水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

クロツラヘラサギがやってきた!

今年もクロツラヘラサギがやって来ました。
ちょうど水鳥公園だより11月号で注目の生きものとして紹介していますよ~♪。

今朝は5時半から鳥の標識調査をしていたのですが、
調査の合間に今朝のハクチョウの数を数えていたところ、
コハクチョウと一緒にいるのを見つけました。

kurotsuraDSCN1408s.JPG

















この画像ではわかりませんが、くちばしが真っ黒で目先に三日月形の斑点があるので、成鳥だと思います。
長旅で疲れているのか、一日中園内中央部の島の岸辺からほとんど動かず、集まった報道関係のみなさまもじれったい様子でした。

なにはともあれ、クロツラ君には水鳥公園に長期滞在して頂きたいものです。

さて、明日から11月ですね。
それに伴い、開館時間が変更にあります。
平日は8:30~17:30、土日祝日は7:00から開館します。
土日祝日には7:30~8:00に早朝特別解説を行いますので、
ぜひ早起きをして、クロツラ君やハクチョウたちに
会いに来てくださいね♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年10月31日 17:07 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギがちょっと休憩

昨日夕方17時ごろ、クロツラヘラサギを1羽見つけました。

DSCN1328s.JPG

















いた場所は、水鳥公園敷地内の中央部にある大きな島の岸辺で、
ネイチャーセンターから500mくらい先でした。
あまりにも遠いので、辛うじてクロツラヘラサギだとわかる程度
にしか観察できませんでした。

そして今日もいるかな?と期待して出勤したのですが、
残念ながら一日待っても姿を見せませんでした。
渡りの途中でちょっと一休み、
という程度のお立ち寄りだったようです。

本当の飛来時期は11月頃です。
昨年は12日間しか滞在してくれなかったので、
今年も飛来して、長居してくれたらうれしいです。



IMG_9765s.JPG















今日は、ネイチャーセンター前浜にコチドリの幼鳥がやって来ました。
この近辺で生まれ育った兄弟かもしれません。
片方は見た目にも幼く、可愛らしかったです。

文・写真:きりぎりす

2013年8月22日 17:56 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ , コチドリ

クロツラヘラサギ現る!

今日は園内の鳥をすべて数える日なので、朝一番で鳥の様子を確認したところ、クロツラヘラサギが1羽いました。渡りの時期としてはちょっと遅めですが、繁殖地への旅の途中で休憩に立ち寄ってくれたのでしょう。




IMG_3822ts.JPG















観察小屋前の岬の先端でのんびり休憩しているクロツラヘラサギ。翼の先端が黒かったので若鳥です。子育てには参加しないから、のんびり旅をしているのかな?



IMG_4039s.JPG















その後しばらくしてから、空から爆音が響いてきました。
今日もブルーインパルスが訓練飛行で水鳥公園の北西の空を飛び交い、空にいっぱい落書きをしていました。



その傍らで、鳥たちも負けじと空を飛んでいました。


IMG_3883ts.JPG















カルガモ。2羽で仲良く飛んでいました。


IMG_3960ts.JPG















アマツバメ。洗練されたスタイルから繰り出す自由自在の飛行テクニックは、ブルーインパルス以上!さすが鳥類界屈指の飛行の名手です。


IMG_3999ts.JPG
















カワウ。ブルーインパルスが気になるのか、首をひねって脇見飛行。



IMG_3910s.JPG


































こうしてネイチャーセンターの玄関で、空飛ぶ者たちに見とれていると、ブルーインパルスがネイチャーセンターの真上を超低空飛行!
すっげ~!


ド迫力の光景に喜んだのもつかの間。
「まてよ、その先には鳥たちがいるのに…」


急いで観察ホールに駆け上がると、カモたちは意外なほど平然としていました。
「何だ、特に影響なしか。よかったよかった…。あれ?クロツラは?」
何と、クロツラヘラサギだけ姿を消しているではありませんか。
なんてことをしてくれたんだ、ブルーインパルス!
せっかく来てくれた世界的希少種を追い出してしまうとは、
とんでもない!




IMG_4297s.JPG















しかし、数時間後の夕方にふと鳥の様子を見ると、
朝と同じところで居眠りしているクロツラがいました。
ブルーインパルスに驚いたクロツラは、隣のヘドロ処理地に一時避難していたようで、また帰ってきてくれました。よかった~♪

さて、明日はいよいよ航空祭本番ですね。
午後の天気予報がよろしくないですが、ブルーインパルスが飛んでくれたらいいですね。
でも、水鳥公園の上は飛んでほしくないなぁ。

明日もクロツラヘラサギはいてくれるかな?

(文・写真:きりぎりす)
 

2013年5月18日 19:19 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

オオハクチョウが6羽います

今朝もコハクチョウでにぎわっていました。
8:00現在で600羽以上いましたので、明け方にはさらにたくさんいたのでしょう。

その中に、昨日、今日とオオハクチョウが6羽います。
山陰地方ではコハクチョウ1000羽の中に1~2羽いるかどうかという鳥なので、6羽はかなり多いです。

現在、成鳥3羽のグループと幼鳥1羽を連れた番いが、水鳥公園をねぐらにしています。


IMG_4019s.JPG
















昨日撮影したオオハクチョウの番い。この傍らには幼鳥が1羽います。


オオハクチョウは、コハクチョウよりもねぐらに居残る傾向が強く、コハクチョウのほとんどが田んぼへ食事に出かけても園内にしばらく残っています。
ネイチャーセンターの目の前にもよくやって来ますので、オオハクチョウを観察するなら今がチャンスです。

クロツラヘラサギは、26日(月)を最後に姿を消しています。
12月8日(土)には観察会を予定していますので、それまでに帰って来てくれることを祈ります。

2012年11月30日 09:31 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クロツラへラサギ

クイナを今季初認!

今日は終日雨降りの肌寒い一日でした。

近頃のコハクチョウの数はおよそ500羽。朝夕はハクチョウたちの声でかなりにぎやかです。


IMG_3865ts.JPG
















コハクチョウの群れの中に、オオハクチョウが3羽混じっていました。この写真は、3羽のうちの2羽でつがいと思われます。この2羽はお昼ごろまで園内に残っていましたが、いつの間にかいなくなり、午後にはハクチョウは0羽になりました。




IMG_3825ts.JPG
















ネイチャーセンター南側の目の前にクイナがいました。今季初認です。草地で食べ物を探したり、柵に飛び乗ったりを繰り返した後、ヨシ原に潜っていきました。




IMG_3853s.JPG

















現在大人気のクロツラヘラサギ。一応今日も健在です。池の浄化設備脇の人工湿地でお昼寝中。
しかし、近頃のクロツラさんはちょっと変。人目を避けるように、ネイチャーセンターから遠く離れたところや、死角になるところにばかり居たがり、観察しにくいのです。

いつもの年ならば、ネイチャーセンター目の前で堂々と昼寝をしたり食べ物探しをする鳥なのに、今年のクロツラさんは恥ずかしがり屋なのかな?

●今日の鳥 2012年11月26日(月) 雨
コハクチョウ 8:35現在246羽。恐らく500羽くらいがねぐら入りしている。
オオハクチョウ 成鳥3羽
コブハクチョウ 成鳥1羽
マガン 360羽
チュウヒ 1羽
ミコアイサ およそ10羽
セイタカシギ 1羽
ハマシギ 15羽 オナガガモの合間を走り回っていました
ツグミ 6羽
セグロカモメ 成鳥1羽
カモメ 成鳥3羽
カワセミ 1羽

など、33種およそ2000羽

2012年11月26日 17:47 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クイナ , クロツラへラサギ

クロツラヘラサギ到着!

IMG_3259s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日朝、クロツラヘラサギ1羽を園内で確認しました。毎年11月ごろに来る世界的珍鳥。毎年来るといっても、わずか1羽ずつ。今年も来てくれるのか、半信半疑で毎年この時期に待っているのですが、今年も来てくれてホッとしました。

12月8日(土)10:00~11:30に、自然観察会「クロツラヘラサギを観よう!」を開催しますので、ぜひご参加ください。

2012年11月15日 11:26 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギ最近好調?

今季のクロツラヘラサギは、姿が見えないことが多くてサービスが悪いなあ、と思っていましたが、近頃は毎日見られます。

昼間は、水鳥観察桟橋の向かいの岸辺で、コハクチョウの群れに混じってお昼寝するのが日課になっています。丸くなって寝ていると、コハクチョウに紛れて見つけにくいです。

今日は、夕方にネイチャーセンター付近にやってきて、島の真ん中で羽繕いを始めました。グニャリグニャリと自在に動く首のしなやかさにびっくり。




クロツラヘラサギの羽繕いの様子を動画撮影してみました。





●今日の鳥の様子 2012年2月24日(金)
コハクチョウ 161羽 大幅に減りました!
コブハクチョウ 1羽
マガン 1羽
ツクシガモ 1羽
ミコアイサ 雄3羽雌3羽
ミサゴ 1羽
オジロワシ 1羽
チュウヒ 1羽
クロツラヘラサギ 1羽

など、30種・約1500羽。
今日は猛禽類の出現が少なかったです。

2012年2月24日 18:06 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

なかよし一家

近頃、アメリカコハクチョウとコハクチョウの番い一家が水鳥公園にいます。

※解説しよう!アメリカコハクチョウは、北米大陸にすむコハクチョウの亜種。コハクチョウはロシア生まれなので、この番いは人に例えると、アメリカ人とロシア人の国際結婚夫婦のような関係なのだ!

この一家は朝一番で安来へと出かけてしまうので、なかなかお客様にご覧いただけないのですが、今日は吹雪のせいか、園内にとどまっています。

CIMG2892es.jpg

















家族構成はこんな感じです。
ハクチョウ類は外見で性別は見分けられないのですが、この家族は他の家族との挨拶の際にアメリカコハクチョウが代表して前に出ているので、お父さんかな?と思います。

コハクチョウは、平均4個の卵を産むのですが、なかなか6羽の家族は見られません。厳しい自然界では、順調にすべての子が育つ確率はとても低いのです。
そんな中、この一家は4羽の子どもを連れて過ごしています。すごいですね。

どこへ行くにも家族一緒。
この仲良し一家を見ていると、癒されますよ~♪

この一家を観察したい方は、朝一番にお越しいただくことをお勧めします。
明日、明後日は週末なので、朝7時から開館していますので、是非お越し下さい。

この一家は、元旦にも姿を見せていました




CIMG2881s.JPG

















クロツラヘラサギは、昨日一日姿を見せませんでしたが、今日はコハクチョウの群れに混じって眠っています。
水鳥観察桟橋向かいの岸辺にいるので、かなり近くに居るのですが、外は吹雪だし、顔を見せてくれないのが残念です。

オジロワシもまだ居ます。




 

2012年2月17日 13:44 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , クロツラへラサギ

きてます!

CIMG2301s.jpg

















きてます。クロツラヘラサギ。
8:44現在。前浜左手の島にて。

2012年1月21日 08:43 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギ近いです!

今日は昨日とは一転して、一日中雨です。
ところが、寒いわりにはコハクチョウが日中でも多く居残り、今おすすめの鳥である、ツクシガモやクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターのそばまで近づいてきてくれました。

_MG_3225s.JPG
















日中、園内でくつろぐコハクチョウたち。
昨日に続いて、今日も安来で落穂拾いのお仕事はお休みですか??



CIMG2196s.jpg

















こちらはツクシガモ1号?です。2羽のうち、美しい方の個体。
ネイチャーセンター左手の島に着岸。おでこのコブが少しずつ大きくなってきました。
やや色が悪い2号?は400mくらい先にいます。
この前までは2羽で行動していましたが、最近では単独行動が目立ちます。けんかでもしたのかな?




CIMG2254s.jpg






























クロツラヘラサギは今日も健在です。
昨日は朝にチラッと姿を見せただけでそれ以降現れませんでしたが、今日はネイチャーセンター左手の島に舞い降りてきました。盛んに獲物を捕って食べていました。かなりお腹がすいているようです。




CIMG2244s.jpg

















「ん?」
ダイサギと一緒に何かの気配を感じて、警戒中。
クロツラヘラサギの正面顔が面白いです。





CIMG2274s.jpg






























近かったので、このサイズで撮影できました。
くちばしの先端に黄色部が出ているので、5歳以上の成熟した個体のようです。
秋に飛来した時は真っ白だったクロツラヘラサギですが、毎年この頃になると、全身が汚れてきます。
しばらく姿を消していた間に、鉄分が多い湿地帯で過ごしていたのかもしれません。

それにしても、クロツラヘラサギを見たい!というお客様がいらっしゃると姿が見えず、お客様が少ない時や、クロツラヘラサギを意識していないお客様がいる時には近くにやってくる、ということが多々あります。不思議ですね。

今日は悪天候でお客様は少なかったのですが、午前中一杯鳥をご覧になっていたお客様は、近くでクロツラヘラサギ観察と撮影を満喫できて、とても喜んでいらっしゃいました。

●今日の鳥 2012年1月19日
コハクチョウ 170羽 じわじわ増加中。北帰行シフト始まる?
クロツラヘラサギ 1羽 サービス良好!
ツクシガモ 2羽 1羽はサービス良好!
ミコアイサ 5羽以上 雄2羽います!
オオタカ 若鳥1羽
ハイタカ 1羽
チュウヒ 2羽
カワセミ 2羽 ネイチャーセンター前を往復!

など、約30種類・約2000羽。

アメリカコガモ、オジロワシは姿が見えません。


2012年1月19日 15:16 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , ツクシガモ , 速報

クロツラヘラサギまたまた復活!

12月12日を最後に姿を消していたクロツラヘラサギが、今朝久しぶりに姿を見せてくれました。

CIMG2131s.jpg

















西側の空から飛んできて、ネイチャーセンター右手の岸辺にある小さな池に舞い降りました。
お腹がすいていたのか、浅瀬で次々と獲物を食べていました。

CIMG2183s.jpg

















あちらこちらをウロウロしていまして、全身が見えるところにも出てきました。

この後、アメリカコガモ1羽を発見!水鳥公園初記録です。


オジロワシは昨日は姿が見られませんでした。今日はどうかな?


14:48追記
つい先ほど、クロツラヘラサギは、東方向のはるか彼方へ飛び去ってしまいました。
Please come back!!

翌 16日 園内にクロツラヘラサギの姿を確認しています。

2012年1月15日 08:48 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギ復活!

DSCN1312s.JPG


















本日早朝、クロツラヘラサギが戻ってきているのを確認しました。

祝、復活!


_MG_2380ts.JPG

















しばらくしたら、ネイチャーセンター前の島にやってきて、居眠りを始めました。
居なくなる前の定位置です。やっぱり同じ個体かな?
ということは、また一日中眠ってばかりいるかもしれませんね。

2011年12月11日 07:19 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギがいなくなりました

今季の初飛来以降、私たちを楽しませてくれていたクロツラヘラサギが、今日一日姿を見せませんでした。
水鳥公園のクロツラヘラサギは、時々近辺に出かけて姿を消し、数日後にまた戻ってくることがあるので、まだ完全に去ってしまったのかどうかは分かりません。
また姿を見せましたらお知らせします。

●今日の鳥(2011年12月7日)
ハジロカイツブリ 15羽
ミミカイツブリ 1羽
コハクチョウ 109羽(17:17現在のねぐら入り数)
マガン 約530羽(17:05ねぐら入り)
ツクシガモ 1羽
トモエガモ 8羽(はるか500m先)
ヨシガモ 十数羽(同上)
オカヨシガモ 十数羽(同上)
ホオジロガモ 1羽 
ミコアイサ 約15羽(目の前にも時々来ます。きれいな雄もいます!)
ミサゴ 2羽
トビ 4羽
オオタカ 成鳥1羽若鳥1羽
ハイタカ 若鳥1羽
ノスリ 成鳥1羽
ハイイロチュウヒ ♀タイプ1羽 今季初認!
チュウヒ 成鳥1羽若鳥1羽
ハヤブサ 成鳥1羽
カワセミ 1羽

など。

今日は猛禽類サービスデー。8種類ものタカが現れました。
また、ここ数日はコハクチョウが15時ごろからねぐら入りしてきます。なぜこんなに早く安来から帰ってくるのかよく分かりませんが、明るいうちに帰ってきてくれるのは嬉しいです。雪化粧した大山が背景に見えていたら、その前を旋回して舞い降りてくるコハクチョウの群れはとてもきれいですよ。

2011年12月 7日 17:50 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報 , 鳥情報

寒くなりました!米子水鳥公園

今日の米子水鳥公園は木枯らしが吹いていました。

DSCN1024ss.jpgクロツラヘラサギです。
風よけのためにクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターの前で一日寝ています。
クロツラの目が赤いのは、一晩中起きていたからではなく、
もともと目の赤い鳥です。





DSCN0931ss.jpgドングリ拾いに来ていただいた幼稚園の皆さんにクロツラヘラサギをぬいぐるみで紹介しました。
残念ながら、肝心のへらのような嘴を出してくれません。

園内でドングリ以外にも10種類以上の木の実が拾えました。



DSCN0946st.jpg今日のコハクチョウたちは、8:30amごろ公園を飛び立っていき、
2:50pmに帰ってきました。日が短いせいで充分な採食時間をとれないようです。

コハクチョウたちの群れにオオハクチョウ(中央奥)がいました。
横にはきれいなツクシガモです。

2011年12月 2日 19:08 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クロツラへラサギ , ツクシガモ , 普及啓発 ,

クロツラ今季再接近!

今季、初めてクロツラヘラサギがネイチャーセンターの目の前(前浜)にやってきました。これまでの最短距離30mの半分、15mまで接近してきました!

CIMG0986s.jpg

















ネイチャーセンターの窓から見ると、こんな感じです。
画像中央付近の白い鳥がクロツラです。
野生のクロツラヘラサギをこんなに近くで見られる施設は他にないでしょう(たぶん)。


_MG_1608s.JPG
















浅瀬で獲物探しをするクロツラヘラサギ。ネイチャーセンターの前浜は遠浅の砂浜なので、クロツラヘラサギの獲物探しに最適です。

_MG_1628s.JPG
















くちばしのでこぼこや、目の色まで観察できます。
16:30頃、長~い昼寝から目覚めて、目の前に舞い降りてきました。


※撮影データ:
EOS kiss Digital X + EF500mmF4.5 L
F4.5 1/125 ISO400 +2/3補正
ノートリミング


ただ残念なのは、このクロツラヘラサギは一日の大半を寝て過ごしていることです。
今日も午前中からお昼過ぎまで、クロツラヘラサギ狙いのカメラマンがじっとシャッターチャンスを待っていましたが、殆ど動かないのでお手上げ状態だったようです。

クロツラヘラサギは、日中は眠っていて早朝と夕方に活動する傾向があります。活動しているクロツラヘラサギを見るなら、これらの時間が狙い目かもしれません。

●最近の鳥の様子
・コハクチョウ 100羽前後がねぐら入り。
・マガン 250羽前後がねぐら入り。お昼に帰ってくることもあります。
・ツクシガモ 成鳥1羽。ネイチャーセンターから500m先にいます。
・カンムリカイツブリ 10羽くらい
・ハジロカイツブリ 10羽くらい
・ミミカイツブリ 1羽
・ヨシガモ 20羽くらい
・オカヨシガモ 30羽くらい
・トモエガモ 10羽くらい
・ミコアイサ 10羽くらい(パンダ模様もいます!)
・オオタカ 成鳥と若鳥あわせて数羽が時々飛来。
・ハイタカ 幼鳥1~2羽がネイチャーセンター目の前を飛びます。
・ノスリ 観察小屋の屋根に時々止まっています。
・チュウヒ 1~2羽がヨシ原上空を舞います。
・ハヤブサ 1~2羽が飛来。時々カモを食べています。
その他、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモなど、カモ類1500羽くらい。

2011年11月23日 17:50 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

クロツラヘラサギは早朝がおすすめ!

クロツラヘラサギを確認してから今日で4日目。
昨日からネイチャーセンターの前にやってきてくれるようになり、近距離で観察できるようになりました。

CIMG0843s.JPG

















ネイチャーセンター前、右手の島にて。距離30m位。



CIMG0850s.JPG

















デジスコなら、こんなアップの写真が撮れます。
(スコープ60倍+コンパクトデジカメ23.7㎜で撮影)
洗濯板のように上面がでこぼこしたくちばしが、成鳥の証です。


CIMG0857s.JPG

















朝から昼過ぎまではすぐ近くでくつろいでいたのに、コサギ(画面左)に追い払われて、遠くに移動してしまいました。残念~。
自分より小さなコサギに追い払われてしまう、気弱なクロツラ君でした。

今季のクロツラヘラサギは、
園内中央部の島(ネイチャーセンターから500mくらい)、
園内の池の南西岸(同150mくらい)、
ネイチャーセンター正面(同30mくらい)
の3か所を巡って過ごしています。

昨日までは、一日中丸まって眠ってばかりであまり面白くなかったのですが、今日は浅瀬で獲物探しをするなど、活動している様子を見せてくれて面白いです。

昨日、今日と朝はネイチャーセンター前にいましたので、
クロツラヘラサギを近くで観察するには早朝が良いかもしれません。

2011年11月19日 13:46 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ

クロツラヘラサギ 今日は目の前

_MG_1425.JPG今日は、クロツラヘラサギが
ネイチャーセンターの目の前で寝ています。
その距離30メートル。標準レンズで撮影。
どこにいるか分かりますか?





CIMG0725s.JPG望遠鏡で覗くと、こんな感じです。









CIMG0811s.JPGほとんど寝てばかりですが、時々起きて羽のお手入れをしていました。










コハクチョウは、10:00頃飛び立ちました。

2011年11月18日 10:15 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報

クロツラヘラサギ今年も来ました!

本日朝、園内中央部の岸辺にクロツラヘラサギ1羽を確認しました。
毎年11月頃に飛来する鳥なので、いつもどおりの時期の登場です。

CIMG0650s.JPG

















今年は成鳥が来てくれました!

長旅で疲れているのか、一日中ほぼ同じ場所で丸くなって休んでいました。
お昼頃には、マガンの群れに紛れて草むらに座り込み、ぺったんこになって見えなくなってしまいました。クロツラヘラサギが座り込む様子を見たのは初めてです。よっぽど疲れているのか、それとも、用心深いマガンに囲まれて安心していたのか。
明日には元気になって、ネイチャーセンター前にも来てくれたら嬉しいです。

2011年11月16日 18:28 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報 ,

クロツラヘラサギまだいます!

一昨日に飛来したクロツラヘラサギは、今日も健在です。
昨日、報道を見てクロツラヘラサギを見たい、というお客様がいらっしゃいましたが、昨日は全く姿を見せませんでした。そのため、もう旅立ってしまったと思ったところでの再登場に、とりあえず一安心です。

_MG_9906.JPGネイチャーセンター前に造りかけの島で、カワウと相席。







●昨日の鳥(2010年9月2日木曜日)
・ハヤブサ1羽 コサギ?を捕食。
・コチドリ2羽
・トウネン2羽
・ツルシギ幼鳥1羽 今季初認!
・コアオアシシギ1羽 今季初認!
・ソリハシシギ1羽
・タカブシギ1羽
・シマアジ1羽
・アカハシハジロ(エクリプス)1羽
・コシアカツバメ1羽
など、38種類。

2010年9月 3日 11:07 カテゴリー: クロツラへラサギ , 速報 ,

クロツラヘラサギ登場!

_MG_9843s.JPG本日午前10:30頃、水鳥公園にクロツラヘラサギ1羽がやってきました。昨年は成鳥でしたが、今年は2年目の若鳥(と思う)。昨年とは別の個体がやって来たようです。




NHK鳥取支局が撮影に成功していましたので、今日の夕方か明日の朝のニュースで紹介される見込みです。

水鳥公園では、毎年11月頃に飛来するのがふつうなので、ちょっと早めの登場です。このまま越冬してくれるのか、明日の朝には姿を消しているのか。気になります。どうか、しばらく居ついてくれますように!

2010年9月 1日 16:37 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ ,

ヘラ・クロツラコンビ久しぶりの登場!

今日は、雨模様の寒い朝でした。園内散策路上にはツバメが群れ飛んでいて、その中にアマツバメ1羽を確認。今季初認です。

IMGP4033s.jpg
散策路脇に整備してあるメダカ池の柵に、カワセミが止まっていました。メダカ池にメダカ捕りにくるのは人間だけではありません。






今日は久しぶりにヘラサギとクロツラヘラサギが出現しました。本拠地を水鳥公園の外に変えたらしく、最近姿を見かけなくなったのでおすすめの鳥からはずしておりますが、今日は午後半ばに前浜に飛来し、お客様サービスをしてくれました。

_MG_7738s.JPG.jpeg
冠羽がさらに伸びたクロツラヘラサギ。くちばしの凸凹が鮮明に見える近さ!







_MG_7751ts.JPG.jpeg
若いヘラサギ。成鳥よりも冠羽が控えめ。








昨日7羽登場したシマアジは、今日は姿が見られませんでした。次の飛来に期待しましょう。
春の渡り鳥は入れ替わりが激しいですね。まさに見つけたもの勝ち、という感じです。まめに観察に出かけることが貴重な出会いをつかむ秘訣です。

●今日の鳥2010年4月3日 曇りのち晴れ
・ツクシガモ ♂1♀1 ようやく合流し、二羽で仲良く行動。
・クロツラヘラサギ 1羽 ヘラサギと一緒に行動
・ヘラサギ 1羽 クロツラと一緒に行動。
・ハイイロチュウヒ ♂1羽♀タイプ1羽 久しぶりに雄が登場。カッコイイ!
・ハヤブサ 若鳥1羽 最近頻繁に出現。
・アマツバメ 1羽 今季初認!
・カワセミ ♂1羽 メダカ池でメダカ捕り!
・ホウロクシギ 1羽 長期滞在中!
・ウグイス ♂2羽 さえずりがかわいい!
・ミコアイサ ♂1♀9 長期滞在中!
など。44種確認。 

2010年4月 3日 18:43 カテゴリー: クロツラへラサギ , ヘラサギ , , 鳥情報

クロツラヘラサギ帰ってきました

IMGP3716s.jpg
昨日一日姿を見せなかったクロツラヘラサギが、今朝はヘラサギと一緒にいました(左)。プチ家出から帰って来たようです。
すぐに姿を消すと思っていたヘラサギ(右)も、意外とのんびり滞在してくれていて嬉しいですね。

2010年3月27日 10:16 カテゴリー: クロツラへラサギ , ヘラサギ , , 鳥情報

今日の鳥模様2010年3月17日

今日は、青空の良いお天気でした。でも、風は冷たく肌寒い一日でした。

CIMG0089s.jpg
今日もコハクチョウがたくさんいました。一日中160羽のコハクチョウがのんびりとお昼寝をして園内で過ごしていました。






CIMG0051s.jpg
お気に入りの砂浜でお休み中。








CIMG0040s.jpg
春の鳥、ツルシギ。ようやくネイチャーセンター前までやってきてくれました。かなり水深が深いところでもお構い無しに食物探しに勤しんでいました。





CIMG0100s.jpg
今日のクロツラヘラサギ。なびく冠羽がかっこいい。完成した夏羽の姿が見てみたい!








●今日の鳥 2010年3月17日
・コハクチョウ 187羽 8:30現在。まだまだたくさんいます!
・ツクシガモ 1羽 寂しくなったけど、まだがんばってます!
・クロツラヘラサギ1羽 今日はよく活動していました!
・オオタカ成鳥 1羽 松並木の下で獲物探し。
・ツルシギ2羽 頭を振り回しながら食物探しに熱中!
など。
昨年、園内のオオバヤシャブシの実をベニヒワがついばんでいましたが、今季はスズメが代わりに実をついばんでいます。
先日ご紹介したクイナは、その後姿が見られなくなりました。あまりにも大胆な行動ぶりでしたが、ようやく我に帰ったのかな?せっかく近くで観察できていたのに、ちょっと残念。

2010年3月17日 19:18 カテゴリー: クロツラへラサギ , ツルシギ , , 鳥情報

コハクチョウ今季最多数!

_MG_6969s.JPG.jpeg
今朝8時ごろ出勤してみると、園内にたくさんのコハクチョウが集まっていてびっくりしました。






_MG_6940s.JPG.jpeg
数えてみたところ、655羽いました。恐らく、朝7時ごろにはもっとたくさんいたのでしょう。今季最多記録です。






_MG_6945s.JPG.jpeg
続々と飛び立つコハクチョウ達。でも、朝8時以降に飛び立つものは、みんな安来方向へ向かいます。というわけで、今日は北帰行を確認できませんでした。天気が悪くなることを予測しているのかな?




_MG_7022s.JPG.jpeg
最近、クロツラヘラサギが前浜によくやってきてくれます。だんだん後頭部がボサボサになってきました。夏羽へと換羽が進んでいるようです。





3月6日(土)は、朝7時~8時の1時間、コハクチョウの北帰行観察会を計画しています。今日みたいにコハクチョウがたくさん集まっていて、北帰行の瞬間に立ち会えればいいですね~♪
たくさんの方のご参加をお待ちしております。
 
●今日の鳥2010年3月4日
・コハクチョウ 655羽 今季最多数!
・ツクシガモ 3羽 ずいぶん減りました
・オオタカ 成鳥1羽 朝から鳩胸になっていた。朝食をいっぱい食べた様子。
・トビ 4羽 1羽が鳥の翼をぶら下げて飛んでいた。オオタカの食べ残しかな?
・クロツラヘラサギ 成鳥1羽 冠羽が伸びてきた!
・ミコアイサ 数羽 つがいが怪しげな行動をしていた
その他、水鳥合計2000+羽

2010年3月 4日 17:12 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

今シーズン最高の風景!

_MG_6840s.JPG.jpeg
今日は、今シーズンの最高の風景でした。昨日から遠景がかすみ気味でしたが、午後からかすみも晴れて、大山がきれいに見えてきました。そして、目の前にはコハクチョウの群れが!
これぞ、皆様にご覧頂きたい、水鳥公園自慢の風景です。



CIMG9126s-1.jpg
奥に群れていたコハクチョウが、午後になると続々とネイチャーセンター前に集結。今シーズン最後の大サービス?






_MG_6876s.JPG.jpeg
コハクチョウの群れの中には、アメリカコハクチョウの姿もありました。







_MG_6883s.JPG.jpeg
夕暮れ時のコハクチョウ。
真っ白なコハクチョウは、夕方になると夕日に染められ、朱鷺色になります。






_MG_6905s.JPG.jpeg
クロツラヘラサギの大あくび。








_MG_6925s.JPG.jpeg
300羽くらいのコハクチョウが一日中水鳥公園でのんびりと過ごしたまま、日が暮れました。今晩から明朝にかけて、たくさんのコハクチョウが故郷へと旅立つことでしょう。





●鳥情報2010年2月24日
・コハクチョウ466羽 8:35現在。恐らく、明け方には500以上いたのでしょう。
・アメリカコハクチョウ1羽 独身?
・クロツラヘラサギ1羽 健在!
・ツクシガモ10羽 少々減った?
・ハヤブサ1羽 池中央の島で鳥を捕食。
その他、オナガガモ約2000羽含めカモ類約3000羽。

番外編
・アカミミガメ24匹 お気に入りの枕木の上にずらりと並んで甲羅干し。

2010年2月24日 18:51 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , クロツラへラサギ , , 鳥情報

クロツラヘラサギ剥製展示再開!

CIMG8964s.jpg
羽毛の汚れを取り除くため、業者にメンテナンスをお願いしていたクロツラヘラサギの剥製が、今日帰ってきました。

尾羽の先や足の付け根が赤茶色に染まっていましたが、かなり白くなりました。赤褐色に染まった羽毛は、標本からしみ出た油分によるものかと思いましたが、実際は生存中に湿地に含まれる鉄分によって染まったもののようです。業者さんがかなり頑張ってくださり、色を落としてくれました。





 とっても貴重なロシア生まれのクロツラヘラサギ。是非ご覧下さいませ。

一方、生きているクロツラヘラサギは、今日一日姿を確認できませんでした。強烈な北風を避けて隠れていたのかな?

●鳥情報2010.02.10
・コハクチョウ42羽 8:00現在
・マガン 100羽弱 飛来したが降りずに去った。
・ツクシガモ14羽 健在!
・オオタカ成鳥1羽 背中の色が薄い?
・チュウヒ1羽 いつもより高く飛ぶ
・ハイイロチュウヒ♀タイプ1 強風にあおられながら飛ぶ
・カモメ 35+羽 園内でこんなに群れるのは珍しい!

2010年2月10日 20:03 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

絶景!米子水鳥公園

sIMGP3174.jpg
今日の米子水鳥公園は、冬の晴れ間の絶景です。
 
大山をバックに飛び立つハクチョウhttp://www.youtube.com/watch?v=SzvpFjHuqekや、
餌をとるクロツラヘラサギ
見られました。

sIMGP3173.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥情報
コハクチョウ 52羽・マガン210羽
クロツラヘラザキ・ツクシガモ
チュウヒ・ハイイロチュウヒなど

2010年2月 7日 19:39 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

クロツラヘラサギ復活!

CIMG8783s.jpg
 今朝、ハクチョウの数を数えていたら、ハクチョウではない白い鳥が視界の端に見えました。「あれ?」






CIMG8763s.jpg
「クロツラヘラサギだ!」
 昨年11月末に姿を消したクロツラヘラサギが復活です。昨年に飛来した個体と同一かは不明ですが、今回も成鳥です。しかし、昨年のものよりもずいぶんと汚れています。
動画http://www.youtube.com/watch?v=N1HHml4wA1I



今季水鳥公園を訪れたお客様には、クロツラヘラサギを観たかった、という方が多かったので、この鳥の再出現は朗報です。またいつ姿を消すか分かりませんので、観たい方はお早めにどうぞ!

2010年1月30日 08:40 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

クロツラヘラサギがいなくなった!

 初飛来以降、皆様に親しまれていたクロツラヘラサギが、今日一日姿を見せませんでした。
先のブログで心配していたとおりになってしまいました。
http://nakaumi.blogspot.com/2009/11/blog-post_27.html

これは一時的な外出の可能性もあり、また戻ってくるのかもしれませんが、姿が見えなくなってしまうと心配です。

BIMGP2816.jpg早朝(6:45) の米子水鳥公園  

今日の鳥(2009年11月29日)
・コハクチョウ 179羽 今季最多数更新!今季は15:30ごろから帰ってきます。
・マガン 493羽 寒かったけれどお昼寝にきました!
・セグロカモメ1羽 毎年冬に1羽だけ居つきます。
・カワセミ 1羽
など。
今日の水鳥総数 約3000羽 ちょっと少なめ!

dIMGP2849.jpg






コハクチョウが帰ってきた。(16:00)

2009年11月29日 17:40 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

クロツラヘラサギが食べているもの

最近、クロツラヘラサギが時々ネイチャーセンターのすぐそばで食事するようになり、お客様に喜ばれています。

しかし、クロツラヘラサギが盛んに捕らえて食べているものは何なのか。いくら望遠鏡で見ていても分かりません。「う~、気になる!」

ということで、写真にとって調べてみました。

_MG_5682_.JPG.jpeg写真1








_MG_5704_.JPG.jpeg写真2















クロツラへラサギのくちばしの間に踊っているものを拡大してよく見てみた結果、いずれもスジエビのようでした。写真1、写真2以外の画像にも、スジエビと思われる小動物が写っていました。確かに、この時期に園内の池をタモ網ですくってみると、スジエビばかり捕れます。
 
結論:水鳥公園のクロツラヘラサギがよく食べているものは、スジエビである。

今日、クロツラヘラサギは一日中盛んに食事をしていました。観察している立場としては楽しいのですが、喜んでばかりはいられません。なぜなら、クロツラヘラサギが姿を消す前には、一日中獲物探しをしている様子がよく見られるからです。食べ物が不足してくると、より食べ物の豊富な場所へと引っ越してしまうのではないか、と思うのです。

クロツラヘラサギに会いたい方は、お早めに水鳥公園にお越しいただいたほうがよいかもしれません。

●今日の鳥(2009年11月27日)
・コハクチョウ 156羽 今季最多数!
・オオハクチョウ 1羽 はるか遠くでマイペース!
・マガン 約500羽  中海のマガンを観るなら昼間の水鳥公園へ!
・ヒシクイ 1羽 警戒心弱すぎ!
・クロツラヘラサギ 1羽 スジエビ大好き!
・ハヤブサ 1羽 何かをお腹いっぱい食べてハト胸になっていた!
・ノスリ 1羽 ハヤブサの食べ残しを食べてハト胸になっていた!
今日の水鳥総数 約6000羽

2009年11月27日 18:26 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

台湾からのお客様 クロツラヘラサギ?

BIMGP2714.jpg米子水鳥公園に、台湾から観光のお客様がいらっしゃいました。
 クロツラヘラサギが飛来中でしたのでご紹介したところ、大変な大盛り上がりです。台湾は、世界で最もたくさんのクロツラヘラサギが越冬する場所で、クロツラヘラサギは、日本のトキのような扱いのようです。
 若い人からお年寄りまで、皆さんこの鳥をご存知でした。今、米子水鳥公園飛来中のクロツラヘラサギは、台湾に行ったことがあるかもしれません。台湾からのお客様と不思議な縁を感じました。
 
また、当館自慢のロシア生まれのクロツラヘラサギの標本http://nakaumi.blogspot.com/2008/04/blog-post.htmlをご案内したところとても熱心に聞いていただきました。

2009年11月26日 17:50 カテゴリー: クロツラへラサギ , 国際交流 ,

レンジャー日記「2009年11月21日」

CIMG7047s.jpg今朝は、コハクチョウが109羽いました。日が昇ると、コハクチョウ達はネイチャーセンター前に集まってきました。






CIMG7052s.jpg今日は、朝7時から米子市子どもエコクラブの水鳥観察会がありました。ちょうど目の前にコハクチョウが集まっていたので、コハクチョウの行動に注目していただきました。




CIMG7089s.jpgクロツラヘラサギは今日も健在です。いつもネイチャーセンターから500mくらい離れた島の岸辺にいるのですが、夕方に100mくらいまで接近してくれました。ネイチャーセンターの目の前にも、ほんのつかの間でしたが降りてくれたこともありました。


●今日の鳥(2009年11月21日)
・コハクチョウ 109羽
・オオハクチョウ 1羽
・マガン 369+羽
・カワウ 280羽
・キンクロハジロ 3060羽
・オナガガモ 1220羽
・スズガモ 687羽
・ホシハジロ 594羽
・オオタカ 2羽(成鳥&若鳥)
・ハイイロチュウヒ 1羽(♀タイプ)
・チュウヒ 1羽
・ハイタカ 1羽
・ノスリ 1羽
・ミサゴ 1羽
・ハヤブサ 1羽
・ユリカモメ 1羽
・カワセミ 1羽
・ハシボソガラス 28羽
・ハシブトガラス 21羽
・アオアシシギ 1羽
・トウネン 1羽
・ウミアイサ 1羽(♀)
・トビ 2羽

2009年11月21日 17:05 カテゴリー: クロツラへラサギ , 子どもエコクラブ , 普及啓発 , , 鳥情報

期待どおりにヤツが来た!

もうそろそろ来るかな~♪と首を長~くして待っていたら、今日待望の「ヤツ」がやってきました!

CIMG6688s.jpgクロツラヘラサギです!
毎年11月頃にやってくる世界的希少種。1羽ずつしか来たことがありませんが、2002年以降は毎年姿を見せてくれています。しかし遠い!一番近くでも250m先にいます。報道発表用に、デジスコで証拠写真を撮影。


撮影から戻り、報道発表の準備中に、なんとクロツラがネイチャーセンターの目の前に飛来。 報道各社に鮮明な画像を提供できる絶好のチャンス到来!

「これはデジスコには近すぎる。よし!一眼デジカメ+500mmで撮影だ!!」

ところが、

「あ゛!一眼デジカメも500mmもない!!」

カワウ調査のため、同僚に一眼デジカメを持ち出されていたのでした。

CIMG6928s.jpg仕方ないので至近距離でデジスコで撮影。最低倍率でも枠に収まらない!







CIMG6913ss.jpg「ん?」 とこちらを向いたクロツラ君。

純白の翼と、真っ黒で洗濯板のようにデコボコしたくちばし。今年のクロツラは成鳥です。水鳥公園に飛来するクロツラは殆んどが若鳥なので、とても珍しいです。

それにしてもユニークな顔。クロツラヘラサギは、水鳥公園に飛来する野鳥中、希少性と変顔の二冠王です。

この個体は放浪癖があるようで、時々遠くへ飛び去ってしまいます。ぜひ水鳥公園で落ち着いてもらって、長期間滞在してくれたら嬉しいですね。

●今日の鳥 2009年11月18日(水)
・クロツラヘラサギ1羽(今年も順調に飛来。ヘラサギも来ないかな♪)
・コハクチョウ 65羽(もっとたくさんいるはず)
・オオハクチョウ1羽(一日中います)
・マガン約300羽(寒い日はお昼寝に帰ってきません)
・ハシビロガモ(潜水採餌しまくり!)
・ミコアイサ(急増!オスはまだパンダになってません)
・ハシブトガラス&ハシボソガラス 合計約20羽(みんなで集まって何をしているの?)
・オオタカ2羽(成鳥と若鳥)
・ハイイロチュウヒ♀1(ネイチャーセンター周辺をよく飛んでくれました)
・カワセミ2羽(♂と♀の若鳥同士が追いかけっこ)
・ホオジロガモ♀1(今季初認!)
・その他カモ類 約3000羽強!

2009年11月18日 18:35 カテゴリー: クロツラへラサギ , , 鳥情報

クロツラへラサギ「あともうちょっと!」

 暑い日が続いていて、園内のカルガモ親子たちも、昼間はヨシの草陰などに隠れてお昼寝しています。

 そんな中、陽炎の彼方に白い鳥が1羽見えました。
「あの体型はもしや?」
ちょっと季節はずれだけど、間違いない。

DSCN0010s.jpg 高倍率スコープで拡大してみたところ、クロツラヘラサギの若鳥でした。居た場所は、水鳥公園の南にある中海の岩礁「俎板岩」の上。カワウたちと窮屈そうに岩礁の上に乗っていました。






このクロツラくんに、
「もうちょっとだけ飛べば、広くて小魚がいっぱい居る米子水鳥公園ですよ!」
 と教えてあげたい気分。
 園内に飛んできてくれないかな~♪

2009年6月27日 14:15 カテゴリー: クロツラへラサギ , 珍鳥 , , 鳥情報

久しぶりのクロツラヘラサギの姿!

IMG_7161s.JPG.jpeg  一時姿を消していたクロツラヘラサギですが、昨日、今日と姿が見られるようになりました。でも、以前とは違い、かなりサービスが悪くなってしまいました。
 これまでは、いつもネイチャーセンター正面にいてくれていましたが、最近では園内をかなり広範囲に動き回るので、姿が見える場所にいてくれる時間がとても短くなってしまいました。それでも、時々はネイチャーセンター正面にも来てくれるので、このときに来館された方はラッキーです。
 
☆そのほかの鳥の情報:
 オオタカの若鳥がオナガガモ?を水上捕獲し、両翼でバタフライのように泳いで岸辺に引き上げ、食べていました。

2008年11月23日 18:19 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , , 鳥情報

安来の田んぼでコハクチョウ観察

 今日は、地元小学校4年生の総合学習の日。今回で5回目になる企画で、水鳥公園と安来の水田地帯でハクチョウ観察を行いました。

CIMG9598s.jpg はじめに米子水鳥公園で双眼鏡と野鳥図鑑を貸し出して、使い方の練習をしました。ノスリとオオタカが観察でき、みんな大興奮でした。「オオタカすげ~!」




CIMG9608s.jpg 次に、バスで安来の水田地帯へと移動しました。移動にはバスで26分かかりましたが、コハクチョウは10分弱で移動できるよ、とお話ししたら、みんな驚いていました。自由に空を飛べるコハクチョウがうらやましいですね。
田んぼでは、コハクチョウたちが広範囲に散らばり、落穂を食べている様子が観察できました。

CIMG9631s.jpg お弁当を食べた後、東出雲町の意東海岸へ行きました。ここは、かつてコハクチョウの餌付けが行われていた場所で、中海のコハクチョウの歴史上、重要です。「コハクチョウが暮らすためには、採食場とねぐらの両方が隣接していることが重要なんだよ。」


CIMG9629s.jpg 意東海岸では、児童達は貝殻拾いに夢中。沖に浮かぶ鳥たちよりも、みんな足元を一生懸命見ていました。「きれいな貝殻をたくさんみつけたよ!」





CIMG9630s.jpg こちらの子は、カニの死体を拾いました。中海の湖岸にはいろいろなものが落ちていて、児童達は興味津々でした。






 今回のバス遠足で、地元の子ども達が中海で暮らしているコハクチョウの姿を直に観察することで、コハクチョウが暮らせる環境について知ってもらえたら幸いです。
 
鳥情報:クロツラヘラサギが再び姿を消しました。今日は姿が見えませんでした。どこに行っちゃったのでしょう?

2008年11月21日 18:58 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , ノスリ , , 鳥情報

地元の幼稚園と小学校が遠足で来園!

 今日は、昨日に続いてとても寒い日でした。そんな中、地元の幼稚園と小学校が遠足で米子水鳥公園に来てくださいました。

CIMG9559s.jpg 幼稚園児の皆さんに、望遠鏡の覗き方を説明。「太陽を見ると、おめめが目玉焼きになっちゃうよ~!」






CIMG9563s.jpg 望遠鏡に背が届かないので、園児達が椅子の上にひざで立って、一生懸命望遠鏡を覗く姿がとてもかわいいです。「とりさん いた!」





 小学4年生の皆さんCIMG9576s.jpgには、二班に分かれて交互に活動しました。ひとつの班には、鳥を観察しながらビンゴゲームに挑戦してもらいました。





 CIMG9579s.jpgもうひとつの班には、米子水鳥公園の一年を紹介した映像を見てもらった後で、映像で紹介された生き物達を発表してもらいました。そして、それらのつながりについて考えてもらいました。「水草がたくさんあるから、いろいろな生き物が暮らしていけるんだよ!」



鳥情報:
しばらく姿を消していたクロツラヘラサギが久しぶりに登場!よかった~!
他、ミコアイサも少しずつ増加中。マガンの群れは、今日もお昼寝に水鳥公園に集まりました。

2008年11月20日 18:58 カテゴリー: クロツラへラサギ , マガン , , 鳥情報

米子水鳥公園ならではの風景

 最近、お昼過ぎになるとネイチャーセンターの真正面にコハクチョウたちが集まって休憩するようになっています。
 今日も、コハクチョウ約50羽の間を縫うようにクロツラヘラサギがうろうろしていました。水鳥公園では日常の光景ですが、実に贅沢な光景です。

IMG_6884s.jpg コハクチョウは主に山陰地方以北に飛来する鳥で、クロツラヘラサギは主に九州地方以南に飛来する鳥です。毎年この時期に、両者が同居するのはまさに米子水鳥公園ならではの光景です。




 鳥の状況は毎日変化しています。いつもネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるわけではありませんので、是非お早めにご来館なさることをお勧めします。

2008年11月 7日 16:34 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

今日の鳥模様「2008年11月6日」

CIMG9126s.jpg 今日も、ネイチャーセンターの目の前にコハクチョウとクロツラヘラサギが集まってくれて、お客様にとても喜ばれました。どのくらい近いかはご覧のとおり。20倍の望遠鏡ではコハクチョウの体の一部しか見えません。



CIMG9128s.jpg どうしてネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるのでしょうか。その理由は、春から秋に行っていた環境管理作業にあります。たくさんの人たちに獣よけの水路を掘ってもらったり、雑草を抜いてもらったお陰で、安心して休憩できる岸辺とコハクチョウたちが認めてくれたのです。

今年行ってきた環境管理の様子はこちら!↓

http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/520.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post22.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post
18.html

CIMG9141s.jpg 今日の珍しい光景。
オオタカの目の前を、マガンの群れが悠然と泳いでいました。このオオタカは、1時間ほど前にカモを捕獲し、お腹いっぱい食べた後です。お腹がいっぱいのオオタカは怖くないというわけです。それにしても贅沢なツーショットですね。

2008年11月 6日 17:55 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

三連休最終日

 三連休の最終日となった今日は、コハクチョウが昨日よりちょっとだけ増えて96羽いました。うす曇りの天気は野鳥観察に最適で、一日を通してきれいに鳥が観察できました。背景には大山のシルエットがきれいに見えていました。
 昨日、今日とカワセミはサービスしてくれませんでしたが、コハクチョウとクロツラヘラサギはネイチャーセンター正面で終日姿を見せてくれました。マガンの群れもいつもと比べるとありえないほど近くにまでやってきていました。
 通常、コハクチョウは朝8時前頃から田んぼへ移動するため、夕方5時以降まで園内から姿を消すのですが、この三連休は一日中コハクチョウがたくさんいて、お客様にとても喜ばれました。人間だけでなく、コハクチョウ達にとっても田んぼで落穂拾いの仕事が三連休のようでした。

2008年11月 3日 18:59 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , , 鳥情報

野鳥たちによる「お客様感謝デー」

 三連休初日の今日は、晴天に恵まれ、ネイチャーセンターからは大山がきれいに見えていました。そんな中、園内の鳥たちもお客様に大サービスしてくれました。

CIMG9036_s.jpg 飛ぶ宝石、カワセミ。ここ数日、妙にサービスが良い。ネイチャーセンターすぐ前の柵に止まってじっとしていたり、時々池に飛び込んでメダカを食べたり。どうやらネイチャーセンター前が好きな特定の個体がいるみたい。



CIMG8987s.jpg 一昨日から滞在中のクロツラヘラサギも大サービス。今日はほぼ一日中ネイチャーセンター前で魚取りと昼寝を繰り返していました。近すぎて写真の枠に収まりませんでした。











 このほか、コハクチョウ約40羽、マガン約250羽、オオヒシクイ4羽がほぼ終日園内に滞在していました。お客様にも大変喜ばれました。まさに今の水鳥公園のオールスター揃い踏みの贅沢な一日でした。

2008年11月 1日 18:57 カテゴリー: オオヒシクイ , カワセミ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , 鳥情報

レンジャー日記「2008年10月31日」

今日は、いろいろな鳥が近くで観察できた日でした。

CIMG8920_s.jpg 普段はネイチャーセンターから500mくらい先にいるオオヒシクイが、300mくらいまで接近。現在水鳥公園でみられるオオヒシクイ4羽は、マガンよりもコハクチョウと一緒にいるほうが好きなようです。



CIMG8937_s.jpg 毎日姿を見かけるカワセミですが、今日はネイチャーセンター前でじっと止まってくれました。いつも望遠鏡を向ける前に逃げてしまうのに、今日はじっくり姿を見せてくれました。




IMG_6640_s.jpg 昨日飛来したクロツラヘラサギも、今日はネイチャーセンター正面にやってきてくれました。望遠鏡が無くてもはっきり見える至近距離。米子水鳥公園は、日本一近距離でヘラサギ類を観察できる場所です(自称)。今日も10センチくらいのフナを何匹も捕まえて食べていました。

CIMG8953_.jpg 夕方から、バードカービングの展示作業を行いました。明日から9日(日)まで、バードカービング展「水鳥公園で生まれた木鳥たちⅣ」を開催。さらに、明日から来年1月9日(金)までフェザーカービングの作品展を開催します。是非ご覧下さいませ!

2008年10月31日 18:55 カテゴリー: オオヒシクイ , カワセミ , クロツラへラサギ , 展示 , 普及啓発 , , 鳥情報

今年もクロツラヘラサギがやってきました!

本日朝、米子水鳥公園にクロツラヘラサギ1羽が飛来しているのが確認されました。この時季のレギュラーの鳥ですが、毎年辛うじて1羽飛来する程度なので、無事来てくれるとホッとします。2002年から7年連続の飛来です。

CIMG8822s.jpg翼に黒い部分があったので、2歳以下の若鳥のようです。今日は一日、ネイチャーセンターから見えない場所で過ごしていたのが残念ですが、今後見やすい位置に出てきてくれることに期待しましょう。



CIMG8704s.jpgとってもお腹がすいていたのか、朝の発見後夕方まで、ほとんど休みなしに魚捕りに励んでいました。「あ、おいしそうなフナが取れた!」





CIMG8804s.jpg今日は、一時的ですがマガンが普段よりもかなり手前に集まってくれて、はっきりと観察できました。現在、米子水鳥公園に集まっているマガンは300羽弱。オオヒシクイ4羽も混じっていました。

2008年10月30日 17:12 カテゴリー: クロツラへラサギ , ヒシクイ , マガン , 珍鳥 , , 鳥情報

クロツラヘラサギ死亡

一部報道でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、米子水鳥公園に長期滞在していたクロツラヘラサギ1羽が、2月11日に死亡しました。

DSCN0016_.jpg11日の午後3時半ごろ、園内の浅瀬で採食していたクロツラヘラサギが、オオタカの若鳥に襲われました。クロツラヘラサギはオオタカに完全に押さえ込まれてしまい、生還は絶望的でした。




DSCN0018_.jpgそこにケアシノスリが現れ、オオタカからクロツラヘラサギを横取りしました。しかし、まもなくケアシノスリはノスリに追い払われ、クロツラヘラサギは誰にも食べられず、その場に放置されてしまいました。



IMG_2206s.jpgそのため、職員がクロツラヘラサギの死体を回収し、標本として保存することにしました。

死体は殆ど損傷が無く、あごの下あたりに左右一箇所ずつ穴が開いていただけです。オオタカは、一撃でクロツラヘラサギの急所に爪を立てて仕留めたようです。初確認からおよそ1年4ヶ月の間、中海・宍道湖に滞在し、多くの人々に親しまれていた個体だっただけに、大変残念です。

このクロツラヘラサギの関連記事

http://nakaumi.blogspot.com/2007/09/blog-post_6223.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_5481.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_15.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/01/blog-post_26.html

2008年2月22日 18:47 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , ケアシノスリ , ノスリ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー