水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

自然観察会「ようこそ!コハクチョウ」報告

今日は、自然観察会「ようこそ!コハクチョウ」実施日でした。
この季節は、米子水鳥公園にコハクチョウが昼までも滞在している貴重な時期です。
昼間にコハクチョウの観察会をしたのですが・・・今日はコハクチョウが少ない・・しかも、公園の一番奥の砂礫地で眠っています。
そこで今日の観察会は、コハクチョウが集まっている砂礫地を近くで観察できる粟島神社の丘へ行きました。

それでも、毎日ネイチャーセンターの前で見ているので少し遠い距離です。
今日は、コハクチョウの嘴の模様が一羽一羽違うという話をしょうと思っていたのですが、
それを観察するにはちょっと難しい距離です。

もう少し近くに来てくれないかなと思っていたら・・・・

P1050368ss.JPG「コウ、コウ」とコハクチョウの声
見上げると米子水鳥公園に渡ってきたコハクチョウの群れです。


まさに
「ようこそ!コハクチョウ」日本へ! 米子水鳥公園へ!!へ
という感じです。


観察会の題名通りとなりました。



降りてきた群れに幼鳥がいました。
P1050373s.jpg
P1050372s.jpg
 
ビルパターンを参加者の方が描いてくれましたので御紹介します。
t6.JPG







そのほか、粟島神社へ行く途中には、アカテガニやボラの群れを見つけました。

P10503633アカテガニs.jpgP1050378s.jpg            


他にも、承水路でアカエイやスズキが泳いでいるのが見えました。

最初はどうなるかと思った観察会でしたがいろいろな生き物に出会えて
とても楽しい観察会でした。


※今回のブログの写真は、全て美舩一輝さんから提供いただきました。
 

2012年10月20日 17:15 カテゴリー: 自然観察会 , 速報

新しい紙芝居を寄贈いただきました。


(財) 日本野鳥の会 さんから 米子水鳥公園に絵本と紙芝居の寄贈をいただきました。
米子水鳥公園の来館された方に対応できます。
CIMG5225s.jpg


















本日、さっそく来園された保育所参加の対応で利用しました。
みんな、紙芝居を真剣に聞いてくれました。

CIMG5205ss.jpgCIMG5209ss.jpg











CIMG5213ss.jpgCIMG5217ss.jpg









後半は、鳥になって餌さがしです。小鳥は何を食べているでしょう?
また、あなたがお母さんになっても、十分ヒナに餌が採れるかな?

寄贈いただいた絵本について
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/hina-book/
 

2012年5月11日 14:13 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会

コウモリの超音波を聴いてみました!

本日、GW自然観察会第6弾「コウモリの超音波を聴いてみよう!」を開催しました。

開催時間の設定を見誤りまして、予定よりも1時間遅らせてのスタートとなりました。



DSCN3911s.JPGはじめに、今回観察するアブラコウモリのはく製を見ながら、コウモリとはどんな生き物なのかをご紹介しました。また、声が聞こえるコウモリのハンドブックを使って、コウモリがどんな超音波を出しているのか聴いていただきました。






CIMG5073s.JPGさて、今日のテーマである超音波を聴くために使った器具がこれ。バットディテクターです。私たちには聞こえない超音波を可聴音に変換してくれるスグレモノです。コウモリの種類に応じて、周波数のダイヤルを調節して使います。今回はアブラコウモリが対象なので、45kHZに設定しました。



DSCN3918s.JPG19:15頃、ネイチャーセンターの外へ出てみると、飛び交うコウモリの姿が見えました。さっそくバットディテクターを空にかざして、コウモリの超音波を聴いてみました。





「プチプチプチプチ…」とリズミカルに聞こえる超音波。私たちの耳には聞こえない音波が、確かに私たちの周りを飛び交っているのを実感しました。
ちょうど満月で、月明かりの下を飛び交うコウモリの影がよく見えました。


CIMG5070s.JPGそして、バットディテクターと当時に披露したのがこれ。ナイトスコープです。
微弱な光を増幅して見えるようにする機器で、スイッチを入れてこれを覗けば、暗闇でも周囲がはっきりと見えます。




コウモリは超音波をたよりに夜空を舞いますが、暗視力を高めて夜空を舞うフクロウの視界をナイトスコープで疑似体験してもらいました。



ひととおりバットディテクターとナイトスコープを使って頂いた後、ネイチャーセンターに戻って満月ウォッチングをしました。
20倍の望遠鏡でみる満月はとても美しいですよ~♪
満月の夜に水鳥公園にいる人だけの、特別なひとときでした。



こうして20:00に観察会は終了となり、駐車場まで懐中電灯を持ってお見送りしました。
その途中、道端でにぎやかに鳴いていたクビキリギスを発見し、皆さんにご覧いただきました。



夜遅くまでお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。

2012年5月 5日 13:27 カテゴリー: お知らせ , コウモリ , 自然観察会

虫調べの宿題

昨日開催した自然観察会「春の昆虫ウォッチング!」で採集された、
未知の昆虫の正体を調べる宿題がほぼ終わりました。

新たに分かった昆虫その他をご紹介します。
観察会に参加した皆様にも見ていただけたら嬉しいです。

IMG_3321s.JPGイナズマハエトリ
おなかにイナズマ模様。







IMG_3339s.JPGオスグロハバチ(オス)
体長8mm
名前のとおり、オスは黒い。







IMG_3388s.JPGオスグロハバチ(メス)
体長11mm
メスは胸とお腹がオレンジ色。






IMG_3515s.JPGキコシボソハバチ
体長約10mm
ハバチの中で最も美しい種類とか。








IMG_3412ts.JPGギシギシホソクチゾウムシ
体長5mm
スイバにくっついていました。






IMG_3384s.JPGクロヒラタヨコバイ
体長4.5mm
グミの葉上にいました。
ピンッ!と飛び跳ねて、
瞬間移動のように逃げます。




IMG_3366s.JPGトゲサシガメ
体長10.5mm
全身トゲだらけ。
見たまんまの名前で面白い。





IMG_3328s.JPGホソヘリカメムシ
体長16mm
たくましい後脚が印象的。






IMG_3313s.JPGマルゴミグモ
体長4㎜







IMG_3332s.JPGワモントゲトゲゾウムシ
体長8mm
これまた名前が面白い。
でも、名前ほどトゲトゲしていない。






ここまではわかりましたが、種名が判らない虫もいました。


IMG_3489s.JPGトックリゴミムシの一種
図鑑に該当する虫がおらず、種名が判りません。







IMG_3507s.JPGケバエの一種
資料がなくて調べられません。







昆虫の観察会の後は、
いつも正体不明の虫が多数見つかるので、
種類調べの宿題が山積みになってしまいます。
でも、この宿題に一生懸命取り組めば、
その分だけ自分の知識が増え、レベルアップできます。

というわけで、またたくさん勉強になりました。

2012年5月 4日 16:03 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会 ,

春の草花ビンゴ!!

本日は、自然観察会「春の草花ビンゴ」でした!!


DSCN3872ss.JPGDSCN3873ss.JPG









春は、足元の何気ない草が、たくさん花を付けています。除草されてしまう前に集めてみましょう!!

DSCN3880SS.JPGDSCN3321ST.JPG









土手の草も、色んな種類があります。
ナワシログミがまだ赤い実(み)を付けていました。実(じつ)は酸っぱい・・・

DSCN3897ST.JPGDSCN3900.JPG









室内に戻って、今日見つけた花をビンゴの表にリストアップ!!
数字の代わりに、花の名前でビンゴゲームをしました。
景品は何がいいかな?

2012年5月 4日 13:40 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

春の昆虫ウォッチング!開催

今日は、ゴールデンウィーク後半の初日。
後半第1回目の自然観察会は、春の昆虫ウォッチング!でした。

天気予報では雨降りの可能性大だったのですが、
観察会の時間中だけ天候がやや良くなり、快適に虫探しができました。



DSCN3847s.JPG採集場所を4か所決めて、それぞれの場所で探す昆虫を写真で紹介しました。ここでは、カマキリ類の卵のう探しを目標にして、オオカマキリとチョウセンカマキリの卵のうが見つかりました。




DSCN3858s.JPGここでは、鳥のフンに化けているガを探してみましょう!








DSCN3854s.JPG見つけた昆虫は、小さなチャック付き袋に1匹ずつ入れてから、虫かごに入れました。子どもたちも真剣な顔で虫探しに熱中していました。







DSCN3863s.JPG最後に、どんな昆虫が捕まえられたかをおさらい。私の知らない昆虫がたくさん見つかり、観察会の後で種類を調べることにしました。
観察会では、31種類の昆虫その他が見つかりました。皆さん、とても虫探しがお上手でした。

2012年5月 3日 15:27 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

北帰行観察会の速報!

今朝は、今年度最後の自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」を開催しました。
天気予報は曇り時々雨。コンディションはあまり良くなさそうです。
そんな中、早朝から約30名の参加者が集まって下さいました。

今朝のコハクチョウは、264羽でした。アメリカコハクチョウの姿は見えず、もう旅立ってしまったのかな?


DSCN2733s.JPG

















お天気が良かったので、水鳥観察桟橋からコハクチョウを観察。



DSCN2735s.JPG

















今朝は園内のコハクチョウのほとんどが桟橋前に集まっていたので、間近で観察できました。しかも、目の前から続々と飛び立ちます。コハクチョウが飛び去る方向をみんなで注目しました。南よりならお食事、北よりなら北帰行です。

DSCN2747s.JPG

















中海湖岸の堤防に上がってコハクチョウが飛び去る方向に注目。殆どは安来の田んぼ目指して飛んでいきましたが、そのうちの数組が真北へ飛んで行きました。日本海を一気に縦断するロシア直通便でしょう。がんばってね~♪


DSCN2751s.JPGコハクチョウの北帰行を見送った後、ネイチャーセンターでコハクチョウの子育ての映像を見て頂きました。そして、地球儀でコハクチョウが渡る道筋についてお話ししました。






コンディションがあまり良くなく、北帰行が見られるか心配でしたが、幸いにも数組の旅立ちを見送ることができました。すべて真北方向でした。

観察会終了後、環境省のスタンプラリーに挑戦中の方にはイベント参加ステッカーをお配りしました。18日に開催予定の「羊毛フェルトでかわいい鳥のストラップを作ろう!」もスタンプラリー対象イベントですので、スタンプ収集中の方は是非ご参加ください。

2012年3月 3日 12:08 カテゴリー: コハクチョウ , 自然観察会 , 速報

春の昆虫ウォッチング!

今日は、ゴールデンウィーク自然観察会の最終回として、春の昆虫ウォッチングを開催しました。少々風が強かったのですが、晴天に恵まれ、たくさんの方にご参加いただきました。

CIMG0116s.JPG昆虫は隠れる名人です。どこに隠れているかな?









CIMG0123s.JPG昆虫採集範囲を2箇所決めて、それぞれで採集と解説をしました。









今日観察できた昆虫やその他の生き物は、ハナムグリ、クビキリギス、ギンイチモンジセセリ、ナツグミシギゾウムシなど22種類でした。

皆さんも、身近な春の虫を探してみてはいかがですか。気になる虫を見つけたら、水鳥公園に持ってきていただくか、画像を送っていただければ、(分かる範囲で)お答えします。

2011年5月 5日 16:00 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

コウモリの超音波を聞いてみよう!

今日は、ゴールデンウィーク特別観察会の第4弾、コウモリの超音波を聞いてみよう!を開催しました。ネイチャーセンターの閉館時間は17:30ですが、コウモリは夜に活動する生き物なので、特別に閉館時間を延長しました。

CIMG0087s.JPGはじめに、アブラコウモリの剥製を披露してコウモリの特徴や生態についてご紹介しました。








CIMG0094s.JPG子ども達は目の前にある本物のコウモリ標本に興味津々でした。









CIMG0103s.JPGコウモリのウンチクを聞いた後は、いよいよ屋外でコウモリ探し。この緑色の機械が、コウモリの超音波を人が聞こえる音に変換してくれる「バットディテクター」です。これをコウモリにかざすと、コウモリが出している超音波を聞くことができます。






しかし、今日は寒いせいか、なかなか姿を見せません。私たちも風邪をひきそうなので、ネイチャーセンターに戻って建物の中から窓を開けてコウモリを観察しました。コウモリは19:00過ぎに飛び始めましたが、19:30頃には姿が見えなくなりました。やっぱり寒すぎたかな?

コウモリの超音波を聞くのと同時に、フクロウの視界を疑似体験できる「ナイトビジョン」も使いました。真っ暗な夜に活動する、コウモリとフクロウの能力のすごさを実感できたかな?

2011年5月 4日 16:39 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会

公園一周ガイドウォーク2回目開催!

今日の公園一周ガイドウォークでは、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサ、ハマエンドウなどの見分け方を解説しました。鳥は、ヒバリ、セッカ、オオヨシキリ、アオジ、キジ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ハマシギなど、春ならではの鳥が観察できました。

DSCF6536s.jpg

2011年4月30日 19:28 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会

ハクチョウの北帰行観察会 北帰観られました!!

今朝は、「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」と題した観察会を開催しました。
ただ、毎年このイベントは、職員泣かせのイベントです。
確かに、この時期にハクチョウたちは帰るのですが、観察会の時間の間には北に飛ばなかったり、一日違いで観られなかったりと、なかなか日程の設定が難しい観察会なのです。

jpg4072大山と朝日.JPGのサムネール画像








今朝は快晴で絶好の北帰行日和でしたが、公園にやってくると静かな雰囲気・・・・。
コハクチョウが帰る日は、室内にいてもうるさいぐらいの様子ですので、今朝は観られないと思っていました。

jpg4083北へ向かう.JPGのサムネール画像jpg4086北へ向かう群れ.JPGのサムネール画像







 ところが、今年は観察会の途中で北に帰るハクチョウの群れが公園上空を通過してくれました。きれいなV字の飛行で飛んでいきました。
 
おかげさまで、今年は、お題目通りの観察会となりました。

jpg4092.JPGのサムネール画像
明日(2011年3月6日)も7:00から開館していますので、お近くの方はぜひおいでください。






※ちなみに「北帰行」は、科学的には用いない表現だそうです。小林旭の歌が由来だとか。

2011年3月 5日 10:03 カテゴリー: 普及啓発 , 自然観察会 , 速報

前が見えません!

CIMG7785s.JPG

















3月に入りまして、コハクチョウとのお別れも近いこの時期ですが、午前11時現在、すごい雪でネイチャーセンターの観察ホールからは前が見えません。(11:00頃の風景)
でも、積雪はほとんどありません。

この天候では、すでに米子を旅立って北上中のハクチョウたちも困惑しているのではないでしょうか。

しかし、明日土曜日は天候が回復する予報が出ていますので、北帰行観察には最適かも。
米子水鳥公園では、朝7時からコハクチョウの北帰行観察会を予定しておりますので、是非ご参加ください。
中海のコハクチョウは残りわずかです。北帰行を観察できる最後のチャンスかもしれません。

3月5日(土)7:00~8:30
自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」
集合:水鳥公園ネイチャーセンター
参加費:300円(入館料として)

2011年3月 4日 11:02 カテゴリー: コハクチョウ , 自然観察会 , 速報

コハクチョウの北帰行を確認!

今朝8:30頃、水鳥公園から飛び立ったコハクチョウの一群が北西方向へ飛び去るのが確認されました。今季初めての北帰行確認です。

毎年、2月中旬ごろから3月上旬にかけて確認されるのですが、今季は開園以来最も早い時期での確認となりました。

_MG_3007ss.JPG粟嶋神社の丘の北側を飛ぶコハクチョウたち。この後、粟嶋神社の丘を時計回りに半周した後、北東方向へと去っていきました。






コハクチョウの北帰行は、夕方から翌早朝にかけて行われます。お天気の良い日の早朝に水鳥公園にお越しいただくと、ツンドラへ旅立つコハクチョウたちを見送ることが出来るかもしれません。

毎年3月の第一土曜日(今年は3/5)の朝7:00~8:30に、北帰行の観察会を開催しています。指導員の説明を受けながらコハクチョウの旅立ちを見送るお勧め企画ですので、是非ご参加下さい。

3月の自然観察会「コハクチョウの北帰行を見送ろう!」
開催日:3月5日(土)7:00~8:30
集 合:水鳥公園ネイチャーセンター
参加料:入館料として300円。
その他:申し込み不要。温かい服装でご参加下さい。

2011年2月 6日 08:53 カテゴリー: お知らせ , コハクチョウ , 自然観察会

コハクチョウが帰ってきた!

先日のブログで、夕方になってもコハクチョウが帰ってこない、という状況をお知らせしておりましたが、昨日からコハクチョウがねぐら入りするようになってきました。
昨日の夕方は30羽くらい、今日の夕方は50羽くらいがねぐら入りしました。

マガンはあいかわらず、水鳥公園と安来を1日2往復しています。
6:30頃に水鳥公園を飛び立ち、
安来の田んぼで食事をしてから、
9:00頃に水鳥公園に戻ってきます。
水鳥公園でのんびり過ごした後、
15:45頃に再び安来方向へ食事に出かけ、
17:40に帰ってきました。
今日は400羽くらいが飛来しました。

明日の夕方は、マガンのねぐら入りを観る観察会「落雁を観よう!」を開催します。
ぜひご参加ください!
17:00にネイチャーセンターのレンジャーカウンター前に集合です。

2010年11月12日 18:36 カテゴリー: コハクチョウ , マガン , 普及啓発 , 自然観察会 , 重要

秋の鳴く虫鑑賞会

今日は9月の自然観察会の日。
今回は、夕暮れ時から鳴き出す「秋の鳴く虫」をテーマに開催しました。

普段、何気なく聞いている虫の声ですが、どんな声が聞こえてくるか、この声の主は誰なのかが分かると、より身近に感じて楽しくなります。

この観察会では、水鳥公園で主に聞くことが出来る鳴く虫の種類と声を紹介し、代表的なコオロギの種類の見分け方や、オスとメスの違い、コオロギの耳について説明しました。


CIMG2584s.jpg草むらから聞こえてくる虫の声に耳を澄ませる参加者の皆さま









【鳴き声が聞こえた鳴く虫】
・カネタタキ
・エンマコオロギ
・カンタン
・スズムシ
・アオマツムシ
・ミツカドコオロギ
・ウスイロササキリ?
・キンヒバリ?
・ツクツクボウシ

【観察できた鳴かない虫、その他】
・アオモンイトトンボ
・ムスジイトトンボ
・ウスバキトンボ
・チョウセンカマキリ
・オンブバッタ
・スズメの砂浴び跡
・カメの卵殻

皆さんも、秋の夜長の虫の声に耳を傾けてみませんか?
水鳥公園には、鳴く虫の声をお手軽に聞くことが出来る機器がありますので、鳴く虫の勉強をしたい、という方は、ぜひネイチャーセンターへ遊びに来てくださいね♪


米子水鳥公園では、原則として毎月第二土曜日に自然観察会を開催しています。
テーマは、その季節に観察できる面白い生き物たちです。
興味がある方は、ぜひ水鳥公園のイベント情報を毎月チェックしてみてください。
広報よなご、水鳥公園だより、水鳥公園ホームページなどからイベント情報を見ることが出来ます。

2010年9月 4日 18:12 カテゴリー: お知らせ , 普及啓発 , 自然観察会

鳥の羽根を拾いに行こう!

今日は、月に一度の自然観察会の日。
今日のテーマは「鳥の羽根」。
普段は入れない、水鳥公園のサンクチュアリ内に特別に入って、
鳥の羽根探しをしました。

CIMG0935s.jpgネイチャーセンターからはるか先に見える半島(島)で羽根探し。ここはいつも、たくさんの鳥が集まってくつろいでいる場所。だから、羽繕いの際に抜け落ちた羽根がいっぱい落ちていました。




CIMG0937s.jpgサギの事故現場に遭遇。タカに襲われた様子。









CIMG0950s.jpg偶然、子育て中のホオジロの巣を発見!中にはかわいいヒナの姿が。親鳥が心配そうに鳴いているので、すぐにその場を離れました。








CIMG0954s.jpg無造作に落ちていたキジ(と思う)の卵。天敵に巣から持ち出されたのか、メスが突然産気づいて産んでしまったのか。








CIMG0963s.jpgネイチャーセンターに戻ってから、鳥の羽根の説明と、拾った羽根の整理方法をご紹介しました。初めての企画だったのですが、夏休みの課題にいいかも、という手ごたえもありまして、また機会を見て実施しようと思います。どうぞお楽しみに!


2010年6月12日 19:41 カテゴリー: お知らせ , 自然観察会

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー