夜のコウモリウォッチング!開催レポート[お知らせ]
(2013-05-05 12:43:15) by 米子水鳥公園


5月5日(日)19:00?20:00
自然観察会「夜のコウモリウォッチング!」
内 容:日没後に水鳥公園上空を飛び回るコウモリを観察して、コウモリが出す超音波を特別な装置で聴いてみます。
対 象:小学生から大人まで。当日受付
集 合:水鳥公園ネイチャーセンター
持ち物:懐中電灯、防寒着

****************************************************************

今日はゴールデンウィーク観察会「夜のコウモリウォッチング!」を開催しました。
日中からとても天気が良くて暖かく、夕方になっても寒くなくて絶好のコウモリ観察日和でした。そのためか、沢山の方にご参加いただきました。

<画像:DSCN9463s.JPG>今日の観察会のメインは、コウモリの超音波を聴くことです。そこで登場するのがバットディテクター。コウモリの超音波を可聴音に変換してくれる優れモノです。






水鳥公園のコウモリ観察の特等席は、ネイチャーセンター2階の観察ホール。普段皆様に水鳥を観察して頂いている、ガラス張りの広いお部屋です。目の高さでかつ、目の前をたくさんのコウモリが飛び交います。今日は18:13頃から飛びはじめ、その後10分間程度が活動のピークでした。



<画像:DSCN9464s.JPG>窓を開けて、飛び交うコウモリにバットディデクターを向けると、「プチプチプチプチ…」と独特のリズム音が聞こえます。








<画像:DSCN9468s.JPG>屋外でもコウモリを観察した後、ネイチャーセンターの展示室に移動して、コウモリの剥製を披露。剥製を観察しながらコウモリの体の仕組みについてご紹介しました。








<画像:DSCN9476s.JPG>最後に観察ホールに戻って、他のコウモリの超音波を特別な道具で聴いてみたり、コウモリの生態写真やフィギュア、赤ちゃんの標本などを見ていただきました。








私たちのごく身近なところに暮らしているコウモリが、参加者の皆さんにとって、より身近で楽しい存在に感じてもらえたら嬉しいです。



ところで、先日ニュースで紹介された珍鳥「シベリアオオハシシギ」ですが、昨日、今日と私共職員は観察できておりません。しかし、今日のお客様が園内中央部の島の周辺で、はるか遠くからですが発見、撮影なさっていたようなので、まだ滞在しているようです。GW最終日の明日こそは、またネイチャーセンターのそばに来てくれないかな?♪

(文:きりぎりす)
コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3