水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

カイツブリがオオタカをガン無視!


CIMG4922s.JPG






























今朝、開館準備をしていたところ、ネイチャーセンター前浜左手にある5本並んで立つ杭にオオタカが止まっていました。ここにはごくまれにオオタカが止まりますが、久しぶりのことです。

CIMG4814s.JPG






























高倍率の望遠鏡なら、ドアップで観察できる距離です。
一昨日にバン、昨日にコサギを捕えた個体かもしれません。

IMG_1760s.JPG



































不思議なことに、こんなに丸見えの場所にオオタカが止まっているのに、そのすぐそばで獲物になりそうな鳥たち(カイツブリ、キンクロハジロ、オナガガモ、オオバン ほか)が平然と過ごしていました。特にカイツブリは、オオタカが止まる杭の目の前で巣作りをしていました。

オオタカは、あまりにも獲物との間合いが近いと狩りがしづらいのかな?それとも、あまりお腹がすいていないのかな?狙われる側も、このオオタカには殺気が無いことを感じているのかな?何とも奇妙な光景でした。
このオオタカは、8:30頃に発見後、10:30過ぎまで止まっていました。

(文・写真:きりぎりす)

 

2014年3月14日 10:32 カテゴリー: オオタカ , 速報

オオタカのその後

昨日夕方、ヌートリアに襲われてダメージを負ったオオタカですが、
今朝はどこかで獣に襲われて死んでいるのではないか、と心配しながらネイチャーセンターを開館しました。

そんなとき、ふと昨日オオタカが姿を消した辺りに目を向けると、
オオタカがいました。


CIMG2726ts.JPG















視聴覚室のスクリーンの真裏に位置する、キャットウォークの手すりにじっと止まるオオタカ。観察ホールからかなりの至近距離。窓辺に立つ私の姿が見えているはずですが逃げません。やはり弱っているのでしょうか。



IMG_4570s.JPG


































びしょ濡れだった羽毛もきれいに乾き、精悍な姿に戻っていました。
見たところ、特にけがを負った様子はありません。

オオタカは、朝に発見してからお昼過ぎまで、このままじっとしていました。
その間に来館されたお客様に、このオオタカを望遠鏡でご覧いただきました。お客様は、至近距離で見る鮮明なオオタカの鋭いまなざしに感心していました。
この後、オオタカは付近を少し飛ぶようになりました。でも、この場所が気に入ったのか、飛んでもまたここに戻り、休んでいました。

こうしてオオタカは、ネイチャーセンターのあちらこちらに飛び移り、最後に南西方向に飛び去りました。
一時は、ネイチャーセンター玄関前の手すりの柱にも止まりました。こんなところにオオタカが止まっているなんて、不思議な光景でした。


IMG_4697s.JPG















飛び去る直前のオオタカ。止まっている場所は、視聴覚室の屋根の上です。
このオオタカは、今年生まれのまだ0歳の幼鳥。体格から雄だと思います。大変な体験をしたこのオオタカ、ヌートリアがトラウマになっていないか心配ですが、厳しい自然界を逞しく、オオタカらしく生きてほしいと思います。

(文・写真:きりぎりす)

2013年10月20日 18:49 カテゴリー: お知らせ , オオタカ

オオタカが襲われた!

本日夕方、なんとも意外な事件がおきました。

米子水鳥公園の生態系の頂点に君臨するオオタカが、
意外な生きものに襲われたのです。

オオタカを襲ったのは、ヌートリアでした。
ネイチャーセンター左手にある島の岸辺に降りていたオオタカのそばを、
ヌートリアが泳いでいました。
すると、ヌートリアが突然向きを変えてオオタカに猛突進!
面食らったオオタカは、両足を突き出して応戦。
しかし、ヌートリアの猛攻に押され、空へ緊急避難しました。

IMG_4325ts.JPG















ところが、オオタカは怪我を負ったのか、池に墜落。
そこへさらにヌートリアが襲いかかり、水面でもみ合いとなりました。


IMG_4330s.JPG















ヌートリアが去った後、ヘロヘロになったオオタカが、元いた島に泳いで上陸。


IMG_4349s.JPG















全身びしょぬれになったオオタカは、草むらに隠れるようにじっとしていました。
普段は襲う立場なのに、まさか自分が襲われるとは。しかもヌートリアに。茫然自失な感じでした。


IMG_4421s.JPG















しばらく休んでから、飛び立っては池に墜落を何度か繰り返し、最後にネイチャーセンター前の丸太の柵に泳ぎ着きました。そして、びしょ濡れのみすぼらしい姿になってしまったオオタカは、ヒョコヒョコと歩いて茂みの方へ移動して、やがてネイチャーセンターの床下に潜っていきました。

保護も視野に入れて、捕獲用の網を持って床下に探しに行ってみると、私の目の前1mのところでじっとしていました。そこで、カメラを取りに行って戻ってみると、すでに姿は消えていました。このオオタカの安否が心配です。

それにしても、草食獣のヌートリアがほかの生きものを襲う光景は初めて見ました。
見たことがないような猛ダッシュでオオタカに襲いかかる様は、何か恨みがあるかのような迫力でした。
呑気で大人しいイメージがあるヌートリアの意外な一面を目の当たりにしました。

(文・写真:きりぎりす)


2013年10月19日 18:16 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , ヌートリア

オオタカがゴイサギを捕獲!

 ネイチャーセンターの前にここ数日ゴイサギの群れが集まっています。
ところがそこへ、一羽の鳥が舞い降りたかと思うと、水中に抑えつけました。
オオタカの若鳥です。
DSCN0065ss.jpg

















ネイチャーセンターの前は、大騒ぎです。
DSCN0078ss.jpg

















オオタカの若鳥は、岸の方へ獲物をバタフライの様に引っ張っていきましたが、
しばらくして、ヨシ原からぼろぼろになったゴイサギが飛んで出てきました。
オオタカは、せっかくの獲物に逃げられたようでした。



鳥情報

 公園は、秋風が吹き始めました。シマセンニュウやコヨシキリなどの小鳥たちが渡りで通過しています。

2013年9月12日 12:47 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , シマセンニュウ

213種類目はキレンジャク!

連日様々な鳥たちが集う、道の駅「米子水鳥公園」。
今日現れたのは、キレンジャク。珍しい鳥ではありませんが、これまで水鳥公園では記録がありませんでした。
これで213種類(かごぬけ鳥を含めると216種類)になりました。

キレンジャクのお目当ては、ナワシログミ。
現在、園内の池の排水口付近(クイズラリーの9問めと10問目の間あたり)のナワシログミの実が食べごろとなっていて、ヒヨドリとツグミが群がっていました。


IMG_8494s.JPG















キレンジャクは2羽。いつも仲よく寄り添っていました。


人が近付くと、ヒヨドリやツグミは逃げて藪に飛び込んでしまいますが、キレンジャクはあまり逃げません。立ち止まって観察していると、すぐ目の前にやってきてグミの実をついばんでいました。

IMG_8547ts.JPG


































近すぎて収まらないので縦位置で撮影。
炎のような髪型と、尾羽の先の黄色がおしゃれですね。

グミの実が食べつくされると鳥たちも去ってしまいます。
レストラン「ナワシログミ」に群がる鳥を見るなら、今ですよ~!
運が良ければ、コムクドリやアカハラにも会えるかも。


IMG_8418ts.JPG















空には、オオタカの若鳥が舞っていました。園内にいるカワウより小さい鳥にとっては、最も怖い存在です。


●今日の鳥 2013年4月19日(金) 曇りのち晴れ 寒い!
コブハクチョウ 6羽 時がたつにつれて増加!
ミコアイサ メス4羽
アオジ メス1羽 アトリと仲良し!
アトリ メス1羽 アオジと仲良し!
ツバメ 18羽
ミサゴ 1羽 中海に急降下!
オオタカ 若鳥1羽 獲物を探す!
ハマシギ 41羽 減ってきました
アオアシシギ 2羽
タシギ 5羽 もっといるはず。
タカブシギ 1羽
コアオアシシギ 1羽
オバシギ 2羽
イソシギ 1羽
セイタカシギ 14羽 今日最もサービスが良かった鳥かも。
コチドリ 3羽 ただいま抱卵中!
ズグロカモメ 若鳥1羽
アカハラ 1羽 木陰を歩く
キレンジャク 2羽 水鳥公園初記録!
など、45種。

(文・写真:きりぎりす)

2013年4月19日 18:43 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , キレンジャク

どこにいるでしょう?

これは、ネイチャーセンターから見た風景です。

このなかにオジロワシがいます。どこにいるでしょう?
CIMG2857s.JPG

















答えは下にスクロール! ↓























答えは、画面中央部やや上です。

CIMG2859ns.JPG

















画像を拡大。
横に伸びた木の枝に、こちらに背中を向けて止まっています。




それではもう1問。

この中にオオタカがいます。どこにいるでしょう?

CIMG2863s.JPG















































答えは、画面中央部やや右です。

CIMG2861s.JPG

















画像を拡大。白いお腹に白い眉斑。成鳥ですね。
(枝が重なっていて分かり難いですが)


いかがでしたか?
水鳥公園では、このように風景の中にさりげなく鳥がとまっています。空気が澄んでいたら、中海の対岸(南岸)の斜面林に止まっている鳥も見える時があります。ネイチャーセンターのそばばかりでなく、遠くの方も探してみるといろいろな鳥が見つかります。

また、鳥たちは種類ごとに良く止まる場所がある程度決まっていますので、そのような場所を覚えておくと探しやすくなります。

この画像が水鳥公園のどこの風景なのか、ご来館の際にはぜひ探してみて下さいね!


●本日の鳥の様子(2012年2月16日)
コハクチョウ 160羽(8:10) 北帰行シフト始まる!
亜種アメリカコハクチョウ 1羽 コハクチョウとペアで幼鳥4羽の6羽家族!
ツクシガモ 1羽 友達がいなくて寂しそう
オナガガモ 手前にいっぱい
マガモ   奥にいっぱい
ミコアイサ オスが1~3羽見られます!
ヒドリガモ 10羽くらい 陸の上の草が大好き!
オジロワシ 若鳥1羽 はるか遠くに発見!
ヒドリガモ×アメリカヒドリ オス1羽 毎日います!


そのほか、今日はまだ見つかっていませんが、

クロツラヘラサギ 昨日は成鳥1羽いました!
マガン      昨晩は約1030羽が塒入り!

など、約30種類・1500羽(ガン・ハクチョウを除く)

2012年2月16日 09:56 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , オジロワシ , 鳥情報

落雁の観察会をしました

本日は、落雁の観察会をしました。
 夕方帰ってくる景色は、なかなかの絶景ですが、
お昼には、200羽ほどいたマガンが、夜は、2羽しか返って来ませんてぜした。、
それでも、夕闇の中目の前でオオタカがゴイサギを捕まえてくれました。
雁の観察会というよりは、オオタカの観察会でした。
DSCN0952s.JPG
モニターのオオタカが、ゴイサギを抑え込む様子に見入る参加者と
マガンが、帰ってくる方向を眺めるレンジャー

2011年11月12日 18:20 カテゴリー: オオタカ , マガン , 速報

吹雪の中の鳥の様子

今日も厳しい寒さが続いています。

CIMG6627s.JPG昨晩水鳥公園にねぐら入りしたコハクチョウたちは、ネイチャーセンター前の浅瀬や島の岸辺に集結していました。いつもは池の中央部中海側に集まるのに、こんな場所で夜を明かすのは珍しいです。






CIMG6637s.JPG昨日の夕方ねぐら入りしたアメリカコハクチョウも無事朝を迎えていました。今季久しぶりの登場です。前回登場したときは独身でしたが、今回は1羽コハクチョウが寄り添っています。いい出会いがあったのかな?






CIMG6649s.JPGマヒワが群れているオオバヤシャブシの枝の影に、ハイタカの姿を見つけました。今季はあまり姿を見せてくれなかったので、久しぶりの登場です。このほか、きれいなオオタカ成鳥も出現しました。






●今日の鳥 2011年1月30日 大雪
・コハクチョウ 47羽(亜種アメリカコハクチョウ1羽含む)
・マガン 約730羽 6:44ねぐら立ち!
・ツクシガモ 2羽
・オジロワシ 若鳥1羽 萱島周辺を飛ぶ!
・オオタカ 成鳥♂1羽
・ノスリ 1羽
・ハイタカ 若鳥1羽
・マヒワ 約10羽
・ムクドリ 約15羽
・キジ ♂1羽
・タゲリ 5羽
・ユリカモメ 41羽
・カワセミ 1羽
・モズ 1羽
など。
アカハジロの姿は見えませんでした。

2011年1月30日 14:38 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , オオタカ , ハイタカ ,

リアルな食物連鎖を観察

CIMG5787s.JPG吹雪の中、オオタカがオナガガモの雄を捕らえ、食べ始めました。早速、ハシボソガラス、ハシブトガラスが集まり、おこぼれを狙います。







CIMG5846ts.JPGしばらくすると、ノスリがやって来て獲物を横取りしました。カラスたちはまたしても順番待ちです。







CIMG5895s.JPGノスリが食事を終えて去った後、ようやくカラスたちが食べ残しにありつけました。そこへ今度は、オジロワシがやって来て食べ残しを食べ始めました。またしてもカラスたちは順番待ち。時々オジロワシの尾を引っ張って抗議していました。




CIMG5913s.JPGそこへ、もう一羽オジロワシがやってきました。オジロワシ同士が獲物を奪い合っていたとき、獲物はいくつかにちぎれ、みんなで獲物を食べることができました。






そして、後には何も残りませんでした。

1羽のオナガガモの死が、様々な生き物の命に引き継がれました。自然界には全く無駄がありません。

今日はこの冬一番の厳しい天候です。獲物にありつけたオオタカやノスリ、オジロワシ、カラスたちは、この寒さに耐える為の栄養を摂ることができ、また一日生き伸びられます。

自然界で日常的に繰り返されている、食物連鎖の現場を直に観察出来ました。こんな貴重なひとときを、お客様と一緒に過ごすことができました。

今日は、14時現在で次の8種類の猛禽類が出現しました。
・ミサゴ1
・トビ3
・オジロワシ幼鳥2
・オオタカ成鳥1
・ノスリ成鳥1
・チュウヒ2
・ハイイロチュウヒ雄1雌1
・ハヤブサ成鳥1幼鳥1

あと、ハイタカやチョウゲンボウが現れれば10種類になりますが、8種類というのは一日で見られる最多記録です。

オジロワシ2羽が獲物を食べている様子を動画撮影しました。どうぞご覧下さい。
オジロワシは、2010.12.29 現在も2羽確認されています。
オジロワシは、2010.12.30 現在,公園から見える萱島に止まっているのを確認しました。

2010年12月25日 14:53 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , オジロワシ , ノスリ ,

今日の鳥模様2010年4月5日

今日は、うす曇りの一日でした。バードウォッチングには最適な光線加減です。ネイチャーセンターからは、湊山公園の満開の桜や、米子城跡の石垣を歩く人の様子が見えました。

_MG_7809_.JPG.jpeg
水鳥の暴君、コブハクチョウが3羽飛来!カモを蹴散らして泳いでいました。頼むから、カルガモやカイツブリたちの繁殖の邪魔はしないでね。





_MG_7838_.JPG.jpeg
コガモたちはプロポーズ合戦が白熱!「頼むからぼくと結婚してくださ~い!」







_MG_7868_.JPG.jpeg
突然、前浜の鳥が一斉に逃げ出しました。 間もなく、オオタカが到着。不意打ちに失敗して、岸辺に舞い降りました。
「あっちゃ~!失敗した~。」





_MG_7874_.JPG.jpeg
その後、再び出撃!でも、空振りに終わりました。潜水して逃げた カイツブリでも狙っていたのかな?






_MG_7881_.JPG.jpeg
狩りに失敗して飛び去るオオタカ。「やれやれ。他の場所で獲物を探すとするか!」







●今日の鳥2010年4月5日
・ツクシガモ ♀1羽 コブ付きの雄がいなくなっちゃった。
・ホウロクシギ 1羽 長期滞在中!
・カイツブリ 二箇所で巣作り中!
・オカヨシガモ ♂2♀1 久しぶり!
・コサギ 4羽 あしゆびと目先が赤くなってきました!
・ツルシギ1羽 今季はシギの群れがなかなか来ません。
・アオアシシギ1羽 同上。
・コブハクチョウ 3羽 最強トリオ。向かうところ敵無し!
・アマツバメ 1羽 三日月のような翼がカッコイイ!
など。
その他
・タヌキ 2頭 昼間でも時々現れます。

2010年4月 5日 18:26 カテゴリー: オオタカ , 鳥情報

オオタカが二羽並んだ!

今日は、一日中どんよりと曇った薄暗い一日でした。CIMG6346s.jpg園内の鳥たちは今季最多数か、という賑わいぶり。でも、まだ6000羽位かな?1万羽の賑わいには及びません。






CIMG6357s.jpg一つ目は、これです。
オオタカの成鳥が2羽、お気に入りの場所に並んで止まっていました。






普通、成鳥同士が遭遇すると、喧嘩して一方が追い払われるものですが、この2羽は互いのことをチラチラ見るものの、争いませんでした。右の個体が一回り大きくて胴体が太めなので、♀っぽい。左の個体はスレンダーで♂っぽい。お二人さん、どういう関係ですか?

_MG_5376s.JPG.jpeg二つ目はこれ。
ヒシクイがネイチャーセンターの真正面を泳ぎました。






ヒシクイは、警戒心が強いガン類でもとりわけ神経質な印象があるのですが、この個体はしばしばネイチャーセンター附近の岸辺や島で草を食べています。こんなに近距離で観察できる個体は珍しいです。でも、無防備な行動が危ういです。

以前、タカの獲物にしては体が大きすぎると思われたクロツラヘラサギが、オオタカに殺された事件がありました。この無防備なヒシクイが、クロツラヘラサギの二の舞にならないことを祈ります。

●今日の鳥2009年11月5日(木)
コハクチョウ 7羽 辛うじてねぐら入りしてくれています。
マガン240羽+ お昼寝のために飛来。
ヒシクイ2羽 亜種ヒシクイは至近距離で観察できる!亜種オオヒシクイは遥か彼方!
ミコアイサ2羽 今季初認!まだ到着していない常連ガモはツクシガモだけ。
ハジロカイツブリ2羽 今季初認!
オオタカ成鳥2羽 番い?
チュウヒ成鳥 1羽
ノスリ成鳥 1羽
ハイタカ幼鳥 1羽
トモエガモ 8羽+ 遠い!
ウミアイサ♀2羽 水鳥公園に定着。
ユリカモメ1羽 まだ数が少ない。
その他、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモを主に約6000羽のカモ達。

そろそろヘラサギ類がくる頃です。まだかな~♪
 

2009年11月 5日 19:37 カテゴリー: オオタカ , ヒシクイ , , 鳥情報

今日の鳥模様2009年10月29日

CIMG6032s.JPG.jpegネイチャーセンター正面にはカモ類が群れていて、池の中央部にも6000羽くらいが集まっていました。






CIMG6011s.JPG.jpegのんびりお休み中のコハクチョウたち。落穂拾いのお仕事はお休み。







CIMG6015s.JPG.jpeg日中を水鳥公園で過ごすマガンたち。マガンは、暖かい日は日中を水鳥公園で過ごすことがよくあります。






CIMG5807s.JPG.jpeg今日もオオタカがハシビロガモを捕食。今季、オオタカの成鳥が2羽出現していますが、今日は3羽目のオオタカ成鳥が出現。雨覆羽の縁が褐色で、頭頂部の色が薄いのが特徴。園内のカモにはますます辛い状況になってきました。










●今日の鳥
コハクチョウ12羽 ほぼ終日滞在。
マガン105羽 今日もお昼寝に飛来。
ヒシクイ1羽  マガンと一緒。
オオタカ成鳥3羽 成鳥が同時に3羽出現したのは初めてかも。
ノスリ1羽
アオアシシギ1羽
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、コガモ、オナガガモ、オオバンマガモ、カルガモなど合計約6000羽

2009年10月29日 17:41 カテゴリー: オオタカ , 鳥情報

カモ増えてます!

_MG_5088.JPG.jpeg毎日少しずつカモの数が増えています。
一番目立つ種類は日替わりなのですが、今日の一番はスズガモ! 






_MG_5099.JPG.jpeg池の中央部に黒いカモだかりが出来ていて、 その内訳は、5割がスズガモ、4割がキンクロハジロ、1割がホシハジロなどその他カモ類、という感じでした。





CIMG5116s.JPG.jpeg
またしても、ネイチャーセンター目の前でオオタカがハシビロガモのメスを捕食していました。






CIMG5310s.JPG.jpeg食べている途中、オオタカの成鳥と若鳥が相次いで獲物を横取り?に来ましたが、「キッキッキッ…」と声をあげて威嚇し、撃退。
閉館時間が過ぎるまで食べ続けていました。




●今日の鳥(2009年10月21日)
・コハクチョウ48羽(うち幼鳥2羽)
・ジョウビタキ♂2
・オオタカ成鳥2幼鳥1羽
・ハイタカ1羽
・チュウヒ成鳥1羽
・カワセミ2羽
カモ類約4000~5000羽

2009年10月21日 18:37 カテゴリー: オオタカ , コハクチョウ , , 鳥情報

ハシビロガモ受難!

 毎日のようにハンティングを成功させているオオタカですが、今日はまたしてもハシビロガモのメスを捕食しました。

 今日はネイチャーセンター正面の真下での出来事。あまりにも近すぎて逃げられそうなので、あえて遠く離れた横側に回りこんでそっと観察しました。

_MG_4802s.JPG.jpeg 今回も水に沈めて仕留める作戦。時々苦しそうに顔を上げるハシビロガモがとても痛々しいです。






_MG_4844s.JPG.jpeg やがて息絶えたハシビロガモは、岸へ引き揚げられました。







_MG_4863s.JPG.jpeg ネイチャーセンターの真下で食べ始めるか、と思ってお客様と見ていたところ、やはりガラス越しの視線が気になるのか、こちらをチラッ、チラッと見た後、遠く離れた松の木の下へ運び去っていきました。自分と大差ない大きさのカモ1羽をぶら下げて持ち去る飛翔力はすごい!


 ハシビロガモは、いつもネイチャーセンター前の浅瀬で、数羽の群れで水中に頭をつっこみながら前進して採食しています。この無防備さにオオタカは目をつけたようです。狩りの後も、ネイチャーセンター前では水に首を突っ込みっぱなしで泳ぎ回るハシビロガモたちがいました。この様子では、また犠牲者が出そうな感じです。もっとタカを警戒しなさい!ハシビロガモ!!
 

 昨日にはオオタカの成鳥が2羽いたようで、時々姿を見せる幼鳥と合わせて3羽のオオタカが水鳥公園を出入りしているようです。カモたちの受難はまだまだ続きそう。
 

●今日のコハクチョウ
昨日同様、9羽(成鳥7幼鳥2)。6:30頃飛立ち、17:40頃帰って来ました。
カモ類 およそ3000羽くらい集まっています。

2009年10月15日 19:04 カテゴリー: オオタカ , コハクチョウ , ハシビロガモ , , 鳥情報

やっときました!初雁

今朝、ようやく水鳥公園にマガンが到着しました。朝6時過ぎにはいませんでしたので、7時前までの間に到着したようです。 昨年より一週間遅れでした。

_CIMG4228s.jpg初めに見つかったのは、成鳥4羽の群れで、その後、成鳥2幼鳥3の5羽家族、8羽の群れ、さまよう1羽を次々と確認。最大8羽が中海にやって来たようです。





CIMG4428_s.jpgその一方で、ネイチャーセンターの正面では、猛禽類の狩りが2度見られました。朝7時前にはハヤブサがヒドリガモ?を仕留め、お昼頃にはオオタカがハシビロガモを仕留めていました。 マガン初飛来を取材にいらっしゃった報道関係者の皆様も、オオタカの狩りに釘付け?でした。


CIMG4452s.jpgカモたちも続々と飛来中。今日は3000羽位でしょうか。その中には、水鳥公園では珍しいオシドリの姿もありました。

2009年10月 9日 17:24 カテゴリー: オオタカ , ハヤブサ , マガン , , 鳥情報

珍事ふたたび

シルバーウィークも後半戦。水鳥公園も遠方からのお客様が目立っています。

さて、今日も水鳥公園では珍しいことが二つありました。

_261.JPG.jpeg一つ目はこれ。朝、ネイチャーセンターの開場準備で窓のロールカーテンを開けると、窓の外の手すりに変なものがくっついていました。













_2625.JPG.jpegよくみると、コウモリでした。
昨晩の夜遊びがすぎて、お家に戻る前に朝を迎えてしまったのかな?
時々這うので、一応元気な様子。夕方に無事飛び立つか注目です。




_263.jpg二つ目は、鋭い眼光再び。








オオタカがまた先日と同じ場所に登場。
http://nakaumi.blogspot.com/2009/09/blog-post_18.html
前回はただ休んでいただけでしたが、今回はちょっと様子が違いました。目の前のヨシ原を盛んに見つめ、突然ヨシ原に飛び込んでいきました。ヨシ原からは、コガモやタシギが驚いて飛び出しました。

_271.jpgオオタカは、片足で何かを捕まえて岸辺に戻ってきました。小鳥のようです。大きさや色、足の長さから、シマセンニュウかもしれません。






_272.jpg前回はお客様に見ていただけませんでしたが、今日はちょうどお客様が一組いらっしゃいましたので、じっくりオオタカを見ていただくことが出来ました。コウモリは来館者全員に見ていただいております。こんなところにコウモリがいるなんて、皆さん興味深そうに眺めていらっしゃいました。


●今日の鳥 2009/09/22
コガモ 急増!数百羽います!
オナガガモ 急増!数十羽います!
シマアジ コガモの群れに1羽混じっていました!
アオアシシギ 6羽
コアオアシシギ 2羽
トウネン 5羽
タシギ 5羽くらい
クサシギ 1羽
オオタカ 2羽 成鳥1、幼鳥1が出現。
アオサギ オオタカを威嚇!
ダイサギ 
カイツブリ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
ヨシガモ 3羽
カルガモ
マガモ 雄が繁殖羽に換羽し始め、モザイク模様に。
コブハクチョウ 2羽 オオタカの襲撃にも平然。

2009年9月22日 13:52 カテゴリー: オオタカ , , 鳥情報

鋭い眼光!

昨日、今日と大山がきれいに見える一日でした。
園内では、毎日カモ達の姿が増えていて、ヨシ原には、シマセンニュウやコヨシキリがうろうろしています。秋の渡り真っ最中です。

さて、今日はとっても珍しいことがありました。
オオタカの成鳥がネイチャーセンターのすぐそばの島に降りて、30分以上じっとしていたのです。

_.takajpg.jpg望遠鏡で見ると、その整った体型と鋭い眼光が鮮明に見えました。オオタカの成鳥をこんなに間近に見られることは極めて珍しいです。いつもは陽炎越しに茂みの中に潜んでいる姿しか見られません。





_-taka1.jpgカラスが日頃の恨み?とばかりにオオタカの上を「ガアーカアー」
と鳴きながら旋回。オオタカはうるさそうにカラスを見上げていました。





_-taka2.jpg時々、望遠鏡で見ている私たちをギロリとにらんでいました。オオタカには私たちの姿が鮮明に見えているのでしょう。






デジスコならば、上半身のアップが撮影できる至近距離。光線加減も良好でした。でも、こんな時に限ってお客様は0人。もったいないです。
こんな貴重な光景に立ち会うには、こまめに野鳥観察に出かけるしかありません。是非、皆様もまめに水鳥公園にお立ち寄りくださいませ。

2009年9月18日 17:22 カテゴリー: オオタカ , , 鳥情報

春の便り

 本日朝、出勤してみるとコハクチョウが1羽もいない!8時前で0羽になったのは珍しいことです。もちろん、みんな北帰行したわけではありません。安来の田んぼに早朝出勤しているのです。長旅に備えてたっぷり栄養を取るのでしょう。
 
 さて、ネイチャーセンターのロールカーテンを開けて開館の準備をしていると、窓の外を颯爽と横切る鳥が3羽。
「なんだ、ツバメか~。」
 あれ、よく考えてみたら今季初めて見るツバメだ!
 もう東南アジアから春の便りが届いていたのでした。

_88s.jpg ツバメのようにあまりにも身近な鳥は、いつから姿を見るようになって、いつからいなくなったのか、見落としがちです。皆さんも、季節を感じる身近な生き物の初認日と終認日を手帳にメモしておくと楽しいですよ。






●今日の鳥情報
・ツクシガモ5羽 健在!
・変なツグミ 健在だけど、時々外出するようになってきた。
・オオタカ1羽 獲物を横取りされた?
・ノスリ1羽 鳥を食べていた。オオタカから横取りした可能性大。
・クイナ1羽 今日も「抜き足、差し足、忍び足」

2009年2月20日 13:00 カテゴリー: オオタカ , クイナ , ツクシガモ , ツグミ , 鳥情報

オオタカのカモ捕り

  今日の朝、ネイチャーセンターから大山を見て右手側の岸辺にオナガガモの大群がいました。そのカモ達が一斉にネイチャーセンター正面に逃げてきたので、何が起きたのか望遠鏡で確認。原因はこれでした。

CIMG0755_.JPG.jpeg カモが群れていた辺りの水面に、オオタカが浸かってじっとしていました。やがて、翼で岸辺に泳ぎ着き、なにかを引きずり上げました。その右脚にはオナガガモのメスがわしづかみにされていました。






CIMG0776_s.JPG.jpeg 辺りを警戒するオオタカ。せっかく獲物を捕っても、カラスや他のタカに横取りされては意味がありません。







CIMG0874_s.JPG.jpeg 羽根をむしってカモを食べるオオタカ。早速ハシボソガラス2羽がやってきて、おこぼれを狙っています。
 でも、今日は横取りしないで、おとなしくオオタカが食べ終わるまで順番待ちをしていました。オオタカが満腹になって去った後、カモ肉にありついていました。




 カモ達は、このような天敵の襲来を警戒しながら、昼寝をしたりプロポーズをしたり、食べ物を探したりと、意外と忙しい生活を送っています。もうすぐ春ですので、そろそろ番いにならないと子育てに間に合いません。カモ達も苦労が多いですね。
 
鳥情報
・コハクチョウ 今日は北帰行を確認できませんでした。
・アメリカコハクチョウ一家 まだ健在。早朝なら会えるかも。
・メジロガモ♀1 まだいます。
・ツクシガモ5羽 まだいます。
・変なツグミ 健在です。

2009年2月16日 15:02 カテゴリー: オオタカ , ツクシガモ , ツグミ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

水鳥公園オリジナル!かわいい鳥のマグネット新発売!!

本日から、米子水鳥公園オリジナルグッズとして野鳥マグネットの販売を始めました。
ラインナップは次のとおりです。
CIMG0397_s.jpgコハクチョウ(右上)  650円
      二個目から600円
カワセミ(左上)    950円
      二個目から900円
オオタカ(中央下)   950円
      二個目から900円
(全て税込み)
いずれも水鳥公園で観察できる、人気の野鳥です。

原型は財団職員が製作し、商品製作はカエル工房さんにお願いしました。
米子水鳥公園でしか手に入らないマグネットです。お求めは、ネイチャーセンターミュージアムショップまで。

CIMG0383s.jpgなお、このマグネットは複数またはセットでお買い求めいただくとおトクです。
2個以上お買い求めいただくと割安となります。
セットでお買い求めの場合は、
コハクチョウ+カワセミ、またはコハクチョウ+オオタカで1500円、
カワセミ+オオタカで1700円、
三種セットだと2200円になります。







お正月は元旦朝7時から開園しております。
ドングリコマ回し大会2009http://nakaumi.blogspot.com/2008/12/blog-post_9404.html
と合わせて、オリジナルマグネットもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2008年12月26日 14:07 カテゴリー: オオタカ , カワセミ , コハクチョウ ,

目の前に若タカ飛来!

最近、ネイチャーセンターの前に集まっているカモの群れが、突然驚いて水の上に避難する様子が見られます。その原因は、オオタカなどの天敵の接近です。

CIMG0290s.JPG.jpeg 今日も、大山を正面に見て左側からオオタカの若鳥が飛んできて、カモを驚かせました。このオオタカは、ネイチャーセンター前に立ててある6本の杭のひとつに止まり、しばらくじっとしていました。
 
 オオタカは用心深く、ネイチャーセンターの目の前に止まることはほとんど無いのですが、今季は若鳥が時々止まります。お客様には喜ばれますが、いつもここで休んでいるカモたちには大迷惑ですね。

2008年12月20日 18:07 カテゴリー: オオタカ , , 鳥情報

久しぶりのクロツラヘラサギの姿!

IMG_7161s.JPG.jpeg  一時姿を消していたクロツラヘラサギですが、昨日、今日と姿が見られるようになりました。でも、以前とは違い、かなりサービスが悪くなってしまいました。
 これまでは、いつもネイチャーセンター正面にいてくれていましたが、最近では園内をかなり広範囲に動き回るので、姿が見える場所にいてくれる時間がとても短くなってしまいました。それでも、時々はネイチャーセンター正面にも来てくれるので、このときに来館された方はラッキーです。
 
☆そのほかの鳥の情報:
 オオタカの若鳥がオナガガモ?を水上捕獲し、両翼でバタフライのように泳いで岸辺に引き上げ、食べていました。

2008年11月23日 18:19 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , , 鳥情報

安来の田んぼでコハクチョウ観察

 今日は、地元小学校4年生の総合学習の日。今回で5回目になる企画で、水鳥公園と安来の水田地帯でハクチョウ観察を行いました。

CIMG9598s.jpg はじめに米子水鳥公園で双眼鏡と野鳥図鑑を貸し出して、使い方の練習をしました。ノスリとオオタカが観察でき、みんな大興奮でした。「オオタカすげ~!」




CIMG9608s.jpg 次に、バスで安来の水田地帯へと移動しました。移動にはバスで26分かかりましたが、コハクチョウは10分弱で移動できるよ、とお話ししたら、みんな驚いていました。自由に空を飛べるコハクチョウがうらやましいですね。
田んぼでは、コハクチョウたちが広範囲に散らばり、落穂を食べている様子が観察できました。

CIMG9631s.jpg お弁当を食べた後、東出雲町の意東海岸へ行きました。ここは、かつてコハクチョウの餌付けが行われていた場所で、中海のコハクチョウの歴史上、重要です。「コハクチョウが暮らすためには、採食場とねぐらの両方が隣接していることが重要なんだよ。」


CIMG9629s.jpg 意東海岸では、児童達は貝殻拾いに夢中。沖に浮かぶ鳥たちよりも、みんな足元を一生懸命見ていました。「きれいな貝殻をたくさんみつけたよ!」





CIMG9630s.jpg こちらの子は、カニの死体を拾いました。中海の湖岸にはいろいろなものが落ちていて、児童達は興味津々でした。






 今回のバス遠足で、地元の子ども達が中海で暮らしているコハクチョウの姿を直に観察することで、コハクチョウが暮らせる環境について知ってもらえたら幸いです。
 
鳥情報:クロツラヘラサギが再び姿を消しました。今日は姿が見えませんでした。どこに行っちゃったのでしょう?

2008年11月21日 18:58 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , ノスリ , , 鳥情報

今日の鳥模様「2008年11月6日」

CIMG9126s.jpg 今日も、ネイチャーセンターの目の前にコハクチョウとクロツラヘラサギが集まってくれて、お客様にとても喜ばれました。どのくらい近いかはご覧のとおり。20倍の望遠鏡ではコハクチョウの体の一部しか見えません。



CIMG9128s.jpg どうしてネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるのでしょうか。その理由は、春から秋に行っていた環境管理作業にあります。たくさんの人たちに獣よけの水路を掘ってもらったり、雑草を抜いてもらったお陰で、安心して休憩できる岸辺とコハクチョウたちが認めてくれたのです。

今年行ってきた環境管理の様子はこちら!↓

http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/520.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post22.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post
18.html

CIMG9141s.jpg 今日の珍しい光景。
オオタカの目の前を、マガンの群れが悠然と泳いでいました。このオオタカは、1時間ほど前にカモを捕獲し、お腹いっぱい食べた後です。お腹がいっぱいのオオタカは怖くないというわけです。それにしても贅沢なツーショットですね。

2008年11月 6日 17:55 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

今日の鳥

今日は、ネイチャーセンター前の岸辺に、トウネン、ハマシギ、キアシシギがやってきました。彼らは、越冬地である東南アジアやオーストラリアへ向かう長旅の途中に疲れを癒しにきたシギたちです。6日に行われた除草ボランティアの成果です。感謝!
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post.html

DSCN0088.JPG.jpeg←トウネン。15羽くらいの群れが忙しく砂をつついていました。







DSCN0032.JPG.jpeg← キアシシギ。今季初認です。鮮やかな黄色い足が輝いていました。







DSCN0097.JPG.jpeg←レギュラーとなりつつあるオオタカ。今日もトビの妨害をかいくぐって鳥を食べていました。まんまるの胸に注目。ハト胸のオオタカ。食べすぎ?

2008年9月13日 18:11 カテゴリー: オオタカ , トウネン , ハマシギ , , 鳥情報

秋の鳥続々飛来中!

現在、秋の渡り鳥が続々と飛来しています。ヨシ原にはシマセンニュウとチュウヒ、池にはシマアジがやってきています。チュウヒは今季初認です。

IMG_5272s.jpgネイチャーセンター正面の島でお昼寝中のシマアジ(右)。 左はオナガガモ。







DSCN0033s.jpg岸辺では、オオタカが鳥を食べていました。トビが三羽近くにいましたが、横取りはせずにおとなしく順番待ちをしていました。

2008年9月 7日 14:52 カテゴリー: オオタカ , シマアジ , シマセンニュウ , チュウヒ , , 鳥情報

オオタカが今季初飛来!

IMG_1121s.jpg本日、水鳥公園内でオオタカ1羽を見つけました。今シーズン初認です。近年、秋から翌春にかけてオオタカが水鳥公園に常駐し、時々カモ類を襲って食べている様子が観察できます。今季もオオタカが居つくのか注目ですね。

2008年8月22日 18:29 カテゴリー: オオタカ , , 鳥情報

クロツラヘラサギ死亡

一部報道でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、米子水鳥公園に長期滞在していたクロツラヘラサギ1羽が、2月11日に死亡しました。

DSCN0016_.jpg11日の午後3時半ごろ、園内の浅瀬で採食していたクロツラヘラサギが、オオタカの若鳥に襲われました。クロツラヘラサギはオオタカに完全に押さえ込まれてしまい、生還は絶望的でした。




DSCN0018_.jpgそこにケアシノスリが現れ、オオタカからクロツラヘラサギを横取りしました。しかし、まもなくケアシノスリはノスリに追い払われ、クロツラヘラサギは誰にも食べられず、その場に放置されてしまいました。



IMG_2206s.jpgそのため、職員がクロツラヘラサギの死体を回収し、標本として保存することにしました。

死体は殆ど損傷が無く、あごの下あたりに左右一箇所ずつ穴が開いていただけです。オオタカは、一撃でクロツラヘラサギの急所に爪を立てて仕留めたようです。初確認からおよそ1年4ヶ月の間、中海・宍道湖に滞在し、多くの人々に親しまれていた個体だっただけに、大変残念です。

このクロツラヘラサギの関連記事

http://nakaumi.blogspot.com/2007/09/blog-post_6223.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_5481.html
http://nakaumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_15.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/01/blog-post_26.html

2008年2月22日 18:47 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , ケアシノスリ , ノスリ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー