラさんはちょっと変。人目を避けるように、ネイチャーセンターから遠く離れたところや、死角になるところにばかり居たがり、観察しにくいのです。

いつもの年ならば、ネイチャーセンター目の前で堂々と昼寝をしたり食べ物探しをする鳥なのに、今年のクロツラさんは恥ずかしがり屋なのかな?

●今日の鳥 2012年11月26日(月) 雨
コハクチョウ 8:35現在246羽。恐らく500羽くらいがねぐら入りしている。
オオハクチョウ 成鳥3羽
コブハクチョウ 成鳥1羽
マガン 360羽
チュウヒ 1羽
ミコアイサ およそ10羽
セイタカシギ 1羽
ハマシギ 15羽 オナガガモの合間を走り回っていました
ツグミ 6羽
セグロカモメ 成鳥1羽
カモメ 成鳥3羽
カワセミ 1羽

など、33種およそ2000羽

2012年11月26日 17:47 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クイナ , クロツラへラサギ

迷子のオオハクチョウ

昨日の午後からオオハクチョウがいます。
昨日現れた時は成鳥2羽と幼鳥1羽でしたが、間もなく成鳥2羽が姿を消し、幼鳥1羽が取り残されてしまいました。
この3羽は家族ではなかったのでしょうか。取り残された幼鳥は、コハクチョウの群れに近づくと、つつかれて追い払われてしまいます。コハクチョウの群れからすこし離れたところでさびしそうに1羽休んでいる様子は、何だかかわいそうです。

そして今日も、この幼鳥は園内に居残って、居心地が悪そうにウロウロしていました。

IMG_3522s.JPG
















迷子のオオハクチョウ幼鳥。
水鳥公園では、オオハクチョウは幼鳥が1羽で現れることが多いです。
本来はもっと北の地域で越冬するハクチョウなので、渡りの途中で親とはぐれ、コハクチョウの群れに紛れて山陰地方まで南下してきたものがやってくるのかもしれません。

2012年11月19日 19:32 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ

第5回子ども自由研究発表会

本日午後に、小学生による自由研究発表会を開催しました。
今年度中に自然科学に関する自由研究に取り組んだ小学生を招待し、研究の成果を発表してもらう企画で、今年で5回目になります。


_MG_6639s.JPG一人ずつ前に立ち、発表ポスターをスクリーンに大写しにして、それを見ながら研究成果を発表しました。学会と同じ形式で、発表後には質疑応答も行いました。
1年生から6年生の12名に発表してもらいました。みなさん大勢の前にもかかわらず堂々と発表する姿がとてもかっこよかったです。





_MG_6737s.JPG発表後、主催者から表彰状と記念品が発表してくれた小学生に授与されました。








_MG_6779s.JPG最後に記念撮影。皆さん、今後も自分が興味を持ったことの研究に楽しく取り組んでくれることを期待してますよ~♪








今回の感想は、自由研究の内容が年々レベルアップしていることと、家族の温かい協力が背景にあることが素晴らしいと思いました。

大人も知らないことが研究課題に取り上げられているものも多くあり、観衆の皆さんも関心して聞き入っていました。

また来年も開催予定ですので、是非多くの皆さんに聞きに来てほしいと思います。

2012年11月18日 09:43 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 研究発表会

窓際にいたカワイイ鳥

今日はイベント盛りだくさんの日で職員一同大わらわでした。

そんな中、お客様が「窓際にうずくまっている鳥がいるのですが、大丈夫でしょうか?」と教えてくださいました。

_MG_6599s.JPG
















その場所に行ってみると、窓の外にちっちゃな丸いものが見えました。


_MG_6612s.JPG
















拡大。キクイタダキでした。
ガラス窓の縁に止まってじっとしています。恐らく窓ガラスにぶつかって目を回していたのでしょう。脚もしっかり立っていますし、目もパッチリしているので重傷ではなさそうです。


_MG_6610s.JPG
















キクイタダキと大山。
なんとも不思議な光景です。
キクイタダキがネイチャーセンターの窓にぶつかってきたのは初めてだと思います。

しばらくした後、キクイタダキは飛び去ったそうです。
元気に野生復帰していることを祈ります。

今年はキクイタダキの目撃情報が多いです。
皆さんのご近所にもいるかもしれません。

2012年11月18日 08:56 カテゴリー: お知らせ , キクイタダキ

ボランティア

米子水鳥公園は、多くのボランティアの方に来ていただき様々な活動を行っています。

sDSCN7256.jpg



















今日は、読み聞かせ会にソロプチニストスワン米子の皆さんが来ていただきました。
地元幼稚園の子どもたちが楽しそうに聞いてくれました。また、今日は、コハクチョウが昼間残っていて親子が確認できました。

また、午後は、米子水鳥公園友の会の草刈りのボランティアの方も集まっていただき一時間ほど草刈理をしていただきました。この時期は鳥がいるので手刈りの作業です。
ssDSCN7288.jpg









本当に米子水鳥公園には、いろいろな方の支援があり感謝です。
今週末は、まんがを描く会と子どもの夏休みの自由研究発表会があります。
こちらも、いろいろなボランティアの方に支援して頂く予定です。
 

2012年11月16日 22:18 カテゴリー: お知らせ , ソロプチニストスワン米子 , ボランティア

あなたはどこから来たの?

今日は一日中南風が強い一日でした。鳥たちはみんな南に向いて、飛ばされないように耐えていました。

その強風の中、今日はちょっと変わった鳥が現れました。


IMG_2802ts.JPG
















クロハラアジサシ。ほとんど冬羽に換羽しているので、夏羽と全く違う姿をしています。春と秋に現れる鳥ですが、こんな遅い時期に現れるのは珍しい気がします。このほかにも今日は、アオアシシギ、ツルシギ、セイタカシギなど旅鳥の姿も見られました。



IMG_2984ts.JPG
















ズグロカモメ。こちらは秋から翌春にかけて時々現れる鳥なので、出現時期としては妥当かな。世界的希少種ですよ!


IMG_3188ts.JPG


































そして、今日はチュウヒが頻繁にネイチャーセンター付近にやってきて低空飛行を繰り返し、岸辺で休んでいた鳥たちを怖がらせていました。そのチュウヒを撮影してみると、右脚にリングが付いていました。
これは鳥類標識調査のリングで、以前どこかで捕獲されてつけられたものでしょう。このリングの番号を読むことができれば、どこからやってきたチュウヒなのかが分かります。う~ん、このリングの番号が読みたい!あなたはどこから来たの?


●今日の鳥 2012年11月12日(月) 曇り・西風強い
コハクチョウ 75羽 8:26現在。昨日の明け方は425羽いました!
マガン 約260羽 近頃は朝9時ごろから夕方4時ごろまで園内にいます!
ウミアイサ メス2羽 近頃毎日います!
ミサゴ 1羽
トビ 8羽
オオタカ 成鳥2羽若鳥1羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽 うち1羽はリング付!
ハマシギ 1羽
ツルシギ 1羽 久しぶり!
アオアシシギ 1羽
タシギ 1羽
セイタカシギ 1羽
ズグロカモメ 1羽
クロハラアジサシ 1羽
カワセミ 1羽
コサギ 36羽 近頃いっぱいいます!

など、約3000羽。

2012年11月12日 20:19 カテゴリー: お知らせ , クロハラアジサシ , ズグロカモメ , チュウヒ ,

ジュニアレンジャーの活動

本日、ジュニアレンジャーの活動が取材を受けました。
ssDSCN5476.jpg『宮川大助・花子のハテはてな』
BSS 山陰放送
12月16日日曜日 11:24〜11:30

ジュニア・レンジャーの活動の様子が報告されます。



山陰地区の方は、ぜひご覧ください。



ssDSCN5528.jpg


















取材の間だけ土砂降りでした。残念・・・後からきれいな大山が現れました。

2012年11月11日 19:43 カテゴリー: お知らせ , ボランティア

秋の味覚と自然観察!

毎月第二日曜日は子どもラムサールクラブの活動日です。
今日のテーマは、「粟嶋神社を探検しよう!」。秋の自然観察を楽しみながら、水鳥公園のお隣にある粟嶋神社を探検する計画でした。が…。

DSCN7148s.JPGからの強い風雨のため、屋外活動を断念。そこで、ネイチャーセンターから園内の鳥の調査を子どもたちにしてもらいました。








DSCN7160s.JPG低学年、中学年、高学年と3グループに分かれて調査結果の発表をしてもらいました。結果は、学年が上がるほど確認種類数も増えて、みんなで28種類を確認しました。







DSCN7162s.JPG鳥の調査終了後、天気が回復してきたので屋外に出て野鳥観察もしました。しかし、再び雨が降り出し、すぐに引き返すことになりました。残念…。








DSCN7166s.JPGそうしてネイチャーセンターに戻りかけたとき、再び天気が回復。粟嶋神社でやりたかったドングリ拾いを、園内のジュニアレンジャーの森で行いました。拾ったドングリはお昼ご飯の時に食べるので、みんな真剣に食材集めをしていました。







DSCN7178s.JPG参加者の方から、なんとサトウキビの差し入れがありました。これもぶつ切りにしてみんなで分けてかじりました。その触感と甘さに、みんな喜んでかじっていました。







DSCN7183s.JPG
ジュニアレンジャーの皆さんが作ってくれたイモ汁と炒ったドングリ、持参したおにぎり(+サトウキビ!)で楽しいランチタイム。最後に、恒例の「今日の生きもの川柳」を書いて解散しました。







次回12月は、お気に入りの鳥の絵を描きます。描いた絵は水鳥公園の絵画コンクールに応募してもらう予定です。みんな、風邪をひかないで元気に参加してくださいね。

※子どもラムサールクラブは、一年間同じメンバーで活動する自然体験プログラムです。来年度の新メンバー募集は3月に予定しています。
 

2012年11月11日 16:33 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

日本最小の鳥に会いました!

本日、園内を歩いていたところ、どこからともなく「ツィ、ツィ…」という聞きなれない鳥の声が聞こえました。声のする方をみると、散策路沿いに植えてあるシャリンバイやウバメガシの植え込みの中でした。


目を凝らして声の主を探すと、茂みの中を素早く動き回る小さな影が見えました。

IMG_2607s.JPG
















茂みの間から顔を見せてくれた声の主は、キクイタダキでした。



IMG_2586s.JPG













IMG_2601s.JPG



















とにかく動きっぱなしで、枝から枝へと休む間もなく飛び移るので姿を追うのは大変でしたが、一瞬だけ全身が見えるところに止まってくれる時もありました。
揺れる頭の羽毛にちらりとオレンジ色が見えたので、この個体はオスです。

キクイタダキは日本最小の鳥として有名で、体長はわずか10cm程度。とってもかわいい鳥です。水鳥公園では、秋から春にかけて、園内の木々の茂みの中で姿を見かけるときがありますが、頻度は少なく久しぶりの登場です。

水鳥公園では池に浮かぶカモやハクチョウにばかり目がいきがちですが、園内の木々の茂みやヨシ原を注意してみると、いろいろな小鳥やキジに出会える時があります。
この秋は、ノゴマやアリスイ、ホオアカ、ツリスガラなど、普段の野鳥観察ではなかなか姿が見えない鳥が、園内のヨシ原で見つかっています。いろいろなところにセンサーを張り巡らせて、野鳥観察をお楽しみください。


 

2012年11月 5日 17:54 カテゴリー: お知らせ , キクイタダキ

早朝特別解説実施中!


米子水鳥公園では、冬季の土日祝日は、早朝7:00より開館しています。

朝の米子水鳥公園様子をゆっくりレンジャーがご説明する早朝特別解説を
今年度7:30~8:00に実施しています。
もし、お時間がありましたら、ぜひ米子水鳥公園へおいで下さい。
IMG_2516ss.JPG
















大山から昇る朝日 2012年11月3日 7:00ごろ

IMG_2512sss.JPG
















つばさ池とコハクチョウ

2012年11月 3日 09:00 カテゴリー: お知らせ

1/10000のアメリカヒドリ

ただいま米子水鳥公園は、たくさんのカモで賑わっています。池に広く散らばるカモの大群を眺めていると、これだけたくさんカモがいるのなら、何か珍しいカモが混じっているかもしれない、という期待が湧いてきます。

実際に、12000羽を記録した27日にはアカハジロが1羽見つかりましたし、翌28日にはアメリカヒドリが1羽見つかりました。

CIMG8521s.JPG


















アメリカヒドリ雄。
ヒドリガモとの交雑個体はよく見かけますが、純粋なアメリカヒドリはかなり珍しいです。
昨日撮影した画像ですが、今日もいます。
ポイントは、薄い赤紫色の体、まだら模様の白い顔、緑色に光るアイシャドウ、くちばしの付け根を縁取る黒い線です。
交雑個体も1羽いましたので、お間違えなく。

およそ1万羽の群れから珍しい鳥を探し出すのは難しいですが、
何気なく観察していると偶然目に留まることもあります。
今回の発見も、そんな偶然の産物です。

皆さんも、この時期限定の万羽ガモ風景をご覧になりませんか。
運がよければ、なかなか出会えない珍しい鳥が見つかるかもしれません。

2012年10月29日 09:27 カテゴリー: お知らせ , アメリカヒドリ

中海ふれあいウォーキング大会開催!

今日は、毎年この時期恒例のふれあいウォーキング大会が開催されました。天気予報によると、開催中の降雨が心配されましたが、降っても小雨程度の見込みで朝は日が射しており、予定通りの開催となりました。



DSCN6843s.JPG晩秋の水鳥公園周辺の中海湖岸を歩きました。
土手の法面にはセイタカアワダチソウの黄色い花が咲き、秋色の風景です。







DSCN6857s.JPGウォーキングコースには7か所に3択クイズが設置してあり、皆さんに挑戦して頂きました。








DSCN6878s.JPGもう少しでウォーキングが終了という時に、突然風雨が強まり嵐になりました。皆さんあわてて雨がしのげる場所に避難しました。








最後に雨に降られてしまいましたが、スタッフ含め270名が参加して晩秋の中海湖岸の風景を満喫しました。
クイズの答え合わせの結果、10名が全問正解していてプレゼントが贈呈されました。

参加してくださった皆様、お疲れ様でした。

参加された小原工さんのブログ
http://blog.try-a.co.jp/takumi/2012/10/28/%E7%B1%B3%E5%AD%90%E6%B0%B4%E9%B3%A5%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF/
 

2012年10月28日 09:00 カテゴリー: お知らせ , 特別企画

カモMA~X!

IMG_1283s.JPG
















今日は、今年の鳥の数のピーク日と思われます。
朝は8000羽くらいでしたが、お昼までに続々とカモの群れが舞い降りて来て、お昼ごろには12000羽くらいまで増えました。昨年のピークよりも多そうです。
今日は週に一度の鳥を数える日。
毎年この時期の鳥のカウントは過酷です。ヒ~!


IMG_1293s.JPG
















何かに驚いて飛び立った後、舞い降りるカモたち。
カモは1羽が驚くとみんなが驚きます。
数千羽のカモが池に舞い降りる様は圧巻です。



IMG_1327s.JPG
















中海方向から続々と舞い降りてくるカモたち。
カモは団体行動なので、数百羽単位での増減は日常茶飯事です。


IMG_1415s.JPG
















ネイチャーセンター前では、
一日中コハクチョウがくつろいでいました。
その上をカワセミが頻繁に横切っていました。

●今日の鳥 2012年10月27日(土)晴れのち曇り
カイツブリ 47羽
ハジロカイツブリ 4羽
カンムリカイツブリ 3羽(うち1羽は夏羽)
カワウ 141羽
ダイサギ 6羽
コサギ 27羽
アオサギ 10羽
コハクチョウ 144羽(成鳥116幼鳥28) 17:25現在
マガン 46羽 9:10にお昼寝しに帰ってきた
マガモ 152羽
カルガモ 19羽
コガモ 233羽
トモエガモ ♀1羽
ヨシガモ 21羽
オカヨシガモ ♂2羽
ヒドリガモ 322羽
オナガガモ 415羽
ハシビロガモ 25羽
ホシハジロ 3950羽
キンクロハジロ 4930羽
スズガモ 900羽
アカハジロ ♂1羽 1万羽の群れの中にさりげなく混じってました
ミサゴ 1羽
トビ 3羽
オオタカ 成鳥1羽
チュウヒ 2羽
ハヤブサ 1羽 萱島上空を飛ぶ
オオバン 55羽
カワセミ 1羽
モズ 1羽
ハシボソガラス 9羽
セイタカシギ 1羽
ヒヨドリ 1羽
コヨシキリ 声1羽

2012年10月27日 16:23 カテゴリー: お知らせ , アカハジロ ,

THE THIRD コハクチョウとギターの調べ

いよいよやって来ました
この季節!
「THE THIRD コハクチョウとギターの調べ」
今年で3回目のこの企画、
美しい夕べの景色と
六弦倶楽部が奏でる美しいギターの調べとの
コラボレイション!!
水鳥公園から館長も参加します。
ギターの音色を聴きながら
美しい景色を望むと
なんだか心がリラックス~っ。
是非皆さんのお越しをお待ちしております!
CIMG0300.jpg日時 2012年11月3日(土・祝) 14:00~18:00
場所 米子水鳥公園ネイチャーセンター視聴覚室
料金 入館料300円のみ 中学生以下70歳以上無料
(写真右は昨年の館長の熱唱の様子です。)

 

2012年10月25日 16:40 カテゴリー: お知らせ

動けなくなっていたオナガガモ

今日は、先の記事で紹介したとおり、ネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まって休んでいる、とても平和な風景でした。ところが、13時過ぎになった頃、カモやサギたちが警戒し始め、次々と飛んで逃げ始めました。

周囲を見渡したのですが、獣やタカなど天敵の姿はなく、不思議に思っていた時、浅瀬でもがくオナガガモ1羽を見つけました。まるで、水中から何かに襲われているようです。そのために鳥たちが警戒していたのでしょう。コハクチョウ達もみな飛び立ち、園内中央部の島まで逃げてしまいました。
水面でもがくオナガガモ1羽を残して、ネイチャーセンター前の鳥は全て遠くへ逃げてしまいました。

早速オナガガモの救出に向かい、カモを確保した時、カモが動けなくなっていた原因が分かりました。
何と、大きなルアーの針がくちばしと両脚に深く刺さって身動きが取れなくなっていたのです。


DSCN6733s.JPG

















救出した直後のオナガガモ。
これでは、全く身動きが取れません。釣り針には返しがあるため、カモが自力で外すことは不可能です。
小型のニッパーでは全く歯が立たないほど針が硬かったので、番線切断用のカッターで刺さった針を切り、ルアーを外しました。
ルアーが取れたカモは、針が刺さっていた場所から少し血が出ていましたが、幸いにも発見が早くて体力の消耗が少なかったようで、元気に空へ飛び立っていきました。
よかったよかった。


DSCN6743s.JPG

















これがそのルアーです。
三又の鋭い針3つ・計9本の針のうち、4本がカモに刺さって自由を奪っていました。
はじめに片脚に針が刺さり、それをくちばしで外そうとして下くちばしにも刺さり、暴れているうちにもう片脚にも刺さって動けなくなってしまった、という光景が想像できます。

釣り人の皆さん、釣り場には決して針やルアー、釣り糸等を残さないで下さいね。

なお、米子水鳥公園では傷ついた野鳥の保護、治療はできません。
鳥取県西部で弱っている野鳥を見つけたら、
西部総合事務所生活環境局生活安全課 動物・自然公園係までお問合わせ下さい。

2012年10月22日 17:34 カテゴリー: お知らせ , 傷病鳥

今が一年で最も鳥が多い時期です!

現在、コハクチョウをはじめ冬の鳥たちが
続々と水鳥公園に飛来しています。
毎年10月下旬から11月上旬ごろにかけてが最も鳥が多い時期で、
最大10000羽以上になります。

IMG_1010s.JPG
















昨日の様子。
池の中央より奥側がかなり混雑してきました。現在約7000羽。
今後、もう少し増える見込みです。



IMG_1022s.JPG
















今朝の風景。今朝は、ネイチャーセンターの目の前に
コハクチョウが集まっていました。
昨日までは園内中央部の島の岸辺にいることが多かったので、
今季初めて近くに寄ってきてくれました。
また、8:50頃、マガン約80羽(今季最多数!)の編隊が
西から飛来しましたが、降りずにまた西へ去ってしまいました。
今朝は昨日よりもさらに増え、8000~9000羽になっています。

コハクチョウは今季、最大70羽くらいまで増えましたが、
昨日の明け方は45羽でした。
うち12羽は終日園内でくつろいでいて、
17:50に安来方向から約30羽がねぐら入りしました。

●昨日の鳥の様子(2012/10/21)
コハクチョウ 45羽(6:40現在)
マガン 8羽(15:00頃飛来)
カイツブリ
ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ1羽
カワウ
ダイサギ
チュウサギ2羽
コサギ
アオサギ
マガン8羽
オシドリ♀1羽
マガモ
カルガモ
コガモ
ヨシガモ
ヒドリガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ 数千羽
キンクロハジロ 数千羽
スズガモ
トビ
オオタカ成鳥1羽
チュウヒ成鳥1羽
オオバン
セイタカシギ2羽
カワセミ2羽
モズ1羽
ヒヨドリ1羽
以上、水鳥約7000羽

2012年10月22日 09:28 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

ジュニア・レンジャーハゼ釣り

今日のジュニアレンジャーの活動は、
ハゼ釣りと、その調理でした。
(中海では、ハゼをゴズといいます.)
ハゼ釣りは、中海のワイズユースを語るうえで大変大切な活動です。
それは、多くの人が中海の恵みを直接体験できるからです。


そして今日の目標は、

  ジュニアレンジャーは、釣ったハゼを調理して人にふるまうです。

DSCN4942s.jpg
目標に至るまでには意外とたくさん難関があります。
 
 ハゼを釣るためには、釣り道具の使い方を覚え、餌の青虫が触れるようにならなければなりません。





 
 
 
 

DSCN4950s.jpg「魚に触れた。!!」
「針が外せない・・・」





意外と難関は、多いです。


 そして調理するには、魚のさばき方を覚え、おいしく食べてもらうにはその調理方法を勉強しないといけません。
DSCN4962s.jpg









これは、すべて湖の恵みをうまく利用するため、ワイズユースをするための知恵なのです。

もし、豊かな自然があったとしても、この知恵がなくなってしまっては、湖の価値は半減してしまいます。
今日の活動で、ジュニア・レンジャへーは、ワイズユースの知恵を身に着けることができたでしょうか?


DSCN4958s.jpg

2012年10月14日 17:30 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , 国際交流

ジュニア・レンジャー 中海環境モニタリングの結果を報告

今年も、ジュニア・レンジャーが参加している中海湖沼環境モニターの報告会がありました。
六年目を迎える環境モニターの制度は、参加者が年々増え広がりを感じます。
今年も感想を発表してくれました。
DSCN4889ss.jpg














まず、五感で湖の環境を感じてみようと言うこの企画
中海の様子が年々よく感じられるようになっているようです。
 

2012年10月12日 06:25 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 調査研究

ラブラブのふたり

20121003コブハクチョウディスプレイ縮小.jpg
今朝、池を観察していると、
2羽のハクチョウが泳いでいました。
かなり仲が良いみたいで
微笑ましく見ておりましたが、
どうやらふたりで
愛を語っているご様子、
求愛ダンスを踊り始めました。
そんな一瞬を「カシャッ」
ハートマークになりました。
文字通り
ラブラブなふたり
鳥達も恋愛の季節を迎えたようです。
(ちなみに写真の白鳥はコブハクチョウです。
本来は日本で繁殖しない種です。)

 

2012年10月 3日 10:17 カテゴリー: お知らせ

今日の日替わりは、アジサシ!

この時期は、日替わりで様々な渡り鳥が現れます。
今日の「日替わり鳥」は、アジサシでした。

CIMG8237s.JPG

















ネイチャーセンターの目の前にふらふらと飛んできて、
丸太の柵に舞い降りました。

長い翼でいつも軽快に飛んでいる印象の鳥ですが、
今日はなんだかお疲れのご様子。長旅だったのかな?
今年生まれの若鳥のようです。



CIMG8273s.JPG

















水鳥公園によく現れるクロハラアジサシとよく似ていますが、
後頭部が妙に黒い。
目の後ろの黒斑が目よりもかなり下まで伸びています。
シャープな面構えで、なかなかのイケメンです。


このアジサシは、しばらくの間のんびり休んでいたのですが、
後に飛んできたダイサギがアジサシのすぐ隣にとまったかと思うと、
突然アジサシを威嚇。
かわいそうに、アジサシは追い払われて飛び去ってしまいました。


CIMG8312s.JPGセイタカシギも1羽いました。
一日中、ネイチャーセンター前左手の島の岸辺でのんびりしていました。





















●今日の鳥 2012年9月24日(月) 雨のち曇り
カイツブリ 巣3 秋なのにまだ抱卵中?
ハジロカイツブリ 1羽
カワウ
アマサギ 1羽
ダイサギ
チュウサギ 4羽
コサギ 28羽
アオサギ 5羽
コブハクチョウ 3羽
マガモ
カルガモ
コガモ 増加中!
シマアジ 1羽
ヒドリガモ 急増中!
ハシビロガモ 7羽
オナガガモ 増加中!
ホシハジロ
キンクロハジロ 急増中!
スズガモ 増加中!
ミサゴ 1羽
トビ 5羽
オオタカ 成鳥1羽 成鳥は久しぶり!
チュウヒ 1羽
バン
オオバン 10羽
コチドリ 幼鳥1羽 上嘴が短い。折れたのか奇形なのか。
アオアシシギ 2羽
セイタカシギ 雄1羽
アジサシ 第1回冬羽1羽 水鳥公園では珍しい!
カワセミ 2羽 追いかけっこ
ツバメ 3羽
ハクセキレイ 1羽
ヒヨドリ 2羽 さりげなく久しぶり
モズ 声1 近頃にぎやかです
スズメ 5羽
ハシボソガラス 1羽
ハシブトガラス 17羽

2012年9月24日 18:14 カテゴリー: お知らせ , アジサシ , セイタカシギ

鳥情報2012/09/22

ただいま秋の鳥が続々と飛来中の水鳥公園。
現在の鳥の様子をお知らせします。

●観察日:2012年9月22日(土)晴れのち曇り
カイツブリ 75 巣1
カワウ 13
ダイサギ 3
チュウサギ 3
コサギ 6(波紋漁法1)
アオサギ 2
コブハクチョウ 2
マガモ 26
カルガモ 47
コガモ 74
シマアジ 1
ヨシガモ 8
オカヨシガモ 1
ヒドリガモ 27
オナガガモ 59
ハシビロガモ 13
ホシハジロ 16
キンクロハジロ 20
スズガモ 5
トビ 8
バン 6
オオバン 7
アオアシシギ 1
タシギ 1
カワセミ 1
ツバメ 4
ハクセキレイ 1
モズ 1
コヨシキリ 不明
シマセンニュウ 不明
クロハラアジサシ 1
チュウヒ 1
アリスイ 1
ヨシゴイ 1
イソヒヨドリ 1
ハジロカイツブリ 1

以上です。

IMG_9629s.JPG今日一番びっくりしたのがこの鳥。アリスイです。秋の渡りの最中かな?





2012年9月22日 18:22 カテゴリー: お知らせ , アリスイ , 鳥情報

水鳥公園でキビタキ?

本日早朝、鳥の調査のために明け方に出勤したのですが、ネイチャーセンターの屋根裏からなんとも形容しがたい声が聞こえてきました。

ネイチャーセンターにはよく鳥が迷い込んできて、出口が分からずにさまよっていることがあります。今回も鳥の迷子?だと思い、虫捕り網を持って屋根裏へ昇りました。

屋根裏をひととおり歩きましたが、鳥の姿はなし。降りようかと思ったとき、視界の端に横切る影が。思わず網をふるったら、奇跡的に何かがすっぽりと網に収まりました。
イソヒヨドリかと思って探していたのですが、予想以上に小さい鳥でした。


IMG_9585s.JPGキビタキでした!
一見メスのように見えますが、今年生まれの幼鳥です。
幼鳥の時は雌雄の区別がつきません。






昨日の日中も、屋根裏から変な声が聞こえていたのですが、これが正体かも。
幸い元気で怪我もありませんでした。
ネイチャーセンターの外へ連れて行って放鳥。元気に飛び去りました。

水鳥公園でキビタキなんて、何とも場違いな気がしますが、
ただいま鳥たちは旅の真っ最中。南への旅の途中に迷い込んでしまったのでしょう。

屋根裏で干からびてしまう前に救出できて、
良かった良かった♪

2012年9月21日 18:37 カテゴリー: お知らせ , キビタキ ,

秋の草刈り いよいよ追い込み

秋の鳥たちが少しずつやって来ています。

米子水鳥公園では、野鳥の生息地の環境整備を
10月1日までに終える計画で、ただいま大忙しです。


DSCN5572ss.JPG今年はどんな鳥達が渡ってくるのか、楽しみにしながらボランティアさん達と作業をしています。

2012年9月21日 12:38 カテゴリー: お知らせ , 環境管理

島づくり(ジュニア・レンジャーの活動)

DSCN4334ss.JPG本日のジュニア・レンジャーの活動は、ネイチャーセンターの前に鳥が休む島づくりでした。



まずは土嚢に土を詰めます。こうして、メダカ池が広がっていきます。




DSCN4361ss.JPG胴長を着て、土を運びます。できた島には、多くの水鳥が休みます。
今年も、どんな鳥がこの島の上で休んでくれるでしょうか?


以前は、コウノトリが休んだこともありました。

冬に観察するのが今から楽しみです。

2012年9月 9日 19:28 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , 環境管理

ついに水辺の忍者の撮影に成功!

 今日は秋らしい涼しさを感じる一日でした。今日もいろいろな鳥が姿を見せてくれましたが、一番サービスが良かったのがこの鳥です。

CIMG7637s.JPG

















 ヨシゴイです。
 水辺の忍者と称されるこの鳥は、常にヨシ原に潜んでいて姿を見せることがほとんどなく、毎年辛うじて姿は見かけるものの、記録写真を撮ることができませんでした。
 しかし、今日ついに記録写真を撮る事ができました。17年越しの悲願達成です!

 この夏はヨシゴイの姿を見かける機会が多く、ネイチャーセンター左手正面の島の中から飛び出し、ネイチャーセンター前を横切った後、ネイチャーセンター南側のヨシ原に舞い降りる、という行動パターンが多いです。


CIMG7670s.JPG辺りをしきりに警戒中のヨシゴイ。首がと~ってもよく伸びます。
























CIMG7685s.JPG時々、大口を開けて鳴いていました。























 この個体は、羽色から雄の成鳥です。
 いつも同じあたりから現れるので、そこに巣があるのかもしれません。今月末にこの島のヨシを刈るので、慎重に刈りながら巣立った後の巣を探してみようかな♪

 もし繁殖中ならば、そろそろ巣立った幼鳥も現れるかもしれません。今後も要注目のヨシゴイさんでした。

2012年9月 1日 18:08 カテゴリー: お知らせ , ヨシゴイ

秋の鳥が増えてきました

台風15号に続いて14号が日本近海に来ています。
そんな中、鳥たちの渡りは始まっているようです。

今日は、クロハラアジサシ、ヨシゴイ、トウネン、タカブシギ、ソリハシシギ等がいました。
エクリプスのマガモたちも、前浜で羽を休めるようになりました。

鳥たちを見ていると、季節の移ろいを感じる今日この頃です。

2012年8月31日 21:49 カテゴリー: お知らせ , クロハラアジサシ , , 鳥情報

台風の置き土産?コグンカンドリ現る!

毎日米子水鳥公園にやってきてくれる小学生二人組が、
「変わった鳥がいるよ」と教えてくれました。


望遠鏡を覗くと、「グンカンドリ?」

IMG_8699ss.jpg
















トビと比較した大きさと羽色から、
コグンカンドリの幼鳥と判明しました。
 
台風15号が連れてきたのでしょうか?
鳥取県内では30年ぶりの確認でした。

IMG_8714ss.JPG

2012年8月30日 08:26 カテゴリー: お知らせ ,

ジュニア・レンジャー水質調査

今日は、夏休み唯一のDSCN4155ss.JPGジュニアレンジャーの作業調査日でした。
定期の水質の測定では、海岸にホトトギスガイがマット状に生育していました。






DSCN4161ss.JPG


水の中にはハゼの姿が見えます。






透明度が高くとてDSCN4165ss.JPGもきれいでした。









DSCN4166ss.JPG

2012年8月19日 15:40 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 環境管理 , 調査研究

カイツブリ流されてもまた営巣!

先日の大雨ですべて流されてしまったカイツブリの巣ですが、また営巣しているのを見つけました。
例年の繁殖期の終わりまで、残り一か月程度ですが無事ヒナを孵すことができるでしょうか?
CIMG7498カイツブリ.JPG

2012年8月19日 15:01 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリの巣が流される!!

今年はカイツブリの子育てが、池のあちらこちらでうまくいっていたのですが、
昨日の大雨で殆どの巣が流されてしまいました。
DSCN4229ss.JPG 池の水位が、20cm以上あがってしまっては、致し方ありません。
それでも、多くの巣で、すでに雛がかえっていたので、
親鳥がおんぶして
無事に大雨をやりすごしてくれたと思います。






また、メダカ池は増水して入れない場所があります。ご注意ください。数日たてば水位が下がり、
いつも通り遊べるようになります。
DSCN5192s.JPG

2012年8月15日 16:47 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

生き物図鑑を作ろう!終了

今日は、10日から開催している「水鳥公園の生き物図鑑を作ろう!」の最終日。初日は昆虫、二日目は水生生物、そして今日は野鳥の図鑑を書きました。



DSCN5156s.jpgネイチャーセンターから望遠鏡で野鳥観察。望遠鏡で観察した鳥をスケッチするのは難しい!








DSCN5169s.jpgスコープにつないだCCDカメラをテレビにつないで鳥を観察。スケッチにはなかなか便利です。








P1060854s.jpg野鳥の図鑑書きが終わったら、いよいよ図鑑の仕上げです。
3日間かけて書いた生き物の図鑑ページに、表紙、目次、生き物マップ、感想ページを追加して順番に並べて製本しました。









完成!子どもたちの3日間の努力の結晶です。
みんな自分のつくった図鑑を満足げに眺めていました。


DSCN5179s.jpgDSCN5180s.jpg















DSCN5185ts.jpg

 

2012年8月12日 15:14 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント

何これ?鳥コレ! 生中継(中海テレビ)

夏休みの特別展のPRに
地元のケーブルテレビが生中継してくれました。

DSCN4068ss.jpg









取材していただいたマリアさんのブログ

http://blog.zige.jp/purachan/kiji/451303.html

2012年8月 3日 21:58 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント , 展示

科学教育研究協議会 第59回全国研究大会で記念講演

今日は、米子コンベンションセンターで講演をしてきました。
DSCN4028ss.jpg

















全国の理科先生たちに
米子の誇りである米子水鳥公園として公園の歴史や市民の保全活動へ
の参加について説明することができました。
DSCN4046ss.jpg

















コンベンションでは、5日午前中まで米子水鳥公園のパネルを展示しています。
お近く方は是非お立ち寄りください。

2012年8月 3日 18:54 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 出前講義 , 展示 , 普及啓発

児童クラブのメダカ捕り対応

暑い日が続きますが夏休みの子供たちは、とても元気です。
クイズラリーをしたり、カイツブリの親子を観察したりと、夏の水鳥公園を楽しんでいます。

今日は、児童クラブの子供たちがメダカ捕りをして、一日過ごしてもらいました。
   
DSCN4989ss.JPG
タモを借りて、メダカ捕りスタート








DSCN4983ss.JPGあっという間に、メダカがたくさん捕れました。









DSCN5011ss.JPGクイズラリーもやりました。現在、クイズラリーは<
なにこれ?鳥これ!!展の特別バージョンです!!

