水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

渡りに向けてウォーミングアップ中!

IMG_3442s.JPG















今朝は、予報通りの素晴らしい晴天でした。
今朝のコハクチョウは210羽。昨日より40羽減りましたが、まだたくさんいます。

IMG_3516s.JPG















オオハクチョウの幼鳥2羽は今日も健在です。


悪天候明けの好天なので、大規模な旅立ちが見られるかも、と期待しながらハクチョウたちの様子に注目してみました。


IMG_4105s.JPG
















7:00頃から続々とコハクチョウたちが飛び立ち始めました。ところが、ハクチョウたちはみな中海方向へ向かいます。そのまま安来の田んぼへ向かうのかと思ったら、ぐるりと向きを変えて水鳥公園に舞い戻ってくるハクチョウが続出。飛び立ったり舞い降りたりと、コハクチョウたちの航空ショーが始まりました。

IMG_3961s.JPG















IMG_4200s.JPG















水鳥公園周辺をぐるりと飛び交った後、続々と舞い降りるコハクチョウ達。9時ごろまでこれを繰り返していました。数百キロメートルを一気に飛ぶ渡りに備え、ウォーミングアップをしているように見えました。


IMG_4042s.JPG















水鳥観察桟橋前にはたくさんのコハクチョウが集まっていました。今日は日差しが暖かく、風もなくて、桟橋からのハクチョウウォッチングが最高でした♪

さて、最高にサービスが良かった今日のコハクチョウたちですが、9:30頃までにすべて安来方向へ飛び去ってしまいました。ウォーミングアップの後は、しっかり食事をして体力を蓄えよう、ということなのでしょう。

明日、明後日はさらに暖かな好天のようなので、旅立つコハクチョウが多く見られることでしょう。今季たくさんのコハクチョウが観察できる最後のチャンスかもしれません。

その他の園内の様子:
・シマアジとズグロカモメはいなくなりました。またの登場を期待しましょう。
・今日のお勧めは、オオハシシギ2羽とツクシガモ5羽、カモメの群れ約40羽です。
・ウグイスがさえずり、ツバメが6羽飛んでいました。
・散策路沿いにツクシがところどころ生えています。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月22日 15:08 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コハクチョウ , 北帰行

頭が黒いズグロカモメ飛来!

今日は、コハクチョウたちは一日中園内に多数居残っていました。朝は251羽いて、お昼ごろでも150羽くらいいました。しかも、一日中ネイチャーセンター前に集まっていたので、コハクチョウ観察には最高の一日でした。

IMG_2297s.JPG















少しかすんでいましたが大山も見えて、大山とコハクチョウの群れという水鳥公園自慢の風景が楽しめました。


IMG_2298s.JPG















14:30頃、中海方向からコハクチョウが多数飛来。安来の田んぼで採食していたグループが早めにねぐらに帰ってきたようです。これで228羽になり、さらに賑やかになりました。



IMG_2367ts.JPG















今日の一押しはこの鳥。ズグロカモメです。名前の通り頭が黒いカモメなのですが、これは成鳥夏羽の姿です。普段見られるのは、冬羽か若鳥が殆どで、この写真ように頭が黒い姿が見られることは少ないです。早春のこの頃ならではの装いです。



IMG_2444ts.JPG















一方、こちらは頭が白いカワウ。これも早春ならではです。ただいま子育て準備真っ最中です。

今日はウグイスがネイチャーセンター玄関そばでよくさえずり、ツバメが今季初めて確認されました。まだまだコハクチョウはたくさんいますが、着実に春がやってきています。


●今日の鳥 2014年3月19日 晴れのち曇り
コハクチョウ 251羽 うち幼鳥28羽
オオハクチョウ 幼鳥2羽
ツクシガモ 7羽
ミコアイサ 雄2羽雌5羽
ハジロカイツブリ 9羽 なぜか1羽だけ冬羽
ダイサギ 2羽 亜種ダイサギ
オオハシシギ 2羽
ハマシギ 18羽
カモメ 5羽
ズグロカモメ 夏羽2羽 頭黒な姿は珍しい!
カワセミ 1羽
ハヤブサ 1羽
ジョウビタキ 雌1羽
ツバメ 2羽 今季初認!
ヒバリ 1羽
など、39種類。

おまけ:アカミミガメ 1匹 前浜で甲羅干し

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月19日 18:14 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ズグロカモメ

コハクチョウの北帰行完了間近、か?

今朝未明に出勤してみると、池が妙に静かでした。いつもならばコハクチョウの鳴き声がにぎやかなのに、どうしてでしょう。

IMG_9135s.JPG















ネイチャーセンターから園内をみると、ネイチャーセンター前浜に全然鳥がいません。よく見ると、園内中央部にある観察小屋前にコハクチョウが群れていました


IMG_9134s.JPG
















今朝のコハクチョウたち。中海にどのくらい残っているは分かりませんが、園内はこれで全部です。いつもの年ならば、今頃が最もコハクチョウで賑わうのに、今季はもう残りわずかです。この時期にこんなにコハクチョウが少ないのは初めてです。今季はコハクチョウのピークが1ヵ月早かった印象です。



IMG_9310s.JPG















今日はコハクチョウが全く飛び立たず、全て園内に居残りました。ネイチャーセンター前にも、お昼寝に集まって来ました。


IMG_9237s.JPG






 








アメリカコハクチョウ一家は今日も居ました。

IMG_9323s.JPG















久しぶりにヘラサギが前浜にやって来ました。ヘラサギも今日は外へ出かけず、園内にとどまっていました。


コハクチョウの旅立ちは、夕方遅くから翌朝早くにかけてです。今日一日園内でのんびり過ごしたコハクチョウ達は、今晩にでも旅立つつもりなのかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

カラスバトの死体の写真.pdf

2014年3月 1日 15:56 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ヘラサギ

珍客タゲリ現る

昨日と今日は辺りが真っ白で、野鳥観察にはかなり厳しい条件でした。
大山はおろか、園内の中央部もかすむ有様。視程1㎞弱といったところでしょうか。

IMG_8245s.JPG















こんな状況なので今朝のコハクチョウの数を数えるのは困難でしたが、少し見通しがきくようになってから数えて136羽と記録されていました。午前中に続々とコハクチョウは安来方向へ飛び去り、一日中園内に居残っていたのはコハクチョウ30羽程度、オオハクチョウ2羽でした。

IMG_8267s.JPG















今日はタゲリがやって来ました。水鳥公園ではなかなか姿が見られない珍客です。コハクチョウも珍客の登場に「誰だ?」と振り向いています。


IMG_8383ts.JPG















お昼過ぎに、園内の奥のカモ達が騒ぎ始めたので辺りを確認したところ、オジロワシがやって来ていました。水鳥公園の中海側中央部に現れ、ゆっくりと飛びながら西へ去っていきました。

クロガネモチの木では、今日もヒヨドリとシロハラのバトルが繰り広げられていました。

IMG_8419s.JPG















実を食べにやってきたヒヨドリ。
しかし、後ろには不穏な影が…。

IMG_8422s.JPG















やっぱり怒られました!
でも、ちゃっかり一粒GETしています。


●今日の鳥 2014年2月26日(水) 曇りのち雨
コハクチョウ   136羽 視界不良でカウント困難!
オオハクチョウ 成鳥2羽 今日は園内でのんびり。
ツクシガモ     11羽 全員揃ってます!
ミコアイサ    ♀3羽 毎日います!
ハジロカイツブリ  8羽 夕方に群れます!
ヘラサギ    若鳥1羽 16:55に西から飛来!
クイナ       1羽 前浜左手の島に現る!
タゲリ       6羽 園内では珍しい!
オオハシシギ    2羽 前浜に定住中!
ハイイロチュウヒ ♀1羽 久しぶりに前浜を横切る!
カワセミ      1羽 今日もメダカ池に通勤!
ハシボソガラス  約15羽 1羽を集団でいじめている?
ヒヨドリ      2羽 クロガネモチの実が食べたい!
シロハラ      2羽 クロガネモチの実は俺様のモノ!

など、44種1000羽くらい。

(文・写真:きりぎりす) 

2014年2月26日 18:15 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , コハクチョウ , シロハラ , タゲリ , ヒヨドリ

コハクチョウとマガンで賑わう久しぶりの晴天!

今日は、久しぶりに暖かな日差しの晴天でした。
しばらく真冬の天気だったので、今朝は北へ旅立つコハクチョウがいるかもしれない、と思って見張っていました。

IMG_4427s.JPG















今朝の風景。前浜の浅瀬にはコハクチョウ達がたくさん休んでいました。その中には、昨日と同様、ツクシガモ2羽とヘラサギ1羽の姿もありました。九州の鳥と北日本の鳥が同居する、米子水鳥公園ならではの光景です。今朝のコハクチョウは163羽いました。


IMG_4717s.JPG















水鳥公園から北へ旅立つ鳥は確認できませんでしたが、西の方からコハクチョウが続々と飛来。おそらく、安来か宍道湖からやってきたグループで、これも北への渡りの現れでしょう。この群れが合流した結果、園内のコハクチョウは238羽になりました。早朝に南部町方向へ飛び去った27羽を併せると、265羽になります。

IMG_4886s.JPG















お昼過ぎには、マガンの大群が飛来!今季最大規模の群れです。その数、1200~1300羽!水鳥公園に舞い降りてくる光景は壮観でした!

近頃は日中にコハクチョウが1羽もおらず、マガンもいない日が続いていましたが、今日は久しぶりに昼間でも100羽近いコハクチョウと1200羽以上のマガンの群れがいる、にぎやかな日になりました。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月16日 14:40 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

コハクチョウが目の前に集まる理由

米子水鳥公園では、今年はネイチャーセンターの前がコハクチョウの塒になっています。
今日は、ヘラサギやツクシガモ、オオハシシギも寝ていました。朝出勤すると、100羽以上のハクチョウが目の前で寝ていて壮観です。

DSCN7609.JPG

















でも、広い水鳥公園の中で、なぜわざわざネイチャーセンターの前で寝るのでしょう?

実は、米子水鳥公園ではコハクチョウや浅瀬を生息地とする他の水鳥達のために、ネイチャーセンターの前に浅瀬を作っています。
また、ここがヨシに覆われないように、夏の間に草刈りや草抜き、島づくりをして、鳥のための環境を整えているのです。

DSCN7612.JPG


















特に今年は、5年前に作った島の陰がちょうどよい深さの浅瀬になっていて大人気です。

このように米子水鳥公園は、水鳥達の生息地を守る為、様々な工夫をしています。


米子水鳥公園の環境管理活動
https://www.yonago-mizutori.com/blog/kankyou/
Jr.レンジャーの活動
https://www.yonago-mizutori.com/event/j/


2014年2月15日 07:24 カテゴリー: コハクチョウ , 施設 , 環境管理 , 重要

今の鳥の様子20140213

現在、コハクチョウはおよそ130羽が水鳥公園をねぐらとしています。

早朝はネイチャーセンターの前に集まっていますが、朝9時までにはほぼ全てが安来方向へ飛び去ってしまい、閉館後まで帰ってこない日が続いています。

IMG_3810s.JPG















安来平野へ向かうコハクチョウたち。開館直後にお越しいただければ飛び立つ様子が観察できるかも。

その他注目の鳥として、ツクシガモ12羽、オオハシシギ2羽、ヘラサギ1羽は今朝も健在です。しかし、発見後毎日姿を見せていたオジロワシは、今日現在(14:50)まだ姿を見せていません。
→夕方に現れました!よかった~♪

IMG_4277s.JPG















閉館間際に、ネイチャーセンター前浜に舞い降りてきたヘラサギ。今日は、開館時と閉館時にしか姿を見せませんでした。昼間はどこに行っているのかな?
越冬中のヘラサギの白い羽毛が、春が近づくにつれてどんどん茶色く汚れていくのは毎年の傾向です。しばらく姿を消して戻ってくる度に汚れてくるような気がします。一体どこで汚れて来るのでしょう。不思議です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月13日 14:47 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

アメリカコハクチョウが2羽!

今朝は、コハクチョウの声がとても賑やかでした。
それもそのはず、何と700羽以上も集まっていて、続々と安来方向へ飛び立っていきました。

IMG_9930s.JPG
















近年でも稀な大賑わい。今季最多数です。

朝はたくさんのコハクチョウがいましたが、午前中にほとんどが安来方向へ飛び去り、日中は十数羽しか居残りませんでした。


IMG_0088s.JPG















珍しく、ツクシガモがネイチャーセンターの間の前にやって来ました。この個体は羽色があまり美しくないので幼鳥です。現在、ツクシガモはおよそ10羽居ます。



夕方、まだ明るいうちから続々とコハクチョウが帰ってきて、群れが園内の池に舞い降りる様子がとてもきれいでした。

IMG_0513s.JPG















その中に、アメリカコハクチョウとコハクチョウの3羽家族がいました。手前がアメリカコハクチョウ、奥がコハクチョウ、左がその子どもです。くちばしが黒いのがアメリカコハクチョウの特徴ですが、コハクチョウとの間に生まれた子どもは、くちばしの黄色い模様が両親の中くらいの大きさになっています。

この家族は、ネイチャーセンター前浜にやって来ましたが、はるか遠くにもう1羽アメリカコハクチョウがいました。複数のアメリカコハクチョウが園内にいるのは珍しいことです。

オオハシシギ2羽、ヘラサギ1羽は今日も健在です。
マガンはお昼前に飛来しましたが、210羽しかやって来ず、その中にコクガンはいませんでした。

(文・写真:きりぎりす)


 

2014年1月30日 19:11 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ

コハクチョウの幼鳥

今日は、一日コハクチョウの幼鳥がネイチャーセンターの前で休んでいました。
コハクチョウの幼鳥は、成鳥のように白ではなく、このように灰色がかった色をしています。
通常、このような幼鳥は真っ白な親鳥と一緒にいるのですがこの個体は一羽で単独です。
親鳥とはぐれてしまったのでしょうか?
DSCN9959s.JPG

















このコハクチョウは夕方ごろに飛び立っていきました。
親鳥と合流できると良いのですが.



2013年12月 2日 18:05 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

水鳥公園の早朝の様子


sDSCN9432コハクチョウの群れ.JPG


















早朝の水鳥公園で撮影をしました。

sDSCN9443.JPG
 


















一番早起きは、マガンです。今日は、少し寝坊気味ですが7:30ごろに
200羽程が飛び立っていきました。

sDSCN9423ネイチャーセンター.JPG


















センターの前にも水鳥たちが集まっています。

sDSCN9445威嚇コブハクチョウ.JPG


















コブハクチョウ(右から二番目)が、コハクチョウの家族を威嚇の姿勢で追い回していました。
 池の奥には、ヘラサギがまだいます。トモエガモの群れが数百羽単位で増えてきました。
ネイチャーセンターの前を、オオタカやハヤブサ、カワセミなどが時々横切り、カモたちは、そのたびに水面へ逃げ込んでいます。


2013年11月22日 09:49 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

コハクチョウ100羽越え!

近頃、開館時にはコハクチョウがすべて安来に飛び去っているので、夕方のねぐら入りの時が、現在の飛来数を把握するチャンスです。今日は閉館間際の17:25頃からねぐら入りが始まり、今季初めて100羽を越えました。

中海の方からコハクチョウの群れの鳴き声が聞こえてきたので、声がする方向に目を凝らすと、コハクチョウの大編隊が続々と水鳥公園目指して飛んできました。

IMG_5115s.JPG
















編隊飛行で水鳥公園を目指すコハクチョウたち。
今日はなかなか帰ってこないな~、と、
かなりじらされましたが、その分まとめて帰ってきました。
17:25~17:33の間に、
成鳥109、幼鳥11の計120羽を確認しました。

カモ類はおよそ4000羽集まっています。

(文・写真:きりぎりす)

2013年10月27日 18:05 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

米子水鳥公園に今年もコハクチョウ飛来!

今年も米子水鳥公園に冬の使者コハクチョウがやって来ました。
20131015コハクチョウ初飛来 026.jpg















飛来した鳥   コハクチョウ(米子市指定の市の鳥)カモ科
飛来個体数   成鳥18羽 幼鳥3羽
発見時間    平成25年10月15日 午前11時7分

 コハクチョウの初飛来が予想される日だった為、休館日ではあったが、つばさ池を飛来確認の為に観察していたところ上空からコハクチョウが飛来、着水して来た瞬間を確認した。その内訳は、成長18羽と全体が灰色をした、今年生まれのの幼鳥3羽である。なお、昨年の初飛来は10月9日で、飛来数は7羽、開館以来最速の飛来日だった。今年の初飛来は昨年より6日遅い飛来であった。

2013年10月15日 15:31 カテゴリー: コハクチョウ , 速報

コハクチョウ 戻って来たの?

今日もコブハクチョウがネイチャーセンターの前にやってきたと思ったら
「あれ?コハクチョウ?」
若鳥ですので親鳥とはぐれたのでしょうか?

DSCN9031ss.JPG



















DSCN7852sd.JPG

















コブハクチョウに追っかけられていじめられていました。コブハクチョウ威嚇の姿勢で追いかけます。

DSCN7859ds.JPG

















最後は、飛ばしてしまいました。
 

2013年4月13日 13:31 カテゴリー: コハクチョウ , コブハクチョウ , 速報

コハクチョウが1羽増えた?

もうコハクチョウは居なくなったかな?
と思って出勤してみると、昨日と同じ数がまだいました。


IMG_4639s.JPG















今日も昨日と同様、ネイチャーセンターから500mほど先の島でのんびり過ごしていました。
朝は昨日と同様24羽でしたが、午後に数えてみたら25羽。1羽増えていました。どこから出てきたのかな?

その中にはコブハクチョウの若鳥1羽がいました。このコブハクチョウはコハクチョウと仲良しです。
左端にツクシガモも写っていますね。今日は雄雌1羽ずついました。



IMG_4592ts.JPG






























ネイチャーセンターの目の前の島には、ダイサギが2羽いました。
置き物のごとく、数時間ほぼ同じ位置でじっと立っていました。
背中の飾り羽が風になびき、純白の羽毛と相まってとても上品な美しさです。
これから地肌の色が鮮やかさを増し、繁殖期にだけ見られる婚姻色が現れます。

明日は休館日です。水曜日の朝にはコハクチョウの姿は見られるでしょうか。今季のコハクチョウの終認日がいつになるか、注目しています。

2013年3月25日 18:43 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ダイサギ

コハクチョウ残りわずか!

今朝、コハクチョウは24羽になっていました。
昨晩に大半が旅立ったようです。
残ったうちの11羽が安来に出かけて行ったので、日中に居残ったのは13羽だけでした。

しかも、残ってくれたコハクチョウ達は、いつもお昼寝している広場ではなく、ネイチャーセンターから遠く離れた島に集まって休んでいたので、ちょっとさびしい風景でした。

ツクシガモも2羽に減りました。
でも、最も美しいオスはまだ居ます。
ヘラサギもまだ居ます。
ミコアイサはオス3羽メス10羽居ます。

コハクチョウとのお別れは、いよいよ目前に迫っています。

2013年3月24日 16:45 カテゴリー: コハクチョウ , 速報

レンジャー日記20130323

今日は午前中は暗い曇り空でしたが、次第に天気が良くなっていきました。でも、冷たい東風がやや強く、晴天のわりには寒い日でした。

今朝のコハクチョウの数は92羽。前日とほとんど変化ありません。

IMG_3611s.JPG















コブハクチョウがコハクチョウの群れに混じってお昼寝していました。いつもならば、コブハクチョウがコハクチョウを激しく威嚇して追い払うのに…。水鳥公園ではとても珍しい光景です。穏やかな性質のこの個体はメスなのかな?
(どれがコブハクチョウでしょう?左から3羽目です)



IMG_3670ts.JPG















ツクシガモは、普段は園内中央部の島で休憩していますが、一日に数回、ネイチャーセンター左手の水域に飛来して食事をします。その時を待ち伏せすれば、ツクシガモの美しい飛翔が観察できます。食事が終わると、また遠くの島に飛んで行ってしまいます。


IMG_3755ts.JPG















ミサゴが中海に飛び込んで大きな魚を捕らえ、大山の前を横切りました。獲物はおそらく、40cm近いボラだと思います。お見事~♪



IMG_3802ts.JPG















ヘラサギ若鳥は今日も健在。今季はかなり長居してくれています。




IMG_3817s.JPG















夕方、ネイチャーセンター前の浅瀬に集結したコハクチョウたち。あと何日居てくれるのでしょう。



●今日の鳥 2013年3月23日(土) くもりのち晴れ
コハクチョウ 92羽
コブハクチョウ 2羽 妙に大人しい?
ハジロカイツブリ 夏羽5羽
ヘラサギ 若鳥1羽 時々現れます!
ダイサギ 2羽 飾り羽が美しい!
コサギ 11羽 同上!
ツクシガモ 5羽 成鳥雄1、若鳥雄1、若鳥雌3羽
マガモ 117羽 コハクチョウのおこぼれ頂戴!
オナガガモ 96羽
ハシビロガモ 72羽
キンクロハジロ 32羽
ミコアイサ オス3、メス7羽
ミサゴ 2羽 大きな魚を捕らえた!
オオタカ 成鳥1羽 カモを襲うが失敗!
タゲリ 2羽 時々ネイチャーセンターのそばに来ます!
ツルシギ 冬羽1羽
カモメ 成鳥4羽 この時期になるとよくやってきます!
ツバメ 2羽
イソヒヨドリ メス1羽 毎晩、事務室の脇にねぐら入りします!
など。

2013年3月23日 19:02 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , ヘラサギ

残り100羽!

IMG_3600s.JPG















桜が記録的な早さで開花している中、水鳥公園のコハクチョウも残り100羽位になりました。
その中にはアメリカコハクチョウの姿が見えませんでした。20日が終認だったかもしれません。


IMG_3599s.JPG















今日も春の日差しの下、園内でのんびりお昼寝していて、田んぼにはほとんど出かけていません。


コハクチョウの上をツバメが飛び、ヒバリが囀っています。

コハクチョウのお昼寝広場の傍らにある小さな池では、ツルシギ1羽を今季初めて発見しました。
また、ズグロカモメ1羽が、池の浅瀬上空を飛んだり降りたりを繰り返していました。

冬の鳥では、
ツクシガモ3羽、ミコアイサ雄1雌2羽以上、タゲリ2羽、ヘラサギ1羽、
その他カモ類数百羽などがいます。

2013年3月22日 11:17 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

まだいるじゃん!

IMG_3424s.JPG















今日の明け方風景。


IMG_3494s.JPG















水面からもやがたちこめ、朝日で黄金色に輝く水面と相まって、幻想的な光景でした。


昨日早朝に今シーズン最大規模の北帰行が観察されましたが、その割には今朝も沢山のコハクチョウがいました。今朝の数は277羽。昨日早朝よりも33羽しか減っていませんでした。



IMG_3510ts.JPG















もう旅立ってしまったかと思われたアメリカコハクチョウ、まだいました。
な~んだ、まだいるじゃん!
オオハクチョウ幼鳥もまだ居ます。

2013年3月17日 07:17 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , 速報

早朝にコハクチョウ北へ!!

本日、早朝6:45~8:00の間にコハクチョウが120羽程が真北へ向かって飛ぶのを確認しました。
島根半島を超えて日本海へ出て行ったようです。一部は、もどってきたきましたが、そのまま日本海を越えて北へ帰るのでしょう。1994年に米子水鳥公園で行われた調査では、13時間で対岸のウラジオストックまで移動する事が分かっています。
本日に帰った群れには、アメリカコハクチョウも含まれていたようです。途中でもどってこなければ、これで終認となるでしょう。
DSCN7381s.JPG



















動画のリンク

https://youtu.be/zpDS35Ccsig

https://youtu.be/BihQoNNRBPQ

2013年3月16日 07:57 カテゴリー: コハクチョウ , 北帰行 , 速報

春の陽気にメダカも喜ぶ!

昨日はとても寒かったですが、今日はまた春の陽気。
コハクチョウ達がどんどん北へ旅立っていきそうな気候ですが、まだ300羽近くがのんびりしています。


IMG_2826s.JPG















大山の雪化粧もどんどん剥げてきて、池の水面を賑わし
ていたカモの姿もずいぶん減りました。




IMG_2848s.JPG















しかし、ちょっと右に視点をずらすと、お昼寝広場にはコハクチョウ達がたくさんいます。安来の田んぼに食事に出かける個体はごくわずかで、ほとんどのコハクチョウは園内でのんびりしています。



IMG_3092s.JPG















園内散策路沿いにはツクシが生えてきています。




IMG_2829s.JPG















春の陽気に誘われて、池の底でじっとしていたメダカたちが水面近くを大群で泳いでいました。




IMG_3142s.JPG















メダカを食べるためにメダカ池に通っている常連のダイサギ。
メダカの大群に大喜び?



●今日の鳥 2013年3月15日(金) 晴れ
コハクチョウ 271羽 8:00現在。じわじわ減少中!
亜種アメリカコハクチョウ1羽含む。昨日は姿が見えなかったけど、まだいました。
コハクチョウとアメリカコハクチョウのハーフ3羽も健在。
オオハクチョウ 幼鳥1羽 一人ぼっちで寂しそう。
ツクシガモ 4羽 今日は遠い!
オカヨシガモ 3羽
ミコアイサ 雄3羽雌2羽
ミサゴ 1羽
トビ 4+羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 1羽
ヘラサギ 若鳥1羽 まだいます!
ジョウビタキ 雌1羽
キジ 雄2羽 珍しく木に止まっていました!
コチドリ 1羽 春の鳥!
ヒバリ 1+羽 春らしい鳥!
ホオジロ 2羽 巣作りの場所探し?
ヒヨドリ 1羽 ナワシログミが熟すのが待ち遠しい?
ツグミ 1+羽 地面で虫さがし!
シロハラ 2+羽 地味だけどよく見かけます。
ウグイス 1羽 囀るようになってきました!
カワセミ 1羽 声が聞こえた!
など。

2013年3月15日 16:28 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , メダカ

レンジャー日記20130304

今日は一日中よいお天気でした。
日差しが温かく、田んぼに採食に出かけずに園内でのんびり休むコハクチョウがたくさんいました。


IMG_2100s.JPG















園内の植え込みの中でベニマシコのメスを見つけました。
水鳥公園ではあまり姿を見かけない珍客です。



IMG_2118s.JPG















10時頃、水鳥観察桟橋ではコハクチョウを間近で観察できました。
画面左のコハクチョウに注目!2mあるかないかという近さでした。




IMG_2069s.JPG















空ではヒバリがにぎやかに囀りながら飛んでいました。
春ですね~♪






IMG_2135s.JPG















お昼頃、いつものお昼寝場所でくつろいでいたコハクチョウたちが、血相を変えて池に飛び込みました。何事かと思ってよく見てみると…。




IMG_2130s.JPG















なんと、昼寝中のコハクチョウをキツネが襲おうとしていました。コハクチョウの反応が早かったため、キツネの狩りは空振りに終わりました。キツネが現れたのはとても久しぶりです。


IMG_2143s.JPG















キツネに襲われそうになったコハクチョウ達は、ネイチャーセンター前に引っ越してきました。ネイチャーセンター前の浅瀬は、コハクチョウの足が届く、とても居心地の良い安全な場所です。ここは本来、夜専用の寝場所なのですが、キツネの襲撃のお蔭で、午後はたくさんのコハクチョウが観察ホールの目前でじっくり観察できました。




IMG_2158s.JPG















15時頃、ほんの短時間だけヘラサギがネイチャーセンターのそばにやってきました。姿が見られる時間は短いのですが、ここ数日よく現れます。


●今日の鳥 2013年3月4日 晴れ
コハクチョウ 351羽 8:00現在
 (アメリカコハクチョウ1羽含む)
オオハクチョウ 11羽
ハジロカイツブリ 夏羽1羽
ヘラサギ 若鳥1羽
ツクシガモ 5羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽
ハヤブサ 若鳥1羽
ハマシギ 3羽
タシギ 1羽
セグロカモメ 成鳥1羽
カモメ 成鳥2羽
キジバト 3羽
ベニマシコ メス1羽
シジュウカラ 1羽
メジロ 4羽
シロハラ 1羽
ツグミ 2羽
カワセミ 1羽
など。

その他
ネコ 1頭
ヌートリア 2頭以上
ホンドギツネ 1頭 数年に1度姿を見かけます

2013年3月 4日 19:21 カテゴリー: お知らせ , キツネ , コハクチョウ , ヘラサギ , ベニマシコ

今日のハクチョウたちの様子2013/03/02

春らしくなってきたこの頃ですが、今日は冬に逆戻り。
風が冷たく、時々小雪が舞いました。


IMG_1471s.JPG















今日の水鳥公園の風景。11:00頃。
今日はコハクチョウの北帰行は確認できておらず、日中はみんな安来の田んぼへ食事に出かけました。今朝はおよそ400羽いて、一日中居残ったのは40羽くらいです。

IMG_1586s.JPG















オオハクチョウは10羽いました。中海じゅうのオオハクチョウがみんな水鳥公園に集まっています。
ずっと園内に滞在していた6羽に、2月28日から2羽の幼鳥を連れた4羽家族が合流しました。
いつもオオハクチョウたちは、ネイチャーセンターから遠くはなれた島の岸辺にいるのですが、今日はネイチャーセンター前に勢ぞろい。珍しい光景です。


IMG_1659ts.JPG















15:00過ぎごろ、お客様が足環付きのコハクチョウがいると教えてくださいました。脚がいつも水の中にあるので探すのに苦労しましたが、ようやく発見!左脚に173Yという白い文字が刻まれている緑色のリングがついていました。
3年前に北海道のクッチャロ湖でつけられたもののようです。標識付きのコハクチョウが見つかったのは久しぶりです。


IMG_1757s.JPG















17:45頃の風景。
まだ明るいうちからコハクチョウが続々と安来から帰ってきて、あっというまに池がにぎやかになりました。ほかの家族同士活発に挨拶を交わし、大声で騒いでいました。旅立ちを目前に控えて興奮気味の様子です。
明日は天気がよさそうですが、早朝に北帰行が見られるかな?



●今日の鳥 2013年3月2日(土) 曇り時々雪
コハクチョウ 397羽 足環付きがいた!
(アメリカコハクチョウ1羽 毎朝ネイチャーセンター前にいます)
オオハクチョウ 10羽 成鳥7羽幼鳥3羽 全員集合!
ツクシガモ 8羽
オナガガモ 362羽 かなり減りました
ミコアイサ 4羽 みんなメス
ミサゴ 1羽 大きなスズキをつかんで飛んでいました
チュウヒ 1羽
ハマシギ 8羽 はるか遠くを群れ飛ぶ
ウグイス 1羽 初鳴きを常連の小学生が聴いたそうです
ハジロカイツブリ 1羽 夏羽に変身!

その他、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、バン、オオバン、タシギ、カモメ、キジバト、カワセミ、ツグミ、オオジュリン、ハシボソガラス、ヒヨドリ、イソシギ、メジロ。


2013年3月 2日 19:20 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コハクチョウ

北帰行足踏み中?

一昨日に北帰行の始まりを報道発表しましたが、今朝は水鳥公園からの北帰行は確認できませんでした。あと数日間は悪天候の予報が出ているので、ハクチョウたちも今後の悪天候を感じ取って、旅立ちの日をいつにするか検討しているのかな?

IMG_0856s.JPG















今朝の前浜風景(6:50頃)。
毎朝、ネイチャーセンター前の浅瀬には多くのコハクチョウたちが集まって眠っています。
アメリカコハクチョウはいつも前浜で眠っています。




IMG_0865s.JPG















今日は北西の風。コハクチョウは中海側に集まってから、ネイチャーセンターに向かって助走して次々と飛び立っていきました。私たちに向かって次々と飛んでくるコハクチョウの様子は、早朝からお越しのお客様にとても喜んで頂けました。




IMG_0861s.JPG















続々とコハクチョウ達が飛び立つ傍らで、オオハクチョウたちは逆立ちして水草を食べていました。コハクチョウが通勤派で、オオハクチョウは在宅勤務派。一日中園内でのんびりと過ごしています。ネイチャーセンターから遠いのが残念!




今朝は、430羽のコハクチョウと7羽のオオハクチョウがいました。
コハクチョウは7:06頃から続々と飛び立ち、9:00頃までに大半が田んぼへ向かいました。昼間まで居残っているのは30羽くらいでした。




●今日の鳥 2013年2月24日(日)雨のち曇り
コハクチョウ 432羽 通勤派!
 アメリカコハクチョウ1、アメリカコハクチョウとコハクチョウのハーフ3羽含む。
オオハクチョウ 7羽 在宅勤務!
ツクシガモ 7羽
ハイイロチュウヒ 雄1羽雌1羽
オオジュリン 5+羽
アオジ 雄1羽
ウグイス 3羽
シジュウカラ 3羽
タシギ 2羽
カワセミ 1羽
セグロカモメ 1羽
ハジロカイツブリ 3羽(1羽夏羽に換羽中!)
ほか、カワウ、コサギ、ダイサギ、マガモ、カルガモ21、コガモ12、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ雌2、ミサゴ1、トビ6、バン、オオバン、セグロカモメ1、ツグミ2、オオジュリン5、スズメ1、ハシブトガラス2。

おまけ:
チョウセンイタチ 1頭
ネコ 1頭

2013年2月24日 14:38 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

コハクチョウの北帰行はじまる

2月も中旬にさしかかり、水鳥公園の近隣にお住いの方々から、コハクチョウの北帰行を見た、というお知らせが届き始めました。そこで、今朝は開館時間前に出勤して、コハクチョウの北帰行を見張ってみました。


IMG_0383s.JPG
















今朝7:10の様子。まだ冬空で北帰行が見られる雰囲気ではありませんでした。今日はみんな安来方向に食事に行く日かな?



IMG_0384s.JPG
















いつもどおり、アメリカコハクチョウの国際結婚ペアが前浜でくつろいでいました。



IMG_0385s.JPG
















池の中央部を泳いでいた一群が、風下に移動を開始。飛び立つ準備を始めました。さて、どちらの方角へ飛んでいくのか注目。南寄りなら採食、北寄りなら北帰行です。


IMG_0391ts.JPG
















7:43にいよいよ飛び立ちました。今日は東南東方向に助走していました。



IMG_0402s.JPG
















はじめは南東方向に向かっていたので、南部町の水田地帯に行くのかな、と思っていたのですが、やがて進路を大きく左に変えていきました。そして、大きく蛇行しながら13羽の群れが大山の左手側、北東方向へと飛び去りました。今季の北帰行初確認です。写真の背景右下に写っているのは、米子城の石垣跡です。
この後、8:20にも5羽が北東方向へ飛び去りました。


北帰行の確認は、各報道機関にお知らせしました。明日の朝刊に掲載される見込みです。



「北帰行が始まった」とニュースが流れると、もう水鳥公園のコハクチョウはいなくなってしまった、と思う方がとても多いようです。これは大変な誤解です。
米子水鳥公園では、北帰行が始まったというお知らせは、「いよいよコハクチョウの見ごろの時期になった」という意味です。
米子水鳥公園は、北帰行の際に周辺地域からコハクチョウ達が集結し、2月末から3月初めにピークを迎えます。少ない年で600羽位、多い年で1000羽くらいまで増加します。

また、コハクチョウの北帰行は主に夜間に行われるため、夜の旅立ちに備えてコハクチョウ達は昼間中園内でのんびり過ごします。つまり、早起きしなくてもたくさんのコハクチョウが見られる、絶好の時期なのです。
なお、北帰行を観察するには、早朝7:00~9:00頃までがお勧めです。

2013年2月22日 16:05 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , 北帰行 , 速報

コハクチョウ増えてきました! 481羽

米子水鳥公園には、コハクチョウが北へ帰る間際になるとコハクチョウが集まってきます。
今朝は、昨日の倍の481羽が集まっています。

CIMG8816s.JPG


















今日は天候が悪いですが、もうすぐ北へ帰るハクチョウが見られるでしょうか?



CIMG8817t.JPG


















また、今年は頭が灰色の幼鳥を多く連れた家族が多いです。
写真は五羽の若鳥を連れた家族です。

2013年2月15日 08:21 カテゴリー: コハクチョウ , 速報

逃げない鳥たち

IMG_9703s.JPG
















昨日の寒い雪模様とは打って変わって、今日は春の晴天。コハクチョウたちもいつも以上にたくさん園内でお昼寝していました。これは水鳥観察桟橋からみた風景です。
おや、左下にコハクチョウが2羽いますね。このハクチョウたちは、私からほんの数メートル先にいて、全然逃げませんでした。


IMG_9752s.JPG
















500mm(750mm相当)レンズで撮影すると、こんな感じです。桟橋に人がいるのにここまで逃げないなんて、これまでにはなかったことのように思います。



IMG_9757s.JPG
















園内散策路沿いの植え込み沿いには、シロハラがいました。この鳥はさすがに近づけば逃げます。


IMG_9772s.JPG
















ジュニアレンジャーの森の入口に立っていたら、正面からダイサギがメダカ池に舞い降りてきました。池の近くに私がいるのに、Uターンせずそのまま舞い降りました。



IMG_9796s.JPG
















ダイサギのお目当ては、メダカ池の小動物たち。私の目の前でメダカやスジエビを次々と捕えて食べていました。

明日、明後日はあまり天気がよくなさそうですね。
もうそろそろコハクチョウが北へ渡り始める時期なので、天気とコハクチョウの動きに要注目です。

2013年2月14日 18:00 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , シロハラ , ダイサギ

コハクチョウ増えてきました

近頃、風景が霞んでいる日が多く、遠景が見づらいです。
せっかくの望遠鏡も、視界不良では本領が発揮できません。



IMG_8970s.JPG
















近頃、春を感じる暖かさが続いておりますが、コハクチョウもそろそろ北帰行の準備を始めているのか、水鳥公園に集まりはじめました。これまでは毎日100羽前後でしたが、今朝はおよそ230羽でした。毎年今月末から来月はじめにかけてに最も数が多くなります。コハクチョウの増加は北帰行の前ぶれです。
あ、さりげなくアメリカコハクチョウが写ってる!





IMG_8959s.JPG
















予報よりも意外と雨が強く降り、コハクチョウも目をつぶって耐えていました。






IMG_9042s.JPG
















近頃のコハクチョウは、日が昇ってもなかなか飛び立ちません。今日は10時半ごろに続々と飛び立ちました。






IMG_9086ts.JPG
















ネイチャーセンターの傍らのヨシ原では、オオジュリンとウグイスが虫を探している様子が観察できました。





IMG_9052s.JPG
















ヨシの根元では、クイナも食べ物さがしに勤しんでいました。





●今日の鳥 2013年2月4日(月) 雨。風景真っ白。
コハクチョウ 229羽 アメリカコハクチョウ1羽含む
オオハクチョウ 7羽 幼鳥が1羽増えました!
ツクシガモ 数羽 近頃は最大9羽います。
ウグイス 3羽 ヨシ原の中を素早く動き回る!
オオジュリン 7羽以上 枯れヨシの虫探しに夢中!
クイナ 枯れヨシの根元で食べ物捜索中!
他、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、トビ、オオタカ、バン、オオバン、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、ツグミ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シロハラ、イソシギ。

以上、33種およそ2000羽。
視界不良で遠くの鳥が見えません。

2013年2月 4日 15:25 カテゴリー: お知らせ , ウグイス , オオジュリン , クイナ , コハクチョウ , 鳥情報

2013年 新年の準備完了!

米子水鳥公園は、年末年始の間特別開館しております。
大みそか。新年の準備として紅白幕が張られたり、門松が設置してあります。
(職員の自作です。)


DSCN6303s.jpgDSCN6305ss.jpg









ただ、今日の山陰は、荒れ気味の天気です。
ハクチョウたちも餌場に行かず入り江で吹雪を避けています。
DSCN6315ss.jpgDSCN6313ss.jpg









吹雪であまり見えないのですが、
オオハクチョウ・コハクチョウ・ツクシガモ・セイタカシギ
などがみられます。
************************************************************
午後の写真を追加します。
コハクチョウは、吹雪のためか15:00ごろから早めの御帰還です。
門松は午前中は不完全だったので撮り直してと言われました。
どこが変わったでしょう?
DSCN6323SS.jpgDSCN6320SS.jpg

 

2012年12月31日 09:46 カテゴリー: コハクチョウ

今が一年で最も鳥が多い時期です!

現在、コハクチョウをはじめ冬の鳥たちが
続々と水鳥公園に飛来しています。
毎年10月下旬から11月上旬ごろにかけてが最も鳥が多い時期で、
最大10000羽以上になります。

IMG_1010s.JPG
















昨日の様子。
池の中央より奥側がかなり混雑してきました。現在約7000羽。
今後、もう少し増える見込みです。



IMG_1022s.JPG
















今朝の風景。今朝は、ネイチャーセンターの目の前に
コハクチョウが集まっていました。
昨日までは園内中央部の島の岸辺にいることが多かったので、
今季初めて近くに寄ってきてくれました。
また、8:50頃、マガン約80羽(今季最多数!)の編隊が
西から飛来しましたが、降りずにまた西へ去ってしまいました。
今朝は昨日よりもさらに増え、8000~9000羽になっています。

コハクチョウは今季、最大70羽くらいまで増えましたが、
昨日の明け方は45羽でした。
うち12羽は終日園内でくつろいでいて、
17:50に安来方向から約30羽がねぐら入りしました。

●昨日の鳥の様子(2012/10/21)
コハクチョウ 45羽(6:40現在)
マガン 8羽(15:00頃飛来)
カイツブリ
ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ1羽
カワウ
ダイサギ
チュウサギ2羽
コサギ
アオサギ
マガン8羽
オシドリ♀1羽
マガモ
カルガモ
コガモ
ヨシガモ
ヒドリガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ 数千羽
キンクロハジロ 数千羽
スズガモ
トビ
オオタカ成鳥1羽
チュウヒ成鳥1羽
オオバン
セイタカシギ2羽
カワセミ2羽
モズ1羽
ヒヨドリ1羽
以上、水鳥約7000羽

2012年10月22日 09:28 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

第17回北東アジア地域国際交流・協力地方政府サミット(鳥取)

昨日、北東アジア交流サミットに参加してきました。
この会議は、韓国、中国、ロシア、モンゴル、日本の地方政府(地方自治体)が交流しようというものです。
 これに、事務局長・館長の山根が参加してきました。
P1020567ss.jpg

















この会議には、ロシア沿海地方のロシア科学アカデミーの地質・生物研究所の所長さんもいらしていました。
 この研究所がフルゲルマ島で標識したクロツラヘラサギが米子水鳥公園にやってきた。というお話や、コハクチョウが日本海を横断してウラジオストックまで13時間で移動したという御話をしましたところ大変喜んでいただけました。
 そう、私たちは鳥を通じて繋がっているのですね。

2012年4月 5日 14:18 カテゴリー: コハクチョウ , 国際交流 , 速報

コハクチョウ残り15羽!

3月の最終日は、雨の夜明けです。

29日の夕方に多数飛び去ったコハクチョウは、
30日朝には15羽になっていました。
この15羽は、終日園内でのんびり休んでいて、
今朝もそのまま居残っていました。

ただいま前線が日本を通過中ですが、
この前線が通過後に旅立つつもりかもしれません。


IMG_0450s.JPG
















今朝のコハクチョウの様子。
30日以降、カモの数も激減した印象です。




IMG_0422s.JPG
















30日に撮影したカモメ。
近頃、カモメ数羽がネイチャーセンターの目の前を
ヒラヒラと舞い、とてもきれいです。

また、なかなか観察出来ないクイナも
よく見かけるようになりました。
30日に2羽、31日に1羽、
ネイチャーセンター左手のヨシ原の水際をウロウロしていました。

2012年3月31日 07:05 カテゴリー: お知らせ , カモメ , コハクチョウ

コハクチョウの旅立ち

毎朝変わらずたくさんいたコハクチョウ達ですが、
今日の夕方、意を決して旅立ちました。
その数およそ100羽。

私ども職員も、夕方の明るいうちに、
これだけ大規模に旅立つコハクチョウを見るのは非常に稀。
開館以来指導員を努めている職員も、
まだ1度しか見たことがないとか。

雪化粧をした大山を背景に、
コハクチョウの大群が飛び立つ光景は壮観でした。

IMG_0213s.JPG
















昼間の様子。
ネイチャーセンター前にほとんどのコハクチョウが集まり、
のんびりくつろいでいました。



IMG_0221s.JPG
















ところが、17:00頃、コハクチョウ達がそわそわし始めました。
「フーッ、フーッ」と独特な声を上げ、
頭を縦に振りながら池の北西岸に移動し始めました。
今日は東寄りの微風が吹いており、風下に移動していたのです。

これはまさに、飛び立つ前ぶれです。
これから始まるであろう、大規模な北帰行。
職員一同はその場に居合わせたお客様と一緒に、
固唾をのんでその様子に注目しました。





IMG_0232s.JPG
















飛び立つ雰囲気が高まったり萎えたりを何度か繰り返した後、
17:42についに飛び立ちました!




IMG_0265s.JPG
















大山に向かって続々と飛び立つコハクチョウたち。
餌場へ移動する時とは全く違う、
大きな声で鳴きながら飛び立っていました。




IMG_0280s.JPG
















IMG_0313s.JPG
















大山の前を反時計回りに旋回し、真北へと飛び去るコハクチョウ。
900kmノンストップの旅の始まりです。
過去の調査結果から、おそらく13時間後にはロシアに辿り着くことでしょう。

動画も撮影してあるので、是非ご覧下さいませ。








IMG_0331s.JPG
















ところが、途中で引き返してくるコハクチョウが続出。
飛び立ったのはおよそ100羽ですが、
そのうちの半分くらいは舞い戻ってきました。

周りが北帰行ムードだったので、ついつられて飛んでしまった、
といったところでしょうか。



今晩、みんなまとめて旅立ってしまうのかと思いましたが、
18:45現在、まだ108羽残っています。

明日の朝、何羽コハクチョウが残っているか、
そして、今朝いたオオハクチョウがまだ残っているか、
楽しみです。

2012年3月29日 18:18 カテゴリー: コハクチョウ , 北帰行 , 速報

ただいまコハクチョウ173羽!

昨日の夜、300羽以上いたコハクチョウ。
今朝はどうなっているか、楽しみに出勤してみると…。


IMG_0174s.JPG
















昨日とほとんど同じ風景でした。
でも、今日は大山がきれいに見えています。
8:00現在、173羽いました。

IMG_0178s.JPG
















今日ものんびりムードのコハクチョウたち。
採食地にもあまり出かけず、園内でくつろいでいます。

また、昨日は未確認だったオオハクチョウ成鳥1羽もいました。


今日はお天気が良すぎて、午前中は日差しがまぶしいです。
午後になると順光になるので、野鳥観察におすすめですよ~♪

コハクチョウがくつろいでいる傍らで、
コチドリ4羽が追いかけっこしていました。
営巣場所を巡って縄張り争いをしているようです。

2012年3月29日 10:51 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

ハクチョウ3種、計305羽!

あと一週間で4月ですが、なかなかハクチョウの数が減りません。
今朝6:40現在300羽いました。

_MG_6326s.JPG
















今日も桟橋前に集結。
でも、今日は雨風が強いので、
桟橋からの観察はお勧めできません。



_MG_6201s.JPG
















ネイチャーセンター前には、
たくさんのハクチョウが集まっていました。






_MG_6263s.JPG
















ほとんどはコハクチョウですが、
その中にオオハクチョウ1羽、コブハクチョウ2羽が
混じっていました。
いつもはコハクチョウを激しく威嚇するコブハクチョウですが、
今日はコハクチョウと一緒に仲良く?過ごしています。


_MG_6313s.JPG
















コハクチョウと一緒に泳ぐオオハクチョウ。
並んでみると、やっぱり一回り大きいです。



CIMG4022s.JPG

















アメリカコハクチョウ1羽を含む6羽家族もまだ居ます。



冬の主役がまだ多く居残っている一方で、
今が旬の鳥、ツルシギ2羽とオグロシギ5羽もいます。
なかなかツバメがやって来ません。


今日の鳥 2012年3月24日(土) 雨・西風強い
・コハクチョウ 300羽
(亜種アメリカコハクチョウ1羽含む)
・オオハクチョウ 成鳥1羽
・コブハクチョウ 成鳥4羽
・ツクシガモ 成鳥1羽
・オナガガモ 151羽 激減!
・ホシハジロ 160羽 オナガガモを逆転!
・ミコアイサ 雄3羽雌6羽
・ハジロカイツブリ 夏羽2羽
・ハイイロチュウヒ 雌1羽
・カワセミ 1羽
・オグロシギ 5羽
・ダイシャクシギ 1羽 ここでは珍しい!
・ツルシギ 2羽
・キジ 雄1羽
・ツグミ 3羽
・アオジ 雄1羽

など、35種・約1000羽

2012年3月24日 09:17 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , オオハクチョウ , コハクチョウ , 速報

コハクチョウまだ300羽以上!

春分の日以降、
コハクチョウたちはまとめて北へ旅立っていったかと思って
出勤してみると、
今日もネイチャーセンターから桟橋前にかけて
コハクチョウが群れていました。

8:15現在、およそ330羽いました。


_MG_6101ts.JPG
















桟橋からの風景。
今朝も大山とコハクチョウの群れが美しい!
曇っているのでまぶしくないのもいいですね。




_MG_6107ts.JPG
















早朝の桟橋からの景色は最高です!




_MG_6067ts.JPG
















1羽だけオオハクチョウが混じっていました。
山陰地方では、アメリカコハクチョウと同じくらい
珍しいハクチョウです。




_MG_6108s.JPG
















アメリカコハクチョウ含む6羽家族も健在。


今年のコハクチョウの数の推移は、昨年と傾向が似ています。
ということは、
4月になってもコハクチョウが残っているかもしれません。

2012年3月22日 10:07 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , オオハクチョウ , コハクチョウ , 速報

コハクチョウも祝日休暇?

今日は春分の日。春分の日にふさわしい、春の陽気です。

毎週火曜日は休園の米子水鳥公園ですが、
今日は祝日なので開園しています。
その代わり、明日は休園日ですのでご注意下さいませ。



_MG_6053s.JPG
















さて、こんな日は水鳥公園の桟橋がおすすめ。
暖かな日差しと、ヒバリやホオジロのさえずりが、
春を感じさせてくれます。



_MG_6054s.JPG
















桟橋の向かいには、コハクチョウの群れがいます。
近頃、お客様とお話しをしていると、
もう水鳥公園のコハクチョウはいなくなっていると思っている方が
とても多いようです。
そんなことはありません!今朝も250羽くらいが滞在中です。
コハクチョウがにぎやかなのは今のうちですが、
完全にいなくなるのは毎年3月末です。



_MG_6050s.JPG
















コハクチョウたちにとっても、今日は祝日なのでしょうか。
安来へ食事に出かけずに、
岸辺にあつまってのんびりくつろいでいます。



ヨシ原では、オオジュリンが虫捕りに大忙し。
そして、ハイイロチュウヒの雄が
ネイチャーセンターの目の前を横切りました。
アメリカコハクチョウ1羽を含む6羽家族も健在です。

今日は絶好の野鳥観察日和。
ぜひ、水鳥公園に遊びに来てくださいませ!

2012年3月20日 10:13 カテゴリー: コハクチョウ , 速報

オグロシギ到着!

先日のツルシギに続いて、今日はオグロシギがやって来ました。

CIMG3776s.JPG

















今季初認のオグロシギ。



_MG_5966s.JPG
















ツルシギと一緒にゴカイ探しをしていました。





_MG_5899s.JPG
















今朝も桟橋前にコハクチョウ達が集結していました。
7:30現在、233羽いました。
アメリカコハクチョウ6羽家族も健在です。


 

2012年3月17日 07:20 カテゴリー: お知らせ , オグロシギ , コハクチョウ , ツルシギ

今週末がラストチャンス、か?

コハクチョウはただいま北帰行の真っ只中。
中海周辺のコハクチョウはずいぶん減りました。

この冬、
安来のふゆみずたんぼに最大2000羽以上いたコハクチョウは、
近頃はそのほとんどが水鳥公園に集まっています。

この週末がコハクチョウの群れを見られる
最後のチャンスかもしれません。

参考までに、近頃の水鳥公園のコハクチョウの数をお知らせします。

3月10日(土)498羽(6:48現在)
3月11日(日)659羽(7:00現在)
3月12日(月)301羽(8:15現在)
3月14日(水)374羽(8:15現在)
3月15日(木)459羽(8:15現在)
3月16日(金)285羽(7:40現在)

_MG_5773s.JPG
















今朝の水鳥公園の風景。
曇天ですが、大山の全貌が見えてコハクチョウが群れている、
なかなかのコンディションです。

近頃のコハクチョウたちは、
早朝はネイチャーセンター前から水鳥観察桟橋前にかけて
(園内の池の西寄り)に群れているので、
桟橋からの光景が素晴らしいです。

早朝7:30~8:30頃に続々と飛び立っていきます。
殆どは安来方向ですが、
北東あるいは真北へ飛び去る群れも見られるかもしれません。
昼間も園内に100羽くらい居残っています。

アメリカコハクチョウは、昨日まで1羽(6羽家族で行動)
確認しています。
今朝もいたと思いますが、はっきりと確認できていません。

その他、
ツクシガモ 雄1~2羽
ミコアイサ 雄2~3羽、雌5±羽
など、約30種類1000羽の鳥が見られます。

2012年3月16日 09:22 カテゴリー: コハクチョウ , 速報

コハクチョウ今年は帰らず?

例年 3月14日ごろになるとハクチョウの個体数がずいぶん減って来るのですが、今年はまだたくさんいます。
 今朝 377羽  昼間もほとんど公園に残って休憩です。
渡り前のひと時の休息でしょうか?
DSCN2810s.jpg


















DSCN2809s.jpgそんな中、コハクチョウの足元に春を見つけました。









DSCN2811s.jpg
ツルシギです。

まだ冬羽ですが、そろそろ渡りが始まるのでしょうか?




2012年3月14日 15:15 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツルシギ

お子さんのためのステップを新しくしました。

米子水鳥公園を訪れる小さな子どもたちのためにステップを作りました。
DSCN2531.JPG米子水鳥公園では、入館した御客様に自由に館内備え付けの望遠鏡で鳥を見ていただいております。
 ところが、小さなお子さんが望遠鏡に届かないということがあります。
そこで米子水鳥公園では、お子さん用のステップを準備していたのですが、やや古くなっていました。そこで新しいステップを作りました。
観察ホールの各所に置いておりますので、

ご来園の際は、ぜひご利用ください。

<本日の鳥情報>
DSCN2529.JPG
コハクチョウは、150羽が一日残っています。他の飛来地から飛んでくる
コハクチョウがパラパラいます。
渡りの季節は、いつもと違います。

ツクシガモが2羽をになっています。
ハイイロチュウヒ、チュウヒ、オオタカなどが観察されています。
クロツラヘラサギは、2日間観察されていません。

2012年3月 5日 13:01 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , 環境管理

北帰行観察会の速報!

今朝は、今年度最後の自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」を開催しました。
天気予報は曇り時々雨。コンディションはあまり良くなさそうです。
そんな中、早朝から約30名の参加者が集まって下さいました。

今朝のコハクチョウは、264羽でした。アメリカコハクチョウの姿は見えず、もう旅立ってしまったのかな?


DSCN2733s.JPG

















お天気が良かったので、水鳥観察桟橋からコハクチョウを観察。



DSCN2735s.JPG

















今朝は園内のコハクチョウのほとんどが桟橋前に集まっていたので、間近で観察できました。しかも、目の前から続々と飛び立ちます。コハクチョウが飛び去る方向をみんなで注目しました。南よりならお食事、北よりなら北帰行です。

DSCN2747s.JPG

















中海湖岸の堤防に上がってコハクチョウが飛び去る方向に注目。殆どは安来の田んぼ目指して飛んでいきましたが、そのうちの数組が真北へ飛んで行きました。日本海を一気に縦断するロシア直通便でしょう。がんばってね~♪


DSCN2751s.JPGコハクチョウの北帰行を見送った後、ネイチャーセンターでコハクチョウの子育ての映像を見て頂きました。そして、地球儀でコハクチョウが渡る道筋についてお話ししました。






コンディションがあまり良くなく、北帰行が見られるか心配でしたが、幸いにも数組の旅立ちを見送ることができました。すべて真北方向でした。

観察会終了後、環境省のスタンプラリーに挑戦中の方にはイベント参加ステッカーをお配りしました。18日に開催予定の「羊毛フェルトでかわいい鳥のストラップを作ろう!」もスタンプラリー対象イベントですので、スタンプ収集中の方は是非ご参加ください。

2012年3月 3日 12:08 カテゴリー: コハクチョウ , 自然観察会 , 速報

ただいま380羽!

今朝のコハクチョウはおよそ380羽でした。
順調に数が増えてきています。

でも、またお天気は下り坂で、
北帰行ムードは盛り下がり気味。

昨日は日差しが暖かく、
たくさんのコハクチョウが終日園内に居ましたが、
今日は次第に空が暗くなって肌寒くなり、
コハクチョウも十数羽しか居残りませんでした。


●今日の鳥 2012年2月23日(木)
コハクチョウ 377羽 8:00現在。アメリカコハクチョウ1羽(6羽の国際結婚家族)含む。
コブハクチョウ 4羽
マガン 2羽
ツクシガモ 1羽
ミコアイサ 雄2雌2+羽
クロツラヘラサギ 成鳥1羽
オジロワシ 若鳥1羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽
カワセミ 1羽
ツグミ 2羽
オオジュリン 10+羽
キジ 雄1羽(声)
ヒヨドリ1羽(声)
ムクドリ1羽(声)
ヒバリ1羽(さえずる)

など、32種・およそ1500羽。

2012年2月23日 18:36 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

コハクチョウ増加中!

強烈な寒波が明け、春を感じる暖かい日が続いています。
そろそろコハクチョウの北帰行が見られるか、と思っていた月、水曜日ですが、残念ながらまだ水鳥公園では観察できておりません。
しかし、コハクチョウたちは確実に渡りに備えています。今朝のコハクチョウの数は289羽。今季最多数です。
(近頃、北帰行を見たという情報が寄せられるようになってきました)


CIMG3470s.JPG


















今朝のコハクチョウは、水鳥観察桟橋前にたくさん集まっていました。みんな興奮気味で、わめくような大きな鳴き声が園内に響き渡っていました。

今朝の水鳥観察桟橋前の様子は、こちらの動画をご覧下さい!↓







CIMG3366s.JPG























ヨシ原の中では、小鳥たちがヨシを渡り歩いているのが目に留まります。正体はオオジュリン。盛んに枯れヨシの穂をついばんだり、薄皮を剥いで中にいる虫を食べています。この冬は小鳥の姿がぜんぜん見られず、不気味なほど静かでしたが、近頃オオジュリンたちを見かけるようになり、ちょっとホッとしています。

これからコハクチョウの数はさらに増加していく見込みです。今季は最大何羽になるかな?
また、この時期は昼間でもコハクチョウが園内にたくさん居残るので、コハクチョウが観察しやすいです。
今日は、お昼過ぎまで日差しが暖かく、風もない穏やかな天候で、たくさんのコハクチョウが終日見られました。今日お越し頂いたお客様は、とてもラッキーでした!

●今日の鳥 2012年2月22日(水)
クロツラヘラサギ 1羽 時々ネイチャーセンターそばに飛来!
コハクチョウ 289羽 今季最多数!
コブハクチョウ 2羽 コハクチョウを威嚇!
マガン 1羽 コハクチョウと一緒にお昼寝。
ツクシガモ 1羽
トモエガモ 7羽 遥か彼方!
ミコアイサ ♂1羽、♀2+羽
オジロワシ 若鳥1羽 まだいます!
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ ♀1羽 観察ホール目の前を数回かすめ飛ぶ!
チュウヒ 2羽 ヨシ原をパトロール!
ハヤブサ 1羽 アンテナ塔先端にて
オオジュリン 10+羽 リング付きもいました
ホオジロ 2羽 松の梢に止まる

など、35種およそ1500羽。

おまけ:アカミミガメ 17匹 甲羅干し。君たちは冬眠しないのか!

2012年2月22日 18:27 カテゴリー: お知らせ , オオジュリン , コハクチョウ

日本白鳥の会 出雲大会で発表しました。

DSCN1856ss.jpg2012年1月28日(土)
島根県出雲市で開催された日本白鳥の会 出雲大会で
「コハクチョウの個体群動態の推定」という発表をしました。
日本白鳥の会の研修会は、1998年に米子で開催して以来の山陰地方での開催でした。


 

2012年1月28日 18:14 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , 調査研究

クロツラヘラサギ近いです!

今日は昨日とは一転して、一日中雨です。
ところが、寒いわりにはコハクチョウが日中でも多く居残り、今おすすめの鳥である、ツクシガモやクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターのそばまで近づいてきてくれました。

_MG_3225s.JPG
















日中、園内でくつろぐコハクチョウたち。
昨日に続いて、今日も安来で落穂拾いのお仕事はお休みですか??



CIMG2196s.jpg

















こちらはツクシガモ1号?です。2羽のうち、美しい方の個体。
ネイチャーセンター左手の島に着岸。おでこのコブが少しずつ大きくなってきました。
やや色が悪い2号?は400mくらい先にいます。
この前までは2羽で行動していましたが、最近では単独行動が目立ちます。けんかでもしたのかな?




CIMG2254s.jpg






























クロツラヘラサギは今日も健在です。
昨日は朝にチラッと姿を見せただけでそれ以降現れませんでしたが、今日はネイチャーセンター左手の島に舞い降りてきました。盛んに獲物を捕って食べていました。かなりお腹がすいているようです。




CIMG2244s.jpg

















「ん?」
ダイサギと一緒に何かの気配を感じて、警戒中。
クロツラヘラサギの正面顔が面白いです。





CIMG2274s.jpg






























近かったので、このサイズで撮影できました。
くちばしの先端に黄色部が出ているので、5歳以上の成熟した個体のようです。
秋に飛来した時は真っ白だったクロツラヘラサギですが、毎年この頃になると、全身が汚れてきます。
しばらく姿を消していた間に、鉄分が多い湿地帯で過ごしていたのかもしれません。

それにしても、クロツラヘラサギを見たい!というお客様がいらっしゃると姿が見えず、お客様が少ない時や、クロツラヘラサギを意識していないお客様がいる時には近くにやってくる、ということが多々あります。不思議ですね。

今日は悪天候でお客様は少なかったのですが、午前中一杯鳥をご覧になっていたお客様は、近くでクロツラヘラサギ観察と撮影を満喫できて、とても喜んでいらっしゃいました。

●今日の鳥 2012年1月19日
コハクチョウ 170羽 じわじわ増加中。北帰行シフト始まる?
クロツラヘラサギ 1羽 サービス良好!
ツクシガモ 2羽 1羽はサービス良好!
ミコアイサ 5羽以上 雄2羽います!
オオタカ 若鳥1羽
ハイタカ 1羽
チュウヒ 2羽
カワセミ 2羽 ネイチャーセンター前を往復!

など、約30種類・約2000羽。

アメリカコガモ、オジロワシは姿が見えません。


2012年1月19日 15:16 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , ツクシガモ , 速報

コハクチョウの休日?

最近は寒かったせいか、昼間はコハクチョウが0羽になっていることが多かったのですが、今日は昼間でもコハクチョウがたくさん居残っています。

_MG_2492s.JPG
















園内中心部の島の岸辺の様子。


_MG_2493s.JPG
















ネイチャーセンター右手対岸の岸辺。





今日は朝から飛び立つハクチョウがとても少なく、殆どのコハクチョウが岸辺に集まって休んでいます。
今日はコハクチョウにとっての休日なのかな?

●今日の鳥情報
・ハジロカイツブリ 14羽 近頃群れてます!
・ミミカイツブリ   1羽 近頃はハジロカイツブリと仲良し!
・コハクチョウ    111羽 今日は休日!
・ツクシガモ        2羽 1羽増えた!
・オオタカ      若鳥1羽 ノスリの指定席に止まる
・ノスリ            1羽 オオタカの指定席に止まる
・ハイイロチュウヒ ♀1羽 そろそろ雄が見たい!
・チュウヒ          2羽 近頃よくやってきます
・ツグミ            4羽 やっと初認!
など、31種2000羽くらい。

2011年12月21日 13:15 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , ツグミ

ハヤブサがカモを食べた!!

DSCN1274s.JPG

やや荒れ気味の天候の米子水鳥公園です。




 




コハクチョウはそんな中、餌場へ向けて飛んでいきました。8:00~10:30ごろ
DSCN1267ss.JPGDSCN1268ss.JPG










また、カワセミが、ネイチャーセンター前にやって来ました。DSCN1231ssカワセミ.JPG









タカ類はいろいろ出ています。
チュウヒ、ハイイロチュウヒ♀、ノスリ・ミサゴ、オオタカ・ハイタカ・トビなどです。

aCIMG1452.JPGその中で、ハヤブサの若鳥が突然舞い降り、カモを捕まえました。

前:ハヤブサ 後:トビ







クロツラヘラサギは、ここ数日確認できていません。
 

2011年12月17日 14:48 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , コハクチョウ , ハヤブサ ,

コハクチョウ見ごろ

まだあったかい日が続くこの頃は、コハクチョウが見頃です。
コハクチョウたちは、今日のような暖かい日は、米子水鳥公園で一日過ごしています。
_MG_0885ss.jpgまた、北の方からやって来るハクチョウたちもいます。
 コハクチヨウ44羽(pm3:00)
 マガン   40羽
鳥情報
 ハイタカ・チュウヒ・ツクシガモ・
カワセミなどもいます。
 

2011年10月20日 16:09 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , コハクチョウ

コハクチョウはどうなった?

さて、今日からいよいよ新年度スタートです。気持ちを新たに水鳥公園一同、一年間頑張ります!

ところで、昨日71羽いたコハクチョウはどうなったのか、と申しますと…。

_MG_5886s.JPG

















今日も大山がよく見えました。暖かい日が続き、雪も解けてきました。
あれ?大山の右下に白いものが見えますね…。


_MG_5884s.JPG
















白いものを拡大。コハクチョウが寝ています。
4月になってもまだ居残っているのんびり屋さんのコハクチョウが15羽いました。1996年4月以来、15年ぶりの珍事です。

71羽から15羽に減ったということは、減った分は昨晩に旅立ったのでしょう。この15羽も今晩出発するつもりなのか、終日園内でのんびりしていました。(時々コブハクチョウたちにいじめられていましたが)


CIMG8572s.JPG


















ネイチャーセンターのそばに、ヨシガモが3羽いました。ヨシガモは冬鳥ですが、水鳥公園では秋と翌春に姿が見られ、真冬にはほとんど姿を見せません。♂2♀1で行動していました。きれいですね!

_MG_5951ts.JPG
















こちらは春らしい鳥。ツルシギです。
これは冬羽ですが、これから換羽が始まって黒い夏羽の姿に変身していきます。

2011年4月 1日 18:16 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツルシギ , ヨシガモ

3月もきょうで終わり

3月も今日で終わり。明日からは新年度が始まります。
園内のクイズラリーも明日から新しく入れ替わります。
来年度も様々な企画で自然の面白さをご紹介してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ところで、春なのにいまいちけじめがつかないのがこちらの皆様。

CIMG8505s.JPG

















お気に入りの広場でくつろいでいるコハクチョウたち。
今朝も、8時現在71羽が確認されています。
4月を迎えるコハクチョウが現れる可能性が濃厚となってまいりました。それとも、今晩に全て旅立ち、明日の朝には0羽になっているでしょうか。
コハクチョウが園内に沢山いるのは嬉しいのですが、やはり春が来たらツンドラへ旅立ってくれたほうがホッとします。


こちらも最近目立ってきました。

CIMG8453s.JPG

















キジの雄。相変わらず美しくかつ個性的なお顔立ち。

今日も、ネイチャーセンターのそばで「ケーンケーン」と縄張り宣言していました。今後、メスを連れて歩く様子も見られるようになることでしょう。キジの観察には、ネイチャーセンター二階の展望ホール(キッズコーナーのあたり)がオススメです。

2011年3月31日 17:35 カテゴリー: お知らせ , キジ , コハクチョウ

コハクチョウはいつ帰る?

 今季のコハクチョウは、なかなか北へ旅立ちません。昨日はなんと418羽もいました(7:00カウント)。3月下旬にこれだけ多くのコハクチョウが居残った年は過去にありません。

 今朝は、8:30現在96羽と、昨日より大幅に減りました。さすがに4月目前ですから、昨晩かなり旅立ったのでしょう。
 このペースだと、4月になってもまだコハクチョウが園内にいる可能性が出てきました。なお、4月になってもコハクチョウが水鳥公園にいたのは1996年4月だけで、それ以降はありません。
 15年ぶりに4月を迎えるコハクチョウが現れるか、注目しています。

_MG_5855s.JPG
















17:08現在の様子。今日も殆どのコハクチョウが園内に滞在し、大山と併せてとてもいい風景でした。
夕方に、ネイチャーセンター前に集まってきたこれらのコハクチョウは、今晩北へ旅立つのかな?

今日の鳥 2011年3月28日(月)
コハクチョウ 96羽(アメリカコハクチョウ1羽含む)
ミコアイサ 約10羽(雄1羽含む)
オオタカ 成鳥1羽
チュウヒ 成鳥1羽
アオサギ 4+羽(くちばしがピンクに染まる)
ハマシギ 2羽
ユリカモメ 2羽
オオジュリン 2羽
キジ 雄1羽
など。

その他:
カメ 28匹(甲羅干し)
タヌキ 2頭(萱島で交尾)

2011年3月28日 18:07 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ

爆睡!

今日は、日差しはありますが、冷たい風が強い寒い日です。先のブログ記事のとおり、今日もコハクチョウが300羽以上います。ここしばらく、コハクチョウの数はほとんど減っていません。

_MG_5292s.JPG
















風向きの影響か、多くのコハクチョウがネイチャーセンター前に集まっています。今日は大山もきれいで、ハクチョウの群れと大山が一望できる、珍しい好コンディションです。

_MG_5301s.JPG
















コハクチョウたちは、まだツンドラへの旅に出るつもりはないようです。みんな丸くなってお昼寝しています。

_MG_5310s.JPG
















あっちでもお昼寝。


_MG_5311s.JPG
















こっちでもお昼寝。
園内のあちらこちらで爆睡中のコハクチョウたち。まるで、白いお饅頭がたくさん並んでいるようです。

_MG_5306ts.JPG
















アメリカコハクチョウも田んぼに出かけず、園内でのんびりしています。ロシアのコハクチョウと番いになっている様子。確か、ついこの前までは独身だったような…。中海での越冬中に、よい出会いがあったのかな?

2011年3月24日 14:45 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ

コハクチョウの群れ 立ち往生?

今年は、なかなか本格的な春がきません。一昨日も雪景色の米子水鳥公園でした。IMG_5110SS.jpg
米子水鳥公園のコハクチョウの個体数を御報告します。早い年ですと、3月20日にはコハクチョウはいなくなってしまうのですが、ここ数日のコハクチョウの数は
 3月5日 69羽
  3月12日244羽 
  3月17日286羽
  3月19日412羽
と増加傾向です。北の方が寒くて足止め状態なのでしょうか?越冬の群れは餌場の田んぼに飛んで行くのですが、ネグラである米子水鳥公園で一日過ごすコハクチョウもたくさんいます。 震災の被災者の方がたくさん避難している今年ばかりは、早く暖かくなってもらいたいなと思います。 
写真:集結したまま風をよけて退避中のコハクチョウの群れ 10:00 am
そのほかの鳥情報: オジロワシ ツクシガモ など

2011年3月19日 10:37 カテゴリー: コハクチョウ , 速報 , , 鳥情報

意外と減らないコハクチョウ

最近、コハクチョウの北帰行が足踏み状態のようで、数が減りません。
飛び立ったかと思っても、安来方向へ飛び去るものばかり。もう少し中海でのんびりするつもりのようです。
2月初めに北帰行が確認されて以降、例年には無いペースで続々と旅立っていたコハクチョウたちですが、意外とのんびりしています。

●ここ3日間のコハクチョウの数
3月18日 8:00健在 331羽以上
3月17日 8:00現在 286羽以上
3月16日 8:00現在 175羽以上

_MG_5106s.JPG
















最近のコハクチョウは、水鳥観察桟橋向かいの広場がお気に入りです。一日中多数が集まってお昼寝したり、地面の草を食べたりしてくつろいでいます。

_MG_5101s.JPG
















こんなに水辺から離れて採食するのは、水鳥公園ではとても珍しい風景です。


ここ数日、アメリカコハクチョウ1羽が一日中園内に滞在しています。コハクチョウ2羽と仲がよく、いつも3羽で行動しています。

今日現在、オジロワシ若鳥1羽はまだいます。しかし、最近は出現頻度が少なく、数日に一度出現する程度です。時々カモを掴んで飛んでいたり、地上で鳥を食べている様子が見られます。自分で狩りをしているのでしょうか。

ツクシガモは4羽いましたが3月14日以降2羽に減り、立派なコブがある個体は姿を消しました。

マヒワの20~30羽の群れが、今日もオオバヤシャブシやクロマツの実をついばんでいました。

春の使者、ツバメが見られるようになってきました。
水鳥公園では、3月12日に1羽が初認で、17日にも2羽確認されています。

そろそろヘラサギ類やシマアジが来ないかな?


2011年3月18日 18:00 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , コハクチョウ

コハクチョウcount up?(2011/03/12)

_MG_4681s.JPG_MG_4695s.JPG
















今朝のコハクチョウは244羽でした。昨日より大幅増です。
中海のコハクチョウの殆ど全てが水鳥公園に集まってきているようです。


_MG_4685s.JPG
















アメリカコハクチョウも1羽混じっていました。

2011年3月12日 09:03 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , 速報

コハクチョウカウントダウン(2011/03/11)

2011年3月11日 朝8:00現在
コハクチョウ61羽

その他:オジロワシ若鳥1羽

_MG_4614s.JPG
















今朝のネイチャーセンター前の風景。
コハクチョウはすべて、ネイチャーセンター寄りに集まっていました。

2011年3月11日 08:34 カテゴリー: オジロワシ , コハクチョウ , 速報

今日はコハクチョウが一日中いました

今日は、一日中コハクチョウが園内にいました。昨晩、150羽くらいがねぐら入りして、今朝は89羽いました。その後、夕方まで86羽が滞在し、18:30過ぎには151羽いました。


_MG_4541s.JPG今朝9時頃の様子。ネイチャーセンター前にコハクチョウが集まっていました。









_MG_4607s.JPG昼間は奥のほうに拠点を移し、園内中央部でのんびりすごしていました。






_MG_4599s.JPG暗い曇天の中、ほんのわずかな間だけ西日が射しました。
このとき、コハクチョウの白い姿が風景の中で際立ち、とてもきれいでした。








現在滞在中のツクシガモ4羽のうち、2羽がネイチャーセンター前にやってきました。


CIMG7987s.JPGそのうちの1羽が立派なコブの持ち主。これは繁殖期を迎えた雄の姿で、越冬地である日本でこれほど立派なコブがある個体を見る機会はとても珍しいです。
以前から気になっていたのですが、なかなか近くに寄ってきてくれませんでした。


今日一日中いた80羽以上のコハクチョウたちは、今晩から明日早朝にかけて旅立つつもりなのかもしれません。天気は悪いようですが、どうなるでしょう?

2011年3月 7日 18:25 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ

前が見えません!

CIMG7785s.JPG

















3月に入りまして、コハクチョウとのお別れも近いこの時期ですが、午前11時現在、すごい雪でネイチャーセンターの観察ホールからは前が見えません。(11:00頃の風景)
でも、積雪はほとんどありません。

この天候では、すでに米子を旅立って北上中のハクチョウたちも困惑しているのではないでしょうか。

しかし、明日土曜日は天候が回復する予報が出ていますので、北帰行観察には最適かも。
米子水鳥公園では、朝7時からコハクチョウの北帰行観察会を予定しておりますので、是非ご参加ください。
中海のコハクチョウは残りわずかです。北帰行を観察できる最後のチャンスかもしれません。

3月5日(土)7:00~8:30
自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」
集合:水鳥公園ネイチャーセンター
参加費:300円(入館料として)

2011年3月 4日 11:02 カテゴリー: コハクチョウ , 自然観察会 , 速報

今日は「中北帰」の日でした!

昨日の夕方、水鳥公園にねぐら入りしたコハクチョウたちが大騒ぎしていたので、今朝は大規模な北帰行が見られるかも、と期待して出勤しました。

_MG_3368s.JPG日の出前に、園内の池の一番奥にコハクチョウが集まっていました。このように、明け方に園内の大山寄りに集まっているコハクチョウの群れは、北帰行する可能性大です。案の定、この群れは北東方向へ旅立っていきました。






_MG_3379s.JPG朝日で黄金色に輝く水面で旅立ちの時を待つコハクチョウたち。








_MG_3464s.JPG大山の北側へ向かって飛ぶコハクチョウの群れ。
今朝は、7:00~8:00に北帰行が観察できました。数十羽の群れが長い編隊を組んで飛び去る様は壮観です。






水鳥公園で見られる北帰行には、続々と大きな群れが旅立つ日が毎年一日ありまして、それをレンジャーの間で「大北帰」と呼んでいます。今日もまあまあの賑わいでしたが、「中北帰」くらいかな?
この後に、もっと大規模な北帰行が見られる日が来ることを期待しています。

また、8:30~9:00頃にかけて、安来方向から続々とコハクチョウが飛来し、水鳥公園上空を通過して北東へ去っていくものや、螺旋を描いて舞い降りてくるものもいました。安来のふゆみずたんぼを拠点にしていたコハクチョウも移動を始めています。

今の時期は北東方向へ飛び去るのがほとんどですが、3月になると真北へ飛び去るものが見られるようになります。コハクチョウの北帰行は3月中旬ごろまで見られます。お天気が良い日の早朝、水鳥公園のほとりに立ってみませんか?

2011年2月20日 14:38 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ

コハクチョウの北帰行を確認!

今朝8:30頃、水鳥公園から飛び立ったコハクチョウの一群が北西方向へ飛び去るのが確認されました。今季初めての北帰行確認です。

毎年、2月中旬ごろから3月上旬にかけて確認されるのですが、今季は開園以来最も早い時期での確認となりました。

_MG_3007ss.JPG粟嶋神社の丘の北側を飛ぶコハクチョウたち。この後、粟嶋神社の丘を時計回りに半周した後、北東方向へと去っていきました。






コハクチョウの北帰行は、夕方から翌早朝にかけて行われます。お天気の良い日の早朝に水鳥公園にお越しいただくと、ツンドラへ旅立つコハクチョウたちを見送ることが出来るかもしれません。

毎年3月の第一土曜日(今年は3/5)の朝7:00~8:30に、北帰行の観察会を開催しています。指導員の説明を受けながらコハクチョウの旅立ちを見送るお勧め企画ですので、是非ご参加下さい。

3月の自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」
開催日:3月5日(土)7:00~8:30
集 合:水鳥公園ネイチャーセンター
参加料:入館料として300円。
その他:申し込み不要。温かい服装でご参加下さい。

2011年2月 6日 08:53 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , 自然観察会

アカハジロ復活!

_MG_2858s.JPG今朝の水鳥公園風景。数日前から、水鳥公園のコハクチョウが急増しています。今朝は朝8時現在316羽いました。コハクチョウが生まれ故郷へ帰る準備を始めた兆しです。





CIMG6775s.JPGオジロワシも健在。ただし、最近は1羽しか姿を見かけません。横でハシボソガラスがオジロワシが食べているもののおこぼれを狙っています。







_MG_2882s.JPGツクシガモ3羽のうち1羽には額にコブが出始めています。繁殖期になると現れるオスの特徴です。







CIMG6817s.JPG発見初日しか姿を見かけなかったアカハジロがひょっこり登場。相変わらず物陰に隠れたがるので、観察しにくいです。







猛烈な寒さが緩み、急に春を感じさせる天気になりました。コハクチョウ急増とツクシガモのオスのコブが春の到来が近いことを感じさせてくれます。
昨年は、3月6日にシーズン最多の1010羽が記録されました。今季はいつピークが来るのか楽しみです。

2011年2月 4日 15:43 カテゴリー: お知らせ , アカハジロ , オジロワシ , コハクチョウ , ツクシガモ ,

鳥情報 2010.12.30

本日は一日雪でしたが、意外と多くの鳥が観察できました。
 
コハクチョウ 33羽 AM8:20飛び立ち PM4:50帰って来た
マガン    600羽±100      PM5:10 帰って来た
トモエガモ  22羽 ネイチャーセンター近くで観察出来た。
オジロワシ 1羽 昼頃、園内に入ってきた。
オオタカ 1羽 園内に止まっていた。
チュウヒ 1羽 ネイチャーセンター前を横切る。
ミサゴ 1羽 餌を持ったまま通過
カワセミ 1羽ネイチャーセンターの前を何度も往復した。

その他
カイツブリ、ハジロカイツブリ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ,マシギ,イソシギなど

2010年12月30日 17:22 カテゴリー: オジロワシ , カワセミ , コハクチョウ , トモエガモ , マガン , ミコアイサ , 速報 , 鳥情報

オオハクチョウ

CIMG4851s.JPG今朝は、コハクチョウが53羽いました。その多くがネイチャーセンタ近くに集まっていて、観察しやすかったです。








CIMG4843s.JPGその中に、オオハクチョウが1羽混じっていました。オオハクチョウは、山陰地方に飛来するハクチョウ中、0.1%くらいしかいない珍しいハクチョウです。11日以降、水鳥公園をねぐらとしています。水鳥公園では毎年、数羽が時々飛来しています。


現在、中海のコハクチョウの大半が、安来市のふゆみずたんぼに集中している中、水鳥公園にねぐら入りしてくれるコハクチョウが50羽くらいいることはとてもありがたいです。今日はお天気が良くて暖かかったせいか、一日中十数羽が居残り、ネイチャーセンター前でくつろぐ個体も数羽いました。

●今日の鳥 2010年11月14日(日)
・コハクチョウ 53羽 今日は落穂拾いの仕事はお休み?
・オオハクチョウ 1羽 1羽で安来へ落穂拾いにご出勤。
・マガン 321羽(たぶん450羽くらいいると思う)
・ミサゴ 1羽
・オオタカ 成鳥1羽
・ノスリ 1羽
・ハイイロチュウヒ ♀タイプ1羽(今季初認)
・チュウヒ 1羽
・ハヤブサ 1羽 アンテナ塔の先端で何かを食べていた
・カモメ 成鳥1羽
カモ類 およそ7000羽(スズガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オナガガモが主)

番外:シブイロカヤキリ♂1 水鳥公園初記録!

2010年11月14日 18:06 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コハクチョウ ,

コハクチョウが帰ってきた!

先日のブログで、夕方になってもコハクチョウが帰ってこない、という状況をお知らせしておりましたが、昨日からコハクチョウがねぐら入りするようになってきました。
昨日の夕方は30羽くらい、今日の夕方は50羽くらいがねぐら入りしました。

マガンはあいかわらず、水鳥公園と安来を1日2往復しています。
6:30頃に水鳥公園を飛び立ち、
安来の田んぼで食事をしてから、
9:00頃に水鳥公園に戻ってきます。
水鳥公園でのんびり過ごした後、
15:45頃に再び安来方向へ食事に出かけ、
17:40に帰ってきました。
今日は400羽くらいが飛来しました。

明日の夕方は、マガンのねぐら入りを観る観察会「落雁を観よう!」を開催します。
ぜひご参加ください!
17:00にネイチャーセンターのレンジャーカウンター前に集合です。

2010年11月12日 18:36 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , 普及啓発 , 自然観察会 , 重要

コハクチョウただいま120羽!

今日現在、コハクチョウは120羽です。日中、続々と飛来してきて、今のところ順調に数が増えています。マガンも今日現在95羽まで増えています。カモ類はホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモを中心に、6000羽~7000羽います。今月末ごろに1万羽くらいまで増えるかな?

_MG_0920s.JPG今日の風景。背景には鳥取大学医学部付属病院とガスタンクが見えます。







今日はコハクチョウが一日中居ましたが、みんなネイチャーセンターから最も遠い場所に集まっていました。どうやらその部分には水草が茂っているらしく、みんな盛んに逆立ちして水草を食べていました。

2010年10月21日 17:43 カテゴリー: コハクチョウ , 速報 ,

コハクチョウただいま16羽!

本日、8:30ころはコハクチョウの姿はありませんでしたが、9:00ごろに3羽が飛来して、ネイチャーセンターの前浜にやってきてくれました。

_MG_0870s.JPG今季初めて、前浜にコハクチョウが寄ってきてくれました。背景には、カモたち約6000羽がゴマを散らしたように水面で休んでいます。







_MG_0872s.JPGこの3羽は、終日園内でのんびりすごしていました。今日はお客様が多かったのですが、皆さんに喜んでいただけました。







_MG_0902s.JPG閉館後、空からコハクチョウ13羽が舞い降りてきました。もともといた3羽と合わせて、現在のコハクチョウの数は16羽になりました。
久しぶりに聞く、コハクチョウ同士が鳴き交わす「コォー、コォー…」という声。いいですね~♪
注:写真には15羽しかいませんが、1羽は画像の外に居ます。




●今日の鳥 2010年10月18日
コハクチョウ 16羽 みんな成鳥(二歳以上)
マガン 80±羽 急に増えた!
オオタカ 2羽 成鳥(体格に差があるのでオスとメスでしょう)
セイタカシギ 3羽 幼鳥
カンムリカイツブリ 1羽
カモ類 合計6000羽くらい(特にホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、コガモが多い!)
など。

2010年10月18日 19:16 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ ,

コハクチョウようやく到着!

_MG_0771tss.JPGまだか、まだか、と到着を待ちわびていたコハクチョウが、本日夕方4時半ごろ園内に舞い降りました。成鳥3羽です。







この瞬間、コハクチョウ初飛来日当てクイズ2010は終了となり、正解者は48名でした。正解者の皆様、おめでとうございます。
これから記念品の発送準備にとりかかりますので、お心当たりの方はもうしばらくお待ちくださいませ。

昨年よりも5日遅く、夕方に初飛来したというのは開園以来15年間、記憶にありません。
いよいよ冬鳥の観察シーズン到来ですね。

2010年10月15日 18:04 カテゴリー: コハクチョウ , 速報 ,

コハクチョウの北帰行観察会

今日は、コハクチョウの北帰行観察会の日でした。予報どおりの雨降りで、北帰行を観察できるコンディションではなさそう。

CIMG9636s.JPG.jpeg
それにしても、コハクチョウがいっぱいいる。池の広範囲に散らばっているコハクチョウを数えるのはとても苦労しましたが、数えてみたら1010羽という結果でした。千羽を超えたのは久しぶりで、びっくりしました。





コンディションは悪いけれど、コハクチョウの数はとっても多い。こんな状況で観察会開始予定の朝7時を迎えました。

CIMG9639s.JPG.jpeg
観察会開始時間に集まったお客さまは1名でした。そして、1人のお客様をご案内しているうちにお客様が次々と訪れ、最終的に12名のお客様と観察会を行いました。





案の定、8時までの観察会中に北へ飛び去るコハクチョウはおらず、全て安来方向へと飛び去っていきました。結果的には、北帰行観察会ではなく「餌場へと飛び立つコハクチョウ観察会」になってしまいましたが、1000羽を超えるコハクチョウの群れに、お客様は皆さん喜んでくださった様子でした。

悪天候の中、早朝からご来館いただきましたお客様には、心からお礼申し上げます。

2010年3月 6日 17:09 カテゴリー: コハクチョウ , 普及啓発 ,

絶景!米子水鳥公園

sIMGP3174.jpg
今日の米子水鳥公園は、冬の晴れ間の絶景です。
 
大山をバックに飛び立つハクチョウhttp://www.youtube.com/watch?v=SzvpFjHuqekや、
餌をとるクロツラヘラサギ
見られました。

sIMGP3173.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥情報
コハクチョウ 52羽・マガン210羽
クロツラヘラザキ・ツクシガモ
チュウヒ・ハイイロチュウヒなど

2010年2月 7日 19:39 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

大山がきれい!

CIMG8644_s.jpg
今日は、朝はとっても寒かったですが、日中は素晴らしい晴天。ネイチャーセンターから望む風景も、今年最高のものでした。






CIMG8646s.jpg
望遠鏡で大山頂上を覗いてみると、雪に覆われた登山小屋まで見えました。







CIMG8655s.jpg
午前中、コハクチョウは数羽しかいませんでしたが、お昼前に東の空から60羽くらいの群れが突然飛来!一気ににぎやかになりました。






CIMG8656s.jpg
午後はお客様も多く、皆さんに大山とコハクチョウの風景を楽しんでいただけました。

2010年1月27日 17:58 カテゴリー: コハクチョウ ,

大雪の中の「初日の出!コハクチョウ観察会」

 みなさま、明けましておめでとうございます。
 今年も、米子水鳥公園では、水鳥の為、湿地の生物多様性のため、様々な努力をしていきますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
CIMG8200b.JPG.jpeg さて、新年の初日の出とコハクチョウの観察会ですが、いきなり吹雪です。それでも、18名の参加者が集まりました。

コハクチョウの群れには、クッチャロで首輪を付けられた175Yがいました。横にいるのは番い相手かな?
アメリカコハチョウもいました。
  
CIMG8191b.JPG.jpeg その他の鳥
・マガン 500羽前後とびたつ(am7:35)
・ハイイロチュウヒ♀
・オオタカ成鳥
・ツクシガモ




CIMG8177B.JPG.jpeg

2010年1月 1日 08:36 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

クッチャロ湖からのお客さん

今朝、水鳥公園には70羽のコハクチョウがいました。その中に、緑色の首輪をつけた個体がいました。

_CIMG7999s.jpg1997年に、水鳥公園で「105Y」と刻印された緑色の首輪をコハクチョウにつけて放した後、2006年冬まで水鳥公園に帰ってきていました。そのため、「105Y復活か?」と思いながらよく見ると、「175Y」と刻印されていて、さらには発信機が付いていました。105Yとは別個体でしたが、あなたはどこから来たの?

調べた結果、この個体は、今年の11月2日に北海道のクッチャロ湖で発信機を付けられた個体だという事が分かりました。日本のハクチョウの玄関口であるクッチャロ湖と中海とは、やはり繋がっているのでした。

この発信機には、ソーラーパネルが付けられています。
この後、繁殖地へ渡る道筋や、繁殖地がどこなのか、発信機の電波が順調に追跡できたら興味深いですね。

2009年12月23日 18:28 カテゴリー: コハクチョウ ,

カモ増えてます!

_MG_5088.JPG.jpeg毎日少しずつカモの数が増えています。
一番目立つ種類は日替わりなのですが、今日の一番はスズガモ! 






_MG_5099.JPG.jpeg池の中央部に黒いカモだかりが出来ていて、 その内訳は、5割がスズガモ、4割がキンクロハジロ、1割がホシハジロなどその他カモ類、という感じでした。





CIMG5116s.JPG.jpeg
またしても、ネイチャーセンター目の前でオオタカがハシビロガモのメスを捕食していました。






CIMG5310s.JPG.jpeg食べている途中、オオタカの成鳥と若鳥が相次いで獲物を横取り?に来ましたが、「キッキッキッ…」と声をあげて威嚇し、撃退。
閉館時間が過ぎるまで食べ続けていました。




●今日の鳥(2009年10月21日)
・コハクチョウ48羽(うち幼鳥2羽)
・ジョウビタキ♂2
・オオタカ成鳥2幼鳥1羽
・ハイタカ1羽
・チュウヒ成鳥1羽
・カワセミ2羽
カモ類約4000~5000羽

2009年10月21日 18:37 カテゴリー: オオタカ , コハクチョウ , , 鳥情報

コハクチョウ38羽になりました

 今日は珍しく、真昼間にコハクチョウが飛来しました。開館時は0羽でしたが、午後1時から4時ごろまでの間に38羽まで増えました。 

CIMG4926s.jpg はじめは遥か遠くの島の向こう側に集まっていましたが、徐々にネイチャーセンターに近づいてきました。






_MG_4956s.JPG.jpeg 最終的にはネイチャーセンター正面に集結。とってもサービスがよいコハクチョウ達でした。






_MG_4932s.JPG.jpegコハクチョウ達も、仲間同士で活発に挨拶を交わしていました。

2009年10月17日 18:21 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

ハシビロガモ受難!

 毎日のようにハンティングを成功させているオオタカですが、今日はまたしてもハシビロガモのメスを捕食しました。

 今日はネイチャーセンター正面の真下での出来事。あまりにも近すぎて逃げられそうなので、あえて遠く離れた横側に回りこんでそっと観察しました。

_MG_4802s.JPG.jpeg 今回も水に沈めて仕留める作戦。時々苦しそうに顔を上げるハシビロガモがとても痛々しいです。






_MG_4844s.JPG.jpeg やがて息絶えたハシビロガモは、岸へ引き揚げられました。







_MG_4863s.JPG.jpeg ネイチャーセンターの真下で食べ始めるか、と思ってお客様と見ていたところ、やはりガラス越しの視線が気になるのか、こちらをチラッ、チラッと見た後、遠く離れた松の木の下へ運び去っていきました。自分と大差ない大きさのカモ1羽をぶら下げて持ち去る飛翔力はすごい!


 ハシビロガモは、いつもネイチャーセンター前の浅瀬で、数羽の群れで水中に頭をつっこみながら前進して採食しています。この無防備さにオオタカは目をつけたようです。狩りの後も、ネイチャーセンター前では水に首を突っ込みっぱなしで泳ぎ回るハシビロガモたちがいました。この様子では、また犠牲者が出そうな感じです。もっとタカを警戒しなさい!ハシビロガモ!!
 

 昨日にはオオタカの成鳥が2羽いたようで、時々姿を見せる幼鳥と合わせて3羽のオオタカが水鳥公園を出入りしているようです。カモたちの受難はまだまだ続きそう。
 

●今日のコハクチョウ
昨日同様、9羽(成鳥7幼鳥2)。6:30頃飛立ち、17:40頃帰って来ました。
カモ類 およそ3000羽くらい集まっています。

2009年10月15日 19:04 カテゴリー: オオタカ , コハクチョウ , ハシビロガモ , , 鳥情報

今日は米子水鳥公園 コハクチョウ 9羽

今年(2009)は、過去最速の10月10日コハクチョウがやってきました。
今日、14日6:30amの時点で コハクチョウ8羽 前日より4羽(A2J2家族群)が増えていました。
昨日、隠岐の島に親子のコハクチョウがいたのそうなので、この群れがやってきたのかもしれません。

朝6:34に飛び立ったハクチョウは、夕方17:00ごろ帰ってきました。
1羽増えていたのは、どこからかわたってきた鳥でしょうか?


今日もオオタカが狩りをしていました。

2009年10月14日 18:17 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

コハクチョウの今の様子

10月10日に初飛来したコハクチョウですが、
本日夕方現在、成鳥4羽が確認されています。

ただし、日中は採食に出かけており、早朝と夕方遅くにしか出会えません。
これからどんどん仲間が到着してにぎやかになると思いますので、どうぞお楽しみに!

2009年10月12日 22:09 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

強烈な春の嵐!

CIMG1438s.JPG.jpeg 今日はものすごい春の嵐。強烈な南風が水鳥公園を襲っています。








CIMG14495s.jpg 今朝、コハクチョウは2羽だけ居ました。中海のコハクチョウは殆ど姿を消し、そろそろ北帰行が完了しそうです。
 






CIMG1423s.JPG.jpeg ネイチャーセンター前浜で今日も新顔発見!コチドリです。黄色いアイリングの大きな目がとってもかわいい!







CIMG14389s.JPG.jpeg 春の渡り鳥のコチドリですが、今日の嵐には困り気味。大きな石の裏に身を寄せて、嵐をしのいでいます。







この嵐がおさまる頃、コハクチョウの季節は終わりを迎え、春の主役たちが続々と登場する見込みです。
 
●今日の鳥
・コハクチョウ2羽 今季の中海最後の個体かも?
・メジロガモ♀1羽 春の嵐に耐えています!
・変なツグミ2代目 上に同じ。
・クイナ1羽 メダカ池の脇でコソコソ。久しぶりの登場!
・オナガガモの大群 風当たりの弱い場所を探して右往左往。

2009年3月13日 16:16 カテゴリー: コチドリ , コハクチョウ , , 鳥情報

コハクチョウの北帰行を見送ろう!!

CIMG1300B.JPG.jpeg 今日の観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!!」。
 朝7時からの観察会。寒いなか頑張りました。 写真では、いかにもコハクチョウを見送れた感じですが、 このハクチョウたちは南の餌場の方へ進路をとり 、今日は北へ旅立つ群れは観察できませんでした。





CIMG1299B.JPG.jpeg 米子水鳥公園でコハクチョウの北帰行が観察出来るのは、二月下旬から三月上旬の快晴の7:00-9:00頃です。
 観察できるのは毎日ではなく、三寒四温のうち、寒波の入ってくる直前か、寒波が抜けた後の日が多いようです。





 コハクチョウは、園内でまだ100羽以上います。中海全体でも700羽程度です。
 あと数週間で一羽残らず北へ旅立ちます。

2009年3月 7日 09:53 カテゴリー: コハクチョウ , 普及啓発 , , 鳥情報

今日の鳥2009年2月27日

_MG_9977s.JPG.jpeg 今日は曇天ですが、雲が高いので大山の全貌がきれいに見えました。








_MG_9974s.JPG.jpeg 8時30分の開館時にコハクチョウが16羽いました。その後、9羽が飛来して最大25羽になりました。これらもやがて飛び去り、9時過ぎには0羽になりました。今季は北帰行前のコハクチョウの増加がみられず、このままいなくなってしまいそうな感じです。さびしいですね。




_MG_9981s.JPG.jpeg カモ類はオナガガモがとても多い以外は、マガモやキンクロハジロ、ハシビロガモなど、各種が少数ずつみられます。
 メジロガモ♀はまだ健在です。画面中央付近の上から2羽目がメジロガモです。





_MG_9989s.JPG.jpeg ベニヒワも健在。でも、今日は4羽しか姿が見えません。
→午後には20羽くらい確認できました!







今日の鳥
・コハクチョウ25羽 数は少ないですがまだいます!
・メジロガモ♀1羽 健在!
・ツクシガモ1羽 辛うじてまだいます!
・ベニヒワ4羽 激減。食べ物が少なくなってきたかな? →訂正。まだ20羽くらいいます!
・変なツグミ1羽  今日もネイチャーセンター前でがんばってます!
・オオタカ成鳥1羽 カモを狙っています!
・ノスリ2羽 オオタカがカモを捕ってくれるのを期待しています!

2009年2月27日 13:36 カテゴリー: コハクチョウ , 珍鳥 , , 鳥情報

今朝のコハクチョウの北帰行

 今日の朝は、コハクチョウ6羽というさびしい夜明けでしたが、8:30頃から9:10頃にかけて、コハクチョウが続々と飛来し、最大82羽まで増えました。その中には、山陰では珍しいオオハクチョウ2羽も混じっていました。

CIMG1033s.JPG.jpeg 園内のつばさ池に舞い降りたハクチョウ達。このなかにオオハクチョウが2羽混じっています。左から3、4羽目がオオハクチョウです。くちばしの模様が識別ポイントです。






_MG_9931s.JPG.jpeg  ハクチョウが増えてお客様に喜ばれていた矢先、どこからかコブハクチョウが飛来し、飛びながらハクチョウの群れに突っ込んでいきました。ハクチョウたちは、コブハクチョウに追い出されるようにあわてて飛立ち、大部分は北東方向へ、数羽は安来方向へ飛び去りました。




 米子水鳥公園では、コブハクチョウは大変迷惑な外来生物です。

2009年2月22日 10:50 カテゴリー: オオハクチョウ , コハクチョウ ,

コハクチョウの北帰行を確認!

 本日朝、米子水鳥公園で今季初めてコハクチョウの北帰行を確認しました。
 朝7時50分から西の方向からコハクチョウの群れが続々と飛来し、舞い降りてきました。明け方には96羽だったコハクチョウが、朝8時19分には149羽にまで増加しました。
 
 水鳥公園上空に飛来したコハクチョウのうち、一部のハクチョウは水鳥公園を通過し、北東方向と南東方向へ飛び去りました。水鳥公園より西の地域で過ごしていたコハクチョウが、繁殖地への移動を始めていることを実感しました。

_MG_9757s.jpg 南東に飛び去ったコハクチョウの一群。高空を大きな編隊を組んで去っていきました。







_MG_9772s.jpg 西からやってきたコハクチョウ達は、水鳥公園に舞い降りて仲間と盛んに挨拶を交わしていました。水鳥公園で一息ついてから、繁殖地を目指して旅立つのでしょう。






 コハクチョウの北帰行は、夕方遅くから翌朝早くにかけて行われます。北帰行の観察には、朝7時から8時半頃がお勧めです。
 コハクチョウの北帰行が始まったからといって、すぐにコハクチョウがいなくなるわけではありません。3月中旬頃までは観察できます。
 近年の傾向では、二月末から三月上旬にかけて数が急増し、最大800羽以上まで増えています。今季も同じように変動するのか、注目中です。
 
その他鳥情報
・メジロガモ♀1
・ツクシガモ5羽
・アメリカコハクチョウとコハクチョウの一家(両親と幼鳥4羽)
 →午前中はいなかったけれど、夕方になったらいました。
・変なツグミ1羽※こちらを参照!
 →http://nakaumi.blogspot.com/2009/02/blog-post_09.html

これらの鳥は今日も健在でした。

2009年2月15日 19:14 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

中海周辺の野鳥写真展開催中!

CIMG0836s.jpg 今日から、ネイチャーセンターのスロープ壁面で写真展を始めました。中海近郊写真勉強会の皆様による「中海周辺の野鳥写真展」です。
 中海周辺で撮影されたコハクチョウを中心に40点の野鳥写真を展示しています。是非ご鑑賞下さい。

  
 
中海周辺の野鳥写真展」
期間:平成21年1月17日(土)~1月30日(金)
主催:中海近郊写真勉強会
会場:米子水鳥公園ネイチャーセンター スロープ壁面

2009年1月17日 18:48 カテゴリー: コハクチョウ , 展示 , 普及啓発 ,

超おすすめ!水鳥公園の日の出

 IMG_8325s.JPG.jpeg米子水鳥公園は、夜明けの風景がお勧めです。大山の裾野から朝日が昇り、金色に輝く水面にコハクチョウたちが集っています。





 IMG_8326sJPG.JPG.jpeg米子水鳥公園は、夜明けの風景がお勧めです。大山の裾野から朝日が昇り、金色に輝く水面にコハクチョウたちが集っています。





 早朝の米子水鳥公園をまだ体験していない方は、是非一度ご来園下さい。元旦は、朝7時から初日の出!コハクチョウ観察会を開催しますので、是非ご参加下さい。

2008年12月28日 17:51 カテゴリー: コハクチョウ ,

水鳥公園オリジナル!かわいい鳥のマグネット新発売!!

本日から、米子水鳥公園オリジナルグッズとして野鳥マグネットの販売を始めました。
ラインナップは次のとおりです。
CIMG0397_s.jpgコハクチョウ(右上)  650円
      二個目から600円
カワセミ(左上)    950円
      二個目から900円
オオタカ(中央下)   950円
      二個目から900円
(全て税込み)
いずれも水鳥公園で観察できる、人気の野鳥です。

原型は財団職員が製作し、商品製作はカエル工房さんにお願いしました。
米子水鳥公園でしか手に入らないマグネットです。お求めは、ネイチャーセンターミュージアムショップまで。

CIMG0383s.jpgなお、このマグネットは複数またはセットでお買い求めいただくとおトクです。
2個以上お買い求めいただくと割安となります。
セットでお買い求めの場合は、
コハクチョウ+カワセミ、またはコハクチョウ+オオタカで1500円、
カワセミ+オオタカで1700円、
三種セットだと2200円になります。







お正月は元旦朝7時から開園しております。
ドングリコマ回し大会2009http://nakaumi.blogspot.com/2008/12/blog-post_9404.html
と合わせて、オリジナルマグネットもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2008年12月26日 14:07 カテゴリー: オオタカ , カワセミ , コハクチョウ ,

小春日和にコハクチョウ100羽

IMG_3224B.JPG.jpeg餌場へ向かうコハクチョウ
米子水鳥公園から


●鳥情報:
本日は暖いせいか、10:30 にマガン470羽が昼寝に帰ってきました。
いつもならば、12月になるとマガンは昼寝に帰ってこなくなるのですが、今年は暖かいせいかまだ帰ってきます。
コハクチョウは、珍しく13:00まで公園内に滞在していました。
 
◎追記
 最初に帰ってきたコハクチョウは、14:30に4羽でした。
 

2008年12月10日 13:56 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

子どもエコクラブの水鳥観察会

IMG_7040s.JPG.jpeg 今日は、地元の子どもエコクラブの早朝水鳥観察会がありました。昨日の朝は、冷たい雨が降る辛い天候でしたが、今日は朝からすばらしい夜明けの風景が拝めました。




IMG_7057s.JPG.jpeg 7時から観察会が始まる予定でしたが、観察会開始直前にマガンが飛び立ちました。是非この光景を見ていただきたかったのに残念!





CIMG9651s.jpg 7:00から予定通り観察会が始まりました。今日はお天気もよく、コハクチョウも150羽いて、風も無く暖かいので、屋外でじっくり水鳥観察ができました。水面を蹴って次々と飛び立つコハクチョウ達に、参加者の皆様から歓声が上がりました。


 早朝の米子水鳥公園の景色は格別ですので、是非ご覧頂きたいと思います。土日祝日は、朝7時から開園しています!

2008年11月22日 11:53 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

安来の田んぼでコハクチョウ観察

 今日は、地元小学校4年生の総合学習の日。今回で5回目になる企画で、水鳥公園と安来の水田地帯でハクチョウ観察を行いました。

CIMG9598s.jpg はじめに米子水鳥公園で双眼鏡と野鳥図鑑を貸し出して、使い方の練習をしました。ノスリとオオタカが観察でき、みんな大興奮でした。「オオタカすげ~!」




CIMG9608s.jpg 次に、バスで安来の水田地帯へと移動しました。移動にはバスで26分かかりましたが、コハクチョウは10分弱で移動できるよ、とお話ししたら、みんな驚いていました。自由に空を飛べるコハクチョウがうらやましいですね。
田んぼでは、コハクチョウたちが広範囲に散らばり、落穂を食べている様子が観察できました。

CIMG9631s.jpg お弁当を食べた後、東出雲町の意東海岸へ行きました。ここは、かつてコハクチョウの餌付けが行われていた場所で、中海のコハクチョウの歴史上、重要です。「コハクチョウが暮らすためには、採食場とねぐらの両方が隣接していることが重要なんだよ。」


CIMG9629s.jpg 意東海岸では、児童達は貝殻拾いに夢中。沖に浮かぶ鳥たちよりも、みんな足元を一生懸命見ていました。「きれいな貝殻をたくさんみつけたよ!」





CIMG9630s.jpg こちらの子は、カニの死体を拾いました。中海の湖岸にはいろいろなものが落ちていて、児童達は興味津々でした。






 今回のバス遠足で、地元の子ども達が中海で暮らしているコハクチョウの姿を直に観察することで、コハクチョウが暮らせる環境について知ってもらえたら幸いです。
 
鳥情報:クロツラヘラサギが再び姿を消しました。今日は姿が見えませんでした。どこに行っちゃったのでしょう?

2008年11月21日 18:58 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , ノスリ , , 鳥情報

まなびネットきずなの野鳥観察

 15:30~17:30に、まなびネットきずなの水辺の安全教室として、米子水鳥公園の水鳥観察のご案内を承りました。観察用具の使い方を勉強してから、園内の野鳥を観察したり、ネイチャーセンターの展示物や映像をご覧頂いた後、いよいよ最大の目玉であるコハクチョウのねぐら入りの観察です。

CIMG9419s.jpg 16:30頃から、園内の水鳥観察桟橋に移動して、西の空からコハクチョウの編隊が飛んでくるのを待ち構えました。「まだかな~!」





CIMG9421s.jpg 水鳥観察桟橋でじっとしていると、カモたちが少しずつ近づいてきて、普段どおりの行動を間近で観察させてくれました。





 私達の期待通り、コハクチョウの群れが水鳥公園に飛来しました。滑らかに滑空しながら水面に舞い降りるコハクチョウ達に、皆さんから歓声があがりました。さらに、16:55頃、マガン数百羽が大編隊を組んでやってきました。野鳥たちが繰り広げるすばらしいショータイムに立ち会えて、一同感激でした。
 こんなに都合よくコハクチョウやマガンのねぐら入りに立ち会えることは珍しいです。皆さんの日ごろの行いが良かったからでしょうか。皆さんには、水鳥公園の最高の光景を満喫して頂くことができました。

2008年11月 9日 19:52 カテゴリー: コハクチョウ , マガン ,

コハクチョウとギターの夕べ

 今日は、米子水鳥公園初の音楽企画「コハクチョウとギターの夕べ」を開催しました。曇天で肌寒い風が吹く天候でしたが、夕方のイベント開催時間にはおよそ30名が集まり、ねぐら入りで集まったコハクチョウの群れを眺めながら、美しいギターの音色を鑑賞しました。

CIMG9322s.jpg 窓のすぐ外にはコハクチョウの群れがいて、ギターの生演奏を聴けるなんて、なんとも贅沢な時間でした。 今日はコハクチョウが180羽がねぐら入りし、今季最多数でした。




CIMG9329s.jpg ギター演奏は、地元のギター愛好家グループ「六弦倶楽部」(むげんくらぶ)の皆様。皆さん数10年のキャリアをお持ちなだけあって、とても心地よいギター演奏を楽しませていただきました。窓の外のコハクチョウも、ギターの音色を聞きながら眠りについていました。

2008年11月 8日 19:24 カテゴリー: コハクチョウ , , 鳥情報

コハクチョウも規制緩和?

  最近、ネイチャーセンター前にハクチョウが集まる、と度々ご紹介していますが、今季は異常?です。

CIMG9166s.jpg 通常、ハクチョウやカモなどの水鳥は、天敵に襲われたときにすぐ水の中へ逃げられるよう、池の岸辺に集まり、内陸へはあがりません。ところが、今日はご覧のとおり、眼下の陸地の中央部に堂々と上がり、雑草を食べています。ここまでコハクチョウがネイチャーセンターに接近したのは初めてです。
 
 水鳥公園の鳥たちは、種類ごとにネイチャーセンターに接近する限界ラインを設けているように感じます。このラインよりは絶対近づかないぞ、という暗黙の距離があるのです。ところが、最近のコハクチョウとマガンは、これまでの限界ラインをはるかに超えて接近しています。このような規制緩和は大歓迎ですね。

2008年11月 7日 16:53 カテゴリー: コハクチョウ , マガン ,

米子水鳥公園ならではの風景

 最近、お昼過ぎになるとネイチャーセンターの真正面にコハクチョウたちが集まって休憩するようになっています。
 今日も、コハクチョウ約50羽の間を縫うようにクロツラヘラサギがうろうろしていました。水鳥公園では日常の光景ですが、実に贅沢な光景です。

IMG_6884s.jpg コハクチョウは主に山陰地方以北に飛来する鳥で、クロツラヘラサギは主に九州地方以南に飛来する鳥です。毎年この時期に、両者が同居するのはまさに米子水鳥公園ならではの光景です。




 鳥の状況は毎日変化しています。いつもネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるわけではありませんので、是非お早めにご来館なさることをお勧めします。

2008年11月 7日 16:34 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

今日の鳥模様「2008年11月6日」

CIMG9126s.jpg 今日も、ネイチャーセンターの目の前にコハクチョウとクロツラヘラサギが集まってくれて、お客様にとても喜ばれました。どのくらい近いかはご覧のとおり。20倍の望遠鏡ではコハクチョウの体の一部しか見えません。



CIMG9128s.jpg どうしてネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるのでしょうか。その理由は、春から秋に行っていた環境管理作業にあります。たくさんの人たちに獣よけの水路を掘ってもらったり、雑草を抜いてもらったお陰で、安心して休憩できる岸辺とコハクチョウたちが認めてくれたのです。

今年行ってきた環境管理の様子はこちら!↓

http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/520.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post22.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post
18.html

CIMG9141s.jpg 今日の珍しい光景。
オオタカの目の前を、マガンの群れが悠然と泳いでいました。このオオタカは、1時間ほど前にカモを捕獲し、お腹いっぱい食べた後です。お腹がいっぱいのオオタカは怖くないというわけです。それにしても贅沢なツーショットですね。

2008年11月 6日 17:55 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

三連休最終日

 三連休の最終日となった今日は、コハクチョウが昨日よりちょっとだけ増えて96羽いました。うす曇りの天気は野鳥観察に最適で、一日を通してきれいに鳥が観察できました。背景には大山のシルエットがきれいに見えていました。
 昨日、今日とカワセミはサービスしてくれませんでしたが、コハクチョウとクロツラヘラサギはネイチャーセンター正面で終日姿を見せてくれました。マガンの群れもいつもと比べるとありえないほど近くにまでやってきていました。
 通常、コハクチョウは朝8時前頃から田んぼへ移動するため、夕方5時以降まで園内から姿を消すのですが、この三連休は一日中コハクチョウがたくさんいて、お客様にとても喜ばれました。人間だけでなく、コハクチョウ達にとっても田んぼで落穂拾いの仕事が三連休のようでした。

2008年11月 3日 18:59 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

野鳥たちによる「お客様感謝デー」

 三連休初日の今日は、晴天に恵まれ、ネイチャーセンターからは大山がきれいに見えていました。そんな中、園内の鳥たちもお客様に大サービスしてくれました。

CIMG9036_s.jpg 飛ぶ宝石、カワセミ。ここ数日、妙にサービスが良い。ネイチャーセンターすぐ前の柵に止まってじっとしていたり、時々池に飛び込んでメダカを食べたり。どうやらネイチャーセンター前が好きな特定の個体がいるみたい。



CIMG8987s.jpg 一昨日から滞在中のクロツラヘラサギも大サービス。今日はほぼ一日中ネイチャーセンター前で魚取りと昼寝を繰り返していました。近すぎて写真の枠に収まりませんでした。











 このほか、コハクチョウ約40羽、マガン約250羽、オオヒシクイ4羽がほぼ終日園内に滞在していました。お客様にも大変喜ばれました。まさに今の水鳥公園のオールスター揃い踏みの贅沢な一日でした。

2008年11月 1日 18:57 カテゴリー: オオヒシクイ , カワセミ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , 鳥情報

レンジャー日記「10月25日」

今日は、開館からコハクチョウが0羽と寂しかったが、14:25に3羽が飛来。しかし、14:48には西へ飛び去ってしまう。
 16:44からコハクチョウが安来から帰ってき始め、17:30の閉館時には46羽になった。コハクチョウのねぐら入りに立ち会えたお客様に大変喜んでいただけた。昨日は17:20にねぐら入りしたので、昨日より36分早いねぐら入りだった。今季は、これまでコハクチョウの行動パターンが変則的だったが、そろそろ早朝に水鳥公園から安来に移動して夕方に水鳥公園へねぐら入りするという、いつもの行動パターンに落ち着きつつある。
 コハクチョウの群れに1羽、アメリカコハクチョウが混じっていた。コハクチョウと番いになっていて、4羽の幼鳥を連れている。明日以降も観察できるか楽しみ。
 
今日観察できた鳥(一部抜粋)
コハクチョウ46羽(アメリカコハクチョウ1羽含む)
マガン230羽
オオヒシクイ1羽
オオタカ成鳥1羽
カワセミ2羽
セイタカシギ1羽
オオハシシギ1羽
ツルシギ3羽
アメリカヒドリ♀1羽
トモエガモ♂1羽

IMG_6417s.jpg←13:20頃、中海の水鳥公園直近をヨットが横切り、園内で休んでいたマガンが驚いて一斉に飛び立った。マガンは大変神経質なので、この時期にヨットが水鳥公園直近を航行するのは控えていただきたい。

2008年10月25日 19:09 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , マガン , 珍鳥 , 鳥情報

小学生の調べ学習

今日は地元小学校の4年生が、水鳥公園で調べ学習に取り組みました。テーマは、「米子水鳥公園」「ラムサール条約」「コハクチョウ」の三つ。各テーマごとに班で分かれて、各テーマについて調べました。

CIMG8354s.jpg←ネイチャーセンターで資料探しに駆け回る児童たち。 







CIMG8348s.jpg←米子水鳥公園について調べている児童たち。米子水鳥公園ってどんなところだっけ?













CIMG8375s.jpg←ラムサール条約班は、屋外で水質調査に挑戦。中海の水温、におい、COD、透視度を測りました。

2008年10月20日 17:41 カテゴリー: コハクチョウ , ラムサール条約 , 普及啓発 ,

コハクチョウ初飛来日当てクイズ2008結果発表!

本日のコハクチョウの到着をもちまして、コハクチョウ初飛来日当てクイズ2008の受付が終了しました。応募総数310名のうち、16日を予想した方は54名でした。その中から抽選で10名を選びまして、ハクチョウマグネットをプレゼントいたします。当選者は次のとおりです。
 
・安田重子さん(米子市)
・林原優仁さん(米子市)
・田中一郎さん(米子市)
・柄川俊也さん(米子市)
・樋口未歩さん(米子市)
・東森光良さん(米子市)
・岩本啓幸さん(南部町)
・太田千賀さん(岡山県)
・松尾信孝さん(長野県)
・平田美津子さん(京都府)
 
当選者の皆さん、おめでとうございます!
正解したのに惜しくも当選しなかった皆様には、ネイチャーセンター招待券とコハクチョウバッチをプレゼントします。
来年も初飛来日当てクイズを開催予定ですので、今年以上に多くの皆様のご参加をお待ちしております。

2008年10月16日 13:39 カテゴリー: コハクチョウ ,

今朝の風景&メジロガモ

IMG_2740s.jpg今朝も、昨日と同様、晴れたり吹雪いたりの天気。1月までは塒入りしているコハクチョウの数が100羽前後でしたが、2月に入ってから増加傾向となり、今朝は300羽以上いました。繁殖地へ旅立つ時に備えてスタンバイ中、といったところです。



CIMG0607s.jpg22日に発見されたメジロガモ♀は、今朝も健在です。昨日、今日は、およそ100m前後の距離で観察できています。掲載している画像は、昨日撮影したものです。
大変地味なカモなので発見は難しいですが、ご興味がある方はお早めに水鳥公園にGO!

2008年2月24日 07:51 カテゴリー: コハクチョウ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー