水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

カイツブリの親子現る!

夏もずいぶん遠くに過ぎ去った感がありますが、米子水鳥公園に夏の名残がやってきました。
カイツブリの親子です。
米子水鳥公園では、カイツブリは夏の風物詩ですが、秋風とともに親子の姿が見られなくなります。
少し季節外れの親子の姿です。
IMG_2587s.JPG















写真のように親鳥は、懸命にヒナに餌を与えていました。

2013年9月23日 14:19 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリの浮き巣を生中継!

現在、水鳥公園で最もお奨めの観察対象は、カイツブリの浮き巣です。先の記事でご紹介した3つの巣は今日も健在です。


CIMG1692s2.JPG

















昨日、ネイチャーセンターに最も近い巣を観察していると、



CIMG1693s.JPG

















おもむろに親鳥が立ち上がりました。
なんとそこには、ついさっきまで無かった純白の卵があるではありませんか!(右端の卵です)
まさにいま産みたてホヤホヤの卵です。
卵が3つから4つになった瞬間。ちょうど17:00頃の出来事でした。
私は産卵の瞬間に立ち会ったのは初めてです。




CIMG1702s.JPG

















親鳥は、両翼であおいで産みたての卵に風を送っていました。
どんな意味があるのかな?



IMG_7976s.JPG















この巣は、冷房が効いていて涼しい展望ホールのTVモニターで、いつも生中継しています。ご来館の際にはぜひご覧ください。あなたも産卵やヒナの孵化の瞬間に立ち会えるかもしれませんよ♪
これは今日の様子です。今日も卵は4個でした。

(文・写真:きりぎりす)

2013/08/08追記:
残念ながら、この巣は8月5日(月)に消失してしまいました。
翌6日(火)に、指導員が園内の池をボートで巡って調べた結果、7個の巣を確認しました。うち2ヶ所が(遠いですが)ネイチャーセンターから見えます。6か所で卵が確認でき、残る1か所は巣のみでした。ヒナの姿は確認できていません。


2013年8月 3日 18:59 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリの産卵を確認!

今季、園内の池の水草の生育が悪く、カイツブリが巣作りをできないまま今日に至っています。このような厳しい状況の下で、今日現在ネイチャーセンターから3つの浮き巣が確認できています。
そのうちの一つは、ネイチャーセンターのすぐそばに昨日から今朝にかけて作られたもので、作りたてホヤホヤです。


CIMG1550s.JPG

















お昼過ぎごろ、毎日遊びに来てくれている小学生たちが「カイツブリが卵を産んだよ!」と教えてくれたので、さっそく見てみると、今朝できたばかりの巣の真ん中に真っ白な卵が1個ありました。午前中にはなかったので、まさに産んで間もない卵です。

この巣は、ネイチャーセンターの観察ホール奥、展望ホール(冷房が利いている部屋です)からよく見えます。ご来館の際には、是非ご覧ください。展望ホールでは、ダンゴムシレース大会と生きもの暑中お見舞いハガキ書きも開催中ですので、こちらも是非ご参加ください。

この巣を含め、今ある3つの巣で無事ヒナが育つことを祈ります。

(文・写真:きりぎりす)

2013年7月29日 18:11 カテゴリー: カイツブリ , 速報

カイツブリ流されてもまた営巣!

先日の大雨ですべて流されてしまったカイツブリの巣ですが、また営巣しているのを見つけました。
例年の繁殖期の終わりまで、残り一か月程度ですが無事ヒナを孵すことができるでしょうか?
CIMG7498カイツブリ.JPG

2012年8月19日 15:01 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリの巣が流される!!

今年はカイツブリの子育てが、池のあちらこちらでうまくいっていたのですが、
昨日の大雨で殆どの巣が流されてしまいました。
DSCN4229ss.JPG 池の水位が、20cm以上あがってしまっては、致し方ありません。
それでも、多くの巣で、すでに雛がかえっていたので、
親鳥がおんぶして
無事に大雨をやりすごしてくれたと思います。






また、メダカ池は増水して入れない場所があります。ご注意ください。数日たてば水位が下がり、
いつも通り遊べるようになります。
DSCN5192s.JPG

2012年8月15日 16:47 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

前浜のカイツブリの巣に雛が生まれる

今日は大変よい天気でしたが、前浜のカイツプリの巣に雛が生まれたことを確認しました。  
IMG_6723st.jpg
















右側の親鳥の横に、ネッシーみたいに浮かんでいるのが雛です。

stIMG_6711.jpg















転卵の瞬間。まだ、4つの卵があることがわかります。これから数日中にすべての卵がかえり、親鳥に背中に雛を載せて泳ぐほほえましい姿が見られるでしょう。


IMG_6715st.jpg雛と言えば、コチドリの雛もネイチャーセンターの前浜にやってきました。ついに飛ぶ力をみにつけたようです。こちらも、成長がたのしみです。



















 















 

2012年7月16日 19:10 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ

雨の日の様子

もうすぐ梅雨明けと思います。その前に雨の日の鳥の様子をご紹介します。

雨といえども鳥は傘をさすわけにはいきません。
水鳥の場合、そのまま濡れていることが普通です。

こちらは、巣で抱卵中のカイツブリです。
CIMG6460ss.jpg

















土砂降りの中、ひたすら卵を温めています。こんな日は、浮巣が崩れてしまいそうになることもあるので、一生懸命に巣を補修する姿も見られます。

また、雛は親鳥のように雨をはじかないので大変です。
コチドリの雛の場合は、
CIMG6440ss.jpg

















お母さんのおなかの下に隠れるようです。どう見ても三羽隠れるの無理に見えますが・・


カルガモの親子もお母さんのおなかの下に隠れます。
こちらはさらに子だくさんで、子どもたちがお母さんの腹の下からはみ出ていました。












 

2012年7月14日 21:16 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ , コチドリ

カルガモ親子 カイツブリの親子

最初に(5月26日)現れた4羽のカルガモの親子が
1か月でずいぶん大きくなりました。IMG_6061.JPG










ネイチャーセンターの目の前でカイツブリの子育てが真っ最中です。
親鳥に餌を求める雛の微笑ましい様子が見られます。
IMG_6069.JPG








カイツブリの餌は、メダカやゴカイです。

2012年6月29日 10:21 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ

俳句の修練会がありました!

IMGP0013ss.jpg 

















 今日の米子水鳥公園には、山陰各地の俳句をされる皆さんがたくさんおいでいただきました。

初夏の米子水鳥公園は、
鳰(カイツブリ)の浮き巣をはじめ、
カルガモの親子、行々子(オオヨシキリ)など
普段なかなか詠めない俳句の題材が
ネイチャーセンターから眼下に見えます。 

 カイツブリの浮き巣を見ていたら、反対側からカルガモの親子が出てきてあちこちから歓声が上がりました。





それでは、正岡子規の有名な一句をご紹介します。
正岡子規:流さるる浮き巣に鳰の声悲し
カイツブリのあの「ケレケレケレ」という鳴き声も風情があっていいですね。



IMGP0010ds.jpg

















ヨシハラのきれいな季節です。

2012年6月14日 18:27 カテゴリー: カイツブリ , カルガモ , 速報 , 鳥情報

こだわりの場所

現在、米子水鳥公園は鳥たちが子育てに大忙しです。

カイツブリは池の岸辺寄りに数か所、浮き巣を作って抱卵中。
そんな中、1組のカイツブリの番いが巣作りに励んでいます。

CIMG5963s.JPG

















新築中の巣とカイツブリの夫婦。
ここは、すべすべの杭が斜めになっているだけなので、
巣材が杭に絡まず、巣を作ってもすぐに流されてしまいます。
もう3~4回巣が流されているのですが、懲りずに同じ場所に巣材を運んできて巣をつくり直しています。

私が見る限り、営巣場所としてはセンスが悪いと思うのですが、
この夫婦にとってはこだわりの場所のようです。



DSCN4142s.JPG

















こちらは、本日見つけたコチドリの巣。
以前紹介した巣は、かなり長期間抱卵していましたが、
あとちょっとのところでダメになってしまったようです。

この巣こそは、無事ヒナが誕生することを期待します。

●現在の鳥の様子 2012年6月4日(月)
カイツブリ 雛3羽の家族1組 巣3か所
カルガモ 雛4羽の親子1組
コチドリ 4個抱卵中!
キジ 雄が時々鳴いています
オオヨシキリ ただいまさえずり最盛期!
セッカ 飛びながらさえずっています
オカヨシガモ 雄2羽滞在中
ヨシガモ 雄3雌2滞在中
カッコウ 干拓地で鳴いていました
ハシビロガモ 雄1羽
ホシハジロ 少々
キンクロハジロ 少々
ダイサギ 1羽
アオサギ 1羽

など、28種、約100羽

2012年6月 4日 15:30 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ , 鳥情報

カイツブリの親子初認!

CIMG5666ts.JPG
















本日朝、園内でカイツブリのヒナを今季初確認しました。
ヒナは3羽で、両親から餌を与えられたり、
おんぶしてもらったりしていました。

この一家の生活圏は、水鳥観察桟橋右手前方の水域です。
ネイチャーセンターから見えないところに営巣していて、
誰にも気づかれずに卵を抱いていたようです。

ヒナは生後数日~一週間経っていると思われ、
体つきがしっかりしていました。


2日前にカルガモの親子が初めて見つかり、
今度はカイツブリのヒナが見つかったということは、
いよいよ鳥たちの子育てシーズンが本格化してきたようです。

かわいいヒナが見られるのは、
6~7月ごろだけですので、是非見に来てくださいね♪
(鳥のヒナの成長はとっても早いのです)

●現在の鳥の様子
カイツブリ  数か所で営巣中。親子1組確認!
カルガモ   雛4羽の親子一組確認!
オオヨシキリ あっちこっちで囀っています
セッカ    空を飛びながら囀っています
ツバメ    曇天・雨天時に集まって来ます
キンクロハジロ 池の真ん中に100羽弱群れています
スズガモ   20羽前後群れています
ヒドリガモ  少々
マガモ    少々
ハシビロガモ 少々
コブハクチョウ 1~3羽がやって来ています
キジ     雄がよく鳴いています
ホオジロ   木のてっぺんでよくさえずっています
ダイサギ   背中になびくレースのような羽が美しい!
アカハジロ  東アジアの希少種。5/27から雄1羽滞在中。
       なぜ今いるの?
カワウ    婚姻色がおさまり、真っ黒になりました

その他:
アカミミガメ みんなで並んで甲羅干し!
メダカ    メダカ池を群れ泳いでいます

など、約30種・数百羽の鳥が観察できます。

2012年5月28日 12:40 カテゴリー: カイツブリ , 速報 , 鳥情報

カイツブリ抱卵はじめています。

 先日、米子水鳥公園でのネイチャーセンター前浜で、カイツブリが巣を作っていと報告しました。
この巣は、トンビに襲われてしまったのですが、近くの場所に造られた別の巣では、抱卵が始まっいます。

 卵は、オスとメスの抱卵の交代の時に、一瞬だけ望遠鏡で見ることができます。
ネイチャーセンターでじっくりカイツブリを観察してみるのもよいかもしれません。


2012年5月23日 10:01 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリの営巣が始まっています!!

DSCN3317sr.jpg初夏の米子水鳥公園といえば、鳰(ニオ)、カイツブリの浮巣です。
 ネイチャーセンターの中から座ってゆっくり見られます。
日本で一番長時間の観察にむいたカイツブリの浮巣かもしれません・・

俳句の季語として有名な鳰の浮巣
 皆さんも米子水鳥公園で一句いかがですか?

5月5日10:00 ごろ カラスが卵を持って行ってしまいました。
他に巣が後二つあるのですが心配です。

そのほかの鳥  
 コムクドリ、シマアジなど

2012年5月 3日 16:15 カテゴリー: カイツブリ , 速報

秋の風

先週のまでの蒸し暑さがウソのような秋風が吹くようになりました。

米子水鳥公園では、コガモやオナガガモなどに交じってシマアジなど渡ってきました。
秋だなぁ~という感じです。
そんな中、ネイチャーセンターの150mほどのところにまたカイツプリの巣ができました。
例年、この時期にできた巣は最後まで雛がかえらないので心配です。


時々、カワセミが園内を飛んでいるのがわかります。コヨシキリも一瞬だけ見られました。
もう、いつの間にか渡ってきているのです。

一瞬だけ見たキセキレイ(?)は、もしかして・・・

IMGP0350ss.jpg交接中のアオモンイトトンボ


2011年9月24日 21:30 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カワセミ , コヨシキリ

カイツブリ一家の遠足

ヒナが6羽誕生したカイツブリ一家は、近頃よく遠足に出かけるようになりました。


_MG_9920ts.JPG
















家族みんなで浮き巣から離れ、水面を泳ぎまわっています。ヒナたちは盛んに潜水して、自分で獲物を捕まえられるように練習しているようです。


_MG_9938ts.JPG
















親鳥が食べ物を運んでくると、ヒナたちは親鳥へ猛ダッシュ。食べ物をもらえるのは早い者勝ちです。



_MG_9971s.JPG
















カルガモ親子はまだ観察できます。
でも、ヒナはかなり大きく成長していて、もうすぐ母親と区別できなくなりそうです。


今日も季節外れのコハクチョウとオオヒシクイは園内でのんびりと過ごしていました。

2011年8月27日 12:00 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ

カイツブリ誕生「山陰放送の取材を受けました。」

CIMG9880.JPG8月17日に生まれたカイツブリの雛たちですが、その後毎日一羽ずつ孵化し22日にすべて6つの雛が誕生しました。
現在、まだ浮き巣の上で親鳥の背中にのって過ごしています。
頻繁にもう片方の親鳥が餌を運んでいます。しかし、メダカはまだ食べられないようで、イトトンボばかりを運んでいます。

鳥情報
 最近、ヌマアジサシ類が飛んでいます。ハジロクロハラアジサシかな・・・

2011年8月23日 10:37 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

カイツブリ4羽目のヒナ誕生!

ネイチャーセンター正面左手のカイツブリの巣は、ヒナのふ化が順調です。
昨日時点で3羽のヒナが確認できましたが、本日午前中にもう一羽誕生。現在、ヒナ4羽と卵2個です。
明日もヒナが生まれるかな?要注目です。

なお、今日ヒナが誕生した直後、親鳥は卵の殻をくわえて持ち去り、巣から5mくらい離れた場所に捨てていました。卵の殻の処理現場を見たのは初めてです。天敵対策なのか、それとも、ただ単純に巣内のお掃除なのか。

今日のカイツブリの様子は、こちらの動画をご覧下さい。
かわいいヒナが4羽映っていますよ!




現在、この巣の様子は観察ホールの液晶モニターで生中継しています。

CIMG9549s.JPG

2011年8月19日 18:28 カテゴリー: カイツブリ , 速報

カイツブリのヒナ誕生!

ネイチャセンター正面左手にあるカイツブリの巣で、今日ヒナが2羽生まれているのが確認できました。
ネイチャーセンター前に作られた浮き巣で雛が生まれたのは実に久しぶり。感涙モノです。

CIMG9443s.JPG

















抱卵中の親鳥がモゾモゾしています。




CIMG9472s.JPG

















親鳥が立ち上がると、生まれたてのヒナが2羽見えました!
「やった~♪」
最初に気づいた指導員補助Y氏によると、朝は卵しかなかったので、2羽とも今日ふ化したものだそうです。



CIMG9498s.JPG

















ヒナはとても甘えん坊で、親鳥の翼の下に盛んに潜り込んでいました。
親鳥も猛暑の中、ヒナを翼であおいであげていました。


さて、この巣には6個卵がありましたので、今後、残る4個も順次ふ化する見込みです。
カルガモ並のにぎやかな家族になりそうですが、巣がちょっと窮屈そうなのが気になります。

この巣は、望遠鏡に取り付けたカメラで常時生中継しています。水鳥公園にお越しの際には、観察ホールにある大きな液晶モニターにご注目下さい。

2011年8月17日 17:36 カテゴリー: カイツブリ , 速報

夏の水鳥

今日も真夏の日差し、
夏の水鳥公園は、鳥達も暑そうです。
CIMG9116ss.JPGカワウは、朝から羽根を乾かしています。









CIMG9120ss.JPGカイツブリは、抱卵を中断して水浴び?









そんな中、カワセミがネイチャーセンターの前を飛んで行くのが見れました。

 今年は、水草の成長がよく公園の池をおおっさています。
池を泳ぐメダカの群れも良く見えます。

 

2011年8月 2日 09:43 カテゴリー: カイツブリ , カワウ , 速報

カイツブリのひな孵る

夏の米子水鳥公園の風物詩のカイツブリの浮巣 今年もネイチャーセンターの目の前に浮かんでいます。 きょうは、ネイチャーセンターから遠くの浮巣に雛が生まれたのを確認しました。 目の前の巣ももうすぐ雛がかえるでしょうか? ちょっと楽しみです。 現在、ネイチャーセンターから四っのカイツブリの浮巣が観られます。 ここ数日の雨で凄く水位の上がてっている米子水鳥公園です。 巣が流されないか心配です。

2011年7月 8日 21:32 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

ネイチャーセンター前の 浮巣

今年もネイチャーセンターの目の前からカイツブリの浮巣が観ることができます。
DSCF8170.JPG






5月に入ってから営巣ですので、もうそろそろ雛が孵るかと思っていると、アカミミガメが休憩場所にしていることがあります。

DSCF8169.JPG







アカミミガメの休憩場所になってしまった巣は、もう親鳥は戻ってきません。 


ライブカメラを観ていただくと、現在の浮巣の様子が観ることができるよう、
しばらくの間、カメラをあわせておきます。
 http://www.sizenken.biodic.go.jp/pc/live/cgi-bin/live.cgi?camera=31&area=06

 この季節、カイツブリ(鳰の浮巣)の俳句をよむために米子水鳥公園で句会を開くグループがいくつかあります。

2011年5月27日 10:57 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ

この時期にみられる鳥たち

10日から11日にかけて大変な大雨でしたが、ようやく天気がよくなりました。雨で空気中の塵が片付き、遠景がきれいに見えるようになったと思ったら、今日は南西の風が一日中強く、再び視界不良になってしまいました。残念。
大雨の影響で、園内の池の水位はかなり上がり、ネイチャーセンター前の小島は水没しています。

今、水鳥公園では、こんな鳥達が見られます。

CIMG0413ts.JPG
















アカエリヒレアシシギ。
この春はたくさん飛来しているようで、あちらこちらで目撃のうわさを耳にします。水面を忙しく泳ぎまわる様子がかわいいです。


CIMG0370s.JPG

















クロハラアジサシ。
毎年春と秋に飛来しますが、春のほうが姿も美しくて観察にオススメです。杭の先に止まって強風に耐えています。


CIMG0412s.JPG

















カイツブリ。
ただいま、抱卵中の浮き巣が2箇所、ネイチャーセンターから観察できます。


CIMG0448s.JPG

















オオヨシキリ。
大きな口を開けてにぎやかに囀っています。木の枝に止まってさえずっていますが、やっぱりヨシの茎に止まっているほうがお似合いですね。

このほか、今日はショウドウツバメが多数飛び交っていました。
昨日は、雨の中、ツバメ、アマツバメ、ショウドウツバメが入り混じって公園上空を飛んでいました。水鳥公園は、悪天候時にツバメが多数集まり、その中に、他のツバメの仲間やアマツバメがしばしば混じります。

また、近頃コムクドリの十数羽の群れが園内をうろついています。ナワシログミの実をついばんでいるようです。そろそろ実が少なくなってきたので、移動してしまうかもしれません。

池の岸辺には、アオアシシギが十数羽集まり、水面にはキンクロハジロが100羽程度泳いでいます。数は少なくなりましたが、カモ類は一般種がそれぞれ少数ずつ居残っています。

2011年5月13日 19:34 カテゴリー: お知らせ , アカエリヒレアシシギ , オオヨシキリ , カイツブリ , クロハラアジサシ ,

アカハシハジロまだいます!

今日は梅雨らしいお天気です。

CIMG1290s.jpg朝、園内の鳥の様子を確認してみると、
アカハシハジロがいました。
一番左のカモです。
水鳥公園で初確認後、
姿が見えたり見えなかったりを繰り返しているので、水鳥公園近辺をうろうろしてすごしているのかもしれません。




CIMG1293s.jpgネイチャーセンター前では、
カイツブリが抱卵中。
今見える範囲にある唯一の巣なので、ヒナ誕生までがんばって欲しいです。






CIMG1303s.jpg今日も朝一番からカルガモ親子が出現。
これは今最もよく見られる雛2羽の家族。








CIMG1314s.jpgすこし離れたところには、
かなり大きく成長したヒナ7羽の姿がみられました。でも、母親の姿が見えません。







このように、カルガモは親鳥不在でヒナの集団だけで行動していることが時々あります。
しばらくすると親鳥が舞い戻ってくることもあるので、
このヒナたちの親も、ちょっとお出かけ中なのかもしれません。

2010年6月26日 09:12 カテゴリー: お知らせ , アカハシハジロ , カイツブリ , カルガモ , 珍鳥 ,

ついに人工浮き巣にカイツブリがのりました!

sCIMG1171.JPG2010年5月8日の愛鳥週間にみんなで作ったカイツブリの浮き巣台に、ついにカイツブリがのりました。今年も卵を産んでくれるか楽しみです。
 

2010年6月19日 15:29 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , 普及啓発

鳥の浮き巣台を作ろう!!

ukisu2010.JPGsetti.JPG

本日、米子水鳥公園では、明日からの愛鳥週間に先駆け、鳥の浮き巣台作りを実施しました。今年で三年目のチャレンジです。

水草が少なくなった米子水鳥公園で、水草で浮き巣を作るカイツブリが、子育てできるように浮き巣台を作って設置しました。

昨年は、10個作って2つに巣が作られました。今年は、いくつの巣を作ってくれるでしょうか?

 9月初旬ごろまで、園内に浮かべておく予定です。不思議な物が浮かんでいると言わないでね・・・

2010年5月 8日 20:25 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , 普及啓発 ,

カイツブリの子育てはじまる

ただいま、ネイチャーセンターのそばでカイツブリの番い3組が子育てを始めています。

CIMG8880s.JPG.jpeg
巣その1。
大山に向かって右手のすぐそばにあります。
ネイチャーセンターから最も近いけれど、ヨシの向こうで少々見づらいのが残念。岸辺から近いので、獣に襲われないか心配です。現在1卵を抱いています。



CIMG8916s.JPG.jpeg
巣その2。
大山に向かって左手側のヨシ原のふちに営巣。まだ卵はない様子。






CIMG8901s.JPG.jpeg
巣その3。
巣その2のすぐそば、右手後方に営巣中。巣その2の番いと縄張り争いにならないか心配ですが、今のところご近所トラブルもなく、平和に共存しています。





カイツブリの巣は、「鳰(にお)の浮き巣」として俳句の世界で親しまれていますが、はかないものの例えとされているそうです。実際、はじめから順調にヒナが孵化する巣はほとんどなく、カイツブリたちは、何度も巣が壊れたり卵を失ったりを繰り返して子育てをしています。

皆さんもご来館の際にはこの3つの巣を探してみてはいかがですか?

●鳥情報 2010年4月26日
・セイタカシギ♂1♀1 まだいます!
・アカアシシギ1 遠くてよく見えない!
・アオアシシギ1 同上!
・コチドリ 姿は見えないけれど、すぐ近くで鳴き声がよく聞こえます!
・ヒドリガモ 伸びてきた地面の草を盛んに食べて歩き回っています。冬よりも数が多いかも。
・キンクロハジロ 池の中央部でぷかぷか浮かんでお昼寝。
・ダイサギ 目先がエメラルドグリーンに染まっています!
・チュウサギ 夏鳥のサギです。
など。

2010年4月26日 17:50 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

カイツブリ 早くも産卵!!米子水鳥公園

sIMG_3818.JPG.jpeg
今年の春は、毎日寒い雨が続きます。
しかしすでにカイツブリは浮き巣に産卵したようです。
ネイチャーセンターの前に作られたヨシの葉で作った巣に
白い卵を確認しました。



sIMG_3808.JPG.jpeg
ツグミもビチョビチョになりながら
まだいます。

2010年4月22日 11:14 カテゴリー: カイツブリ , ツグミ , , 鳥情報

カイツブリの交尾

現在、カイツブリがネイチャーセンターのそばで巣作りをはじめています。

4月5日に、番いで巣材を集めて浮き巣作りに励んでいるカイツブリを撮影していたら、偶然、貴重なシーンが撮影できました。カイツブリの交尾です。
雌雄同色のカイツブリですが、このときだけは性別が分かります。
どうぞご覧下さい。

米子水鳥公園カイツブリの交尾.AVI

2010年4月10日 19:37 カテゴリー: カイツブリ ,

今日はカイツブリの巣の調査をしました。

IMGP0112SS.JPG.jpeg今日は、公園は休館日でした。しかしこんな日も、米子水鳥公園には、いろいろな仕事があります。特に調査は、休館日がベストです。
 今日の調査は、米子水鳥公園で繁殖するカイツブリの調査です。

 今年は、園内に6つの巣を確認しました。

そして、今年の5月に設置した浮き巣台http://nakaumi.blogspot.com/2009/05/blog-post_6876.html
の一つに巣が作ってあり、卵が産んであるのを見つけました。

2009年8月11日 15:51 カテゴリー: カイツブリ , 調査研究 ,

今日のカイツブリ

 今日現在、カイツブリの浮き巣は4箇所確認できています。

CIMG1375s.jpg こちらは、人工浮き巣台で繁殖を試みているカイツブリ。これまでは、人工浮き巣台に入ってもすぐにやめてしまう状況が続いておりますが、今度こそ繁殖に成功してもらいたいものです。






CIMG1385s.jpg こちらは現在最も順調な浮き巣。今日新たに1卵産み足し、二個の卵を抱卵中です。







CIMG1449s.jpg こちらは、昨日から営巣活動中の浮き巣。なかなかしっかりした浮き巣になってきました。そろそろ産卵か?







 現在確認できている浮き巣のうち、二箇所はネイチャーセンターからよく見える位置にあります。カイツブリファンの方は、是非ネイチャーセンターへお越し下さいませ。

2009年7月24日 18:20 カテゴリー: カイツブリ ,

祝!カイツブリの卵を初確認!

 今季、なかなか子育てがはかどらずに関係者をやきもきさせているカイツブリですが、本日ようやく卵を1個産んでいるのを確認しました。お昼頃までは卵はありませんでしたので、間違いなくつい先ほど産みたての卵です。

CIMG1324s.jpg 妻が巣の上でモゾモゾ。
 妻「あんた、じゃあ頼むわね。」
 旦那「へ?なにを??」







CIMG1334s.jpg 妻が立ち上がった時、足元に白い卵がコロン!妻はそのまま巣を降りて泳ぎ去りました。
 旦那「え!産まれたの?産まれたの?やった~!」







CIMG1338s.jpg すかさず旦那は巣に揚がり、卵の位置を微調整。
「慎重に、慎重に…」








CIMG1339s.jpg 慎重に卵を抱く旦那。「大切にしなくっちゃ~!」









CIMG13577s.jpg このほかにも、遠くにしっかりした浮き巣が1個見つかりました。どうやらこの巣は、転覆した人工浮き巣台の「底」の「上」に営巣している様子。結果はどうあれ、カイツブリの役に立っているのならば嬉しいです。






 今日の夕方現在、ネイチャーセンターから2.5個の浮き巣が確認できました。0.5個としているのは、人工浮き巣台に営巣を始めている番が一組いるからです。
 がんばれ!カイツブリ。可愛い雛の誕生を期待していますよ~♪

注:文章中の旦那、妻の表記には科学的根拠は全くありません。あくまでも想像ですのであしからず。

2009年7月22日 17:07 カテゴリー: カイツブリ ,

カルガモの休憩場所は???

DSCN0059blog.JPG.jpeg米子水鳥公園には、カルガモの親子が10組程度暮らしています。
どの親子もここ数週間のうちに雛が大きくなって「かわいらしさ」は
やや半減・・・
 しかし、今日、ここ数日のうちに生まれた雛を連れた親子がネイチャーセンターの前浜までやってきてくれました。
 一時間ほどお昼寝していましたが、しばらくするとヨシハラの中に隠れていきました。

DSCN0051b.JPG.jpeg7月の主役のカイツブリは、今年は、まだ浮き巣が見られません。せっかく浮かべた、浮き巣台の一つにカルガモの雛が休憩中でした。

カルガモさん、居心地はいかがですか?
カイツブリさんがきたら換わってあげてね。

2009年7月 6日 19:12 カテゴリー: カイツブリ ,

カイツブリ、ついに!

_MG_3379.JPG.jpeg 本日、米子水鳥公園のカイツブリがついに人工浮き巣台に入っている様子が確認されました!二年越しの成果に、職員一同、感涙ものです。






 なかなか伸びてこない水草がようやく水面に到達し始め、カイツブリも巣材集めができるようになってきたのかな?

 今季はなかなかカイツブリの営巣条件が整わず、カイツブリも住宅難の中、仕方なく巣台を使ってくれたのでしょう。きっかけはどうあれ、気に入ってくれたらうれしいな!

カイツブリに関する記事はこちら!
http://nakaumi.blogspot.com/search/label/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AA

2009年7月 1日 19:47 カテゴリー: カイツブリ ,

ジュニアレンジャークラブ第二回

BDSC08703.jpg今日は、米子水鳥公園では、ジュニアレンジャークラブ゜の第二回が行われました。
カイツプリの浮巣台の設置数を増やしました。
これで、全部で10個。昨日のイベントとは違いって、設置の難しい場所に設置してくれました。

2009年5月10日 20:11 カテゴリー: カイツブリ , ジュニア・レンジャークラブ , 環境管理 ,

カイツブリの浮き巣台を設置(愛鳥週間)

488PG.jpeg
 明日から愛鳥週間ということで、米子水鳥公園では、
カイツブリの浮き巣台作りをました。
これは、水面に巣を作るカイツブリの子育てを手伝おうというもので、みんなで4つ作りました。(後で6つ追加しています。)




 
489PG.jpeg発泡と育苗ポットを利用した浮き巣台は、山口県のキララ浜観察センターの考案のものです。
http://www6.ocn.ne.jp/~kirara-h/
米子水鳥公園でもうまくいくでしょうか?とっても楽しみです。





 今年の9月まで設置しておく予定です。 「ゴミが浮いてるよ」とか言わないでくださいね。





2009年5月 9日 16:01 カテゴリー: カイツブリ , 普及啓発 ,

カイツブリの雛がこんなに大きくなりました!

CIMG6129s.jpgこれまでに何度かご紹介しておりましたカイツブリの親子についてご報告します。
ヒナ4羽、卵1個が確認されていたカイツブリの浮き巣には、現在2羽の雛がすくすくと育っています。ほかのヒナや卵は行方不明です。
 
←大きく成長したカイツブリのヒナ。もう1羽の兄弟は、親鳥とお出かけ中。 
ヒナはすっかり大きくなり、もう親鳥の背中には乗れません。2羽のヒナは、お父さん、お母さんに1羽ずつ巣の周辺に連れ出されて、カイツブリとして生きていくトレーニングを受けています。
 
もうひとつ、卵が4個くらい抱卵中の巣がネイチャーセンターから観察できますが、こちらはまだヒナは誕生していないようです。ヒナの誕生が楽しみです。

2008年7月10日 14:53 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

カイツブリの人工巣台を設置!

CIMG6055.JPG.jpeg今日、ネイチャーセンター正面の水面に、カイツブリの人工巣台を設置しました。この巣台は、水面で営巣するカイツブリの繁殖成功率を高めるため、他の野鳥観察施設で考案・設置されているもので、資料を基に水鳥公園でも作ってみました。
←これが人工巣台。


IMG_4524_.jpg水草が茂る水面に巣台をセット。流されないように、重りをつけたひもで固定します。
 





IMG_4520s.jpg設置された巣台。カイツブリの子育ては中盤戦にさしかかっていますが、この巣台を使って子育てを始める番いが現れないか、様子を見ています。

2008年7月 6日 13:13 カテゴリー: カイツブリ ,

さわやか天気でカメも甲羅干し。でも...。

CIMG5464s.jpg今日は梅雨の中休み。さわやかな晴天の下、カメさんたちが5匹も並んで甲羅干し。のどかな光景に見えます。
でも、この景色は決して穏やかな光景ではありません。このカメたちは、人間がペットとして外国から日本に持ち込んでおきながら捨てられたものたちです。そして、園内でも多数が自然繁殖しています。
 
このカメはミシシッピアカミミガメという北アメリカ原産のカメで、ミドリガメとしてペットショップで普通に売られています。大きくなると可愛くなくなるので、野外に捨てる人が後を立たないようです。その結果、本来ならば、ここにはクサガメやイシガメ、スッポンなどが並んでいたはずなのに、外来のカメに住みかを乗っ取られてしまっています。

CIMG5486s.jpg一方、こちらはカイツブリの親子。現在、最もよく見える巣で4羽の幼いヒナが親鳥の世話を受けています。親が食べ物を運んでくると、兄弟が早い者勝ちとばかりに殺到。勢いあまって巣から転がり落ちてしまう子もいます。この光景は本当に微笑ましくて、心が温まります。

2008年6月27日 11:22 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

カイツブリの親子続報!

DSCN0017s.jpg昨日ご紹介しましたカイツブリの親子についての続報です。昨日夕方に1羽確認されていた雛は、今日は2羽に増えていました。





DSCN0034.JPG.jpegでも、まだ親鳥のおなかの下には卵が4個見えます。全部無事産まれたら6羽兄弟!なかなかの子沢山夫婦ですね。






DSCN0024s.jpg
親鳥から食べ物を受け取る雛。体は小さくても食欲旺盛。親鳥は小魚捕りに忙しくなりそうです。
 






このカイツブリ一家の履歴はこちら!

2008年6月23日 15:30 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

ほかの巣でもカイツブリのヒナを確認!

6月20日にご紹介しました、たくさんの卵を抱えたカイツブリの巣
http://nakaumi.blogspot.com/2008/06/blog-post_20.html
でも、ヒナ1羽が孵化しているのが本日夕方に確認できました。

暗くて撮影はできませんが、後日撮影してまたご紹介したいと思います。
大雨の試練を頑張って乗り越えた末のヒナの誕生です。
 

2008年6月22日 18:05 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

大雨でカイツブリの巣がピンチ!

CIMG5160s.jpg今日は朝から大雨。ようやく梅雨らしくなってきました。
園内のつばさ池は、昨日までは水位がかなり下がっていましたが、 今朝は満水。ネイチャーセンター前にある島も水没しました。



CIMG5154s.jpg大雨は抱卵中のカイツブリにとって災難です。水の上に浮かぶ巣は、どんどん崩れて平べったくなっていきます。






CIMG5175s.jpg親鳥は巣の維持に全力を注いでいます。
一羽は巣の上で卵を守り、もう一羽は巣の材料をどんどん集めて巣を補強しています。

※この巣の番いは、昨日ご紹介した親子とは別です。

2008年6月20日 12:11 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

カイツブリのヒナが産まれました!

CIMG5077s.jpg本日夕方、ネイチャーセンター付近でカイツブリの親子が初確認されました。この家族は4羽で、幼いヒナ二羽が両親に甘えていました。
 
親鳥から食べ物をもらえるのを待っているヒナたち。
カイツブリのヒナは産まれて間もなく泳げます。

CIMG5113s.jpg親の背中におんぶされている二羽のヒナ。カイツブリはオスとメスが全く同じ姿をしているので、お父さん、お母さんの見分けは出来ません。
おんぶしているのは父親?母親?




カルガモ親子に加えて、これからはカイツブリの親子も見ごろとなってきました。
ヒナの成長はとても早いので、産まれたてのかわいいヒナに会いたい方はお早めに水鳥公園までお越しくださいませ。

2008年6月19日 17:12 カテゴリー: カイツブリ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー