水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

クロツラヘラサギがちょっと休憩

昨日夕方17時ごろ、クロツラヘラサギを1羽見つけました。

DSCN1328s.JPG

















いた場所は、水鳥公園敷地内の中央部にある大きな島の岸辺で、
ネイチャーセンターから500mくらい先でした。
あまりにも遠いので、辛うじてクロツラヘラサギだとわかる程度
にしか観察できませんでした。

そして今日もいるかな?と期待して出勤したのですが、
残念ながら一日待っても姿を見せませんでした。
渡りの途中でちょっと一休み、
という程度のお立ち寄りだったようです。

本当の飛来時期は11月頃です。
昨年は12日間しか滞在してくれなかったので、
今年も飛来して、長居してくれたらうれしいです。



IMG_9765s.JPG















今日は、ネイチャーセンター前浜にコチドリの幼鳥がやって来ました。
この近辺で生まれ育った兄弟かもしれません。
片方は見た目にも幼く、可愛らしかったです。

文・写真:きりぎりす

2013年8月22日 17:56 カテゴリー: お知らせ , クロツラへラサギ , コチドリ

コチドリのヒナは今日も元気!

今日は、一日中雨が降って南風が強く、少し肌寒い悪天候でした。
昨日生まれたコチドリのヒナたちが心配でしたが、心配無用でした。

IMG_2010ts.JPG















親鳥が翼を少し広げて、ヒナたちを体の下に抱きかかえて雨風から守っていました。ヒナたちは時々親の下から這い出てきて、周囲を元気よく歩き回って食べものを探していました。ちゃんと4羽いました。(画像には親鳥1羽とヒナが2羽写っています。わかるかな?)
1日しか経っていませんが、もう昨日より大きくなったような気がします。
それにしても、まんまるでフワフワのヒナが、ちょこまかと親鳥の周囲を歩き回っている様子がとってもかわいい~♪
ぜひ皆様にに見ていただきたい光景です。


IMG_2065ts.JPG















ネイチャーセンターのすぐそばで、「ケーンケーン、ドドドドッ」とキジの声がしたので、そちらを見てみると、キジがペアで歩いていました。オスが1羽で歩いているのは良く見かけますが、メスと一緒に歩いている様子はちょっと珍しいです。天気が悪くて園内に人が歩いていないので、今日はデート日和?


IMG_2224s.JPG















しばらく観察していると、ペアの主導権はメスにあるようです。メスの方が堂々と自分のペースで好きな所へ行って好きなことをしていて、オスはメスのご機嫌をうかがいながら気弱そうに後に続いていました。大切な嫁さんをやさしく見守っている、優しい夫なのかな?


IMG_1913ts.JPG















ネイチャーセンター前の島でクイナを見つけました。そろそろヒクイナが見られることですが、まだクイナがいます。このクイナは湿地をつつくときに盛んに翼を広げていました。こんな様子を見るのは初めてです。何かを威嚇しているようにも見えますが、特に威嚇対象は見えず、謎の行動です。


IMG_1888ts.JPG















こちらは昨日の画像。
昨日は池の排水口付近でコムクドリが7羽ウロウロしていましたが、今日は見られませんでした。風が強かったので茂みに避難していたのかな?まだ居てくれたらうれしいな♪

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月10日 18:37 カテゴリー: お知らせ , キジ , クイナ , コチドリ , コムクドリ

コチドリのヒナ誕生!

昨日まで抱卵していたコチドリの姿が見えないと思ったら、ヒナが生まれていました。
もう元気に巣のそばを歩き回っていました。


DSCN9542s.JPG

















天敵である人間(私)が近づいてきたので、身を伏せて地面に溶け込むヒナ。どこにいるかわかりますか?こんなに小さなときから、自分の身を守る術をちゃんと心得ているのに感心。細心の注意を払わないとヒナを踏んでしまうので、一歩一歩慎重に歩いてヒナを探します。



DSCN9522s.JPG


















ヒナは4羽いました。4個の卵が無事ふ化したようです。



DSCN9540s.JPG

















その後の調査のため、ヒナの脚にリングを付けました。ヒナのうちに標識を付けることで、その鳥の正確な年齢が分かり、寿命を知るのに役立ちます。
※ご注意:この調査は、鳥の生態を理解した上で、有資格者が正式な許可を受けて実施しています。皆さんは決して子育て中の鳥の巣には近づかないでくださいね!



IMG_1840s.JPG

















標識を付けたら速やかにその場を離れて様子を観察。4羽のヒナたちは元気に親鳥の元へ走っていき、合流しました。これで一安心です。

昨年は、標識を付けたヒナが無事成長して、ネイチャーセンターの目の前に飛んできました。このヒナたちも、これから厳しい自然界をたくましく生き残り、また元気な姿で再会できたら嬉しいです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年5月 9日 10:58 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , 調査研究

今年もコチドリが子育てを始めました!

昨年、久しぶりに園内でコチドリの繁殖が確認されましたが、今年もコチドリが抱卵を始めたことが確認できました。

場所は、昨年とほぼ同じでした。昨年と同じ個体なのかな?それとも、そこしかいい場所がないからかな?
コチドリが地面に座り込んでいるのに気付いたのは昨日ですが、実際に卵が産んであるのかを今日確認しました。


IMG_8413ts.JPG















抱卵中のコチドリ。
地面に座り込むと、背中の色と地面の色が同化して目立ちません。
でも、首を取り囲む黒と白の線が目立つので、横から見ると居場所が分かってしまいます。



DSCN9090s.JPG

















親鳥にはかわいそうでしたが、卵の数を確認させてもらいました。
卵は4個でした。標準的な数です。

速やかに撮影して巣から離れ、親鳥が巣に戻って抱卵を再開するのを確認しました。これからは、ネイチャーセンターから望遠鏡で見守ることにしましょう。

コチドリが抱卵している場所は、他のカモやヌートリアもよく歩き回っています。今日も抱卵しているコチドリのすぐそばで、カルガモがお昼寝していました。卵がカモやヌートリアに踏まれてしまわないか心配ですが、親鳥がしっかり守っているから大丈夫でしょう。
毛玉のようなかわいい雛の誕生が楽しみです。


DSCN4366s.JPG参考画像:昨年誕生したヒナ










(文・写真:きりぎりす)

2013年4月19日 19:20 カテゴリー: お知らせ , コチドリ

オオハクチョウついに去る

今日は最高に景色がきれいな一日でした。
一日中ネイチャーセンター前の浅瀬にコハクチョウが群れてくつろぎ、その背景には雪化粧(やや剥げ気味)の大山がそびえたっていました。



IMG_2597s.JPG

















望遠鏡がなくても充分コハクチョウがはっきり見えました。
今朝8:30現在、コハクチョウは約350羽いました。少しずつ減ってきていますが、まだまだにぎやかです。今は安来に出かけるコハクチョウは少なく、中海のコハクチョウの殆どが水鳥公園に集まっています。
アメリカコハクチョウは今日も健在です。

昨日まで姿が見られたオオハクチョウ10羽のグループが姿を消しました。ついに北へ旅立ってしまったのでしょうか。ネイチャーセンター前のコハクチョウの群れの中に1羽だけ幼鳥がいましたが、これはオオハクチョウの群れから離れてコハクチョウと行動を共にしていた迷子だと思います。



IMG_2714s.JPG















ツクシガモは8羽いました。
園内中央部の島の先端でお昼寝して、時々ネイチャーセンターそばにやってきて食べ物探しをしていました。コハクチョウ同様、中海のツクシガモの殆どが水鳥公園に集まっています。


IMG_2646ts.JPG















その中に1羽、立派なコブがある美しい個体がいます。オスの成鳥です。
まるでこのグループのボスのような風格があります。


オオハクチョウがいなくなってしまったのは寂しいですが、その代わりにコチドリ2羽を今季初めて見つけました。着実に冬の鳥から春の鳥へと入れ替わりが進んでいます。

●今日の鳥 2013年3月11日(月) 晴れだけど空気は冷たい
コハクチョウ 355羽 8:30現在。
 亜種アメリカコハクチョウ1羽含む。
オオハクチョウ 幼鳥1羽 10羽グループが去って寂しい!
ツクシガモ 8羽 成鳥雄がチョ~美しい!
ミコアイサ 雄1羽雌5羽 雌なら時々近くに来ます!
カモメ 3+羽 成鳥がヒラヒラ舞っていました!
コチドリ 2羽 コハクチョウの背景を歩き回る!
ハジロカイツブリ 6羽 うち夏羽4羽!
ヘラサギ 若鳥1羽 近頃出現率高し!

ほか、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チュウヒ、バン、オオバン、イソシギ、タシギ、カワセミ、ツグミ、オオジュリン、キジ、ハシボソガラス、ヒバリ。

2013年3月11日 19:22 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , ツクシガモ

前浜のカイツブリの巣に雛が生まれる

今日は大変よい天気でしたが、前浜のカイツプリの巣に雛が生まれたことを確認しました。  
IMG_6723st.jpg
















右側の親鳥の横に、ネッシーみたいに浮かんでいるのが雛です。

stIMG_6711.jpg















転卵の瞬間。まだ、4つの卵があることがわかります。これから数日中にすべての卵がかえり、親鳥に背中に雛を載せて泳ぐほほえましい姿が見られるでしょう。


IMG_6715st.jpg雛と言えば、コチドリの雛もネイチャーセンターの前浜にやってきました。ついに飛ぶ力をみにつけたようです。こちらも、成長がたのしみです。



















 















 

2012年7月16日 19:10 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ

雨の日の様子

もうすぐ梅雨明けと思います。その前に雨の日の鳥の様子をご紹介します。

雨といえども鳥は傘をさすわけにはいきません。
水鳥の場合、そのまま濡れていることが普通です。

こちらは、巣で抱卵中のカイツブリです。
CIMG6460ss.jpg

















土砂降りの中、ひたすら卵を温めています。こんな日は、浮巣が崩れてしまいそうになることもあるので、一生懸命に巣を補修する姿も見られます。

また、雛は親鳥のように雨をはじかないので大変です。
コチドリの雛の場合は、
CIMG6440ss.jpg

















お母さんのおなかの下に隠れるようです。どう見ても三羽隠れるの無理に見えますが・・


カルガモの親子もお母さんのおなかの下に隠れます。
こちらはさらに子だくさんで、子どもたちがお母さんの腹の下からはみ出ていました。












 

2012年7月14日 21:16 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , カルガモ , コチドリ

こだわりの場所

現在、米子水鳥公園は鳥たちが子育てに大忙しです。

カイツブリは池の岸辺寄りに数か所、浮き巣を作って抱卵中。
そんな中、1組のカイツブリの番いが巣作りに励んでいます。

CIMG5963s.JPG

















新築中の巣とカイツブリの夫婦。
ここは、すべすべの杭が斜めになっているだけなので、
巣材が杭に絡まず、巣を作ってもすぐに流されてしまいます。
もう3~4回巣が流されているのですが、懲りずに同じ場所に巣材を運んできて巣をつくり直しています。

私が見る限り、営巣場所としてはセンスが悪いと思うのですが、
この夫婦にとってはこだわりの場所のようです。



DSCN4142s.JPG

















こちらは、本日見つけたコチドリの巣。
以前紹介した巣は、かなり長期間抱卵していましたが、
あとちょっとのところでダメになってしまったようです。

この巣こそは、無事ヒナが誕生することを期待します。

●現在の鳥の様子 2012年6月4日(月)
カイツブリ 雛3羽の家族1組 巣3か所
カルガモ 雛4羽の親子1組
コチドリ 4個抱卵中!
キジ 雄が時々鳴いています
オオヨシキリ ただいまさえずり最盛期!
セッカ 飛びながらさえずっています
オカヨシガモ 雄2羽滞在中
ヨシガモ 雄3雌2滞在中
カッコウ 干拓地で鳴いていました
ハシビロガモ 雄1羽
ホシハジロ 少々
キンクロハジロ 少々
ダイサギ 1羽
アオサギ 1羽

など、28種、約100羽

2012年6月 4日 15:30 カテゴリー: お知らせ , カイツブリ , コチドリ , 鳥情報

コチドリの抱卵を確認!

本日は、週に一度の全種全量調査の日。
園内のすべての鳥の種類と数を記録します。

そのとき、地面に座り込んでいるコチドリを発見。
しばらく様子を見ていると、抱卵しているようでした。


CIMG4598ts.JPG
















抱卵しているコチドリ。(画面中央左寄り)
昨年に続き、二年連続の繁殖確認です。


そこで、産卵数を確認するため、
現地に行って巣を調べてみました。

ネイチャーセンターとトランシーバーで交信しながら、
慎重に巣に接近。
コチドリの巣は周囲の小石に見事にまぎれているので
とても見つけにくく、
不用意に近づくと踏み潰してしまう危険があるからです。


DSCN3559s.JPG

















無事巣を発見。4卵産んでありました。標準的な数です。
親鳥に申し訳ないので、
さっさと撮影を済ませてその場から撤退。
すると、すぐに親鳥が巣に戻ってきて抱卵を再開していました。


今後、遠く離れたネイチャーセンターから、
望遠鏡で抱卵の様子を見守っていこうと思います。
この卵が天敵に襲われないことを祈ります。

●今日の鳥 2012年4月21日
・ノビタキ 雄雌各1羽
・サンカノゴイ 1羽
・オオタカ 成鳥1羽
・ハヤブサ 成鳥1羽
・カシラダカ 5~6羽 水鳥公園では珍しい!
・ツルシギ 1羽 夏羽に換羽中!
・アオアシシギ 1羽
・ミコアイサ 雌3羽
・ツグミ 10+羽

など、42種

2012年4月21日 18:09 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , 鳥情報

コチドリのヒナ生まれる

抱卵中のコチドリのヒナがかえりました。
望遠鏡で遠くにですが雛の様子も見ることができます。
毎日一羽づつ孵り、今日 四羽になりました。
コチドリの雛CIMG1337.JPG抱卵する親鳥CIMG1389.JPG

2011年6月11日 10:44 カテゴリー: お知らせ , コチドリ ,

春の鳥いろいろ

久しぶりに今の鳥の話題です。
今年の春は寒いせいか、春の渡り鳥が少なくて寂しいです。そんな中ですが、今日はこの時期ならではの鳥がいろいろ見られました。

_MG_6503ts.JPG
















ウズラシギ。今季初認です。茶色の帽子をかぶったような丸い頭がかわいいです。



_MG_6518ts.JPG
















コチドリ。毎日ネイチャーセンター前の砂浜を忙しく歩き回っています。



_MG_6535tsJPG.JPG
















ソリハシシギ(左)とメダイチドリ。春に渡って来るシギやチドリの仲間は色鮮やかで見ていて楽しいです。

_MG_6481s.JPG
















そして、今季もっとも存在感のある鳥、キジ。この画像は22日に撮影したものですが、毎日ネイチャーセンターから姿が見えます。園内に人が歩いていないときは、広場を堂々とお散歩しています。

このほか、「空とぶ三日月」アマツバメ1羽も今季初めて見られました。
今日は一日中猛烈な西風が吹き荒れていて、鳥たちも飛ばされないように頑張っていました。

2011年4月24日 15:21 カテゴリー: お知らせ , アマツバメ , ウズラシギ , キジ , コチドリ , ソリハシシギ , メダイチドリ

本日「初雁」 マガンの初認 米子水鳥公園

米子水鳥公園
2010年10月2日 マガンの初認です。
CIMG3709s.JPG何とか、マガンの生息地の草刈り間が合いました。
協力頂いた皆様!!ありがとうございました。
最後の環境管理作業から中一日!ぎりぎりセーフでした。







また、今日は、シギチが多く ネイチャーセンター前に
 セイタカシギ2 アオアシシギ6 コアオアシシギ4 アカアシシギ1 コチドリ2

ヨシハラでは、コヨシキリが渡りのピーク? シマセンニュウもちらほらいるようです。
なぜかカッコウの鳴き声聞きました(空耳?)。

また、ヒドリガモも、オナガガモ、コガモがいっぱい渡ってきて、カモがいっぱいです。

2010年10月 2日 18:16 カテゴリー: アオアシシギ , アカシシギ , オナガガモ , コアオアシシギ , コチドリ , コヨシキリ , シマセンニュウ , セイタカシギ , マガン , 環境管理 , 速報 , 鳥情報

コチドリ&コアオアシシギ初認!

さて、今日から新年度です。
水鳥公園では、園内のクイズラリーの問題を更新しました。
三ヶ月ごとに内容を更新しており、今回はSEASONⅠです。
開館時間中いつでも参加でき、プレゼントももらえるお薦め企画ですので、ご来館の際は是非挑戦してみてください。意外と難しいですよ!

IMGP3870s.JPG.jpeg
新年度初日の今日は、コチドリとコアオアシシギが初認です。
コチドリは、水鳥公園だよりの今月のおすすめの鳥。かわいいですね~♪





その一方で、ヘラサギとクロツラヘラサギは姿を見せませんでした。
これからは日替わりで様々な鳥がやってきます。一年で最も出現種類数が多いこの時期、しっかり鳥を観ないと、さりげなくいる珍しい鳥を見逃してしまいますよ~!。

●今日の鳥2010年4月1日
・ツクシガモ 2羽  1羽増えた!コブ付き個体も健在!
・アオアシシギ 3羽 増えた!
・コアオアシシギ 2羽 今季初認。舌をかみそうな名前。
・コチドリ 1羽 今季初認。待ってました~♪
・ホウロクシギ 1羽 今日も地面にザクザクくちばしを差し入れていました!
・チュウヒ 1羽
・オオタカ 若鳥1羽
・ハヤブサ 若鳥1羽 最近頻繁に出現します!
・ハジロカイツブリ 夏羽2羽 仲良しなので番いかな?
・ミコアイサ ♂1♀5 この時期までオスがいるのは珍しい!
・ヒヨドリ 10+羽 ナワシログミに群がる!
・ツグミ 5+ 同上!
など。

2010年4月 1日 19:09 カテゴリー: コチドリ , 鳥情報

強烈な春の嵐!

CIMG1438s.JPG.jpeg 今日はものすごい春の嵐。強烈な南風が水鳥公園を襲っています。








CIMG14495s.jpg 今朝、コハクチョウは2羽だけ居ました。中海のコハクチョウは殆ど姿を消し、そろそろ北帰行が完了しそうです。
 






CIMG1423s.JPG.jpeg ネイチャーセンター前浜で今日も新顔発見!コチドリです。黄色いアイリングの大きな目がとってもかわいい!







CIMG14389s.JPG.jpeg 春の渡り鳥のコチドリですが、今日の嵐には困り気味。大きな石の裏に身を寄せて、嵐をしのいでいます。







この嵐がおさまる頃、コハクチョウの季節は終わりを迎え、春の主役たちが続々と登場する見込みです。
 
●今日の鳥
・コハクチョウ2羽 今季の中海最後の個体かも?
・メジロガモ♀1羽 春の嵐に耐えています!
・変なツグミ2代目 上に同じ。
・クイナ1羽 メダカ池の脇でコソコソ。久しぶりの登場!
・オナガガモの大群 風当たりの弱い場所を探して右往左往。

2009年3月13日 16:16 カテゴリー: コチドリ , コハクチョウ , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー