水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

珍客タゲリ現る

昨日と今日は辺りが真っ白で、野鳥観察にはかなり厳しい条件でした。
大山はおろか、園内の中央部もかすむ有様。視程1㎞弱といったところでしょうか。

IMG_8245s.JPG















こんな状況なので今朝のコハクチョウの数を数えるのは困難でしたが、少し見通しがきくようになってから数えて136羽と記録されていました。午前中に続々とコハクチョウは安来方向へ飛び去り、一日中園内に居残っていたのはコハクチョウ30羽程度、オオハクチョウ2羽でした。

IMG_8267s.JPG















今日はタゲリがやって来ました。水鳥公園ではなかなか姿が見られない珍客です。コハクチョウも珍客の登場に「誰だ?」と振り向いています。


IMG_8383ts.JPG















お昼過ぎに、園内の奥のカモ達が騒ぎ始めたので辺りを確認したところ、オジロワシがやって来ていました。水鳥公園の中海側中央部に現れ、ゆっくりと飛びながら西へ去っていきました。

クロガネモチの木では、今日もヒヨドリとシロハラのバトルが繰り広げられていました。

IMG_8419s.JPG















実を食べにやってきたヒヨドリ。
しかし、後ろには不穏な影が…。

IMG_8422s.JPG















やっぱり怒られました!
でも、ちゃっかり一粒GETしています。


●今日の鳥 2014年2月26日(水) 曇りのち雨
コハクチョウ   136羽 視界不良でカウント困難!
オオハクチョウ 成鳥2羽 今日は園内でのんびり。
ツクシガモ     11羽 全員揃ってます!
ミコアイサ    ♀3羽 毎日います!
ハジロカイツブリ  8羽 夕方に群れます!
ヘラサギ    若鳥1羽 16:55に西から飛来!
クイナ       1羽 前浜左手の島に現る!
タゲリ       6羽 園内では珍しい!
オオハシシギ    2羽 前浜に定住中!
ハイイロチュウヒ ♀1羽 久しぶりに前浜を横切る!
カワセミ      1羽 今日もメダカ池に通勤!
ハシボソガラス  約15羽 1羽を集団でいじめている?
ヒヨドリ      2羽 クロガネモチの実が食べたい!
シロハラ      2羽 クロガネモチの実は俺様のモノ!

など、44種1000羽くらい。

(文・写真:きりぎりす) 

2014年2月26日 18:15 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , コハクチョウ , シロハラ , タゲリ , ヒヨドリ

オジロワシ復活!

今日は、午前中は曇りがちで視程も悪かったのですが、お昼にかけてどんどん天気が良くなり、午後には雪化粧の大山がきれいに見える絶好の景色になりました。

久しぶりの暖かい日差しのお蔭で、コハクチョウも55羽が一日中園内に居残り、大山とコハクチョウの風景を拝めました。

IMG_7131ts.JPG















今日一番のびっくりニュースは、オジロワシの復活です。13日を最後に姿を消していたので、もう去ってしまったと思っていたのですが、12:40頃、トビ15羽を引き連れて園内上空に飛来。トビから激しく威嚇を受けていました。

IMG_7236ts2.JPG















近頃、ネイチャーセンター前浜の浅瀬で食べ物探しをするようになったオオハシシギ。これまではヨシの刈り株に紛れて観察しづらかったのですが、今ではご覧のとおり、とてもはっきりと観察できるようになりました。右の個体はゴカイを捕えています。


IMG_7275ts.JPG















今、水鳥公園で最も春を感じる鳥、ツルシギ。2月6日から居ます。ツルシギは春の渡りの際に水鳥公園に飛来する旅鳥です。コハクチョウが早く北帰行を始めたように、ツルシギも早めに渡ってきたのかな?


IMG_7358s.JPG















17:00頃、ヘラサギが南西方向から飛んできて、ネイチャーセンター前浜に舞い降りてきました。近頃はいつもこのような登場パターンです。目の前で豪快に水浴びを始め、お客様を楽しませてくれました。傍らにはツクシガモがいて、この一角は九州の干潟のような光景でした。


IMG_7498s.JPG















今日は夕方も明るかったので、コハクチョウのねぐら入りがとても遅かったです。昨日、今日のコハクチョウのねぐら入り時間は、18:15以降で、本隊が帰って来るのは18:30頃です。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月22日 18:52 カテゴリー: お知らせ , オオハシシギ , オジロワシ , ツルシギ , ヘラサギ

オジロワシ今日もいます!

5日に確認されたオジロワシは、期待通りその後毎日姿を見せています。といっても、連日の吹雪で視界不良のため、黒い影のようにしか見えませんでした。
しかし、今日はようやく雪が止み、大山の裾野まできれいに見えるようになりました。そんな中、オジロワシが園内中央部の島にやって来ました。

DSCN1158s.JPG

















ようやくワシらしい姿が見えました。
それでも、距離は500mくらい先。まだまだ遠いです。

DSCN1186s.JPG

DSCN1250s.JPG

































ハシボソガラスがしつこくちょっかいを出すので、オジロワシは迷惑そうに転々と居場所を変えていました。最終的には、カラスに追い出されるように飛び去ってしまいました。
右隣にハシボソガラスがチラリと写っていますが、オジロワシは翼を広げるとやっぱり大きいですね~♪

しばらくは寒い日が続く予報なので、嵐を呼ぶ鳥オジロワシも居ついてくれるのではないでしょうか。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月 7日 13:49 カテゴリー: オジロワシ , 速報

オジロワシがやってきた!

コハクチョウが北へ渡り始めたと思ったら、この冬最強クラスの寒波が来て大雪になりました。コハクチョウの北帰行も一時中断して、昼間はみんな安来方面に出かけるようになっています。

そんな中、今季はもう来ないだろうと思っていたアイツが現れました。ボランティア解説員のIさんが発見!

DSCN0985ss.JPG

















オジロワシです。1~2年目の若鳥と思われます。
ネイチャーセンターから800m近く離れているうえに、やみ間のない吹雪で超視界不良。どう頑張ってもうまく写りませんでした。オジロワシは、最も寒い時期にやってくる真冬の使者です。コハクチョウの北帰行が確認されてから真冬の使者がやってくるなんて、おかしな話ですね。でも、今日は絶好のオジロワシ日和。オジロワシは、吹雪の中現れる鳥なのです。

12:30頃に見つかったオジロワシは、夕方まで観察できました。
初めは木の枝先に止まって長時間じっとしていましたが、次に見たときは水鳥公園を取り囲む堤防の上に降りていて、鳥(カモかも?鳥の入手方法は不明。)を食べていました。そして16:30頃、安来方向へ飛び去りました。

過去の記録を見ると、オジロワシは初確認後しばらく居つく傾向があるので、明日以降も出会えるかもしれません。また観察の楽しみが増えました♪

●今日の鳥 2014年2月5日 雪降りっぱなし!
コハクチョウ 171羽 アメリカコハクチョウ1羽含む。北帰行は足踏み中!
ツクシガモ 7羽
ヘラサギ 1羽 寒い中頑張ってます!
タシギ 5羽
オオハシシギ 2羽 今日も仲良し!
カモメ 1羽 この鳥も早春によく来ます!
カワセミ 1羽 メダカ池に通勤!
オジロワシ 若鳥1羽 しばらく滞在してね~♪
トビ 2羽 オジロワシのおこぼれが欲しい!
チュウヒ 2羽 同上。
ハシボソガラス 2羽 同上。
ハイイロチュウヒ メス1羽
オオタカ 成鳥1羽 今季はあまり現れません。
ツグミ 12羽 ハチジョウツグミも1羽いました。
シロハラ 1羽 ツグミに混じる。

など、34種およそ1500羽。

(文・写真:きりぎりす)

2014年2月 5日 17:49 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ

ホワイトアウト

今日は大雪。目の前が真っ白です。

CIMG3016s.JPG

















大山はおろか、いつも見えている粟嶋神社の丘すら見えません。
池も北寄りの部分はシャーベット状になっています。



CIMG2986s.JPG

















枯れヨシ原も雪化粧。


CIMG2951s.JPG























オジロワシは萱島に止まっていました(画面中央)。ネイチャーセンターから1.2km先。
この鳥は雪景色が似合います。
あいかわらず見づらくてごめんなさい。

CIMG2998s.JPG

















コハクチョウたちは、大雪のため本日休業。
雪に埋もれかかっているものもいます。

CIMG2943s.JPG

















アメリカコハクチョウ一家は今日もいました。
でも、クロツラヘラサギは行方不明です。


この大雪が明けたら、いよいよ北帰行の始まりかな?

2012年2月18日 14:27 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , オジロワシ

どこにいるでしょう?

これは、ネイチャーセンターから見た風景です。

このなかにオジロワシがいます。どこにいるでしょう?
CIMG2857s.JPG

















答えは下にスクロール! ↓























答えは、画面中央部やや上です。

CIMG2859ns.JPG

















画像を拡大。
横に伸びた木の枝に、こちらに背中を向けて止まっています。




それではもう1問。

この中にオオタカがいます。どこにいるでしょう?

CIMG2863s.JPG















































答えは、画面中央部やや右です。

CIMG2861s.JPG

















画像を拡大。白いお腹に白い眉斑。成鳥ですね。
(枝が重なっていて分かり難いですが)


いかがでしたか?
水鳥公園では、このように風景の中にさりげなく鳥がとまっています。空気が澄んでいたら、中海の対岸(南岸)の斜面林に止まっている鳥も見える時があります。ネイチャーセンターのそばばかりでなく、遠くの方も探してみるといろいろな鳥が見つかります。

また、鳥たちは種類ごとに良く止まる場所がある程度決まっていますので、そのような場所を覚えておくと探しやすくなります。

この画像が水鳥公園のどこの風景なのか、ご来館の際にはぜひ探してみて下さいね!


●本日の鳥の様子(2012年2月16日)
コハクチョウ 160羽(8:10) 北帰行シフト始まる!
亜種アメリカコハクチョウ 1羽 コハクチョウとペアで幼鳥4羽の6羽家族!
ツクシガモ 1羽 友達がいなくて寂しそう
オナガガモ 手前にいっぱい
マガモ   奥にいっぱい
ミコアイサ オスが1~3羽見られます!
ヒドリガモ 10羽くらい 陸の上の草が大好き!
オジロワシ 若鳥1羽 はるか遠くに発見!
ヒドリガモ×アメリカヒドリ オス1羽 毎日います!


そのほか、今日はまだ見つかっていませんが、

クロツラヘラサギ 昨日は成鳥1羽いました!
マガン      昨晩は約1030羽が塒入り!

など、約30種類・1500羽(ガン・ハクチョウを除く)

2012年2月16日 09:56 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , オジロワシ , 鳥情報

オジロワシの出現率UP!

近頃、オジロワシの姿が頻繁に観られるようになってきました。
これまでのサービスの悪さがウソのようです。

毎朝、池の中央部の島に降りています。
干拓地に入る橋を渡ると左手に存在を確認できます。
体が大きいので肉眼でも分かります。


CIMG2678s.jpg

















こんな感じです。

今日は、時々飛び立って、粟嶋神社寄りを低空で旋回しては元の位置に舞い戻る、という行動を繰り返しています。
オジロワシが気にしているあたりの水辺で、ハシブトガラスが何かを食べていたので、鳥の死体があるのかもしれません。


CIMG2696s.jpg

















拡大。いつも降りている場所はネイチャーセンターから500m位先ですが、存在感は十分。飛んでいる時の姿はさらに大きくてかっこいいです。

オジロワシが飛び立つと、周囲のカモ達が一斉に飛び立ち、大騒ぎになります。
もし、中海の萱島周辺でカモの大群が飛び交っていたら、近くにオジロワシが飛んでいるかもしれません。

2012年2月10日 11:45 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ

オジロワシ、ネイチャ―センターの前を飛ぶ

先日、米子水鳥公園にオジロワシがやってきたことを書きましたが、今日は、先ほどネイチャーセンターの前をオジロワシが飛んでくれました。

近い!おおきい!!
カモ達は、オオタカやハヤブサの時と違って、ずいぶん遠くまで逃げていきます。そしてオジロワシはそのまま一瞬で遠くに飛び去ってしまいました。
カメラを取ってきたらすでに姿は遠く彼方。その後は姿を見せませんでした。
これが今日唯一のチャンスでした。

オジロワシが飛んだコース:
時計回りに、
ネイチャーセンター前上空 →
粟嶋神社上空→
萱島を背景にロスト。
でした。

_MG_3197s.JPG
















粟嶋神社上空を飛ぶ巨大な影。トビとカラスが小さく見えます。



その他の鳥は、
マガン    690羽 塒入りカウント17:40ごろ
コハクチョウ  60羽 塒入りカウント
ツクシガモ   2羽
など。

今日は、地元の大学が実習でほぼ一日中、水鳥公園を利用してくれました。学生さんたちは、雨の中、寒い野外でも職員の話を聞いて、一生懸命にメモをとっていました。                          

2012年1月13日 18:47 カテゴリー: オジロワシ , 速報

ついにあの大物がやってきた!

今季、まだ来ないか、まだ来ないか、と野鳥ファンから問い合わせを頂いていたあの大物、オジロワシがついに現れました。
昨年と同様、若鳥です。

明日以降も居ついてくれるか、注目です。
ss (1).JPG










今日は最高の天気でした。
オジロワシものんびりできたでしょうか
今日のお天気はこんな感じでした。
DSCN1696.JPG
日の出前の様子








DSCN1703a.JPG
 元旦の初日の出の探鳥会から太陽は顔をのぞかせてくれませんでした。
 今日は日の出を見るチャンス!!







DSCN1709こ.JPG
やっとこれが、米子水鳥公園の初日の出です。年明けから今日まで太陽が見られませんでした・・・








DSCN1714c.JPG
今年もいいことがありますように!

2012年1月 8日 19:38 カテゴリー: オジロワシ , 速報

意外と減らないコハクチョウ

最近、コハクチョウの北帰行が足踏み状態のようで、数が減りません。
飛び立ったかと思っても、安来方向へ飛び去るものばかり。もう少し中海でのんびりするつもりのようです。
2月初めに北帰行が確認されて以降、例年には無いペースで続々と旅立っていたコハクチョウたちですが、意外とのんびりしています。

●ここ3日間のコハクチョウの数
3月18日 8:00健在 331羽以上
3月17日 8:00現在 286羽以上
3月16日 8:00現在 175羽以上

_MG_5106s.JPG
















最近のコハクチョウは、水鳥観察桟橋向かいの広場がお気に入りです。一日中多数が集まってお昼寝したり、地面の草を食べたりしてくつろいでいます。

_MG_5101s.JPG
















こんなに水辺から離れて採食するのは、水鳥公園ではとても珍しい風景です。


ここ数日、アメリカコハクチョウ1羽が一日中園内に滞在しています。コハクチョウ2羽と仲がよく、いつも3羽で行動しています。

今日現在、オジロワシ若鳥1羽はまだいます。しかし、最近は出現頻度が少なく、数日に一度出現する程度です。時々カモを掴んで飛んでいたり、地上で鳥を食べている様子が見られます。自分で狩りをしているのでしょうか。

ツクシガモは4羽いましたが3月14日以降2羽に減り、立派なコブがある個体は姿を消しました。

マヒワの20~30羽の群れが、今日もオオバヤシャブシやクロマツの実をついばんでいました。

春の使者、ツバメが見られるようになってきました。
水鳥公園では、3月12日に1羽が初認で、17日にも2羽確認されています。

そろそろヘラサギ類やシマアジが来ないかな?


2011年3月18日 18:00 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , コハクチョウ

コハクチョウカウントダウン(2011/03/11)

2011年3月11日 朝8:00現在
コハクチョウ61羽

その他:オジロワシ若鳥1羽

_MG_4614s.JPG
















今朝のネイチャーセンター前の風景。
コハクチョウはすべて、ネイチャーセンター寄りに集まっていました。

2011年3月11日 08:34 カテゴリー: オジロワシ , コハクチョウ , 速報

オジロワシまだいます!

CIMG7934s.JPG

















最近、出現頻度がすっかり減って、まだいるのかいないのか分からなくなっていたオジロワシですが、本日午後に園内に舞い降りてきました。

昨日の朝、中海の松島頂上に止まっていた鳥はオジロワシなのかどうか分からないままだったのですが、やっぱりオジロワシだったようです。


コハクチョウは、今朝155羽いて、うち約50羽が北東と真北へ飛び去りました。今朝北帰行が確認できたのは、6:45~7:00頃のごく短時間でした。真北方向へ飛び去る様子が確認できたのは、今季初めてです。
残り100羽は8:30頃までに安来方向へ飛び去りました。これらは18:30ごろに水鳥公園に帰ってくる見込みです。

コハクチョウの数も残りわずかです。来週末まで居てくれるかな?

2011年3月 6日 15:25 カテゴリー: オジロワシ , 速報

人気者のオジロワシ

最近、お客様からオジロワシについてよく尋ねられます。今朝も、オジロワシの姿が見たいという熱心なお客様が数組いらっしゃいまして、是非見ていただきたいと、望遠鏡でオジロワシの姿を探しました。

ネイチャーセンターの正面右手にある中海の無人島「萱島」がオジロワシの拠点になっています。今日の早朝も、萱島の木に止まっていました。

その後、姿を消してなかなか現れなかったオジロワシですが、11時頃ようやく島の樹上に姿を見せてくれました。そのとき、園内中央部の池の岸辺で、トビとハシボソガラスが群がって騒ぎ始めました。どうやら何か美味しいものが落ちているようです。

萱島のオジロワシがこの騒ぎに気づいて飛んできたらいいですね、とお客様とお話していたら、期待通りオジロワシが騒動の現場に突進してきました。騒ぎの渦中にうまいものがあるに違いない、と思ったのかな?

_MG_3503s.JPGすると、集まっていたトビとハシボソガラスがスクランブル発進。オジロワシを迎撃に向かいました。
一番大きいのがオジロワシです。3種類の大きさに注目。背景左隅に見えているのが萱島です。





_MG_3533ts.JPGオジロワシの背後をねらうハシボソガラス。オジロワシの片翼くらいの大きさです。









その後、オジロワシは何かが落ちている現場に舞い降りたのですが、結局手を出さずにトビ達が食べている様子を眺めているだけでした。若鳥なのに、なかなか用心深いです。

現在オジロワシは、水鳥公園のお客さんはもちろん、水鳥公園の鳥達にも追いかけられる人気者(?)です。

2011年2月20日 15:21 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ

オジロワシ舞う!

昨日、今日と、オジロワシが午前中によく姿を見せてくれました。よっぽどおなかがすいているのか、今日は園内に飛来してきてカモを捕ろうとしていましたが、動きの素早いカモたちについていけないようでした。

_MG_3110s.JPGオジロワシの飛ぶ姿はカッコイイ。カモの群れに突進!でも、潜水して身をかわすカモに対応できず、失敗ばかりしています。








_MG_3116s.JPGオジロワシとオオハクチョウ、コハクチョウが同じ視界に入った、ちょっと贅沢な瞬間。頭上を飛ばれたカモたちは大騒ぎ。ハクチョウたちも、さすがにちょっと警戒気味。







ここ数日の傾向をみると、オジロワシに会いたい方は午前中がお勧めです。午後になると姿が見つけにくくなります。暖かくなると去ってしまう鳥なので、そろそろお別れが近いかもしれません。

●今日の鳥2011年2月7日(月)

コハクチョウ261羽 8:40現在。今日は北帰行を確認できず!
オオハクチョウ2羽 外出は嫌い。
ツクシガモ3羽 1羽はコブ付き。2対1で仲が悪い!
オジロワシ若鳥1羽 カモが食べたい。
オオタカ成鳥1羽 上に同じ。
ハイイロチュウヒ雄1雌1
チュウヒ1羽
ハマシギ8羽 朝は少ないのに、時間とともにじわじわ増加する。
セグロセキレイ1羽 よくさえずる。もう春気分!

など、37種約3000羽。

2011年2月 7日 18:37 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ ,

アカハジロ復活!

_MG_2858s.JPG今朝の水鳥公園風景。数日前から、水鳥公園のコハクチョウが急増しています。今朝は朝8時現在316羽いました。コハクチョウが生まれ故郷へ帰る準備を始めた兆しです。





CIMG6775s.JPGオジロワシも健在。ただし、最近は1羽しか姿を見かけません。横でハシボソガラスがオジロワシが食べているもののおこぼれを狙っています。







_MG_2882s.JPGツクシガモ3羽のうち1羽には額にコブが出始めています。繁殖期になると現れるオスの特徴です。







CIMG6817s.JPG発見初日しか姿を見かけなかったアカハジロがひょっこり登場。相変わらず物陰に隠れたがるので、観察しにくいです。







猛烈な寒さが緩み、急に春を感じさせる天気になりました。コハクチョウ急増とツクシガモのオスのコブが春の到来が近いことを感じさせてくれます。
昨年は、3月6日にシーズン最多の1010羽が記録されました。今季はいつピークが来るのか楽しみです。

2011年2月 4日 15:43 カテゴリー: お知らせ , アカハジロ , オジロワシ , コハクチョウ , ツクシガモ ,

ダラズとオジロと倒木と

2011年1月13日 15:17 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , 環境管理 , 番組収録

ツクシガモが来ました

昨日からツクシガモ1羽が姿を見せています。時々ネイチャーセンターの前にもやって来ます。


CIMG6035s.JPG模様が鮮やかで美しいので、オスの成鳥かな?









今日現在、まだ池の1/3が凍っています。氷の上に魚?が落ちていて、それをハシブトガラスやセグロカモメがつついています。その傍らにはオジロワシが2羽。北海道の羅臼のような風景です。

CIMG6033s.JPGハシブトガラスとオジロワシ。体の大きさがよく分かります。手前には、カモメが泳いでいます。







CIMG6065s.JPGセグロカモメとオジロワシ。オジロワシはあまりお腹がすいていないのか、あまり魚には手を出していません。

2011年1月 7日 10:45 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , ツクシガモ ,

鳥情報 2010.12.30

本日は一日雪でしたが、意外と多くの鳥が観察できました。
 
コハクチョウ 33羽 AM8:20飛び立ち PM4:50帰って来た
マガン    600羽±100      PM5:10 帰って来た
トモエガモ  22羽 ネイチャーセンター近くで観察出来た。
オジロワシ 1羽 昼頃、園内に入ってきた。
オオタカ 1羽 園内に止まっていた。
チュウヒ 1羽 ネイチャーセンター前を横切る。
ミサゴ 1羽 餌を持ったまま通過
カワセミ 1羽ネイチャーセンターの前を何度も往復した。

その他
カイツブリ、ハジロカイツブリ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ,マシギ,イソシギなど

2010年12月30日 17:22 カテゴリー: オジロワシ , カワセミ , コハクチョウ , トモエガモ , マガン , ミコアイサ , 速報 , 鳥情報

子どもたちと今年のまとめ

BDSCF3904.jpgBDSCF3908.jpg 今年は、何といっても生物多様性年そして、COP10が名古屋で行われた年でした。米子水鳥公園からも、子どもたちがあちらこちの事業に参加して、いろいろな交流や情報発信に協力してもらいました。
 今日は、年末の総決算として今年の活動を模造紙にまとめていました。



BBDSCF3927.jpgBBDSCF3931.jpg









 完成したパネルは、視聴覚室に展示しました。
 予定としては、2月に開催予定の「子どもと語る会」で報告予定です。

2010年12月27日 11:36 カテゴリー: お知らせ , オジロワシ , ジュニア・レンジャークラブ , 国際交流 , 展示 , 普及啓発 , 生物多様性

リアルな食物連鎖を観察

CIMG5787s.JPG吹雪の中、オオタカがオナガガモの雄を捕らえ、食べ始めました。早速、ハシボソガラス、ハシブトガラスが集まり、おこぼれを狙います。







CIMG5846ts.JPGしばらくすると、ノスリがやって来て獲物を横取りしました。カラスたちはまたしても順番待ちです。







CIMG5895s.JPGノスリが食事を終えて去った後、ようやくカラスたちが食べ残しにありつけました。そこへ今度は、オジロワシがやって来て食べ残しを食べ始めました。またしてもカラスたちは順番待ち。時々オジロワシの尾を引っ張って抗議していました。




CIMG5913s.JPGそこへ、もう一羽オジロワシがやってきました。オジロワシ同士が獲物を奪い合っていたとき、獲物はいくつかにちぎれ、みんなで獲物を食べることができました。






そして、後には何も残りませんでした。

1羽のオナガガモの死が、様々な生き物の命に引き継がれました。自然界には全く無駄がありません。

今日はこの冬一番の厳しい天候です。獲物にありつけたオオタカやノスリ、オジロワシ、カラスたちは、この寒さに耐える為の栄養を摂ることができ、また一日生き伸びられます。

自然界で日常的に繰り返されている、食物連鎖の現場を直に観察出来ました。こんな貴重なひとときを、お客様と一緒に過ごすことができました。

今日は、14時現在で次の8種類の猛禽類が出現しました。
・ミサゴ1
・トビ3
・オジロワシ幼鳥2
・オオタカ成鳥1
・ノスリ成鳥1
・チュウヒ2
・ハイイロチュウヒ雄1雌1
・ハヤブサ成鳥1幼鳥1

あと、ハイタカやチョウゲンボウが現れれば10種類になりますが、8種類というのは一日で見られる最多記録です。

オジロワシ2羽が獲物を食べている様子を動画撮影しました。どうぞご覧下さい。
オジロワシは、2010.12.29 現在も2羽確認されています。
オジロワシは、2010.12.30 現在,公園から見える萱島に止まっているのを確認しました。

2010年12月25日 14:53 カテゴリー: お知らせ , オオタカ , オジロワシ , ノスリ ,

オジロワシが2羽になった!

CIMG5785s.JPG今朝は、今季初めての雪景色。風も強く、冬本番の寒いクリスマスです。コハクチョウ103羽、マガン650羽が夜を明かしていました。








_MG_2157s.JPGネイチャーセンター前には、寒風を避けてコハクチョウたちが集まっていました。アメリカコハクチョウもいました。







_MG_2163s.JPGトモエガモも90羽確認。ユリカモメ58羽の群れと一緒に泳いでいます。いつもは遠くにいるのですが、今日はネイチャーセンターのそばにいて、時々群れ飛ぶなど、とても見やすいです。






CIMG5694s.JPG23日から園内に現れるようになったオジロワシ幼鳥が、今日は2羽になりました。画像は23日撮影のものです。現れたもう一羽も同じ姿なので、同年齢だと思います。







そのほか、ミコアイサの♂もネイチャーセンターのそばにいますし、マヒワ約40羽、オオタカ成鳥1羽など、鳥のメンバーはなかなか豪華です。
寒さが厳しい雪の日は、人にとっては厳しいですが、野鳥観察は面白いです。

2010年12月25日 09:02 カテゴリー: お知らせ , アメリカコハクチョウ , オジロワシ , トモエガモ ,

保護されたオジロワシのその後

 年末に日本海で保護された、オジロワシの若鳥が元気になったということで、今日米子水鳥公園で放鳥することになりました。
 連れてこられたときは、仰向けに寝かせてもじっとしているくらい弱っていましたが、今は動物病院の看護士さんに飛びかかってくるほどに回復しました。獣医師の先生たちや県の担当職員さんも、その圧倒的な迫力に危なくて近づけないので、水鳥公園指導員がオジロワシの搬送に協力しました。

PICT0870s.jpg 水鳥公園での放鳥。オジロワシは戸惑いながら、ケージからピョコピョコと駆け足で出てきました。






PICT0877s.jpg やがてオジロワシは、立ち止まって辺りの様子をうかがった後、地面を蹴って舞い上がりました。無事に飛べて一安心。病み上がりで飛ぶための筋肉がなまっていたのか、すぐに園内の物陰に舞い降りましたが、とりあえず放鳥は成功。あとは、このオジロワシの生命力次第ですね。


このオジロワシが保護されたときの記事はこちら!
http://nakaumi.blogspot.com/2008/12/blog-post_29.html

2009年1月 5日 16:14 カテゴリー: オジロワシ , 傷病鳥 ,

保護されたオジロワシ

CIMG0443s.jpg今日は、傷病鳥としてオジロワシの若鳥が持ち込まれました。ぐったりとしていて、喉から出血が認められます。 日本海沖で漁船に保護されたものでした。

 水鳥公園では手当てが出来ないので、速やかに県内の野生鳥獣救護の指定動物病院へ搬送しました。
傷ついた若鳥といっても、さすがオジロ
CIMG0428.JPG.jpeg
ワシ。立派な面構えです。
天然記念物の威厳のすごさに、一同、声が出ませんでした。






毎年中海・宍道湖で数羽が越冬するオジロワシ。今年はまだ確認されていませんでしたが、痛々しい姿での初認となってしまいました。
早く元気になって、大空へ帰ってほしいものです。
 
鳥取県内で傷ついた野生鳥獣を保護したときは、県の担当課へお問い合わせ下さい。
鳥取県西部の場合:生活安全課動物自然公園係
TEL:0859-31-9320
まで。

2008年12月29日 17:29 カテゴリー: オジロワシ , 傷病鳥

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー