<mt:BlogName />
トップ学校・子供会の皆様へ

学校・子供会で米子水鳥公園を利用しよう

中海水鳥国際交流基金財団では、 米子水鳥公園において指導員による様々なプログラムが実施することが出来ます。 是非、子ども会、学年行事、地域の子どもイベント・学校・ボーイスカウト・ボランティア活動などで ご利用下さい。プログラムは事前予約にて対応いたします。費用についてもご相談下さい。

対応例1: 冬のハクチョウ観察

7:00〜7:10 挨拶・打ち合わせ
7:10〜7:30 望遠鏡の使い方・ハクチョウ観察シート(観察ホール)
7:30〜8:20 野外観察(双眼鏡を使って中海湖岸まで水鳥の観察)
8:20〜8:50 映像室クイズ(成績優秀者にはプレゼントあり)
8:50〜9:00 まとめ・振り返り
9:00〜9:30 自由観察時間(クイズラリー買い物展示物等)
※2時間30分プログラムの場合

米子水鳥公園でのハクチョウの見ごろの時間(PDF)


対応例2: 夏の生き物観察

13:00〜13:10 挨拶・打ち合わせ
13:10〜13:30 望遠鏡の使い方・鳥ビンゴゲーム(観察ホール)
13:30〜13:50 展示室クイズ
13:50〜15:20 野外コース (園内でメダカ採り、野外作業用など)
15:20〜15:30 まとめ・振り返り
※2時間30分プログラムの場合

夏には、バッタ・メダカ捕りや水鳥の島作りなど、色々なプログラムや、会議でお弁当を食べる一日滞在型の対応も出来ます。

プログラムの例(一部費用を頂きます。)

室内コース

野外コース

環境ボランティアコース