みんなできたかな?

2012年8月 2日 19:10 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

鳥コレクイズラリーVar.2始動!

ただいま、夏休みの企画展「何これ?鳥コレ!」を開催中で、この展示に関連したクイズラリーも開催中です。本日、このクイズラリーの問題を一部入れ替えまして、鳥コレクイズラリーVar.2をご用意しました。

もうすでに鳥コレクイズラリーを全問正解してしまった方でも、
Var.2なら新鮮な気分で鳥コレ展を楽しむことができると思います。

ご来園の際には、是非、「鳥コレクイズラリーVar.2」に挑戦して下さいね。

2012年7月30日 16:42 カテゴリー: お知らせ , クイズラリー , 展示

336名で美化清掃ボランティア!

今日は、米子地区環境問題を考える企業懇話会による米子水鳥公園美化清掃ボランティアが行われました。毎年この時期に行われる恒例行事です。

DSCN4006s.JPG

















開会式の様子。猛暑の中、3地元企業から336名ものボランティアが集まって下さいました。



DSCN4888s.JPG

















水鳥公園の中央部にある、広い島の除草が主な作業。手作業で草を刈り、天敵が潜みにくい水鳥の休憩場所を整えます。


DSCN4891ts.JPG

















水鳥公園を取り囲む、中海の堤防をぐるりと一周してゴミ拾い。たくさんの漂着ゴミが回収されました。


IMG_5471s.JPG

















粟嶋神社わきのトンボ池も、池を埋め尽くしていたヒメガマが一掃され、池の水面が広くなりました。


強烈な日差しの下、熱中症になる方がでないか心配でしたが、無事作業が終わりました。
貴重な休日の中、お集まりいただいた皆様、大変お疲れ様でした。

関連ブログ トッキーノ
http://tokkino2013.blogspot.jp/2012/07/blog-post_29.html
            

http://genba2007.blog101.fc2.com/blog-entry-115.html

2012年7月29日 18:26 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 環境管理

ツバメチドリ

米子水鳥公園に初記録の鳥がやってきました。

ツバメチドリです。ツバメなのか?チドリなのか?分かりにくいですが、
チドリ目ツバメチドリ科なので、どちらかといえばチドリに近い鳥です。
水鳥公園で確認された野鳥は、これで209種類になりました!



CIMG6931ss.jpg 水辺を走り回る姿はチドリによく似ていますが、静止した姿は確かにツバメに似ています。成鳥は黄土色をしたもっときれいな鳥なのですが、今日飛来したのは、灰色の地味な鳥でした。でも、飛んだ瞬間に見えた翼下面がオレンジ色で、とてもきれいでした。






CIMG6957st.jpg

















今日は、炎天下の中陽炎が立ち、あまりいい写真が撮れませんでした。

2012年7月25日 18:30 カテゴリー: お知らせ , ツバメチドリ ,

コサギのメダカ捕りの妙技!

近頃、水鳥公園にはたくさんのサギが集まってきます。
おそらく、隣接している中海の無人島「萱島」で生まれたサギたちが巣立ち、水鳥公園にやってきているのではないかと思います。

たくさんいるサギの中で、コサギが面白いことをしています。




これは、コサギが波紋を立ててメダカを誘い、捕食している様子です。
(2012年7月21日撮影)

水鳥公園では、毎年夏になると見られます。
しかし、私はこの行動は水鳥公園でしか見たことがありません。

毎日ネイチャーセンターの目の前で見られますので、ぜひこのコサギの妙技を見に来てください。

2012年7月22日 13:58 カテゴリー: お知らせ , コサギ

前浜のカイツブリの巣に雛が生まれる

今日は大変よい天気でしたが、前浜のカイツプリの巣に雛が生まれたことを確認しました。  
IMG_6723st.jpg
















右側の親鳥の横に、ネッシーみたいに浮かんでいるのが雛です。

stIMG_6711.jpg















転卵の瞬間。まだ、4つの卵があることがわかります。これから数日中にすべての卵がかえり、親鳥に背中に雛を載せて泳ぐほほえましい姿が見られるでしょう。


IMG_6715st.jpg雛と言えば、コチドリの雛もネイチャーセンターの前浜にやってきました。ついに飛ぶ力をみにつけたようです。こちらも、成長がたのしみです。



















 















 

2012年7月16日 19:10 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その⑦

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。


 「さて、何これ?」
DSCN4641ss.JPG

















木の板に彫刻されたカワセミの看板です。バードカービンをされる遠藤登さんが彫られました。なかなか風情があります。普段は、お店の看板替わりとなっている物をお出展して頂きました。
 さて 問題は この板はもともと何だったのでしょう?
板のカープがヒントです。











答えは、水車の側面の板です。
古い水車を解体した材をもらってきて彫刻されたそうです。
このような古いものは、良い材を使ってあるそうです。


夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

2012年7月16日 16:58 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント , 展示 , 特別企画

雨の日の様子

もうすぐ梅雨明けと思います。その前に雨の日の鳥の様子をご紹介します。

雨といえども鳥は傘をさすわけにはいきません。
水鳥の場合、そのまま濡れていることが普通です。

こちらは、巣で抱卵中のカイツブリです。
CIMG6460ss.jpg

















土砂降りの中、ひたすら卵を温めています。こんな日は、浮巣が崩れてしまいそうになることもあるので、一生懸命に巣を補修する姿も見られます。

また、雛は親鳥のように雨をはじかないので大変です。
コチドリの雛の場合は、
CIMG6440ss.jpg

















お母さんのおなかの下に隠れるようです。どう見ても三羽隠れるの無理に見えますが・・


カルガモの親子もお母さんのおなかの下に隠れます。
こちらはさらに子だくさんで、子どもたちがお母さんの腹の下からはみ出ていました。












 

2012年7月14日 21:16 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ , コチドリ

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その⑥

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。

DSCN3810sr.JPG
















 「さて、何これ?」







これは根付(ねつけ)です。
根付とは、江戸時代のころに煙草入れや印籠、小型の鞄につけたものです。これがついていると、帯に挟んで落ちないように止めることができるので便利です。今でいうところの携帯ストラップですね。
 和服を着なくなった最近はあまり使いませんが、海外では日本関係のコレクションといえば根付はかなり有名です。

出展者の方は、ご自分で作られた鳥に関する根付を出展していただきました。


自作携帯ストラDSCN3611s.jpgップを出展していただいた方もいらっしゃいます。








夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で2012年7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円





●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

2012年7月14日 07:52 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 特別企画

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その⑤

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。

DSCN3837ss.JPG





























 「さて、何これ?」







これは、「ドリーム・キャッチャー」です。

といわれても何かと思われると思いますが、ネイティブアメリカンの壁飾りだそうです。
ぶら下がった鳥の羽根の飾りが素敵ですね。

上の網の部分はクモの巣のたとえで、この部分で悪夢をとらえるそうです。
良い夢はすり抜けるそうでして、これで安心して眠れるというものだそうです。




夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

2012年7月10日 13:43 カテゴリー: お知らせ , 夏休みイベント , 展示 , 特別企画

Jr.レンジャーの森に巣箱を架けました。

今日は、月一回のジュニアレンジャーの活動日でした。
DSCN3850sss.jpg






DSCN3861ss.JPG今日の活動は、巣箱を作り、ジュニア・レンジャーの森に巣箱を架けました。






DSCN3867ss.JPG一般的なシジュウカラ用箱だけでなく、セキレイ用やアオバズク用の巣箱等を作りました。巣箱は、なかなか狙い通りの生き物が入らないので何が入るか楽しみです。





DSCN3872ss.JPG早速、ジュニアレンジャーの森に巣箱を架けましたが、利用するのは早くても来年の春の予定です。それでも、どんな生きものが入るのか?想像するだけで楽しいですね。







 

2012年7月 8日 19:20 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , 環境管理

カンムリカイツブリの夏羽

IMG_6170st.jpg















ここ数日カンムリカイツブリの夏羽が米子水鳥公園で観察されています。
 琵琶湖では繁殖していますが、ここ山陰の米子水鳥公園では、この季節に観察されることは珍しいです。
 いつも観察している冬には、カンムリカイツブリは、単調な色合いで夏羽のようなに冠がありません。
 そのため、この鳥の名前の由来にやっと納得できる姿を見ることができました。






最近出ている鳥  
 カルガモ親子  カイツブリの親子 コチドリの親子
 クロハラアジサシ 

2012年7月 7日 12:56 カテゴリー: お知らせ , カンムリカイツブリ ,

ゲスト・ティーチャーとして小学校で授業をしました。

 今日は、朝から土砂降りの中、小学校への出前授業の日でした。

授業では、子供たちに渡り鳥になって渡を体験してもらった後、
ラムサール条約について勉強しました。
DSCN3800ss.JPG「生息地とは?」「ラムサール条約とは?」
「皆さんが、世界と約束したことは何?」







DSCN3802ss.JPG「みんなが、わたり鳥を守るために出来ることは何だろう?」



子供たちと、沢山お話が出来て楽しい出前事業でした。





2012年7月 6日 19:58 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 出前講義 , 環境教育 , 講師派遣

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その④

DSCN3822ss.JPG
今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。




 「さて、何これ?」








出雲の来待石で出来たミミズクの置物です。
このミミズクは、脚の趾(人間で言うところの指)の数を見てください。
右左どちらの脚も二本ので止まっています。多くの鳥は、木に止まる場合、前に3本,後ろに一本をかけてとまります。
ただフクロウの仲間のミミズクは、前に二本、後ろに二本をかけて止まります。
この来待石の置物はちゃんとその特徴を捉えています。
 皆さんも、フクロウの置物を見たらの数を確認してください。
置物の作者の観察眼に感心することがあるかもしれません。



夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です 

2012年7月 5日 20:22 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 特別企画

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その③

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。


 「さて、何これ?」

DSCN3572ss.jpg






























 もちろん鳥のガラスの置物ですが、種類は何でしょう?










実は、種類は我々もわかりません。ただ、最初はニワトリかキジと思っていたのですが、
職員の誰かが、
「カンムリカイツブリが水面を走るとこじゃない?」といい、
「それを言うなら求愛のダンスの場面でしょう?」という話になりました。
ところが、
「でもカンムリカイツブリの目は、黄色でなくて赤だよね。」
ということで、種類は特定できませんでした。

ただ、結婚式のお祝いでもらった物だそうでして、カンムリカイツブリの求愛ダンスだったら
ちょっと、素敵な話だなと思いました。
皆さんはこの鳥は、何の種類だと思われますか?
 
カンムリカイツブリの求愛ダンスは、ネットで探してみてください。


夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

2012年7月 4日 12:18 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 普及啓発 , 特別企画

分身の術!?

20120704クロベンケイガニ脱皮縮小.jpg
今朝水槽の餌やりを行おうとクロベンケイガニの水槽を覗き込むと、
昨日まで1匹しかいなかったカニが2匹に増えて?いました。
そんな筈は…coldsweats02
よく見ると昨夜の内に脱皮をしたよう、
まぁ、なんとも見事な!!
みなさんはどちらが脱皮した殻か分かりますか~

20120704クロベンケイガニ脱皮 002縮小.jpg
こちらが脱皮した後の殻の中ですeye
うぅ~凄すぎっ!!
なんとも見事な分身の術に驚かされた朝でした。

2012年7月 4日 12:16 カテゴリー: お知らせ

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その②

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回も、その出展作品の一つを御紹介します。


 「さて、何これ?」
DSCN3591ss.JPG


















ヒントは、  もちろん鳥に関係しています!!













答えは、

バードコール(鳥の鳴き声そっくりの音を出して鳥を呼び寄せるもの)

です。

こんなにたくさん種類があるのですね。





夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です




2012年7月 1日 15:00 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 特別企画

[何これ?鳥コレ!]出展作品紹介!!その①

今年の夏休みに米子水鳥公園では、鳥にかかわる様々なものを集めた
特別展「何これ?鳥コレ!」を実施します。
今回は、その出展作品の一つを御紹介します。

DSCN3693ss.JPG













これは何でしょうか?

ヒントは、お茶の道具です。









答えは、

左:レモンスクイザー(レモンを絞る道具)



右:ティーインフューザー(茶こし)
アヒルの下に茶こしがついていて、ここに紅茶の葉を入れお湯に泳がせるそうです。

ちょっと、お茶の時間が楽しくなりそうですね。


 

夏休み特別展「何これ?鳥コレ!」は米子水鳥公園で7月21日(土)~9月2日(日)開催します。
皆さんのお家にある鳥グッズをお借りして、一堂に展示します。様々な角度から鳥を楽しめる、市民参加型企画展です。
鑑賞料:入館料の300円
●会 場:水鳥公園ネイチャーセンター ※火曜日は休館です

 

2012年6月29日 11:10 カテゴリー: お知らせ , 展示 , 特別企画

カルガモ親子 カイツブリの親子

最初に(5月26日)現れた4羽のカルガモの親子が
1か月でずいぶん大きくなりました。IMG_6061.JPG










ネイチャーセンターの目の前でカイツブリの子育てが真っ最中です。
親鳥に餌を求める雛の微笑ましい様子が見られます。
IMG_6069.JPG








カイツブリの餌は、メダカやゴカイです。

2012年6月29日 10:21 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ

カルガモ・カイツブリの親子が遊泳中!

米子水鳥公園のネイチャーセンターの左前方のカイツブリと
正面のカルガモの巣で雛が孵ったようです。

カイツプリの親子は、ときどき雛が見られます。
カルガモの親子は引っ越してしまったようで、
目の前には別の親子が現れています。
PICT2668T.JPG















米子水鳥公園館長撮影(標準レンズで撮影したものをトリミングしました。) 

2012年6月22日 09:12 カテゴリー: お知らせ , カルガモ

夕やけぐ~もを 飛んだから~♪

先日、園内のメダカ池にヨシが茂りすぎたので刈り取ったところ、
トンボの姿をよく見かけるようになりました。

その中で、ひときわ目に留まるのがこのトンボ。

IMG_5490s.JPG















ショウジョウトンボです。
全身真っ赤!


あれ?梅雨時に赤とんぼ?早すぎじゃないの?
と季節はずれに感じる方もいるかもしれません。

それもそのはず。
赤とんぼとは、一般にアキアカネなどアカネの仲間を指し、
夏の終わりごろから多くみられるものです。

一方、ショウジョウトンボは別の仲間で、夏のトンボです。
赤とんぼは夕焼け空が似合いますが、
ショウジョウトンボは夏の青空がよく似合います。

アカネの仲間よりも赤みが強く、
実質的にはこちらのほうが赤とんぼの名にふさわしいかも。

IMG_5543ts.JPG















翅以外は鮮やかな赤色。
「とんぼのめがねは赤色メガネ、夕やけぐ~もをとんだから~♪…」
と歌いたくなってしまう真っ赤な眼。
でも、彼がみているのは真夏の青空です。


IMG_5511s.JPG















こんな感じでメダカ池でみられます。
ぜひ探してみてくださいね。

2012年6月18日 09:18 カテゴリー: お知らせ , 昆虫

シロスジカミキリが現れた!

今日、園内の樹木剪定をしていた職員が、
作業中にふと足元を見たとき、
自分のズボンにしがみついている巨大なカミキリを見つけました。

IMG_5698s.JPG















シロスジカミキリです。
日本国内のカミキリムシの仲間では最大級。

体をつかむと、前胸と中胸をこすり合わせて
「ギ~コ、ギ~コ…」と大きな音を出します。
発音中の振動は、つまんでいる指にビリビリ伝わる強さです。
動画はこちら!


IMG_5664s.JPG















シロスジカミキリのもっとも個性的なところは、
この面構え。
どうみても悪役面。でもカッコイイ。

昆虫図鑑でカミキリムシといえば、
大抵、このシロスジカミキリの絵や写真が載っているので、
昆虫少年の憧れの虫です。

水鳥公園で見つかったのはこれが初めて。
うれしい反面、こいつは広葉樹を食い荒らす害虫でもあり、
複雑な気分です。

シロスジカミキリが登場したということは、
いよいよカブトムシ、クワガタムシの季節になった証拠です。
今年も水鳥公園で見つかるか、探してみようと思います。

2012年6月16日 18:26 カテゴリー: お知らせ , シロスジカミキリ

ユリクビナガハムシ

 
DSCN4330ssユリクビナガハムシ.jpg

















園内のタカサゴユリについていました。
ユリクビナガハムシの幼虫です。葉をぼろぼろにするのもさることながら、この幼虫は自分のウンチを体にまとわりつけて擬態(?)しています。

2012年6月15日 15:39 カテゴリー: お知らせ , 昆虫

にしき幼稚園読み聞かせ会

今日は、米子水鳥公園でソロプチニスト・スワン米子さんによる
絵本の読み聞かせ会がありました。
「カモ捕りゴンベイ」「コスズメの冒険」などの絵本を読んでいただきました。
DSCN4301ss.jpg









DSCN4317ss.jpg
また、お話の合間に楽しい手遊びや、リボンの手品を披露され楽しい時間を
過ごされました。

 

2012年6月15日 13:22 カテゴリー: お知らせ , ソロプチニストスワン米子 , ボランティア

カルガモ観察会実施しました!!

今日は、小雨降る中カルガモの観察会でした。

写真.JPG









CIMG6203st.JPG
シルエットクイズ

カルガモはどれ?






CIMG6208ss.JPG









2012年6月 9日 16:29 カテゴリー: お知らせ

草刈り作業開始

米子水鳥公園では、水鳥のための環境整備として、初夏からヨシ刈りなどの環境整備を進めています。

今日は、夏の作業の第一回でした。
カルガモやオオヨシキリの巣がないことを確認しながら、慎重に作業を進めます。


DSCN4177ss.jpgDSCN4173ss.jpg









ヨシを刈った後には、さっそくコガモの番いが来て休んでいました。



ちょうど繁殖期の最中なので、オオヨシキリの巣1つとカルガモの巣3つが見つかりました。
いずれも、巣の周辺だけヨシを刈り残しておいたところ、
作業終了後に親鳥が戻ってきて抱卵を再開していました。

CIMG6012s.JPGCIMG6035s2.JPG









作業中に見つかったオオヨシキリの巣(左)と、
作業後に再び抱卵を始めた親鳥(右)。


CIMG6016s.JPGCIMG6119s.JPG









ネイチャーセンター正面の島で見つかったカルガモの巣(左)と
巣があったネイチャーセンター正面の島(右)。
巣の中央に小さな卵が1個あり、バンが托卵したのかな、
と思ったのですが、バンの卵にあるはずの斑点がありません。
ということは、カルガモの異常卵かもしれません。
島の中央部の刈り残したヨシの中に巣があります。

2012年6月 7日 21:04 カテゴリー: お知らせ , オオヨシキリ , カルガモ , 環境管理

こだわりの場所

現在、米子水鳥公園は鳥たちが子育てに大忙しです。

カイツブリは池の岸辺寄りに数か所、浮き巣を作って抱卵中。
そんな中、1組のカイツブリの番いが巣作りに励んでいます。

CIMG5963s.JPG

















新築中の巣とカイツブリの夫婦。
ここは、すべすべの杭が斜めになっているだけなので、
巣材が杭に絡まず、巣を作ってもすぐに流されてしまいます。
もう3~4回巣が流されているのですが、懲りずに同じ場所に巣材を運んできて巣をつくり直しています。

私が見る限り、営巣場所としてはセンスが悪いと思うのですが、
この夫婦にとってはこだわりの場所のようです。



DSCN4142s.JPG

















こちらは、本日見つけたコチドリの巣。
以前紹介した巣は、かなり長期間抱卵していましたが、
あとちょっとのところでダメになってしまったようです。

この巣こそは、無事ヒナが誕生することを期待します。

●現在の鳥の様子 2012年6月4日(月)
カイツブリ 雛3羽の家族1組 巣3か所
カルガモ 雛4羽の親子1組
コチドリ 4個抱卵中!
キジ 雄が時々鳴いています
オオヨシキリ ただいまさえずり最盛期!
セッカ 飛びながらさえずっています
オカヨシガモ 雄2羽滞在中
ヨシガモ 雄3雌2滞在中
カッコウ 干拓地で鳴いていました
ハシビロガモ 雄1羽
ホシハジロ 少々
キンクロハジロ 少々
ダイサギ 1羽
アオサギ 1羽

など、28種、約100羽

2012年6月 4日 15:30 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ , 鳥情報

水鳥公園でカブトムシの幼虫発見!!

 米子水鳥公園の植栽の中でカブトムシの幼虫がいました。
ジュニア・レンジャーが以前作ったカブトムシのプールの中にいました。
設置から、3年で狙い通り来てくれました。
夏休みが楽しみです。
IMG_6517s.jpgIMG_6518s.jpg



2012年5月31日 16:17 カテゴリー: お知らせ

トンボのメガネは水色メガネ♪

今日、園内のメダカ池で、クロスジギンヤンマを見つけました。

IMG_4997s.JPG
















ギンヤンマの仲間で、胸の横に黒い筋があります。
目とお腹がコバルトブルーで、
ギンヤンマが緑色に見えるのに対して、
青っぽく見えます。

やや日陰のある小規模な池などに棲む普通種ですが、
水鳥公園で見つかったのはこれが初めてです。

IMG_5092ts.JPG
















吸い込まれそうなくらい透き通った、コバルトブルーの目。
まさに、
「トンボのメガネは水色メガネ、あ~おいお空を飛んだから~♪…」
と歌われるとおりの美しい目です。
かれらはこの目でどんなふうに周りを見ているのでしょう。


他にも、アオモンイトトンボやセスジイトトンボ、シオカラトンボがいて、ツチガエルの声も聞こえました。

いよいよ水辺の生き物が賑やかになってきました。
ぜひご来園の際には、ネイチャーセンターの隣にあるメダカ池ものぞいて見て下さい。
タモと虫かごの無料貸し出しもしていますよ。

メダカ池の遊び方についてはこちらもご覧ください
http://www.yonago-mizutori.com/blog/2012/04/post-901.html

2012年5月28日 12:59 カテゴリー: お知らせ , クロスジギンヤンマ , 昆虫

平成23年度の米子水鳥公園事業報告会

DSCN3886ss.jpgDSCN3894ss.jpg本日、米子水鳥公園では、平成23年度に実施した事業についての報告会を実施しました。この報告会では、米子水鳥公園のイベントの様子だけでなく、水鳥の飛来状況や、ジュニアレンジャーのボランティア活動、そして、国際交流事業などの実施状況について報告されました。

2012年5月27日 16:46 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 国際交流

カイツブリ抱卵はじめています。

 先日、米子水鳥公園でのネイチャーセンター前浜で、カイツブリが巣を作っていと報告しました。
この巣は、トンビに襲われてしまったのですが、近くの場所に造られた別の巣では、抱卵が始まっいます。

 卵は、オスとメスの抱卵の交代の時に、一瞬だけ望遠鏡で見ることができます。
ネイチャーセンターでじっくりカイツブリを観察してみるのもよいかもしれません。


2012年5月23日 10:01 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

バードコールをプレゼント!!

今日で幼稚園・保育園を対象にした園児の絵画展が終了です。IMG_4616エビモs.JPG

















 今回参加いただいた園には、館長からバードコールをプレゼントします。
IMG_4614エビモss.JPG
















どうぞ各園でご活用ください!!

2012年5月20日 11:59 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発

ソロプチミストスワン米子 クヌギを植樹

今日は、今年のグリーンウェイブ2012の二回目の企画です。
DSCN3750ss.JPG
 毎年、撞木を寄付していただくソロプチミストスワン米子さんが、
クヌギを寄付いただきました。







DSCN3760str.JPGご寄付いただいたクヌギは、秋にはドングリの実をつけてくれるでしょう。
楽しみにしたいと思います。








動画を見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=CeEq0EI8WgE

2012年5月18日 13:02 カテゴリー: お知らせ , ソロプチニストスワン米子 , ボランティア , 環境管理

シマアジまだいます!

IMG_4336ts.JPG
















5月2日から滞在中のシマアジ雄1羽。
11日、12日は姿を見せなかったのですが、
13日以降、再びネイチャーセンターの目の前にやってきています。
はじめのころは、朝と夕に出てきましたが、
近頃はほぼ一日中、目の前にいます。


旅鳥であるシマアジがこんなに長期滞在するのは珍しいです。
道の駅「米子水鳥公園」の居心地が良くて去り難いのか、
それとも、独身なので繁殖地へ渡る必要がないのか。
とにかくのんびり屋さんです。

シマアジは、ただいまサービス期間延長中です。
ご覧になりたい方は是非会いに来てくださいね。

2012年5月14日 15:18 カテゴリー: お知らせ , シマアジ

グリーンウェイブ2012を実施しました。

 5月22日は国連が定めた生物多様性の日です。
この日を前後して、世界中で森や緑の整備を行います。
米子水鳥公園も二つのイベントを登録しています。


今日は、一つ目のジュニアレンジャーによる森の整備です。
今年のテーマは海洋ということで水質の調査もやってみました。
DSCN3508ss.JPGDSCN3502ss水質測定.JPG









DSCN3514ss.JPGDSCN3513ss.JPG









ジュニアレンジャー達も毎年の作業で慣れたものです。

DSCN3525ss.JPGDSCN3524ss.JPG









DSCN3497ss.JPG森の樹木の解説看板も新しくしまた。
ぜひ、米子水鳥公園にいらっしゃったときは、森の中も覗いてください。








今週は、金曜日にソロプチミストスワン米子による植樹もあります。

世界をグリーンの波が何周もしますように!!

http://www.greenwave.go.jp/ (グリーンウェイブ2012について)



2012年5月13日 15:10 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 国際交流 , 環境教育 , 環境管理

大山の生き物観察!

今日は、今年度の子どもラムサールクラブの2回目。
毎年恒例の大山バス遠足です。

小学生とそのご家族総勢約50名で早春の大山を歩きました。

IMG_0390s.JPG学年ごとに3つのグループに分かれて自然観察をしました。
「ほら、ここでドングリが芽を出しているよ!」








P1060205s.JPG森の中では、キビタキの声があちらこちらで聞こえました。でも、なかなか姿は見えません。写真の中央部にキビタキがいますが分かりますか?このほかにも、オオルリやウグイス、ミソサザイなどの声も賑やかでした。







IMG_3021s.JPGとってもいいお天気で、暑くも寒くもなく、遠くの景色もよく見えました。寂静山の頂上からは、水鳥公園が見えました。









P1060232s.JPG水鳥公園に戻って来てから、どんな生きものが見られたかおさらいしました。たくさんの鳥や昆虫、草花が見られましたが、子どもたちの感想は「疲れた~」でした。でも、森の中を歩いている時は、みんな元気いっぱい、楽しんでいましたよ~。






さて、来月のラムサールクラブは、昔の中海の貝殻探しをします。
1500年前の中海にはどんな貝がいたのかを調べてみます。
今日みたいにいいお天気だといいな~♪

2012年5月13日 13:08 カテゴリー: お知らせ , 大山 , 子どもラムサールクラブ

ネイチャーセンターを修繕

米子水鳥公園のネイチャーセンターは、先日の暴風で一部屋根が壊れてしまいました。
今回は、予算削減のため自分達で治しました。

DSCN3542ss.JPGDSCN4031ss.JPG









2012年5月12日 15:46 カテゴリー: お知らせ , 環境管理

シギさん、寄っといで~

今日は、地元中学校2年生の職場体験学習の最終日。

今日の仕事は、砂浜の整備。
ネイチャーセンターの正面の池の岸辺を、
シギ類が好む砂浜にする作業です。

DSCN3997s.JPG作業前。
雑草が茂り、砂浜というよりは草原になりつつあります。








DSCN4003s.JPG中学生3名と一緒に草取り開始!
砂浜を維持するためには、雑草を根っこごと取り除かなければいけません。雑草の生命力はすごいです。







DSCN4024s.JPG9:00~14:40、4人で黙々と除草作業に取り組み、ここまできれいになりました。
人手不足のため、予定範囲すべてをこなすことは出来ませんでしたが、4名でここまで出来れば上出来。






また人手が集まったときに続きを行って、
砂浜を維持していく方針です。

ただいま、春の旅鳥が休憩にやってくる時期真っ最中。
シギさん、チドリさん、砂浜を整備しておいたから寄っといで~♪

ネイチャーセンターから500m先の岸辺では、
アオアシシギが数羽飛び交っていました。
作業が終わった砂浜にやって来てくれないかな~。

小雨が降る肌寒い中、がんばってくれた3人の中学生に感謝です。
鳥たちもきっと喜んでいることでしょう。

2012年5月11日 16:37 カテゴリー: お知らせ , 環境管理

新しい紙芝居を寄贈いただきました。


(財) 日本野鳥の会 さんから 米子水鳥公園に絵本と紙芝居の寄贈をいただきました。
米子水鳥公園の来館された方に対応できます。
CIMG5225s.jpg


















本日、さっそく来園された保育所参加の対応で利用しました。
みんな、紙芝居を真剣に聞いてくれました。

CIMG5205ss.jpgCIMG5209ss.jpg











CIMG5213ss.jpgCIMG5217ss.jpg









後半は、鳥になって餌さがしです。小鳥は何を食べているでしょう?
また、あなたがお母さんになっても、十分ヒナに餌が採れるかな?

寄贈いただいた絵本について
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/hina-book/
 

2012年5月11日 14:13 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会

わくわく弓ヶ浜  一日目

今年も恒例の職業体験に地元の中学生たちが来てくれました。

今年は、ペンキ塗りは正門をやっていただきました。DSCN3445st.JPGDSCN3441st.JPG










また、午後は植栽の剪定をしました。DSCN3447st.JPG










公園と外部を遮蔽し、鳥を守るための大切な植栽です。
上手に刈りこむことによって遮蔽効果を高めます。


鳥情報 ネイチャーセンターの目の前に、シマアジがまだいます。

2012年5月 9日 18:17 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 環境管理

チュウヒの影にカモがびっくり!

ゴールデンウィークも終わり、
冬の鳥がそろそろ少なくなってきたかな?と思いきや、
まだまだたくさん居残っています。

ジョウビタキやツグミの姿は見かけなくなりましたが、
カモたちはまだ大勢います。
今日は、キンクロハジロとスズガモが
池の真ん中に群れていました。

春と秋限定のシマアジは、
今日もネイチャーセンター正面を右往左往してくれました。


CIMG5093s.JPG

















そして、池の岸辺の草地では、
オシドリのつがいがデートしていました。
珍しい光景です。
マツバウンランのお花畑を歩くオシドリの姿は、
なかなかきれいでした。


春が来て、カモにとって最も怖い存在である
タカの姿も見られなくなり、
安心してお昼寝できるね、と思ってカモを観察していると、
カモたちが突然、あわてて池に飛び込みました。



IMG_3989ts.JPG










しばらくすると、チュウヒがカモたちの上空にやってきました。
チュウヒがカモを襲うところは見たことがありませんが、
ちょっと思わせぶりな飛び方をするので、
カモたちは迷惑顔。

春になっても、
水鳥公園にはカモを襲うハヤブサがやってきますし、
このようにチュウヒやオオタカなど、
冬のタカもやってくることがあります。
カモのみなさん、空にはご注意を!

2012年5月 7日 19:01 カテゴリー: お知らせ , オシドリ , チュウヒ

シマアジが目の前に来ます!

IMG_3779s.JPG
















昨日と今日、ネイチャーセンター正面にシマアジの雄1羽が出てきています。シマアジは水際の植物の陰に隠れたがる傾向が強く、こんなに全身丸出しのところへ出て来ることが少ないのですが、この個体はけっこう大胆です。
道の駅「米子水鳥公園」を一泊二日で利用することが殆どですが、このシマアジはもう5日も滞在しています。
今のうちに会いに来てくださいね♪

この写真は、昨日夕方に撮影したものです。
距離10m以内。
コチドリとの2ショット。春らしい一コマです。

2012年5月 6日 10:17 カテゴリー: お知らせ , シマアジ

コウモリの超音波を聴いてみました!

本日、GW自然観察会第6弾「コウモリの超音波を聴いてみよう!」を開催しました。

開催時間の設定を見誤りまして、予定よりも1時間遅らせてのスタートとなりました。



DSCN3911s.JPGはじめに、今回観察するアブラコウモリのはく製を見ながら、コウモリとはどんな生き物なのかをご紹介しました。また、声が聞こえるコウモリのハンドブックを使って、コウモリがどんな超音波を出しているのか聴いていただきました。






CIMG5073s.JPGさて、今日のテーマである超音波を聴くために使った器具がこれ。バットディテクターです。私たちには聞こえない超音波を可聴音に変換してくれるスグレモノです。コウモリの種類に応じて、周波数のダイヤルを調節して使います。今回はアブラコウモリが対象なので、45kHZに設定しました。



DSCN3918s.JPG19:15頃、ネイチャーセンターの外へ出てみると、飛び交うコウモリの姿が見えました。さっそくバットディテクターを空にかざして、コウモリの超音波を聴いてみました。





「プチプチプチプチ…」とリズミカルに聞こえる超音波。私たちの耳には聞こえない音波が、確かに私たちの周りを飛び交っているのを実感しました。
ちょうど満月で、月明かりの下を飛び交うコウモリの影がよく見えました。


CIMG5070s.JPGそして、バットディテクターと当時に披露したのがこれ。ナイトスコープです。
微弱な光を増幅して見えるようにする機器で、スイッチを入れてこれを覗けば、暗闇でも周囲がはっきりと見えます。




コウモリは超音波をたよりに夜空を舞いますが、暗視力を高めて夜空を舞うフクロウの視界をナイトスコープで疑似体験してもらいました。



ひととおりバットディテクターとナイトスコープを使って頂いた後、ネイチャーセンターに戻って満月ウォッチングをしました。
20倍の望遠鏡でみる満月はとても美しいですよ~♪
満月の夜に水鳥公園にいる人だけの、特別なひとときでした。



こうして20:00に観察会は終了となり、駐車場まで懐中電灯を持ってお見送りしました。
その途中、道端でにぎやかに鳴いていたクビキリギスを発見し、皆さんにご覧いただきました。



夜遅くまでお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。

2012年5月 5日 13:27 カテゴリー: お知らせ , コウモリ , 自然観察会

どうして~(泣)

IMG_3525s.JPGキンクロハジロの雄が1羽で泳いでいました。








IMG_3526s.JPG雄は喉をポリポリ掻き始めました。
「あ~気持ちいい~♪」
そのそばに、雌が通りかかりました。






IMG_3527s.JPG喉を掻きながらご満悦のキンクロハジロ雄。
しかし、その背後に接近する影が…。







IMG_3528s.JPG喉を掻いている最中の雄を、突然雌が背後から攻撃。
雌「あ~ウザイ!」
雄「何?何?なんで~(泣)」






IMG_3531s.JPG雌はそのまま通過。
「ぼくが何したっっていうの?あ~びっくりした!」
と水浴びをする雄。






理不尽な攻撃を受けてびっくりしたキンクロくんでした。
雌は何でこんなことをしたのでしょう。
機嫌が悪かったのかな?

2012年5月 4日 18:02 カテゴリー: お知らせ , キンクロハジロ

虫調べの宿題

昨日開催した自然観察会「春の昆虫ウォッチング!」で採集された、
未知の昆虫の正体を調べる宿題がほぼ終わりました。

新たに分かった昆虫その他をご紹介します。
観察会に参加した皆様にも見ていただけたら嬉しいです。

IMG_3321s.JPGイナズマハエトリ
おなかにイナズマ模様。







IMG_3339s.JPGオスグロハバチ(オス)
体長8mm
名前のとおり、オスは黒い。







IMG_3388s.JPGオスグロハバチ(メス)
体長11mm
メスは胸とお腹がオレンジ色。






IMG_3515s.JPGキコシボソハバチ
体長約10mm
ハバチの中で最も美しい種類とか。








IMG_3412ts.JPGギシギシホソクチゾウムシ
体長5mm
スイバにくっついていました。






IMG_3384s.JPGクロヒラタヨコバイ
体長4.5mm
グミの葉上にいました。
ピンッ!と飛び跳ねて、
瞬間移動のように逃げます。




IMG_3366s.JPGトゲサシガメ
体長10.5mm
全身トゲだらけ。
見たまんまの名前で面白い。





IMG_3328s.JPGホソヘリカメムシ
体長16mm
たくましい後脚が印象的。






IMG_3313s.JPGマルゴミグモ
体長4㎜







IMG_3332s.JPGワモントゲトゲゾウムシ
体長8mm
これまた名前が面白い。
でも、名前ほどトゲトゲしていない。






ここまではわかりましたが、種名が判らない虫もいました。


IMG_3489s.JPGトックリゴミムシの一種
図鑑に該当する虫がおらず、種名が判りません。







IMG_3507s.JPGケバエの一種
資料がなくて調べられません。







昆虫の観察会の後は、
いつも正体不明の虫が多数見つかるので、
種類調べの宿題が山積みになってしまいます。
でも、この宿題に一生懸命取り組めば、
その分だけ自分の知識が増え、レベルアップできます。

というわけで、またたくさん勉強になりました。

2012年5月 4日 16:03 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会 ,

春の草花ビンゴ!!

本日は、自然観察会「春の草花ビンゴ」でした!!


DSCN3872ss.JPGDSCN3873ss.JPG









春は、足元の何気ない草が、たくさん花を付けています。除草されてしまう前に集めてみましょう!!

DSCN3880SS.JPGDSCN3321ST.JPG









土手の草も、色んな種類があります。
ナワシログミがまだ赤い実(み)を付けていました。実(じつ)は酸っぱい・・・

DSCN3897ST.JPGDSCN3900.JPG









室内に戻って、今日見つけた花をビンゴの表にリストアップ!!
数字の代わりに、花の名前でビンゴゲームをしました。
景品は何がいいかな?

2012年5月 4日 13:40 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

春の昆虫ウォッチング!開催

今日は、ゴールデンウィーク後半の初日。
後半第1回目の自然観察会は、春の昆虫ウォッチング!でした。

天気予報では雨降りの可能性大だったのですが、
観察会の時間中だけ天候がやや良くなり、快適に虫探しができました。



DSCN3847s.JPG採集場所を4か所決めて、それぞれの場所で探す昆虫を写真で紹介しました。ここでは、カマキリ類の卵のう探しを目標にして、オオカマキリとチョウセンカマキリの卵のうが見つかりました。




DSCN3858s.JPGここでは、鳥のフンに化けているガを探してみましょう!








DSCN3854s.JPG見つけた昆虫は、小さなチャック付き袋に1匹ずつ入れてから、虫かごに入れました。子どもたちも真剣な顔で虫探しに熱中していました。







DSCN3863s.JPG最後に、どんな昆虫が捕まえられたかをおさらい。私の知らない昆虫がたくさん見つかり、観察会の後で種類を調べることにしました。
観察会では、31種類の昆虫その他が見つかりました。皆さん、とても虫探しがお上手でした。

2012年5月 3日 15:27 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

GW前半終了!

今日で、ゴールデンウィークの連休前半が終わりました。
連休3日間のうち、今日が最も多くのお客様で賑わい、
「昔の中海の貝殻を発掘しよう!」や「園内クイズラリー」、
バードコール作りの各イベントも盛況でした。

バードコール作りコーナーは今日で終了ですが、
今度は、5月3日から生き物缶バッチ作りコーナーがオープンします。
日替わりの観察会もぜひご参加下さい。

5/3(木)春の昆虫ウォッチング! 10:00~12:00
5/4(金)春の草花ビンゴ 10:00~12:00
5/5(土)コウモリの超音波を聴いてみよう! 18:00~19:00
5/6(日)秘密の観察小屋から鳥を観よう! 10:00~12:00
     ※先着15名・当日受付
いすれも、環境省いきものめぐりスタンプラリー対象企画です。



鳥の様子ですが、
オオヨシキリのさえずりが日増しににぎやかになり、
ネイチャーセンター目の前には、
オグロシギ、セイタカシギ、ウズラシギ、タシギ、コチドリ、
オオバン、ハシビロガモ、コガモがうろうろしていました。
もうすぐ夏羽が完成しそうだったツルシギは、
昨日から姿が見られません。

●今日の鳥 2012年4月30日(月)
・ダイサギ 2羽 婚姻色がきれい!
・チュウサギ 夏羽1羽
・アオサギ
・マガモ
・カルガモ
・コガモ
・ヨシガモ 雄1羽 園内よりも中海にいます
・オナガガモ
・ハシビロガモ 冬より多い!
・キンクロハジロ 1460羽 いつロシアに行くの?
・スズガモ 雄2羽
・アカハジロ×メジロガモ 雄1羽
・ミサゴ 1羽 上空通過
・クイナ 1羽 そろそろヒクイナと交代か?
・ハヤブサ 1羽 アンテナ塔に止まる
・アオアシシギ 3羽
・コアオアシシギ 1羽
・エリマキシギ 2羽 今季初認!
・クサシギ 1羽 今季初認!

・オグロシギ 雄夏羽1羽 サービスいいです
・ウズラシギ 1羽
・セイタカシギ 雌1羽
・タシギ 数羽 今日もオオジシギっぽいのがいました
・コチドリ 数羽 今日も抱卵中!
・キジ 雄1羽
など、38種確認。

2012年4月30日 19:42 カテゴリー: お知らせ , 鳥情報

アカハジロ?とオオジシギ

いよいよ今日からゴールデンウィークですね!

水鳥公園では、「バードコールを作ろう!」コーナーを開設し、
「水鳥公園一周生きものガイドウォーク」を開催しました。

そして今日から、
バードカービング展「水鳥公園で生まれた木鳥たち」と、
「第二回園児が描いた鳥の絵展」も始まりました。



今日は風もなく穏やかな天気で、
ネイチャーセンター前にはたくさん鳥がいました。

そんな中で、気になる鳥を2羽見つけました。



CIMG4888s.JPG

















一羽目はこちら。
アカハジロの雄、といいたいところですが、
メジロガモとの交雑個体と思われます。
頭頂部とくちばしの基部に茶色みがあること、
脇腹の白さが足りない点がメジロガモの形質を感じます。
でも、なかなか美しい個体です。
水鳥公園では比較的よく見かけるタイプです。



IMG_2804ts.JPG















もう1羽目はこちら。オオジシギ(右側の鳥)です。
ジシギ類の識別はとても難しく、
私どもも自信を持って識別できないのですが、
この個体は左隣にいるタシギよりも明らかに大きいです。
尾羽の突出具合、くちばしの長さなど、
総合的に判断してオオジシギと同定しました。


そのほかにも、
もうすぐ夏羽に衣替えが終わるツルシギ、コチドリ、
オグロシギ夏羽、セイタカシギ雌、ウズラシギ、ハシビロガモ、
オオバンなど、ネイチャーセンター前がにぎわっていました。

2012年4月28日 20:00 カテゴリー: お知らせ , オオジシギ

鳥取県の鳥登場!

春は鳥の珍客が多い季節です。
今日も珍客がいらっしゃいました。

今日の珍客、オシドリ。
鳥取県の鳥です。

お客様から
「オシドリは見られますか?」
とよく尋ねられるのですが、
いつも
「オシドリは来ないんですよ~」
とご案内しています。

水鳥公園は、コハクチョウ好みに環境が整えられていて、
オシドリ好みな環境ではありません。
コハクチョウは開けた広い水面を好み、
オシドリは森に囲まれた薄暗い水面を好むのです。

でも、春と秋には時々現れます。
この時、ほとんどが換羽途中であまりきれいではありません。

今日現れたのは、まだピカピカの繁殖羽。
こんなにきれいなオシドリが水鳥公園でみられるのはとても珍しいです。
しかも、ネイチャーセンターの正面に登場。これまた珍しい!

CIMG4783s.JPG

















う~ん、いつみても信じられない色模様。
まるで作り物みたい。
でも、間違いなく野鳥。自然の神秘ですね♪




このほかにも、春らしい鳥がみられました。

CIMG4731s.JPG

















ウズラシギ。
茶色い帽子をかぶっているみたいでとてもかわいいシギです。
3羽いましたが、ばらばらに行動していました。



IMG_2380ts.JPG















セイタカシギ。
これまた、オシドリ同様、信じられない姿をした野鳥です。
個性派ぞろいのシギ類中、最も奇抜なファッションの持ち主。

近頃、風が強い日が多いですが、
水鳥公園で春の鳥の観察を楽しんでみませんか?

●今日の鳥 2012年4月26日(木)
・オシドリ 雄1羽 チョ~きれい!
・チュウサギ 1羽
・アカアシシギ 1羽
・ソリハシシギ 5羽 岸辺に整列!
・ウズラシギ 3羽 チョ~かわいい!
・タシギ 2羽 もっといたと思う
・アオアシシギ 2羽
・ハマシギ 1羽
・ツルシギ 1羽 もうすぐ夏羽が完成!
・セイタカシギ 雌1羽
・トウネン 10羽 ちっちゃい!
・コチドリ 2羽 抱卵中!
など、36種確認。

2012年4月26日 17:50 カテゴリー: お知らせ , ウズラシギ , オシドリ , セイタカシギ

アリスイ

今日は大変な暴風で、
ネイチャーセンターがきしみっぱなしでした。

そんな中で園内の鳥の様子を確認していたところ、
またアリスイがいました。

IMG_2002ts.JPG
















先日と同じ場所にいたアリスイ。
腐った木製支柱に止まっているので、
この支柱には好物のシロアリがいるのかな?



IMG_2006ts.JPG
















この独特な羽色は、周囲の茂みに見事に溶け込み、
近くにいてもなかなか見つけられません。


近頃アリスイが現れる場所は、
ネイチャーセンターから望遠鏡で見える位置なので、
明日以降も見られるかもしれません。
アリスイを見たい方は、お早めにお越し下さいませ。


抱卵中のコチドリは、無事暴風を乗り切りました。
コチドリ母ちゃん、がんばれ~♪

2012年4月22日 19:35 カテゴリー: お知らせ , アリスイ

JPボランティア

DSCN3242ss.jpg

















今日は、ものすごい強風の米子水鳥公園です。
ネイチャーセンター前浜の島を波が襲います。
左手前の浅瀬に
ツルシギが避難しているのがわかるでしょうか?

DSCN3254SS.jpg
そんな中、ボランティアに来ていただいたグループがあります。
JP労組の皆さんです。

1994年から毎年ボランティアに来ていただいています。





DSCN3263.JPG今年も
シバザクラの苗の提供と植栽、草抜き作業をしていただきました。




大変な風の中、今年もありがとうごさいました。




2012年4月22日 12:55 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 普及啓発 , 環境管理

コチドリの抱卵を確認!

本日は、週に一度の全種全量調査の日。
園内のすべての鳥の種類と数を記録します。

そのとき、地面に座り込んでいるコチドリを発見。
しばらく様子を見ていると、抱卵しているようでした。


CIMG4598ts.JPG
















抱卵しているコチドリ。(画面中央左寄り)
昨年に続き、二年連続の繁殖確認です。


そこで、産卵数を確認するため、
現地に行って巣を調べてみました。

ネイチャーセンターとトランシーバーで交信しながら、
慎重に巣に接近。
コチドリの巣は周囲の小石に見事にまぎれているので
とても見つけにくく、
不用意に近づくと踏み潰してしまう危険があるからです。


DSCN3559s.JPG

















無事巣を発見。4卵産んでありました。標準的な数です。
親鳥に申し訳ないので、
さっさと撮影を済ませてその場から撤退。
すると、すぐに親鳥が巣に戻ってきて抱卵を再開していました。


今後、遠く離れたネイチャーセンターから、
望遠鏡で抱卵の様子を見守っていこうと思います。
この卵が天敵に襲われないことを祈ります。

●今日の鳥 2012年4月21日
・ノビタキ 雄雌各1羽
・サンカノゴイ 1羽
・オオタカ 成鳥1羽
・ハヤブサ 成鳥1羽
・カシラダカ 5~6羽 水鳥公園では珍しい!
・ツルシギ 1羽 夏羽に換羽中!
・アオアシシギ 1羽
・ミコアイサ 雌3羽
・ツグミ 10+羽

など、42種

2012年4月21日 18:09 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , 鳥情報

今日の鳥の様子2012/04/20

今の水鳥公園の鳥の様子をお知らせします。

IMG_1752s.JPG
















ノビタキが刈られた後のヨシ原にきていました。
雄雌各1羽が刈り残された枯れヨシによくとまってました。




IMG_1845ts.JPG
















ツルシギ。ただいま夏羽に衣替え中。
現在、シギの飛来がピタリと止まっていて、
いつも姿を見せてくれるのはこの1羽だけ。
日に日に黒くなってきています。
真っ黒な夏羽の姿が見たいな~♪




IMG_1765ts.JPGIMG_1814ts.JPG








事務室の窓際には、先日紹介したハクセキレイの番いが仲良くいました。左が旦那さんで、右が脚環つきの奥さん。この奥さんのリング番号が写った写真を山階鳥類研究所に送ったところ、やはり昨年5月に水鳥公園で標識した個体と判明しました。

このほかにも、アリスイ1羽とサンカノゴイ1羽を見ました。ともになかなか出会えない珍鳥です。撮影できなかったのが残念!この時期は意外な鳥が現れるので、こまめに鳥を探さないともったいない気がします。


●今日の鳥2012年4月20日(金)
・カイツブリ 営巣中!
・カワウ 岸辺に並んでのんびり休憩!
・サンカノゴイ 1羽 今月2度目の登場!
・ダイサギ 2羽 婚姻色がきれい!
・コサギ 2羽 婚姻色が褪せてきた!
・アオサギ 1羽
・コブハクチョウ 3羽
・マガモ
・カルガモ
・コガモ
・ヒドリガモ
・オナガガモ
・ハシビロガモ 前浜の常連
・コガモ 前浜の常連
・ホシハジロ
・キンクロハジロ
・ミコアイサ 雌2羽
・トビ 1羽
・クイナ 1羽 道路の路肩をウロウロ
・バン
・オオバン おでこの額板が膨らんできた!
・コチドリ 1羽 
・ツルシギ 1羽 夏羽に変身中!
・タシギ 2羽 さりげなく岸辺にいます
・キジバト 1羽 ネイチャーセンター屋根で鳴く!
・カワセミ 1羽 カワセミ観察壁にて
・ハクセキレイ 2羽 番い
・モズ 2羽 番い。正門付近で営巣中?
・ジョビタキ 雌1羽
・ツグミ 6羽以上 ナワシログミの実を食べにきている
・ノビタキ 雄雌各1羽 夏羽がきれい!
・アリスイ 1羽 松並木周辺をウロウロ
・キジ 雄2羽 競い合って鳴く!
・ヒバリ さえずる
・ホオジロ さえずる
・スズメ
・ハシボソガラス

以上、37種類

2012年4月20日 18:01 カテゴリー: お知らせ , アリスイ , サンカノゴイ , ノビタキ

メダカ池のルール改正のお知らせ

本日から、園内のメダカ池をご利用いただくに当たっての
ルールを改正させていただきましたので、お知らせします。

従来のルールは、
●採集用具の有料貸し出し(100円)
●捕れた生き物の持ち帰り可(メダカは10匹以内)


でしたが、

新しいルールは、
●採集用具の無料貸し出し
●採れた生き物の持ち帰りは禁止
●名簿にご住所とお名前を記入


とさせていただきます。

生き物の持ち帰りを禁止とした理由は、
少しずつでも大人数で持ち帰ってしまうと、
狭いメダカ池の生き物がすぐにいなくなってしまうからです。
今現在はたくさんいますが、
これから暖かくなり、メダカ捕りをする方がどんどん増えてきますと、
あっという間にメダカが捕りつくされてしまいます。

米子水鳥公園は、生き物を観察する学習の場ですので、
来園した皆様に、いつでもメダカ池の生き物がたくさんいる様子を
観察していただきたいと考えています。

そのためのルール改正ですので、
申し訳ございませんが、ご了承をお願いします。


DSCN3552s.JPGメダカ池にルールのご案内看板を設置しています。









DSCN3556s.JPGDSCN3555s.JPG









採集用具は、ネイチャーセンター玄関に用意してありますので、貸し出しをご希望の方は、受付に一声おかけいただき、名簿にご住所とお名前をお書き下さい(傷害保険加入のために必要です。費用は水鳥公園が負担します)。採集道具の貸し出しは無料になりました。



DSCN3554s.JPGメダカ捕りが終わったら、捕まえた生き物をやさしく池に返してから、使った道具を洗い場できれいに洗って、元通りにお返し下さい。








これからどんどん暖かくなると、メダカ池にはスジエビやヤゴ、コオイムシなど、いろいろな生き物が現れます。御来園の際には、どうぞ池の生き物探しをしてみてはいかがでしょうか。

2012年4月20日 16:02 カテゴリー: お知らせ , メダカ

今日はクイナの日

今日は、ネイチャーセンターのそばに
頻繁にクイナが現れました。

警戒心が強く、いつも茂みの中で暮らしている鳥なので、
とても観察しにくい鳥なのですが、
今日は朝から夕方まで姿を見せてくれました。


IMG_1335ts.JPG
















今日サービスが良かったクイナ。
池の岸辺を歩き回って、食べ物探しをしていました。


また、ネイチャーセンターの屋根の上では、
小鳥の声が賑やかでした。
巣作りの場所を巡って争っているのかもしれません。




IMG_1373s.JPG
















声の主はセグロセキレイ。
しきりに頭を低くして、
ハクセキレイに向かって強い口調で鳴いています。
何か文句を言っているみたい。



IMG_1400s.JPG
















こちらは文句を言われていたハクセキレイの番いの奥様。
セグロセキレイに反撃せず、
ただただウロウロしているだけでした。

よくみると、右脚に脚環がついています。
足環の番号から、昨年5月にここで標識した個体だと思います。



毎年、ネイチャーセンターの軒下に
セキレイが営巣するのですが、
今年はハクセキレイの番いが物件チェックに
よく訪れていました。
セグロセキレイは後からやってきたように思うのですが、
今年はどちらが営巣するのか注目しようと思います。

2012年4月14日 09:00 カテゴリー: お知らせ , クイナ , セグロセキレイ , ハクセキレイ

春の使者?

山陰地方の平野部は、桜が満開ですが、米子水鳥公園にも春を知らせる鳥が来ています。

ツルシギとコアオアシシギ
ツルとコアオ.JPG
















そのほかにも、本日はシギの仲間としてセイタカシギやタシギがみられました。


2012年4月11日 18:47 カテゴリー: お知らせ , コアオアシシギ , セイタカシギ , タシギ , ツルシギ ,

子どもラムサールクラブ2012スタート!

今日から、子どもラムサールクラブ2012が始まりました。

水鳥公園を中心に1年間、
31名の子どもたちと一緒に楽しい自然観察の始まりです。

P1060042s.JPG今回は初回ということで、
初参加の方のために昨年の活動内容をスライドショーで紹介しました。








企画の趣旨説明が終わった後は、自然観察に出発!
今日のテーマは、
「水鳥公園の秘密の場所を探検!」
です。

いざ、ネイチャーセンターを出発、と思ったら、
「サンカノゴイがいる!」
と大騒ぎ。
あわててネイチャーセンターへ戻ってみると…。

IMG_0155t.JPG
















Photo:Shougo SASANO

本当にいました、サンカノゴイ!
とっても観察しにくい、水辺の忍者です。
このように全身をあらわにしているのはとても珍しく、普段はヨシ原にまぎれてじっとしています。
子どもたちが持っている鳥の図鑑で調べようとしたら、珍しすぎて載っていませんでした(笑)。
より詳しい図鑑を持っている子に図鑑を見せてもらって、サンカノゴイの姿をみんなで再確認しました。

過去の水鳥公園での記録を調べてみると、
はっきりと観察できたのは、2006年4月以来です。
(最近の記録は、2011年1月に飛び去る様子が記録されています)
生き物観察開始直後の大物登場に、大興奮でした。


DSCN3524s.JPG約束どおり、ヒミツの場所から野鳥観察。
年に1~2回しかチャンスがない、貴重な機会です。








IMG_2226s.JPGヒミツの場所にいく途中には、タカに食べられたと思われるカモの白骨死体や羽毛が落ちていて、子どもたちは興味津々。
いつのまにか、骨拾いに夢中になっている子もいました。








DSCN3536s.jpgナナホシテントウ、かわいいね♪
















自然観察をした午前中は風が穏やかで、とても気持ちよく生き物観察を楽しめました。
今年度最初のラムサールクラブは、いろいろな生き物との出会いに恵まれ、盛況に終えることができました。

来月は、大山にバス遠足に行く予定です。
今日みたいによいお天気になりますように♪

2012年4月 8日 10:18 カテゴリー: お知らせ , サンカノゴイ , 子どもラムサールクラブ ,

水辺のわくわく学校を整備していただきました。

いつもお世話になっている米子の環境を考える企業懇話会さんが、ボランティアで水辺のわくわく学校(米子水鳥公園のビオトープ)の桟橋のいたんだ板を交換していただきました。
すでにオオクグやヨシの芽がでていました。今年も成長が楽しみです。
DSCN2996.JPG

2012年4月 7日 10:58 カテゴリー: お知らせ , ボランティア , 植物 , 環境管理

春の香りムンムン!

今日は春らしい気持ちのよい晴天でした。
いつもはかすんでいる大山も綺麗に見えました。

さて、この時期に園内を歩いていると、
強い芳香がたちこめています。

IMG_0629s.JPG
















香りの発生源はこれ。ヒサカキの花です。




IMG_0628s.JPG
















枝に小さなかわいい花がずらりと並んでいます。
小さい花ですが、香りの強さにびっくり。
臭いに乏しかった冬とは一転し、
ヒサカキの強い芳香が鼻を刺激します。
この香りを嗅ぐと、春だな~♪と思います。


また、園内の散策路には、
イモムシのようなものがいっぱい散らばっています。


IMG_0634s.JPG
















イモムシのようなものの正体はこれです。
オオバヤシャブシの花(雄花序)。匂いません。


IMG_0646s.JPG


























散策路沿いの花壇(花は植えられていませんが)には、
ツクシがニョキニョキ生えています。



IMG_0669s.JPG
















メダカ池のほとりには、ハコベやオオイヌノフグリが
かわいい花を咲かせています。


IMG_0666s.JPG
















ホトケノザの花もきれいです。
これは春の七草のホトケノザではありません。


IMG_0665s.JPG
















メダカ池には、メダカがいっぱい泳いでいました。


春ですね~♪

2012年4月 2日 17:16 カテゴリー: お知らせ , メダカ , 植物

春の鳥とヨシ刈り作業

今日から新年度の始まりです。

コハクチョウたちも年度の区切りを理解しているのか、
昨晩全て旅立ったようで、今朝8:00に見たところ0羽でした。

IMG_0604ts.JPG
















コハクチョウがいなくなった園内を見渡してみると、
コガモに混じってシマアジの雄が1羽いました。
この春3度目の登場です。


DSCN3420s.JPG

















午前中に毎年恒例のヨシ刈り作業を行いました。
水鳥公園友の会の方3名がお手伝いに駆けつけてくださいました。
職員4名と計7名で作業に取り組みました。


DSCN3430s.JPG


















お昼頃作業終了。今年は、ヨシ原の中に特別な物としてタヌキのため糞を見つけました。
人手が足りず、予定範囲を全て刈ることはできなかったのですが、
ほぼ刈り終わりました。

一時はかなり衰退していたヨシ原ですが、
毎年早春に枯れヨシを刈るようにしてから元気を取り戻し、
たくましいヨシになってきました。

ヨシがたくましくなるのは、
私たちも鳥たちにも嬉しいことなのですが、
その分だけ刈るのが大変になってきました。
でも、ヨシ原で暮らすたくさんの生きもののために
頑張らなくっちゃ!

2012年4月 1日 16:48 カテゴリー: お知らせ , シマアジ , 環境管理

コハクチョウ残り15羽!

3月の最終日は、雨の夜明けです。

29日の夕方に多数飛び去ったコハクチョウは、
30日朝には15羽になっていました。
この15羽は、終日園内でのんびり休んでいて、
今朝もそのまま居残っていました。

ただいま前線が日本を通過中ですが、
この前線が通過後に旅立つつもりかもしれません。


IMG_0450s.JPG
















今朝のコハクチョウの様子。
30日以降、カモの数も激減した印象です。




IMG_0422s.JPG
















30日に撮影したカモメ。
近頃、カモメ数羽がネイチャーセンターの目の前を
ヒラヒラと舞い、とてもきれいです。

また、なかなか観察出来ないクイナも
よく見かけるようになりました。
30日に2羽、31日に1羽、
ネイチャーセンター左手のヨシ原の水際をウロウロしていました。

2012年3月31日 07:05 カテゴリー: お知らせ , カモメ , コハクチョウ

ただいまコハクチョウ173羽!

昨日の夜、300羽以上いたコハクチョウ。
今朝はどうなっているか、楽しみに出勤してみると…。


IMG_0174s.JPG
















昨日とほとんど同じ風景でした。
でも、今日は大山がきれいに見えています。
8:00現在、173羽いました。

IMG_0178s.JPG
















今日ものんびりムードのコハクチョウたち。
採食地にもあまり出かけず、園内でくつろいでいます。

また、昨日は未確認だったオオハクチョウ成鳥1羽もいました。


今日はお天気が良すぎて、午前中は日差しがまぶしいです。
午後になると順光になるので、野鳥観察におすすめですよ~♪

コハクチョウがくつろいでいる傍らで、
コチドリ4羽が追いかけっこしていました。
営巣場所を巡って縄張り争いをしているようです。

2012年3月29日 10:51 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

やっとツバメがやってきた!

コハクチョウがなかなか減らないこの頃、
まだか、まだか、と待っていたツバメをようやく発見しました。
ヒバリやウグイスなどが囀っていても、
ツバメの姿を見ないと春が来た気がしません。

さて、今日のコハクチョウの様子ですが、
8:15現在、188羽確認されました。
でも、夕方19:00頃、
暗い中でむりやり数を数えたところ、300羽以上いました。
明日の朝は何羽いるのか、楽しみです。

今日の鳥 2012年3月28日(水)
コハクチョウ 300羽以上
ハジロカイツブリ 1羽
コサギ 2羽
ツクシガモ 1羽
ミコアイサ 雄5羽雌5+羽
ミサゴ 1羽
オオタカ 成鳥1羽 狩り失敗!
ハイイロチュウヒ 雄1羽
チュウヒ 若鳥1羽
クイナ 1羽
バン 2羽
コチドリ 1羽 初認!
ハマシギ 1羽
ツルシギ 2羽
オグロシギ 3羽
ズグロカモメ 夏羽1羽 頭が黒い!
ヒバリ 1羽 囀りにぎやか!
ツバメ 1羽 ようやく初認!
ウグイス 1羽 地鳴き
ジョウビタキ 雄1羽
オオジュリン 5+羽

など、39種およそ1000羽。

その他
アカミミガメ 17匹甲羅干し
ルリタテハ 1匹

 

2012年3月28日 18:58 カテゴリー: お知らせ , ツバメ

オシドリ発見!!

オシドリ縮小.jpg

3月26日(月)午後
ネイチャセンターから離れた所に
オシドリ5羽がいるのを
常連の中学生の女の子が発見しました
これがその様子
1番左が雌、残りの4羽が雄です
って、分かり難い~coldsweats01
女の子が発見しなければ
気づかなかったかも…
ともあれ
これからの時期は
渡り鳥達の旅の盛り
水鳥公園でも予期しない鳥が
発見されることもしばしば
皆さんもふらりと
水鳥公園に足を運んではみませんか?
予期せぬ鳥に出会える鴨
しれませんよ~smile
 

2012年3月26日 17:01 カテゴリー: お知らせ

春は来たのに


ssDSCN3315.jpg

















 今年は、なかなかコハクチョウが少なくなりません。今朝も280羽以上のコハクチョウをカウントしました。年によっては、すでに終認日となっている場合もあります。

(桟橋から撮影)

  それでも、公園の植栽に葉、アオジやホオジロ、ジョウビタキ、ツグミなどが入ってきました。今年の冬はほとんど見かけなかったのに、どこから渡ってきたのでしょうか?
 
ssDSCN3326.jpg


















また、季節は確実に進んでいます。園内のオオバヤシャブシは今が満開です。



ssDSCN3331.jpg
オオバヤシャブシの花
雌雄同株、雌雄異花
枝の先端から、頂芽、雌花序、雄花序と続く



 受粉した雌花が、冬に茶色い球果となって
小鳥たちの餌となります。




 

2012年3月25日 07:44 カテゴリー: お知らせ

隠れキャラ

今朝、ネイチャーセンターから鳥の種類と数を確認中に、
隠れキャラを見つけました。

DSCN3220s.JPG

















どこにいるか分かりますか?



DSCN3239s.JPGこれが今日見つけた隠れキャラ
「フクラスズメ」です。
鳥みたいな名前ですが、ガの仲間です。















DSCN3244s.JPG

















ここにも、もう一匹いました。
毎年冬になるとネイチャーセンターに入り込んで、
コハクチョウを横目に見ながら、
じっと春になるのを待っています。



フクラスズメは、冬のネイチャーセンターでは定番の隠れキャラです。
皆さんも、ご来館の際に探してみてはいかがでしょう?
窓枠付近によくいます。

なお、春から秋にかけての暖かい時期の隠れキャラは、
ニホンヤモリに変わります。

2012年3月24日 09:55 カテゴリー: お知らせ , フクラスズメ ,

オグロシギ到着!

先日のツルシギに続いて、今日はオグロシギがやって来ました。

CIMG3776s.JPG

















今季初認のオグロシギ。



_MG_5966s.JPG
















ツルシギと一緒にゴカイ探しをしていました。





_MG_5899s.JPG
















今朝も桟橋前にコハクチョウ達が集結していました。
7:30現在、233羽いました。
アメリカコハクチョウ6羽家族も健在です。


 

2012年3月17日 07:20 カテゴリー: お知らせ , オグロシギ , コハクチョウ , ツルシギ

コハクチョウ今年は帰らず?

例年 3月14日ごろになるとハクチョウの個体数がずいぶん減って来るのですが、今年はまだたくさんいます。
 今朝 377羽  昼間もほとんど公園に残って休憩です。
渡り前のひと時の休息でしょうか?
DSCN2810s.jpg


















DSCN2809s.jpgそんな中、コハクチョウの足元に春を見つけました。









DSCN2811s.jpg
ツルシギです。

まだ冬羽ですが、そろそろ渡りが始まるのでしょうか?




2012年3月14日 15:15 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツルシギ

第五回子どもと語る会開催しました。

米子水鳥公園では、毎年、割り箸おじさんこと「向井哲郎」さんが発起人となって、「中海の未来を子どもと語る会」を実施しています。
 毎年、たくさんの子どもたちが、いろいろな活動の報告をしてくれてとても楽しいです。

 DSCN2735.jpg今年も、7つの団体が発表していただきました。









DSCN2739.jpgDSCN2742.jpg米子水鳥公園 子どもラムサールクラブ









DSCN2750.jpgDSCN2748.jpgイオンチアーズクラブ






ジュニア・レンジャークラブ


DSCN2753.jpg韓国交流参加者の発表









今日は、特別に先日紹介した(痛車)の電気自動車を水鳥公園で披露しました。
今月中は、市内で無料で借りることができるそうです。
DSCN2756.jpgDSCN2770.jpg

2012年3月11日 19:14 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 特別企画 , 環境教育

ジュニアレンジャークラブ 木の名札を作る!

米子水鳥公園の植栽には、周辺の環境とつばさ池を遮蔽し、
、水鳥に影響を与えないように管理しています。
最近その公園の植栽の木の名前を尋ねられます。
そこで、本日のジュニアレンジャークラブは、木の名札を作りました。

米子水鳥公DSCN2707.jpgDSCN2711.jpgDSCN2718.jpg園のジュニアレンジャーで木の名前を札にしました。





ぜひ、公園に来られた際は、植栽の木にも注目してください。

2012年3月11日 19:02 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 環境管理

今日の鳥の様子2012.03.08

コハクチョウの北帰行もピークを過ぎ、後半戦に突入しています。

近頃コハクチョウは、水鳥公園に400羽くらい集まっています。
暖かい日は100羽くらいが終日お昼寝していて、
まだ多くのハクチョウたちが安来の田んぼへ食事に出かけています。
もうしばらく中海で過ごすつもりのようです。

今日の鳥の様子をお知らせします。

●2012年3月8日(木)くもり時々晴れ
コハクチョウ 431羽 8:00現在
(アメリカコハクチョウ1羽 6羽家族で行動)
マガン 約500羽     14:50中海湖面から飛び立つ!
コブハクチョウ 2羽 コハクチョウを威嚇しまくり!
ツクシガモ 2羽     終日遠かったです
マガモ              奥にいっぱいいます!
カルガモ            増えてきました!
コガモ              求愛に大忙し!
ミコアイサ          雄4羽雌3+羽
トビ 4羽
チュウヒ 1羽
バン 3羽
タシギ 7羽         近頃目立つ?
ホオジロ 雄1羽
ウグイス 1羽
ツグミ 1羽
キジ 雄1羽雌1羽    デート中!

など、30種およそ1500羽。

クロツラヘラサギは、3月3日を最後に行方不明中です。
オジロワシはもう去ったようです。

その他
アカミミガメ 29匹 甲羅干し
フクラスズメ(蛾) 2匹 ネイチャーセンター内で越冬中!

2012年3月 8日 18:02 カテゴリー: お知らせ , 鳥情報

お子さんのためのステップを新しくしました。

米子水鳥公園を訪れる小さな子どもたちのためにステップを作りました。
DSCN2531.JPG米子水鳥公園では、入館した御客様に自由に館内備え付けの望遠鏡で鳥を見ていただいております。
 ところが、小さなお子さんが望遠鏡に届かないということがあります。
そこで米子水鳥公園では、お子さん用のステップを準備していたのですが、やや古くなっていました。そこで新しいステップを作りました。
観察ホールの各所に置いておりますので、

ご来園の際は、ぜひご利用ください。

<本日の鳥情報>
DSCN2529.JPG
コハクチョウは、150羽が一日残っています。他の飛来地から飛んでくる
コハクチョウがパラパラいます。
渡りの季節は、いつもと違います。

ツクシガモが2羽をになっています。
ハイイロチュウヒ、チュウヒ、オオタカなどが観察されています。
クロツラヘラサギは、2日間観察されていません。

2012年3月 5日 13:01 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , 環境管理

第17回米子水鳥公園絵画コンクール表彰式

20120304第17回米子水鳥公園表彰式 010.jpg

今日は第17回米子水鳥公園絵画コンクール表彰式を行いました。
60名ほどの方が来式され、とても盛況でした。
米子副市長も来られ、賞状を授与して頂きました。
子供達は少し緊張気味coldsweats02だったかな?

20120304第17回米子水鳥公園表彰式 054.jpg

入賞者を代表して、最優秀賞受賞者
境港小学校3年木村 哉太君に
どんな気持ちで作品を描いたか発表してもらいました。
とってもしっかりとした発表でしたよgood

20120304第17回米子水鳥公園表彰式 061.jpg

最後はみんなで記念写真
合言葉は、「はい!チーズ」ならぬ「はい!スワン」
受賞者のみんなおめでとうshine
これからもステキな鳥の絵を描けるよう、
みんなの身近な自然を大切にしようscissors











2012年3月 4日 16:43 カテゴリー: お知らせ , 絵画コンクール

クイズの答えが捕まった??

米子水鳥公園でいつでも遊べるクイズラリー。
このクイズに関連した珍事がありました。

水鳥観察桟橋に設置してある「問題9」でクイズになっている鳥が、
クイズのすぐそばで身動きがとれなくなっていたのです。

発見したお客様からの連絡で現地に行き、
無事救助しました。
幸いにも発見が早かったようで、
怪我もなくとても元気でした。

これも何かのご縁なので、
保護した鳥に丁重に標識をつけて、
もとの場所に戻しました。

この鳥はものすごい速さで走って逃げ、
ヨシ原に飛び込んでいきました。
走って逃げたということは、
飛ぶよりも走ることのほうが得意な鳥なのですね。


DSCN2786s.JPG


















この鳥です。
さあ、答えはどれでしょう?

2012年3月 3日 17:11 カテゴリー: お知らせ

アメリカコハクチョウは入れ替わっている?

今朝は、アメリカコハクチョウの6羽一家がいて、いつもどおり早朝に安来の田んぼへ出かけました。その後、居残っている群れの中にもう1羽アメリカコハクチョウが見つかりました。昨日新たに見つかった個体だろう、と思ってみてみると、なにか違和感を感じました。



参考までに、近頃水鳥公園で見つかったアメリカコハクチョウの左横顔を並べてみました。


_MG_4867t.JPG
















写真1:毎朝いる6羽家族のお父ちゃん(かな?)




CIMG3571t2.JPG
















写真2:こちらが、昨日新たに見つかった独身個体。
写真1とは目先の黄色斑の形が微妙に違います。



CIMG3576t2.JPG
















写真3:今朝の個体。写真1、2よりもさらに黄色斑が小さく、くちばしがほとんど真っ黒に見えます。


写真2、写真3の画像が不鮮明なので厳密な比較はできませんが、これら3羽は別個体のように思います。

現在、コハクチョウたちは渡りの時期で動き回っているので、たとえ数が少ないアメリカコハクチョウといえど、個体の入れ替わりが起こることは充分考えられます。皆さんはどう思いますか?

(といわれても、不鮮明な画像じゃ何ともいえませんよね。不鮮明な画像しか撮れなくてごめんなさい!)

2012年2月26日 16:10 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ

クロツラヘラサギ最近好調?

今季のクロツラヘラサギは、姿が見えないことが多くてサービスが悪いなあ、と思っていましたが、近頃は毎日見られます。

昼間は、水鳥観察桟橋の向かいの岸辺で、コハクチョウの群れに混じってお昼寝するのが日課になっています。丸くなって寝ていると、コハクチョウに紛れて見つけにくいです。

今日は、夕方にネイチャーセンター付近にやってきて、島の真ん中で羽繕いを始めました。グニャリグニャリと自在に動く首のしなやかさにびっくり。




クロツラヘラサギの羽繕いの様子を動画撮影してみました。





●今日の鳥の様子 2012年2月24日(金)
コハクチョウ 161羽 大幅に減りました!
コブハクチョウ 1羽
マガン 1羽
ツクシガモ 1羽
ミコアイサ 雄3羽雌3羽
ミサゴ 1羽
オジロワシ 1羽
チュウヒ 1羽
クロツラヘラサギ 1羽

など、30種・約1500羽。
今日は猛禽類の出現が少なかったです。

2012年2月24日 18:06 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

ただいま380羽!

今朝のコハクチョウはおよそ380羽でした。
順調に数が増えてきています。

でも、またお天気は下り坂で、
北帰行ムードは盛り下がり気味。

昨日は日差しが暖かく、
たくさんのコハクチョウが終日園内に居ましたが、
今日は次第に空が暗くなって肌寒くなり、
コハクチョウも十数羽しか居残りませんでした。


●今日の鳥 2012年2月23日(木)
コハクチョウ 377羽 8:00現在。アメリカコハクチョウ1羽(6羽の国際結婚家族)含む。
コブハクチョウ 4羽
マガン 2羽
ツクシガモ 1羽
ミコアイサ 雄2雌2+羽
クロツラヘラサギ 成鳥1羽
オジロワシ 若鳥1羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽
カワセミ 1羽
ツグミ 2羽
オオジュリン 10+羽
キジ 雄1羽(声)
ヒヨドリ1羽(声)
ムクドリ1羽(声)
ヒバリ1羽(さえずる)

など、32種・およそ1500羽。

2012年2月23日 18:36 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

コハクチョウ増加中!

強烈な寒波が明け、春を感じる暖かい日が続いています。
そろそろコハクチョウの北帰行が見られるか、と思っていた月、水曜日ですが、残念ながらまだ水鳥公園では観察できておりません。
しかし、コハクチョウたちは確実に渡りに備えています。今朝のコハクチョウの数は289羽。今季最多数です。
(近頃、北帰行を見たという情報が寄せられるようになってきました)


CIMG3470s.JPG


















今朝のコハクチョウは、水鳥観察桟橋前にたくさん集まっていました。みんな興奮気味で、わめくような大きな鳴き声が園内に響き渡っていました。

今朝の水鳥観察桟橋前の様子は、こちらの動画をご覧下さい!↓







CIMG3366s.JPG























ヨシ原の中では、小鳥たちがヨシを渡り歩いているのが目に留まります。正体はオオジュリン。盛んに枯れヨシの穂をついばんだり、薄皮を剥いで中にいる虫を食べています。この冬は小鳥の姿がぜんぜん見られず、不気味なほど静かでしたが、近頃オオジュリンたちを見かけるようになり、ちょっとホッとしています。

これからコハクチョウの数はさらに増加していく見込みです。今季は最大何羽になるかな?
また、この時期は昼間でもコハクチョウが園内にたくさん居残るので、コハクチョウが観察しやすいです。
今日は、お昼過ぎまで日差しが暖かく、風もない穏やかな天候で、たくさんのコハクチョウが終日見られました。今日お越し頂いたお客様は、とてもラッキーでした!

●今日の鳥 2012年2月22日(水)
クロツラヘラサギ 1羽 時々ネイチャーセンターそばに飛来!
コハクチョウ 289羽 今季最多数!
コブハクチョウ 2羽 コハクチョウを威嚇!
マガン 1羽 コハクチョウと一緒にお昼寝。
ツクシガモ 1羽
トモエガモ 7羽 遥か彼方!
ミコアイサ ♂1羽、♀2+羽
オジロワシ 若鳥1羽 まだいます!
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ ♀1羽 観察ホール目の前を数回かすめ飛ぶ!
チュウヒ 2羽 ヨシ原をパトロール!
ハヤブサ 1羽 アンテナ塔先端にて
オオジュリン 10+羽 リング付きもいました
ホオジロ 2羽 松の梢に止まる

など、35種およそ1500羽。

おまけ:アカミミガメ 17匹 甲羅干し。君たちは冬眠しないのか!

2012年2月22日 18:27 カテゴリー: お知らせ , オオジュリン , コハクチョウ

第17回米子水鳥公園絵画コンクール入賞者決定!!

2012年2月18日に
審査員の皆様と来館者の皆様の投票を参考にし、
第17回米子水鳥公園絵画コンクールの受賞者を決定致しました。
下記に受賞者の一覧表を添付していますので、
是非御確認を!
ちなみに3月4日に、
米子副市長をお招きして、表彰式を開催します。
絵の展示は、3月11日までになっておりますので、
まだご覧になっておられない方はお急ぎを!!
DSCN2641.JPGのサムネール画像第17回米子水鳥公園絵画コンクール最優秀賞
境港市立境小学校3年 木村 哉太くん 作
「カッコイイ!!アオサギ」
Conguratulations! Everyone!!
17.入賞者一覧表.xls






























2012年2月20日 15:07 カテゴリー: お知らせ

3月11日のイベント発表の準備

DSCN2329ss.JPG米子水鳥公園では、3月11日(日)13:30~15:30に 
第五回子どもと語る会を実施する予定にしています。

この会では、ジュニアレンジャーに発表を予定しています。

この準備が、子供たちだけ゛てしてもらいました。
自分でパソコンを操作してプレゼンを作っています。

上手くできたでしょうか?楽しみです。
 

2012年2月19日 19:30 カテゴリー: お知らせ

カモが氷に絵を描いた!

今朝は寒さが厳しく、園内の池の北側半分が凍っていました。


_MG_4535s.JPG
















8:03現在。氷の上をカモが歩いた跡が残っています。



_MG_4551s.JPG
















10:29現在。
先ほどよりもたくさん足跡が残っています。
よく見ると、子どもの顔の絵のように見えませんか?

ただいま、米子水鳥公園では子ども達の絵画コンクール展の最中ですが、カモも飛び入り参加♪
氷の上に絵を描いてくれました。

2012年2月19日 11:40 カテゴリー: お知らせ

積雪30cm!

今朝、明け方に出勤してみると、水鳥公園がある干拓地の入口が積雪のため進入困難になっていました。軽自動車でしたが、四駆で無理やり進入して水鳥公園に到着。昨年の元旦の悪夢が頭をよぎりました。


CIMG3332s.JPG


















水鳥公園の正門の様子。
積雪30cm。昨年のお正月の半分以下なので、園内に入れます。
出勤時はちょっと大変でしたが、今は車で雪を踏み固めてありますので大丈夫です。

CIMG3054s.JPG

















ネイチャーセンターから見た池の様子。北側半分が凍結。コハクチョウたちは水鳥観察桟橋前に寄り集まっていました。



CIMG3126s.JPG

















オナガガモがすっぽり埋まってしまう雪の量です。


CIMG3069s.JPG


















マガンは園内中央部の島周辺に集まっていました。地上に居る時は690羽くらいに見えました。

CIMG3073s.JPG


















7:28ねぐら立ち。大雑把に数えて1170羽くらいでした。雪化粧の中一斉に飛び立つマガンの大群は壮観です。雪の中、安来平野の田んぼへ食事に出発!

マガンは雪でも採食に出かけますが、コハクチョウたちはお仕事を休んで園内で過ごすものが多いです。
雪化粧の中の鳥たちはきれいですよ♪
足元が悪い中ですが、雪景色の水鳥公園は珍しいので是非御来園くださいね!

2012年2月19日 09:32 カテゴリー: お知らせ , マガン

ホワイトアウト

今日は大雪。目の前が真っ白です。

CIMG3016s.JPG

















大山はおろか、いつも見えている粟嶋神社の丘すら見えません。
池も北寄りの部分はシャーベット状になっています。



CIMG2986s.JPG

















枯れヨシ原も雪化粧。


CIMG2951s.JPG























オジロワシは萱島に止まっていました(画面中央)。ネイチャーセンターから1.2km先。
この鳥は雪景色が似合います。
あいかわらず見づらくてごめんなさい。

CIMG2998s.JPG

















コハクチョウたちは、大雪のため本日休業。
雪に埋もれかかっているものもいます。

CIMG2943s.JPG

















アメリカコハクチョウ一家は今日もいました。
でも、クロツラヘラサギは行方不明です。


この大雪が明けたら、いよいよ北帰行の始まりかな?

2012年2月18日 14:27 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , オジロワシ

なかよし一家

近頃、アメリカコハクチョウとコハクチョウの番い一家が水鳥公園にいます。

※解説しよう!アメリカコハクチョウは、北米大陸にすむコハクチョウの亜種。コハクチョウはロシア生まれなので、この番いは人に例えると、アメリカ人とロシア人の国際結婚夫婦のような関係なのだ!

この一家は朝一番で安来へと出かけてしまうので、なかなかお客様にご覧いただけないのですが、今日は吹雪のせいか、園内にとどまっています。

CIMG2892es.jpg

















家族構成はこんな感じです。
ハクチョウ類は外見で性別は見分けられないのですが、この家族は他の家族との挨拶の際にアメリカコハクチョウが代表して前に出ているので、お父さんかな?と思います。

コハクチョウは、平均4個の卵を産むのですが、なかなか6羽の家族は見られません。厳しい自然界では、順調にすべての子が育つ確率はとても低いのです。
そんな中、この一家は4羽の子どもを連れて過ごしています。すごいですね。

どこへ行くにも家族一緒。
この仲良し一家を見ていると、癒されますよ~♪

この一家を観察したい方は、朝一番にお越しいただくことをお勧めします。
明日、明後日は週末なので、朝7時から開館していますので、是非お越し下さい。

この一家は、元旦にも姿を見せていました




CIMG2881s.JPG

















クロツラヘラサギは、昨日一日姿を見せませんでしたが、今日はコハクチョウの群れに混じって眠っています。
水鳥観察桟橋向かいの岸辺にいるので、かなり近くに居るのですが、外は吹雪だし、顔を見せてくれないのが残念です。

オジロワシもまだ居ます。




 

2012年2月17日 13:44 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , クロツラへラサギ

どこにいるでしょう?

これは、ネイチャーセンターから見た風景です。

このなかにオジロワシがいます。どこにいるでしょう?
CIMG2857s.JPG

















答えは下にスクロール! ↓























答えは、画面中央部やや上です。

CIMG2859ns.JPG

















画像を拡大。
横に伸びた木の枝に、こちらに背中を向けて止まっています。




それではもう1問。

この中にオオタカがいます。どこにいるでしょう?

CIMG2863s.JPG















































答えは、画面中央部やや右です。

CIMG2861s.JPG

















画像を拡大。白いお腹に白い眉斑。成鳥ですね。
(枝が重なっていて分かり難いですが)


いかがでしたか?
水鳥公園では、このように風景の中にさりげなく鳥がとまっています。空気が澄んでいたら、中海の対岸(南岸)の斜面林に止まっている鳥も見える時があります。ネイチャーセンターのそばばかりでなく、遠くの方も探してみるといろいろな鳥が見つかります。

また、鳥たちは種類ごとに良く止まる場所がある程度決まっていますので、そのような場所を覚えておくと探しやすくなります。

この画像が水鳥公園のどこの風景なのか、ご来館の際にはぜひ探してみて下さいね!


●本日の鳥の様子(2012年2月16日)
コハクチョウ 160羽(8:10) 北帰行シフト始まる!
亜種アメリカコハクチョウ 1羽 コハクチョウとペアで幼鳥4羽の6羽家族!
ツクシガモ 1羽 友達がいなくて寂しそう
オナガガモ 手前にいっぱい
マガモ   奥にいっぱい
ミコアイサ オスが1~3羽見られます!
ヒドリガモ 10羽くらい 陸の上の草が大好き!
オジロワシ 若鳥1羽 はるか遠くに発見!
ヒドリガモ×アメリカヒドリ オス1羽 毎日います!


そのほか、今日はまだ見つかっていませんが、

クロツラヘラサギ 昨日は成鳥1羽いました!
マガン      昨晩は約1030羽が塒入り!

など、約30種類・1500羽(ガン・ハクチョウを除く)

2012年2月16日 09:56 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , オジロワシ , 鳥情報

湿地の生き物を粘土で作りました!

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブの活動日でした。

今日のテーマは、「私たちの湿地の生き物を粘土で作ろう!」です。

これまでのラムサールクラブの活動の中で、自分たちが観察したお気に入りの湿地の生き物を作りました。

CIMG2792s.JPGどんな生き物をつくろうか、モデルを探している最中。









DSCN2378s.JPG展示室で、生き物の姿形には意味があることを説明。「このホウロクシギは、何でこんなに長いくちばしを持っているのでしょう?」








DSCN2385s.JPG作る生き物が決まった子から、粘土細工開始!









DSCN2421s.JPG完成した作品を並べて、湿地の生き物展覧会。個性的な作品ぞろいで、みんな自分の作品のできばえに満足そうでした。








DSCN2445s.JPGみんなで記念撮影。









この企画は、2月2日の世界湿地の日記念企画として、スイスのラムサール条約事務局に活動レポートを送ります。昨年の活動レポートが掲載されているラムサール事務局HPはこちら
(#14が子どもラムサールクラブ、#15が手作り自然教室のレポートです)

2012年2月12日 11:02 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

肉食女子と草食男子

本日、ミコアイサの面白い行動が観察できました。

CIMG2664s.jpg

















オスに向かって、1羽のメスが胸を突きだして突っ込んできました。オスは冠羽を逆立てて困惑気味。

CIMG2671s.jpg

















その後も、メスはオスに何度も突進しては、頭を下げてお尻を突き出していました。


CIMG2670s.jpg

















♀「ほら、さっさと乗りなさいよ!」
♂「う~ん、モジモジ…」

明らかに、メスがオスに(強く)交尾を迫っていました。
こんなことが数分間続きましたが、結局は交尾には至らず、メスはあきらめてオスから離れていきました。


カモ類は、オスが積極的にメスにアピールして番いになる印象が強いのですが、カモ類のメスがこんなにも積極的にオスに交尾を迫るのは初めて見ました。

水鳥公園では、番いのカモが、互いにディスプレイをしてから交尾している様子を時々見かけます。しかし、今回の場合、このミコアイサたちは番いではなかったように思います。
このオスはよっぽどのイケメンだったのでしょうか。

この後、メスは1羽で遠くに離れていき、オスのほうはもう1羽のオスと合流して行動を共にしていました。このモテモテのオスは、今は男友達と遊んでいたい気分だったのかな?

2012年2月10日 12:03 カテゴリー: お知らせ , ミコアイサ

オジロワシの出現率UP!

近頃、オジロワシの姿が頻繁に観られるようになってきました。
これまでのサービスの悪さがウソのようです。

毎朝、池の中央部の島に降りています。
干拓地に入る橋を渡ると左手に存在を確認できます。
体が大きいので肉眼でも分かります。


CIMG2678s.jpg

















こんな感じです。

今日は、時々飛び立って、粟嶋神社寄りを低空で旋回しては元の位置に舞い戻る、という行動を繰り返しています。
オジロワシが気にしているあたりの水辺で、ハシブトガラスが何かを食べていたので、鳥の死体があるのかもしれません。


CIMG2696s.jpg

















拡大。いつも降りている場所はネイチャーセンターから500m位先ですが、存在感は十分。飛んでいる時の姿はさらに大きくてかっこいいです。

オジロワシが飛び立つと、周囲のカモ達が一斉に飛び立ち、大騒ぎになります。
もし、中海の萱島周辺でカモの大群が飛び交っていたら、近くにオジロワシが飛んでいるかもしれません。

2012年2月10日 11:45 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ

第17回米子水鳥公園絵画コンクール

2012.02.05展示の様子 001.jpg第17回米子水鳥公園絵画コンクール作品点
を、2月1日から開催しています。
171点もの子ども達の力作の数々、
私が描くより上手いんじゃないか?coldsweats01






20120201お客様観覧の様子.JPG来館されたお客様達も楽しそうに
ご覧になられてます!
子ども達の絵って大人には描けない
魅力があり、和みますよぅconfident
作品展は3月11日までなので、
是非ご鑑賞しにお越しください










2012.02.05展示の様子 002.jpg2月18日10::00まで、
なんと来館者によります
審査投票もできますよぅ
みなさんの投票で賞が
決定するかもしれませんsign03
是非、投票の方もお願いしますhappy01

2012年2月 8日 16:53 カテゴリー: お知らせ

1000羽!

16:40頃、マガンの群れが帰ってきました。ぐちゃっとひしめき合っている群れを大雑把に数えてみると、530羽くらいでした。この時期にしてはちょっと少ないな、と思っていたら…。



_MG_3976s.JPG
















17:12、第二群が飛来!一気に数が急増しました!
その数約1000羽!
しかも、いつもよりも降りた場所が200mくらい近いので、望遠鏡で鮮明にマガンの姿が見えます。



_MG_3971s.JPG
















しかも、どんどんとネイチャーセンターに向かって接近してきました。
もっとも近い個体はネイチャーセンターから200mくらいでした。
普段は500m先にいる鳥なので、かなりの近距離。しかも、明るい時間帯に帰ってくるのは珍しいです。

このマガンの群れにカメラを構えて見とれていた時、目の前をハイイロチュウヒの雄が軽やかに横切っていきました。距離およそ5m。灰色の体と黒い風切羽が肉眼で鮮明に見えました。

●今日の鳥 2012年2月2日(木)
・コハクチョウ 朝39羽、夕方64羽。
・マガン 1000羽
・ツクシガモ 雄2羽
・ハイイロチュウヒ 雄1羽雌1羽
・チュウヒ 成鳥1羽若鳥1羽
・タシギ 1羽
・ムクドリ 1羽

など、23種、合計1000羽くらい(マガンを除く)。

おまけ:
ヌートリアがネイチャーセンター正面で、ヨシの根っこを掘り出して食べていました。


予報どおりの厳しい寒さで、時々猛吹雪になって100m先が見えなくなりました。
園内の積雪は20cmくらいです。

2012年2月 2日 18:29 カテゴリー: お知らせ , マガン

16年越しの夢がついに!

本日、ネイチャーセンターの展望ホールのエアコン設置工事が終わり、お客様にご利用いただけるようになりました。

DSCN2242s.JPG展望ホールの入口扉。この手前側は息が白くなりますが、向こう側は暖かです。









DSCN2243s.JPGこの冬最も寒い今日、快適温度で水鳥観察ができるなんて、なんて贅沢なのでしょう!
外気温は1℃、室内は20℃です!!







DSCN2244s.JPGエアコンが設置された天井。白い天井が張られたお陰で室内が明るくなりました!









ネイチャーセンターの水鳥観察スペースにエアコンが設置されるのは、開園当初からの夢でした。開園して16年。ようやく実現した夢のような出来事です(涙)。

空調完備の展望ホールの水鳥観察定員は10名程度と少々狭いですが、寒い日も暖かく水鳥観察を楽しめます。是非ご利用下さいませ。


2012年2月 2日 18:04 カテゴリー: お知らせ

絵画コンクールの展示作業しました。

今日のジュニア・レンジャーは、
毎年恒例の絵画コンクールの作品の貼りだし作業を手伝っていただきました。
 大人のボランティアの方に交じっての活動です。

DSCN2091s.jpg
DSCN2169s.jpg展示完成!!

2012年2月1日(水)~展示です。







DSCN2146ss.jpg午後は、2月18日のイベントの発表内容を考えました。









DSCN1947ss.jpg最後は、水質調査・・・
盛りだくさんの1日でした。

2012年1月30日 19:29 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 国際交流

日本白鳥の会 出雲大会で発表しました。

DSCN1856ss.jpg2012年1月28日(土)
島根県出雲市で開催された日本白鳥の会 出雲大会で
「コハクチョウの個体群動態の推定」という発表をしました。
日本白鳥の会の研修会は、1998年に米子で開催して以来の山陰地方での開催でした。


 

2012年1月28日 18:14 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , 調査研究

現在の鳥の様子2012/01/28

近頃とても寒くなり、雪が降ったり路面が凍結したりしていますが、積雪はありません。

今現在の鳥の様子をお知らせします。

●2012年1月28日(土)
カイツブリ 31羽
ハジロカイツブリ 2羽
コブハクチョウ 3羽
コハクチョウ 34羽 早朝にカウント。9:00過ぎに0羽になり、ねぐら入りは18:00頃。
マガン 840± 早朝にカウント。この時期にマガンがねぐら入りするのは珍しい!
ツクシガモ 雄2羽 時々ネイチャーセンターのそばに来ます!
マガモ 142羽 2番目に多いカモ
オナガガモ 670羽 最も多いカモ
ハシビロガモ 92羽
ホシハジロ 36羽
キンクロハジロ 142羽 3番目に多いカモ
ミコアイサ 5羽(雄2雌3) 時々ネイチャーセンターそばに来ます!
トビ 16羽 中海上空を群れ飛ぶ!
ハイタカ 若鳥1羽 ネイチャーセンター前を通過!
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌1羽 ネイチャーセンターそばを時々飛ぶ!
チュウヒ 2羽(若1成1)
オオバン 25羽
カワセミ 1羽 ネイチャーセンター前の柵に止まってくれました!

など、28種・約1000羽。

オジロワシは全く現れません。移動した可能性大。
クロツラヘラサギは、26日から姿が見えません。

2012年1月28日 18:03 カテゴリー: お知らせ ,

韓国から「米子市生態文化の探訪交流」来館

韓国の環境保護運動連合の皆さんが、米子水鳥公園を訪ねていただきました。

韓国のソクチョ市は、8年前に米子水鳥公園から交流に伺っており、久々の再会でした。

DSCN1820ss.jpg米子水鳥公園の植栽の工夫について説明。
なかなか、ネイチャーセンターに入れません。








DSCN2025ss.jpg館内の展示について説明






音の出る図監


DSCN2066ss.jpg米子水鳥公園の設置運動について
地元ボランティア団体の方に来ていただき
説明していただきました。







DSCN2070ss.jpgハクチョウが帰って来るのをみんなで待ちました。
久しぶりにきれいな大山が見えました。

目の前を通過するツクシガモにびっくり!!


ソクチョ市の環境保全グループのメンバーが多くなっていることに驚きました。
保全の意識の広がりを感じました。



2012年1月27日 22:09 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 国際交流

雪の晴れ間?


DSCN1812ss.jpg今日は、やっと冬の晴れ間です。
このまま降らないと良いのですが・・・









DSCN1814ST.jpg
午後には、道の雪もなくなりるでしょう。

コハクチョウは、9:20ごろに飛び立っていきました




コハクチョウが帰ってくるのは17:40ごろです。





2012年1月26日 21:59 カテゴリー: お知らせ

クロツラヘラサギいまだ健在

2012.01.25ダイサギとクロツラヘラサギ縮小.jpg

ダイサギとクロツラヘラサギが仲良く休息中
しかし同じサギの名がついてますが、
ダイサギはサギ科、クロツラヘラサギはトキ科です。
どちらがクロツラヘラサギでしょう?
1月25日現在滞在中是非観察しにお越しください!

 

2012年1月25日 10:46 カテゴリー: お知らせ

今週は雪予報


今週は雪予報が出ていますが、朝は青空が広がっています。
ところが予報通り午後は雪!!
_MG_3624.JPG 粟島神社の木々にも雪が積もっています。








DSCN2013s.jpg
ネイチャーセンター前にやってきたカモの背中にも
あっという間に雪が積もり始めました。







_MG_3618.JPG 今日は、ネイチャーセンターの目の前に
オカヨシガモがやってきました。

他にも
ツクシガモ クロツラヘラサギがいます。


2012年1月23日 14:49 カテゴリー: お知らせ

片寄っているカモ

今日は一日中暗い曇天でした。

_MG_3306s.JPG
















ネイチャーセンターの前には鳥がぜんぜん居ませんでした。いつも群れているカモたちはどこへ行ったのでしょう?




_MG_3304s.JPG
















ネイチャーセンターから左手(弓ヶ浜側)を見ると、カモたちが大勢集まっていました。
今日は北風が吹いていたので、カモたちは風を避けるために、風上側の木々の茂みの陰に移動していたのです。
ここは木々が風を避けてくれているので、風にさらされずに休めるのでしょう。

水鳥公園の鳥の配置は、風に大きく影響されます。ネイチャーセンター前に鳥が集まるのは、無風時か西風の時です。




_MG_3263s.JPGがら~んとしたネイチャーセンター前に、正面からツクシガモが接近。








_MG_3266s.JPGどんどん接近!









_MG_3268s.JPGついに目の前の砂浜に上陸してきました!








_MG_3272s.JPG
















おや?このツクシガモは色が鮮やかではありませんね。水鳥公園に滞在中の1号、2号はもっと色鮮やかだから、新顔さんですね。これでツクシガモが3羽になりました!



_MG_3311s.JPG
















ミコアイサの雄も、時々目の前の浅瀬に近づいてきてくれました。
でも、水面に出ている時間は1/5くらいで、残り4/5は潜水していました。
もう少し水面でのんびりしてくれたらいいのにな~♪


●今日の鳥 2012年1月20日(金)
コハクチョウ 75羽   また減りました
コブハクチョウ1羽   コハクチョウを追う!
マガン1羽       本隊からはぐれたの?
クロツラヘラサギ1羽  見られたのは朝だけ。
ツクシガモ3羽     美しさは、1号>2号>3号です。
コガモ17羽       アメリカコガモはどこへ?
ミコアイサ10羽くらい  うち2羽が雄!時々前浜に接近!!
チュウヒ若鳥1羽    今日は少なかった
ハイイロチュウヒ雌1羽 ネイチャーセンター前を舞う!
ハヤブサ1羽      正面のアンテナ塔に止まっていた
など、29種・約2000羽。

今日は猛禽類があまり現れず、クロツラヘラサギも姿を見せず、カモも北側に片寄っていて、いまいちでした。
それでも、ツクシガモとミコアイサ雄はサービスしてくれました♪
また明日に期待しましょう!

2012年1月20日 18:43 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , ミコアイサ

ラムサール条約リレーシンポ


今日の米子水鳥公園は、ラムサールリレーシンポの開催日です。


DSCN1903.JPG今日のゲストは、海中研究所の新井さんです。
新井さんは、中海に生きているいきものの様子をビデオでご紹介していただきました。

中海に簡単に見れるような生き物なんていないと思っ間違いていたら大間違い!!

いつも見慣れた景色からカメラが水中に入ると、いろいろな魚や色とりどりの生き物の映像に変わり大変驚きました。
新井さんによると、これは小さな湧水が影響していて、海岸の構造をほんの少し変えるだけでたくさんの生き物が帰ってくるということでした。


DSCN1929ss.jpg
続いて、米子水鳥公園からは、カモパズルで水鳥をご紹介!!

ほとんどカモの福笑い状態です。







DSCN1958ssd.jpgそのあとは、鳥になった気分で野外に出て園内で鳥の餌になりそうな生き物を

みんなで集めてみました。







DSCN1963ss.jpg木の実は、人間でも食べられそうなものがあります。







米子水鳥公園

DSCN1970ss.jpgDSCN1988ss.jpg水辺では、エビや水草を見つけました!!









DSCN1974ss.jpgヨシの茎の中には、何がいるかな?
みんなでぱちぱち割ってみるのですが、なにも出てきません。

やっとのことで、
カイガラムシを発見!!鳥になっても生きていけないかもしれません。





DSCN1980ss.jpg中海の海岸までいったら岩にカキやヒバリガイがついていました。

こんなものを鳥は食べているのでしょうか?

2012年1月14日 20:13 カテゴリー: お知らせ , ラムサール条約 , 普及啓発

地元の大学が実習地として公園を利用

ssM.jpg今日は、地元大学の学生さんたちが、実習のために公園に来てくれました。
 米子水鳥公園の野鳥保護区としての工夫や成り立ち。
 ラムサール条約、野鳥の同定などを
 一日かけて勉強されていきました。






DSCN1795.JPG









sse.jpg
皆さん真面目にメモを取ったり、質問などをして勉強しておられました。

2012年1月13日 20:04 カテゴリー: お知らせ

水鳥の絵を描く会Ⅱ

CIMG2067.JPG今日は水鳥の絵を描く会2回目を
開催しました。
天気も良くて親子26名の参加者が
あり、とっても賑わいのある会と
なりました。
真剣に絵を描く子供達を見るのは
とても微笑ましく、
中には定規を取り出す程真剣な子もcoldsweats02


CIMG2071.JPG9時から正午までの3時間をフルに使い、
各々素敵な絵を描いてくれました。
描いてくれた絵は、
第17回米子水鳥公園絵画コンクールに
出展して頂きました。
2月1日から3月11日まで
展示しています。
子供達の傑作をどうぞご覧に足を
お運び下さいhappy01







2012年1月 8日 16:42 カテゴリー: お知らせ

ツクシガモが目の前に

DSCN1566s.JPG本日は、ネイチャーセンター目の前にツクシガモがいました。全景写真を観てわかりますでしょうか?



朝8:45ごろ

DSCN1568s.JPGツクシガモのアップ。








 

2012年1月 2日 17:51 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ

大山雪景色で一年の締めくくり!

2011年の大晦日は、素晴らしい晴天に恵まれました。

_MG_2831s.JPG















昨日は頂上が見えなかった大山も、今日はこのとおり。完璧です。
スキー場の人々のほか、頂上に登っている登山者もたくさん見えました。

_MG_2833s.JPGネイチャーセンターの観察ホールからの風景。
望遠鏡は、野鳥観察だけではなく、大山ウォッチングにも絶大な威力を発揮します。

























_MG_2795s.JPG















 
 午後2時ごろ、マガン約130羽の群れが飛来。安来で食事をしていた群れが昼寝に来たのでしょう。近頃、マガンは水鳥公園にねぐら入りしていなかったので、久しぶりの光景です。


_MG_2809s.JPG
















しかも、雪化粧の大山の前を舞ってくれて感激しました!


CIMG2026s.JPG

















最後にカワセミ君。
観察ホール目の前の柵に止まり、10分くらい姿を見せてくれました。何度か池に飛び込んで小魚を食べる様子も見せてくれて、お客様と一緒に観察を楽しめました。

このように今日は、素晴らしい天気と風景、鳥たちのサービスに恵まれた大晦日でした。

皆様には今年も一年間、大変お世話になりました。
新年も職員一同、皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。


さて、明日から2012年の始まりです。
米子水鳥公園は、朝7時から開園して「初日の出!コハクチョウ観察会」を開催します。
近頃、朝よりも夕方のほうがコハクチョウの数が増えていまして、今朝8時ごろは61羽でしたが、夕方5時半には113羽になっていました。その後もねぐら入りしていたので、おそらく200羽くらい集まっていると思います。

明日の朝は、コハクチョウの群れでにぎやかな観察会になりそうです。楽しみですね~♪
ドングリコマ回し大会にもぜひご参加下さい。ユニークな辰年缶バッチをプレゼントしますよ!

●今日の鳥 2011年12月31日(土)
ハジロカイツブリ 8羽
ミミカイツブリ 1羽 まだ健在!
コハクチョウ 113羽以上 近頃増加傾向。なぜ?
マガン 135羽 久しぶり!
ツクシガモ 雄2羽
コガモ 157羽 こんなに見たのは久しぶり!
トモエガモ 16羽
オナガガモ 1490羽 圧倒的な数!
ミコアイサ 9羽 パンダ模様は2羽!
ミサゴ 1羽
トビ 4羽 ハヤブサの獲物のおこぼれ頂戴!
オオタカ 若鳥1羽
ハイタカ 1羽
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌1羽 ネイチャーセンター目の前を何度も横切る!
チュウヒ 若鳥1羽成鳥1羽
ハヤブサ 若鳥1羽 ホシハジロ雄を捕食!
カワセミ 若鳥1羽 今日はサービスデー!
ハシボソガラス 2羽 ハシブトガラスに圧倒され気味!
ハシブトガラス 10羽 ハヤブサのおこぼれに群がる!
ホオアカ 1羽 園内で望遠鏡で見たのは初めて!

など、38種約2000羽。

 
 

2011年12月31日 18:55 カテゴリー: