水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

鳥さんのためならエンヤコラ♪

今日は子どもラムサールクラブの活動日。
テーマは「水鳥のすみかを守ろう!」。
ネイチャーセンター前の砂浜に草が生い茂ってしまうと、
水鳥たちが集まりにくくなってしまいます。
そこで、砂浜の雑草を手作業で根っこごと取り去って、
鳥が好む砂浜を維持しよう、という趣旨です。
運動会シーズンで欠席者が多かったのですが、少人数で頑張りました!

DSCN0019s.JPG作業前。
近頃の大雨で普段よりも10cm以上増水中。








DSCN0026s.JPG作業風景。
すぐそばでは、コブハクチョウが作業風景を眺めていました。








DSCN0044s.JPG作業後。砂浜がずいぶん広くなりました。 雨の中、幼児、小学生、保護者の皆さんが雨具を着て、鳥が喜ぶ姿を見たい一心で頑張って下さったおかげです。今はシギの渡りの時期です。みんなで頑張って整備した砂浜にどんな鳥が集まってくれるか、楽しみです。

(文・写真:きりぎりす)

2013年9月 7日 17:49 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

子どもラムサールクラブ2013始動!

今日は、子どもラムサールクラブ2013の初日でした。
新たな参加者が加わり、36名で一年間活動します。

IMG_3440s.JPG初めての参加者のために、昨年の活動の様子をスライドショーでご紹介しました。
また、昨年の活動中にビデオ撮影された内容が盛り込んである10分間の水鳥公園紹介映像を公開。アニメーションのレンジャーや、自分たちが映像に出ているのを見て、楽しんで頂けたようです。






DSCN9048s.JPGいよいよ屋外で生き物観察を開始!するといきなりカワセミを発見。しかも2羽!みなさん、先ほど勉強した双眼鏡で、一生懸命カワセミを観察していました。








DSCN9051s.JPGカワセミが去った後、なぜカワセミがいたのかを説明。また、白いフンがたくさんついているところには鳥がよくやってくることを解説しました。








DSCN9059s.JPG普段入れない野鳥保護区内の中で、グミの木の周りにたくさんのヒヨドリがいました。その中に、コムクドリ1羽を発見!今季初認です。今日購入して頂いたポケット野鳥図鑑で姿を確認。メスでした。鳥たちが食べていたグミにも興味津々。美味しいのかな~。






IMG_3494s2.JPG最後に、今日観察できた生き物を振り返り、恒例の生き物川柳を書きました。一番印象深かった生き物の感想を、5・7・5の言葉にまとめました。子どもたちが書いた川柳は、現在ネイチャーセンターに掲示してありますので、ご来館の際には是非ご覧ください。






次回は、新緑の大山へバス遠足に行きます。
いいお天気になりますように♪

2013年4月14日 19:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

子どもラムサールクラブ2012ファイナル

今日で、一年間活動してきた子どもラムサールクラブ2012は最終回です。これまでの活動を振り返って、活動報告の壁新聞を作りました。


DSCN8584s.JPGスライドショーでこれまでの活動を振り返りました。いろいろなことがあった、盛りだくさんの一年でしたね♪








DSCN8613s.JPG3か月ごとに、春、夏、秋、冬の班に分かれ、4枚の壁新聞を作りました。
上級生を班長に任命し、下級生と一緒に力を合わせて取り組みました。








ようやく完成!個性豊かな4枚の壁新聞です。早速ネイチャーセンターに掲示しました。是非ご覧ください。

DSCN8621s.JPGDSCN8637s.JPG















DSCN8629s.JPG
DSCN8634s.JPG








 







DSCN8675s.JPG最後に、ラムサールクラブの活動に熱心に参加した子たちに、ジュニアレンジャー認定証を授与しました。
みなさん、これからも自然を大切にする活動にどんどん参加してね~♪









さて、来月からは、
気持ちを新たに子どもラムサールクラブ2013が始まります。
新規参加者の募集につきましては、こちらをご覧ください。

なお、人気企画につき、
ご応募多数の際には抽選で参加者を決めさせていただきます。

 

2013年3月10日 18:03 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

中海・宍道湖の生きものウォッチング!

今日は、子どもラムサールクラブの1月の活動として、安来平野のコハクチョウと宍道湖の生きもの観察に行きました。

DSCN7933s.JPG水鳥公園のコハクチョウの採食地である安来の田んぼ。水を張った田んぼには、多くのコハクチョウが群れていました。







DSCN7967s.JPG続いて訪れた宍道湖の斐伊川河口で野鳥観察。
周辺の水田地帯や川の中州、湖岸など、至る所に鳥の姿が見えました。








DSCN7966s.JPGその中で、こんな鳥や、









DSCN7971s.JPGこんな鳥に出会えました。
いずれも、水鳥公園ではなかなか出会えない鳥です。さすが、山陰屈指の野鳥の生息地です。







DSCN7983s.JPG野外観察の他、宍道湖の生き物を多数飼育展示している宍道湖自然館ゴビウスも見学しました。








DSCN8008s.JPGゴビウスの隣の宍道湖グリーンパークも見学しました。壁の向こうにはカワセミがいて、みんな熱心に双眼鏡で観察していました。







天気にも恵まれ、一日で安来のコハクチョウと宍道湖の鳥や魚等をたくさん観察できました。なかなか見られない鳥にも出会えて、とても贅沢な一日でした。

2013年1月13日 18:53 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 速報

秋の味覚と自然観察!

毎月第二日曜日は子どもラムサールクラブの活動日です。
今日のテーマは、「粟嶋神社を探検しよう!」。秋の自然観察を楽しみながら、水鳥公園のお隣にある粟嶋神社を探検する計画でした。が…。

DSCN7148s.JPGからの強い風雨のため、屋外活動を断念。そこで、ネイチャーセンターから園内の鳥の調査を子どもたちにしてもらいました。








DSCN7160s.JPG低学年、中学年、高学年と3グループに分かれて調査結果の発表をしてもらいました。結果は、学年が上がるほど確認種類数も増えて、みんなで28種類を確認しました。







DSCN7162s.JPG鳥の調査終了後、天気が回復してきたので屋外に出て野鳥観察もしました。しかし、再び雨が降り出し、すぐに引き返すことになりました。残念…。








DSCN7166s.JPGそうしてネイチャーセンターに戻りかけたとき、再び天気が回復。粟嶋神社でやりたかったドングリ拾いを、園内のジュニアレンジャーの森で行いました。拾ったドングリはお昼ご飯の時に食べるので、みんな真剣に食材集めをしていました。







DSCN7178s.JPG参加者の方から、なんとサトウキビの差し入れがありました。これもぶつ切りにしてみんなで分けてかじりました。その触感と甘さに、みんな喜んでかじっていました。







DSCN7183s.JPG
ジュニアレンジャーの皆さんが作ってくれたイモ汁と炒ったドングリ、持参したおにぎり(+サトウキビ!)で楽しいランチタイム。最後に、恒例の「今日の生きもの川柳」を書いて解散しました。







次回12月は、お気に入りの鳥の絵を描きます。描いた絵は水鳥公園の絵画コンクールに応募してもらう予定です。みんな、風邪をひかないで元気に参加してくださいね。

※子どもラムサールクラブは、一年間同じメンバーで活動する自然体験プログラムです。来年度の新メンバー募集は3月に予定しています。
 

2012年11月11日 16:33 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

行ってきました!南日本海子どもラムサール湿地交流会

10月6日/7日に兵庫県豊岡市で開催された南日本海子どもラムサール湿地交流会に行ってきました。
 日本海沿岸の南側には、中海・宍道湖をはじめ、今年登録の締約国会議で登録湿地となった円山川河口域・周辺水田など様々なラムサール条約登録湿地があります。

これらのサイト間で情報交換し、各湿地の活動を活発にしようと今回の交流会は実施されました。


中海・宍道湖の子どもたちは、自分達の湿地とはちょっと違った雰囲気に最初は戸惑っていましたが、コウノトリや様々な生き物に触れるうちにいつも以上にいろいろなことに挑戦していました。

みんなが学んだことを未来の中海・宍道湖に役立ててくれる日が一日も早く来るのを待っています。

DSCN6077ss.JPG
コウノトリのための巣塔 「ハチゴロウの戸島湿地」

2008年にここで巣立ったコウノトリは、宍道湖まで飛んできました。
私達は知らないうちに繋がっているのですね!











ハチゴロウの戸島湿地訪問 コウノトリ湿地ネット記事 リンク
http://wac-s.net/modules/hachi560/details.php?bid=1468
田結(たい)地区訪問など コウノトリ湿地ネット記事 リンク
http://wac-s.net/modules/blog/details.php?bid=49

「米子水鳥公園と豊岡との交流の歴史」
http://www.yonago-mizutori.com/mizutori/mt-search.cgi?x=0&y=0&search=%E8%B1%8A%E5%B2%A1&IncludeBlogs=1%2C4%2C10%2C14%2C13%2C17%2C9%2C15%2C11%2C18%2C5%2C6%2C12%2C3%2C8%2C7&limit=20

2012年10月 7日 21:28 カテゴリー: 国際交流 , 子どもラムサールクラブ , 重要

大山の生き物観察!

今日は、今年度の子どもラムサールクラブの2回目。
毎年恒例の大山バス遠足です。

小学生とそのご家族総勢約50名で早春の大山を歩きました。

IMG_0390s.JPG学年ごとに3つのグループに分かれて自然観察をしました。
「ほら、ここでドングリが芽を出しているよ!」








P1060205s.JPG森の中では、キビタキの声があちらこちらで聞こえました。でも、なかなか姿は見えません。写真の中央部にキビタキがいますが分かりますか?このほかにも、オオルリやウグイス、ミソサザイなどの声も賑やかでした。







IMG_3021s.JPGとってもいいお天気で、暑くも寒くもなく、遠くの景色もよく見えました。寂静山の頂上からは、水鳥公園が見えました。









P1060232s.JPG水鳥公園に戻って来てから、どんな生きものが見られたかおさらいしました。たくさんの鳥や昆虫、草花が見られましたが、子どもたちの感想は「疲れた~」でした。でも、森の中を歩いている時は、みんな元気いっぱい、楽しんでいましたよ~。






さて、来月のラムサールクラブは、昔の中海の貝殻探しをします。
1500年前の中海にはどんな貝がいたのかを調べてみます。
今日みたいにいいお天気だといいな~♪

2012年5月13日 13:08 カテゴリー: お知らせ , 大山 , 子どもラムサールクラブ

子どもラムサールクラブ2012スタート!

今日から、子どもラムサールクラブ2012が始まりました。

水鳥公園を中心に1年間、
31名の子どもたちと一緒に楽しい自然観察の始まりです。

P1060042s.JPG今回は初回ということで、
初参加の方のために昨年の活動内容をスライドショーで紹介しました。








企画の趣旨説明が終わった後は、自然観察に出発!
今日のテーマは、
「水鳥公園の秘密の場所を探検!」
です。

いざ、ネイチャーセンターを出発、と思ったら、
「サンカノゴイがいる!」
と大騒ぎ。
あわててネイチャーセンターへ戻ってみると…。

IMG_0155t.JPG
















Photo:Shougo SASANO

本当にいました、サンカノゴイ!
とっても観察しにくい、水辺の忍者です。
このように全身をあらわにしているのはとても珍しく、普段はヨシ原にまぎれてじっとしています。
子どもたちが持っている鳥の図鑑で調べようとしたら、珍しすぎて載っていませんでした(笑)。
より詳しい図鑑を持っている子に図鑑を見せてもらって、サンカノゴイの姿をみんなで再確認しました。

過去の水鳥公園での記録を調べてみると、
はっきりと観察できたのは、2006年4月以来です。
(最近の記録は、2011年1月に飛び去る様子が記録されています)
生き物観察開始直後の大物登場に、大興奮でした。


DSCN3524s.JPG約束どおり、ヒミツの場所から野鳥観察。
年に1~2回しかチャンスがない、貴重な機会です。








IMG_2226s.JPGヒミツの場所にいく途中には、タカに食べられたと思われるカモの白骨死体や羽毛が落ちていて、子どもたちは興味津々。
いつのまにか、骨拾いに夢中になっている子もいました。








DSCN3536s.jpgナナホシテントウ、かわいいね♪
















自然観察をした午前中は風が穏やかで、とても気持ちよく生き物観察を楽しめました。
今年度最初のラムサールクラブは、いろいろな生き物との出会いに恵まれ、盛況に終えることができました。

来月は、大山にバス遠足に行く予定です。
今日みたいによいお天気になりますように♪

2012年4月 8日 10:18 カテゴリー: お知らせ , サンカノゴイ , 子どもラムサールクラブ ,

第五回子どもと語る会開催しました。

米子水鳥公園では、毎年、割り箸おじさんこと「向井哲郎」さんが発起人となって、「中海の未来を子どもと語る会」を実施しています。
 毎年、たくさんの子どもたちが、いろいろな活動の報告をしてくれてとても楽しいです。

 DSCN2735.jpg今年も、7つの団体が発表していただきました。









DSCN2739.jpgDSCN2742.jpg米子水鳥公園 子どもラムサールクラブ









DSCN2750.jpgDSCN2748.jpgイオンチアーズクラブ






ジュニア・レンジャークラブ


DSCN2753.jpg韓国交流参加者の発表









今日は、特別に先日紹介した(痛車)の電気自動車を水鳥公園で披露しました。
今月中は、市内で無料で借りることができるそうです。
DSCN2756.jpgDSCN2770.jpg

2012年3月11日 19:14 カテゴリー: お知らせ , ジュニア・レンジャークラブ , ボランティア , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 特別企画 , 環境教育

湿地の生き物を粘土で作りました!

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブの活動日でした。

今日のテーマは、「私たちの湿地の生き物を粘土で作ろう!」です。

これまでのラムサールクラブの活動の中で、自分たちが観察したお気に入りの湿地の生き物を作りました。

CIMG2792s.JPGどんな生き物をつくろうか、モデルを探している最中。









DSCN2378s.JPG展示室で、生き物の姿形には意味があることを説明。「このホウロクシギは、何でこんなに長いくちばしを持っているのでしょう?」








DSCN2385s.JPG作る生き物が決まった子から、粘土細工開始!









DSCN2421s.JPG完成した作品を並べて、湿地の生き物展覧会。個性的な作品ぞろいで、みんな自分の作品のできばえに満足そうでした。








DSCN2445s.JPGみんなで記念撮影。









この企画は、2月2日の世界湿地の日記念企画として、スイスのラムサール条約事務局に活動レポートを送ります。昨年の活動レポートが掲載されているラムサール事務局HPはこちら
(#14が子どもラムサールクラブ、#15が手作り自然教室のレポートです)

2012年2月12日 11:02 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ

子どもラムサールクラブ 水辺の生き物

早いもので、一学期最後の子どもラムサールクラブです。 本日は、水ぺの生き物観察です。梅雨明けした炎天下の中の採集でした。 でも子供たちはとっても元気。逆に、大人はへとへとでした。

2011年7月10日 21:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「昔の中海の貝殻掘り」

6月の子どもラムサールクラブは、園内で貝殻掘りをしました。昔中海に住んでいた貝の殻を探して調べることで、昔の中海がきれいで、貝がいっぱいいたことを知ってもらうのが狙いです。


CIMG1530s.jpg貝殻掘りの現場へ行く途中、地面に空いた穴を発見。ミシシッピアカミミガメの卵が孵化した跡です。こうやって外来生物が日本の自然に広がっていることを実感しました。







CIMG1536s.jpg貝殻発掘開始。でも、予報よりも雨の降り始めが早く、雨具を着ての貝殻探しになりました。








CIMG1541s.jpg今日よく見つかったのが、これ。羽化したてのドウガネブイブイです。こんな環境で繭玉を作って発生していたとは、初めて知りました。








CIMG1553s.jpgお弁当を食べた後、貝殻の種類調べ。毎年やっていることですが、やっぱり難しい!








CIMG1562s.jpg今日見つかった生き物。貝は26種類見つかりました。新発見の種類を探してみんなで頑張りましたが、残念ながら今回は新発見はありませんでした。

2011年6月12日 09:20 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブin大山!

今日は、子どもラムサールクラブのバス遠足の日でした。行ってきたのは新緑の大山!週間天気予報では雨となっていましたが、子どもたちの日ごろの行いが良かったのか、当日に近づくにつれてどんどん予報が好転。当日は青空でした!

IMG_7893s.JPG到着して早々、ジュリジュリとにぎやかに鳴く小鳥の群れを発見。双眼鏡でのぞいてみると…。








IMG_7900s.JPGイワツバメの群れでした。泥をたくさん口に含んで持ち帰り、ただ今巣作り真っ最中、といった様子でした。







IMG_7915s.JPG私個人的に今日一番の衝撃生物、オオシモフリスズメ。ボランティアスタッフのMくんが発見しました。日本最大のスズメガの巨体や渋い模様、意外とかわいらしい顔、キイキイという鳴き声に、みんなの視線は釘づけでした。




IMG_7926s.JPGクロモジの香りを体験中。「う~ん、いい匂い♡」








IMG_7944s.JPGまたしてもMくんが大きな虫を捕まえてきました。持ってみたいという子に手渡したところ、なんか変なにおいがします。これはマイマイカブリ。大きくてかっこいいのでつい触ってみたくなりますが、ウンコのような体臭が指について取れなくなるので要注意です。「うえっ、臭~い」


DSCN3886s.JPG2年生以下の子は別グループで自然観察。中の原スキー場で転げまわっておおはしゃぎでした。







IMG_7963s.JPG新緑の大山をたっぷり満喫した一日でした。

2011年5月 8日 13:32 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2011スタート!

今日から今年度の子どもラムサールクラブ2011が始まりました。今後、毎月主に第二日曜日に集まって、子どもたちと自然観察をしていきます。

初回の今日は、企画の内容説明と、昨年度の活動紹介をした後、普段入れない水鳥公園のヒミツの場所を探検しました。

CIMG9094s.JPG自然観察の基本、双眼鏡の使い方を練習。









CIMG9099ts.JPGネイチャーセンター隣のメダカ池を覗き込む子ども達。メダカやチチブが泳ぎ、水面にはアメンボがいました。







CIMG9113s.JPGここから先が普段入れない場所。なぜ普段入れないのかを説明。









CIMG9121s.JPGここがヒミツの場所(の前)。自然観察の能力が重要な理由を説明中。子ども達はグミの実採集に夢中。大人がしゃべるウンチクよりも実体験!ですよね~!








CIMG9150s.JPG今日観察できた春の生きものたち。最後に、今日観察した生き物を振り返って、生き物川柳を書いてもらいました。巨大なコブハクチョウと、微妙な味のグミが子ども達に印象深かったようです。







次回、5月は大山にバス遠足に行く予定です。いい天気になりますように♪

2011年4月10日 17:25 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2010ファイナル!

CIMG8165s.JPG今日は、今年度の子どもラムサールクラブ最終回です。最終回は、一年間の活動を振り返り、活動レポートのポスター作りをしました。








初めに、一年間の活動をスライドショーで振り返りました。今年度のラムサールクラブは、雨に降られた日が多かったことに気づきました。雨男、雨女がいたのかも?




CIMG8167s.JPGCIMG8168s.JPG









その後、四季ごとに4つの班に分かれてポスター作り開始。写真選び、イラスト描き、コメント書きなど、1年生から6年生までみんなで協力してポスターを作りました。

CIMG8199s.JPGCIMG8200s.JPG
















CIMG8206s.JPGCIMG8203s.JPG
















完成したポスターと一緒に記念写真。それぞれ個性的な楽しいポスターが仕上がりました。このポスターを見て、たくさんの人がラムサールクラブに参加したいな、と思ってくれもらえたら嬉しいです。
これらのポスターは、早速ネイチャーセンターに掲示しました。


4月からは、新たに子どもラムサールクラブ2011がスタートします。
今日までにたくさんの申し込みを頂いておりまして、まだ広報誌などに掲載する前にもかかわらず、30名定員のところすでに残り3人となっています。(大変申し訳ありません。4月20日で満員となりました。一部更新が遅れたことをお詫びします。ごめんなさい。)
ぜひ参加したいという方は、お早めにお申し込み下さい。

2011年3月13日 11:43 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「わたしたちの湿地の生き物を作ろう!」

今日は、今年度11回目の子どもラムサールクラブを開催しました。
2月2日の世界湿地の日を記念して、これまでの活動で観察してきた湿地の生き物を粘土で作りました。

CIMG7077s.JPGCIMG7075s.JPG









個性豊かな湿地の生き物が23種類できました。


CIMG7073s.JPG









今年の世界湿地の日ポスターと一緒に記念撮影。


子どもラムサールクラブは、次回が最終回。
一年間の活動報告壁新聞を作ります。

世界湿地の日についてはこちら

2011年2月13日 09:16 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

お気に入りの鳥の絵を描こう!

今日は、12月分の子どもラムサールクラブの開催日です。
今日のテーマは、「お気に入りの鳥の絵を描こう!」。望遠鏡で鳥を詳しく観察して、特徴を捉えた「種類が分かる絵」を描くことを目標に取り組みました。

P1020505s.JPG観察の前に、鳥パズルを使って具体的に鳥を見る練習をしました。
「これがマガンという鳥です。よ~くみて、体の特徴を覚えましょう!」
この後で、マガンの姿が正しく再現できるか、パズルを使って子どもたちに挑戦してもらいました。




_MG_1958s.JPGいよいよ鳥のお絵かき開始!どの鳥を書こうか迷う子、見ていた鳥が飛び去ってしまって困ってしまった子、今の季節には見られない鳥を書きたい子、みんないろいろな要因で苦労していました。





P1020535s.JPGお昼休みの後、下絵に色をつけました。5、6年生は下絵をじっくり書く子が多く、家に持ち帰って仕上げて頂くことにしました。







P1020539s.JPG最後に、今日みんなで観察した生き物をまとめてみました。18種類の生き物が観察できていました。








 小学生には、一日で水彩画を仕上げるのはなかなか難しいようで、集中力が切れてしまう子が何人もいました。大変ではあるけれど、それを乗り越えて取り組めばその分だけ自分の力になりますので、これからもがんばってほしいと思います。

2010年12月12日 16:18 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

秋の自然を味わってみました!

今日は子どもラムサールクラブの活動日。今月のテーマは、秋の自然観察と、おいしいドングリを拾って食べることです。

CIMG4863s.JPG中海方向からマガンの大群が飛来!にぎやかに鳴きながら、水鳥公園に舞い降りてくるマガンの様子に圧倒されました!







CIMG4877s.JPG道端では、秋の虫が見つかりました。こちらはチョウセンカマキリ。オオカマキリとの違いを勉強しました。








CIMG4915s.JPGこちらはオンブバッタ。晩秋まで見られる身近なバッタです。








CIMG4896s.JPG今日の一番のねらいはこれ!スダジイの実です。ドングリの中でも最もおいしいといわれています。昨年はぜんぜん拾えませんでしたが、今年は豊作のようで、いっぱい拾うことが出来ました。






CIMG4946s.JPGみんなで拾ったドングリをフライパンで炒りました。香ばしい香りが漂ってきてうっとりしていると、時々「バン!」とドングリが弾けました。あぶないあぶない。皆さんもドングリを炒るときは気をつけましょう。












P1020272s.JPGスダジイとマテバシイのドングリを炒ったものと、イナゴの佃煮をみんなで試食。秋の自然の恵みを味わいました。その美味しさに、一度食べたら手が止まりません。あっという間にお皿は空になりました。

今日はお天気が良くて暖かく、秋の自然観察には最適な一日でした。

2010年11月14日 17:36 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

生物多様性条約締約国会議CDB/COP10(報告)

名古屋で開催されたCBD/COP10では、さまざまな活動をしたり、環境についていろいろアピールすね場を与えていただきました。地域のミニコミ誌に書いた報告文をご覧ください。また、生物多様性で、このホームページを検索していただいくと関連の記事が出てきますのでお試しください。



生物多様性条約締約国会議 COP10に行ってきました。

 神谷要 ()中海水鳥国際交流基金財団

 

 201010月に名古屋市で開催された生物多様性条約締約国会議に行ってきました。といっても、もちろん国の代表ではありません。ラムサール条約もそうなのですが、一部の国際条約の会議では、サイドイベントや関連の展示ブースなど様々な活動が会期期間中に実施されます。このような活動は、今回は会議場に隣接している白鳥(しらとり)公園で実施され、会議をよい機会として政府や研究機関、NGOのアピール場となっていました。テントの数は200以上あり、海外のNGOや政府のものまであります。テントには超大型の200人規模の同時通訳付きのイベントが行えるものもあり、まさに環境保全の万博といった雰囲気でした。そのため、今までに知り合った国内外の友人にたくさん会うことができました。また、これらのブースを見ていて面白いのは、政府の方針に反する展示も自由に出展していることでした。環境省が準備したテントに、大小さまざまな市民団体からあちらこちらの開発に反対する展示ブースが出展されていました。日本は民主国家なのだと妙に安心してしまいました。

 ただ、国の代表の入る会議場とこれらのテント村は2メートルほどの壁で仕切られ、許可なく入れないようになっていました。議場に入るためにはセキュリティーは空港並みに厳しいものでした。

 さて今回米子水鳥公園は、2つのサイドイベントに参加するために名古屋へ行ってきました。一つは、米子水鳥公園が参加している渡り性水鳥に関するフライウェイ・パートナーシップ事業をアピールすること、もうひとつは、子どもたちの湿地交流です。フライウェイ・パートナーシップのイベントでは、未だに水鳥の減少傾向が30年前から変わらないことが、国際的なセンサスによって明らかになったことが報告されました。これらの元となるデータは、野鳥の会鳥取県支部のような地域の団体が集まって調査したものです。このようなデータが集められて、世界で活用されていることを改めて感じました。

また、湿地交流では藤前干潟のふれあい祭りに、米子水鳥公園のラムサール子どもクラブの石田咲歩子さんと樋口未歩さんと一緒に参加しました。地元の名古屋の子供たちや、韓国のチャンウォン市の子供たちと交流しました。とくにお互いの湿地の活動を報告する発表会では、名古屋の子どもたちは演劇やクイズなどを取り入れ楽しい発表をしていました。私たち子どもラムサールクラブも中海の代表として発表し、ちょうど同じ時期に藤前干潟も干拓が中止になったことから話が盛り上がりました。

さてCOP10は、エコを目指した会議でした。今回の会議について、難しい話は報道に譲りますが、会議はずいぶんエコを目指していることがよくわかりました。ゴミは10分別以上、参加者に公共交通機関でできるだけ移動してもらうために地下鉄の無料パスを配ったり、飲み物の紙コップを削減するためにサーモカップを配布したりしていました。2005年の愛地球博からの流れを大切にしていることを感じました。

ゴミ問題が生物多様性とどう関係があるのと思う方がいるかもれませんが、私たちは藤前干潟がゴミ捨て場になるために埋められようとしていたことを忘れてはいけません。それもたった10年分のゴミ捨て場としてです。いま、ゴミはリサイクルせずに埋めてしまった方が、コストが安く済み、エネルギーコストも低いという環境経済学者もいます。しかし、これは干潟や生物多様性の価値を経済的にゼロと考えているからです。干潟や生物多様性には大変な価値があります。それは、今回のCOP10で多くの国がまさにその生物多様性の利益配分で対立したことからも明らかです。今後とも、身近な生活のエコも気にしながら、世界を飛び回る鳥たちを見ていきたいと思ったCOP10でした。

 

神谷 要



2010年10月29日 20:30 カテゴリー: 国際交流 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育 , 生物多様性 , 重要

CBD/COP10藤前干潟ふれあい祭りで発表 

20DSCF1963.jpg CBD COP10の関連イベントで、米子水鳥公園こどもラムサールクラブの子供たちが 発表しました。
 藤前干潟は、中海と同じ時期に干拓をやめた場所です。その成果を、多くの子供たちにアピールできたでしょうか?

韓国の子供たちや、名古屋の子供たちの発表もとても楽しいものでした。

2010年10月25日 10:38 カテゴリー: 国際交流 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 生物多様性 , 速報

子どもラムサールクラブ「鳥のすみかを作ろう!」

今日の子どもラムサールクラブは、鳥のすみか作りと題して、砂浜の草むしりをしました。これから続々と飛来する秋、冬の水鳥たちのために、広々とした砂浜を整備してあげよう、というわけです。

P1010770s.JPGはじめに、子どもたちにカマの使い方を説明。正しく使わないと、怪我をしますよ~!








CIMG2859s.JPG生き物解説の先生や、保護者の皆様もみんなで草むしり。根っこごと抜き取らないと、すぐに草が生えてきてしまいます。







CIMG2867s.JPG草むしりをしていると、いろいろな生き物が見つかります。以前も見つかった奇妙な生き物、ミズアブの幼虫です。







CIMG2875s.JPG茂ったヨシを刈ってみたら、使用済みのオオヨシキリの巣が出てきました。くちばしと脚だけで、よくもこんなにきれいに巣を作るものだ、と子どもたちは興味津々でした。







とても暑い中でしたが、皆さんががんばってくれたおかげで草に覆われかけていた砂浜が広くなりました。この後、シギやチドリなどの水鳥たちが、この砂浜に飛んできてくれたらうれしいですね。

2010年9月12日 18:12 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

雨の中の子どもラムサールクラブ

IMGP5915s.jpg今日の子どもラムサールクラブは、梅雨の雨の中の開催となりました。みんな雨合羽を着て、水の中の生き物採集に出発!まるでサバイバル訓練みたいでした。





_MG_9157s.jpgお弁当を食べた後、採集した生き物を仲間分けしてケースに入れて、種類を調べました。子どもたちは、魚類、昆虫類、その他(甲殻類)をきちんと見分けていました。




_MG_9168s.jpg学年別に3つの半に分かれて、何種類の生き物が見つかったかを書き出してみました。各グループとも13種類くらいでした。みんなあわせると20種類くらいの生き物が見つかっていました。




_MG_9166s.jpgお尻に卵をつけて泳ぐ超特大のメダカ。周りにいる普通サイズのメダカとの大きさの違いに注目。体長は4cmくらい。ここまで大きいと、別の魚のように見えます。




_MG_9177s.jpg今日見つかった生き物の中で、もっとも奇妙な生き物、ハナアブの幼虫。この姿で水中をクネクネする様は、参加者一同「キモ~イ!」。





今回のテーマは、生き物の分類とつながり。今日見つけたいろいろな生き物たちは、互いにかかわりあって生きていることや、私たち人間も、これらの生き物たちとつながって生きている、ということに、子どもたちが気づいてくれたらうれしいです。

2010年7月11日 20:30 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「貝殻探し」

今年度3回目の子どもラムサールクラブは、水鳥公園内で貝殻掘りをしました。

IMGP5564s.jpg天気予報では、雨が降り風も強まるとのこと。雨合羽を着て、発掘場所へ出発!








IMGP5591s.jpg貝殻掘りの様子。地面の砂を土手のように積み上げて、雨風にさらされると、どんどん貝殻が表面に蓄積されていきます。








IMGP5657s.jpg見つけた貝殻の種類調べ。これがとっても難しい。図鑑と貝殻を見比べて奮闘中。








IMGP5678s.jpg今日見つかった貝殻を書き出してみると、30種類以上になりました。この貝は、1500年前に中海にいたものです。昔の中海にはたくさんの貝がいたのですね。







IMGP5697s.jpg本日の成果。
昨日発見したホオジロの巣も健在でした。








来月の子どもラムサールクラブは、水の中の生きもの調べです。どんな生きものが見つかるか楽しみですね。梅雨時だけど、晴れたらいいな♪

2010年6月13日 20:55 カテゴリー: お知らせ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2010スタート!

水鳥公園の自然をディープに体験できる人気企画「子どもラムサールクラブ」が今年も始まりました。
昨年からの継続メンバーに新規メンバーを加え、定員ちょうどの30名で一年間活動していきます。

初回の今日のテーマは、「水鳥公園の秘密の場所を探検!」。約束どおり、普段は入れない秘密の場所へ皆さんをご案内しました。

_MG_7916s.JPG.jpeg
初めに、野鳥観察の基本、望遠鏡と双眼鏡の使い方の練習をしました。ネイチャーセンターから野鳥を観察中。






_MG_7950s.JPG.jpeg
次に、いよいよ秘密の場所へ出発。途中、タカがむしった鳥の羽根が散らばっているのを発見しました。どうやら、ホシハジロとシギの仲間が襲われたようです。





_MG_7958s.JPG.jpeg
秘密の場所に到着。そこで皆さんが見たものは...。







_MG_7972ts.JPG.jpeg
今、水鳥公園で最も珍しい鳥、ヘラサギでした!
すぐ目の前にいたのでびっくり!はじめてラムサールクラブに参加した子ども達も、珍しい鳥との遭遇に喜んでいました。




小雨が降る悪天候でしたが、無事一回目の活動を終える事が出来ました。今、水鳥公園でおすすめの鳥3種「ヘラサギ」「ツクシガモ」「ホウロクシギ」をはじめ、23種類の鳥を観察できました。このほか、ネイチャーセンターで見つかったヤモリも人気でした。
最後に、子ども達が今回出会った生き物で最も印象的なものを川柳にしました。ヘラサギやツクシガモを題材にした子が多かったようです。子ども達のユニークな生き物川柳は、毎回ネイチャーセンターに掲示します。ご来館の際には是非ご覧下さい。
次回は5月に大山でバードウォッチング遠足をします。大山ではどんな鳥に会えるかな?楽しみです。

2010年4月11日 21:01 カテゴリー: ヘラサギ , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 ,

子どもラムサールクラブ2009最終回

今日で、今年度の子どもラムサールクラブは最終回です。4月から2月までの活動を振り返り、活動レポートをみんなで作りました。

CIMG9999s.jpg
四季毎に4名ずつの班に分かれて、どんなことがあったかを思い出しながら、活動風景写真をレイアウトして、コメントを書き込んでいました。






CIMG0008s.jpg
完成した活動レポートを見る子ども達。やっぱり自分達の活動が壁新聞になると楽しいですね♪













CIMG0009s.jpg
最後に、今年度で参加回数が規定を超えて、ジュニアレンジャーに認定された子に認定証が授与されました。






今回作った活動レポートの壁新聞は、ネイチャーセンター2階のキッズコーナー壁面に掲示しました。
来年度も子どもラムサールクラブ2010を開催します。6年生の子は今回で卒業ですが、今年度の参加メンバーの多くが次年度も継続して参加を表明してくれました。

4月からは、新メンバーも加えてまた楽しく1地年間活動していきます。参加をご希望の方は、こちらをご覧の上、お申し込み下さい↓
なお、過去の子どもラムサールクラブの活動については、この記事のラベル「子どもラムサールクラブ」をクリックしていただければご覧いただけます。

2010年3月14日 19:24 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

中海のいのち えがいてみよう!

今日は、子どもラムサールクラブの活動日です。

毎年2月は、世界湿地の日(World Wetland Day:2/2)を記念して、湿地の大切さについて考える特別企画を実施しています。

今年は、「中海のいのち えがいてみよう」と題して、中海の生物多様性を表現した巨大ポスターを作りました。

IMGP3282s.jpg
はじめに、水鳥公園を含む中海で見られる生き物を画用紙に描きました。その数90種類!







IMGP3291s.jpg
お昼休憩の後、午前中に描いた絵を水鳥公園の空撮図に並べて、どこにどんな生き物がいるかを考えながらレイアウトを決め、貼り付けていきました。





IMGP3337s.jpg
最後に、空撮図の色を色鉛筆で塗りました。大きな空撮図に色鉛筆で色を塗るのは大変でしたが、みんなで協力して色を塗り上げました。






IMGP3341s.jpg
完成したポスターは、ネイチャーセンターの観察ホール壁面に掲示しました。ゴールデンウィーク中までこのまま掲示します。






この企画は、世界湿地の日(WWD)記念企画であると同時に、今年の10月に名古屋で開催される第10回生物多様性条約締約国会議に向けた関連イベントも兼ねました。

この関連イベントとは、環境省主催の「地球のいのち、えがいてみよう」という企画で、日本各地のビジターセンターなどでその地域の生物多様性を表現する大きなポスターを製作して、それも名古屋のイベント会場に一同に展示する、というものです。

というわけで、今回作成したポスターは、ゴールデンウィーク終了後に環境省に提出し、名古屋で開催される関連イベントの会場に全国から集まったポスターと一緒に掲示される予定です。

さらに、環境省を通じて世界湿地の日記念企画としてラムサール条約事務局に報告し、ラムサール条約の事務局のホームページに活動レポートが掲載される予定です。

昨年のWWDイベントのレポートはこちら!(#12、13です!)
http://www.ramsar.org/pdf/wwd/9/wwd2009_rpts_japan_moe.pdf

2010年2月14日 18:01 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

安来と斐伊川にバス遠足

今月の子どもラムサールクラブは、バスで安来平野と斐伊川に行って野鳥観察をしてきました。普段水鳥公園で自然観察をしていますが、今回は水鳥公園の外の自然に触れました。

CIMG83251s.jpg
水鳥公園のハクチョウたちの「勤務先」を見学。
ハクチョウのお仕事(落ち穂拾い)の邪魔をしないように、遠くから観察しました。






CIMG8333s.jpg
望遠鏡の視界。遠くのハクチョウが鮮明に見えます。







午後は、宍道湖西岸、斐伊川河口周辺に移動。ホシザキグリーン財団の皆様に案内をお願いして、バスの窓からマガンの大群を見せていただきました。

CIMG8367s.jpg
ガンを脅かさないように、車内から観察。驚くほど近距離でマガンの群れを見ることが出来ました。珍しいガンが混じっていないかな?






CIMG8376s.jpg
双眼鏡の視界。一面マガンだらけ。








↓ ↓マガンの群れが、公園へ帰ってきた動画↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GKvI-f06HvA

夕方、水鳥公園に戻ってきてから、今日一番印象に残った鳥のカルタを書きました。おしゃれな姿のタゲリが一番人気でした。

2010年1月10日 19:06 カテゴリー: マガン , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 ,

子どもラムサールクラブ「水鳥の絵を描こう!」

毎月活動している子どもラムサールクラブ。今月のテーマは、「お気に入りの水鳥の絵を描こう!」でした。

CIMG7701s.jpgはじめに、鳥を具体的に観察する練習をしました。水鳥の絵を1分間見てもらった後、水鳥の絵をばらばらにしたパズルを組み立てて覚えた鳥を復元する、というアクティビティーです。




CIMG7713s.jpgその後、ネイチャーセンターで望遠鏡を覗きながら好きな鳥の絵を描きました。午前中は下絵の完成が目標です。













CIMG7731s.jpgお昼ごはんの後は、絵の具で色をつけて絵を仕上げました。仕上がった作品は、今年度の絵画コンクールに出品していただきました。





みんな熱心に、自分のお気に入りの鳥の絵を上手に描いてくれました。
ラムサールクラブの子が描いた作品の中から、絵画コンクールの入賞作品が選ばれると嬉しいです。

今年も、米子水鳥公園絵画コンクールを開催します。
詳細は後日お知らせいたしますが、四つ切画用紙に好きな野鳥の絵を描いて、来年1月中旬ごろまでにご応募下さい。応募対象は、小学生です。
作品の裏には、題名、学校名、学年、名前を忘れずに書いてくださいね。

2009年12月13日 16:36 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 絵画コンクール

子どもラムサールクラブ「粟嶋神社を探検!」

今日の子どもラムサールクラブは、秋の自然観察がテーマ。そして、秋の味覚を味わってみました。

水鳥公園のとなりにある粟嶋神社にプチ遠足。途中、いろいろな虫に出会えました。もう11月なのに、意外と虫がたくさんいました。

CIMG6557s.jpgショウリョウバッタとクビキリギスがいたよ!








CIMG6576s.jpg

粟嶋神社でシイの実拾い。









 

CIMG6605s.jpg

水鳥公園に戻ってから、ドングリチェック。水に浮くドングリと沈むドングリ。何が違うのかな?







CIMG6607s.jpgドングリをフライパンで炒って食べてみました。「おいしい!」と好評でした。








DSCF1776s.jpg

もうひとつの秋の味覚「イナゴの佃煮」。みんな恐る恐る食べていましたが、その美味しさにびっくり!お持ち帰りをする方もいらっしゃいました。







みんなでドングリとイナゴを試食。もちろん完食です。
 
今回の企画の趣旨は、秋の味覚を味わうのと同時に、生き物の種類の種類を見分けることの大切さでした。
自然の中から、食べられるものと食べられないものを見分ける能力は、自然界で生き延びるには欠かせません。ラムサールクラブの子ども達には、「違いが分かる人」に育ってほしいものです。

2009年11月 8日 16:32 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

中海・宍道湖を語る会 「コズ釣り大会」

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブに加えて、宍道湖からKODOMOラムサール探偵団の皆様も一緒に活動しました。

IMGP1695s.JPG.jpeg午前中は、これからが旬のゴズ釣り。マハゼ、チチブ、シモフリシマハゼが釣れたほか、アカエイやスズキ、ミズクラゲが泳いでいる様子が観察できました。





IMGP1714s.JPG.jpegお昼は、午前中に釣ったハゼの天ぷらや唐揚げに加え、レンコダイやスズキの塩釜焼き、シジミ汁 を味わいました。宍道湖・中海の美味しい恵みに、参加者一同感謝したひとときでした。




午後からは、未来の宍道湖・中海のガイドプランを子ども達に語っていただきました。都会の子達に自慢できる宍道湖・中海の魅力を再発見しました。

2009年10月 4日 19:42 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2009「メダカを捕まえよう!」

今日は、毎月活動している子どもラムサールクラブの日です。今日のテーマは、「メダカを捕まえよう!」。メダカ捕りを通して湿地の生き物に触れて、詳しく観察しました。

CIMG0977s.jpg 園内でメダカ探し。蒸し暑かったですが、程よく曇ってくれて日差しが弱かったのが幸いでした。







CIMG0989s.jpg 今日のメダカは小さいものが多かったですが、時々大きなものも取れました。なかなか立派なメダカでしょ?







CIMG0991s.jpg ボランティアリーダーの方が頑張って捕まえたチョウトンボ。紫色にきらめく翅(はね)がとってもきれいでした。







CIMG1040s.jpg 午後は、生き物をトレーなどに移し替えて詳しく観察。18種類の生き物が捕れました!







_56s.jpg  トノサマガエルとってもかわいい~!私達は、この笑顔のために活動しています。














 こうして、今日のラムサールクラブは無事終了しました。
次回8月は、中海体験クルージングです。また子ども達の笑顔のために頑張ります!

2009年7月12日 18:06 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

ラムサールクラブ③貝殻標本作り

 今日は子どもラムサールクラブ三回目「昔の中海の貝殻標本作り」を開催しました。梅雨時ですが好天に恵まれ、さわやかな風の吹く中で活動できました。

CIMG0826s.jpg 園内の地面には、白い貝殻がたくさん埋もれています。それを掘って持ち帰りました。







CIMG0886s.jpg
 持ち帰った貝殻を洗って分類。同じ種類をたくさん集めた子、大きな貝ばかりを集めた子、小さな貝専門の子、貝殻の集め方にも子どもの個性がよく現れています。






CIMG0896s.jpg 貝殻の種類を調べるのは難しい!「これかな~。それとも、こっちかな~。」







CIMG0899s.jpg こんなに拾えたよ。すごいでしょ!















 今回の企画は、園内の生物調査もかねて行いました。これまで見つかっていなかった貝殻もいくつか見つかり、子どもたちもとても楽しそうでした。
 それにしてもたくさん見つかる貝殻たち。これは、昔の中海にたくさんの貝が生きていた証拠です。いまの中海にもこれらの貝が生きていけるようになったら素晴らしいですね。

2009年6月14日 19:38 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2009初日開催!

  小学生が一年を通して湿地の生き物に触れる体験企画「子どもラムサールクラブ2009」の初日を開催しました。今回は、昨年から継続参加の子に加えて、7名の新規参加で21名が参加しました。

CIMG2529s.JPG.jpeg はじめに、野鳥観察の基本中の基本、双眼鏡の使い方についてお勉強。これを覚えれば、自然観察がぐんと楽しくなります。 「太陽は絶対に見ないで下さいね~!」「は~い!」






CIMG2542s.JPG.jpeg いよいよ屋外で生き物観察。足元の草むらには、コオイムシが隠れていました。水鳥公園を代表する水生昆虫です。「あっちにも、こっちにもいるよ!」 「あ、ハサミムシもいた!」






CIMG2553s.JPG.jpeg 今回のテーマは、「水鳥公園の秘密の場所を探検!」。そこで、今日は特別に「野鳥たちの聖域」に入りました。空高く舞いながらさえずるヒバリについての解説に、皆さん興味津々。「ヒバリがなぜあのようにさえずっているかというと、…」「おもしろ~い!」





 お天気も良くて事故もなく、いろいろな生き物とも出会えて、順調な初日を終えることが出来ました。来月は、大山の野鳥たちに会いに行きます。お天気がいいといいな!

2009年4月12日 14:41 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

学生ボランティアさんにも卒業証書(?)

BIMG_3228.jpg
米子水鳥公園も春が近くなり、今夜は次々と北へ帰っていくハクチョウの声が聞こえます。
 一年間の子どもラムサールクラブも今月でいったん区切りとなりました。小学校までのクラブですのでこれで卒業という子達もたくさんいます。
 また、長い間手伝ってくれた学生ボランティアさんが、卒業で遠くの町へ行ってしまうこともあります。
長い間子どもクラブを手伝ってくれた彼女(写真)も、今年で卒業です。
 そんな彼女に子ども達から思いがけない卒業証書(?)が送られました。「先生ありがとう」と書かれた鳥の絵の寄せ書です。本物の卒業証書に負けない宝物の一枚ですね。

2009年3月 8日 20:22 カテゴリー: ボランティア , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ2008ファイナル

 今年度、毎月活動してきた子どもラムサールクラブ2008も今日が最終回です。この一年間の活動をスライドショーで振り返ってから、四季毎の活動レポート作りを行いました。

CIMG13700s.jpg 春(4月~6月)の班の製作風景。活動記録の写真から、どの写真を使ってどんなコメントをつけようか、みんなで決めました。














CIMG1380s.jpg 完成後は、春、夏、秋、冬の製作メンバーごとに記念撮影。クラブメンバー全員の思い出が詰まった活動レポートは、今後一年間ネイチャーセンターに掲示しますので、是非ご覧下さい。







 さて、来月からは新年度が始まります。
 現在、子どもラムサールクラブ2009の新規会員を募集しています。人気企画ですので、参加ご希望の方はできるだけ早くお申し込みくださいませ!
 毎月の第二日曜日に米子水鳥公園に集まり、四季を通じて生き物に触れて自然を楽しみ、学ぶ企画です。原則として通年参加できる小学生が対象です(急用での欠席はOKです)。

お申し込みは電話でOK!
TEL:0859-24-6139
担当:桐原
までお問い合わせ下さい!(火曜日は休館日ですのでご注意下さい)

2009年3月 8日 17:14 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「食物網」

 今年度の子どもラムサールクラブも、来月は一年間の活動報告ポスターを作るので、自然観察は今回が最終回。今回は、世界湿地の日を記念して、湿地の生き物の食物網を作ってみました。

CIMG0255s.jpg 園内を歩いて生き物観察。冬の池には何がいるかな?








CIMG0268s.jpg 園内を歩き回ったら、鳥の羽根や骨が落ちていました。タカが鳥を襲って食べた跡です。







CIMG0301s.jpg お弁当を食べてから、いよいよ食物網づくり。生き物のカードを並べて、食べる、食べられるの関係を矢印で結んでいきます。







CIMG0306s.jpg 水鳥公園の生き物達の食物網が完成!私達も生態系の一員。いろいろな生き物達が生きているからこそ、私達は生きていけるのだということを、少しは感じてもらえたら嬉しいです。






 この企画は、世界湿地の日記念企画として、環境省を通じてラムサール条約事務局に報告する予定です。

2009年2月 8日 18:21 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「お気に入りのカモのブローチを作ろう!」

今日の子どもラムサールクラブは、カモ類の観察をじっくり行ってお気に入りのカモを見つけました。

CIMG0165s.jpg はじめに、カモの観察ポイントのお勉強。カモのパズルを使って、体の各部の観察の練習をしました。






CIMG0176s.jpg 次に、実際にカモを観察して、塗り絵に模様をつけました。お気に入りのカモは見つかったかな?






CIMG0203s.jpg お弁当を食べた後、プラスチック粘土でお気に入りのカモを作りました。固くてポロポロの粘土をこねるのにみんな大苦戦!
 




CIMG0205s.jpg 形が出来たらオーブンで焼き上げます。焼きあがったら裏にブローチピンを接着し、色を塗って完成ですが、色を塗る前に時間切れになってしまいました。残念!
 解散後に、一部の子は居残って最後まで仕上げました。お気に入りのカモが印象に残ってくれたら嬉しいです。

2008年12月14日 19:10 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「粟嶋を探検!」

 今日のラムサールクラブは、水鳥公園から隣の粟嶋神社までを歩きながら秋の自然観察をしました。

CIMG9366s.jpg 水鳥公園のとなりにある水路でバードウォッチング。「あのカモはなんだろう。ヒドリガモかな?」 
 粟嶋神社の森で、不思議な葉っぱを発見。葉っぱに奇妙な模様を描いたのは誰?



CIMG9380s.jpg 今日は彦名・水鳥ふれあいウォーキング大会も同時開催していて、粟嶋神社前では炊き出しが行われていました。「ご飯と豚汁がおいし~い!





 CIMG9386s.jpg水鳥公園に戻ってから、今日の自然観察で一番印象に残った生き物のカルタ(川柳)を描きました。この子は、奇妙な葉っぱの川柳を書きました。専門家のお姉さんから、「ハモグリバエのしわざだよ」と教えてもらいました。



CIMG9414s.jpg

2008年11月 9日 19:51 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

ゴズを釣って食べました!

昨日は、毎月恒例の子どもラムサールクラブの日でした。今回は、島根県とホシザキグリーン財団さんとの共催で「ラムサール条約と賢明な利用を語る会」を開催しました。

CIMG8002s.jpg午前中は、水鳥公園のそばの承水路(中海)でゴズ釣り。マハゼ(ゴズ)、ウロハゼ、チチブ、ヒイラギ(エノハ)、ボラが釣れました。






CIMG8016s.jpg釣れたゴズ(左)。右はウロハゼ。どちらもとってもおいしい中海の幸です。







CIMG8031s.jpg昼食は、ゴズのてんぷらと宍道湖のシジミ汁、おにぎりです。見かけに似合わずおいしかったゴズに、こどもたちもびっくり。もちろん、1尾残らず完食。





IMG_6013s.jpg午後は、中海・宍道湖でどんな遊びがしたいか、そのために何が必要かをこども達に遠慮なく発言してもらいました。「泳ぎたい」「透明な海底トンネルを作ろう」など、たくさんの率直な意見がでました。



この企画が、こどもたちにとって、とてもよい思い出になってくれたらいいなと思います。これからもおいしい幸が取れる中海・宍道湖を大切にしなければいけませんね。

2008年10月 6日 14:19 カテゴリー: ラムサール条約 , 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「鳥のくちばし」

今日は、毎月行っている子どもラムサールクラブの日。今日のテーマは、鳥のくちばし。鳥のくちばしの形とはたらきについて勉強しました。

IMG_5353s.jpgまずは野鳥観察。目の前に、アオサギやカルガモ、トウネンなどがいました。色々な形のくちばしがあるね。














IMG_5369s.jpgお天気が良いので屋外でも野鳥観察。中海の湖岸はきもちいいね~。透き通った浅瀬に漂うミズクラゲが人気でした。






IMG_5376s.jpg野鳥観察の後、室内で鳥のくちばしゲームをしました。色々な形のものをつまむには、それぞれ便利な形の道具(くちばし)が必要なんだね!





来月の子どもラムサールクラブはゴズを釣って食べる予定です。お天気が良いといいな~。

2008年9月14日 23:35 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

子どもラムサールクラブ「メダカを捕まえよう!」

CIMG6148s.jpg昨日、毎月一回活動している「子どもラムサールクラブ」を開催しました。テーマは、「メダカを捕まえよう!」。水鳥公園の水生生物を捕まえて、同じ仲間同士にまとめてみて、生き物の分類をしてみました。
←ふだんは入れない場所でメダカ採り!タモの中をのぞきこんで「あ!とれてる!」
CIMG6172s.jpgお弁当を食べたあとで、捕まえた生き物を同じ仲間同士にまとめて整理。
←これとこれはおなじだよね?え、ちがうの??





CIMG6184s.jpg←今日の成果。たくさんの生き物が見つかりました!







最高気温34度だった中、子ども達は元気に生き物採集と観察をしていました。午後の生き物の分類はたくさんのお話を聞いてむずかしかったけれども、みんなお話しに聞き入ってメモしていました。子ども達を指導した学校の先生や大学生の皆さんが、長時間のお話でも集中力が切れない子ども達の熱心さに、とても関心していました。

2008年7月14日 17:46 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発 , 環境教育

米子水鳥公園 ラムサール子どもクラブ 貝の標本

bIMG_4858.JPG.jpeg
今日の子どもラムサールクラブは、以前紹介した貝の化石(?)堀りにいきました。







bIMG_4883.JPG.jpeg
掘り出した貝を洗いました。(昔はこんな大きなアカガイがいたんですね。)







bIMG_4902.JPG.jpeg
整理








bIMG_4911.JPG.jpeg











同定して、ラベル(日付・種名・採集場所・採集者)をつけて標本にしました。
みんな、昔の中海は、これほど貝がすんでいたことに驚いたようです。

2007年6月10日 17:53 カテゴリー: 子どもラムサールクラブ , 普及啓発

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー