水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

落ち着きがないオオハシシギ

今日は、オオハシシギの様子が変でした。

夕方ごろ、ネイチャーセンターの正面から「ピイッ!、ピイッ!」という聞きなれない鳥の声が頻繁に聞こえるので、ネイチャーセンター前にいる鳥を調べたところ、声の主はオオハシシギでした。


IMG_7545s.JPG















相方を失ってからもネイチャーセンター前浜に居続けているオオハシシギ。すっかり夏羽に衣替えしました。


IMG_7817s.JPG















しきりに鳴きながらそわそわしているかと思うと、突然飛び立ちました。


IMG_7959s.JPG















飛び立ったオオハシシギは空高く舞い上がり、鳴きながらネイチャーセンターを中心に大きな輪を描くように飛び交いました。



IMG_7744s.JPG
















IMG_7754s.JPG















しばらく水鳥公園上空を飛んだ後、再び前浜に舞い降りてきました。
これを何度も繰り返していました。北帰行直前のコハクチョウの行動とよく似ています。

1月9日以降、長期間水鳥公園に滞在してくれたオオハシシギですが、そろそろ旅立ちの時が近いのかもしれません。


IMG_8003s.JPG















夕暮れ時、大山と満月の風景がきれいでした。



追伸:一昨日にオオタカがオオハシシギ1羽を連れ去りましたが、昨日、水鳥公園の常連の少年M君が、奇跡的に園内でオオハシシギの被食痕を発見しました。毎日注目していたオオハシシギが捕食されたのは残念でしたが、貴重な羽毛標本が得られました。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月14日 19:57 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ

オオハシシギがやられた!

今日は、午前中に水鳥公園上空をアマツバメが飛び交っていました。

IMG_6803ts.JPG















三日月のようなつばさが特徴のアマツバメ。
腰が白くて、おなかは暗灰色です。


IMG_6878ts.JPG















アマツバメが去った後は、ツバメが飛び交っていました。
白い帯が入った燕尾が特徴です。


IMG_7009ts.JPG















ツバメに混じってイワツバメも飛んでいました。
腰が白くて、尾羽の形がツバメとは違います。

IMG_6641ts.JPG















近頃、園内の散策路沿いでモズの番いがデートしています。
看板に並んで止まり、とっても仲良しです。手前がオス。


お昼頃、ネイチャーセンター目の前で事件が起こりました。
ネイチャーセンター前で過ごしていたカモたちが突然警戒し始めたかと思うと、オオタカが襲撃してきたのです。オオタカは、逃げ遅れたオオハシシギ2羽に狙いを定め、1羽を捕えて連れ去っていきました。


IMG_7156ts.JPG
















オオタカが去った後に戻ってきたオオハシシギ。体が小さめで色が濃い方の個体です。オオタカにやられたのは、体が大きめで灰色の個体だったようです。発見以来、ずっと2羽で寄り添って過ごしてきたのに、相棒が突然いなくなってしまい、とても寂しそうです。

今季は、なかなか春の渡り鳥がやって来ません。冬のカモ類が各種居残っていて、ツクシガモとミコアイサもまだ居ます。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月12日 16:45 カテゴリー: お知らせ , アマツバメ , イワツバメ , オオハシシギ , ツバメ , モズ

ホウロクシギ

なかなか春のシギたちがやってきてくれませんが、3月31日以降、ホウロクシギが1羽時々現れます。

CIMG5504s.JPG

















日本最大のシギで、くちばしの長さも一番。堂々たる風格です。
いつも自分の羽色そっくりな枯れ草原にばかりいるので、背景に溶け込んだ写真しか取れません。
前浜にやってきてくれないかな~。


IMG_6483t.JPG















園内でハシボソガラスが営巣を始めました。巣のそばを通りかかったチュウヒが追い払われていました。


IMG_6530s.JPG















長期滞在中のオオハシシギ。最初は同じ姿だった2羽ですが、換羽が進んでかなり印象が変わってきました。



●今日の鳥 2014年4月7日 晴れ
キジ 雄1羽 よく鳴いています
ツクシガモ 4羽 まだいます
ミコアイサ 雄2羽雌6羽? 同上
カイツブリ 20羽以上群れて泳ぐ
クイナ 1羽 木陰の岸辺をこっそり歩く
オオハシシギ 2羽 衣替え完了までもう少し!
ツルシギ 1羽 冬羽
ハマシギ 46羽 一日中前浜の島でのんびり。
カモメ 14羽 園内中央部の島に群れる
セグロカモメ 夏羽2羽 カモメと同行
チュウヒ 若鳥1羽 ハシボソガラスに追い払われる
カワセミ 2羽 追いかけっこ
モズ 雄1羽雌1羽 営巣場所探し?
ジョウビタキ 雌2羽 ヨシ原の刈り後で遊ぶ
ツバメ 5羽以上 夕方になると中海方向へ続々と飛んでいく
など、39種類。

(文・写真:きりぎりす)

2014年4月 7日 19:23 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , チュウヒ , ホウロクシギ

予想外のいい天気!

今日は、時々雨や雪が降るかも、という曇天予報が出ていましたが、明け方から晴天に恵まれました。お陰様で、今朝開催した観察会でもコハクチョウの北帰行が見れましたし、田んぼへ向かうコハクチョウたちの様子も堪能できました。

IMG_0686s.JPG















今朝の日の出風景。前浜にコハクチョウが群れて夜を明かしていました。その中にヘラサギもちゃっかり混じっていました。


IMG_0749s.JPG















日中も好天が続き、久しぶりにマガンの群れがお昼にやって来ました。この時期にマガンがお昼に来るのはとても珍しいです。

IMG_0863s.JPG















池に舞い降りたガンの群れ。池にガンの島ができました。

IMG_0908ts.JPG
















今日もオオハシシギは健在。とっても仲良しな2羽です。
背中やわき腹に夏羽が混じってきました。このまま夏羽に衣替えするまで居てくれるとうれしいです。

●今日の鳥 2014年3月8日 晴れ
コハクチョウ 148羽 (うち幼鳥14)
亜種アメリカコハクチョウ 成鳥1羽
コブハクチョウ 2羽
マガン 約600羽
ツクシガモ 7羽
マガモ 100羽
トモエガモ メス2羽
オナガガモ 98羽
キンクロハジロ 72羽
ミコアイサ 10羽 (うちオス1羽)
ハジロカイツブリ 12羽
ヘラサギ 1羽
クイナ 1羽
ウグイス 1羽 「...ケキョ!」とさえずる
ハマシギ 22羽
オオタカ 2羽 (成若各1)
ノスリ 1羽
チュウヒ 1羽
カワセミ 1羽
ジョウビタキ 2羽(オスメス各1)
など、45種類。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月 8日 17:50 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , マガン

オジロワシ復活!

今日は、午前中は曇りがちで視程も悪かったのですが、お昼にかけてどんどん天気が良くなり、午後には雪化粧の大山がきれいに見える絶好の景色になりました。

久しぶりの暖かい日差しのお蔭で、コハクチョウも55羽が一日中園内に居残り、大山とコハクチョウの風景を拝めました。

IMG_7131ts.JPG















今日一番のびっくりニュースは、オジロワシの復活です。13日を最後に姿を消していたので、もう去ってしまったと思っていたのですが、12:40頃、トビ15羽を引き連れて園内上空に飛来。トビから激しく威嚇を受けていました。

IMG_7236ts2.JPG















近頃、ネイチャーセンター前浜の浅瀬で食べ物探しをするようになったオオハシシギ。これまではヨシの刈り株に紛れて観察しづらかったのですが、今ではご覧のとおり、とてもはっきりと観察できるようになりました。右の個体はゴカイを捕えています。


IMG_7275ts.JPG















今、水鳥公園で最も春を感じる鳥、ツルシギ。2月6日から居ます。ツルシギは春の渡りの際に水鳥公園に飛来する旅鳥です。コハクチョウが早く北帰行を始めたように、ツルシギも早めに渡ってきたのかな?


IMG_7358s.JPG















17:00頃、ヘラサギが南西方向から飛んできて、ネイチャーセンター前浜に舞い降りてきました。近頃はいつもこのような登場パターンです。目の前で豪快に水浴びを始め、お客様を楽しませてくれました。傍らにはツクシガモがいて、この一角は九州の干潟のような光景でした。


IMG_7498s.JPG















今日は夕方も明るかったので、コハクチョウのねぐら入りがとても遅かったです。昨日、今日のコハクチョウのねぐら入り時間は、18:15以降で、本隊が帰って来るのは18:30頃です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月22日 18:52 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , オジロワシ , ツルシギ , ヘラサギ

オオハシシギがお引越し?

オオハシシギは、発見したときからずっと、園内の水鳥観察桟橋正面右手の岸辺にいたのですが、今日のお昼頃、その場所を見てみると鳥の姿が全くありませんでした。いつもならば、オナガガモで賑わっているのですが、どこへ行ってしまったのでしょう。

そこで、オナガガモで賑わっているネイチャーセンター正面右手の小島に目を移してみると、オオハシシギがいました。やっぱり2羽一緒です。

CIMG3886s.JPG

















オナガガモの群れに囲まれていると安心なのかな?
ちょうど羽色もオナガガモとそっくりな灰色なので、後ろにオナガガモがいると、姿が溶け込んでしまいます。


CIMG3929s.JPG

















いつも寝てばかりいますが、辛抱強く観察していると、ときどき顔を見せてくれます。
以前いた場所よりも近距離なので、姿が鮮明に見えます。それにしても、地味な鳥ですね~♪
地味な鳥ですが、数年に一度しかやってこない珍しい鳥なので、まだ見たことがない方は今がチャンスですよ~。

(文・写真:きりぎりす)

2014年1月19日 13:48 カテゴリー: オオハシシギ , 速報

新顔飛来!

 ネイチャーセンター正面の浅瀬で、オナガガモの群れに混じってなにやら見慣れない鳥を見つけました。

CIMG0245s.JPG.jpeg 足が細長くて黄緑色、上面が暗灰色、ハマシギよりも大きめ。シギの仲間だと思うけれども、あなたはだあれ?







CIMG0241s.JPG.jpeg 正体が分からないので、しばらく観察していると、ようやく顔を見せてくれました。オオハシシギでした。今季初記録です。この時季に新規飛来するということは、もう鳥たちは春の渡りを始めているのかもしれませんね。最近吹いている風にも、なんとなく春を感じます。皆さんも最近春を感じませんか?

2009年2月 7日 19:23 カテゴリー: オオハシシギ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー