水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

クロツラヘラサギ死亡

一部報道でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、米子水鳥公園に長期滞在していたクロツラヘラサギ1羽が、2月11日に死亡しました。

DSCN0016_.jpg11日の午後3時半ごろ、園内の浅瀬で採食していたクロツラヘラサギが、オオタカの若鳥に襲われました。クロツラヘラサギはオオタカに完全に押さえ込まれてしまい、生還は絶望的でした。




DSCN0018_.jpgそこにケアシノスリが現れ、オオタカからクロツラヘラサギを横取りしました。しかし、まもなくケアシノスリはノスリに追い払われ、クロツラヘラサギは誰にも食べられず、その場に放置されてしまいました。



IMG_2206s.jpgそのため、職員がクロツラヘラサギの死体を回収し、標本として保存することにしました。

死体は殆ど損傷が無く、あごの下あたりに左右一箇所ずつ穴が開いていただけです。オオタカは、一撃でクロツラヘラサギの急所に爪を立てて仕留めたようです。初確認からおよそ1年4ヶ月の間、中海・宍道湖に滞在し、多くの人々に親しまれていた個体だっただけに、大変残念です。

このクロツラヘラサギの関連記事

http://nakaumi.blogspot.com/2007/09/blog-post_6223.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_5481.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_15.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/01/blog-post_26.html

2008年2月22日 18:47 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , ケアシノスリ , ノスリ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー