水鳥公園ブログ
トップ水鳥公園ブログ

水鳥公園だより第168号ができました!

水鳥公園の話題やイベント情報を毎月ご紹介している「水鳥公園だより」の最新号ができました。是非ご覧下さい!
http://www.yonago-mizutori.com/tayori/tayori_pdf/dayori.168.pdf

2010年9月17日 10:22 カテゴリー: 広報 , 速報

今年は生物多様性会議(CDB/COP10)が名古屋で開催されます。

今年は、日本の名古屋で生物多様性条約が開催されます。
この会議は、生態系・生物種・遺伝子それぞれの多様性を守ろうという会議です。
大きな国際会議ですので、今年はこの話題が盛んに出てくるでしょう。
そこで、これがどのように我々市民と関係しているのか説明する文章を
地元の環境新聞{中海}に書きましたのでその原稿を転載します。

以下「環境新聞」中海転載・・・・・・

平成22年1月1日

生物多様性ってなんだ?
神谷要(中海水鳥国際交流基金財団)

 

生物多様性という言葉は、今年名古屋で「生物多様性条約」の締約国会議が開催されることもあり、注目度があがっています。また国連も、今年を国際生物多様性年と定め、様々な呼びかけを行っています。そういった中、米子水鳥公園には、ハクチヨウだけでなく、メダカや水草、タヌキなど様々な生き物が住んでおり、生物多様性を支える重要な場所の一つとなっています。しかし、「生物多様性条約」は、特に珍しい生き物のいる自然だけを守ろうとしているのではありません。いったい何を目指しているのでしょうか?

例えば、私たちが森に入ったとき、踏落ち葉を踏みしめる足下には、何匹の土壌微生物がいるかご存知でしょうか? ある調査ではワラジムシ、ヒメミミズ、ダニ、センチュウなど16万匹もの小さな動物がいたそうです。さらに細かな単細胞の生物まで加えれば数億匹とか・・・

「きもちわるい」と思ったあなた。実はこの顕微鏡でやっと見えるような生き物は、あなたの生活にとても役に立っています。例えば、彼らは農地で作物をつくるとき、堆肥を分解する欠かせない存在です。また、細菌類の納豆菌や乳酸菌そして酵母菌などは、人間の生活に有用なものです。我々の生活は、生物多様性の上に成り立っているのです。

また、人類は地球上の多様な生物群の中から、イネ、トマト、ジャガイモ、トウモロコシなど有用な食物種を選び出し、ペニシリンのような薬品を開発してきました。それでも人類はその生物資源のたった1%も利用できていないと言われています。

ところが、生物資源である生物多様性が毎年すごい勢いで減っています。現在、たった一年で4万種の生物種が減少し、外来の生物によって生態系がさらに単純化しているといわれています。

また、この人類共通の資源である生物資源が、農作物や医薬品の分野で特許を使って一部の大企業に独占されようとしています。古来よりわれわれの祖先が守り育ててきた自然や生き物たち、そしてその活用の方法を一部の人が独占してよいのでしょうか? 生物多様性条約は、このような問題に国際的に取り組もうという条約なのです。

米子水鳥公園ができて15年、中海がラムサール条約に登録されて5年がたちます。この自然を守ったことは、人類共通の大きな資源である生物多様性を守ったとも言えます。私たちは、この資源を未来へ残し、公平に分配する方法を考えなければいけないでしょう。

ですからもしあなたが、今年どこかで生物多様性という言葉をお聞きになったら、こう思ってください。目には見えなくても私たちの生活を支える大事な生き物たちのお話しであると。



2010年1月 1日 22:53 カテゴリー: 国際交流 , 広報 , 環境教育 , 生き物 , 重要

山陰放送のおなじみラジオプログラム

IMGP0940B.JPG.jpegおなじみ
ラジオの一分間番組に協力しました。
「おつかれさま、アリナミン」
来週、夕方に順次放送それる予定です。
毎回、出演する職員が違います。
9月10日・14日(月)・16日(水)・18日(金)16:18~
山陰放送am900です。

2009年9月12日 12:22 カテゴリー: 広報 , 普及啓発

週間ヤッホー(山陰中央テレビ)の取材を受けました。

本日、週間ヤッホーの取材を受けました。
冬の外での楽しみ方として、水鳥や身近な小鳥の楽しみ方を
説明しました。

CIMG0797s.JPG.jpegところで、この番組のディレクターさんは、子供の頃
米子水鳥公園で 野鳥クラブに参加していたとのこと。
月日がたつのは早いと共に、地域の子達が公園と共に育っているのですね。
  
放映日は 2009年1月24日だそうです。山陰地方の方は是非
チェックしてください。

2009年1月14日 13:11 カテゴリー: 広報 , 普及啓発

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリー