水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

予想外のいい天気!

今日は、時々雨や雪が降るかも、という曇天予報が出ていましたが、明け方から晴天に恵まれました。お陰様で、今朝開催した観察会でもコハクチョウの北帰行が見れましたし、田んぼへ向かうコハクチョウたちの様子も堪能できました。

IMG_0686s.JPG















今朝の日の出風景。前浜にコハクチョウが群れて夜を明かしていました。その中にヘラサギもちゃっかり混じっていました。


IMG_0749s.JPG















日中も好天が続き、久しぶりにマガンの群れがお昼にやって来ました。この時期にマガンがお昼に来るのはとても珍しいです。

IMG_0863s.JPG















池に舞い降りたガンの群れ。池にガンの島ができました。

IMG_0908ts.JPG
















今日もオオハシシギは健在。とっても仲良しな2羽です。
背中やわき腹に夏羽が混じってきました。このまま夏羽に衣替えするまで居てくれるとうれしいです。

●今日の鳥 2014年3月8日 晴れ
コハクチョウ 148羽 (うち幼鳥14)
亜種アメリカコハクチョウ 成鳥1羽
コブハクチョウ 2羽
マガン 約600羽
ツクシガモ 7羽
マガモ 100羽
トモエガモ メス2羽
オナガガモ 98羽
キンクロハジロ 72羽
ミコアイサ 10羽 (うちオス1羽)
ハジロカイツブリ 12羽
ヘラサギ 1羽
クイナ 1羽
ウグイス 1羽 「...ケキョ!」とさえずる
ハマシギ 22羽
オオタカ 2羽 (成若各1)
ノスリ 1羽
チュウヒ 1羽
カワセミ 1羽
ジョウビタキ 2羽(オスメス各1)
など、45種類。

(文・写真:きりぎりす)

2014年3月 8日 17:50 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , マガン

コハクチョウとマガンで賑わう久しぶりの晴天!

今日は、久しぶりに暖かな日差しの晴天でした。
しばらく真冬の天気だったので、今朝は北へ旅立つコハクチョウがいるかもしれない、と思って見張っていました。

IMG_4427s.JPG















今朝の風景。前浜の浅瀬にはコハクチョウ達がたくさん休んでいました。その中には、昨日と同様、ツクシガモ2羽とヘラサギ1羽の姿もありました。九州の鳥と北日本の鳥が同居する、米子水鳥公園ならではの光景です。今朝のコハクチョウは163羽いました。


IMG_4717s.JPG















水鳥公園から北へ旅立つ鳥は確認できませんでしたが、西の方からコハクチョウが続々と飛来。おそらく、安来か宍道湖からやってきたグループで、これも北への渡りの現れでしょう。この群れが合流した結果、園内のコハクチョウは238羽になりました。早朝に南部町方向へ飛び去った27羽を併せると、265羽になります。

IMG_4886s.JPG















お昼過ぎには、マガンの大群が飛来!今季最大規模の群れです。その数、1200~1300羽!水鳥公園に舞い降りてくる光景は壮観でした!

近頃は日中にコハクチョウが1羽もおらず、マガンもいない日が続いていましたが、今日は久しぶりに昼間でも100羽近いコハクチョウと1200羽以上のマガンの群れがいる、にぎやかな日になりました。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月16日 14:40 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

コクガン再び登場!

今日は、空気は冷たいものの快晴で日差しが暖かい一日でした。
雪化粧の大山がとてもシャープに見えて、1月とは思えない風景でした。

そのせいか11:30頃、久しぶりにマガンの群れがやって来ました。この中にコクガンがいるかも、と思って探してみたら、期待通りいました!初めて見つけた23日以来の登場です。

IMG_9790ts.JPG
















とはいっても、およそ600m先に群れるマガン約1100羽の群れの中に1羽だけです。ネイチャーセンターから望遠鏡で見てもこんな感じの風景なので、お客様にご案内するのはかなり難しいです。この画像の中にコクガンがいるのですが、居場所が分かりますか?


今日は大変視程が良く、夕方には陽炎も収まり、はるか先のマガンが良く見えました。これなら、他のマガンが混じっているかも、と思い、じっくりと探してみたところ、何とカリガネと思われるガンが1羽いました(アイリング有、くちばしが濃いピンクで短め)。しかし、60倍の望遠鏡では倍率が足りず、75倍で再確認しようとしていたとき、一斉に安来方向へ飛び去ってしまいました。カリガネならば水鳥公園初記録だったのですが、幻の記録になってしまいました。またガンの群れが来た時に、コクガンと併せて探さねば!


IMG_9749s.JPG















今日はオオハクチョウが7羽いました。
近頃は成鳥4羽幼鳥1羽の計5羽グループがいたのですが、それに幼鳥2羽が加わった形です。成鳥と幼鳥の間には親子関係が無いようで、成鳥と幼鳥で別々に行動していました。今季のオオハクチョウは、なかなかネイチャーセンターのそばに寄ってきてくれません。


IMG_9783s.JPG















近頃、ヘラサギの出席率が良いです。
今日は夕方にネイチャーセンターの目前を歩いてくれました。

●今日の鳥 2014年1月27日(月) 快晴!
コハクチョウ 168羽(うち幼鳥17) アメリカコハクチョウ1羽含む。
オオハクチョウ 7羽(うち幼鳥3)
コブハクチョウ 2羽
マガン およそ1100羽 今季最多数!
コクガン 1羽 マガンに紛れる
(カリガネ 1羽)マガンに紛れる。幻の記録~。
ツクシガモ 11羽
ヘラサギ 1羽 近頃好調?
オオハシシギ 2羽 今日も前浜の島で健在!
ハジロカイツブリ 21羽 夕方に集合!
ミサゴ 1羽
トビ 2羽
チュウヒ 2羽
ハイイロチュウヒ メス1羽 ネイチャーセンタの近くを飛びすぎて撮影不能!
オオタカ 若鳥1羽
ノスリ 1羽
カワセミ 1羽 メダカ池通い継続中!
スズメ 14羽 地上で採食。何が落ちているの?

など、45種2500羽くらい。

(文・写真:きりぎりす)

2014年1月27日 19:27 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , コクガン , ヘラサギ , マガン

マガンの帰宅時間

米子水鳥公園は、日本で50カ所程度しかないと言われるマガンの集団塒(ネグラ)となっている場所です。
早朝に日の出とともに塒から飛び立ち、夕方に公園へ帰ってきます。
ただ、飛来初期や小春日和の暖かい日は昼間に一度公園に帰って来て過ごします。
今日は、9:30ごろマガンたちが早々に帰ってきました。
彼らが帰ってくるのは、遠くからでも良く分かります。彼らの騒がしい声が、まだ中海の上をとんでいる頃から聞こえるのです。今日も、南の方から帰ってくる群れの声を聞き、カメラを向けると300羽以上の群れが、並んで帰ってきました。
マガン雁行DSCN9924s.JPG




















マガンたちは、公園上空に来ると何度か池の上空を旋回してから公園のつばさ池に降ります。
安全を確認しているのでしょうか?
マガンと粟島神社の屋根DSCN9935.JPG



















粟島神社上空を舞うマガン(彦名東橋付近より)

今日も公園の周辺を何度も群れで旋回してからつばさ池に降りました。

 

2013年12月 2日 09:28 カテゴリー: お知らせ , マガン

水鳥公園の早朝の様子


sDSCN9432コハクチョウの群れ.JPG


















早朝の水鳥公園で撮影をしました。

sDSCN9443.JPG
 


















一番早起きは、マガンです。今日は、少し寝坊気味ですが7:30ごろに
200羽程が飛び立っていきました。

sDSCN9423ネイチャーセンター.JPG


















センターの前にも水鳥たちが集まっています。

sDSCN9445威嚇コブハクチョウ.JPG


















コブハクチョウ(右から二番目)が、コハクチョウの家族を威嚇の姿勢で追い回していました。
 池の奥には、ヘラサギがまだいます。トモエガモの群れが数百羽単位で増えてきました。
ネイチャーセンターの前を、オオタカやハヤブサ、カワセミなどが時々横切り、カモたちは、そのたびに水面へ逃げ込んでいます。


2013年11月22日 09:49 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , マガン

オオハクチョウ現る!

いよいよ安来の田んぼに大規模に水が張られたようで、水鳥公園のコハクチョウが大幅に減りました。これから2月ごろまで、コハクチョウのねぐら立ちやねぐら入りの観察は楽しめそうにありません。


IMG_7269s.JPG















今日はお昼前にマガンの群れが飛来しました。ざっと数えて130羽。北国から南下してきた新規のグループかもしれません。そのまま日が暮れたので、今晩は水鳥公園でのんびり休むつもりのようです。


IMG_7236ts.JPG















そして午後には、オオハクチョウが1羽現れました。
山陰地方ではレアなハクチョウです。
オオハクチョウは、コハクチョウと違ってあまりねぐらから離れないので、一日中いてくれることが多いです。コハクチョウが激減してしまった今、是非水鳥公園に居ついてほしいものです。

IMG_7480ts.JPG















ネイチャーセンター前の浅瀬に、カンムリカイツブリがやって来ました。カンムリカイツブリは体が大きくて潜水する鳥なので、浅瀬にはあまりやって来ません。ネイチャーセンター前に来てくれるのは珍しいです。

このほか、トモエガモが115羽以上確認できました。でも、ネイチャーセンターからとても遠く、600~700m先でマガモの群れに混じっていました。高倍率の高性能な望遠鏡がないと観察は困難です。
トモエガモは、11日頃から数が増えてきました。近年では100羽以上確認されたのは久しぶりです。今年は当たり年、か?

●今日の鳥 2013年11月13日 曇り時々雨 大山雪化粧!
オオハクチョウ 成鳥1羽
マガン 130羽
トモエガモ 115羽以上
オカヨシガモ 91羽
ミコアイサ 雌タイプ3羽
オオタカ 成鳥1羽
ハイタカ 幼鳥1羽 ネイチャーセンター付近を時々飛びます
ノスリ 1羽
トビ 2羽
ミサゴ 1羽
チュウヒ 1羽
カワセミ 2羽 盛んに追いかけっこしている
ジョウビタキ 雄雌各1羽
ハジロカイツブリ 12羽以上
カンムリカイツブリ 10羽

など、35種・計2000羽程度。

(文・写真:きりぎりす)

2013年11月13日 18:02 カテゴリー: お知らせ , オオハクチョウ , カンムリカイツブリ , マガン

マガンが到着しました

本日11:50頃、今季初めてマガンを確認しました。
しかし、ネイチャーセンターからおよそ700m位先にいたので、遠くて写真が撮れませんでした。


しばらく待っていると、手前に向かって飛んできました。


IMG_2920s.JPG















今年の初飛来は5羽です。
先頭と最後尾に成鳥がついて、幼鳥を挟むように行動しています。5羽家族なのでしょう。背景に立つ紅白の棒は、地元放送局のアンテナ塔で、ネイチャーセンターから眺める水鳥公園の風景の目印になっています。


IMG_2929ts.JPG















着水!
その後、しばらくは粟島神社寄りの岸辺付近にいましたが、午後半ばに姿を消しました。


マガンは初飛来後、水鳥公園で落ち着くまで少し時間がかかります。
ある程度群れが大きくなり、安来の田んぼへの通勤生活が軌道に乗るのは、
来月半ばくらいではないかと思います。

さて、つぎはいよいよコハクチョウですね。
マガンは水鳥公園開園以来最も早い飛来でした。
コハクチョウはどうかな?

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月27日 16:28 カテゴリー: お知らせ , マガン

ヘラサギが現れた!

今朝はすばらしい晴天でした。その分冷え込みもきつく、霜が降りていました。

今日は大山がとても鮮明に見える、抜群の風景でした。あまりにも見事すぎて、池に集う鳥たちよりもつい大山に見とれてしまいました。

_MG_6797s.JPG
















空気は冷たいが日差しが暖かい午前中、マガンの群れがお昼寝のためにやってきました。およそ370羽のマガンの群れが、雪化粧をした大山の前を何度も渦巻く光景は、とても贅沢でした。


12月に入った途端、水鳥公園に帰ってくるコハクチョウの数が激減しました。
いよいよ安来の田んぼに水が張られたためです。安来の水田地帯に冬期湛水田(ふゆみずたんぼ)ができると、田んぼで採食しているコハクチョウが、5km離れた水鳥公園に帰るのが面倒?になり、ふゆみずたんぼにねぐらを引っ越してしまうのです。

それでも、今日は数十羽のコハクチョウが園内で昼寝をして過ごしていたほか、オオハクチョウ6羽も終日園内で過ごしていました。
採食地内に「ふゆみずたんぼ」ができても、律儀に水鳥公園にねぐら入りしてくれる数十羽のコハクチョウたちの存在は、とても有難いです。そして、一日中園内に居てくれるオオハクチョウ6羽にも感謝です。
これから北帰行が始まる2月ごろまで、コハクチョウの数はさびしくなりそうです。


時間がたつに連れて雲が立ち込め、午前中の晴天がうそのような薄暗さになった夕方、園内中央部の島の岸辺にヘラサギ類が1羽いました。「クロツラヘラサギが戻ってきた!」と思って喜んだのですが、ちょっと違和感が…。
高倍率スコープで確認したところ、ヘラサギの若鳥でした。

今週末にクロツラヘラサギ観察会を控えているので、是非クロツラヘラサギには帰ってきてほしいのですが、ヘラサギでも居てくれたら嬉しいです。このまま居ついてくれないかな~、と期待していたら、東方向へ飛び去ってしまいました。
明日以降、戻ってきてくれていることを祈ります。

2012年12月 3日 18:03 カテゴリー: お知らせ , ヘラサギ , マガン

マガン初飛来(初雁)確認!

つい数日前まで暑い日が続いていましたが、季節はしっかり進んでいるようです。
本日、米子水鳥公園に秋を告げる鳥、「マガン」が飛来しました。毎年、初めて秋に雁がやってくることを初雁と言い季語となっています。いよいよ秋も本番ですね!マガンがやって来る前に、サンクチュアリゾーンの環境管理も何とか間に合いました。ご協力いただいたボランティアの皆さまありがとうございました。マガン③.jpg

2012年10月 3日 18:24 カテゴリー: マガン , 速報

積雪30cm!

今朝、明け方に出勤してみると、水鳥公園がある干拓地の入口が積雪のため進入困難になっていました。軽自動車でしたが、四駆で無理やり進入して水鳥公園に到着。昨年の元旦の悪夢が頭をよぎりました。


CIMG3332s.JPG


















水鳥公園の正門の様子。
積雪30cm。昨年のお正月の半分以下なので、園内に入れます。
出勤時はちょっと大変でしたが、今は車で雪を踏み固めてありますので大丈夫です。

CIMG3054s.JPG

















ネイチャーセンターから見た池の様子。北側半分が凍結。コハクチョウたちは水鳥観察桟橋前に寄り集まっていました。



CIMG3126s.JPG

















オナガガモがすっぽり埋まってしまう雪の量です。


CIMG3069s.JPG


















マガンは園内中央部の島周辺に集まっていました。地上に居る時は690羽くらいに見えました。

CIMG3073s.JPG


















7:28ねぐら立ち。大雑把に数えて1170羽くらいでした。雪化粧の中一斉に飛び立つマガンの大群は壮観です。雪の中、安来平野の田んぼへ食事に出発!

マガンは雪でも採食に出かけますが、コハクチョウたちはお仕事を休んで園内で過ごすものが多いです。
雪化粧の中の鳥たちはきれいですよ♪
足元が悪い中ですが、雪景色の水鳥公園は珍しいので是非御来園くださいね!

2012年2月19日 09:32 カテゴリー: お知らせ , マガン

1000羽!

16:40頃、マガンの群れが帰ってきました。ぐちゃっとひしめき合っている群れを大雑把に数えてみると、530羽くらいでした。この時期にしてはちょっと少ないな、と思っていたら…。



_MG_3976s.JPG
















17:12、第二群が飛来!一気に数が急増しました!
その数約1000羽!
しかも、いつもよりも降りた場所が200mくらい近いので、望遠鏡で鮮明にマガンの姿が見えます。



_MG_3971s.JPG
















しかも、どんどんとネイチャーセンターに向かって接近してきました。
もっとも近い個体はネイチャーセンターから200mくらいでした。
普段は500m先にいる鳥なので、かなりの近距離。しかも、明るい時間帯に帰ってくるのは珍しいです。

このマガンの群れにカメラを構えて見とれていた時、目の前をハイイロチュウヒの雄が軽やかに横切っていきました。距離およそ5m。灰色の体と黒い風切羽が肉眼で鮮明に見えました。

●今日の鳥 2012年2月2日(木)
・コハクチョウ 朝39羽、夕方64羽。
・マガン 1000羽
・ツクシガモ 雄2羽
・ハイイロチュウヒ 雄1羽雌1羽
・チュウヒ 成鳥1羽若鳥1羽
・タシギ 1羽
・ムクドリ 1羽

など、23種、合計1000羽くらい(マガンを除く)。

おまけ:
ヌートリアがネイチャーセンター正面で、ヨシの根っこを掘り出して食べていました。


予報どおりの厳しい寒さで、時々猛吹雪になって100m先が見えなくなりました。
園内の積雪は20cmくらいです。

2012年2月 2日 18:29 カテゴリー: お知らせ , マガン

オジロワシが見られました!

_MG_3640s.JPGまた、寒波が下りてきた米子水鳥公園です。朝はどうなる事かと思いましたが、9時ごろには道路の雪が消えて、一安心です。



オナガガモに雪が積もる。


DSCN2170st.jpgさて、米子水鳥公園の隣の島は、カワウのねぐらになっているのですが、
今日はなかなか午後になっても帰ってきたカワウが島に止まりません。

よく見ると、いましたオジロワシ!!
チュウヒやハシボソガラス、トビ、セグロカモメなどにモビングを受けています。


IMG_3662ts.jpg夕方になると南のほうへ飛び去ってしまいました。

・ツクシガモ・ミコアイサ♂もいます。
・チュウヒ ・ハイイロチュウヒ ・ノスリ ・オオタカ
などもいました。

 マガン500~600  7:20 ねぐら立ち
                18:00 ねぐら入り
  コハクチョウは、9:00ごろ飛び立っていきました。

2012年1月30日 18:25 カテゴリー: マガン , ミコアイサ , 速報

大山雪景色で一年の締めくくり!

2011年の大晦日は、素晴らしい晴天に恵まれました。

_MG_2831s.JPG















昨日は頂上が見えなかった大山も、今日はこのとおり。完璧です。
スキー場の人々のほか、頂上に登っている登山者もたくさん見えました。

_MG_2833s.JPGネイチャーセンターの観察ホールからの風景。
望遠鏡は、野鳥観察だけではなく、大山ウォッチングにも絶大な威力を発揮します。

























_MG_2795s.JPG















 
 午後2時ごろ、マガン約130羽の群れが飛来。安来で食事をしていた群れが昼寝に来たのでしょう。近頃、マガンは水鳥公園にねぐら入りしていなかったので、久しぶりの光景です。


_MG_2809s.JPG
















しかも、雪化粧の大山の前を舞ってくれて感激しました!


CIMG2026s.JPG

















最後にカワセミ君。
観察ホール目の前の柵に止まり、10分くらい姿を見せてくれました。何度か池に飛び込んで小魚を食べる様子も見せてくれて、お客様と一緒に観察を楽しめました。

このように今日は、素晴らしい天気と風景、鳥たちのサービスに恵まれた大晦日でした。

皆様には今年も一年間、大変お世話になりました。
新年も職員一同、皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。


さて、明日から2012年の始まりです。
米子水鳥公園は、朝7時から開園して「初日の出!コハクチョウ観察会」を開催します。
近頃、朝よりも夕方のほうがコハクチョウの数が増えていまして、今朝8時ごろは61羽でしたが、夕方5時半には113羽になっていました。その後もねぐら入りしていたので、おそらく200羽くらい集まっていると思います。

明日の朝は、コハクチョウの群れでにぎやかな観察会になりそうです。楽しみですね~♪
ドングリコマ回し大会にもぜひご参加下さい。ユニークな辰年缶バッチをプレゼントしますよ!

●今日の鳥 2011年12月31日(土)
ハジロカイツブリ 8羽
ミミカイツブリ 1羽 まだ健在!
コハクチョウ 113羽以上 近頃増加傾向。なぜ?
マガン 135羽 久しぶり!
ツクシガモ 雄2羽
コガモ 157羽 こんなに見たのは久しぶり!
トモエガモ 16羽
オナガガモ 1490羽 圧倒的な数!
ミコアイサ 9羽 パンダ模様は2羽!
ミサゴ 1羽
トビ 4羽 ハヤブサの獲物のおこぼれ頂戴!
オオタカ 若鳥1羽
ハイタカ 1羽
ノスリ 1羽
ハイイロチュウヒ 雌1羽 ネイチャーセンター目の前を何度も横切る!
チュウヒ 若鳥1羽成鳥1羽
ハヤブサ 若鳥1羽 ホシハジロ雄を捕食!
カワセミ 若鳥1羽 今日はサービスデー!
ハシボソガラス 2羽 ハシブトガラスに圧倒され気味!
ハシブトガラス 10羽 ハヤブサのおこぼれに群がる!
ホオアカ 1羽 園内で望遠鏡で見たのは初めて!

など、38種約2000羽。

 
 

2011年12月31日 18:55 カテゴリー: お知らせ , カワセミ , マガン , 大山

落雁の観察会をしました

本日は、落雁の観察会をしました。
 夕方帰ってくる景色は、なかなかの絶景ですが、
お昼には、200羽ほどいたマガンが、夜は、2羽しか返って来ませんてぜした。、
それでも、夕闇の中目の前でオオタカがゴイサギを捕まえてくれました。
雁の観察会というよりは、オオタカの観察会でした。
DSCN0952s.JPG
モニターのオオタカが、ゴイサギを抑え込む様子に見入る参加者と
マガンが、帰ってくる方向を眺めるレンジャー

2011年11月12日 18:20 カテゴリー: オオタカ , マガン , 速報

行ってきました韓国 東アジア湿地交流 in チャンウォン

 2011年10月27日~30日まで、韓国慶尚南道チャンウォン市で、ラムサール締約国会議から3周年を記念して東アジア子ども湿地交流がありました。

 この企画に米子水鳥公園から子どもラムサールクラブの
3人の子どもたちと一緒に参加してきました。4カ国8地域から集まった子どもたちは、言葉が通じなくともあっという間に仲良くなって遊ぶようになりました。

 チャンウォン市郊外には、
ラムサールサイトであるチュナム貯水池があります。ここは、東アジア・オーストラリア地域フライウェーパートナーシップを通じて、米子水鳥公園との交流があります。昨年は、米子水鳥公園を含めた中海・宍道湖にチャンウォン市の子どもをお招きして交流しました。今回は逆に私たちが招待を受けました。
この時の様子を少しご紹介します。

aDSCN0181.jpg高速船で韓国へ。 
3時間ちょっとです。


飛行機に乗れなくて残念?





aDSCN0257.jpgレセプションの様子

香港・中国・ニュージランドなど様々な地域から子どもたちがきていました。

みんなで草笛にチャレンジしました。





aDSCN0710.jpg締約国会議の議場だったセコに久しぶりに行きました。









aDSCN0363.jpgaDSCN0345.jpgチュナム貯水池です。すでにヒシクイがきていました。









aDSCN0341.jpgコサギの脚を震わす採食を見て、
安来節を披露?








aDSCN0682.jpgお互いにメッセージを交換









aDSCN0541.jpg

中海・米子水鳥公園を紹介する発表をしました。







 
 
aDSCN0552.jpg
外国の友達に中海に関するクイズを出題しました。
















aDSCN0747.jpg最後に認定書をいただきました。
 

2011年10月31日 00:00 カテゴリー: ヒシクイ , マガン , ラムサール条約 , 国際交流 , 速報

米子水鳥公園にマガン

2011.10.01マガン初飛来 015sss.jpg今年も米子水鳥公園にマガンがやってきてくれました。

家族群です。成鳥2羽と幼鳥6羽

これから毎日飛んでくるでしょうか?




2011.10.01マガン初飛来 020sss.jpg

2011年10月 1日 18:29 カテゴリー: マガン , 速報

鳥情報2011年1月26日

今年は本当に寒くて、
例年の山陰の天候は、
「三日間寒く、四日間緩む。」といった天候の繰り返しですなのですが、
今年は、
「三日間寒く、四日間もっと寒い。」といった天気の繰り返しです。

雪で倒れたヨシ原も、例年ならすぐに雪が溶けて立ち上がるのですが、
お正月から寝たきりで起き上がってきません。

カモもまばらです。

 それでも、まだ 
  ・オジロワシ  2羽
  ・ツクシガモ  2羽
  ・ミコアイサ  3羽(♂1・♀2)
  ・ハイイロチュウヒ ♂1
    ・マガン600羽 のねぐら入りは 18:00でした。
  

2011年1月26日 17:48 カテゴリー: お知らせ , マガン , 鳥情報

鳥情報 2010.12.30

本日は一日雪でしたが、意外と多くの鳥が観察できました。
 
コハクチョウ 33羽 AM8:20飛び立ち PM4:50帰って来た
マガン    600羽±100      PM5:10 帰って来た
トモエガモ  22羽 ネイチャーセンター近くで観察出来た。
オジロワシ 1羽 昼頃、園内に入ってきた。
オオタカ 1羽 園内に止まっていた。
チュウヒ 1羽 ネイチャーセンター前を横切る。
ミサゴ 1羽 餌を持ったまま通過
カワセミ 1羽ネイチャーセンターの前を何度も往復した。

その他
カイツブリ、ハジロカイツブリ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ,マシギ,イソシギなど

2010年12月30日 17:22 カテゴリー: オジロワシ , カワセミ , コハクチョウ , トモエガモ , マガン , ミコアイサ , 速報 , 鳥情報

コハクチョウが帰ってきた!

先日のブログで、夕方になってもコハクチョウが帰ってこない、という状況をお知らせしておりましたが、昨日からコハクチョウがねぐら入りするようになってきました。
昨日の夕方は30羽くらい、今日の夕方は50羽くらいがねぐら入りしました。

マガンはあいかわらず、水鳥公園と安来を1日2往復しています。
6:30頃に水鳥公園を飛び立ち、
安来の田んぼで食事をしてから、
9:00頃に水鳥公園に戻ってきます。
水鳥公園でのんびり過ごした後、
15:45頃に再び安来方向へ食事に出かけ、
17:40に帰ってきました。
今日は400羽くらいが飛来しました。

明日の夕方は、マガンのねぐら入りを観る観察会「落雁を観よう!」を開催します。
ぜひご参加ください!
17:00にネイチャーセンターのレンジャーカウンター前に集合です。

2010年11月12日 18:36 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , 普及啓発 , 自然観察会 , 重要

本日「初雁」 マガンの初認 米子水鳥公園

米子水鳥公園
2010年10月2日 マガンの初認です。
CIMG3709s.JPG何とか、マガンの生息地の草刈り間が合いました。
協力頂いた皆様!!ありがとうございました。
最後の環境管理作業から中一日!ぎりぎりセーフでした。







また、今日は、シギチが多く ネイチャーセンター前に
 セイタカシギ2 アオアシシギ6 コアオアシシギ4 アカアシシギ1 コチドリ2

ヨシハラでは、コヨシキリが渡りのピーク? シマセンニュウもちらほらいるようです。
なぜかカッコウの鳴き声聞きました(空耳?)。

また、ヒドリガモも、オナガガモ、コガモがいっぱい渡ってきて、カモがいっぱいです。

2010年10月 2日 18:16 カテゴリー: アオアシシギ , アカシシギ , オナガガモ , コアオアシシギ , コチドリ , コヨシキリ , シマセンニュウ , セイタカシギ , マガン , 環境管理 , 速報 , 鳥情報

安来と斐伊川にバス遠足

今月の子どもラムサールクラブは、バスで安来平野と斐伊川に行って野鳥観察をしてきました。普段水鳥公園で自然観察をしていますが、今回は水鳥公園の外の自然に触れました。

CIMG83251s.jpg
水鳥公園のハクチョウたちの「勤務先」を見学。
ハクチョウのお仕事(落ち穂拾い)の邪魔をしないように、遠くから観察しました。






CIMG8333s.jpg
望遠鏡の視界。遠くのハクチョウが鮮明に見えます。







午後は、宍道湖西岸、斐伊川河口周辺に移動。ホシザキグリーン財団の皆様に案内をお願いして、バスの窓からマガンの大群を見せていただきました。

CIMG8367s.jpg
ガンを脅かさないように、車内から観察。驚くほど近距離でマガンの群れを見ることが出来ました。珍しいガンが混じっていないかな?






CIMG8376s.jpg
双眼鏡の視界。一面マガンだらけ。








↓ ↓マガンの群れが、公園へ帰ってきた動画↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GKvI-f06HvA

夕方、水鳥公園に戻ってきてから、今日一番印象に残った鳥のカルタを書きました。おしゃれな姿のタゲリが一番人気でした。

2010年1月10日 19:06 カテゴリー: マガン , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 ,

米子水鳥公園自然観察会 落雁を観察しよう!

SDSCN0002.jpg 落雁といってもお菓子じゃないですよ!
米子水鳥公園は、国内では貴重なマガンのねぐらとなっています。
日本国内では、ハクチョウの飛来地こそ500カ所以上あるといわれていますが、ガンの飛
地は50か所程度といわれています。
そんなネグラの米子水鳥公園に、マガンの群れが返ってくる様子を観察しました。
 今日は、ハクチョウは17:00ごろから次から次に帰ってきたのですが、マガンは17:30まで帰ってきませんでした。
 
でも、マガンが群れ飛ぶ姿は良いですね。才能がなく、ここで一句詠めないのが残念
です。
朝は、7:00ごろ飛び立っています。(土日祝日の7:00開館をご利用ください。)

2009年11月14日 20:48 カテゴリー: マガン , 普及啓発 , , 鳥情報

やっときました!初雁

今朝、ようやく水鳥公園にマガンが到着しました。朝6時過ぎにはいませんでしたので、7時前までの間に到着したようです。 昨年より一週間遅れでした。

_CIMG4228s.jpg初めに見つかったのは、成鳥4羽の群れで、その後、成鳥2幼鳥3の5羽家族、8羽の群れ、さまよう1羽を次々と確認。最大8羽が中海にやって来たようです。





CIMG4428_s.jpgその一方で、ネイチャーセンターの正面では、猛禽類の狩りが2度見られました。朝7時前にはハヤブサがヒドリガモ?を仕留め、お昼頃にはオオタカがハシビロガモを仕留めていました。 マガン初飛来を取材にいらっしゃった報道関係者の皆様も、オオタカの狩りに釘付け?でした。


CIMG4452s.jpgカモたちも続々と飛来中。今日は3000羽位でしょうか。その中には、水鳥公園では珍しいオシドリの姿もありました。

2009年10月 9日 17:24 カテゴリー: オオタカ , ハヤブサ , マガン , , 鳥情報

壮絶!ハヤブサの狩り

今日の夕方5時ごろ、水鳥公園でハヤブサの狩りの様子が観察できました。
ハヤブサが狙ったのは、1羽のユリカモメです。

 池の上空を飛んでいた1羽のユリカモメにハヤブサが狙いをつけ、何度も襲撃しました。ユリカモメは、水面に降りたりして何度も攻撃をかわしていました。しかし、ついに空中でハヤブサの爪につかまってしまいました。
 
 幸い、ハヤブサの爪から脱出できたユリカモメは、ハヤブサから落ちるように水面に降りました。その際、オオタカの若鳥が乱入してきてユリカモメを襲いました。そこにハヤブサが戻ってきて、オオタカとの空中戦になり、ハヤブサはオオタカの追い出しに成功しました。
 
 その後、ハヤブサは水面に降りたユリカモメに向かって何度も急降下し、ユリカモメは身を伏せてしのいでいました。そのとき、体の大きなセグロカモメが、ユリカモメをいたわるように接近。ハヤブサを威嚇して追い払う仕草を見せました。救世主登場か、と思われましたが、しばらくするとセグロカモメも去ってしまいました。

 何十往復もユリカモメに急降下したハヤブサは、さすがに疲れたのか、近くの陸地に降りました。そして、一休みした後で再びユリカモメを襲いはじめました。
 やがて、ユリカモメは消耗してきて動作が鈍くなり、ついにハヤブサに捕まってしまいました。 ハヤブサは、陸地にユリカモメを運び、羽をむしって食べ始めました。
 
 ハヤブサは、ユリカモメを執拗に襲いました(おそらく15分間くらい)。どんどん追い詰められていくユリカモメの姿はとてもかわいそうでしたが、獲物を捕るのに必死なハヤブサの執念を見せつけられました。
 なかなか見ることの出来ない、リアルな命のドラマでした。
 
追伸:
 ハヤブサが狩りを行ったのは、マガンがねぐらにしている岸辺でした。ハヤブサが食事中にマガンの数百羽の群れがねぐら入りのため飛来したのですが、ハヤブサを嫌ったのか、降りずに西へ去ってしまいました。

2008年12月13日 19:32 カテゴリー: ハヤブサ , マガン , ユリカモメ , , 鳥情報

小春日和にコハクチョウ100羽

IMG_3224B.JPG.jpeg餌場へ向かうコハクチョウ
米子水鳥公園から


●鳥情報:
本日は暖いせいか、10:30 にマガン470羽が昼寝に帰ってきました。
いつもならば、12月になるとマガンは昼寝に帰ってこなくなるのですが、今年は暖かいせいかまだ帰ってきます。
コハクチョウは、珍しく13:00まで公園内に滞在していました。
 
◎追記
 最初に帰ってきたコハクチョウは、14:30に4羽でした。
 

2008年12月10日 13:56 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

地元の幼稚園と小学校が遠足で来園!

 今日は、昨日に続いてとても寒い日でした。そんな中、地元の幼稚園と小学校が遠足で米子水鳥公園に来てくださいました。

CIMG9559s.jpg 幼稚園児の皆さんに、望遠鏡の覗き方を説明。「太陽を見ると、おめめが目玉焼きになっちゃうよ~!」






CIMG9563s.jpg 望遠鏡に背が届かないので、園児達が椅子の上にひざで立って、一生懸命望遠鏡を覗く姿がとてもかわいいです。「とりさん いた!」





 小学4年生の皆さんCIMG9576s.jpgには、二班に分かれて交互に活動しました。ひとつの班には、鳥を観察しながらビンゴゲームに挑戦してもらいました。





 CIMG9579s.jpgもうひとつの班には、米子水鳥公園の一年を紹介した映像を見てもらった後で、映像で紹介された生き物達を発表してもらいました。そして、それらのつながりについて考えてもらいました。「水草がたくさんあるから、いろいろな生き物が暮らしていけるんだよ!」



鳥情報:
しばらく姿を消していたクロツラヘラサギが久しぶりに登場!よかった~!
他、ミコアイサも少しずつ増加中。マガンの群れは、今日もお昼寝に水鳥公園に集まりました。

2008年11月20日 18:58 カテゴリー: クロツラへラサギ , マガン , , 鳥情報

自然観察会「落雁を観よう!」

DSCN0010B.JPG.jpeg本日の観察会は、落雁を観よう!!

ところが大変!!観察会というのに
観察会開始5分前にマガンの群れが公園に
帰ってきてしまいました。

偶然にも今日の参加者の皆さんは、
早めに公園に来ていただいていて
無事にご紹介することが出来ました。
222.jpg改めて、自然の観察は、思うように
行かないものですね。

今日の落雁の様子


2008年11月 9日 19:53 カテゴリー: マガン , 普及啓発 ,

まなびネットきずなの野鳥観察

 15:30~17:30に、まなびネットきずなの水辺の安全教室として、米子水鳥公園の水鳥観察のご案内を承りました。観察用具の使い方を勉強してから、園内の野鳥を観察したり、ネイチャーセンターの展示物や映像をご覧頂いた後、いよいよ最大の目玉であるコハクチョウのねぐら入りの観察です。

CIMG9419s.jpg 16:30頃から、園内の水鳥観察桟橋に移動して、西の空からコハクチョウの編隊が飛んでくるのを待ち構えました。「まだかな~!」





CIMG9421s.jpg 水鳥観察桟橋でじっとしていると、カモたちが少しずつ近づいてきて、普段どおりの行動を間近で観察させてくれました。





 私達の期待通り、コハクチョウの群れが水鳥公園に飛来しました。滑らかに滑空しながら水面に舞い降りるコハクチョウ達に、皆さんから歓声があがりました。さらに、16:55頃、マガン数百羽が大編隊を組んでやってきました。野鳥たちが繰り広げるすばらしいショータイムに立ち会えて、一同感激でした。
 こんなに都合よくコハクチョウやマガンのねぐら入りに立ち会えることは珍しいです。皆さんの日ごろの行いが良かったからでしょうか。皆さんには、水鳥公園の最高の光景を満喫して頂くことができました。

2008年11月 9日 19:52 カテゴリー: コハクチョウ , マガン ,

コハクチョウも規制緩和?

  最近、ネイチャーセンター前にハクチョウが集まる、と度々ご紹介していますが、今季は異常?です。

CIMG9166s.jpg 通常、ハクチョウやカモなどの水鳥は、天敵に襲われたときにすぐ水の中へ逃げられるよう、池の岸辺に集まり、内陸へはあがりません。ところが、今日はご覧のとおり、眼下の陸地の中央部に堂々と上がり、雑草を食べています。ここまでコハクチョウがネイチャーセンターに接近したのは初めてです。
 
 水鳥公園の鳥たちは、種類ごとにネイチャーセンターに接近する限界ラインを設けているように感じます。このラインよりは絶対近づかないぞ、という暗黙の距離があるのです。ところが、最近のコハクチョウとマガンは、これまでの限界ラインをはるかに超えて接近しています。このような規制緩和は大歓迎ですね。

2008年11月 7日 16:53 カテゴリー: コハクチョウ , マガン ,

今日の鳥模様「2008年11月6日」

CIMG9126s.jpg 今日も、ネイチャーセンターの目の前にコハクチョウとクロツラヘラサギが集まってくれて、お客様にとても喜ばれました。どのくらい近いかはご覧のとおり。20倍の望遠鏡ではコハクチョウの体の一部しか見えません。



CIMG9128s.jpg どうしてネイチャーセンターの前にコハクチョウが集まるのでしょうか。その理由は、春から秋に行っていた環境管理作業にあります。たくさんの人たちに獣よけの水路を掘ってもらったり、雑草を抜いてもらったお陰で、安心して休憩できる岸辺とコハクチョウたちが認めてくれたのです。

今年行ってきた環境管理の様子はこちら!↓

http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/520.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post22.html
http://nakaumi.blogspot.com/2008/09/blog-post
18.html

CIMG9141s.jpg 今日の珍しい光景。
オオタカの目の前を、マガンの群れが悠然と泳いでいました。このオオタカは、1時間ほど前にカモを捕獲し、お腹いっぱい食べた後です。お腹がいっぱいのオオタカは怖くないというわけです。それにしても贅沢なツーショットですね。

2008年11月 6日 17:55 カテゴリー: オオタカ , クロツラへラサギ , コハクチョウ , マガン , , 鳥情報

今年もクロツラヘラサギがやってきました!

本日朝、米子水鳥公園にクロツラヘラサギ1羽が飛来しているのが確認されました。この時季のレギュラーの鳥ですが、毎年辛うじて1羽飛来する程度なので、無事来てくれるとホッとします。2002年から7年連続の飛来です。

CIMG8822s.jpg翼に黒い部分があったので、2歳以下の若鳥のようです。今日は一日、ネイチャーセンターから見えない場所で過ごしていたのが残念ですが、今後見やすい位置に出てきてくれることに期待しましょう。



CIMG8704s.jpgとってもお腹がすいていたのか、朝の発見後夕方まで、ほとんど休みなしに魚捕りに励んでいました。「あ、おいしそうなフナが取れた!」





CIMG8804s.jpg今日は、一時的ですがマガンが普段よりもかなり手前に集まってくれて、はっきりと観察できました。現在、米子水鳥公園に集まっているマガンは300羽弱。オオヒシクイ4羽も混じっていました。

2008年10月30日 17:12 カテゴリー: クロツラへラサギ , ヒシクイ , マガン , 珍鳥 , , 鳥情報

レンジャー日記「10月25日」

今日は、開館からコハクチョウが0羽と寂しかったが、14:25に3羽が飛来。しかし、14:48には西へ飛び去ってしまう。
 16:44からコハクチョウが安来から帰ってき始め、17:30の閉館時には46羽になった。コハクチョウのねぐら入りに立ち会えたお客様に大変喜んでいただけた。昨日は17:20にねぐら入りしたので、昨日より36分早いねぐら入りだった。今季は、これまでコハクチョウの行動パターンが変則的だったが、そろそろ早朝に水鳥公園から安来に移動して夕方に水鳥公園へねぐら入りするという、いつもの行動パターンに落ち着きつつある。
 コハクチョウの群れに1羽、アメリカコハクチョウが混じっていた。コハクチョウと番いになっていて、4羽の幼鳥を連れている。明日以降も観察できるか楽しみ。
 
今日観察できた鳥(一部抜粋)
コハクチョウ46羽(アメリカコハクチョウ1羽含む)
マガン230羽
オオヒシクイ1羽
オオタカ成鳥1羽
カワセミ2羽
セイタカシギ1羽
オオハシシギ1羽
ツルシギ3羽
アメリカヒドリ♀1羽
トモエガモ♂1羽

IMG_6417s.jpg←13:20頃、中海の水鳥公園直近をヨットが横切り、園内で休んでいたマガンが驚いて一斉に飛び立った。マガンは大変神経質なので、この時期にヨットが水鳥公園直近を航行するのは控えていただきたい。

2008年10月25日 19:09 カテゴリー: アメリカコハクチョウ , コハクチョウ , マガン , 珍鳥 , 鳥情報

秋の渡り鳥が続々飛来!

CIMG7902s.jpg米子水鳥公園は、夜が明けるたびにカモ類が増えています。11月ごろまでカモたちは増え続け、最大1万羽くらいの大群になります。
 
←ネイチャーセンター正面の岸辺には、オジロトウネンの幼鳥がうろついています


CIMG7862.JPG.jpeg ←ネイチャーセンター前の島には、いろいろなカモが集まってきて混雑しています。この中にシマアジが1羽まぎれていますが、分かりますか?





CIMG78682.JPG.jpeg←マガン3羽とヒシクイ2羽も到着。マガンの初飛来は2日で26羽でした。ヒシクイは今季初認です。

2008年10月 4日 18:13 カテゴリー: オジロトウネン , シマアジ , ヒシクイ , マガン ,

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー