水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

真冬の天気に春の使者現る

今日は、時々雨やあられ、雷も鳴る荒れた天気でした。朝、ネイチャーセンターに落雷しましたが、幸いにも設備の故障はありませんでした。

IMG_3335ts.JPG















そんな中、春の使者が登場しました。シマアジです。
朝は1ペアでしたが、夕方にはオス4羽メス2羽に増加。一度にこんなにたくさん現れるのは珍しいです。明日もいてくれるかな?


IMG_3222s.JPG















近頃、常に群れで行動しているハジロカイツブリ。夏羽への衣替えが進行中。


IMG_3195s.JPG















今日は一日中、園内中央部をカモメ類が30羽以上飛び交っていました。カモメが主でしたが、先日からいるズグロカモメ2羽、ユリカモメ、セグロカモメも混じっていました。ユリカモメ以外のカモメが園内にこんなに集まるのも珍しいです。


IMG_3270s.JPG















ツクシガモは5羽いて、時々前浜にやってきてくれます。オオハシシギ2羽はまだ健在です。


明日は天気が回復するようですね。今朝いた250羽のコハクチョウたちは、どう動くでしょうか。もしかしたら、明日の早朝に大規模な旅立ちが見られるかもしれません。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月21日 18:22 カテゴリー: お知らせ , シマアジ , ツクシガモ , ハジロカイツブリ

1羽足りな~い!

昨日の午後、園内中央部の池の岸辺で、白いカモのような鳥がノスリに食べられていました。その数十メートル脇には、ハヤブサの若鳥がいました。おそらく、ハヤブサが仕留めた獲物をノスリが奪い取ったのでしょう。ノスリが去った後、ハヤブサが獲物を奪還して食べ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラスがそれに続き、白い鳥は食べつくされました。

食べられている白い鳥の姿が時々見えましたが、私にはそれがツクシガモのように見えました。まさか、近頃園内に居ついているツクシガモ12羽のうちの1羽がやられたのか?
確かに、食べられている現場は、いつもツクシガモたちが休憩している岸辺のすぐそばです。嫌な予感がしました。

そこで今日の午前中にその現場に行って、食べられた鳥の残骸を探してみました。すると、ツクシガモの羽毛が散らばっていました。悪い予感が的中しました。

その後、園内にいるツクシガモを数えてみました。

IMG_4403s.JPG















1、2、3、4。


IMG_4404s.JPG















5。


IMG_4414s.JPG















6、7。

IMG_4415s.JPG
















8、9、10。


IMG_4416s.JPG
















11。(左の個体は10羽目)

やっぱり1羽足りな~い!

よりによって、中海全体でも十数羽しかいないと思われるツクシガモを襲わなくてもいいじゃないか、と思ってしまいますが、仕方ないですね。

オジロワシは、昨日から姿が見えません。
ヘラサギは、ネイチャーセンターの前浜をねぐらにしているようで、早朝はいるのですがすぐに飛び去り、夕方になると安来方向から飛んできて前浜に舞い降りてきます。
コハクチョウは110羽前後が塒入りしていて、朝9時ごろにはすべて安来方向へ飛び去り、夕方5時半過ぎまで帰って来ない日が続いています。
オオハシシギ2羽は健在です。次の写真の中で、どこにいるか分かりますか?

IMG_4417s.JPG















(文・写真:きりぎりす)

2014年2月15日 18:20 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ

アメリカコハクチョウが2羽!

今朝は、コハクチョウの声がとても賑やかでした。
それもそのはず、何と700羽以上も集まっていて、続々と安来方向へ飛び立っていきました。

IMG_9930s.JPG
















近年でも稀な大賑わい。今季最多数です。

朝はたくさんのコハクチョウがいましたが、午前中にほとんどが安来方向へ飛び去り、日中は十数羽しか居残りませんでした。


IMG_0088s.JPG















珍しく、ツクシガモがネイチャーセンターの間の前にやって来ました。この個体は羽色があまり美しくないので幼鳥です。現在、ツクシガモはおよそ10羽居ます。



夕方、まだ明るいうちから続々とコハクチョウが帰ってきて、群れが園内の池に舞い降りる様子がとてもきれいでした。

IMG_0513s.JPG















その中に、アメリカコハクチョウとコハクチョウの3羽家族がいました。手前がアメリカコハクチョウ、奥がコハクチョウ、左がその子どもです。くちばしが黒いのがアメリカコハクチョウの特徴ですが、コハクチョウとの間に生まれた子どもは、くちばしの黄色い模様が両親の中くらいの大きさになっています。

この家族は、ネイチャーセンター前浜にやって来ましたが、はるか遠くにもう1羽アメリカコハクチョウがいました。複数のアメリカコハクチョウが園内にいるのは珍しいことです。

オオハシシギ2羽、ヘラサギ1羽は今日も健在です。
マガンはお昼前に飛来しましたが、210羽しかやって来ず、その中にコクガンはいませんでした。

(文・写真:きりぎりす)


 

2014年1月30日 19:11 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ

12m!

今日は、ヘラサギがネイチャーセンターの真正面、というか真下まで寄ってきました。
カメラのレンズの距離計を見ると、なんと12m!最接近記録更新かもしれません。

DSCN0081s.JPG


















窓際で椅子に座っていると、死角に入ってしまうくらい近い位置で食べ物さがしをしていました。



IMG_4419s.JPG















近すぎて、画面に収まりません。
(EOS7D+500mmF4.5の場合)
寒さが厳しいせいか、今日は日中活発に採食していました。


IMG_4361s.JPG
















ツクシガモは14羽になりました。今季最多数です。

●今日の鳥 2013年12月27日(金) 雨
コハクチョウ 78羽(うち幼鳥11)
オオハクチョウ 3羽
コブハクチョウ 6羽
ツクシガモ 14羽
トモエガモ 186羽
オオタカ 成鳥1羽
ノスリ 1羽
チュウヒ 2羽(成鳥、若鳥)
ハヤブサ 若鳥1羽(黒い鳥を捕食)
ハジロカイツブリ 32羽
ヘラサギ 若鳥1羽
ハマシギ 4+羽
カワセミ オス若鳥1羽
など、37種およそ1000羽。

(文・写真:きりぎりす)
 

2013年12月27日 17:16 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , ヘラサギ

ツクシガモ


今日は、強い西風でネイチャーセンターの前に風よけに鳥が集まってきました。
朝はヘラサギ、コハクチョウ さらには、トモエガモがネイチャーセンターの前を飛び回っていました。

IMG_2881.JPG
















そして、午後には
ツクシガモがやってきました。ツクシガモは今シーズン水鳥公園初記録です。

DSCN1138ss.jpg

















                        (ポタちゃん)

2013年12月14日 16:38 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , トモエガモ

レンジャー日記20130323

今日は午前中は暗い曇り空でしたが、次第に天気が良くなっていきました。でも、冷たい東風がやや強く、晴天のわりには寒い日でした。

今朝のコハクチョウの数は92羽。前日とほとんど変化ありません。

IMG_3611s.JPG















コブハクチョウがコハクチョウの群れに混じってお昼寝していました。いつもならば、コブハクチョウがコハクチョウを激しく威嚇して追い払うのに…。水鳥公園ではとても珍しい光景です。穏やかな性質のこの個体はメスなのかな?
(どれがコブハクチョウでしょう?左から3羽目です)



IMG_3670ts.JPG















ツクシガモは、普段は園内中央部の島で休憩していますが、一日に数回、ネイチャーセンター左手の水域に飛来して食事をします。その時を待ち伏せすれば、ツクシガモの美しい飛翔が観察できます。食事が終わると、また遠くの島に飛んで行ってしまいます。


IMG_3755ts.JPG















ミサゴが中海に飛び込んで大きな魚を捕らえ、大山の前を横切りました。獲物はおそらく、40cm近いボラだと思います。お見事~♪



IMG_3802ts.JPG















ヘラサギ若鳥は今日も健在。今季はかなり長居してくれています。




IMG_3817s.JPG















夕方、ネイチャーセンター前の浅瀬に集結したコハクチョウたち。あと何日居てくれるのでしょう。



●今日の鳥 2013年3月23日(土) くもりのち晴れ
コハクチョウ 92羽
コブハクチョウ 2羽 妙に大人しい?
ハジロカイツブリ 夏羽5羽
ヘラサギ 若鳥1羽 時々現れます!
ダイサギ 2羽 飾り羽が美しい!
コサギ 11羽 同上!
ツクシガモ 5羽 成鳥雄1、若鳥雄1、若鳥雌3羽
マガモ 117羽 コハクチョウのおこぼれ頂戴!
オナガガモ 96羽
ハシビロガモ 72羽
キンクロハジロ 32羽
ミコアイサ オス3、メス7羽
ミサゴ 2羽 大きな魚を捕らえた!
オオタカ 成鳥1羽 カモを襲うが失敗!
タゲリ 2羽 時々ネイチャーセンターのそばに来ます!
ツルシギ 冬羽1羽
カモメ 成鳥4羽 この時期になるとよくやってきます!
ツバメ 2羽
イソヒヨドリ メス1羽 毎晩、事務室の脇にねぐら入りします!
など。

2013年3月23日 19:02 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , ヘラサギ

オオハクチョウついに去る

今日は最高に景色がきれいな一日でした。
一日中ネイチャーセンター前の浅瀬にコハクチョウが群れてくつろぎ、その背景には雪化粧(やや剥げ気味)の大山がそびえたっていました。



IMG_2597s.JPG

















望遠鏡がなくても充分コハクチョウがはっきり見えました。
今朝8:30現在、コハクチョウは約350羽いました。少しずつ減ってきていますが、まだまだにぎやかです。今は安来に出かけるコハクチョウは少なく、中海のコハクチョウの殆どが水鳥公園に集まっています。
アメリカコハクチョウは今日も健在です。

昨日まで姿が見られたオオハクチョウ10羽のグループが姿を消しました。ついに北へ旅立ってしまったのでしょうか。ネイチャーセンター前のコハクチョウの群れの中に1羽だけ幼鳥がいましたが、これはオオハクチョウの群れから離れてコハクチョウと行動を共にしていた迷子だと思います。



IMG_2714s.JPG















ツクシガモは8羽いました。
園内中央部の島の先端でお昼寝して、時々ネイチャーセンターそばにやってきて食べ物探しをしていました。コハクチョウ同様、中海のツクシガモの殆どが水鳥公園に集まっています。


IMG_2646ts.JPG















その中に1羽、立派なコブがある美しい個体がいます。オスの成鳥です。
まるでこのグループのボスのような風格があります。


オオハクチョウがいなくなってしまったのは寂しいですが、その代わりにコチドリ2羽を今季初めて見つけました。着実に冬の鳥から春の鳥へと入れ替わりが進んでいます。

●今日の鳥 2013年3月11日(月) 晴れだけど空気は冷たい
コハクチョウ 355羽 8:30現在。
 亜種アメリカコハクチョウ1羽含む。
オオハクチョウ 幼鳥1羽 10羽グループが去って寂しい!
ツクシガモ 8羽 成鳥雄がチョ~美しい!
ミコアイサ 雄1羽雌5羽 雌なら時々近くに来ます!
カモメ 3+羽 成鳥がヒラヒラ舞っていました!
コチドリ 2羽 コハクチョウの背景を歩き回る!
ハジロカイツブリ 6羽 うち夏羽4羽!
ヘラサギ 若鳥1羽 近頃出現率高し!

ほか、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チュウヒ、バン、オオバン、イソシギ、タシギ、カワセミ、ツグミ、オオジュリン、キジ、ハシボソガラス、ヒバリ。

2013年3月11日 19:22 カテゴリー: お知らせ , コチドリ , ツクシガモ

眼下にツクシガモの群れ

DSCN6272s.JPG




















今日の米子は小雪がちらついていました。
そんな肌寒い天候の中、ネイチャーセンター前にツクシガモの群れがやって来ました。
近すぎて望遠レンズでは群れが全て収まらないので、普通のデジカメの写真です。
9羽が泳いでいました。贅沢な風景ですね~。

追記:
この9羽は、翌27日も確認されています。28日は7羽までは見つかりましたが、ネイチャーセンターからの死角にあと2羽隠れているのかもしれません。
基本的には、園内中央部の大きな島(ネイチャーセンターから約500m先)の向こう岸(ネイチャーセンターとは反対側)にいるので、ネイチャーセンターからではいつも死角に入っており、観察しづらいです。
28日には、このうちの2羽がネイチャーセンターに近づいてきてくれました。

 

2012年12月26日 15:55 カテゴリー: ツクシガモ , 速報

ツクシガモが到着!

今日も寒かったですね~。
寒さが厳しくなると登場を期待する鳥が2種類いるのですが、そのうちの1種、ツクシガモが到着。冬本番を告げる鳥です。

IMG_4990s.JPG
















ツクシガモ5羽の群れ。
初認は昨日9日で2羽でしたが、今日は4羽合流して6羽になりました。写真では5羽しか写っていませんが、この群れから離れたところにもう1羽いました。




CIMG8671s.JPG

















時々、ネイチャーセンター正面の丸木柵にとまるカワセミ。近頃とても風が強いので、体が小さいカワセミは風に飛ばされそうになっています。油断すると両足が丸太をすべり、体ごと吹き飛ばされそうになっているのを必死でこらえている姿がかわいいです。


●今日の鳥 2012年12月10日(月) 曇り時々吹雪
コハクチョウ 61羽 17時ごろねぐら入り。
マガン510羽 こちらも17時ごろねぐら入り。今季最多数!
ツクシガモ 6羽 増殖中!
セイタカシギ 1羽 越冬するつもり?
ノスリ 1羽 観察小屋の屋根の上。
チュウヒ 1羽 強風の中ヨシ原の上を舞う!
ハジロカイツブリ 12羽 今季は多いです
コサギ 7羽 減ってきました
カワセミ 1羽 強風に耐える!

など、33種1000羽くらい。


ヘラサギやクロツラヘラサギが居なくなってしまったのはさびしいですが、寒さが厳しいと登場の期待が高まるもう1種、オジロワシが今年も来てくれるのか、ただいま注目しています。

2012年12月10日 19:02 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , ツクシガモ

お子さんのためのステップを新しくしました。

米子水鳥公園を訪れる小さな子どもたちのためにステップを作りました。
DSCN2531.JPG米子水鳥公園では、入館した御客様に自由に館内備え付けの望遠鏡で鳥を見ていただいております。
 ところが、小さなお子さんが望遠鏡に届かないということがあります。
そこで米子水鳥公園では、お子さん用のステップを準備していたのですが、やや古くなっていました。そこで新しいステップを作りました。
観察ホールの各所に置いておりますので、

ご来園の際は、ぜひご利用ください。

<本日の鳥情報>
DSCN2529.JPG
コハクチョウは、150羽が一日残っています。他の飛来地から飛んでくる
コハクチョウがパラパラいます。
渡りの季節は、いつもと違います。

ツクシガモが2羽をになっています。
ハイイロチュウヒ、チュウヒ、オオタカなどが観察されています。
クロツラヘラサギは、2日間観察されていません。

2012年3月 5日 13:01 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , 環境管理

片寄っているカモ

今日は一日中暗い曇天でした。

_MG_3306s.JPG
















ネイチャーセンターの前には鳥がぜんぜん居ませんでした。いつも群れているカモたちはどこへ行ったのでしょう?




_MG_3304s.JPG
















ネイチャーセンターから左手(弓ヶ浜側)を見ると、カモたちが大勢集まっていました。
今日は北風が吹いていたので、カモたちは風を避けるために、風上側の木々の茂みの陰に移動していたのです。
ここは木々が風を避けてくれているので、風にさらされずに休めるのでしょう。

水鳥公園の鳥の配置は、風に大きく影響されます。ネイチャーセンター前に鳥が集まるのは、無風時か西風の時です。




_MG_3263s.JPGがら~んとしたネイチャーセンター前に、正面からツクシガモが接近。








_MG_3266s.JPGどんどん接近!









_MG_3268s.JPGついに目の前の砂浜に上陸してきました!








_MG_3272s.JPG
















おや?このツクシガモは色が鮮やかではありませんね。水鳥公園に滞在中の1号、2号はもっと色鮮やかだから、新顔さんですね。これでツクシガモが3羽になりました!



_MG_3311s.JPG
















ミコアイサの雄も、時々目の前の浅瀬に近づいてきてくれました。
でも、水面に出ている時間は1/5くらいで、残り4/5は潜水していました。
もう少し水面でのんびりしてくれたらいいのにな~♪


●今日の鳥 2012年1月20日(金)
コハクチョウ 75羽   また減りました
コブハクチョウ1羽   コハクチョウを追う!
マガン1羽       本隊からはぐれたの?
クロツラヘラサギ1羽  見られたのは朝だけ。
ツクシガモ3羽     美しさは、1号>2号>3号です。
コガモ17羽       アメリカコガモはどこへ?
ミコアイサ10羽くらい  うち2羽が雄!時々前浜に接近!!
チュウヒ若鳥1羽    今日は少なかった
ハイイロチュウヒ雌1羽 ネイチャーセンター前を舞う!
ハヤブサ1羽      正面のアンテナ塔に止まっていた
など、29種・約2000羽。

今日は猛禽類があまり現れず、クロツラヘラサギも姿を見せず、カモも北側に片寄っていて、いまいちでした。
それでも、ツクシガモとミコアイサ雄はサービスしてくれました♪
また明日に期待しましょう!

2012年1月20日 18:43 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , ミコアイサ

クロツラヘラサギ近いです!

今日は昨日とは一転して、一日中雨です。
ところが、寒いわりにはコハクチョウが日中でも多く居残り、今おすすめの鳥である、ツクシガモやクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターのそばまで近づいてきてくれました。

_MG_3225s.JPG
















日中、園内でくつろぐコハクチョウたち。
昨日に続いて、今日も安来で落穂拾いのお仕事はお休みですか??



CIMG2196s.jpg

















こちらはツクシガモ1号?です。2羽のうち、美しい方の個体。
ネイチャーセンター左手の島に着岸。おでこのコブが少しずつ大きくなってきました。
やや色が悪い2号?は400mくらい先にいます。
この前までは2羽で行動していましたが、最近では単独行動が目立ちます。けんかでもしたのかな?




CIMG2254s.jpg






























クロツラヘラサギは今日も健在です。
昨日は朝にチラッと姿を見せただけでそれ以降現れませんでしたが、今日はネイチャーセンター左手の島に舞い降りてきました。盛んに獲物を捕って食べていました。かなりお腹がすいているようです。




CIMG2244s.jpg

















「ん?」
ダイサギと一緒に何かの気配を感じて、警戒中。
クロツラヘラサギの正面顔が面白いです。





CIMG2274s.jpg






























近かったので、このサイズで撮影できました。
くちばしの先端に黄色部が出ているので、5歳以上の成熟した個体のようです。
秋に飛来した時は真っ白だったクロツラヘラサギですが、毎年この頃になると、全身が汚れてきます。
しばらく姿を消していた間に、鉄分が多い湿地帯で過ごしていたのかもしれません。

それにしても、クロツラヘラサギを見たい!というお客様がいらっしゃると姿が見えず、お客様が少ない時や、クロツラヘラサギを意識していないお客様がいる時には近くにやってくる、ということが多々あります。不思議ですね。

今日は悪天候でお客様は少なかったのですが、午前中一杯鳥をご覧になっていたお客様は、近くでクロツラヘラサギ観察と撮影を満喫できて、とても喜んでいらっしゃいました。

●今日の鳥 2012年1月19日
コハクチョウ 170羽 じわじわ増加中。北帰行シフト始まる?
クロツラヘラサギ 1羽 サービス良好!
ツクシガモ 2羽 1羽はサービス良好!
ミコアイサ 5羽以上 雄2羽います!
オオタカ 若鳥1羽
ハイタカ 1羽
チュウヒ 2羽
カワセミ 2羽 ネイチャーセンター前を往復!

など、約30種類・約2000羽。

アメリカコガモ、オジロワシは姿が見えません。


2012年1月19日 15:16 カテゴリー: クロツラへラサギ , コハクチョウ , ツクシガモ , 速報

ツクシガモが目の前に

DSCN1566s.JPG本日は、ネイチャーセンター目の前にツクシガモがいました。全景写真を観てわかりますでしょうか?



朝8:45ごろ

DSCN1568s.JPGツクシガモのアップ。








 

2012年1月 2日 17:51 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ

今日の鳥模様2011/12/30

今日は、コハクチョウたちが8時過ぎで全て安来へ飛び去ってしまい、一番早く到着されたお客様でもコハクチョウに遇えませんでした。

でも、予報よりは天気がよく、コハクチョウ以外の鳥たちはサービスしてくれていました。



CIMG1838s.jpgトビ。少しボロッとしていますが、なかなかかっこいいです。さすが猛禽類。


























CIMG1943s.jpg


















ツクシガモが2羽一緒にネイチャーセンター前浜に登場。両方とも額にコブが出始めているのでオスですね。






CIMG1974s.JPG


















トモエガモも比較的近距離に登場。最大27羽を確認。



その他、ハイイロチュウヒ雌がネイチャーセンターの窓ガラス前を時々横切り、カッコいい飛び姿を見せ付けてくれました。


CIMG2006s.jpg


















今日は大山がきれいでした。
望遠鏡でのぞいてみると、3箇所のスキー場で滑走するスキーヤーがよく見えました。


_MG_2773s.JPG桝水高原スキー場?
大山の右よりに見えます。







_MG_2774s.JPG大山中の原&上の原スキー場?
大山の左手稜線付近に並んで見えます。








●今日の鳥 2011年12月30日(金)
ハジロカイツブリ 9羽
ミミカイツブリ 1羽 今日はハジロカイツブリと一緒!
コハクチョウ 51羽(17:28現在。7:45現在は34羽でした)
ツクシガモ 雄2羽 コブが生えてきました
トモエガモ 27羽 久しぶり!
ヒドリガモ 雄雌各2羽 近頃とても少ない!
オナガガモ 1000羽くらい
ホオジロガモ 1羽 毎日さりげなくいます
ミコアイサ 雄2羽雌5+羽 パンダ模様残り2羽!
ミサゴ 1羽
トビ 3羽
オオタカ 若鳥1羽成鳥1羽
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌1羽
チュウヒ 若鳥1羽成鳥1羽
ハヤブサ 成鳥1羽 キンクロハジロを襲うがあきらめた!
キジ 雄1羽 ネイチャーセンター前を横切って超低空飛行!
など。

水鳥合計1500羽くらい。 

2011年12月30日 18:01 カテゴリー: お知らせ , ツクシガモ , トモエガモ , ミミカイツブリ

コハクチョウの休日?

最近は寒かったせいか、昼間はコハクチョウが0羽になっていることが多かったのですが、今日は昼間でもコハクチョウがたくさん居残っています。

_MG_2492s.JPG
















園内中心部の島の岸辺の様子。


_MG_2493s.JPG
















ネイチャーセンター右手対岸の岸辺。





今日は朝から飛び立つハクチョウがとても少なく、殆どのコハクチョウが岸辺に集まって休んでいます。
今日はコハクチョウにとっての休日なのかな?

●今日の鳥情報
・ハジロカイツブリ 14羽 近頃群れてます!
・ミミカイツブリ   1羽 近頃はハジロカイツブリと仲良し!
・コハクチョウ    111羽 今日は休日!
・ツクシガモ        2羽 1羽増えた!
・オオタカ      若鳥1羽 ノスリの指定席に止まる
・ノスリ            1羽 オオタカの指定席に止まる
・ハイイロチュウヒ ♀1羽 そろそろ雄が見たい!
・チュウヒ          2羽 近頃よくやってきます
・ツグミ            4羽 やっと初認!
など、31種2000羽くらい。

2011年12月21日 13:15 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ , ツグミ

寒くなりました!米子水鳥公園

今日の米子水鳥公園は木枯らしが吹いていました。

DSCN1024ss.jpgクロツラヘラサギです。
風よけのためにクロツラヘラサギが、ネイチャーセンターの前で一日寝ています。
クロツラの目が赤いのは、一晩中起きていたからではなく、
もともと目の赤い鳥です。





DSCN0931ss.jpgドングリ拾いに来ていただいた幼稚園の皆さんにクロツラヘラサギをぬいぐるみで紹介しました。
残念ながら、肝心のへらのような嘴を出してくれません。

園内でドングリ以外にも10種類以上の木の実が拾えました。



DSCN0946st.jpg今日のコハクチョウたちは、8:30amごろ公園を飛び立っていき、
2:50pmに帰ってきました。日が短いせいで充分な採食時間をとれないようです。

コハクチョウたちの群れにオオハクチョウ(中央奥)がいました。
横にはきれいなツクシガモです。

2011年12月 2日 19:08 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , クロツラへラサギ , ツクシガモ , 普及啓発 ,

今日はコハクチョウが一日中いました

今日は、一日中コハクチョウが園内にいました。昨晩、150羽くらいがねぐら入りして、今朝は89羽いました。その後、夕方まで86羽が滞在し、18:30過ぎには151羽いました。


_MG_4541s.JPG今朝9時頃の様子。ネイチャーセンター前にコハクチョウが集まっていました。









_MG_4607s.JPG昼間は奥のほうに拠点を移し、園内中央部でのんびりすごしていました。






_MG_4599s.JPG暗い曇天の中、ほんのわずかな間だけ西日が射しました。
このとき、コハクチョウの白い姿が風景の中で際立ち、とてもきれいでした。








現在滞在中のツクシガモ4羽のうち、2羽がネイチャーセンター前にやってきました。


CIMG7987s.JPGそのうちの1羽が立派なコブの持ち主。これは繁殖期を迎えた雄の姿で、越冬地である日本でこれほど立派なコブがある個体を見る機会はとても珍しいです。
以前から気になっていたのですが、なかなか近くに寄ってきてくれませんでした。


今日一日中いた80羽以上のコハクチョウたちは、今晩から明日早朝にかけて旅立つつもりなのかもしれません。天気は悪いようですが、どうなるでしょう?

2011年3月 7日 18:25 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , ツクシガモ

目の上のタンコブ?ツクシガモ

コブ縮小.JPGおっ!
ツクシガモ発見!!
おろ!?
目の上にタンコブが…
いやいやこれはタンコブであ~りません。
オスだけにみられる繁殖期の特徴
の季節、も近いですよ~cherryblossom

鳥情報  18:25 吹雪の中 コハクチョウ 68羽 マガン 800羽前後がねぐら入り
     オジロワシがまだいました。
  

2011年3月 3日 11:18 カテゴリー: ツクシガモ , 速報 , 鳥情報

アカハジロ復活!

_MG_2858s.JPG今朝の水鳥公園風景。数日前から、水鳥公園のコハクチョウが急増しています。今朝は朝8時現在316羽いました。コハクチョウが生まれ故郷へ帰る準備を始めた兆しです。





CIMG6775s.JPGオジロワシも健在。ただし、最近は1羽しか姿を見かけません。横でハシボソガラスがオジロワシが食べているもののおこぼれを狙っています。







_MG_2882s.JPGツクシガモ3羽のうち1羽には額にコブが出始めています。繁殖期になると現れるオスの特徴です。







CIMG6817s.JPG発見初日しか姿を見かけなかったアカハジロがひょっこり登場。相変わらず物陰に隠れたがるので、観察しにくいです。







猛烈な寒さが緩み、急に春を感じさせる天気になりました。コハクチョウ急増とツクシガモのオスのコブが春の到来が近いことを感じさせてくれます。
昨年は、3月6日にシーズン最多の1010羽が記録されました。今季はいつピークが来るのか楽しみです。

2011年2月 4日 15:43 カテゴリー: お知らせ , アカハジロ , オジロワシ , コハクチョウ , ツクシガモ ,

ツクシガモが来ました

昨日からツクシガモ1羽が姿を見せています。時々ネイチャーセンターの前にもやって来ます。


CIMG6035s.JPG模様が鮮やかで美しいので、オスの成鳥かな?









今日現在、まだ池の1/3が凍っています。氷の上に魚?が落ちていて、それをハシブトガラスやセグロカモメがつついています。その傍らにはオジロワシが2羽。北海道の羅臼のような風景です。

CIMG6033s.JPGハシブトガラスとオジロワシ。体の大きさがよく分かります。手前には、カモメが泳いでいます。







CIMG6065s.JPGセグロカモメとオジロワシ。オジロワシはあまりお腹がすいていないのか、あまり魚には手を出していません。

2011年1月 7日 10:45 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , ツクシガモ ,

うツクシガモ!

今水鳥公園でおすすめの鳥はヘラサギとクロツラヘラサギですが、このほかにもとっても珍しいお薦めの鳥がいます。

_MG_7530ts.JPG.jpeg
それがこれ!ツクシガモです。
額に注目!コブがあります。つまり♂です。
とても美しい姿をしていますので、あまり鳥に関心がない方でも楽しめますし、コブがある点はバードウォッチャー好みではないでしょうか?



ツクシガモは繁殖期になると雄の額にコブができます。日本には冬鳥として渡ってくるので、日本で見られるツクシガモにはコブがありません。水鳥公園にコブつきのツクシガモがやってきたのは今季が初めてです。私は、コブのあるツクシガモは施設で飼育されているものしか見たことがありません。

なお、コブつきのツクシガモは以前にもご紹介しましたが、これと同一個体かは不明です。でも、今の個体のほうがコブが発達しています。
以前の紹介記事→http://nakaumi.blogspot.com/2010/01/blog-post_5667.html

_MG_7537ts.JPG.jpeg
ネイチャーセンター前浜には、オオソリハシシギとツルシギが忙しそうにゴカイを探していました。昨年の春はシギ類がたくさんやってきましたが、今年は如何に?





●今日の鳥2010年3月27日
・コハクチョウ 17羽 昨晩にかなり旅立ったようです
・ツクシガモ ♂1羽 美しい~♪ 飛ぶ姿はさらにきれい!
・オオソリハシシギ 3羽 1羽増えた!
・ツルシギ 4羽 3羽増えた!
・ホウロクシギ 1羽 今日はオオタカに蹴られた!安否は不明。
・クロツラヘラサギ 1羽 プチ家出から帰ってきました!
・ヘラサギ 1羽 時々ネイチャーセンター前を横切ります!
など。
水鳥総数1000羽くらい。

2010年3月27日 16:18 カテゴリー: ツクシガモ , , 鳥情報

寒波の中の水鳥たち

今日は、予報どおりの荒れ模様。とっても寒くて、粒の細かい雪がドバーッと降ったり止んだりを繰り返しています。

厳しい天候条件の中、園内の鳥達は冷たい強風に耐えています。コハクチョウは約20羽が日中も園内に居残っていますが、その中に今季中海の注目ハクチョウ2羽がそろっています。

CIMG8442s.jpg
発信機付きコハクチョウ「175Y」。発信機の動作は良好かな?







CIMG8432s.jpg
こちらはアメリカコハクチョウ(左)。番い相手と同行しているようですが、他にも2羽同伴者がいます。クチバシの模様から、コハクチョウとアメリカコハクチョウの亜種間交雑個体のようですが、前年の子ども達なのかな(右)?




_MG_6324.JPG.jpeg
そして、ツクシガモ。日によって数がかなり変動し、1羽から10羽が毎日姿を見せ、今日は10羽います。今日はクチバシの基部にコブがある個体を発見(中央)。間違いなくオスです。野生のツクシガモでコブがある個体を見たのは初めてです。模様も鮮やかで、体格も一回り大きいですね。



その他の鳥
・ハイイロチュウヒ♂1羽 オスは超珍しい!園内では1シーズン1~2回しか見られません!
・オオタカ若鳥1羽 吹雪の中で狩りのチャンスを伺う?

2010年1月13日 13:49 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , ツクシガモ , , 鳥情報

今日はカモがいっぱいでした!

_MG_57586s.JPG.jpeg今日は、一日中どんよりとした曇り空でした。でも、園内のつばさ池は水鳥で大賑わいでした。8000~9000羽の大群は、今シーズン最多規模です。





_MG_57955sJPG.JPG.jpeg風景の一部を拡大。
まさにカモだらけ。スズガモとキンクロハジロが大半で、オナガガモ、ホシハジロ、マガモなどが次いで多かったです。





_MG_57787ts.JPG.jpeg今観察できる珍しい鳥はこれ!ツクシガモです。ネイチャーセンターの近くの水面を、忙しく逆立ちしながら泳ぎ回っています。






_MG_57872s.JPG.jpeg今日は朝よりも昼間のほうがコハクチョウが多かったです。8時ごろは50羽だったのに、15:45には67羽になっていました。ネイチャーセンターからみて左の岸辺で盛んに逆立ちをしていました。ここにはまだ食べられていない水草があるのかな?


●今日の鳥(2009年12月9日)
・コハクチョウ 65羽
・マガン 500羽くらい
・ヒシクイ 1羽
・ツクシガモ 3羽
・ヨシガモ 1羽
・オオタカ 1羽成鳥
・ハヤブサ 1羽 獲物を食べていた
つばさ池の水鳥 合計8000~9000羽!

おまけ
・アカミミガメ 3匹 まだ冬眠せず甲羅干し。実は在来カメより耐寒性強い?



2009年12月 9日 19:15 カテゴリー: ツクシガモ , ヒシクイ , , 鳥情報

コハクチョウの北帰行完了!

 今朝、米子水鳥公園にコハクチョウの姿はありませんでした。
昨日までは2羽いたので、昨日のうちにロシアへ旅立ったようです。

CIMG1582s.jpg 今日、中海全域でコハクチョウの姿は確認出来ず、中海のコハクチョウたちの北帰行が完了したようです。また10月中旬に元気に戻ってきてくれることを期待しましょう。






●今日の鳥
・ツクシガモ1羽 まだいます!
・メジロガモ♀1羽 まだいますよ!
・ツルシギ1羽 前浜でゴカイ探し!
・変なツグミ2代目 今日も元気!

2009年3月15日 23:02 カテゴリー: ツクシガモ , メジロガモ , , 鳥情報

春の便り

 本日朝、出勤してみるとコハクチョウが1羽もいない!8時前で0羽になったのは珍しいことです。もちろん、みんな北帰行したわけではありません。安来の田んぼに早朝出勤しているのです。長旅に備えてたっぷり栄養を取るのでしょう。
 
 さて、ネイチャーセンターのロールカーテンを開けて開館の準備をしていると、窓の外を颯爽と横切る鳥が3羽。
「なんだ、ツバメか~。」
 あれ、よく考えてみたら今季初めて見るツバメだ!
 もう東南アジアから春の便りが届いていたのでした。

_88s.jpg ツバメのようにあまりにも身近な鳥は、いつから姿を見るようになって、いつからいなくなったのか、見落としがちです。皆さんも、季節を感じる身近な生き物の初認日と終認日を手帳にメモしておくと楽しいですよ。






●今日の鳥情報
・ツクシガモ5羽 健在!
・変なツグミ 健在だけど、時々外出するようになってきた。
・オオタカ1羽 獲物を横取りされた?
・ノスリ1羽 鳥を食べていた。オオタカから横取りした可能性大。
・クイナ1羽 今日も「抜き足、差し足、忍び足」

2009年2月20日 13:00 カテゴリー: オオタカ , クイナ , ツクシガモ , ツグミ , 鳥情報

オオタカのカモ捕り

  今日の朝、ネイチャーセンターから大山を見て右手側の岸辺にオナガガモの大群がいました。そのカモ達が一斉にネイチャーセンター正面に逃げてきたので、何が起きたのか望遠鏡で確認。原因はこれでした。

CIMG0755_.JPG.jpeg カモが群れていた辺りの水面に、オオタカが浸かってじっとしていました。やがて、翼で岸辺に泳ぎ着き、なにかを引きずり上げました。その右脚にはオナガガモのメスがわしづかみにされていました。






CIMG0776_s.JPG.jpeg 辺りを警戒するオオタカ。せっかく獲物を捕っても、カラスや他のタカに横取りされては意味がありません。







CIMG0874_s.JPG.jpeg 羽根をむしってカモを食べるオオタカ。早速ハシボソガラス2羽がやってきて、おこぼれを狙っています。
 でも、今日は横取りしないで、おとなしくオオタカが食べ終わるまで順番待ちをしていました。オオタカが満腹になって去った後、カモ肉にありついていました。




 カモ達は、このような天敵の襲来を警戒しながら、昼寝をしたりプロポーズをしたり、食べ物を探したりと、意外と忙しい生活を送っています。もうすぐ春ですので、そろそろ番いにならないと子育てに間に合いません。カモ達も苦労が多いですね。
 
鳥情報
・コハクチョウ 今日は北帰行を確認できませんでした。
・アメリカコハクチョウ一家 まだ健在。早朝なら会えるかも。
・メジロガモ♀1 まだいます。
・ツクシガモ5羽 まだいます。
・変なツグミ 健在です。

2009年2月16日 15:02 カテゴリー: オオタカ , ツクシガモ , ツグミ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

コハクチョウの北帰行を確認!

 本日朝、米子水鳥公園で今季初めてコハクチョウの北帰行を確認しました。
 朝7時50分から西の方向からコハクチョウの群れが続々と飛来し、舞い降りてきました。明け方には96羽だったコハクチョウが、朝8時19分には149羽にまで増加しました。
 
 水鳥公園上空に飛来したコハクチョウのうち、一部のハクチョウは水鳥公園を通過し、北東方向と南東方向へ飛び去りました。水鳥公園より西の地域で過ごしていたコハクチョウが、繁殖地への移動を始めていることを実感しました。

_MG_9757s.jpg 南東に飛び去ったコハクチョウの一群。高空を大きな編隊を組んで去っていきました。







_MG_9772s.jpg 西からやってきたコハクチョウ達は、水鳥公園に舞い降りて仲間と盛んに挨拶を交わしていました。水鳥公園で一息ついてから、繁殖地を目指して旅立つのでしょう。






 コハクチョウの北帰行は、夕方遅くから翌朝早くにかけて行われます。北帰行の観察には、朝7時から8時半頃がお勧めです。
 コハクチョウの北帰行が始まったからといって、すぐにコハクチョウがいなくなるわけではありません。3月中旬頃までは観察できます。
 近年の傾向では、二月末から三月上旬にかけて数が急増し、最大800羽以上まで増えています。今季も同じように変動するのか、注目中です。
 
その他鳥情報
・メジロガモ♀1
・ツクシガモ5羽
・アメリカコハクチョウとコハクチョウの一家(両親と幼鳥4羽)
 →午前中はいなかったけれど、夕方になったらいました。
・変なツグミ1羽※こちらを参照!
 →http://nakaumi.blogspot.com/2009/02/blog-post_09.html

これらの鳥は今日も健在でした。

2009年2月15日 19:14 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , ツクシガモ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

メジロガモ♀まだいます!

 2月とは思えない暖かな日が続き、すっかり春めいてきました。でも、水鳥公園ではまだコハクチョウの北帰行は確認していません。
 
 最近姿を見る機会が減ってしまったメジロガモですが、今日姿を確認。まだ居てくれました!でも、最近は姿を消している時間が長く、見つけても一度見失うとなかなか再発見できません。観察難易度が高くなっています。

CIMG0597s.jpg カモ類の群れに混じってお昼寝中のメジロガモ♀。分かりますか?









CIMG0600_s.jpg メジロガモ♀の拡大。大きさや体型はホシハジロそっくりですが、まわりのどのカモよりもこげ茶色です。目が白いのは白いまぶたを閉じているため。目を開けると褐色です。








 このほかにも、ツクシガモ9羽がまだいます。ミコアイサもパンダ柄のオスが毎日3羽くらいいます。
 
 コハクチョウの北帰行がもうまもなく始まります。昨年はこの時期に急激に数が増えましたが、今年はどうなるか注目ですね。

2009年2月14日 16:24 カテゴリー: ツクシガモ , メジロガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

寒~い一日でした!

_MG_9221.JPG.jpeg 昨日の晩から降った雪で、園内はもちろん、正面に見える大山もきれいに雪化粧をしていました。






_MG_9168_.JPG.jpeg 現在、水鳥公園のお勧めの鳥は、ツクシガモ。白を基調としたとても美しいカモです。現在9羽が滞在中です。いつも遠くにいますが、今日は珍しくネイチャーセンターの近くにまでやってきました。




●本日の鳥情報
・コハクチョウ111羽(アメリカコハクチョウ1羽含む。アメリカコハクチョウに会いたい人は、朝7時にお越し下さい!)
・マガン約700羽(17:50ねぐら入り)
・メジロガモ♀1羽(健在!)
・コミミズク1羽(17:40園内を飛び交う。今季初認!)
・ハヤブサ1羽(17:40コサギを襲う!)
・トモエガモ8羽(うち♂2羽)
・ユリカモメ90羽(この冬は妙に多い!)
・カワセミ2羽(おいかけっこ)

2009年1月24日 18:38 カテゴリー: ツクシガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

本日のお勧めの鳥「トモエガモ」

冬の米子水鳥公園を代表するカモのひとつにトモエガモが挙げられます。毎年数百羽が飛来するのですが、今年はなかなか数が増えません。
CIMG0402_s.jpg と思っていたら、ようやく数が増えてきました。今日は65羽を記録。しかも、ネイチャーセンターからよく見える位置に群れており、一日を通じてよく観察できました。




 というわけで、本日のお勧めはトモエガモでした。昨日のお勧めだったツクシガモは今日も2羽いましたが、はるか数百メートル先でした。昨日よりもはるかに遠距離。やはり野鳥との出会いは一期一会だな、と思いました。

2008年12月27日 18:10 カテゴリー: ツクシガモ , トモエガモ , , 鳥情報

本日のお勧めの鳥「ツクシガモ」

 今日はとても寒く、コハクチョウも朝8時過ぎに全て田んぼへ移動してしまいました。 日中、コハクチョウの姿が見えなくなる水鳥公園ですが、お勧めのみどころは毎日たくさんあります。 本日のお勧めは「ツクシガモ」です。

CIMG0374_s.jpg ネイチャーセンターの正面に三つの島が作ってあり、毎日超満員のカモたちで賑わっているのですが、その中に大きな白っぽいカモが混じっていました。





CIMG0354_s.jpg これがツクシガモです。名前の由来は、土筆ではなく、九州の「筑紫」地方です。九州の干潟に多く渡ってくるカモだからです。本州では渡来数が少なく、珍しいカモです。




 今日は、この珍ガモが目の前(35mくらい)で観察できています。
普段、干潟や川の中州など、遠くにいる鳥なので、かなりの近距離です。 珍しいだけではなく、白い体に栗色のたすき、つやのある黒い帯、紅色のくちばしがとても美しい鳥です。
 
 毎日日替わりでみどころがあるのは、野鳥観察施設である米子水鳥公園ならではです。
 ご来園の際にハクチョウがいなくても大丈夫。安心してネイチャーセンターにお越し下さい。私ども解説スタッフが本日のお勧めを楽しくご案内させていただきます。

2008年12月26日 14:30 カテゴリー: ツクシガモ , 珍鳥 , , 鳥情報

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー