水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

あれはなんだ?

_MG_1683s.JPG11:30頃、職員Yが、真正面(大山方向)からこちらに向かって飛んでくる未確認飛行物体を発見。
「なんだありゃ?」「大きい!」「ツル?」




_MG_1692s.JPGその物体はどんどんこちらに向かって接近。
「コウノトリだ!」






_MG_1698s.JPGネイチャーセンターに最接近したときの画像を拡大。両脚にリングが付いていて、両翼の下雨覆中央が丸く緑色に染められています。






降りてこ~い!と祈りましたが、コウノトリはトビ4羽のちょっかいを受けながら北西方向に飛び去りました。残念。

約10分程度の観察時間でしたが、2001年10月から2002年3月にかけて水鳥公園に滞在して以来、9年ぶりの飛来でした。

追加情報:
このコウノトリの確認情報を兵庫県立コウノトリの郷公園に報告したところ、豊岡で放鳥したコウノトリの番いから野外繁殖で誕生した個体「J0020」であることが分かりました。2010年4月5日生まれ(推定)の雄だそうです。
標識コウノトリ情報は、コウノトリの郷公園のホームページに掲載されています。
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/reintr/reintr_file/ind_identif.pdf

2010年11月25日 12:10 カテゴリー: コウノトリ , 珍鳥 , 速報 , 鳥情報

カラフトアオアシシギ3年ぶりに登場!

CIMG2048補正s.JPG本日午後3時過ぎに、園内でカラフトアオアシシギ1羽を発見しました。水鳥公園では2007年5月以来、3年ぶり二度目の記録です。

サハリンでしか繁殖しない世界的希少種。アロサウルスの実物化石と共に、是非観察してみてはいかがですか?

なお、アカハシハジロ1羽もまだ滞在中です。すっかり換羽して、くちばしが赤い以外は♀と同じ羽色になっています。

2010年7月31日 19:54 カテゴリー: アカハシハジロ , カラフトアオアシシギ , 珍鳥 , 速報 , 鳥情報

アカハシハジロまだいます!

今日は梅雨らしいお天気です。

CIMG1290s.jpg朝、園内の鳥の様子を確認してみると、
アカハシハジロがいました。
一番左のカモです。
水鳥公園で初確認後、
姿が見えたり見えなかったりを繰り返しているので、水鳥公園近辺をうろうろしてすごしているのかもしれません。




CIMG1293s.jpgネイチャーセンター前では、
カイツブリが抱卵中。
今見える範囲にある唯一の巣なので、ヒナ誕生までがんばって欲しいです。






CIMG1303s.jpg今日も朝一番からカルガモ親子が出現。
これは今最もよく見られる雛2羽の家族。








CIMG1314s.jpgすこし離れたところには、
かなり大きく成長したヒナ7羽の姿がみられました。でも、母親の姿が見えません。







このように、カルガモは親鳥不在でヒナの集団だけで行動していることが時々あります。
しばらくすると親鳥が舞い戻ってくることもあるので、
このヒナたちの親も、ちょっとお出かけ中なのかもしれません。

2010年6月26日 09:12 カテゴリー: お知らせ , アカハシハジロ , カイツブリ , カルガモ , 珍鳥 ,

クロツラへラサギ「あともうちょっと!」

 暑い日が続いていて、園内のカルガモ親子たちも、昼間はヨシの草陰などに隠れてお昼寝しています。

 そんな中、陽炎の彼方に白い鳥が1羽見えました。
「あの体型はもしや?」
ちょっと季節はずれだけど、間違いない。

DSCN0010s.jpg 高倍率スコープで拡大してみたところ、クロツラヘラサギの若鳥でした。居た場所は、水鳥公園の南にある中海の岩礁「俎板岩」の上。カワウたちと窮屈そうに岩礁の上に乗っていました。






このクロツラくんに、
「もうちょっとだけ飛べば、広くて小魚がいっぱい居る米子水鳥公園ですよ!」
 と教えてあげたい気分。
 園内に飛んできてくれないかな~♪

2009年6月27日 14:15 カテゴリー: クロツラへラサギ , 珍鳥 , , 鳥情報

おけらだ~って~♪

 以前シロハラがナメクジと格闘していた場所で、今日はジョウビタキが何かと格闘していました。

CIMG1594.sJPG.JPG.jpeg ジョウビタキが格闘している相手は、ケラでした。暖かくなって活動を始めたら、運悪くジョウビタキにつかまってしまったようです。







CIMG1587s.JPG.jpeg 何度も地面にたたきつけられ、脚が取れてどんどんヘロヘロになっていくケラを見ていると、「ぼくらはみんないきている」の歌が頭をよぎりました。
 鳥は、外骨格の生き物を食べるときに、このように獲物を地面にたたきつけ、脚を落としてから食べる傾向があります。 かわいそうなケラ。



CIMG1596s.JPG.jpeg 最後は、頭から豪快に丸呑みにしてしまいました。春の大きなご馳走に、今日の分の栄養はばっちり取れたのではないでしょうか。







●今日の鳥
・ハジロカイツブリ4羽 夏羽の金髪が風になびく!
・メジロガモ♀1 健在!
・ツルシギ2羽 よく泳ぎます!
・タゲリ2羽 東から西へ上空通過!・ツクシガモ1羽 逆立ちして食べ物探しに夢中!
・変なツグミ二代目 イソシギと餌場を争う!

2009年3月16日 18:08 カテゴリー: ジョウビタキ , 珍鳥 , , 鳥情報

変なツグミは入れ替わっていた!

CIMG1221s.JPG.jpeg これが従来の変なツグミ。色が濃くて右側三列風切羽に切れ込みがあります。














CIMG1303s.jpg これが二代目の変なツグミ。前任者?と比べて色が淡く、三列風切羽の切れ込みの形が異なります。







CIMG1404s.jpg もう一点個性的なのは、右後頭部と左腹部の羽毛が激しく脱落している点です。修羅場をくぐりぬけてきた個体のようです。








 長期間前浜に居ついていた変なツグミは、一体どうなってしまったのでしょう?良い餌場だということがこのツグミに気づかれてしまい、追い出されてしまったのかな?

●今日の鳥
・コハクチョウ104羽 朝9時前後に約70羽が真北へ旅立ちました!
・亜種アメリカコハクチョウ1羽 6羽家族で北へ旅立った(かも)!
・ツクシガモ2羽 はるか遠く~!
・メジロガモ♀1羽 今日もカモの群れに混じっています!
・オオタカ成鳥1羽 松のこずえに止まっていました!
・アカアシシギ夏羽2羽 水鳥公園一泊目。何泊してくれるかな?

2009年3月 8日 17:46 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , ツグミ , 珍鳥 , , 鳥情報

アカアシシギ今季初認!

_MG_0373s.JPG.jpeg 今日、ネイチャーセンター正面の岸辺にアカアシシギ2羽がいました。彼らもコハクチョウと同じく、北の繁殖地への旅の途中です。盛んにゴカイをついばんで、旅の疲れを癒していました。






_MG_0452_s.JPG.jpeg 左のアカアシシギがゴカイを見つけて拾ったその時、右からもう一羽がタックル!
「それをよこせ!」
「きゃ~!」
 ゴカイは足元にポロリ。




_MG_0453_s.JPG.jpeg すかさず、右の鳥がゴカイをキャッチ「も~らった!」








_MG_0454_s.JPG.jpeg 左の鳥は納得がいきません。
「ぼくが先に見つけたのに~。かえしてよ~!」
「いっただき~♪」
 この2羽はお友達、というわけではなさそうです。





_MG_0401_s.JPG.jpeg 園内のヤシャブシには、まだベニヒワが来ています。今日は6羽見つけました。ベニヒワも食べ物で仲間と争う場面が見られました。
「これはぼくの実だぞ!」
「なにお~!」





●今日の鳥
・ツクシガモ2羽 はるか遠くにいます!
・メジロガモ♀1羽 まだいます!
・変なツグミ1羽 昨日から様子が変。個体が入れ替わった可能性大!
・ベニヒワ6羽 ずいぶん減りました!
・アカアシシギ夏羽2羽 春の鳥です!

2009年3月 7日 18:09 カテゴリー: アカシシギ , ベニヒワ , 珍鳥 , , 鳥情報

ネイチャーセンター前浜の出来事

 今日の夕方、ネイチャーセンター正面の浅瀬にダイサギがやってきて、食べ物探しを始めました。

_MG_0050_s.JPG.jpeg ダイサギは、足元から順調にゴカイを捕まえました。








_MG_0052_s.JPG.jpeg ところが、ゴカイも黙って喰われるわけにはいきません。下くちばしに絡み付いて必死の抵抗。これにはダイサギも大苦戦。







_MG_0058_s.JPG.jpeg ダイサギは、喉の奥に放り込むようにして獲物を飲み込むのですが、ゴカイが下あごに絡み付いて、喉の奥になかなか放り込めません。






_MG_0061s.JPG.jpeg 一分くらい格闘した後、ようやく飲み込みました。その後もダイサギは懲りずにゴカイをたくさん食べていました。








_MG_0063_.JPG.jpeg ゴカイの味が忘れられず、現在もシギの暮らしを続行中の「変なツグミ」は今日も健在。ダイサギが次々とゴカイを食べる様子をどんな気持ちで眺めていたのでしょうか。






変なツグミって何?という方は、こちらをご覧下さい↓
http://nakaumi.blogspot.com/2009/02/blog-post_09.html

●今日の鳥
・コハクチョウ548羽 今季最多数!
・オオハクチョウ6羽 今季最多数!
・コブハクチョウ1羽 今日もコハクチョウを威嚇しまくり!
・メジロガモ♀1羽 今日も水面でプカプカお昼寝。
・ツクシガモ2羽 1羽増えた!
・ベニヒワ23羽 時間を問わず、居たり居なかったりの繰り返し。
・ベニマシコ♀1羽 声がきれい!
・オオタカ成鳥1羽 狩りはせず。
・メジロ2羽 ニシキギに付く虫(カイガラムシ?)を食べるのに夢中。
・ハジロカイツブリ4羽 ほぼ夏羽に変身。

2009年2月28日 18:45 カテゴリー: ダイサギ , ツグミ , 珍鳥 , , 鳥情報

今日の鳥2009年2月27日

_MG_9977s.JPG.jpeg 今日は曇天ですが、雲が高いので大山の全貌がきれいに見えました。








_MG_9974s.JPG.jpeg 8時30分の開館時にコハクチョウが16羽いました。その後、9羽が飛来して最大25羽になりました。これらもやがて飛び去り、9時過ぎには0羽になりました。今季は北帰行前のコハクチョウの増加がみられず、このままいなくなってしまいそうな感じです。さびしいですね。




_MG_9981s.JPG.jpeg カモ類はオナガガモがとても多い以外は、マガモやキンクロハジロ、ハシビロガモなど、各種が少数ずつみられます。
 メジロガモ♀はまだ健在です。画面中央付近の上から2羽目がメジロガモです。





_MG_9989s.JPG.jpeg ベニヒワも健在。でも、今日は4羽しか姿が見えません。
→午後には20羽くらい確認できました!







今日の鳥
・コハクチョウ25羽 数は少ないですがまだいます!
・メジロガモ♀1羽 健在!
・ツクシガモ1羽 辛うじてまだいます!
・ベニヒワ4羽 激減。食べ物が少なくなってきたかな? →訂正。まだ20羽くらいいます!
・変なツグミ1羽  今日もネイチャーセンター前でがんばってます!
・オオタカ成鳥1羽 カモを狙っています!
・ノスリ2羽 オオタカがカモを捕ってくれるのを期待しています!

2009年2月27日 13:36 カテゴリー: コハクチョウ , 珍鳥 , , 鳥情報

ベニヒワ今日も出現!

 今日の13:00過ぎに、昨日ベニヒワが飛来していたヤシャブシを見に行ったところ、今日もベニヒワが群れていました。昨日よりも1羽増えて23羽でした。

 CIMG1130s.JPG.jpeg昨日も同じ時間帯に出現し、そのほかの時間帯には姿が見られませんでした。明日も13時頃に園内に食事にやってきてくれるかもしれませんね。


 それにしても、ベニヒワとベニマシコが同日に水鳥公園に現れることは珍しいです。今日は赤い鳥のサービスデーでした。

●今日の鳥情報
・コハクチョウ82羽 9:30頃、大半は北東方向へ北帰行。一部は安来の田んぼへお出かけ。
・オオハクチョウ成鳥2羽 朝に西から飛来!
・コブハクチョウ成鳥1羽 コハクチョウの群れに突進し、強制的に北帰行させてしまった!
・マガン 18:19確認。数は不明だが数百羽の大群。
・ツクシガモ1羽 激減!もうすぐいなくなるかも。
・メジロガモ♀1羽 健在!
・オオタカ成鳥1羽 ノスリが苦手?
・変なツグミ1羽 今日も元気!
・ベニヒワ23羽 明日は24羽になるかも?
・ベニマシコ♂1羽 かわいい!

2009年2月22日 18:33 カテゴリー: ベニヒワ , 珍鳥 ,

オオタカのカモ捕り

  今日の朝、ネイチャーセンターから大山を見て右手側の岸辺にオナガガモの大群がいました。そのカモ達が一斉にネイチャーセンター正面に逃げてきたので、何が起きたのか望遠鏡で確認。原因はこれでした。

CIMG0755_.JPG.jpeg カモが群れていた辺りの水面に、オオタカが浸かってじっとしていました。やがて、翼で岸辺に泳ぎ着き、なにかを引きずり上げました。その右脚にはオナガガモのメスがわしづかみにされていました。






CIMG0776_s.JPG.jpeg 辺りを警戒するオオタカ。せっかく獲物を捕っても、カラスや他のタカに横取りされては意味がありません。







CIMG0874_s.JPG.jpeg 羽根をむしってカモを食べるオオタカ。早速ハシボソガラス2羽がやってきて、おこぼれを狙っています。
 でも、今日は横取りしないで、おとなしくオオタカが食べ終わるまで順番待ちをしていました。オオタカが満腹になって去った後、カモ肉にありついていました。




 カモ達は、このような天敵の襲来を警戒しながら、昼寝をしたりプロポーズをしたり、食べ物を探したりと、意外と忙しい生活を送っています。もうすぐ春ですので、そろそろ番いにならないと子育てに間に合いません。カモ達も苦労が多いですね。
 
鳥情報
・コハクチョウ 今日は北帰行を確認できませんでした。
・アメリカコハクチョウ一家 まだ健在。早朝なら会えるかも。
・メジロガモ♀1 まだいます。
・ツクシガモ5羽 まだいます。
・変なツグミ 健在です。

2009年2月16日 15:02 カテゴリー: オオタカ , ツクシガモ , ツグミ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

コハクチョウの北帰行を確認!

 本日朝、米子水鳥公園で今季初めてコハクチョウの北帰行を確認しました。
 朝7時50分から西の方向からコハクチョウの群れが続々と飛来し、舞い降りてきました。明け方には96羽だったコハクチョウが、朝8時19分には149羽にまで増加しました。
 
 水鳥公園上空に飛来したコハクチョウのうち、一部のハクチョウは水鳥公園を通過し、北東方向と南東方向へ飛び去りました。水鳥公園より西の地域で過ごしていたコハクチョウが、繁殖地への移動を始めていることを実感しました。

_MG_9757s.jpg 南東に飛び去ったコハクチョウの一群。高空を大きな編隊を組んで去っていきました。







_MG_9772s.jpg 西からやってきたコハクチョウ達は、水鳥公園に舞い降りて仲間と盛んに挨拶を交わしていました。水鳥公園で一息ついてから、繁殖地を目指して旅立つのでしょう。






 コハクチョウの北帰行は、夕方遅くから翌朝早くにかけて行われます。北帰行の観察には、朝7時から8時半頃がお勧めです。
 コハクチョウの北帰行が始まったからといって、すぐにコハクチョウがいなくなるわけではありません。3月中旬頃までは観察できます。
 近年の傾向では、二月末から三月上旬にかけて数が急増し、最大800羽以上まで増えています。今季も同じように変動するのか、注目中です。
 
その他鳥情報
・メジロガモ♀1
・ツクシガモ5羽
・アメリカコハクチョウとコハクチョウの一家(両親と幼鳥4羽)
 →午前中はいなかったけれど、夕方になったらいました。
・変なツグミ1羽※こちらを参照!
 →http://nakaumi.blogspot.com/2009/02/blog-post_09.html

これらの鳥は今日も健在でした。

2009年2月15日 19:14 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

メジロガモ♀まだいます!

 2月とは思えない暖かな日が続き、すっかり春めいてきました。でも、水鳥公園ではまだコハクチョウの北帰行は確認していません。
 
 最近姿を見る機会が減ってしまったメジロガモですが、今日姿を確認。まだ居てくれました!でも、最近は姿を消している時間が長く、見つけても一度見失うとなかなか再発見できません。観察難易度が高くなっています。

CIMG0597s.jpg カモ類の群れに混じってお昼寝中のメジロガモ♀。分かりますか?









CIMG0600_s.jpg メジロガモ♀の拡大。大きさや体型はホシハジロそっくりですが、まわりのどのカモよりもこげ茶色です。目が白いのは白いまぶたを閉じているため。目を開けると褐色です。








 このほかにも、ツクシガモ9羽がまだいます。ミコアイサもパンダ柄のオスが毎日3羽くらいいます。
 
 コハクチョウの北帰行がもうまもなく始まります。昨年はこの時期に急激に数が増えましたが、今年はどうなるか注目ですね。

2009年2月14日 16:24 カテゴリー: ツクシガモ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

寒~い一日でした!

_MG_9221.JPG.jpeg 昨日の晩から降った雪で、園内はもちろん、正面に見える大山もきれいに雪化粧をしていました。






_MG_9168_.JPG.jpeg 現在、水鳥公園のお勧めの鳥は、ツクシガモ。白を基調としたとても美しいカモです。現在9羽が滞在中です。いつも遠くにいますが、今日は珍しくネイチャーセンターの近くにまでやってきました。




●本日の鳥情報
・コハクチョウ111羽(アメリカコハクチョウ1羽含む。アメリカコハクチョウに会いたい人は、朝7時にお越し下さい!)
・マガン約700羽(17:50ねぐら入り)
・メジロガモ♀1羽(健在!)
・コミミズク1羽(17:40園内を飛び交う。今季初認!)
・ハヤブサ1羽(17:40コサギを襲う!)
・トモエガモ8羽(うち♂2羽)
・ユリカモメ90羽(この冬は妙に多い!)
・カワセミ2羽(おいかけっこ)

2009年1月24日 18:38 カテゴリー: ツクシガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

メジロガモ♀再び出現!

B2009.1.7_016.jpg 本日の米子水鳥公園では、久々にメジロガモのメスを確認しました。
メスは目が白くないのですが、この写真で白く見えているのは「まぶた」です。ややこしい写真ですいません。

 コハクチョウは、70羽を確認、朝9:37に最後の群れが飛んで出て行きました。

2009年1月 7日 13:58 カテゴリー: メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

本日のお勧めの鳥「ツクシガモ」

 今日はとても寒く、コハクチョウも朝8時過ぎに全て田んぼへ移動してしまいました。 日中、コハクチョウの姿が見えなくなる水鳥公園ですが、お勧めのみどころは毎日たくさんあります。 本日のお勧めは「ツクシガモ」です。

CIMG0374_s.jpg ネイチャーセンターの正面に三つの島が作ってあり、毎日超満員のカモたちで賑わっているのですが、その中に大きな白っぽいカモが混じっていました。





CIMG0354_s.jpg これがツクシガモです。名前の由来は、土筆ではなく、九州の「筑紫」地方です。九州の干潟に多く渡ってくるカモだからです。本州では渡来数が少なく、珍しいカモです。




 今日は、この珍ガモが目の前(35mくらい)で観察できています。
普段、干潟や川の中州など、遠くにいる鳥なので、かなりの近距離です。 珍しいだけではなく、白い体に栗色のたすき、つやのある黒い帯、紅色のくちばしがとても美しい鳥です。
 
 毎日日替わりでみどころがあるのは、野鳥観察施設である米子水鳥公園ならではです。
 ご来園の際にハクチョウがいなくても大丈夫。安心してネイチャーセンターにお越し下さい。私ども解説スタッフが本日のお勧めを楽しくご案内させていただきます。

2008年12月26日 14:30 カテゴリー: ツクシガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

今年もクロツラヘラサギがやってきました!

本日朝、米子水鳥公園にクロツラヘラサギ1羽が飛来しているのが確認されました。この時季のレギュラーの鳥ですが、毎年辛うじて1羽飛来する程度なので、無事来てくれるとホッとします。2002年から7年連続の飛来です。

CIMG8822s.jpg翼に黒い部分があったので、2歳以下の若鳥のようです。今日は一日、ネイチャーセンターから見えない場所で過ごしていたのが残念ですが、今後見やすい位置に出てきてくれることに期待しましょう。



CIMG8704s.jpgとってもお腹がすいていたのか、朝の発見後夕方まで、ほとんど休みなしに魚捕りに励んでいました。「あ、おいしそうなフナが取れた!」





CIMG8804s.jpg今日は、一時的ですがマガンが普段よりもかなり手前に集まってくれて、はっきりと観察できました。現在、米子水鳥公園に集まっているマガンは300羽弱。オオヒシクイ4羽も混じっていました。

2008年10月30日 17:12 カテゴリー: クロツラへラサギ , ヒシクイ , マガン , 珍鳥 , , 鳥情報

アメリカコハクチョウご一家今日も飛来!

 昨日のブログでもご紹介しましたが、今日もアメリカコハクチョウの家族が水鳥公園にねぐら入りしました。
 アメリカコハクチョウは、アメリカ大陸に生息しているコハクチョウで、日本に飛来するコハクチョウはロシア生まれです。生まれが違うだけで別種ではありません。
 たとえるならば、アメリカ人とロシア人のようなもので、普通日本にやってきているコハクチョウはロシア人(鳥?)で、アメリカコハクチョウはアメリカ人、といったところでしょうか。アメリカコハクチョウのほうがコハクチョウよりも一回り大きいです。
CIMG8542_.jpg←左がアメリカコハクチョウ。右がその子どもです。コハクチョウと違ってくちばしが真っ黒で、目先に豆粒のような黄色い斑点があります。





 2006年冬にもアメリカコハクチョウとコハクチョウの番いが飛来したことがあり、今回も国際結婚カップルなので、2年前と々個体では?と思い、画像を調べてみました。
 すると、コハクチョウのほうはくちばしの模様がそっくり!同一個体の可能性もあるな、と思いました。しかし、アメリカコハクチョウのほうのくちばしの模様が違う気がします。真相は如何に?

CIMG8579_.jpg←アメリカコハクチョウの一家。コハクチョウはふつう、一度の繁殖で4個の卵を産むので、このペアは産まれた子を全て育てて米子につれてきたようです。なかなか優秀なペアですね。灰色の子ども達はもちろん、アメリカとロシアのハーフということになります。


 この親子に会いたい!という方は、夕方がお勧めです。早朝は出発が早すぎて出会えません。今日は夕方5時前ごろに安来方向から飛来しました。

2008年10月26日 17:56 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , 珍鳥 , , 鳥情報

レンジャー日記「10月25日」

今日は、開館からコハクチョウが0羽と寂しかったが、14:25に3羽が飛来。しかし、14:48には西へ飛び去ってしまう。
 16:44からコハクチョウが安来から帰ってき始め、17:30の閉館時には46羽になった。コハクチョウのねぐら入りに立ち会えたお客様に大変喜んでいただけた。昨日は17:20にねぐら入りしたので、昨日より36分早いねぐら入りだった。今季は、これまでコハクチョウの行動パターンが変則的だったが、そろそろ早朝に水鳥公園から安来に移動して夕方に水鳥公園へねぐら入りするという、いつもの行動パターンに落ち着きつつある。
 コハクチョウの群れに1羽、アメリカコハクチョウが混じっていた。コハクチョウと番いになっていて、4羽の幼鳥を連れている。明日以降も観察できるか楽しみ。
 
今日観察できた鳥(一部抜粋)
コハクチョウ46羽(アメリカコハクチョウ1羽含む)
マガン230羽
オオヒシクイ1羽
オオタカ成鳥1羽
カワセミ2羽
セイタカシギ1羽
オオハシシギ1羽
ツルシギ3羽
アメリカヒドリ♀1羽
トモエガモ♂1羽

IMG_6417s.jpg←13:20頃、中海の水鳥公園直近をヨットが横切り、園内で休んでいたマガンが驚いて一斉に飛び立った。マガンは大変神経質なので、この時期にヨットが水鳥公園直近を航行するのは控えていただきたい。

2008年10月25日 19:09 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , マガン , 珍鳥 , 鳥情報

幻の鳥「ヤイロチョウ」の剥製を展示中!

CIMG6775_s.jpg米子水鳥公園ネイチャーセンターでは、8月2日(土)からヤイロチョウの剥製標本を展示しています。
ヤイロチョウは環境省の絶滅危惧種に指定されている希少な鳥で、夏鳥として本州中部以南の山地の広葉樹林に飛来します。鳥取県西部では大山周辺などで記録がありますが、姿を観察することは非常に難しい、幻の鳥です。
 
八色鳥という名のとおり、色鮮やかなその姿は一見の価値ありです。8月31日(日)までの期間限定公開ですので、この機会に是非ご覧下さい。

2008年8月 3日 15:13 カテゴリー: ヤイロチョウ , 展示 , 普及啓発 , 珍鳥

ソリハシセイタカシギ飛来!

CIMG5826_s.jpg本日、米子水鳥公園にソリハシセイタカシギ1羽がやってきました。水鳥公園では1998年4月以来2度目の記録です。灰色の長い脚に白黒模様の体がなかなかおしゃれです。

水鳥公園の中央にある大きな島の岸辺で食べ物を探したり、お昼寝をしたりして過ごしています。

2008年6月28日 15:16 カテゴリー: ソリハシセイタカシギ , 珍鳥 , , 鳥情報

今朝の風景&メジロガモ

IMG_2740s.jpg今朝も、昨日と同様、晴れたり吹雪いたりの天気。1月までは塒入りしているコハクチョウの数が100羽前後でしたが、2月に入ってから増加傾向となり、今朝は300羽以上いました。繁殖地へ旅立つ時に備えてスタンバイ中、といったところです。



CIMG0607s.jpg22日に発見されたメジロガモ♀は、今朝も健在です。昨日、今日は、およそ100m前後の距離で観察できています。掲載している画像は、昨日撮影したものです。
大変地味なカモなので発見は難しいですが、ご興味がある方はお早めに水鳥公園にGO!

2008年2月24日 07:51 カテゴリー: コハクチョウ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー