中海水鳥国際交流基金財団
トップ財団の活動

公益財団法人 中海水鳥国際交流基金財団の活動

公益財団法人 中海水鳥国際交流基金財団は、鳥に関する国際交流を行うために鳥取県と米子市が出資して作られたものです。その活動は、鳥を通じた国際交流と、野生鳥類に関する調査研究、自然に関する普及啓発活動を行っています。また、鳥取県米子市からは、米子水鳥公園の管理運営を委託されており、公園の環境管理と次世代に残すべき貴重な環境財産の環境保全に努めています。
kokusaikoryu.jpg
 
鳥や自然に関わる情報交換・シンポジュウム等を行い
世界との交流をしています。
東アジア・オーストラリア地域フライウェイパトナーシップ
KODOMOラムサール交流
国際交流講演会
水鳥公園ブログ-国際交流へ
banding.jpg
 
鳥類の渡りという国際的な研究を通して、日本はもとより海外との研究者とも積極的に交流しながら研究を進めています。
米子水鳥公園のモニタリング調査(生物相・水質など
コハクチョウ・カワウ・小鳥の標識調査
水質浄化に関する研究(コアマモ・シジミなど)
水鳥公園ブログ-調査研究へ
annai.jpg
 
毎月さまざまなイベント・ボランティア活動を通して、鳥取県中海圏域の人々に水鳥や自然とのふれあいの場所を提供しています。
 
水鳥公園ブログ-普及啓発へ
 中海水鳥国際交流基金財団は、平成23年4月28日に環境省より自然環境功労者環境大臣表彰をいただきました。


財団の活動歴2010.pdf
 

公益認定を受けました。

中海水鳥国際交流基金財団は、平成25年3月21日法人税法及び所得税法で認定された「特定公益増進法人」となりました。別紙の通り寄付金には税制上の優遇が受けられますのでご参照ください。
寄付申込書.pdf 寄付申込書(Word版).docx
財団の税制上の特典.pdf

中海水鳥国際交流基金財団概要

 
名称 ファイル名
◆定款                                                                         H2703
◆事業年度中の書類
◇事業計画書 H28年度
◇収支予算書 H28年度
    
◆定款第8条に掲げる書類                     
◇事業報告書 平成27年度
◇事業報告書の付属明細書  
◇貸借対照表 H25年度
H26年度
H27年度
H28年度
H29年度
◇損益計算書 正味財産増減計算書 H27年度
◇貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)の付属明細書 H27年度
◇財産目録 H27年度
◇監査報告書 H27年度
◇理事及び監事並びに評議委員の名簿 役員名簿
◇理事及び監事並びに評議員の弁償の額及び支給基準を記載した書類
役員規則
◇運営組織及び事業活動の状況の概要及びこれらに関する数値のうち重要なものを記載した書類
H26年度
◆その他
◇寄付金 H27年度

鳥取県の情報公開サイト


あいさつ(工事中)

 中海水鳥国際交流基金財団は1995年に設立され、2013年に公益財団法人の認定を受けました。地域の皆さんとともに水鳥の棲む環境を通して地域社会に貢献していきます。どうぞ引き続きご支援をお願いいたします。


カワウ調査.jpg
財団常務理事 兼 米子水鳥公園 館長  神谷要
 学生時代は、島根大学の汽水域研究センターで汽水域の生態学について学びました。宍道湖や中海に小舟を出すと、少しの雨や風に翻弄され、自然の中での自分の小ささに気づかされます。湖に浮かぶ水鳥達は、これを日常として過ごしていることに感心し、彼らにとって少しでも過ごしやすい水鳥公園にしたいと日々努力しています。